『メガネブ!』が広報さばえ平成25年10月号の表紙となっていますが

『メガネブ!』が広報さばえ平成25年10月号の表紙となっていますが

福井新聞の報道を含めて少し気になるところです。全ては作品の内容にかかっています。
地元の期待はわかるのですが・・・・・。

以下 鯖江市HPより

広報さばえ平成25年10月号通常版

通常版10月号 平成25年9月25日(水)発行

●特集
・鯖江の街並みが登場するテレビアニメーション『メガネブ!』
・学生連携・協働事業を進めています

テレビアニメーション『メガネブ!』は表紙とP2-P3に載っています。

表紙(P1)
e0304702_14363889.jpg

鯖江の街並みが登場するテレビアニメーション『メガネブ!』(P2-3)
e0304702_14374136.jpg
e0304702_14374939.jpg


以上 鯖江市HPより


以下 鯖江市HPより

第393回鯖江市議会定例会での提案理由説明(平成25年8月28日表明)より関連部分抜粋

 次に、本市を舞台とするテレビアニメ「メガネブ!」が10月から放送開始されることを受け、本作品を活かした地域振興の取り組みを検討・実行するため、市若手職員で構成するプロジェクトチーム「鯖江市メガネ部」を近く立ち上げることになりました。本作品は、めがねに異常なまでの情熱を持つ男子高校生5人が本市を舞台に青春ストーリーを繰り広げるもので、放送開始を心待ちにしているアニメファンも多いと伺っております。「2K540」でもPRコーナーの設置や登場キャラクターの鯖江ブランド大使への任命式を行ったところ、非常に多くのファンが来場され、今後の展開に大きな可能性を感じたところであります。今後、プロジェクトチーム「鯖江市メガネ部」はアニメ制作会社と協力し、この作品をきっかけに本市を訪れた皆様に好印象でお帰りいただけるよう、各種イベントやおもてなし企画を実施してまいります。

以上 鯖江市HPより


福井新聞のH25.09.16の論説の内容も気になります。全てのアニメ作品が狙ってできることではなく、まずは、作品の内容にかかっているはずです。「らき☆すた」「花いろ」は稀有な成功例です。「メガネブ!」を見て、鯖江のなにに感じて訪問したのか、後日の報道を期待します。

以下 福井新聞 福井のニュース 論説(2013年9月16日午前11時13分)より転載させていただきます。

アニメ「メガネブ!」 眼鏡日本一 鯖江を聖地に

 日本一の眼鏡産地、鯖江市を舞台にしたテレビアニメ「メガネブ!」が制作されている。近年はアニメの舞台となった場所やゆかりの地をファンが訪れる「聖地巡礼」が、全国でブームになっている。「聖地」となった地元では地域おこしに取り組み、大きな経済効果が生まれたところもある。10月の放映開始を前に鯖江市でも「メガネブ!」への期待が高まっている。

 聖地巡礼で知られるのが埼玉県鷲宮町(現在の久喜市)にある鷲宮神社。人気テレビアニメ「らき☆すた」に取り上げられ、2007年ごろからファンが多数参拝するようになった。今年の初詣客は当時の1・5倍以上、47万人にもなった。

 08年に水害に襲われた金沢市の湯涌温泉も聖地の一つ。同温泉が舞台のテレビアニメが11年に放送されて以降、ファンの巡礼が始まった。11年10月には、復興3周年イベントとしてアニメに登場する架空の祭りを再現、ファンらで盛り上がった。

 聖地の情報はネット上ですぐに広まり全国からファンが殺到。宿泊や飲食、土産品購入など地元のメリットは大きい。

 鷲宮町では地元商工会がキャラクター商品を制作、販売するなど地域振興策に取り組み、経済効果は億単位ともいわれている。湯涌温泉の11年度の入り込み客数は震災があったにもかかわらず、前年度を上回った。聖地巡礼は一部の熱心なファンの行動ではなく社会現象となっている。

 鯖江市が観光、産業面などで他の聖地のような効果を「メガネブ!」に期待するのも当然だろう。市役所内にメガネ部設置を決め、近く若手職員に辞令を交付する。アニメに連動した市のPR活動やイベント企画など、ファンの受け入れ準備も進めている。

 10年の市の眼鏡製造品出荷額は526億円で、ピークの1992年から半減。その間に事業所は約4割も減少した。また市中心市街地の活性化も大きな課題。商店街は売上減、経営者の高齢化など厳しい状況にある。

 「メガネブ!」は眼鏡を愛するイケメン男子高校生5人が主人公。メガネ部というクラブをつくり、情熱をメガネに注ぐ青春を描くストーリーは、眼鏡産地・鯖江を強くアピール、イメージアップにもつながる。

 市中心部の商店街も舞台になることから、市は商店街関係者にキャラクター商品の提案やもてなし力の向上を要望。商店街側も他県の事例に関心を寄せていた。

 声優はいずれも人気があり、ネット上では放送開始を心待ちにする書き込みが多数見られ、前評判は上々。放映がきっかけで大勢のファンが「聖地鯖江」を訪れ、産業、観光、市街地活性化の起爆剤になる可能性は大いにある。

 「メガネブ!」は福井テレビでも放映される。受け入れる市民らもぜひ視聴し、ファンを温かく迎えたい。

以上 福井新聞 福井のニュース 論説(2013年9月16日午前11時13分)より転載させていただきました。


(H251028 追加)
中日新聞CHUNICHI Web H251028にリンク
アニメ「メガネブ!」放送中 鯖江が舞台
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20131028/CK2013102802000008.html


履歴
2013年10月21日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-21 15:06 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sinkirouno.exblog.jp/tb/21223235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30