カテゴリ:徒然なるままに( 133 )


グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ(福井新聞H26.05.26)ほか記事1本

グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ(福井新聞H26.05.26)ほか記事1本

 福井新聞H26.05.26に「グラスリップ」の記事が載りました。H26.04.04の記事に続いて2本目となります。「メガネブ!」の時と比べて報道の回数も含めて記事にするのを抑えているような気もしますが、前回の報道の反省があるのでしょうか。まあ、北陸を舞台とするP.A.作品ですから、ようやく福井に来たとの思いもあって、期待しています。「グラスリップ」「花咲くいろは」「true tears」がうまく連携して北陸全体にいい影響が及べばと思います。えちぜん鉄道がどうかかわるのか、かかわらないのかも見ていきたいと思います。とはいっても、現地に行くことは難しいと思いますので、多くの方が作成されるであろうブログを楽しみにしています。

以下 福井新聞H26.05.26の記事から転載させていただきます。

グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ

 福井県坂井市三国町などをモデルにした町を舞台に、高校生の青春を描くテレビアニメ「グラスリップ」の制作発表会が25日、同市のみくに文化未来館であった。監督や主要声優陣が登壇。同町内の名所やイベントをモデルにした経緯や登場するキャラクターを紹介し、「すてきなストーリーのきれいな作品。楽しんで見てほしい」と呼び掛けた。7月から県内外で放映される。

 アニメの製作委員会が開き、一般公募した約350人が観覧した。
e0304702_08091488.jpg
       深川芹亜さん(右)ら「グラスリップ」の女性声優陣=25日、福井県坂井市のみくに文化未来館

 アニメは富山県南砺(なんと)市の映像制作会社「ピーエーワークス」のオリジナル作品。坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした「日乃出浜」を舞台に、ガラス工房を営む家に育った主人公・深水透子や転校してきた沖倉駆ら高校生6人を中心とした青春ドラマを描く。作中、港町の風情ある町並みや壮大な水中花火、特徴のある洋風建物など町内の景観やイベントをほうふつとさせる場面が登場する。

 制作発表会では西村純二監督をはじめ、透子役の深川芹亜さん、駆役の逢坂良太さんら高校生を演じる声優6人、同社の堀川憲司社長が登壇した。声優らは演じるキャラクターの性格や特徴などの設定を紹介。西村監督は「現代の高校生の恋愛を描くラブコメディーにファンタジーの要素を加えた」と話した。また、昨夏見た三国花火大会の印象を生かしたシーンが第1話に登場することや、作品の核となるイメージ画像に同町内の白山神社の雰囲気を取り入れたことなどを明かした。

 堀川社長は同町内を舞台のモデルに選んだことについて「物語の設定に基づき海と山、祭りがあり、土地に文化が根付いているところを探した。大きな花火大会があり絵になる町。一発で決めた」と語った。作品には同町のほか、あわら、福井両市を舞台のモデルにしたシーンも登場する。

 同社は、高校生の青春を描いた南砺市城端(じょうはな)地区がモデルの「true tears」(2008年)、金沢市の湯涌(ゆわく)温泉がモデルの「花咲くいろは」(11年)を制作し人気を得ている。堀川社長は「北陸3部作と言われる作品になるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

 作品は30分。県内では今年7月から福井テレビなどで放映される。

 発表会では主題歌を歌うアーティストのライブもあった

以上 福井新聞H26.05.26の記事から転載させていただきました。


以下 福井新聞H26.04.04の記事から転載させていただきます。

アニメ「グラスリップ」青春を描く 三国がモデル、7月放映開始

福井県坂井市三国町などをモデルにした町を舞台に、高校生6人のみずみずしい青春を描くテレビアニメ「グラスリップ」を、富山県南砺市の映像制作会社「ピーエーワークス」が制作する。同社が手掛けた同市城端(じょうはな)地区や金沢市の湯涌(ゆわく)温泉をモデルにしたア ニメはいずれも高い人気を博し、大勢のファンが観光に訪れている。今年7月から放映予定で、5月25日に坂井市三国町で制作発表会を開く。

 同社のオリジナル作品。物語は坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした「日乃出浜(ひのではま)」で展開する。ガラス工房の家庭に育った主人公・深水透子らが過ごす高校に、沖倉駆が転校して来たところから青春ドラマが始まる。

e0304702_08205394.jpg
         ピーエーワークスが制作する「グラスリップ」の一場面((c)glasslip project)

 同社が公開している映像には、海と山に囲まれたのどかな町並み、海面に映る壮大な花火、緑の丸い屋根が特徴的な洋風の建物など、三国の風景をほうふつとさせる場面が並ぶ。制作スタッフが北陸を中心にモデルとなる場所を探したところ、物語のイメージに近い三国に決まったという。

 放送局は未定。同社の堀川憲司社長は「制作スタッフが何度も福井県を訪れて感じた“穏やかな風情”が、作品全体に趣を添えてくれている」と語る。

 城端地区がモデルの「true tears」(2008年)、湯涌温泉がモデルの「花咲くいろは」(11年)は、どちらも高校生の青春を描いた。実在する町並みを取り入れており、今でも訪れたファンが登場人物と同じポーズで写真を撮ったり、登場する食べ物を味わうなどして楽しんでいる。「花咲く―」の作中で描かれた「ぼんぼり祭り」が実際に地元で開かれるなど幅広い年代から人気を集め、同作は昨年映画化された。

 制作発表会は5月25日午後3時から、坂井市のみくに文化未来館で開かれる。「true―」も手掛けた西村純二監督のほか、深川芹亜さん、逢坂良太さんら声優6人が出席予定。4月20日締め切りで、一般の観覧を募っている。定員は350人で、応募者多数の場合は抽選。申し込みはグラスリップのホームページから。

以上 福井新聞H26.04.04の記事から転載させていただきました。

履歴
2014年05月27日 作成





by fureshima2223 | 2014-05-27 08:24 | 徒然なるままに | Comments(0)

「犬神さんと猫山さん」舞台探訪001東小金井駅登場(第05話)

「犬神さんと猫山さん」舞台探訪001東小金井駅登場(第05話)

「犬神さんと猫山さん」に東小金井駅が登場したと聞き、生活圏が舞台として登場したことがわかり、遅ればせながら平成26年5月25日に探訪してきました。見ていない作品の探訪はあまりしないのですが、小金井市内が登場するならやはり押さえておきたいのです。「黒子のバスケ」「ゴールデンタイム」に続いて3作目の小金井市内探訪です。舞台探訪アーカイブに出ている作品も機会がありましたら探訪してみたいです。

①「犬神さんと猫山さん」第05話猫山さんとカラオケに登場した東小金井駅です。
 この2枚は東小金井駅南口ですが、かなり改変されているような、アングルも難しい。

e0304702_06400191.jpg
e0304702_06403037.jpg
この程度の撮り方で・・・合わせられない
e0304702_20285981.jpg
②東小金井駅南口 CoCoバスのバス停がキーです。
 案内表示の吊り支えも、南側は現地もキャプも3本でした。
e0304702_06410433.jpg
e0304702_20292631.jpg
③東小金井駅と小金井市のコミュニティーバスであるCoCoバスを撮ってみました。
e0304702_20300084.jpg
④東小金井駅南口の小金井市下水道デザインマンホール蓋です。
 これは「おすい」の表示があるので分流式の区域かな。
e0304702_20302181.jpg

小金井市が舞台として登場したので、確認に行ってみました。リマタイ@rimataiさんの情報ツイートありがとうございました。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©くずしろ/一迅社・葛城十二支学園生物部2014」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年05月26日  作成














by fureshima2223 | 2014-05-26 20:49 | 徒然なるままに | Comments(0)

今年(H29)も自衛隊徳島地方協力本部のポスターは期待通り萌えています。(H22~H29分掲載)

今年(H29)も自衛隊徳島地方協力本部のポスターは期待通り萌えています。(H22~H29分掲載)

自衛隊徳島地方協力本部のホームページに自衛官募集のポスターが公開されています。今年も期待を裏切らないですね。平成22年から平成29年までのポスターを並べてみます。もう恒例の行事かと・・・

平成29年度
e0304702_07573633.jpg

 徳島地本恒例のアニメポスターの第8弾が完成いたしました!
 作者は昨年度に引き続き、航空自衛隊に所属する自衛官です。
 今年度のポスターテーマは「輝き」です。々しく活気溢れる若者達が踏み出した道、自衛隊で輝く若者の姿をイメージし、
「私が進む道 自衛官!」 仲間と共に前進する楽しさと決意の気持ちを表しました。
 このポスターは4月1日から県内各所の自衛隊募集事務所、募集広報用掲示版及び各種イベントにて配布致します。


平成28年度

e0304702_07575372.jpg

 徳島地本恒例のアニメポスターの第7弾が完成いたしました!
 作者は昨年度に引き続き、航空自衛隊に所属する自衛官です。
 今年度のポスターに込めた想いは、「成長」です。大学や高校から就職、思い切って自衛隊へ転職など様々な方がおり、そこには新生活への不安な気持ちもあったりします。でも安心してください。最初に知識がないのは当たり前っ!同じ不安を経験した先輩隊員がついています
 ポスターのデザインは、自衛隊の中で「一人前」とされる3曹の陸海空の自衛官です。 入隊後多くの隊員が目標とする存在であり、若者らしく、自信とエネルギーに満ち溢れています。多くの先輩と後輩たちと出会いと経験を経て、自分もまた目標とされる姿に成長します。「自衛官になるけん!」 徳島の方言で強い目的意識をもって臨む決意を表しました。
 このポスターは4月1日より県内各所の自衛隊募集事務所、募集広報用掲示板及び各種イベントにて配布致します。


平成27年度
e0304702_20041851.jpg
徳島地本恒例のアニメポスターの第6弾が完成いたしました!

 今年のポスターは阿波踊り、「熱い夏」をメインテーマに昨年に引き続き海上自衛隊3人娘の夏制服姿との対比で作成しました!徳島といえば「阿波踊り」!阿波踊りは徳島県を最も熱くするお祭りです。自衛隊の業務は自分のやりたい事、得意な事を更に伸ばす事が出来る「熱い」仕事です!

「踊り隊!守り隊!自衛隊!」踊らにゃそんそん!まずは、自衛隊に触れてみませんか?

このポスターは4月1日より県内各所の自衛隊募集事務所、募集広報用掲示板及び各種イベントにて配布致します。


平成26年度
e0304702_9165875.jpg

自衛隊徳島地方協力本部は、平成26年度自衛官募集のポスターを制作しました。
 作者は昨年度に引き続き、静岡県の航空自衛隊に所属する自衛官です。
 今年度のポスターテーマは「見つけた!やりたいこと!」です。街中で’ふと’見た災害派遣に従事する自衛官の姿に感動し、「自分のやりたい仕事はこれだ!見つけた!」と自衛隊を目指すようになるストーリーです。

 このように自衛隊には様々な仕事があり、自分に合った仕事を見つけることができる職場です!

 このポスターは、自衛隊徳島地方協力本部各募集事務所及び自衛隊掲示板等に掲示されます。  

平成25年度
e0304702_19152079.jpg

 自衛隊徳島地方協力本部は、平成25年度自衛官募集のポスターを制作しました。
 作者は静岡県の航空自衛隊に所属する自衛官です。テーマは陸海空それぞれ、仕事中の女性自衛官の格好よさをイメージしたもので、仕事中のワンシーンで「フッ」っと息を抜く時、気の抜けない瞬間「ハッ」とする時などを切り取ってみました。
 キツイ時もありますが、こうした瞬間、瞬間を積み重ねて成長して行くうちに仕事も自分も好きになれる、そんな職場が自衛隊!!
 本物の女性自衛官はもっと格好いいですよ。仕事の種類も沢山あり自分を変える物が見つかりますよ!
 みなさんも自分を変えてみたかったら、ぜひお近くの徳島地本の各事務所を覗いて見てはいかがでしょうか?

チャレンジしてみるのは・・・・・・・・・・今でしょう!!

 なお、このポスターは自衛隊徳島地方協力本部各募集事務所及び県下の自衛隊掲示板等に掲示されます。

平成24年度
e0304702_19153737.jpg

 自衛隊徳島地方協力本部は、平成24年度自衛官募集ポスターを製作しました。ポスターは、自衛官を彼氏に持つ女性の思いをイメージしたもので、本ポスターを通じて、自衛官の魅力ある仕事を知ってもらいたいと思います。このポスターは、自衛隊徳島地方協力本部各募集事務所及び県下の自衛隊掲示板等に掲示されます。なお、自衛隊員がデザインしました。

ポスター・ストーリー
彼女が付き合っている彼氏は、陸上自衛官。彼は現在、災害派遣活動に従事している。そんなある日、テレビのニュース番組で被災者を救出する彼の姿を見つけた。写真や駐屯地祭などで、彼の制服姿を見たことはあるが、現場で勤務している彼を見るのは、これが初めてだった。いつもは普通の彼氏だが、制服を着ると3割増しでちょっとカッコいい。災害派遣現場でがんばっている彼を見つけ、とてもステキに感じた彼女。彼に今すぐ伝えたい気持ちがある。

平成23年度
e0304702_1916211.jpg

 自衛隊徳島地方協力本部は、平成23年度自衛官募集ポスターを製作しました。
 デザインは北海道にて勤務する自衛隊員です。ポスターは夏制服を着用した陸海空の女性自衛官をモチーフとし、かわいらしいデザインに仕上がりました。
 自衛隊には、約1万人の女性自衛官が勤務しています。彼女たちはカワイイだけではありません。芯が強くて明朗闊達、そして優しい母性を兼ね備えた大和撫子たちなのです。
 自衛隊では職種、訓練、生活、任地、昇任などに性差はほとんどありません(注)。 「育児休業 」や「 育児参加のための特別休暇 」なども整っており、様々な制度を活用することで男女
 ともに「 仕事と並行して育児する 」ことも、「 休業して育児に専念する」ことも可能です。また託児施設を併設している 駐屯地もあり、自衛隊では仕事に専念できる環境を整えるとともに、家族を大切にする環境も重視しています。
 さぁ、男性諸君!アニメキャラに萌えてる場合ではありませんゾ・・・・・・・・ ・。男女ともに仕事や家族に萌えることができる就職先、それが自衛隊です。本ポスターを通じて、 魅力ある自衛隊を知ってもらいたいと思います。このポスターは、徳島地本各事務所及び県下の自衛隊掲示板等に掲示されます。

 注 : 母性保護や装備品の構造等で、女性の勤務は適さないなどの制限が一部あります。

平成22年度
e0304702_19161795.jpg

 自衛隊徳島地方協力本部は、平成22年度自衛官募集ポスターを製作しました。
 制作は、アニメーション制作会社の「ufotable(ユーフォーテーブル)」です。同社は、徳島市の阿波踊りポスターを制作し、そのポスター人気が新聞報道等で大きく取り上げられたアニメーションなどを手掛ける総合映像プロダクションです。ポスターは、夏制服を着用した航空自衛隊の女性自衛官をモチーフとしたもので中・高・大学生が部屋に貼りたくなるようなデザインに仕上がりました。ポスターに描かれた隊員の階級は3等空曹で、後輩に仕事を教える傍ら職務に対する探究心も旺盛で、自衛隊の仕事が面白くなってきた時期の思いをキャッチコピーとともにうまく表現できています。特にキャッチコピーは、どの職業にも共通するもので現役自衛官のみならず、仕事に誇りを持ち勤務する社会人には、グッとくるものでしょう。本ポスターを通じて、魅力ある自衛隊の仕事を知ってもらいたい と思います。 
 このポスターは、地元マスコミやTVの全国放送番組でも紹介される等、大きな話題となりました。

履歴
2013年04月04日 作成
2014年04月04日 H26ポスターを追加
2015年04月08日 H27ポスターを追加
2017年04月14日 H28H29ポスターを追加


by fureshima2223 | 2014-04-26 09:20 | 徒然なるままに | Comments(0)

アニメ・まちおこし・聖地巡礼に関するものを集めてみようか(H281015追加あり)

アニメ・まちおこし・聖地巡礼に関するものを集めてみようか

申し訳ありません、一部リンクが切れているものがあります。(H26.05.28)

(2017.01.16確認)
まつもとあつしの「メディア維新を行く」第56回

鷲宮は作品頼みから「オタクにとっての非日常」を楽しむ場へ

らき☆すた放送からまもなく10年――聖地がこれからも聖地であるために

2017年01月14日 17時00分更新 文● まつもとあつし 編集●村山剛史/ASCII.jp

http://ascii.jp/elem/000/001/275/1275157/


(2016.11.23確認)
現代ビジネス 講談社 より
全国で盛況の「アニメ聖地巡礼」、過度なビジネス化に振り切るリスク
これではファンを裏切ることに… 2016.11.22 岡本 亮輔 北海道大学准教授
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50249

(2016.10.15確認)
東洋経済 ONLINE

「アニメで町おこし」の壁が高すぎる根本理由  作品舞台になった「聖地」の数に地域格差も

小寺 信良 : 映像技術者、コラムニスト 2016年10月13日
http://toyokeizai.net/articles/-/138679

(2016.09.14確認)
【大洗×ガールズ&パンツァー①】アニメ聖地巡礼のファンをリピーターに変えた秘密とは

 ライター 吉田燿子 2016年 09月11日 11時00分
http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00332/

(2016.08.06確認)

ポケモンGO、地方は「ただただ迷惑」…人増えても「金落とさず」、混乱対策のコスト増

劇場版BD発売中! 今あらためて「大洗」と「ガルパン」を考える

ガルパン杉山P「アニメにはまちおこしの力なんてない」

2016年08月06日 17時00分更新

文● まつもとあつし 編集●村山剛史/ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/001/173/1173185/

(2016.04.08確認)
カトゆー家断絶 2016.04.08
実在の街を舞台にするアニメはいつから増えたのか

(2015.11.11確認)

アニメ・漫画・ラノベ キャラクター誕生日 キャラ誕

キャラ誕 http://linkis.com/schara.sunrockgo.com/xwNkI

ほかの鉄道会社では販売数を限定しているところもありますが、小田急電鉄オリジナル版は逆に「数量限定は基本的に行わない」というポリシーで製作しています。


(2014.10.28確認)
小松短期大学 由谷研究室 主な学術論文紹 http://www2.komatsu-c.ac.jp/~yositani/titles.htm より
「巡礼ノートから見たアニメ聖地巡礼:金沢市湯涌温泉における『花咲くいろは』巡礼ノートを例として」
  『小松短期大学地域創造研究年俸』第4号、2014年
「聖地・西岸ー城端間を回遊する巡礼者について」
 『加能民俗研究』第45号、2014
「湯涌ぼんぼり祭りに関する巡礼者の言説を巡って」
 『宗教民俗研究』第23号、2014
”  
(2014.09.23確認)
東洋経済ONLINE
なぜ"水戸岡列車"が全国各地で増殖中なのか しなの鉄道「ろくもん」も「ななつ星」のデザイナー 2014年07月13日
http://toyokeizai.net/articles/-/42509?page=3
少ない予算で、レベルの高い観光列車が導入できる、独自の観光列車デザインを模索する鉄道会社もある。

(2014.09.21確認)
アニメツーリズムの 現状と課題 小山友介堀内和哉 (芝浦工業大学) on
http://www.slideshare.net/yuhsukek/ss-39292815

(2014.08.30確認)
駅ロッカー撤去に困った JR尾鷲、熊野市駅 gooニュース(中日新聞プラス)2014年8月30日(土)05:00
ユネスコの世界遺産登録十周年を迎えた熊野古道が注目を集める中、三重と和歌山両県にまたがる熊野古道・伊勢路へのJR紀勢線の最寄り駅からコインロッカーが撤去された。手荷物を預けて古道を散策する観光客だけでなく、地元の観光関係者からも困惑の声が上がっている。
http://news.goo.ne.jp/article/chuplus/region/chuplus-CK2014083002000030.html

(2014.08.15追加、2013.7.11作成内容追加 ブログ作成者が作成した別のリストです)
アニメでまちおこしをされる方にも読んでほしい「ローカル線はなぜ活性化しないのか?」(H260304追加)
http://sinkirouno.exblog.jp/20781779/
メイドトレインの中のひと@spkgo さんが TwitLongerにのせている「【シリーズ】ローカル線はなぜ活性化しないのか」をリスト化してみました。まちおこしを行なう際にも参考になる内容がたくさん含まれていると思いましたので、ブログに載せてみようと思いました。

(2014.08.11確認)
東洋経済 ONLINE

鉄道+バスで地方の「交通難民」を救えるか 有志の経営者が挑む、地域交通再生の試み

大坂 直樹:東洋経済 編集局記者  2014年08月11日
http://toyokeizai.net/articles/-/45068

(2014.08.08確認)
やらおん アニメで町おこしって結構無茶だよね 2014.08.07
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-25987.html

(2014.06.07確認)
赤塚諭「茨城空港に見る地方空港の赤字解消のための経営戦略」120710akatsukas
http://gyosei.mine.utsunomiya-u.ac.jp/since2001koki/yoka12/120710akatsukas.htm
企画を考えるお仕事の人 @spkgo さんのツイートより
意外と驚いた事実、実は茨城空港は黒字だった その理由の一つが「どうせ利用しないんでしょ」と開き直ってイベント連発した事が原因の一つ。「航空機利用者を増やすべきだ」というありきたりな事をしていたら黒字化しなかっただろう。

(2014.05.07確認)
ITmediaニュース
パンチラ・ビキニの“萌え電車”街を走る 
アニメ「中二病」キャラ大展開した京阪電鉄の挑戦と滋賀の“寛容” (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1405/07/news039.html

(2014.04.22確認)
ふわふわスマイル
「京アニ」は何故落ちぶれてしまったのか。全盛期から凋落までを振り返る。2014-04-22
http://homusora.hateblo.jp/entry/2014/04/22/154730

(2014.03.29確認)
東洋経済ONLINE
ロケ誘致で乗客を増やせ!鉄道会社の秘策 2014年03月29日
http://toyokeizai.net/articles/-/33850

(2014.03.23確認)
アニメ!アニメ!
地域と伝統とアニメ P.A.WORKS作品に見るコラボ AnimeJapan 2014
http://animeanime.jp/article/2014/03/22/17965.html

(2014.01.07確認)
forSIGHT アニメ・マンガ・ゲーム舞台聖地マップ
http://psychedelic44.blog63.fc2.com/
他の方が作成したブログへのリンク、マップの掲載をしています。作成者の了解は撮っているのでしょうか

(2014.01.03確認)
おたぽる
『艦これ』が聖地巡礼でビッグマネーを呼びこむ? アニメビジネスをめぐる2014年の展望考察 2014.01.01
http://otapol.jp/2014/01/post-352.html

(2013.12.05確認)
いすみ鉄道 社長ブログ
面倒くさいから」 が見え見えの 「あけぼの」 の廃止2013.12.04 Wednesday
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=970214

(2013.12.04確認)
北海道大学学術成果コレクション HUSCAP
アニメ聖地巡礼の特徴とその展開 : 聖地巡礼者はコンテンツツーリズムの夢を見るか?
岡本 健 宗教とツーリズム研究会 第14回研究会 2013-11-16
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/53650

(2013.11.18確認)
CNET Japan 特集 モバイルコンサルタントの着眼点
“聖地巡礼”を町おこしにつなげるスマホの可能性--「ガルパン」「あの花」など
明石竹史(ドコモ・ドットコム) 2013/11/15 07:30
http://japan.cnet.com/sp/mobile_consulting/35039966/

(2013.11.09確認)
「艦これ」の魅力はおもてなさないところ。高級ホテルではなく居酒屋なのだ
エキサイトレビュー 2013年11月8日 11時00分 (2013年11月9日 06時41分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/reviewapp/20131108/E1383844408196.html?_p=1

(2013.11.07確認)
気の毒すぎる福井県鯖江市の「めがねアニメ」、なんとかしてあげてほしい!
2013年11月2日 15:30 (サイゾー)
http://topics.jp.msn.com/entertainment/cyzo/column.aspx?articleid=2163914
以下で同じ内容につながります。H281115
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cyzowoman_20131102_3369112013
(2013.10.28確認)
おたぽるOTAPOL アニ玉祭に見る聖地巡礼の勝ち負け
アニ玉祭で“勝ち負け”が明らかに!? 聖地巡礼による“町おこし”で大切なこと
http://otapol.jp/2013/10/post-86.html

(2013.10.25確認)
列島あちこち 食べるぞ!B級ご当地グルメ 食べB
おかわり おもてなしは戦車より強し――「ガルパン」で覚醒、大洗の魅力
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/article.aspx?id=MMGEzq000021102013

(2013.09.30確認)
Seichi Junrei 英文で舞台を紹介
http://otakumode.com/sp/visit_japan/seichi-junrei
ヤマノススメの掲載例
Take a Relaxing Day Off and Enjoy Exploring Hanno Together with Encouragement of Climb

(2013.09.30確認)
岡本健(OKAMOTO Takeshi)‏@animemitarou H250929のツイート
最近させていただいた講演や研究会発表の記録などを更新しました!論文や書籍、雑誌記事などの成果記録がまとまったページです。
 http://researchmap.jp/t-okamoto/

(2013.09.28確認)
はたらくじん -シゴトを楽しむ人を応援するサイト-
柿崎俊道(聖地巡礼プロデュース)
2013年8月28日更新 アニメ・マンガの「聖地巡礼」を仕事に昇華する
http://hatarakujin.com/your_works/022/

(2013.09.21確認)
小松短期大学 由谷研究室    started on 16 May, 1996
『地方史研究』第364号掲載の「西岸が能登の新たな聖地となるまで」、『北陸の民俗』第30集掲載の「アニメ聖地巡礼と地域おこし―『花咲くいろは』と金沢の例から―」などを掲載

(2013.09.19確認)
朝日新聞 DIGITAL 2013年9月19日
あにまのリターンズ「Free!」【下】 奈良県立大学 岡本健
http://www.asahi.com/area/tottori/articles/MTW1309193200001.html

(2013.09.19確認)
朝日新聞 DIGITAL 2013年9月18日
あにまのリターンズ「Free!」【上】
http://www.asahi.com/area/tottori/articles/MTW1309183200002.html


(2013.09.17確認)
THE PAGE 気になるニュースをわかりやすく
アニメ・ゆるキャラ活用の地域おこし 「成功」に必要なことは 2013/9/16 21:54配信
http://thepage.jp/detail/20130916-00000003-wordleaf

(2013.09.16確認)
産経ニュース 地方
【いばらき応援倶楽部】「ガールズ&パンツァー」 人気に頼らず新アニメを
2013.9.16 16:17
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130916/ibr13091616260004-n1.htm


(2013.09.12確認)
杉山淳一,Business Media 誠 2013年09月13日 08時05分 更新
杉山淳一の時事日想:ローカル線を救うのは誰か? アニメファンを無視してはいけない
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1309/13/news007.html

(2013.09.08確認)
アニメスタイル「TVアニメ50年史のための情報整理」
昭和38年~平成24年のタイトルと放送時期のリストです
http://animestyle.jp/special/tv-anime50th/

(2013.09.08確認)
【京まふ2013】角川書店・井上社長による「マンガ・アニメがもたらす地域活性化」聖地巡礼成功の鍵とは 2013年9月6日(金) 21時57分
http://www.inside-games.jp/article/2013/09/06/70117.html

履歴
2014年04月03日 公開



by fureshima2223 | 2014-04-03 19:22 | 徒然なるままに | Comments(0)

由利高原鉄道でゆりてつラッピング車両、発進!!!(出発式 羽後本荘駅 平成26年4月19日)

由利高原鉄道でゆりてつラッピング車両、発進!!!(出発式 羽後本荘駅 平成26年4月19日)

以下 H260420追加
YOMIURI ONLINE 地域 2014年04月20日
由利鉄「ゆりてつ」に沸く⇒リンクhttp://www.yomiuri.co.jp/local/akita/news/20140419-OYTNT50222.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&from=tw
以上 H260420追加

まずはこの1枚 当初公表された由利高原鉄道のゆりてつラッピング車両完成予想図です。
e0304702_1237187.jpg


(H26.04.03の情報)H26.04.07追加
以下 由利高原鉄道ホームページより転載させていただきます。
申し込みについては由利高原鉄道ホームページからお願いいたします。
http://www.obako5.com

4月19日ゆりてつラッピング車両、発進!!!
小学館 月刊サンデーGXで連載され、緻密な鉄道描写で人気だった松山せいじ氏作「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部」。連載は昨年、惜しまれながら最終回を迎えました。
この「ゆりてつ」が最終回の舞台、秋田県・由利高原鉄道のキャラクターラッピング車両となって登場します。
『ゆりてつ』×「由利鉄」の夢のコラボがこの春スタートします!!

車両出発式
日時:4月19日(土)
時間:13:20
場所:由利高原鉄道 羽後本荘駅

松山せいじ氏も式典に参加!!
ラッピング車両は13:51発 臨217Dとして矢島駅まで運行します。
この臨時列車には漫画家の松山せいじ先生も同乗され、車内でトークショー、サイン入り色紙抽選会を行います。
※イベント日時は事情により変更される場合があります。

試乗引換券の申込
上記臨時列車に試乗する際には、試乗引換券が必要となります。参加費用は、乗車券代金(大人600円、小人300円)のみです。
4月3日(木)午前10時より電話及びWebで先着順に受付けます。受付者には、試乗引換券を郵送いたします。定員になり次第締め切りとなります。
試乗引換券 申込ページ(4月3日10:00に公開)あり

当日の流れ
当日、13:00より乗車引換券を提示の上、乗車券を購入いただきます。
13:30までに乗車券の購入がない場合は試乗引換券は無効となります。

お問い合わせ
由利高原鉄道株式会社
(TEL)0184-56-2736 (平日9:00~17:30)
(FAX)0184-56-2850

ゆりてつラッピング車両記念乗車券の販売
記念乗車券(硬券・羽後本荘←→ 矢島 片道大人600円、小人300円)4月19日より発売します。

松山せいじさんのイラスト
e0304702_21362446.jpg


(H26.04.03の情報)H26.04.07追加
以上 由利高原鉄道ホームページより転載させていただきました。


最初の情報は
由利高原鉄道 ‏@yuri_tetsudou H26.03.19 15:38
月刊サンデーGX 4月号の71ページに、「ゆりてつ」のスペシャルなお知らせがのってます!要チェック!!
http://p.twipple.jp/2COKq 
e0304702_12401429.jpg


由利高原鉄道からの情報が公開されたので、公開情報を「ゆりてつ」の作者 松山せいじさんが順次ツイート

松山せいじ コミカライズ『人生』連載中 ‏@seijimatsuyama H26.03.20 10:34
【ゆりてつ】ステッカー・ラッピング車両が登場する! http://railwaydesign.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

松山せいじ コミカライズ『人生』連載中 ‏@seijimatsuyama H26.03.20 10:39
鉄道会社の方でも正式発表されたので、告知!由利高原鉄道のYR-2001車両にて、『ゆりてつ』のラッピング列車が誕生します。、、、イラストはラッピングに使用される一部の絵 pic.twitter.com/GZAW9MAnQ8
e0304702_1255477.jpg


松山せいじ コミカライズ『人生』連載中 ‏@seijimatsuyama H26.03.20 10:51
サンデーGXからの転載ですがこうなる予定です。 http://sundaygx.com/sakuhin/sakkaInfo/matuyama_yuritetu.html
pic.twitter.com/ef9ENtzUgR
e0304702_12575647.jpg


以下 由里高原鉄道・応援サイト(H260320確認)より内容を転載させていただきます。

【ゆりてつ】ステッカー・ラッピング車両が登場する!

YR-2001形のラッピング変更、ただ今施工中!

これまで約3年間にわたって由利高原鉄道・鳥海山ろく線で異彩を放ってきた、「宇宙戦艦ヤマト・ラッピング車両」=YR-2001形が、昨日3月19日にラストランを迎えました。

あまりおおっぴらに告知されなかったようですので、話題としてそれほど注目されなかったのが惜しまれるところですが、今日から少しの間YR-2001形は休車状態となり、新ラッピングへと変身するようです。

【記事】宇宙戦艦ヤマト号ラッピング終了(由利高原鉄道公式サイト)

その新しいラッピングとは・・・

ゆりてつラッピング

『ゆりてつ』×「由利鉄」の夢のコラボということで、松山せいじさんという方が少し前まで連載していらっしゃった『ゆりてつ』という漫画のキャラクターたちがYR-2001の前身を飾ることになり、由利高原鉄道のアニメ・ラッピング車両第3弾として登場します!!

ゆりてつラッピング登場まであと1か月!

◆車両出発式
日時:4月19日(土)13:20~
場所:由利高原鉄道 羽後本荘駅 矢島駅じゃないですからご注意!
・・・原作者の松山せいじさんも式典に参加なさるようですよ。
新潟方面から向かわれる方は特急いなほ1号でお昼前に着くのがベストでしょうね。
秋田方面からですと、いなほ10号では間に合いませんので、その前の普通列車が良いと思います。

※イベント日時が事情によって変更される場合があります。

以上 由里高原鉄道・応援サイトより内容を転載させていただきました。


以下 サンデーGXのホームページより転載させていただきます。

秋田県・由利高原鉄道でゆりてつラッピング車両、発進!!! 2014.03.19

昨年、惜しまれながら幕を下ろした松山せいじ氏の『ゆりてつ』が、秋田県・由利高原鉄道のキャラクターラッピング車両となって登場!!『ゆりてつ』×「由利鉄」の夢のコラボがこの春スタートします!!

■車両出発式
日時:4月19日(土)
時間:13:20
場所:由利高原鉄道 羽後本荘駅
松山せいじ氏も式典に参加!!

※イベント日時は事情により変更される場合があります。

■完成予想図
e0304702_1237187.jpg


以上 サンデーGXのホームページより転載させていただきました。

履歴
2014年03月20日 作成
2014年04月07日 4月3日公表の情報追加

by fureshima2223 | 2014-03-20 13:40 | 徒然なるままに | Comments(0)

福島県郡山市のご当地アイドル「せせらぎ小町」オーデションで決定(福島民報H260316)

福島県郡山市のご当地アイドル「せせらぎ小町」オーデションで決定(福島民報H260316)

アニメ「未確認で進行形」の縁で、郡山市のことにも注目していきたいと思います。

以下 福島民報 H260316 県内ニュースより転載させていただきます。

「せせらぎ小町」決定 郡山のご当地アイドルオーディション H270619現在リンクは切れています

 郡山市の魅力を発信するご当地アイドル「せせらぎ小町」のオーディションは15日、市内の国際アート&デザイン専門学校で行われた。市内の野内梨月さん(19)=家事手伝い=、宗像雛乃さん(10)=芳山小4年=、糠沢帆乃香さん(9つ)=小原田小3年=、関沢朋花さん(11)=行健小5年=、佐々木菫さん(16)=須賀川桐陽高1年=を選んだ。

 5人は市内を走る街道の名称にちなみ、「沙狗羅(さくら)」「采女(うねめ)」「秋櫻(こすもす)」「静歌(しずか)」「燈武(とうぶ)」のアイドル名で活動する。5人がどの名称を使うかは未定。

 歌やダンスのレッスンに取り組み、県内外のイベントに出演する。21日に市内の郡山カルチャーパークで開かれる市のイベント「がくとくんのお誕生日会」で初舞台に立つ。8月にCDデビューする。

 プロジェクトは音響などを手掛ける「Wasabi Music Entertainment」などでつくる実行委員会の主催。市内在住の10~22歳を対象に募集し、20人が応募した。5分間の面接で自己PR、歌かダンスを披露。江田昇実行委員長を委員長に、5人の審査委員が人を引き付ける魅力などをポイントに選んだ。

( 2014/03/16 08:55 カテゴリー:主要 )

「せせらぎ小町」に選ばれた(左から)野内、宗像、糠沢、関沢、佐々木さん
e0304702_1875484.jpg

以上 福島民報 H260316 県内ニュースより転載させていただきました。

履歴
2014年03月16日 作成

by fureshima2223 | 2014-03-16 18:11 | 徒然なるままに | Comments(2)

「ゴールデンタイム」舞台探訪003小金井市小金井街道阿波おどり(第13話)

「ゴールデンタイム」舞台探訪003小金井市小金井街道阿波おどり(第13話)

「ゴールデンタイム」第13話にも小金井が登場したことを教えていただき、この回も大慌てで視聴しました。神社や河原はまだ確認できていませんが、旅行会社、銀行、お店などまさに武蔵小金井駅北側の小金井街道が舞台です。小金井市では7月末に小金井阿波おどりもあり、小金井街道でも演じられます。第20話からの遡りですが、平成26年3月11日に現地を確認し、ブログを作成しました。

第20話では以下のブログを作成しています。
 「ゴールデンタイム」舞台探訪001小金井市武蔵小金井駅南口駅前広場(第20話)
 「ゴールデンタイム」舞台探訪002小金井市ジャノメ通り(第20話)

ゴールデンタイム第13話でまずはこの1枚
e0304702_14265491.jpg

毎年7月末開催の小金井阿波おどりの案内(小金井市の市報こがねいH25.07.15より)
小金井街道も阿波おどりの会場となっています。
e0304702_656174.jpg


それでは、ゴールデンタイム第13話に登場した小金井市の小金井街道の舞台を載せていきます。
コンデジで撮れるのはこの程度、探訪日は平成26年03月11日です。

①街灯、横断歩道、レンガ色の低層の建物、東京三菱UFJ銀行、Padma Hair、Bakery Cafe Crownが一致
e0304702_1517374.jpg

e0304702_15175287.jpg

②東京三菱UFJ銀行、Padma Hair、Bakery Cafe Crown、伊東書房、ときわスポーツが一致
e0304702_1519378.jpg
e0304702_15195152.jpg

③JTBトラベラント、Hair gracieux、みずほ銀行は一致、左側は合わない。
e0304702_1931424.jpg

e0304702_19313126.jpg

④JTBトラベラント、Hair gracieux、みずほ銀行は一致、
 小金井街道を南側、駅方向を見ているはずですが、他の建物は合わない。
e0304702_19321234.jpg

e0304702_19323339.jpg

⑤ときわスポーツでいいのかな、進行方向が合わないけど。
e0304702_19335963.jpg

e0304702_19341216.jpg

⑥マツヤ靴店でどうかな、昔靴店の隣に本屋はありましたが。
e0304702_19343252.jpg

e0304702_19344634.jpg

⑦合わないですが、北側を撮ってみました。
e0304702_1935898.jpg

e0304702_19374156.jpg

e0304702_19351820.jpg

⑧この神社はどこでしょうか。未確認です。
e0304702_19354752.jpg

⑨この河川敷はどこでしょうか。未確認です。
e0304702_19361127.jpg


舞台はは武蔵小金井駅北側の小金井街道です。現地と一致するお店も何軒か登場します。でも、周囲のビル群は創作の要素が強いのではないかと思います。それでも、舞台がこの場所であるなら、小金井阿波おどりの会場でもあるので、違和感はなかったです。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/おまけん」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年03月14日 作成

by fureshima2223 | 2014-03-14 08:17 | 徒然なるままに | Comments(0)

「ゴールデンタイム」舞台探訪002小金井市ジャノメ通り(第20話)

「ゴールデンタイム」舞台探訪002小金井市ジャノメ通り(第20話)

「ゴールデンタイム」第20話に小金井が登場しましたので、武蔵小金井駅南口駅前広場についてブログ『「ゴールデンタイム」舞台探訪001小金井市武蔵小金井駅南口駅前広場(第20話)』にまとめました。再度第20話を見直したところ、駅前広場から小金井街道を渡って中央線の南側の道(ジャノメ通り)で舞台が登場しているのを確認しました。それなりのカット数がありましたので、新たにブログを作成しました。これほど身近な場所がアニメの舞台として登場したことは驚きです。

まずはこの1枚
e0304702_12225112.jpg

武蔵小金井駅南側の地図です。ジャノメ通りをマーキングしてみました。
地図では建物になっていますが、現在は駐車場です。現地では稲荷神社に注目です。
e0304702_923859.jpg


①小金井街道を渡ってジャノメ通り東側に向って
e0304702_12204492.jpg

e0304702_19265044.jpg

②モスバーガー前より小金井駅方向
e0304702_12205237.jpg

e0304702_1927429.jpg

e0304702_19272393.jpg

③駐車場手前 バルコニーのフェンスと街灯・柱状変圧器に注目
e0304702_122121.jpg

e0304702_19273622.jpg

④駐車場手前 バルコニーのフェンスと街灯・電線に注目
e0304702_12211128.jpg

e0304702_19275073.jpg

⑤神社の向かいの駐車場
e0304702_12211937.jpg

e0304702_1928255.jpg

e0304702_19282432.jpg

⑥神社の向かいの駐車場
e0304702_12213013.jpg

e0304702_1929416.jpg
e0304702_19291167.jpg

⑦神社の向かいの駐車場、神社との位置関係でわかります。
e0304702_12214439.jpg

e0304702_19292942.jpg
e0304702_19293768.jpg

⑧神社部分を切り出し、稲荷神社です。
e0304702_12215475.jpg

e0304702_1936092.jpg

ジャノメ通りの案内板、かつてジャノメミシンの工場があった名残です。
e0304702_1930617.jpg


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/おまけん」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年03月06日 作成

by fureshima2223 | 2014-03-06 09:24 | 徒然なるままに | Comments(0)

「ゴールデンタイム」舞台探訪001小金井市武蔵小金井駅南口駅前広場(第20話)

「ゴールデンタイム」舞台探訪001小金井市武蔵小金井駅南口駅前広場(第20話)

(H260304追記)
第20話を見直すと、武蔵小金井駅南口駅前広場だけで、まだ掲載していないカットが多数あるのがわかりました。できれば近日中に再度撮って、ブログに追加したいと思います。なお、ジャノメ通り側のカットは別ブログとします。

「ゴールデンタイム」第20話に武蔵小金井駅の南口駅前広場が登場しました。生活圏に近い場所が出てきたので帰りにちょっと舞台探訪です。たしかに、小金井市では毎年7月に「小金井阿波おどり」を行っているので、この場所で阿波おどりを見るのは違和感がないのです。

まずはこの1枚
e0304702_703180.jpg


小金井市の市報こがねいH25.07.15より 小金井阿波おどりの案内
e0304702_656174.jpg


それでは、ゴールデンタイム第20話に登場した武蔵小金井駅の南口駅前広場の舞台探訪を載せます。
コンデジで撮れるのはこの程度、探訪日は平成26年02月28日です。

①武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_71773.jpg

e0304702_711431.jpg

②武蔵小金井駅の南口駅前広場アクウェルモール2階より
e0304702_72936.jpg

e0304702_722323.jpg

③武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_723777.jpg

e0304702_725029.jpg

④武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_731045.jpg
e0304702_731930.jpg

⑤武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_733698.jpg
e0304702_734684.jpg

⑥武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_744031.jpg
e0304702_744799.jpg

⑦武蔵小金井駅の南口駅前広場
e0304702_75849.jpg

e0304702_78239.jpg

⑧武蔵小金井駅の南口駅前広場近くのモスバーガーの前より
e0304702_754181.jpg
e0304702_75517.jpg


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©竹宮ゆゆこ/アスキー・メディアワークス/おまけん」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年03月01日 作成

by fureshima2223 | 2014-03-01 07:36 | 徒然なるままに | Comments(0)

静岡は萌えているか「上、中、下、番外」中日新聞静岡の「しずかるNOW」です。

静岡は萌えているか「上、中、下、番外」中日新聞静岡の「しずかるNOW」です。

面白い特集でしたので、資料として残すために転載させていただきました。
番外編は「岡本健・奈良県立大講師に聞く」です。

以下 中日新聞 トップ > 静岡 > 地域特集 > しずかるNow > 記事一覧 > 2014年の記事一覧
から転載させていただきます。 【しずかるNow】

静岡は萌えているか?(上) 萌えキャラ  2014年1月30日

 アニメや漫画、ゲームなど、日本のポップカルチャーを地域活性化につなげようとする動きが広がっている。観光振興に生かす自治体があり、県内でも新たな試みが生まれている。「クールジャパン」の冠で世界の注目も集める中、“萌(も)え”始めた静岡の現場を歩いた。

◆看板娘、愛で育てて!

 赤い瞳で不敵な笑みを浮かべる「天虹寺(てんこうじ)駿河」、のどかな雰囲気の眼鏡っ娘(こ)「朝霧砂緒(すなお)」、駿河湾名産のサクラエビを持つ青髪の少女「桜野沢ゆい」。店内に一歩足を踏み入れると、個性的な「看板娘」が出迎えてくれる。
 静岡市駿河区の鈴木酒店。外観はよくある町の酒屋さんだが、陳列された四合瓶の色鮮やかなラベルが目を引く。店長の鈴木誠さん(38)が考えた美少女キャラクターを県内産日本酒のラベルに印刷した「萌酒(もえしゅ)」。口コミで評判を呼び、休日には県内外からファンが集う。

鈴木酒店に並ぶ「萌酒」。キャラクターには鈴木誠さん(左)のこだわりが詰まっている=静岡市駿河区で
e0304702_12272966.jpg

 萌酒の販売は二年前から。日本酒度の高い辛口の酒には危険な雰囲気の少女、フルーティーな口当たりの酒には艶っぽい癒やし系の女の子を…。酒の特徴に合わせキャラクターの外見や口癖、趣味などを細かく設定し、今では六人に増えた。
 以前はコスプレにもはまった鈴木さん。「若者にも日本酒の魅力を知ってもらえたら」と、花の舞酒造(浜松市浜北区)や志太泉酒造(藤枝市)など県内の老舗と交渉し、商品化の許可を得た。「ほかの銘柄も飲んでみたい」というファンも増え、萌えキャラとのコラボに手応えを感じている。

 美少女や美男子のキャラクターで商品や地域を売り込む手法は、二〇〇五年ごろから全国の自治体や企業に広まった。「あきたこまち」をイメージした少女をパッケージに描いたJAうご(秋田県)の「萌え米」など、全国からファンが押し寄せた成功例もある。

 ただオタク市場を開拓する難しさもある。焼津商工会議所は昨年四月、若い人に地元の海産物をPRしようと、美少女キャラクター「焼津海音(みおん)」を発表した。古くさい姿が「あまりにも萌えない」と逆に話題を呼び、ホームページには数日で一万件を超すアクセスが殺到。「俺がかわいく生まれ変わらせる」と、自作イラストも次々とインターネット上に投稿された。

焼津商工会議所が発表し話題を呼んだ美少女キャラ「焼津海音」
e0304702_12293933.jpg

 想定外のブームに戸惑った商議所の反応は後手に回った。関連グッズの販売や交流サイト(SNS)での情報発信を検討するうちに、半月ほどで騒動は収束。担当者は「ブームに乗って、もっと販売を伸ばせたかもしれないのに」と悔やむ。

 全国に無数の萌えキャラが生まれ、いつの間にか忘れ去られていく。鈴木さんは「キャラクターに愛情を持ち、一生懸命育てようとしなければ、成果は生まれない」と訴える。
(石原猛)

<萌えキャラ> ある商品や地域をPRするかわいらしい少女や端正な男の子のキャラクター。服装や髪形、名前などに商品の特徴を反映させ、擬人化したキャラが多い。県内には、静岡市のB級グルメ「もつカレー」をイメージした「百都(ももつ)かれん」などがある。



静岡は萌えているか?(中) コスプレ 2014年1月31日

◆商店街に驚、若者どっと

 昨年十二月のある週末、普段は人影少ないアーケード街が奇妙なにぎわいを見せた。巨大なやりを担ぐ甲冑(かっちゅう)の兵士、背中から小さな羽が生えた妖精の少女…。アニメやゲームの世界から飛び出した登場人物の姿が清水駅前銀座商店街(静岡市清水区)にあふれた。
 「まちを盛り上げるには、とっぴなことにも挑戦し、目立たなきゃ駄目だ」。商店街振興組合の伊東哲生理事長(60)らの発案で初めて開いた「富士山コスプレ世界大会」には、土日の二日間で約九千人が来場した。洋品店や青果店が並ぶ南北四百メートルの商店街で、県内外のコスプレーヤー四百人が自由に写真を撮り合い、キャラクターの気分で食事を楽しんだ。

キャラクターの衣装で写真撮影を楽しむ「富士山コスプレ世界大会」の来場者たち=昨年12月14日、静岡市清水区で
e0304702_1235454.jpg

 ただ初めての試みだけあって苦労は絶えなかった。「地元の別のコスプレイベントに日程をぶつけた」「交流サイト(SNS)で質問しても反応がない」。半年前に開催を告知すると、インターネット上に不満や不安の書き込みが相次いだ。
 SNSで主催者への意見を集めた清水区の男性(29)は「運営ボランティアを募るなど、コスプレをよく知る地元の人を活用してほしかった」と指摘する。「コスプレでまちおこしを」と声高に訴える商店街の姿は「見せ物と勘違いしている」との反感を招いた。
 「私たちの『当たり前』が、彼らの『当たり前』と違っていた」と、伊東理事長は反省する。その後、商店街は参加者のおもてなしに重点を置き、清潔な更衣室の準備や盗撮を防ぐ警備の強化など矢継ぎ早に対応した。
 ファンと地元住民の触れ合いも生まれた。仮面ライダーの衣装で東京から参加した男性は「古い貴重な商品を扱うおもちゃ屋の主人など、商店街の人とも交流できて新鮮な気分になれた」。数十種の衣装を用意したコスプレ体験も賑わい、商店主らは「こんなにたくさんの若者が来るなんて」と予想以上の反響に驚いた。
 次の大会に向けたアンケートを見ながら、伊東理事長が力強く語る。「イベントを少しずつ大きく育てたい。そのためには、私自身がもっと彼らの文化を勉強しなければいけない」
(石原猛)

<コスプレ> アニメやゲームなどのファンが、登場人物の衣装を着てキャラクターになりきる。「コスチューム・プレイ」の意味。コスプレする人を「コスプレーヤー」「レイヤーさん」などと呼ぶ。衣装や小道具を自作するファンが多いが、人気キャラクターの衣装やカツラなどは市販もされている。


静岡は萌えているか?(下) 聖地巡礼 2014年2月2日

◆アニメと街、融合模索

 掛川城の近くにある駄菓子屋「すいのや」に昨秋、小さな変化が起きた。笑顔が人なつっこいおばあちゃんが切り盛りする昔ながらの店に、カメラを手にした若い男性が遠く県外からも訪れるようになった。
 アニメやゲームに登場する実在の街をファンが旅し、地域と交流する「聖地巡礼」という。店主の梅田芳子さん(83)は驚きながらも「若い人たちとおしゃべりができて元気をもらえる。ありがたいこと」と歓迎する。
 掛川が舞台になったのは、テレビアニメ「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」(勇しぶ)。同市出身・在住の女性作家左京潤さん(31)の同名人気ライトノベルが原作だ。「若者と労働」というテーマにファンタジーを取り入れたコメディーで、掛川の街は「王都」、掛川駅は「王都中央駅」に。掛川城や「炭焼きレストランさわやか」、遠州弁のキャラクターも登場し、地元民をニヤリとさせる。

「勇しぶ」ファンのためにヒロインの等身大パネルを自作した重田さん。アニメには掛川城も登場する=掛川市城下で((C)2013左京潤・戌角柾・富士見書房/マジックショップ・レオン王都店)
e0304702_12384685.jpg

 すいのやには熱々のおでんもあり、地元の子どもからお年寄りまで集う。勇しぶでは主人公らの憩いの場として描かれ、昨秋にはヒロイン「フィノ」を演じる声優田所あずささん(20)との聖地巡礼ツアーで約三十人が訪れた。
 放送が深夜だったこともあり、地元での知名度はまだまだ。行政や観光協会によるPRやイベントもない。城近くで甲冑(かっちゅう)販売を営む重田和義さん(44)は「掛川らしく自然体でもてなしたい」と、アニメのファンや製作元との窓口役を買って出た。
 アニメファンだった重田さんは勇しぶの魅力にはまり、各地の聖地巡礼の情報を集めた。年間数十万人を集める成功例の陰で、イベントの準備や運営の負担で地域が疲弊したり、経済効果だけを当て込んだ魅力のない作品がファンの反感を買ったりと、多くの失敗があることも知った。
 その教訓もあり、聖地以外にも掛川の歴史や文化を知ってもらおうと、ファンに既存の街歩きマップを渡すなど、重田さんらの活動は地道だ。「アニメというだけで色眼鏡で見る人もいるが、触れ合うことでファンの純粋さを知った」と話す。

 アニメの世界が「歴史の街・掛川」とどう溶け合っていくか。新たな魅力づくりが始まった。
(小柳津心介)

<聖地巡礼> 1990年代初めから見られ、新たな地域おこしとして注目されている。対象は1000作品以上。アニメ「氷菓」など経済効果が数十億円規模の例も。「ガールズ&パンツァー」の舞台、茨城県大洗町の取り組みは昨年、観光庁の「今しかできない旅がある 若者旅行を応援する取組表彰」で長官奨励賞を受賞した。
e0304702_12404333.jpg



静岡は萌えているか?(番外編) 岡本健・奈良県立大講師に聞く 2014年2月4日

◆協働し観光資源に

 アニメやコスプレ、萌(も)えキャラなどのポップカルチャーを地域おこしにどう生かすのか。アニメの「聖地巡礼」など、物語性やテーマ性を観光資源として活用する「コンテンツツーリズム」研究の第一人者、奈良県立大講師の岡本健さん(30)に聞いた。

アニメなどを活用した地域おこしの可能性を語る岡本健さん=奈良市の奈良県立大で
e0304702_12424450.jpg

-ポップカルチャーをどう生かせるか。

 現状でうまく観光振興ができている地域は「無理にやらなくていい」となってしまうこともある。だが、それでいいのか。富士山は別格だが「何かがある」というだけでは人は動きにくくなっている。
 価値観や趣味が多様化した現代で、アニメなどのコンテンツは人を呼ぶ一つの手段となり、市場を開拓できる。文化資源という点では、富士山とも等価だ。海外から見れば、歌舞伎とアニメは「どちらが上か」ではなく「どちらも好き」となる。着物文化をアニメから学ぶ人もいる。
 コンテンツにはどうしても寿命や限界がある。それを言い訳に何もしないのも一つだが、普通来ないような若い人が来るきっかけにはなる。その人が何度も来てくれるようになれば、結果は大違いだ。

 -いわゆる「オタク」層と、地域住民の相互理解が課題だ。

 アニメなどのファンが何を楽しんでいるのかを翻訳し、地域の人に理解させる取り組みが必要だ。溝がありそうだと隔離しては駄目。直接話をしたり、その文化を実際に見たりすると「案外いいじゃないか」というエピソードが増え、おもてなしの仕方も増える。それでも受け付けない人もいるが、そこまでいくとアニメファンなどに限った話ではない。

 -静岡の可能性は。

 東京、名古屋の大都市圏の間という地の利があり、富士山や温泉、海もある。昔からある資源でも、見せ方は何通りもある。コンテンツのちょっとした芽を、うまく育てていくことが大事だ。
 企業だけでなく、地域住民が自分たちでコンテンツをつくっていくこともできる。キャラクターやお話など、地域を分かってもらえる軸になるものを作る取り組みが必要で、地域がアニメの製作委員会に入ることなどもあり得る。いい形で協働していけば、未来は明るい。
(聞き手・小柳津心介)

<おかもと・たけし> 1983年、奈良市生まれ。北海道大大学院(観光創造専攻)修了。観光学や社会学の観点からコンテンツツーリズムを研究する。奈良県立大地域創造学部講師。著書に「n次創作観光」など。

(終わり)

以上 中日新聞 トップ > 静岡 > 地域特集 > しずかるNow > 記事一覧 > 2014年の記事一覧
から転載させていただきました。

履歴
2014年2月10日 作成

by fureshima2223 | 2014-02-10 12:48 | 徒然なるままに | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31