<   2013年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧


「ヤマノススメ」舞台探訪準備005飯能市内飯能銀座商店街(第05話)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備005飯能市内飯能銀座商店街(第05話)

第05話では飯能市内の飯能銀座商店街と思われるカットが出てきました。街路灯は特徴がありますからきっとそのままでしょうね。アニメに出てきたお店や風景はあるのでしょうか。地元の方が真っ先に探訪するのではと。生活の場が登場するのは楽しいものです。後追いにはなると思いますが、もう少し暖かくなったら必ず行きます。

第05話 飯能市の眺望
e0304702_20342119.jpg


第05話 飯能銀座商店街かな どこまで現地と合っているでしょうか、山のお店もここにあるのかな
e0304702_20364967.jpg
e0304702_20365739.jpg
e0304702_2037678.jpg
e0304702_20371744.jpg
e0304702_20372938.jpg
e0304702_20374080.jpg


この後コミックに出てくる飯能河原がアニメにも登場すると思います。飯能駅前はどのような形で登場するのでしょうか。そして高尾山は。
゛ 
なかなか舞台探訪に出かけられませんが、これだけ舞台探訪の対象となるかも知れないカットが出てくると、現地に行きたくなります。このブログは探訪前に、探訪を前提として作成してみました。探訪しましたら写真を追加して行きたいと思います。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。
゛ 
履歴
2013年01月31日 作成

by fureshima2223 | 2013-01-31 20:42 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「true tears」舞台探訪003南砺市福光

「true tears」舞台探訪003南砺市福光

エキサイトブログの特徴を使って、アニメカット及び写真を800×450程度で入れ替えてみました。BCからでのキャプはいまいちかと、BDが届いたので、入れ替えをしたいですが、その元気があるかどうか・・・。

Ameba 「true tears」舞台探訪002南砺市福光 2012-03-04 23:15からの内容の転載です。
「true tears」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

06話「それ…なんの冗談?」と09話「なかなか飛べないね…」に出てきています。

昨年(2011年)から撮り溜めていた写真と新規に撮った写真で、改めて舞台探訪のスタイルで「true tears」に関するブログをまとめていきたいと思っています。新作の探訪で、なかなか作成はできない可能性が強いのですが(←いいわけ)、自分自身の舞台探訪のきっかけとなった作品なので、場所ごとにブログに掲載できたらなーなどと言いつつ、2本目(エキサイト版では3本目)は南砺市の福光です。まとめやすいところから載せていくとあとで苦労するかなとは思いつつ、「true tears」の舞台は城端だけではないことも知ってもらえたらと思って(←これもいいわけ)。

Anotherで南砺市福光の小矢部川に架かる福光大橋と小矢部川河川敷が出てきたのを記念してw、作成してみました。

06話「それ…なんの冗談?」から

①06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。後方はさくら橋
e0304702_13563639.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_13592550.jpg

②06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。後方はさくら橋
e0304702_1356489.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_13593882.jpg

③06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。この橋は福良橋のイメージかな。
e0304702_1357752.jpg

H23.09.23撮影 川の中の島のイメージがあわせられるかな。
e0304702_13595824.jpg

H23.09.23撮影 実際の橋はこんな感じで架かっています。
e0304702_1401583.jpg

④06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。
e0304702_13572490.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_1404080.jpg

⑤06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。前方に見えるのは福良橋かな
e0304702_13573879.jpg

H23.09.03日撮影 意識しないで撮っていた、まあ、ここかと。
e0304702_1405558.jpg


09話「なかなか飛べないね…」から

①09話 福光の商店街、現地のこのお店は衣料品店でした。
e0304702_13575011.jpg

H23.09.23撮影、朝早かったのでまだ開いていませんでした。
e0304702_1411461.jpg

H24.02.25撮影、Another探訪時に併せて撮りました。
e0304702_1412645.jpg

「true tears」の小矢部川河川敷を歩いているカットはすべてさくら橋と福良橋の間の右岸側を上流側に歩いていると考えます。Anotherではほぼ同じ位置ですが小矢部川福光大橋とさくら橋の間の右岸側のようです。まあ、福光大橋から見渡せる範囲ですが。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2008 true tears 製作委員会」)に帰属します。
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月04日 作成
2013年01月31日 Amebaより転載 アニメカットと写真を800×450で入替え

by fureshima2223 | 2013-01-31 18:27 | true tears | Trackback(1) | Comments(0)

「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)

「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)

Ameba 「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)2012-03-07 22:10からの転載です。
「あの夏で待ってる」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 「あの夏で待ってる」舞台探訪については「あの夏で待ってる」舞台探訪ブログリスト紹介を、特に小諸市内の舞台に絞る場合は「あの夏で待ってる」小諸を歩かれる方に(探訪ブログ紹介ダイジェスト版) を見ていただけると。なお、このブログへの転載の状況により、リンク先や掲載順を変更することがあります。

SOARERさんが作成した地図です。「あの夏で待ってる」で小諸を探訪する方にとても役に立つと思います。探訪に当たっての記載事項も確認していただいたうえで、探訪の始まりです 「あの夏で待ってるin小諸市」(google map)  

沖縄から戻ってきて、海人とイチカはなんかいい雰囲気、柑菜ちゃんわかってるのかな。一途な気持ちが見てる人を切なくするような、そして見守る哲朗の気持ちは。

08話は小諸市内(北国街道沿い)・懐古園と布引観音の2本のブログを作成します。アニメの放送内容に沿って、まずは小諸市内(北国街道沿い)・懐古園から。探訪日はH240303とH240304です。

1.小諸市内(北国街道沿い)

①懐古園入口交差点・しなの鉄道高架、細部はかなり改変されてはいますが。
e0304702_836358.jpg

e0304702_8414434.jpg

高架下から東側、小諸本陣方面を見ています。標識は一方通行のみです。
e0304702_842142.jpg

②近くを探しましたが、この標識はありませんでした。
あえてこの標識をアップで出した意味は。伝わらない柑菜の気持ち?
e0304702_836583.jpg

小諸市役所の駐車場入口の一方通行・進入禁止の標識を撮ってみました。
e0304702_8421474.jpg

③懐古園交差点から北側を見ています。正面の信号機はありません。
アニメカットは横断歩道の中ぐらいから見ていることとなります。
e0304702_837126.jpg

歩道から信号機を入れないで撮るとこのくらいかな。
e0304702_8423192.jpg

④懐古園交差点からしなの鉄道の東側の道、2回目の登場です。
e0304702_8373284.jpg

e0304702_8425877.jpg

⑤本町通り(北国街道)のそば七の前で哲朗と柑菜が。この建物とポストですぐわかります。
定休日に撮るのは難しいかもw。
e0304702_8375020.jpg

わかりにくいので、明るさ調整、右上の看板は「そば七」と読めるようですが。
e0304702_838133.jpg

e0304702_8431430.jpg

⑥本町通り側のそば七全景
e0304702_8382260.jpg

e0304702_8432886.jpg

⑦現地ではそば七から隣のお店の看板と光岳寺方面が見えるはずですが、これは・・・
e0304702_8384899.jpg

そば七から隣のお店の看板と光岳寺方面、これと
e0304702_844254.jpg

小諸本陣としなの鉄道高架、この2枚を合成したのかな。とすると、
本来の小諸本陣の場所くらいにそば七があることになるのかな。
e0304702_8443975.jpg

⑧これはそば七の建物の説明かと
e0304702_8391431.jpg

e0304702_8445068.jpg

⑨そば七からポスト、町屋館方面を見ていることになります。
e0304702_8392772.jpg

e0304702_845216.jpg

⑩ガスメーターまでリアルです。
e0304702_8394417.jpg

e0304702_8451770.jpg

⑪ポストが見えてます。
e0304702_8395359.jpg

e0304702_8453514.jpg

⑫哲朗はいつも柑菜の頭をなぜているような、その意味を柑菜本当にわかっていないのかな。
e0304702_840779.jpg

e0304702_8454899.jpg

⑬そば七の屋根
e0304702_8401930.jpg

e0304702_8403411.jpg

e0304702_846099.jpg

どう見ても本町通り(北国街道)のそば七そのものです。土・日に行かれる場合は定休日の写真を撮ることはできないと思いますw。そば七のHPようこそ そば七(そばや七良右ヱ門)へ です。探訪の途中でおいしいお蕎麦でもどうでしょうか。


2.懐古園(夏祭り)

「なつまち」夏祭りの会場は懐古園ですか。懐古神社例大祭は桜まつりの期間中でもあり、小諸市観光協会のブログを見ると屋台が出ています。三の門の国旗掲揚もブログを探すとこのときです小諸市観光協会のブログに載った2011年の懐古神社例大祭の様子です。
 
①夜の場面なので切り出したカットが非常に暗く、現地との対比が困難でした。懐古園正面の額はこうです。
e0304702_8485685.jpg

そのため、明るさ等を調整してみました。こうすると現地写真との対比ができると思います。08話の懐古園のカットは、現地写真との対比を見やすくするために全て調整を行っています。
e0304702_849776.jpg

e0304702_853217.jpg

②日の丸が掲揚されるのは例大祭のとき、あとはあるのかな。
e0304702_8491867.jpg

e0304702_8532163.jpg

③哲朗が三の門で待っていて。
e0304702_8492986.jpg

e0304702_8584280.jpg

④柑菜と美桜到着。
e0304702_8493845.jpg

e0304702_858513.jpg

⑤哲朗何を言ったのかな。
e0304702_8495038.jpg

e0304702_8585959.jpg

⑥三の門の前で。
e0304702_850952.jpg

e0304702_859964.jpg

⑦三の門の前、バックは道路側の壁
e0304702_8503454.jpg

e0304702_8591977.jpg

⑧三の門の前、縁石までリアルに再現
e0304702_8504422.jpg

e0304702_8592941.jpg

⑨三の門の前、海人とイチカが到着。
e0304702_8505330.jpg

e0304702_8594011.jpg

⑩ここは三の門に向いて左手の石積
e0304702_851538.jpg

e0304702_8594882.jpg

⑪ここでも哲朗は柑菜の頭に手を載せてるな。
e0304702_8511632.jpg

e0304702_859593.jpg

⑫三の門前に全員集合。
e0304702_8512566.jpg

e0304702_901386.jpg

⑬哲朗と柑菜を見る美桜は。
e0304702_8513589.jpg

e0304702_902321.jpg

⑭懐古神社
e0304702_8514415.jpg

e0304702_903223.jpg

⑮お祭りを皆で堪能して。
e0304702_8515289.jpg

小諸市オフィシャルサイトに「懐古園 桜まつり」情報がアップされました(H250129現在は掲載されていません)。開催期間は2012年4月10日から4月30日までです。その期間の2日間が懐古神社例大祭、この時に、アニメのカットのように三の門に日の丸が掲揚されます。懐古園内の屋台も同じように並ぶのでしょうか。

この後、檸檬が登場して、布引観音で肝試し、「舞台探訪010小諸市布引観音」に続きます

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月06日 小諸市内(北国街道沿い)(08話)まで作成、暫定公開
2012年03月07日 懐古園(08話)を追加 公開
2013年01月31日 Amebaより転載 アニメカットと写真を800×450に入替え

by fureshima2223 | 2013-01-31 09:03 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

第四回「真実の涙をもう一度」有志会ファンミーティング実施されます(湯涌+能登1泊)

第四回「真実の涙をもう一度」有志会ファンミーティング実施されます(湯涌+能登1泊)
 
1月26日のツイッターで知りました。
「真実の涙をもう一度」有志会ツイッター @tt_johana
第四回有志会ファンミーティング(湯涌強化合宿編) 今年も冬のファンミーティングを、初の合宿形式で開催!開催まであまり日がありませんが、「なべ談義」で北陸の海の幸と雪景色をご堪能ください。のと鉄道への乗車も予定しています。
「真実の涙をもう一度」有志会ツイッター @tt_johana
第四回有志会ファンミーティングをブログでも告知! 今回は城端、富山県を飛び出し、おとなり金沢市の湯涌温泉+能登半島の旅の合宿形式で開催。2/9(土)10(日)はぜひ北陸へお越しください。

内容については「真実の涙をもう一度」有志会ブログの第四回有志会ファンミーティングのご案内を見てください。
資料として残すことも含めて、以下に転載させていただきます。

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。城端では年が明けてからも例年に比べて雪が少なく、過ごしやすい日が続いております。去年の今頃はどうしていたかな・・・と振り返ってみると、1月に善徳寺会館で記念すべき第1回のファンミーティングを開催していました。それから曳山祭、むぎや祭と回数を重ねることができました。参加いただいたみなさん、本当にありがとうございます。今年も4回目のファンミーティングを開催することにいたしました。

今回は城端を、そして富山県も飛び出し、おとなり石川県の湯涌温泉・能登半島での開催、しかも日帰りではなく宿泊を伴います。

冬場の北陸は「雪が多い」「寒い」というイメージから、どこも観光客が少なく、特に宿泊客の減少は地元をじっくり見てもらえる場を失うことにもつながっています。特におとなり石川県のみなさんには、イベントのたびにご助力をいただいており、今度は有志会でささやかですがご恩返しができればと思い、企画しました。確かに雪も降りますし寒いですが、厳しい自然のありのままの姿や、新鮮な魚などこの時期だからこそ味わえるものも多くあります。日が迫っておりますが、ぜひ3連休のこの機会に、北陸を訪れていただけることを願っております。

●参加希望の方は有志会メールアドレス[tt.johana01@gmail.com]まで、
以下の項目を記入してお送りください。(大文字「@」を小文字に変えてください)
◇氏名(本名またはハンドルネーム)
◇連絡先(携帯電話またはSkypeID)
◇クルマの有無
※ツイッターアカウントをお持ちの方はこちらが便利です。

開催日:2013年2月9日(土曜日)・10日(日曜日)
    ※11日(月曜日)も祝日です。
集合場所:金沢市内 近江町市場(集合場所はご連絡します)
集合時間:13:30
宿泊場所:湯涌創作の森 宿泊棟
参加費:8000円程度をご用意ください。
(宿泊費+研修棟借用費+朝食1回・昼食2回・夕食1回)
お願い:クルマで参加される方は、事前にその旨をDMにてご連絡ください。
(人数が多い場合、有志会メンバーの車で運びきれないため、
 乗りあわせのご協力をお願いします。)

行程:
2/9(土曜日)
近江町市場集合(昼食、夕食買い物)
  ↓
湯涌創作の森(泊)
・・・「なべ談義」開催(鍋をつつきながらファントーク)
※お風呂は内風呂または湯涌温泉「白鷺の湯」が利用可能です。

2/10(日曜日)
湯涌創作の森(朝食)
  ↓
西岸駅または穴水駅(昼食)
  ↓
(のと鉄道ラッピング列車乗車)
  ↓
七尾駅(夕方頃、現地解散)

以上「真実の涙をもう一度」有志会ブログより転載させていただきました。

行きたいですが、行けないです。どのような方々が集まってどのような会合になるのでしょうか。
冬の湯涌と西岸の探訪もいいですね。結果報告を楽しみにしています。

履歴
2013年01月30日 作成 「湯涌+能登」なのでカテゴリは「花咲くいろは」としました。

by fureshima2223 | 2013-01-30 15:17 | 花咲くいろは | Trackback | Comments(0)

松原秀典さん登場!!「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」3月3日開催

松原秀典さん登場!!「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」3月3日開催
 
TR@Pのホームページで告知されています。「めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa」で高岡市が一体どこへ行こうとしているのでしょうか。有料となりますが、アニメーターの松原秀典さんと声優の平松晶子さんのトークショー、そして先着順となりますが、サイン会も開催されるので、注目です。

HPから転載させていただきます。
めざせアニメ化!あみたん娘 1st Anniversary festa
e0304702_1745287.jpg
あみたん娘誕生1周年を記念して記念イベントを開催します。イベントも盛りだくさんのため当日は混雑が予想されますので、マナーを守ってお楽しみください。たくさんの方のご来場をお待ちしています!

場 所  ウイング・ウイング高岡
日 時  平成25年3月3日(日)9:30~17:30

あみたん娘新ポーズ発表会
&公式コスプレイヤーオーディション表彰式

場 所  ウイング・ウイング高岡4階ホール
時 間  13:30~14:00
      入場無料 

松原秀典 × 平松晶子トークショー
ゲスト/アニメーター 松原秀典、声優 平松晶子
司会進行/フリーアナウンサー車吉章、BBTアナウンサー谷藤博美
※サイン色紙等、素敵な賞品が当たる抽選会も!
場 所  ウイング・ウイング高岡4階ホール
時 間  午前の部 10:30~11:30/午後の部 15:00~16:00
定 員  各400名(全席指定)
料 金  前売券2,500円、当日券3,000円
      2月1日 10:00より販売開始
先行発売所  高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング高岡3階)
       アーツナビ(インターネット)

サイン会開催(トークショー午後の部終了後)
場 所  ウイング・ウイング高岡1階交流スペース前
      12:00よりグッズ購入対象者にサイン会参加券を発行します。
     (先着200名様)

第2回高岡コスプレすとりーとinウイング・ウイング
場 所  ウイング・ウイング高岡1階交流スペースほか
時 間  9:30~16:30(更衣室利用 9:30~17:30)
参加費 1,000円
受付場所 ウイング・ウイング高岡4階ホール前
     注意事項はこちら

あみたん娘オリジナルグッズ販売コーナー
場 所  ウイング・ウイング高岡1階交流スペース前

お問い合わせ:TR@P実行委員会事務局(高岡市観光交流課内)TEL0766-20-1301

以上 TR@PのHPから転載させていただきました。
 
履歴
2013年01月29日 作成

by fureshima2223 | 2013-01-29 17:24 | 高岡のこと | Trackback | Comments(0)

「true tears」舞台探訪002城端善徳寺会館

「true tears」舞台探訪002城端善徳寺会館

エキサイトブログの特徴を使って、アニメカット及び写真を800×600若しくは800×450程度で入れ替えてみました。BCからでのキャプはいまいちかと、BDが届いたので、入れ替えをしたいですが、その元気があるかどうか・・・。

Ameba 「true tears」舞台探訪001南砺市城端(始まりの街)2012-01-19 21:55からの内容の転載です。
「true tears」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

2010年から撮り溜めていた写真と新規に撮った写真で、改めて舞台探訪のスタイルで「true tears」に関するブログをまとめていきたいと思っています。新作の探訪で、なかなか作成はできない可能性が強いのですが(←いいわけ)、自分自身の舞台探訪のきっかけとなった作品なので、場所ごとにブログに掲載できたらなーなどと言いつつ、ここではいきなりピンポイント「善徳寺会館の内部」です。

実は1月15日の高垣彩陽さんのミニライブ+サイン会に併せて「真実の涙をもう一度」有志会の皆さまが善徳寺会館の2階に休憩スペースを開設するとの情報を得て、これなら善徳寺会館の2階を探訪の立場で見ることができるのではないかと思いました。

高垣彩陽さんのミニライブ+サイン会のことは以下のブログにまとめました。
ミニライブ+サイン会、高垣彩陽さん来城(1/15) 2012-01-16 00:55:00

「真実の涙をもう一度」有志会様のサイトにこのような告知がありました。
○2012年1月9日
『休憩スペース開設のお知らせ』
有志会では、1/15(日曜日)のじょうはな座イベントにあわせ、城端を訪問されるみなさんのために、休憩スペースを開設することになりました。この時期の城端は非常に寒く、雪が降ることも多くあります。
ストーブで暖かくして、お茶をご用意していますので、どうぞお気軽にご利用ください。
■会場: 善徳寺会館 2階
※正面入り口から木造階段でゆっくり静かにおあがり下さい。
■開設日: 2012年1月15日(日曜)
■開設時間: 午前11時~午後5時
 
そして有志会様のブログ「おかえりなさい、という言葉が似合う町」でそのときの様子がまとめられています。

それでは、探訪の報告をさせていただきます。撮影日はH240115です。

第1話「私・・・涙、あげちゃったから」

①善徳寺会館、麦端踊りの練習場所
e0304702_8323078.jpg

35mmではこの程度です。
e0304702_8541398.jpg

②善徳寺会館正面から2階に上がる階段
e0304702_8325530.jpg

e0304702_8542719.jpg

③麦端踊りの練習 善徳寺会館2階、畳敷きで舞台もあります。
e0304702_833772.jpg

もう少し下がって撮るべきでした。
e0304702_8544887.jpg

④つぶやき:愛ちゃんに入れてもらいたいですw。
e0304702_8334127.jpg

左右反転ですがどうでしょうか。
e0304702_855290.jpg

⑤眞一郎君麦端踊りの稽古、まだまだう~むの状態かな。
e0304702_8335857.jpg

e0304702_8551489.jpg

この時点では、眞一郎君、麦端踊りの花形をなんかいやいややらされているという状態でしょうか。AICHIYANでも愛ちゃんを前に、「踊りなんて好きでやってるわけじゃないのに。」「ちっとも上手くないのに、麦端踊りの花形なんてはなっから無理なんだよ。」、こんなこと言ってたのですから。

第10話「全部ちゃんとするから」

麦端高校の鶏小屋で
眞一郎「これから踊りの稽古だけど、来るか。」
乃絵「今日は私のために踊ってくれる。」
・・・・・・・
乃絵「おばあちゃんもう一度だけ、これが最後にするから。」

①雪の季節、善徳寺会館へ
e0304702_8344724.jpg

1月15日の善徳寺会館、屋根の雪の積もり方が似ています。
e0304702_855487.jpg

②「今日はたっぷり作ってきたからね、どんどん食べなよ」
つぶやき:はい、食べたいです。 今度は愛ちゃんのおにぎりも・・・
e0304702_8345919.jpg

e0304702_856635.jpg

③眞一郎君入ってきて、乃絵ちゃんもいっしょだね。
e0304702_8351331.jpg

e0304702_8563061.jpg

④「こっちは俺の・・・え~と」
e0304702_8352317.jpg

e0304702_8564772.jpg

⑤「知ってる、石動乃絵ちゃん、眞一郎の初めての彼女」
e0304702_8353584.jpg

e0304702_857275.jpg

⑥雪の積もった善徳寺会館の屋根
e0304702_8354937.jpg

e0304702_8571361.jpg

⑦麦端踊りの稽古、もうかなりよくなったのかな。
本番では、「今年の花形、急によくなったな。」って言われたな。
e0304702_8355986.jpg

e0304702_8572383.jpg

⑧麦端踊りの稽古
e0304702_836831.jpg

e0304702_8573641.jpg

⑨乃絵ちゃん絶賛の拍手
e0304702_8362233.jpg

e0304702_8574936.jpg

⑩「先に帰る、お兄ちゃんにも何も言ってないし、さよなら」
e0304702_8363263.jpg

e0304702_858443.jpg

⑪ここは善徳寺会館2階の廊下
e0304702_8364356.jpg

e0304702_8582060.jpg

⑫乃絵が階段を下りて
e0304702_8365663.jpg

e0304702_8583184.jpg

⑬「あー、またな。」なんか物足りないような。 
善徳寺会館2階の廊下ですが、格子が写らないので、
e0304702_8373012.jpg

和室の方でそれなりに撮ってみました。(⇒実は、単に写す場所を間違えただけです。)
e0304702_8585083.jpg

この後、愛ちゃんの眞一郎卒業宣言がありました。
 
善徳寺会館内部のカットはまだありますが、この程度とします。

善徳寺会館の入り口 1月15日11:00~17:00 休憩所が開設されました。
e0304702_8592863.jpg

休憩所開設を知らせる有志会の掲示です。
e0304702_8594373.jpg

善徳寺会館前の商店に 眞一郎、乃絵、比呂美のドール展示
e0304702_8595659.jpg

ここはとても幸運な場所かと。
e0304702_901091.jpg

時期を逸してしまうとなかなか飛べなくなるので、勢いで飛ぼうとしました。もちろん「おねてぃ・おねツイ」も「花いろ」も忘れているわけではありませんが、「ちはや」を含めて自分にとってブログ作成は勢いとタイミングが重要とつくづくわかりましたので、勢いのあるうちに載せてみました。

この後、最優先事項は「おねてぃ・おねツイ」のブログ作成と「おねてぃsnow angel」+「夏待ち」の探訪の準備、「true tears」のブログ作成や「ちはや」近江神宮再探訪の準備はどこまでできるかわかりませんが、おっと「Another」もですが、加速していくことができる・・・かな。

「おねてぃ」+「夏待ち」モードになっているような。でも、「ture tears」なら次は福光かな。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2008 true tears 製作委員会」)に帰属します。
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年01月19日 作成
2012年01月22日 有志会様の報告を追加(ブログ記載場所変更2013.01.29)
2013年01月29日 Amebaより内容転載、カットと写真は800×450で入替

by fureshima2223 | 2013-01-29 09:07 | true tears | Trackback | Comments(0)

新宿駅に掲示 北国街道400周年記念イラスト「あの夏で待ってる」ポスター

新宿駅に掲示 北国街道400周年記念イラスト「あの夏で待ってる」ポスター

H250124新宿駅南口、中央線ホーム11番12番線から階段を上がった場所に、北国街道400周年記念イラスト「あの夏で待ってる」のポスターが掲示されました。H250125夜に確認しました。

イラスト部分を強調してみました。
e0304702_8322877.jpg

ポスター全体はこうです。
e0304702_835836.jpg

新宿駅南口 中央線ホーム11番12番線から階段を上がった場所です。
e0304702_8355026.jpg

e0304702_8361580.jpg


このポスターはきっと頒布されるのではと。小諸での掲示の様子も見てみたいし、ポスター欲しいです。

履歴
2013年01月26日 作成。

by fureshima2223 | 2013-01-26 08:41 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備004飯能市内観音寺・ヤオコー(第04話)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備004飯能市内観音寺・ヤオコー(第04話)

第04話では飯能市内の観音寺とヤオコーが出てきました。観音寺で後方に見える橋は岩根橋ではなくて、割岩橋かと、失敗失敗、でもありがちなので勘弁。特徴があるのでわかります。ヤオコーの店内はアニメカットとどのくらいあっているのでしょうか。店内の撮影はできないとは思いますが、やはり現地で確認してみたいです。

第04話 観音寺にて、後方に見える橋は岩根橋かと。

e0304702_7315197.jpg

e0304702_7321132.jpg

e0304702_7324167.jpg

e0304702_7325597.jpg


第04話 ヤオコーで買物、店内は撮影できませんが確認してみたいと。
e0304702_735183.jpg
e0304702_7351728.jpg
e0304702_7353435.jpg



この後コミックに出てくる飯能河原がアニメにも登場すると思います。飯能銀座商店街や飯能駅前はどのような形で登場するのでしょうか。
゛ 
なかなか舞台探訪に出かけられませんが、これだけ舞台探訪の対象となるかも知れないカットが出てくると、現地に行きたくなります。このブログは探訪前に、探訪を前提として作成してみました。探訪しましたら写真を追加して行きたいと思います。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。
゛ 
履歴
2013年01月26日 作成

by fureshima2223 | 2013-01-26 07:42 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「あの夏で待ってる」舞台探訪008小諸市通学路・山心バス停と市内(05話)

「あの夏で待ってる」舞台探訪008小諸市通学路・山心バス停と市内(05話)

Ameba 「あの夏で待ってる」舞台探訪008小諸市通学路・山心バス停と市内(05話)2012-02-25 23:50からの転載です。
「あの夏で待ってる」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 「あの夏で待ってる」舞台探訪については「あの夏で待ってる」舞台探訪ブログリスト紹介を、特に小諸市内の舞台に絞る場合は「あの夏で待ってる」小諸を歩かれる方に(探訪ブログ紹介ダイジェスト版) を見ていただけると。なお、このブログへの転載の状況により、リンク先や掲載順を変更することがあります。

SOARERさんが作成した地図です。「あの夏で待ってる」で小諸を探訪する方にとても役に立つと思います。探訪に当たっての記載事項も確認していただいたうえで、探訪の始まりです 「あの夏で待ってるin小諸市」(google map)  
″ 
このブログは05話に出てくる県道139号線とバス停、そして市内のカットです。2月18日から始まったお人形さんめぐりの写真も何枚か載せたいと思います。
柑菜ちゃん、野沢菜持って海人の家に行ったけど、皆が思っていたような状態であの道を帰って行く、哲郎はいいやつだけど、柑菜ちゃん自分の思いに精一杯でほかのことが見えていないような。
小諸で雨が降ったらあの傘をさして歩く探訪者がいるのかな。ネットの販売が売り切れたようなので、ブログに出てくると期待して待っています。それではアニメカットと現地とを対比します。

1.県道139号線・通学路

①どうして、どうしてあんなこと言っちゃったんだろう。あれじゃいやなやつだ、ひどいやつだ、
e0304702_12455220.jpg

柵と人との関係を見ると、道路の外から東側を見ていることになるはずですが、西側の台地に見えます。
雰囲気だけこれでどうでしょうか。
e0304702_12531431.jpg

②北に向って歩いています。この登り坂はありませんが、いつもの場所かと。
e0304702_1246103.jpg

e0304702_12535377.jpg

みっともないやつだ、かわいくないんだ、わたし・・・
e0304702_12463039.jpg

哲朗登場
e0304702_12464331.jpg

③県道139号にこのバス停はありませんが。
e0304702_1247457.jpg

バス停はこれでしょうか。
e0304702_12543553.jpg

県道139号線のこのあたりにあることになっています。
e0304702_12545570.jpg

④バス停にて
e0304702_12472290.jpg

e0304702_12551926.jpg

⑤バス停にて
e0304702_12473467.jpg

e0304702_12553962.jpg

⑥バス停から見える山々
e0304702_12475035.jpg

e0304702_12555834.jpg

⑦バスのりば 山心(やまうら)、JRバス関東
e0304702_1248748.jpg

実際のバス停と字は変えていますが、ここです。
e0304702_12563654.jpg

⑧これが1つのヒントになるかな。
e0304702_1248282.jpg

e0304702_1257261.jpg

⑨雨が上がって
e0304702_12485273.jpg

バス停の側面が見えるように撮ってみました。
e0304702_1257218.jpg

いつものこの場所が見えています。
e0304702_12574514.jpg

普通で行くんだ、わたし。とにかく、いつもの谷川柑菜でいるの、そう決めたの。
e0304702_1249719.jpg

⑩それぞれの思いは・・・。柑菜は精一杯で、他のこと見えてないね。
e0304702_12492453.jpg

e0304702_1258639.jpg


2.小諸市内

①城下町めぐりスタンプの場所でもあります。
e0304702_12493576.jpg

e0304702_12581763.jpg


3.お人形さんめぐり

小諸では2月18日から3月4日までお人形さんめぐりです。
つるし雛が飾られ町家に古雛がなどが展示されます。
e0304702_1323175.jpg

ほんまち町屋館 お人形さんめぐりの会場の1つです。
e0304702_1324677.jpg

入ると、たくさんのつるし雛
e0304702_1331739.jpg

つるし雛と雛人形の展示
e0304702_1332611.jpg

奥にはこのような展示もありました。
e0304702_1333685.jpg

健速神社
e0304702_133599.jpg

健速会館、お人形さんめぐりの会場の1つです。
e0304702_1342498.jpg

福島在住のシャンソン歌手 紗羽しゅうこさんの「ありがとう感謝」歌と語りの集い
e0304702_1344675.jpg

雛人形が飾られています。
e0304702_1345848.jpg

こちらは子供たちが作ったものです。
e0304702_1351154.jpg


ようやく「あの夏で待ってる」05話のまとめが終わりました。006、007は懐古園でしたが、008は県道139号線とバス停、県道139号線の通学路の出現率が高いです。確かに北側を見ると浅間山をはじめとする山々が正面に見えて、なかなかのビュースポット、この作品のキーポイントの1つにはなったようです。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年02月25日 作成
2013年01月25日 Amebaより転載
  

by fureshima2223 | 2013-01-25 13:10 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

3月湯涌でアニメ討論会「花咲くいろは 湯涌ぼんぼり祭り」を先進的事例の1つとして

3月湯涌でアニメ討論会「花咲くいろは 湯涌ぼんぼり祭り」を先進的事例の1つとして

アニメ制作者とファンがファンが一堂に会して意見を交換する「リアル・ワールド・コンテンツミーティング」が3月2日、金沢市湯涌温泉で開催されます。湯涌温泉はアニメ「花咲くいろは」の舞台のモデルで、参加者はアニメを通して地域を活性化する方法を話し合います。

ということで、応募方法などの紹介は以下の通りです。

第一回リアル・ワールド・コンテンツミーティングのホームページです。以下に記載内容を転載しますが、応募に当たっては当該ホームページを再度確認してください。

第一回リアル・ワールド・コンテンツミーティング
The Real World Meeting for Entertainment Contents


現実社会でコンテンツに触れる、楽しむそして別の視点で考える 参加定員 100名

コンテンツから生まれた「湯涌ぼんぼり祭り」には、アニメファンを中心に全国から約7000人が湯涌温泉に集まりました。
この「湯涌ぼんぼり祭り」を地域活性化の先進的事例の一つとして取り上げて、アニメを含む日本の最先端のコンテンツ製作者とユーザー(ファン)がリアル・ワールド(湯涌温泉)において一同に集まり、学術的な考察(大学)を取り入れながら、それぞれの立場で意見交換することを通じて、自由闊達に新しいアイディアが生まれる場を創造し、ユーザー、コンテンツ産業、地域の活性化を応援します。

平成25年3月2日(土)   メイン会場 湯涌温泉 かなや

主催:リアコン実行委員会(金沢大学地域連携推進センター、湯涌温泉観光協会) 
後援:金沢市 協力:株式会社PAワークス

●シンポジウム「コンテンツによる地域活性化Ⅱ」 ~「コンテンツ」と「地域」そして「ユーザー」が共存するために~
■講演者
 菊池宣広(PAワークス専務取締役)和田崇(徳山大学准教授)山本健太(九州国際大学助教)
 西栄一(神戸新聞社デジタル情報部長・いまもえ.jp担当)山下新一郎(ぼんぼり祭り実行委員長)

●「湯涌から湯乃鷺へ」~アニメの背景美術と現実世界を考える~
■講演者 アニメーション美術監督 東地和生

●「湯涌夜会塾」~クリエイターから学び、コンテンツを考える~
■塾講師
 堀川憲司(PAワークス代表取締役社長)東地和生(アニメーション
■ファシリテーター 神谷浩夫(金沢大学地域連携推進センター長)

参加・宿泊費 13,000円(1泊2食付)
http://www.crc.kanazawa-u.ac.jp/event/reacon/
予約専用メールアドレス  event@adm.kanazawa-u.ac.jp
受付は,予約専用メールアドレスでのみ行います。下記の<予約について>をお読みいただいてから、お申し込みください。なお,参加定員に達し次第締め切らせていただきます。

<予約について>
1.お申込み
  メールに以下の内容を書いて、お申し込みください。
なお、グループで参加予定の方は、代表者が取りまとめてお申し込みください。
  メールの件名:「リアコン予約」
  メール本文
  ①氏名(代表者)
  ②住所(代表者)
  ③性別(代表者)
  ④年齢(代表者)
  ⑤当日連絡のつく電話番号
  ~グループでお申込みの方~
  ⑥代表者以外の方全員の氏名および性別

2.参加費のお振込み
  リアコン実行委員会事務局より、湯涌温泉観光協会が指定する口座を記載した返信メールを送ります。
7日以内に、参加・宿泊費をお振込みください。

3.入金確認
  湯涌温泉観光協会で入金を確認後、受領書を送付いたします。

4.予約完了
  予約受付締切後、宿泊先旅館について湯涌温泉観光協会よりメールにてご案内いたします。

旅館を指定することはできません。また、お部屋は原則4~5名1室の相部屋となりますことを、
あらかじめご了承願います。


<問合せ先>
リアコン実行委員会事務局(金沢大学地域連携推進センター内) 担当 竹田 國司田
tel:076-264-5289 e-mail:chirenkei@adm.kanazawa-u.ac.jp

以上 第一回リアル・ワールド・コンテンツミーティングのホームページより記載内容を転載

履歴
2013年1月24日 作成

by fureshima2223 | 2013-01-24 08:58 | 花咲くいろは | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー