再編集「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)003飯能市内その3(割岩橋と飯能河原)

再編集「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)003飯能市内その3(割岩橋と飯能河原)

(平成25年5月16日追加)平成25年05月10日の「ヤマノススメ・舞台探訪ポイントラリー」の際に再度の探訪も実施し、前回確認できていなかったカットについて写真を追加しました。また、アングルあわせが不十分と思われるカットも多数ありましたので、写真の入替えも行ないました。というよりも、3月29日の写真のかなりの枚数を5月10日撮影の写真に入替えました。

「ヤマノススメ」飯能市内の舞台を探訪しました。探訪日は平成25年03月29日、すべての舞台をひととおり巡るのに約4時間かかりましたが、撮り忘れやアングルあわせが甘い例も多く、天候を見ながら再度探訪に出かける必要がありそうです。「ヤマノススメ」全12話を見終わってからの探訪ですから、話数別にまとめるか、地域別にまとめるか迷いましたが、登場した舞台とカット数を考慮し、飯能市内(天覧山・飯能河原を除く)・天覧山・飯能河原の3本のブログにまとめたいと思います。3本目は飯能市内(割岩橋と飯能河原)をまとめます。割岩橋と飯能河原が登場するのは第07話・第11話・第12話です。第12話は飯能河原でのデイキャンプですからカット数がとても多いです。

「ヤマノススメ」飯能市内の探訪の際には、飯能市のホームページに平成25年2月25日に掲載された「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップが参考になります。マップですから舞台となった場所のすべてのカットを網羅しているわけではありませんが、すべての場所は網羅しています。

まずはこの1枚 第12話 飯能河原で楽しんでいます。
e0304702_1024418.jpg


 それでは、探訪した順にアニメカットと対応する写真を載せていきます。全体として「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップのコースとは逆に歩きました。時間に制約された中で、飯能銀座商店街と飯能河原で探訪が終了してしまうのを避けるため、あえて逆回りとしました。と書きましたが、割岩橋と飯能河原も行って来いですから回り方に無関係ですねw。

ヤマノススメ第07話に登場する割岩橋と飯能河原

07-01帰り道、これは飯能河原右岸側から割岩橋を見上げています。
e0304702_17503442.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_17525033.jpg


07-02帰り道、割岩橋を左岸側から右岸側に渡ります。左側の河原が飯能河原です。
e0304702_175144.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18465272.jpg


07-03帰り道、視点が逆になって、正面は割岩橋の右岸側です。
e0304702_1751577.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18472640.jpg


07-04帰り道、飯能河原から、本流を右岸へ渡る木道と割岩橋です。
e0304702_17522444.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_1754346.jpg


ヤマノススメ第11話に登場する割岩橋と飯能河原

11-01帰り道、飯能河原右岸側から、飯能河原と割岩橋です。
e0304702_1757856.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18492523.jpg


11-02帰り道、飯能河原左岸側の歩道から右岸側を見ています。
e0304702_17571773.jpg

H25.05.10撮影 河岸歩道はここでいいのですが、遠景は別の場所かと。
e0304702_1850945.jpg


11-03帰り道、飯能河原左岸側の歩道にて、上流側の名栗川亭・堰と橋本屋の小屋が見えます。
e0304702_17573160.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18513163.jpg


ヤマノススメ第12話に登場する割岩橋と飯能河原

12-01飯能河原でアウトドア、右岸側の飯能河原の表示です。
e0304702_1875999.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18521638.jpg


12-02飯能河原でアウトドア、右岸側の歩道からの飯能河原と割岩橋
e0304702_1881687.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18531345.jpg


12-03飯能河原でアウトドア、右岸側の河原と木道と護岸、
少し撮る場所がずれたような。まあ、この程度で勘弁。
e0304702_1884481.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_1895363.jpg


12-04飯能河原でアウトドア、あおいが割岩橋を左岸側から右岸側へ。
e0304702_1885652.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_18101086.jpg


12-05飯能河原でアウトドア、あおいと割岩橋の欄干、橋に添架されている配管に着目です。
e0304702_18132448.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1856364.jpg


12-06飯能河原でアウトドア、3人は右岸側からあおいに声をかけて。
e0304702_18133699.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18565631.jpg


12-07飯能河原でアウトドア、河原右岸側、木道と左岸側の護岸・フェンスに着目です。
e0304702_18135393.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1858364.jpg


12-08飯能河原でアウトドア、河原右岸側の護岸に着目して探します。
e0304702_1822238.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1858396.jpg


12-09飯能河原でアウトドア、飯能河原の木道・本流、ビルも特徴があります。
e0304702_18224147.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_18593346.jpg


12-10飯能河原でアウトドア、飯能河原右岸側から川と割岩橋です。
e0304702_1823274.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1904691.jpg


12-11飯能河原でアウトドア、飯能河原右岸側から、河川の合流と護岸からここかと。
e0304702_18245189.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_196173.jpg


12-12飯能河原でアウトド、飯能河原右岸側からマンションを入れて。
e0304702_18251785.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1975172.jpg


12-13飯能河原でアウトドア、河原右岸側、看板に着目かな。
e0304702_18265597.jpg

H25.05.10撮影 少しずれたような。
e0304702_199859.jpg


12-14飯能河原でアウトドア、河原右岸側、護岸の階段に着目です。
e0304702_182791.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1911328.jpg


12-15飯能河原でアウトドア、飯能河原の木道、本流を渡ります。
e0304702_18272687.jpg

H25.05.10撮影 右岸側から左岸側に向って。
e0304702_1910667.jpg


12-16飯能河原でアウトドア、飯能河原の全景、
   割岩橋からでは合いません、航空写真でもないと無理かなと。
e0304702_18274683.jpg

H25.05.10撮影
e0304702_1913180.jpg


12-17飯能河原でアウトドア、右岸側から堰と橋本屋と家々です。
e0304702_18292162.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_18284887.jpg


12-18飯能河原でアウトドア、飯能河原右岸側から割岩橋を仰ぐ。
e0304702_18293420.jpg

H25.03.29撮影
e0304702_1829517.jpg


12-19飯能河原でアウトドア、飯能河原の木道から上流側を見て。
e0304702_18295914.jpg

H25.05.10撮影 少し広く撮ってみました。
e0304702_19163130.jpg


12-20飯能河原でアウトドア、木道から夜空の星を見て。
e0304702_18301258.jpg


12-21飯能河原でアウトドア、山で天の川を見る機会があるでしょうか。
e0304702_18302847.jpg

H25.05.10撮影 割岩橋からのアングルも載せてみました。
e0304702_19173092.jpg


このあと、コミックでは三つ峠に登り、富士山にも挑戦しているので、第2期に期待したいです。

飯能市のホームページに平成25年2月25日に掲載された「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップを再度載せます。
e0304702_96473.jpg


アニメ「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)飯能市内編は以上3本のブログでおおむね回れたと思いますが、未回収カットが多いのと、3月29日の天候がもう一つでしたので、再度の探訪の実施と写真の入れ替えを行ないたいと思っています。そのときにはコミック「ヤマノススメ」第03巻に登場する多峯主山まで足を伸ばしてもいいかなと思っています。

高尾山はいつ行けるでしょうか・・・・・。

「ヤマノススメ」舞台探訪関連の以下のブログも参照していただけると。
再編集「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)001飯能市内その1(天覧山・飯能河原を除く)
再編集「ヤマノススメ」舞台探訪(聖地巡礼)002飯能市内その2(天覧山)
ヤマノススメ・舞台探訪ポイントラリーに行ってきました。(イベント報告 H25.05.10)


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2013年04月14日 作成(平成25年3月29日探訪で作成)
2013年05月16日 追加・修整(平成25年5月10日探訪で写真追加・修整)

by fureshima2223 | 2013-04-14 10:57 | ヤマノススメ | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31