カテゴリ:ダムマンガ・ダムカード( 8 )


「ダムマンガ」舞台探訪005 奥秩父紅葉の二瀬ダムへ(第3巻20.1基目)

「ダムマンガ」舞台探訪005 奥秩父・紅葉の二瀬ダムへ(第3巻20.1基目)

「ダムマンガ」第3巻20.1基目 二瀬ダムの舞台探訪報告、探訪日はH28.11.04です。

まずはこの1枚 重力式アーチ型式の二瀬ダムを上から見て
e0304702_23013254.jpg

池袋⇒西武秩父・御花畑⇒三峰口⇒秩父湖 
西武秩父からバスで直接秩父湖に行けるのに、なぜ秩父鉄道に乗ったのでしょうか・・・ 20-1-1-01
e0304702_20150661.jpg
グーグルマップより 西武秩父から秩父湖へは三峯神社行のバスを選択しています。
e0304702_20333333.jpg
グーグルマップより 二瀬ダム堤体、国土交通省二瀬ダム管理事務所(ダムカード配布場所)、駐車場
e0304702_17130701.jpg
展望広場へのスロープの登り口にて、秩父湖周辺概要図
三峰ロープウェイは2007年(平成19年)12月1日に廃止になっていますが、いつ設置された案内板なのでしょうか。
e0304702_17120290.jpg
駐車場、秩父湖バス停から展望広場への案内板
e0304702_17123395.jpg

二瀬ダムのコンジットゲート どこから撮ったのかな、再挑戦してみたいです 20-1-1-02
e0304702_20153447.jpg
駐車場から撮った二瀬ダムの写真からトリミングですが
e0304702_21344683.jpg
e0304702_21343486.jpg

これもどこから撮ったのかな、再挑戦してみたいです 20-1-1-03
e0304702_20155814.jpg

右のカットは展望広場へのスロープの途中 20-1-1-04
e0304702_20162044.jpg
e0304702_21094256.jpg

展望広場へのスロープの端部から二瀬ダム 20-1-2-01
e0304702_20164333.jpg
e0304702_22022006.jpg
少し下から スロープがテニスコートに達した場所(二瀬ダムを見ている場所)
e0304702_22461368.jpg
スロープを少し降りてきて 二瀬ダム
e0304702_23013254.jpg

20-1-1-04と20-1-2-01の撮影場所(右岸側から撮りました。)
e0304702_21001800.jpg

右は展望広場へのスロープから ダム手前の道(秩父往還) 
左は駐車場前のみやま商店 20-1-3-01
e0304702_20171475.jpg
展望広場へのスロープから ダム手前の道(秩父往還) 
e0304702_21372597.jpg
駐車場前のみやま商店
e0304702_21475111.jpg

ダムコラム第21回 重力式アーチ型式の二瀬ダム 20-1-3-02
e0304702_20175719.jpg
e0304702_20181323.jpg
撮ってみました、左岸側、二瀬ダム(秩父湖)の石碑がある場所から。
e0304702_21052563.jpg
二瀬ダム(秩父湖)の石碑
e0304702_21051545.jpg

右岸側からの写真も
e0304702_21151326.jpg
e0304702_21161563.jpg
ちなみに、二瀬ダムのクレストゲートの銘板:製作年月 昭和36年2月、製作 石川島播磨重工業
e0304702_21165577.jpg
"
右岸側から 国土交通省二瀬ダム管理事務所(ダムカード配布場所)と駐車場
e0304702_21201236.jpg
ダムカード配布中です。
e0304702_21230462.jpg
二瀬ダムのダムカード
e0304702_08493561.jpg
e0304702_08495362.jpg
"
浦山ダム、合角ダム、武山ダムのダムカードをゲットした後、二瀬ダムを訪れると、
二瀬ダムの手作りダムカードがもらえます。(H281104現在配布中でした。)
e0304702_21231854.jpg
二瀬ダムの手作りダムカード シリアルナンバー入りです。
e0304702_08500287.jpg
e0304702_08501160.jpg
"
秩父の4つのダムを巡り、ダムカード5枚と橋カード1枚をゲットし、ダムマンガの舞台探訪を実施しました。天候に恵まれ、紅葉とダムの風景もよかったなと。4ダム巡りの報告は別ブログとしますが、いつできるでしょうか・・・

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年11月16日 作成







by fureshima2223 | 2016-11-16 20:24 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪004 秩父市の浦山ダムで映画撮影(第3巻14基目)

「ダムマンガ」舞台探訪004 秩父市の浦山ダムで映画撮影(第3巻14基目)

 H280724に秩父へ、でも「あの花」と「ここさけ」は作品としては好きですが、原則として探訪・巡礼の対象とはしていません。ではなぜ秩父に向かうのかというと、探訪の対象は「のんのんびより」と「ダムマンガ」、そして「ダムカード」と「橋カード」を入手するためです。今回の目的は「ダムマンガ」に登場した浦山ダムと「橋カード」安谷橋の入手です。本ブログは浦山ダムの「ダムマンガ」舞台探訪と「ダムカード」について載せました。「橋カード」安谷橋と秩父公園橋の入手とその過程で得た情報でのSLパレオエクスプレスについては別ブログとしています。以下のリンクも参照していただけると。
ブログ『橋カードゲット秩父の安谷橋ほか2か所で、SLパレオエクスプレスも初めて見ました(H280724)

浦山ダムへ行くために まずは浦山川の諸上橋へ
諸上橋 浦山ダム堤体を見るビューポイント、浦山ダムダムサイトに向かう道も右上に見えています。
e0304702_08464586.jpg
諸上橋より 浦山ダム堤体全景が見えます。 
e0304702_08500242.jpg

浦山ダムに到着 堤体の上部のアーチは旧秩父橋のイメージとのこと 14-01
e0304702_07374313.jpg
e0304702_14100167.jpg
浦山ダムの案内図
e0304702_08243863.jpg

浦山ダムに到着 堤体の上部のアーチ、そして堤体頂部の広い通路 14-02
e0304702_07380224.jpg
e0304702_14103458.jpg
e0304702_14104012.jpg

先生も浦山ダム右岸側の駐車場に到着 14-03
e0304702_07382134.jpg
e0304702_14470343.jpg

秩父さくら湖の石碑と防災資料館「うららぴあ」の建物 ダム堤体右岸側 14-04
e0304702_07383927.jpg
追加 H281104撮影
e0304702_07260456.jpg
H280724撮影
e0304702_16034206.jpg
いよいよ撮影開始 再度登場 浦山ダム堤体の上部のアーチが美しい 14-05
e0304702_07385962.jpg
e0304702_16041243.jpg
防災資料館「うららぴあ」の建物 ダム堤体右岸側 14-06
e0304702_07391646.jpg
e0304702_16043617.jpg
浦山ダム堤体の上部のこのシーンはないかとw・・・ 14-08
e0304702_07394337.jpg
e0304702_16051468.jpg

ダム内部入口からエレベーターで降りてB1へ、水圧実験装置がお出迎えです 14-09
e0304702_07400272.jpg
エレベーター出入口、ここから地下のダム内部へ
e0304702_16063449.jpg
エレベーターの掲示「サルにえさをあたえないで下さい」
e0304702_16064319.jpg
水圧試験装置がお出迎えです 
e0304702_16065428.jpg

水圧実験装置がお出迎えです、100mの水圧を確認してみましょう 14-10
e0304702_08543524.jpg
水圧実験装置
e0304702_16084189.jpg
水圧実験装置の説明 水頭差100mの水が1cm2の穴から吹き上がり、10kgの重りを押し上げる
e0304702_16072829.jpg
水が吹き上がり、10kgの重りを押し上げて
e0304702_16081359.jpg
頂部が上がっていくのが分かります
e0304702_16082442.jpg

水圧実験装置で遊ぶのはご法度、見られていますよ 14-11
e0304702_07403390.jpg
B1エレベーターホールと水圧実験装置
e0304702_17020971.jpg
見られてますよ これはエレベーター内の監視カメラ ほかにもあるのでしょうか
e0304702_17021776.jpg

エレベーターを降りて進み階段を登った場所、ダム天端左岸側先、ダム天端左岸側から下へ降りる階段の入口 14-12
e0304702_07404564.jpg
エレベーターを降りて進み階段を登った場所、身障者用施設です
e0304702_17024293.jpg
ダム天端左岸側先 市道を渡って 作業用の入口でしょうか 
e0304702_17025049.jpg
ダム天端左岸側から下へ降りる階段の入口
e0304702_07255467.jpg
ダム天端左岸側から下へ降りる階段の入口 500段の階段とか・・・
e0304702_17030796.jpg

ここは下の入口の右手、ではないような、再度確認できたらと・・・
H281104撮影追加 ダム天端左岸側の階段を降りた場所でした。 14-13
e0304702_07405741.jpg
H281104撮影追加 ダム天端左岸側の階段を降りた場所でした。
e0304702_07261736.jpg
H280724撮影 ここは下の入口の右手、ではないような、再度確認できたらと・・・14-13
e0304702_19073646.jpg
ダムの天端と下の入口を繋ぐ500段の階段で 14-14
e0304702_07411145.jpg
ダムの下から 500段の階段
e0304702_19081189.jpg
ダム天端から少し降りて 上から階段を見下ろして
e0304702_19082018.jpg

荒川ダム総合管理所にて 14-15
開かれた公共の場所であっても、なにをしてもいいわけではないし、安全がすべてに優先するのは当然のことかと。まして、団体でなにかをしようとするなら、あらかじめ使用条件を確認し、承認を得ておくのは必須のことです。舞台探訪者として、ブログで情報を公開している立場として心しておかなければならないことかと。
e0304702_07412448.jpg
e0304702_19084383.jpg
「もしダムであなたたちがケガをしたらどういうことになるか。それが原因で、今まで開放していた所も立ち入り禁止にせざるを得なくなるかもしれない。」 14-16
e0304702_07413889.jpg
14-17
e0304702_07415203.jpg
14-18
e0304702_07420684.jpg
14-19
e0304702_07422123.jpg
で、撮影再開、ダムカードもゲットですか 14-20
e0304702_07423928.jpg
e0304702_19085138.jpg
防災資料館「うららぴあ」前で この先ダム部に問題が降りかかるのかな 14-21
e0304702_07425435.jpg
e0304702_08065667.jpg
"
浦山ダムカレー750円  防災資料館「うららぴあ」内さくら湖食堂で提供中 14-07
e0304702_07392942.jpg
防災資料館「うららぴあ」入口の案内板
e0304702_08072061.jpg
浦山ダム ダムカレー750円 食堂からの展望もなかなかでした。
e0304702_08073611.jpg

ダムカードもゲット 14-20
e0304702_07423928.jpg
荒川ダム総合管理所の正面
e0304702_08091408.jpg
ダムマンガのイラストでお出迎え、土日休日も配布しています。
e0304702_08095432.jpg
浦山ダム ダムカード 今回ゲットしたカードには2016渇水節水にご協力を!のお願いが書かれていました。
e0304702_08103594.jpg
e0304702_08105845.jpg

開かれたダム、産業観光と自然とを繋ぐことができるダムを1つの目玉とした試みはいいことかもしれません。ダムを産業の場としてとらえるだけではなく、自然とどのように関わっていくか、地域とどう折り合いをつけていくか。それぞれの思いの中で、まずは知ることからでしょうか。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年08月15日 作成
2016年11月05日 14-03の場所確認、写真差替え




by fureshima2223 | 2016-08-15 20:15 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

橋カードゲット秩父の安谷橋ほか2か所で、SLパレオエクスプレスも初めて見ました(H280724)

橋カードゲット秩父の安谷橋ほか2か所で、SLパレオエクスプレスも初めて見ました(H280724)

H280724に秩父へ、でも「あの花」と「ここさけ」は作品としては好きですが、原則として探訪・巡礼の対象とはしていません。ではなぜ秩父に向かうのかというと、探訪の対象は「のんのんびより」と「ダムマンガ」、そして「ダムカード」と「橋カード」を入手するためです。今回の目的は「ダムマンガ」に登場した浦山ダムと「橋カード」安谷橋の入手です。本ブログは「橋カード」安谷橋と秩父公園橋の入手とその過程で得た情報でのSLパレオエクスプレスの写真を載せました。「ダムマンガ」の浦山ダムについては別ブログとします。

1.橋カード 安谷橋を入手しました

国道299号から秩父市内で左折して国道140号を三峰口方面へ進み、武州中川駅を過ぎて、安谷橋を渡ると、
e0304702_18225764.jpg
国道140号線安谷橋を渡ってすぐ左側に「旧安谷橋上公園」利用者用の駐車スペースがあります。
e0304702_18214738.jpg
熊出没注意の看板もありますが・・・
e0304702_18222604.jpg
旧安谷橋左岸側で 案内板
e0304702_18211628.jpg
安谷橋から旧安谷橋と秩父鉄道安谷橋鉄橋を撮ってみました。
旧安谷橋は秩父鉄道の撮影スポットの1つです。
e0304702_18233214.jpg
左岸側から旧安谷橋 公園になっていて車は進入できません。

e0304702_18240286.jpg
右岸側から 旧安谷橋

e0304702_18243226.jpg
道の駅 あらかわ  ここで橋カードゲット

e0304702_18281418.jpg
道の駅「あらかわ」にて 案内板
e0304702_18284527.jpg
道の駅「あらかわ」にてゲット 橋カード 旧安谷橋 表
e0304702_18291410.jpg
道の駅「あらかわ」にてゲット 橋カード 旧安谷橋 裏
e0304702_18294547.jpg
Yahoo地図より切り出し加筆 道の駅あらかわと安谷橋の位置です。
e0304702_18312224.jpg

2.橋カードとは、ゲットの方法、対象の橋と配布場所など 以下埼玉県のHPより

秩父路の道の駅・観光施設で「橋カード」を集めよう! (平成27年3月21日から)
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/hashicard.html
橋カード 対象の橋とカード配布場所 (平成27年3月21日から)
 秩父路(秩父市、長瀞町、深谷市、寄居町、小鹿野町、皆野町、横瀬町)の橋10カ所
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/hashitohaihubasyo.html

3.初めてSLパレオエクスプレスを見ました。秩父鉄道安谷橋鉄橋です。

1523三峰口行き 練習で撮ってみました。
e0304702_18505230.jpg


5001 SLパレオエクスプレス 三峰口行き 蒸気機関車をアップしてみました
e0304702_18540628.jpg

5001 SLパレオエクスプレス 三峰口行き
e0304702_18545457.jpg

5001 SLパレオエクスプレス 三峰口行き 通り過ぎていきました。
e0304702_18552684.jpg


4.秩父公園橋

安谷橋でSLを見送って、時間があったので秩父公園橋へ
e0304702_18551304.jpg

道の駅「ちちぶ」にてゲット 橋カード 秩父公園橋 
e0304702_18563000.jpg

道の駅「ちちぶ」にてゲット 橋カード 秩父公園橋 表
e0304702_18571531.jpg

道の駅「ちちぶ」にてゲット 橋カード 秩父公園橋 裏
e0304702_18572654.jpg


5.果樹公園橋

果樹公園橋の写真はH280605撮影です。

国道の北側から果樹公園橋
e0304702_07311328.jpg
上流側から果樹公園橋 川遊びもできます
e0304702_07305834.jpg
道の駅「果樹公園あしがくぼ」にてゲット 橋カード 果樹公園橋
e0304702_07305081.jpg
道の駅「果樹公園あしがくぼ」にてゲット 橋カード 果樹公園橋 表
e0304702_18583242.jpg

道の駅「果樹公園あしがくぼ」にてゲット 橋カード 果樹公園橋 裏
e0304702_18583922.jpg

橋カードは3枚ゲット、あと7枚です。ダムカードゲットと併せて、三峰方面へ足を延ばしたいです。


履歴
2016年08月03日 作成









by fureshima2223 | 2016-08-03 07:45 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

展示案内はあの花のめんまたち、彩湖自然学習センターで荒川調整池ダムカードゲット(H280313)

展示案内はあの花のめんまたち、彩湖自然学習センターで荒川調整池ダムカードゲット(H280313)

埼玉県戸田市大字内谷2887番地の彩湖自然学習センターで荒川貯水池のダムカードをいただくことが目的でしたが、
めんま達にも出会えたのでブログにしてみました。訪れたのは平成28年3月13日です。

まずはこの1枚 あの花のめんまたちが展示物の案内です 彩湖自然学習センター5階にて
e0304702_07013892.jpg

幸魂大橋大橋を渡って到着 彩湖自然学習センター全景です
e0304702_06344002.jpg

彩湖自然学習センター正面
e0304702_06380644.jpg

彩湖の案内(彩湖・道満グリーンパーク南駐車場にて:この場所に駐車しました。)
e0304702_06390267.jpg

彩湖・道満グリーンパークの地図(戸田市公園緑地公社HP 彩湖・道満グリーンパーク より)
e0304702_06554928.jpg

彩湖自然学習センターに入ると案内の方が居られて、ダムカードをいただきました
e0304702_07024099.jpg
e0304702_07024830.jpg

彩湖自然学習センター5階の展示 荒川の環境と人 あの花のめんまたちが案内しています
彩湖自然学習センターの1階~5階の展示内容は下記でリンクしました
        ⇒https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/378/kyo-saiko-index-kannai.html

e0304702_21232581.jpg

本間 芽衣子(ほんま めいこ)| めんま 雨の季節 もしもに備えて
e0304702_21241833.jpg
e0304702_21242828.jpg

安城 鳴子(あんじょう なるこ)| あなる みんなの荒川を楽しんでね
e0304702_21251655.jpg
e0304702_21252348.jpg

安城 鳴子(あんじょう なるこ)| あなる 
本間 芽衣子(ほんま めいこ)| めんま 
鶴見 知利子(つるみ ちりこ)| つるこ   荒川の自然を未来へつなごう
e0304702_21255319.jpg
e0304702_21260096.jpg

荒川第一調整池の概要
e0304702_21271266.jpg
荒川第一調整池のはたらきと役割
e0304702_21272517.jpg
荒川第一調整池の施設
e0304702_21273377.jpg

彩湖自然学習センター5階の展望室より調整池南側
e0304702_21283151.jpg
彩湖に架かる幸魂大橋
e0304702_21283886.jpg
彩湖・道満グリーンパーク 中央に管理橋が見えています
e0304702_21284599.jpg
スカイツリーも見えました
e0304702_21292014.jpg

そのあとは公園の散策、野鳥も見られたし、水辺での散策、バーベキュー、スポーツ施設などなど、いろいろなことができる公園でした。(自分がしたとは言っていない・・・)


履歴
2016年03月28日 作成




by fureshima2223 | 2016-03-28 08:11 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪003 奥多摩駅、小河内ダムと周辺(第1巻6,7,7.1基目)

「ダムマンガ」舞台探訪003 奥多摩駅、小河内ダムと周辺(第1巻6,7,7.1基目)

3回目(実質2回目)のダムマンガ探訪です。本ブログは第1巻6,7,7.1基目の、奥多摩駅、小河内ダムと周辺の探訪(H280207)のまとめです。青梅駅探訪(H280103)と青梅線大丹波川橋梁、白丸ダムと周辺の探訪(H280207)の続きとなります。山の木々を覆う雪がとてもきれいでした。青梅線大丹波川橋梁、白丸ダムと周辺の探訪報告については以下のブログを見ていただけると・・・。

「ダムマンガ」舞台探訪002 青梅駅、青梅線大丹波川橋梁、白丸ダム(第06,07基)

まずはこの1枚 滝のり沢バス停の駐車スペースから小河内ダムの余水吐を見る
e0304702_19570973.jpg

①青梅駅、➁奥多摩大橋からの青梅線大丹波川橋梁、③白丸ダムと周辺からの続きです。

青梅駅8:57⇒鳩ノ巣駅9:33か青梅駅9:41⇒鳩ノ巣駅10:10、歩いて白丸ダムから白丸駅へ、白丸駅11:48⇒奥多摩駅11:51
これなら奥多摩駅から峰谷行 12:06 発に乗れます。 

④奥多摩駅

奥多摩駅から西東京バスに乗換えて 01-144-1
e0304702_07392490.jpg
e0304702_21094183.jpg
休日奥多摩駅⇒峰谷 7:46 12:06 16:10
休日奥多摩駅⇒奥多摩湖 12:35丹波 13:35小菅の湯 13:55鴨沢西 14:35丹波 15:35奥多摩湖
西東京バス 奥多摩駅発着時刻表
http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/08/20150901_hiking_okutama.pdf

奥多摩駅前の西東京バスターミナルから奥多摩湖へ、峰谷行ですから12:06発です 01-144-2
e0304702_07400001.jpg
e0304702_21101530.jpg

バスに乗り込んで奥多摩湖へ、ダム部もいろいろありそうで・・・ 01‐145‐01
e0304702_07514412.jpg
e0304702_21103998.jpg

青山あきらと物部カルロッタが奥多摩駅到着、
「奥多摩湖」に行きたいのに案内板表示は「奥多」「摩湖」「鴨沢」「丹波」w・・・ 01-158-01
e0304702_07524788.jpg
e0304702_21122762.jpg
確かに 『バス停に「奥多摩湖行」って書いてねー!!あるのは「奥多」「摩湖」「鴨沢」「丹波」だけだッ!!』
e0304702_21114400.jpg

「奥多」と「摩湖」じゃなくて「奥多摩湖」では、で、また1台見送ることにw・・・ 01-158-02
e0304702_07531515.jpg
e0304702_21111016.jpg
e0304702_21112693.jpg
"
⑤小河内ダムと周辺

小河内ダムの最寄りバス停で下車 奥多摩湖バス停かと 01-146-1
青山あきらと物部カルロッタが落ち合った駅はどこでしょうか
e0304702_08133951.jpg
西東京バス奥多摩湖バス停丹波方面
e0304702_07383247.jpg
奥多摩湖バス停に着いたので、ダム周辺の地図 ダム提体右岸側設置の案内板の切り出しですが
e0304702_20451377.jpg
小河内ダム概要です
e0304702_20455682.jpg

まずは堤体を眺めて 01-146-2
e0304702_19575213.jpg
e0304702_08221854.jpg

ダム部存続の危機を知ってしまって・・・ 01-149-2
e0304702_19585271.jpg

洪水吐の通路の近くまで来て 01-150-1
e0304702_08334733.jpg
e0304702_08351332.jpg

奥多摩水と緑のふれあい館 01-154-1
e0304702_07452904.jpg
e0304702_08032037.jpg
館内のご案内 2Fのパノラマレストラン「カタクリの花」では小河内ダムカレーを販売しています。
e0304702_08031215.jpg

奥多摩水と緑のふれあい館入口 01-154-2
e0304702_07454794.jpg
e0304702_08032919.jpg

奥多摩水と緑のふれあい館中2F-6 水が広がる・はるかな水の旅 01-155-1
e0304702_07460558.jpg
e0304702_08033791.jpg

トイレ付近から洪水吐 工事中です 01-156-1
e0304702_19594643.jpg
e0304702_08212567.jpg

洪水吐を渡って 守衛室の前を通る車道から湖側に移ってるのかな 01-156-2
e0304702_20003066.jpg
洪水吐を渡る車道、こちら側は守衛室の前を通ります
e0304702_20404701.jpg
洪水吐下流側の流路
e0304702_20405742.jpg
湖側 岩が見えています。ダムではなく下は岩山とのこと
e0304702_20410721.jpg

管理事務所の前を通って 展望塔はもう少しかとw 01-157-1
e0304702_20011664.jpg
e0304702_20583401.jpg

雨が降ってきてダム堤体を走って 01-159-1
e0304702_20014553.jpg
e0304702_21311308.jpg

展望塔に到着 01-159-2
e0304702_20021152.jpg
e0304702_21312528.jpg
展望塔の入口をアップ ダムカードはここで配布していました
e0304702_07293842.jpg

展望塔2Fの展示室へ(撮り忘れてしまって・・・) 01-160-1
e0304702_20024995.jpg

展望塔2Fの展示室の模型 01-160-2
e0304702_20031263.jpg
e0304702_07420998.jpg
e0304702_07415787.jpg

展望塔2Fの展示室の模型 01-162-1
e0304702_20033386.jpg
e0304702_07422848.jpg
私 ダム部に入部します! 01-164-1
e0304702_20035126.jpg
e0304702_08085067.jpg

どうやらお互い誤解があったようだな・・・ 01-166-1
e0304702_20041306.jpg
e0304702_08092137.jpg

つながって!? 先輩と私が!? 01-167-1
e0304702_20043790.jpg

私立荒玉女子高ダム部! ついにスタートです!! 01-168-1
e0304702_20050150.jpg

e0304702_08190529.jpg

ダムコラム ダム左岸側の上水道取水口からダム堤体 01-169-1
e0304702_20062064.jpg

e0304702_07573683.jpg

国道411からダム駐車場への途中にある標語 01-171-1
滝のり沢バス停 新宿まで約2時間の広告はいつまで残っているでしょうか
e0304702_07162453.jpg
411号から曲がって正面に見えるっ標語
e0304702_07580748.jpg
滝のり沢バス停 奥多摩湖バス停から奥多摩駅方面2つ目、ダムから歩いてもいいかも
e0304702_07574976.jpg

滝のり沢バス停付近の駐車スペースから小河内ダム洪水吐 01-172-1
e0304702_20064224.jpg
e0304702_07583561.jpg
e0304702_07591505.jpg

小河内ダムカレー 奥多摩 水と緑のふれあい館レストランにて平成27年11月5日(木曜日)より販売開始
1日20食限定(予定)1,000円(税込み) H280207探訪時に
ダムサイトでダムの形のカレーを食することに意味を見出すかどうか、です。
e0304702_08044865.jpg
ダムカレーの解説です
e0304702_08045723.jpg

小河内ダム ダムカード H280207小河内ダム堤体の展望塔でゲット
e0304702_08211152.jpg
e0304702_08212291.jpg

第1巻6,7,7.1基目で、私立荒玉女子高ダム部も部員が4人となり、ついにスタートです!! 顧問の先生は、それぞれの思いは・・・。というより、次はどこのダムを訪ねようかな、有間ダム・浦山ダム・二瀬ダムかな、下久保ダムも面白そうですが。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年02月17日 作成



by fureshima2223 | 2016-02-17 21:33 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪002 青梅駅、青梅線大丹波川橋梁、白丸ダム(第06,07基)

「ダムマンガ」舞台探訪002 青梅駅、青梅線大丹波川橋梁、白丸ダム(第06,07基)

3回目(実質2回目)のダムマンガ探訪です。本ブログは、青梅駅探訪(H280103)と青梅線大丹波川橋梁、白丸ダムと周辺の探訪(H280207)のまとめです。山の木々を覆う雪がとてもきれいでした。H280207は、その後、奥多摩駅周辺と小河内ダム周辺の探訪も行っていますが、掲載写真が思ったより多かったので、別ブログとします。

まずはこの1枚 展望台からの白丸ダムです
e0304702_07572917.jpg

探訪報告は青梅駅⇒青梅線大丹波川橋梁⇒白丸ダム 別ブログで奥多摩駅⇒小河内ダムへと続くはずです。

①青梅駅

7基目 青山あきらと物部カルロッタが八田かなんと黒部弓見を追いかけて
でも、青梅駅はホームで乗り換えのはずですが、なぜ駅正面が登場するのかなw 01-153-2
e0304702_07390058.jpg
e0304702_20292397.jpg
"
7基目 奥多摩駅へ普通列車で行くときは、ほとんどの場合青梅駅で乗り換えです 01-153-3
e0304702_07393233.jpg
青梅駅発8:57の803列車を撮りました
e0304702_20303359.jpg
e0304702_20304783.jpg
青梅駅発8:57の803列車 奥多摩駅に向かって出発です。乗れなかったのは・・・
e0304702_20320558.jpg
"
7基目 青梅線の車内01-155-2
e0304702_20131340.jpg
青梅駅発09:20の814列車立川行で撮りました
e0304702_20324171.jpg

➁奥多摩大橋からの青梅線大丹波川橋梁

6基目 奥多摩大橋から撮ることになります。列車は青梅駅から奥多摩駅へ、川井駅を出たところです。01-139-1
e0304702_21021012.jpg
下り709Hホリデー快速おくたま3号奥多摩駅着09:16の回送(上り)を撮りました。
e0304702_21253348.jpg
同じ場所から青梅線大丹波川橋梁と青梅街道(国道411号)の大正橋です
e0304702_21295941.jpg
川井駅から都道45号の斜張橋奥多摩大橋(平成8年3月完成)です
e0304702_21300500.jpg

③白丸ダムと周辺

6基目 展望台からの白丸ダム 01-140-1
e0304702_21460525.jpg
e0304702_07572917.jpg

6基目 展望台にて 01-140-2
e0304702_21462622.jpg
e0304702_07585996.jpg
ダム堤体へ降りる階段の途中で、展望台を撮りました。
e0304702_20200649.jpg

東京都の電気事業の説明版を見て、ダム堤体へ
e0304702_20180906.jpg

6基目 ダム提体へ降りる階段 01-141-1
e0304702_21482750.jpg
e0304702_08004859.jpg

6基目 水力発電のしくみ 01-141-2
e0304702_21492856.jpg

階段を降り切って、水利使用標識
e0304702_20201382.jpg

6基目 白丸ダム堤体にて、右上に展望台も見えています 01-142-1
e0304702_21490416.jpg
e0304702_08031212.jpg
ダム堤体から、放流していました
e0304702_20203751.jpg
左岸側から 白丸ダム
e0304702_20202726.jpg

6基目 花折トンネル奥多摩側の交差点より奥多摩駅方向 01-142-2
e0304702_21500877.jpg
e0304702_08091237.jpg
"
6基目 花折トンネル奥多摩側の交差点 案内板に着目 01-142-3
e0304702_21504288.jpg
e0304702_08101614.jpg
"
白丸ダムでこのような資材運搬軌道、一種のモノレールかと
e0304702_20271312.jpg
e0304702_20272595.jpg

雪化粧の山の木々も美しかったと・・・
e0304702_21031642.jpg
e0304702_21034319.jpg
e0304702_21035222.jpg

青梅線鳩ノ巣駅~白丸ダム~白丸駅の地図をグーグルマップから切り出してみました。意外と近いです。
e0304702_21191683.jpg
"
この後、奥多摩駅と小河内ダムの探訪へと続きます。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年02月10日 作成








by fureshima2223 | 2016-02-10 21:36 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

千葉県の片倉ダム・亀山ダムに行きました(ダムカード2枚ゲット)

千葉県の片倉ダム・亀山ダムに行きました(ダムカード2枚ゲット)

南房総市の「のんのんびより」のモデル吉井の大井戸周辺を探訪した後、まだ時間があったので、晩秋の片倉ダム・亀山ダムを訪れました。目的はダムカード、そして、久留里線の終着駅も見たかったので。訪問日は平成27年12月9日です。

Googleマップより 吉井の大井戸⇒亀山ダム 37.8km 49分 
e0304702_08095805.jpg

片倉ダムと亀山ダムのダムカードをゲットしました。
どちらのカードも配布場所は片倉・亀山ダム管理事務所(千葉県君津市豊田33)となります。

ダムカード 片倉ダム 表
e0304702_09351567.jpg
ダムカード 片倉ダム 裏
e0304702_09353593.jpg

ダムカード 亀山ダム 表
e0304702_09342441.jpg
ダムカード 亀山ダム 裏
e0304702_09344106.jpg

片倉ダム

片倉ダム堤体 湖側
e0304702_11410246.jpg
片倉ダム堤体 左岸側より
e0304702_11421541.jpg
片倉ダム堤体 右岸側より
e0304702_11415779.jpg
片倉ダム天端道路
e0304702_11411276.jpg
片倉ダム 少しだけ放水中
e0304702_11413983.jpg
片倉ダム天端からダム湖
e0304702_11412787.jpg
片倉ダムの案内板
e0304702_11420552.jpg
片倉ダム管理事務所
e0304702_11422516.jpg
ダムカードは片倉・亀山ダム管理事務所へ との案内
e0304702_11493336.jpg

亀山ダム

亀山ダム堤体 湖側 左岸側より
e0304702_16133997.jpg
亀山ダム堤体 左岸側より
e0304702_16143674.jpg
亀山ダム天端道路
e0304702_16135941.jpg
亀山ダム天端より 
e0304702_16132843.jpg
亀山ダムの案内板
e0304702_16140955.jpg
片倉・亀山ダム管理事務所 ここで2か所のダムカードをいただきました。
e0304702_16134832.jpg
"
上総亀山駅

上総亀山駅正面
e0304702_16482777.jpg
上総亀山駅ホーム側
e0304702_16484132.jpg
上総亀山駅ホーム 上総松丘側
e0304702_16491492.jpg
上総亀山駅ホーム 車止め側 ここが行き止まりです
e0304702_16492178.jpg
上総亀山駅ホーム駅名票
e0304702_16485760.jpg

時間があって、急遽ダム訪問となりましたが、これも車で探訪のいい点かと、でも「だがしかし」のことを確認していれば富津に行けたのにと思うと、事前情報を見逃していたのは残念・・・房総にはまた行きます。

履歴
2015年12月13日 作成




by fureshima2223 | 2015-12-13 17:16 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪001 村山下ダム(村山下貯水池)と周辺(第1巻3基目)

「ダムマンガ」舞台探訪001 村山下ダム(村山下貯水池)と周辺(第1巻3基目)

まずはこの1枚 かわいいです 村山下ダム(村山下貯水池)の取水塔
e0304702_23205870.jpg

AMAZON 内容紹介
「ダムマンガ」 井上よしひさの著書
自分の名前・黒部弓見からダム子とからかわれた過去のトラウマを持ち、ダムを毛嫌いしていた弓見だが、
入学した高校の超マニアックサークル、「ダム部」に勧誘されて……
知り合った先輩八田かなんは、ダム部部長をつとめる生粋の「ダム人間」であるのだが……
今、巷で密かに愛好家を増やしているダムの事を知ってますか?
黒部ダムも奥只見ダムも佐久間ダムも御母衣ダムも草木ダムも小河内ダムも、どんと来い!
あなたもこれでダムマニア! ! 本邦初。前代未聞の美少女ダムマンガ! !
e0304702_19101273.jpg

ダムマンガ第1巻 探訪日はH27.12.05です。
03基目 西武電車、西武遊園地駅、都立狭山公園、村山下貯水池(村山下ダム)、狭山池
     レオライナー、村山上ダム、山口ダム

西武遊園地駅ホーム国分寺側端部より 電車が西武遊園地駅に到着 03-01
e0304702_11075145.jpg
e0304702_18083369.jpg

西武遊園地駅南口の駅名表示 03-03
e0304702_11081724.jpg
e0304702_18093061.jpg

狭山公園桜口 入口の案内板 どの入口にもあるような 03-04
e0304702_11090998.jpg
e0304702_18102198.jpg
案内板 表
e0304702_18110412.jpg
案内板 裏
e0304702_18112067.jpg

狭山公園桜口と村山下ダム天端に登る階段 03-02
e0304702_11093844.jpg
e0304702_18090474.jpg

村山下ダム天端に登る階段 03-05
e0304702_11100877.jpg
e0304702_18114953.jpg

村山下ダム天端に登る階段 下端 まだ2人はここまで来てないような 03-06
e0304702_11261386.jpg
e0304702_18295742.jpg

ダムに来たらまずかったかな? 部活動以外のプライベートで 03-07
e0304702_11264387.jpg

また騙されてダムにきてしまったわけだが!! 03-09
e0304702_11272904.jpg
e0304702_19060686.jpg
"
狭山公園パークセンター、ダムや貯水池に関するパンフレットはありませんでした 03-10
e0304702_11275896.jpg
e0304702_20184006.jpg
e0304702_20191303.jpg

狭山公園パークセンター   03-11
e0304702_11282707.jpg
e0304702_20194203.jpg

村山下ダムの天端へ 03-12
e0304702_17035685.jpg
e0304702_19060686.jpg

村山下ダムの天端への階段を登って、堤体は芝、上部は石とコンクリート 03-13
e0304702_17042749.jpg
e0304702_21035382.jpg
e0304702_21040739.jpg

アースフィルダムの説明、村山下貯水池の概要と歴史も 03-14
e0304702_17045118.jpg
e0304702_21414723.jpg

大阪府の大阪狭山市にある狭山池の名勝表示 日本最古のダム式のため池として知られる 03-15
e0304702_17064753.jpg

堤体は芝、上部は石とコンクリート、そしてダム天端へ 03-16
e0304702_17074714.jpg
e0304702_22180244.jpg
e0304702_22181320.jpg

村山下ダム天端からの展望 03-17
e0304702_06041542.jpg
多摩~秩父の山々が見えます
e0304702_22184586.jpg
第二取水塔、富士山も見えました
e0304702_22185374.jpg
第二取水塔と富士山に着目
e0304702_22190467.jpg

村山下ダム天端にて 03-18
e0304702_06045272.jpg
e0304702_22291582.jpg
日本一美しい取水塔、第二取水塔と第一取水塔 03-19
e0304702_06052832.jpg
e0304702_23205870.jpg

ちょっとかわいいかも 03-20
e0304702_06060251.jpg
e0304702_23212582.jpg

レトロでお城チックっていうかぁ 屋根もまんまるでかわいいし! 03-21
e0304702_06062349.jpg
e0304702_23215538.jpg

洪水吐に話を振って 03-22
e0304702_06065471.jpg
e0304702_23223433.jpg

洪水吐の水路 十二段の滝 上から 03-23
e0304702_06071428.jpg
e0304702_23424586.jpg
洪水吐の水路 十二段の滝 下の瀧見橋から
e0304702_23425454.jpg

村山下貯水池(多摩湖)案内図で 通ってきた場所を再確認
e0304702_07252889.jpg

八田かなんと黒部弓見の関係は・・・ 03-24
e0304702_06074957.jpg
03-25
e0304702_06081380.jpg
03-26
e0304702_06083718.jpg
03-27
e0304702_06090387.jpg

村山上ダムと山口ダム(狭山湖)にも行くはずだったとのことで
西武遊園地駅からレオライナーに乗って西武球場前駅へ 03-29
e0304702_06102061.jpg
e0304702_09075371.jpg

村山上ダム 自転車道路の橋から 03-30
e0304702_06104713.jpg
e0304702_09090177.jpg
村山上ダムの取水塔もなかなかいいですね
e0304702_09084983.jpg
e0304702_09083661.jpg

山口ダムの天端です 03-31
e0304702_06112082.jpg
e0304702_09121853.jpg
山口ダム第二取水塔もいいです
e0304702_09120675.jpg
山口ダム第一取水塔は木々の間から少しだけ なかなかよさそうに見えますが
e0304702_09113074.jpg
山口ダムの施設案内
e0304702_09114093.jpg

結局二人は村山上ダムと山口ダムは行けなかったとのことで・・・ 03-32
e0304702_06123393.jpg

以下のダムカードは「痛車イベント「進撃の浦山ダム~第三章~」に行きました(H271018)」のときに入手しました。ダムマンガ購入特典のカード2枚と浦山ダムのダムカードです。秩父市内では二瀬瀬ダム・滝沢ダム・合角ダムあと3カ所のダムでダムカードを配布しています。

ダムカードと配布先、配布日時は以下のサイトで確認してください。
ダムカードって何?、ダムカードの配布場所について

ダムカードあり升 - 東京都でダムカードを配布しているダム


八田かなん ダムカード

e0304702_06132728.jpg
Wikipediaより 烏山頭ダム 
烏山頭ダム
1920年に着工し1930年に完成した、嘉南大の重要な水利工事の一つであり、台湾初期のダムの一つである。計画は日本人技術者の八田與一により策定され、嘉南平原の農業灌漑を主目的として建設された。ダムは曽文渓支流の官田渓上流に位置し、台南県官田郷六甲郷大内郷東山郷にまたがる低地を利用し、大埔渓を集水している。下流に曽文ダムが完成してからは相互補完して運用されている。

黒部弓見 ダムカード
e0304702_06145721.jpg
Wikipediaより 黒部ダム 
黒部ダムは日本を代表するダムの1つであり、富山県東部の黒部川上流に建設されたアーチ式コンクリートダム発電に利用する水を確保することを主目的として関西電力によって建設された。ダムの高さ(堤高)は186mで日本一を誇り、現在でも破られていない。富山県で最も高い構築物でもある。総貯水容量は約2億tで北陸地方屈指の人造湖黒部湖(くろべこ)を形成する。

浦山ダム ダムカード
e0304702_06152913.jpg

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2015年12月06日 作成





by fureshima2223 | 2015-12-06 20:04 | ダムマンガ・ダムカード | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30