「ダムマンガ」舞台探訪006 三国川ダム(さぐりがわダム)と周辺(第12基目)

「ダムマンガ」舞台探訪006 三国川ダム(さぐりがわダム)と周辺(第12基目)

2巻12基目 東京駅、とき305号、浦佐駅、三国川ダム、352号標識、湯之谷館(自在館)などが登場

ダムマンガ2巻12基 新潟県南魚沼市の三国ダム イベントではなくて監査廊見学ができるダムです。このことを知って、平成28年には探訪の準備をしていたのですが、ようやく訪れることができました。作中では東京駅に集合し、浦佐駅に迎えに来てもらっていますが、レンタカーを借りるため越後湯沢駅が下車駅になってしまいます。探訪日は平成29年9月29日です。

まずはこの1枚 わらび野橋と三国川ダムです。
e0304702_07152786.jpg

スタートは東京駅 12-01
e0304702_17353345.jpg
東京駅に集合 12-02
e0304702_17360365.jpg
東京駅に集合 部長張り切っています 12-03
e0304702_17381491.jpg
東京駅7:08発とき305号で出発 12-04
e0304702_17413108.jpg
8:52浦佐駅到着(ここに駅レンタカーがないので、個人的には使えない駅ですが・・・) 12-05
e0304702_17415304.jpg
浦佐駅
e0304702_07372461.jpg

道路標識は国道17号線を南に進み、新潟県南魚沼市四十日570−1 付近
雪国の縦配置の信号と消雪設備 12-06
e0304702_17421208.jpg
道路標識は国道17号線を南に進み、新潟県南魚沼市四十日570−1 付近
e0304702_07375849.jpg
縦配置の信号の例 越後湯沢駅東側駅周辺
e0304702_07374863.jpg
消雪設備の例 越後湯沢駅東側駅周辺
e0304702_07373574.jpg

新潟県道233号 わらび野橋手前 2014年4月にはまだ「ようこそ三国川ダムへ」の標柱があったとか 12-07
e0304702_17422626.jpg
標柱がないので、ダム堤体に着目して撮ってみました。
e0304702_07431917.jpg
ストリートビュー2014年4月より切り出し 確かにあったとか
e0304702_07432926.jpg

三国川ダムは堤体にコンクリートをほとんど使っていない 12-08
e0304702_17423971.jpg
三国川ダム情報館にて 三国川ダム堤体標準断面図
e0304702_07452864.jpg
三国川ダムホームページより 三国川ダム堤体マップ
e0304702_20265055.jpg

三国川ダムはロックフィルダムです 12-09
e0304702_17425448.jpg
展望台から撮りました
e0304702_07461773.jpg

非洪水期常用洪水吐、下から見る放流路と管理橋と非洪水期常用洪水吐のゲート室かな 12-10
e0304702_17431292.jpg
管理橋から非洪水期常用洪水吐、右側の固定堰は非常用洪水吐
e0304702_07532875.jpg
出逢い橋から 放流路と管理橋と非洪水期常用洪水吐のゲート室
e0304702_07474848.jpg
出逢い橋とダム堤体
e0304702_07465812.jpg

管理橋で 三国川ダム管理所と三国川ダム情報館をバックに 12-11
e0304702_17432786.jpg
e0304702_07541144.jpg
ダムカード配布と監査廊見学の案内板
e0304702_07543512.jpg
三国川ダム情報館入口
e0304702_07550867.jpg
監査廊を一般開放のポスター 
H29は原則として11月30日までの日祝・土は1日5回、月・木・金は1日4回、1回14人まで
e0304702_20044520.jpg

三国川ダム情報館に入って左側のカウンターで 12-12
e0304702_17435605.jpg
三国川ダム情報館に入って左側のカウンター
e0304702_07565625.jpg
「ダムマンガ」井上よしひささん2015.06.12 の色紙があります。
e0304702_20255549.jpg
本日監査廊見学実施中の案内
e0304702_07573453.jpg
インターフォンか置いてある携帯電話で監査廊見学の申し込みをします。
三国川ダムのダムカードもここでゲットできます。
e0304702_07571211.jpg
展示室、三国川ダムを含むジオラマがあります。
e0304702_07574629.jpg

入口のドアを開けて、エレベーターへ 12-13
e0304702_17441006.jpg
エレベーター室、上が展望台になっています。モニュメントはダムとしゃくなげをイメージしています。
e0304702_08002962.jpg
エレベーター入口
e0304702_08010306.jpg
このエレベーターで下ります。
e0304702_08015046.jpg
1Fの気温は19度
e0304702_08023525.jpg

エレベータの中で 12-14
e0304702_17442331.jpg
案内板 今回の見学範囲を追記
e0304702_08040663.jpg
エレベーターの内部です。
e0304702_08031694.jpg
1階+489.5m~B3階+340.5m 99m下ります。
e0304702_08063140.jpg

確かにクイズがあったような、撮っていませんでした。 12-15
e0304702_17443798.jpg

エレベーターを降りて監査廊へ 12-16
e0304702_17444906.jpg
エレベーターを降りると気温は11度でした。
e0304702_08054029.jpg
B3Fのエレベーター前
e0304702_08050551.jpg
エレベーター前から監査廊
e0304702_08053028.jpg
平成23年7月新潟・福島豪雨の時 ダムが満杯になり非常用洪水吐からの放水があったとのこと(この時が唯一とのこと)
e0304702_07411813.jpg
監査廊案内板 現在位置が表記されています。
e0304702_07412908.jpg
監査廊を進み
e0304702_07460737.jpg
現在位置の標示 見学はここまででUターン、ゲート室へ
e0304702_07461761.jpg
監査廊の説明版 ここから上下へ階段が合わせて1106段あるそうです。
e0304702_07470275.jpg
上への階段です 階段は上下1106段あります。
e0304702_07505578.jpg
戻って、エレベータ前を通りゲート室へ
e0304702_07520132.jpg

常用洪水吐ゲート室で 12-17
e0304702_17450274.jpg
常用洪水吐ゲート
e0304702_07521473.jpg
三国川ダム常用洪水吐きの案内板
e0304702_07523277.jpg
監査廊の位置表示の例 常用洪水吐ゲート室から利水放流ゲート室へ
e0304702_07525000.jpg
利水放流ゲート室 開度計はと撮っていませんでした。 2-18
e0304702_17550010.jpg
利水放流ゲート室
e0304702_07582825.jpg
利水放流ゲートの案内板
e0304702_07585948.jpg
ドアの向こうは利水放流水路
e0304702_07593025.jpg

ドアを開けて利水放流水路へ 12-19
e0304702_17452716.jpg
ドアを開けて利水放流水路へ。
e0304702_08004404.jpg
ドアを開けて利水放流水路を見ています。
e0304702_08000185.jpg

ドアを開けて利水放流水路へ 12-20
e0304702_17453854.jpg
ドアを開けて利水放流水路へ この時は放水していませんでした。
e0304702_08021700.jpg

しゃくなげ観光センターにて、昼食はダムカレー  12-21
e0304702_17455319.jpg
しゃくなげ観光センター
e0304702_23270926.jpg
三国川ダム ダムカレー880円 三国川ダムカード提示で50円引きでした。
e0304702_23265939.jpg

しゃくなげ観光センターでダム部の昼食 12-22
e0304702_17460747.jpg
ダム部の昼食の場所、お店の了解を得て撮影しました。
e0304702_23331353.jpg

国道352号 奥只見ダムへの道 12-23
e0304702_17462119.jpg
新潟県魚沼市宇津野475(湯之谷建設)の先奥只見ダム方向、折立温泉まで約1㎞
e0304702_23340680.jpg

シルバーライン入口の駐車場で 12-24
e0304702_17463898.jpg
奥只見シルバーラインの案内板
e0304702_23344967.jpg
駐車場の休憩所トイレでした。

e0304702_23345997.jpg

宿泊場所 湯之谷館(自在館:新潟県魚沼市栃尾又温泉)12-25
e0304702_17465175.jpg
自在館:新潟県魚沼市栃尾又温泉
e0304702_23354197.jpg
うえの湯、おくの湯の入口
e0304702_23361120.jpg
したの湯入口
e0304702_23360479.jpg

ダムというインフラ施設の中を見せていただき満足でした。ただ、いろいろな歴史がありダムを望む露天風呂がかなり前に廃止されていたのは残念でした。このあと、ダムマンガ2巻13基 奥只見ダムの舞台探訪に続きます。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年10月10日 作成


by fureshima2223 | 2017-10-10 07:18 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31