輪島市白米の千枚田に2万1千の光 輪島「あぜのきらめき」H260316まで(北國新聞H251110より)

輪島市白米の千枚田に2万1千の光 輪島「あぜのきらめき」H260316まで(北國新聞H251110より)

初めてこの場所を訪れたのは平成23年5月15日のことでした。この場所が2万1千個の光で飾られるイベントのことが報道されていて、またいつか行ってみたいと思えます。となりの珠洲市の映画「さいはてにて」の舞台木ノ浦海岸も近いので、一緒にまわるといいかもしれません。

H230515の輪島市白米の千枚田です。
e0304702_16245494.jpg

e0304702_16251155.jpg

e0304702_16253071.jpg


以下 北國新聞HP石川のニュース 【11月10日02時53分更新】 より転載させていただきます。

千枚田に2万1千の光 輪島「あぜのきらめき」

 輪島市白米(しろよね)町の国名勝千枚田で9日、太陽光電池式の発光ダイオード(LED)を点灯させる冬季イベント「あぜのきらめき」が始まった。夕暮れの日本海をバックに、2万1千個の光が棚田の曲線を浮かび上がらせた。

LEDで幻想的に浮かび上がる千枚田=9日午後5時45分、輪島市白米町
e0304702_16281388.jpg


 今年はLEDの数を約500個増やし、これまでのピンク1色から、30分ごとに黄へと変わる2色発光タイプに変えた。色が変わるたび、来場者から「きれい」と感嘆の声が上がった。

 オープニングイベントでは、梶文秋輪島市長があいさつし、輪島・和太鼓虎之介、御陣乗太鼓保存会、シンガー・ソングライター井上侑さんが光の舞台を盛り上げた。300発の花火も夜空を彩った。

 来年3月16日までの毎日、午後5~9時に点灯する。

以上 北國新聞HP石川のニュース 【11月10日02時53分更新】 より転載させていただきました。

履歴
2013年11月11日 作成

by fureshima2223 | 2013-11-11 16:30 | 徒然なるままに | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31