映画「さいはてにて」の主演は永作博美さん、舞台となる舟小屋のセット完成(北國新聞H250921から)

映画「さいはてにて」の主演は永作博美さん、舞台となる舟小屋のセット完成(北國新聞H250921から)

珠洲市折戸町の木ノ浦海岸に舟小屋のセットも完成し、平成25年9月22日から珠洲市でロケが始まるとのこと、能登の風景がどのように写るのか楽しみです。でも「最果ての感じが出ている絶好のロケーション」とはどこの風景でしょうか。

以下 北國新聞HP 石川のニュース【9月21日03時14分更新】から転載させていただきます。

主演は永作博美さん 映画「さいはてにて」

 東映が2014年秋公開を目指し、珠洲市で撮影する劇場用映画「さいはてにて―かけがえのない場所」の主演が20日までに、永作博美さんに決まった。佐々木希さんも物語の中心人物として出演する。22日から市内ロケがスタートする。

ロケに向けて完成した舟小屋のセット=珠洲市折戸町
e0304702_9275933.jpg


 永作さんは映画「八日目の蝉」で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しており、第2子出産後、初の映画撮影となる。今回は、幼い頃に海で消息不明となった父を探して東京から故郷の能登に戻り、舟小屋で焙煎(ばいせん)珈琲店を開く女主人を演じる。

 佐々木さんは、すさんだ生活の中、女主人との出会いと触れ合いを通じて生きる喜びを見いだしていくシングルマザー役で、初の母親役に挑む。

 監督は、世界の映画祭で注目される台湾の女性監督チアン・ショウチョンさん。永作さんは「監督が非常に物語を純粋に捉えているのが印象的で、その見解がどう演出に重なっていくのか楽しみ」とコメントした。

 佐々木さんは「台本を読んだ時、とてもきれいな風景が頭に浮かんだ。海外の映画監督は初めてですが、今ではコミュニケーションが楽しみ」とした。

 映画は東映と珠洲市、北國新聞社などによる製作委員会方式でつくられる。

 映画の中心的な舞台となる舟小屋のセットが20日までに、珠洲市折戸町の木ノ浦海岸に完成した。地元の元工務店経営新弘之さん(76)=珠洲市狼煙町=が建築に協力し、金勝浩一美術監督が塗装や加工によって風化した外観を表現した。

 舟小屋は木造平屋建てで約33平方メートル。撮影が進むとともに焙煎珈琲店に改装される。新さんは、東映の要請で古びた木材や瓦、木造船など材料調達から建築までに関わり、改装も担当する。

 付近の元旅館もセットに利用され、新さんの協力で木造の階段や門が取り付けられた。

 金勝さんは「最果ての感じが出ている絶好のロケーションだが、新さんがいないと舟小屋はできなかった」と感謝。新さんは「珠洲の全国発信のため、できる限り協力したい」と述べた。ロケは10月下旬まで続けられる。

以上 北國新聞HP 石川のニュース【9月21日03時14分更新】から転載させていただきました。


履歴
2013年09月25日 作成

by fureshima2223 | 2013-09-26 09:29 | 徒然なるままに | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://sinkirouno.exblog.jp/tb/21117114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Nowpie (なうぴー.. at 2013-10-16 09:07
タイトル : 永作博美 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優..
永作博美 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど... more
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30