只見線 只見駅⇒会津川口駅 平成27夏(H270806 車で訪問)

只見線 只見駅⇒会津川口駅 平成27夏(H270806 車で訪問)

「のんのんびよりりぴーと」第01話で只見線の柿ノ木駅(廃駅)が登場しました。そして、会津川口駅は「未確認で進行形」第12話に登場し、過去に探訪していました。今回はこの2ヶ所を目的地として、越後湯沢駅からレンタカーで出発することとしましたが、せっかくですので、只見線の鉄道不通区間只見駅~会津川口駅の間の各駅がどうなっているか訪れてみました。結論からいうと、駅は公共交通の拠点ではなくなっていますが、駅の鉄路と周辺の草刈りなどが行われ維持されているように見えました。平成27年8月06日の各駅の状況と被害を受けた橋の写真を載せていきます。掲載の順序は只見駅⇒会津川口駅です(会津越川駅のみ撮り忘れ)。

2011年7月新潟・福島豪雨:2011年7月27日~30日
※只見雨量計27日~30日の期間雨量711.5mm、29日の日雨量430.0mm、最大時雨量69.5mm

只見線只見駅⇒会津川口駅 写真を載せていきます。

①只見駅 1963年(昭和38年)8月20日 会津若松起点88.4km

只見駅正面
e0304702_17083954.jpg
只見駅 ホームへ 「おかえりなさい 只見線」
e0304702_17084965.jpg
ホームにて 駅名標と「ようこそ只見へ またどうぞ」
e0304702_17085940.jpg
只見駅ホーム
e0304702_17092158.jpg
只見線ホームから 会津蒲生方向 信号は赤、列車は通っていません
e0304702_17091149.jpg

②会津蒲生駅 1965年(昭和40年)2月1日 会津若松起点83.9km

只見駅側の踏切から
e0304702_17241825.jpg
会津蒲生駅前の小公園 手入れはされています
e0304702_17243154.jpg
只見駅側から
e0304702_17240806.jpg
会津蒲生駅の駅名標と待合所
e0304702_17234529.jpg

③第八只見川橋梁 会津若松起点81.4km付近 延長:371.1m(18径間)

寄岩集会所隣の神社より
e0304702_17514281.jpg
寄岩橋より
e0304702_17520342.jpg

④会津塩沢駅 1965年(昭和40年)2月1日 会津若松起点80.9km

会津塩沢駅の周囲は草刈りがされていました。
e0304702_18110396.jpg
駅名標と会津蒲生方向
e0304702_18111495.jpg
駅名標と会津大塩方向
e0304702_18112655.jpg
会津塩沢駅全景 待合所とホーム
e0304702_18114365.jpg

⑤会津大塩駅 1965年(昭和40年)2月1日 会津若松起点75.4km

会津大塩駅 ここは道路に面しています。
e0304702_18142290.jpg
駅名標と会津塩沢方向
e0304702_18141281.jpg
駅全景と会津横田方向
e0304702_18134738.jpg
駅名標と待合所
e0304702_18140042.jpg

⑥第七只見川橋梁 会津若松起点74.3km付近 延長:164.8m(6径間)

大塩第三踏切
e0304702_05085554.jpg
四季彩橋より
e0304702_05092075.jpg
四季彩橋より右岸側の橋脚と鉄路
e0304702_05120096.jpg

⑦会津横田駅 1963年(昭和38年)8月20日 会津若松起点73.2km

駅前はアスファルトの広場も
e0304702_05183125.jpg
駅全景と会津大塩方向
e0304702_05184102.jpg
会津横田の駅名標 会津のローマ字表記がAIZUとなっています。学校で習ったのは AIDU 、でも、標記的にはどちらでも良さそうです。外国の方々向けには AIZU の標記の方が読んでもらいたい音になるとのこと、会津バスの標記も同様でしたので、会津の標記は AIZU で統一されているようです。
e0304702_05185385.jpg
駅と会津越川方向
e0304702_05190396.jpg

⑧会津越川駅 1965年(昭和40年)2月1日 会津若松起点70.0km
撮り忘れ、機会がありましたら再チャレンジです。

⑨第六只見川橋梁 会津若松起点64.0km付近 延長:169.8m(9径間)

国道252号本名ダム堤体より
e0304702_05225661.jpg
国道252号本名ダム堤体より 右岸側の橋脚
e0304702_05231918.jpg
国道252号本名ダム堤体より 左岸側の橋脚と鉄路
e0304702_05230917.jpg

⑩本名駅 1965年(昭和40年)2月1日 会津若松起点63.6km

本名駅 駅広場
e0304702_05340248.jpg
駅全景と会津越川方向
e0304702_05331819.jpg
駅名標、待合所 会津越川方向
e0304702_05335113.jpg
駅全景と会津川口方向
e0304702_05332960.jpg
本名駅の駅名標、待合所
e0304702_05330726.jpg
待合所の掲示 代行バスの乗り場を示しています。
e0304702_05333886.jpg

⑪第六只見川橋梁 会津若松起点62.3km付近 193.3m(5径間)

国道252号より 右岸側が被災しています。
e0304702_05370422.jpg
e0304702_05371429.jpg
e0304702_05365513.jpg

⑫会津川口駅 1956年(昭和31年)9月20日 会津若松起点60.8km

会津川口駅正面
e0304702_05413520.jpg
会津川口駅ホームへ 「ようこそ金山町へ」
e0304702_05420266.jpg
駅名標とホーム
e0304702_05415396.jpg
ホームから本名方向 信号は赤です。
e0304702_05414412.jpg

上井草橋より427D会津川口駅15:02到着 アニメ「未確認で進行形」で小紅が乗ったであろう列車です。
e0304702_05421162.jpg
上井草橋より427D会津川口駅15:02到着
e0304702_05422067.jpg
上井草橋より427D会津川口駅15:02到着 この先いつ小出駅を目指して出発できるのでしょうか。
e0304702_05423224.jpg

只見駅から会津川口駅まで、各駅と被災した鉄橋を載せてみました。被災しバス代行となってから4年経ちましたが、駅とその周辺は草刈りなどの手入れがされていました。地元は鉄路の再開を望んでいますが黒字のJR東日本としてどのような対応をするのでしょうか。1旅行者としてコメントは差し控えたいと思います。

2011年7月新潟・福島豪雨:2011年7月27日~30日
※只見雨量計27日~30日の期間雨量711.5mm、29日の日雨量430.0mm、最大時雨量69.5mm

会津若松市ホームページ 只見線の全線復旧に向けて
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2013070900048/
東日本旅客鉄道株式会社 「只見線に関する地元説明会」(金山町・只見町)の説明資料(2014 年8 月)
http://www.jreast.co.jp/railway/pdf/20140819tadami.pdf

履歴
2015年09月01日 作成


by fureshima2223 | 2015-09-01 07:28 | 徒然なるままに | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30