コミック「ヤマノススメ」舞台探訪011 西吾野から高山不動、関八州見晴台へ(五十八合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪011 西吾野から高山不動、関八州見晴台へ(五十八合目)

 天候もそれほど悪くないということでコミック「ヤマノススメ」第五十八合目登場の高山不動と関八州見晴台を訪れてみました。とはいっても、歩かなくて済むところ歩かないとのお約束で、歩いたのは高山不動駐車場から高山不動往復、旧不動茶屋前の駐車場から関八州見晴台往復というゆるゆる山歩でした(旧不動茶屋の上の関八州見晴台の入口にも駐車スペースがあるのは歩いていて気が付きましたが)。あおいたちが歩いたのは沢沿いに登る「高山不動と関八州見晴台コース」でしょうか。ほかにもいろいろな道があるようです。西吾野駅⇒高山不動⇒関八州見晴台⇒西吾野駅または吾野駅を歩くと4時間以上はかかり、歩く距離と時間と500m以上の標高差はそれほど甘くなさそうです。探訪日は平成28年10月10日です。

それでは探訪の報告、あおい達の歩いた順でコミックカットと写真を載せていきますが、途中で側線に入るかもしれません。

飯能と西吾野駅と高山不動と関八州見晴台の位置関係は 058-05-1
e0304702_20184048.jpg
ハイキングコース&ガイドマップより切り抜き 一応マップのコースを歩いたとしてみました。
西吾野駅から高山不動までは他の道もいくつかあります。
e0304702_21173204.jpg

あおいちゃん、私も山コーヒーやってみたいって、いろいろ飲み比べて、よく眠れなかったとか・・・
西吾野駅で待ち合わせ、飯能に住んでいるのになぜ飯能駅または東飯能駅で待ち合わせしないのかな・・・ 058-18-1
e0304702_20202976.jpg
e0304702_07570388.jpg

あおいちゃんも考えることが多いような・・・058-20-1
e0304702_07310517.jpg

高山不動の階段、確かにすごい!!! 左右に歩道はありますが 058-22-1
e0304702_07324186.jpg
高山不動:関東三大不動の一つ、1300年以上前にできた由緒正しいお寺。
e0304702_07572921.jpg

二人も石段を登ります。ここに来たらこの石段を登らないとね。 058-23-1
e0304702_07325884.jpg
e0304702_07580486.jpg
e0304702_07581254.jpg

高山不動 本堂に着きました。058-24-1
e0304702_07334838.jpg
e0304702_07585080.jpg

高山不動はお寺なので、神社とはお参りの仕方が違います。 058-24-2
e0304702_07340288.jpg
e0304702_07592543.jpg
e0304702_08000603.jpg

水屋は確かにちょっと貧弱かも 058-24-3
e0304702_07342617.jpg
e0304702_08003725.jpg

あおい達が西吾野から登ってきて高山不動へ向かう道、そのまま車道を右手に降りていくと水場に出ます。
(駐車場から歩いてきて、水場の前を通り、高山不動に向かいます。)
e0304702_08005916.jpg

山水ですか 058-25-1
e0304702_07353390.jpg
e0304702_08012591.jpg
『水の確保は登山用地図の水マークのある場所で行いましょう。』とのこと 058-25-2
e0304702_07355204.jpg
e0304702_08015453.jpg
國造三輪社と水場
e0304702_21313907.jpg

関八州見晴台の登り口、近くに駐車スペースあります。
e0304702_07535941.jpg
登山道 季節に行くとつつじがきれいとのことです。
e0304702_07542027.jpg

関八州見晴台に到着 058-26-1
e0304702_07361510.jpg
e0304702_08150287.jpg
関八州見晴台でヤマノススメ
e0304702_08151081.jpg
高山不動尊 奥の院
e0304702_20473843.jpg
関八州見晴台からの展望
e0304702_07554454.jpg
武甲山も見えました
e0304702_07555546.jpg

このベンチでいいのかな 058-28-1
e0304702_07370853.jpg
e0304702_20485060.jpg
ベンチで、コーヒーを入れる用意はしていなかったので、缶コーヒーでも・・・058-28-2
e0304702_07372465.jpg
058-28-3
e0304702_07373988.jpg
e0304702_20491316.jpg

あおいちゃんもいろいろ思うことがありそうで 058-30-1
e0304702_07392197.jpg
e0304702_20493514.jpg

でも、ひなたにかかると、見通されてるかも・・・058-31-1
e0304702_07393347.jpg
058-32-1
e0304702_07395210.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年10月20日 作成









by fureshima2223 | 2016-10-20 08:09 | ヤマノススメ | Comments(2)
Commented by JUN at 2016-10-20 09:46 x
階段下の大木が伐採されちゃってちょっと寂しいですよね~
Commented by fureshima2223 at 2016-10-20 12:03
> JUNさん
コメントありがとうございます。
しろさんが取材したときにはあったのでしょうか。
伐採する理由はあったのでしょうが、やはりさびしいものがありますね。
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31