<   2013年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧


小諸市本陣主屋「なつまちおもてなしサロン」H25年度冬期閉所のお知らせ

小諸市本陣主屋「なつまちおもてなしサロン」H25年度冬期閉所のお知らせ

情報拡散のため、ブログ「なつまちおもてなしサロンより」2013年10月31日より転載です。

なつまちおもてなしサロン冬期閉所のお知らせ

いつもサロンにお出かけ下さりありがとうございます。
サロンの入っている「本陣主屋」が例年通り冬期休館に入ることになりました。

本陣主屋および、なつまちおもてなしサロンの冬期休館
11月 5日 (火曜日)~

※不定期に、併設の「手仕事ギャラリー」の手芸教室開催のために開いている場合があります

◆今後の開所予定◆
「こもがく文化祭 2013」 11月 9日 (土曜日) 10時~16時半
「なつまち意見交換会」11月 10日 (日曜日) 10時~ (13時~15時頃まで一時閉館予定)~16時

今年もまた、大勢の皆さんにお会いしてお話を伺うという貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました♪

以上 ブログ「なつまちおもてなしサロンより」2013年10月31日より転載です。


今年も「なつまちおもてなしサロン」は冬期閉所となります。春の開所から多くの「なつまち」ファンのためにいろいろとありがとうございました。場所を維持しファンとの対応のための人員を配置することはとても大変なこととは思いますが、平成26年春に再び開所の案内があるものと信じています。そして、冬期の間は小諸観光交流館に「なつまちおもてなしサロン」の展示物の一部が前回同様展示されることを期待いたします。1人の「なつまち」ファンから感謝を込めて!!!

履歴
2013年10月31日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-31 09:49 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

小諸 本陣主屋で「秋のこもがく文化祭2013」開催(作品受付期限251107、開催251109)

小諸 本陣主屋で「秋のこもがく文化祭2013」開催(作品受付期限251107、開催251109)

(以下 H251111情報追加)
H251109のTLより 「秋のこもがく文化祭2013」関連をいくつか掲載させていただきます。

なつまちおもてなしサロン@小諸 ‏@nos_komoro 11月9日
こもがく文化祭2013、スタート!レア物から、定番まで、揃ってます!定番珈琲こもろさん、tocotocoさんの限定ドーナツ、サロン限定あのカレーパンが1年ぶりに帰って来た!皆さんのご来場をお待ちしております! #natsumachi pic.twitter.com/LbmBuCLr45
e0304702_12134326.jpg


しなの鉄道(非公式) ‏@shinanorailway_ 11月9日
本日小諸駅から徒歩すぐの本陣主屋において、なつまちこもがく秋の文化祭2013が開催されています
当社からもヘッドマークやサボ、愛称板や中の人秘蔵写真なども出展させていただいています
お時間があれば足を運んでみてはいかがでしょうか♪ pic.twitter.com/rfKY1hHxWv
e0304702_12164026.jpg


CHEE a.k.a. 和海 ‏@CHEE_KazMi 11月9日
かなりおかし pic.twitter.com/SaFdgD0Lhx
e0304702_12192695.jpg


なつまちおもてなしサロン@小諸 ‏@nos_komoro 11月9日
【秋のこもがく文化祭20113】 わなげ景品も豪華になりました。ただ、その分少し難しめに?11:30より練習は無料(お一人様6回まで)、本気賭けは100円になります #natsumachi pic.twitter.com/lpksNgEXL2
e0304702_12221698.jpg


なつまちおもてなしサロン@小諸 ‏@nos_komoro 11月9日
新味ドーナツ「りのんチョコベリー」、イチカ先輩のカレーパン完売しました!ありがとうございました。柑菜ちゃんの野沢菜パンは残り2個です。 #natsumachi

なつまちおもてなしサロン@小諸 ‏@nos_komoro 11月9日
【秋のこもがく文化祭2013】16:30を持ちまして、終了いたしました。大勢の皆様にご協力いただきましてありがとうございました。 #natsumachi

(以上 H251111情報追加)


情報の拡散と、資料としての保存のため、以下 ブログ「なつまちおもてなしサロンより」から転載させていただきます。

ブログ「なつまちおもてなしサロンより」
『秋のこもがく文化祭2013』開催 2013.10.31

なつまちおもてなしサロン主催 『秋のこもがく文化祭2013』
e0304702_919388.jpg


昨年行われ、好評を博した『秋のこもがく文化祭』を今年もちょっぴり開催します♪

予定内容:*持ち寄り展示会*、景品がパワーアップしたアレ、新味先行発売クル-----(゚∀゚)----- !??!、恒例のナニ。

日時:11月9日(土) 10時~16時半
場所:本陣主屋 ギャラリー

・開催につきまして、展示作品募集のお願いです。
★「あなたのなつまちオリジナル」展示作品募集 ★

■募集作品要項
●「あの夏で待ってる」にちなんだ作品に限ります
●(既製品でない)自作の作品に限ります
●文化施設内での展示のため、公序良俗に反しないもの (R18不可)
●写真撮影可能なモノ
●必ずお持ち帰り、お引き取りいただけるもの
●80x80cmくらいまで(ご相談ください)
●発表済みの作品でも大丈夫です
■作品例 ・写真 ・同人誌 ・絵 などなど

★人に見せたい!レア物募集♪★
●抽選で当たったあの品物
●非売品の例のブツ
*大変申し訳ありませんが、モノにより参加可否の物議を醸させていただく場合があります。
ざわ・・・ざわ・・・メールにてご相談下さい。

●展示デザインスペースの都合上、事前申込をお願いしています。
「品名・大体のサイズ・個数・希望キャプション名(作品タイトル・ペンネーム)・氏名・電話番号・連絡先メールアドレス」を書き添えて、メールにての申し込みをお願いします。サロンからの返信をもって、受付完了です。

■申込受付期限
2013年 11月 7日 (木曜日)

■受付方法
メールで事前申込

当日持参 ・郵送で送付

■なつまちおもてなしサロン メールアドレス
noskomoro@gmail.com

●当日搬入時間: 受付: 9時開始 ~ 9:50までに各自で搬入
●当日搬出時間: 17:00~17:30に搬出 (ご相談ください)

●当日、来場するのは難しいけど作品は出したい……という方へ 郵送や事前のお預かりでの作品の受付を行います。 ご希望の方は「郵送/預かり希望」と本文に明記して、メールをご送信下さい。

【郵送/預かり受付の際の注意】
お取り扱いには十分注意いたしますが 「万が一」の場合にこちらでは責任を取ることが出来ません。 そのため、お預かり出来るモノは「預けても大丈夫なモノ」にして下さい。
例「フィギュア本体」は壊れたら困るけど「フィギュア写真」なら大丈夫!……など

※写真・イラストなどの枚数が多い場合、ファイルに入れるなどしてまとめて見れる形であるとありがたいです。

【自作痛チャリの展示について】
事前申し込み後、当日搬入時間内に他作品と同様に玄関までご持参下さい。本陣主屋入口付近へ展示予定です。
天候によって展示場所の変更・多少の汚れが付く場合がございます。ご理解の上、ご了承ください。

皆さんからの愛あふれるなつまち作品、お待ちしております★
次の日、11月10日(日)13時~ プロジェクトによる「意見交換会@小諸グランドキャッスルホテル2階」が行われます。

以上 ブログ「なつまちおもてなしサロンより」から転載させていただきました。

履歴
2013年09月27日 作成
2013年10月31日 おもてなしサロン10月31日の内容で入替
2013年11月11日 なつまちおもてなしサロン@小諸 ‏@nos_komoro さんのTLより

by fureshima2223 | 2013-10-31 09:26 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

マンガ*アニメ聖地巡礼展サンシャイン60展望台でH251102~1104に開催、仙台でも

マンガ*アニメ聖地巡礼展サンシャイン60展望台でH251102~1104に開催、仙台でも

(以下 追加H251102)
なつまちおもてなしプロジェクト小諸市公式 ‏@komoro_NOP H251102 10:20頃のツイート
池袋サンシャイン60の聖地巡礼展今日から4日まで開催中!パネル展示、グッズ販売しています!隣で進撃の巨人! #komoroNOP #natsumachi pic.twitter.com/ilOBny7bNO

上記ツイート添付の写真 池袋サンシャイン60の聖地巡礼展の様子
「あの夏で待ってる」のとなりに「ヤマノススメ」の展示です。
e0304702_1145370.jpg


(以上 追加H251102)


ネット検索で情報を探しましたが、見つけられませんでした。なつまちおもてなしプロジェクトは「なつまち」小諸の関係者なので、情報を持っていたのだと思います。TLでも私が見た範囲では他の情報は得られませんでした。

Wake Up Girls!、かんなぎ、あの花、ヤマノススメ、神様始めました、なつまち、戦国BASARAと、新作と人気作品を集めた聖地巡礼展ですので、しっかりとした告知があってもよかったと思います。

まあ、メインが展示場所が仙台のさくら野百貨店で、唯一の新作展示が仙台市を舞台とするWake Up Girls!ですから、のさくら野百貨店での開催前には何らかの告知がされるとは思いますが。

以下のツイートが唯一の情報源でした

なつまちおもてなしプロジェクト小諸市公式 ‏@komoro_NOP 10月29日 http://komoronop.org/#!event/c74y 「マンガ・アニメ聖地巡礼展」参加作品:Wake Up,girls!・かんなぎ・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。・ヤマノススメ・あの夏で待ってる・戦国BASARA・神様はじめましたpic.twitter.com/HcdFG5I68q

なつまちおもてなしプロジェクト小諸市公式 ‏@komoro_NOP 10月29日 http://komoronop.org/#!event/c74y 2013年11月2日~4日池袋サンシャイン 「マンガ・アニメ聖地巡礼展」に「あの夏で待ってる」長野県小諸市として、パネル展示の参加をします!#komoroNOP #natsumachi pic.twitter.com/BmqZKMAuDU

ツイッターの添付画像を貼ります
e0304702_7454821.jpg


履歴
2013年10月31日 作成
2013年11月02日 追加

by fureshima2223 | 2013-10-31 08:01 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

日経は埼玉県の「アニメの県」としての売り出し方を評価してるのかな(H251027日経新聞春秋から)

日経は埼玉県の「アニメの県」としての売り出し方を評価してるのかな(H251027日経新聞春秋から)

日本経済新聞 H251027朝刊のコラム「春秋」です。この内容を読むと、埼玉県が進めている「アニメの県」としての売り出し方を評価しているということでしょうか。

以下 日本経済新聞 H251027朝刊より 春秋

 「エースをねらえ!」「クレヨンしんちゃん」「ルパン三世」「らき☆すた」。これら人気の高い漫画やアニメの共通点は何か。ヒントは地名。主人公や主要な人物が住んでいたり、物語の主舞台となったり。何らかの形で、すべての作品に「埼玉県」が登場するのだ。

▼郊外に住む作家が描き、やはり郊外の若者が楽しむ。そうした現代文化ならではの消費事情も背景にありそうだ。ともあれ、いま、舞台となった県内のごく普通の街に、全国からファンが訪れるという現象が広がっている。ある作品の舞台になった神社では、正月三が日の初詣客がアニメ放映前に比べ5倍に増えたそうだ。

▼作品の舞台を訪れる行為をファンは「聖地巡礼」と呼ぶ。本来は宗教の聖地を訪れる旅を指す言葉だ。社会学者の鈴木謙介氏は近著「ウェブ社会のゆくえ」で両者の類似を指摘する。大勢の人が訪れ、普通の街が特別な場所になる。店が並び、地元民とよそ者が交流する。やがて地域が独自の魅力を獲得するというわけだ。

▼先日、埼玉県自ら「アニ玉祭」なる催しを開き、雨の中で6万人を集めた。作品ゆかりの街々の紹介に声優ショー、仮装、アニメ絵で飾った愛車コンテストなどなど。全国から人を呼べる史跡や名勝に乏しいとの危機感が「アニメの県」との売り出し方を生んだ。伝統がないなら自分たちで作ろう。そんな心意気も感じる。


おたぽるOTAPOL に載った以下の記事も参考になるでしょうか
アニ玉祭で“勝ち負け”が明らかに!? 聖地巡礼による“町おこし”で大切なこと
http://otapol.jp/2013/10/post-86.html
(これは1つの重要な視点かと:ブログ作成者)
「うちは、地域振興アニメはつくりたくない。作品の中にそれとなく登場してファンが行きたくなるような出し方をしたい」というものだった。その結果、登場人物が買い物をするシーンで、埼玉県のゆるキャラである「コバトン」がしれっと描かれることになったのである。マンガ・アニメなどのコンテンツを用いた地域振興が成功するために必要なのは、まさにこの部分だ。あまりに押しつけがましく、名所を登場させたり、地域の特産品をアピールしたりすれば、かえってユーザーは離れてしまう。ユーザーに宝探しをしてもらう感覚こそが聖地巡礼を成功させる重要な要素なのだ。

履歴
2013年10月28日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-28 10:06 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

ヤマノススメ舞台探訪スタンプラリー開催お知らせ(H251101~1225) ブログ「ヤマノススメのススメ」より

ヤマノススメ舞台探訪スタンプラリー開催のお知らせ(H251101~H251225)ブログ「ヤマノススメのススメ」より

「ヤマノススメ」舞台探訪スタンプラリーの内容が、ブログ「ヤマノススメのススメ」に掲載されました。開催するとの情報はあったのですが、ようやく情報が告知された、といってもブログ「ヤマノススメのススメ」にまず掲載されましたが、飯能市のホームページや公式ホームページにはいつ告知されるのでしょうか。

(追記H251102)H251101に飯能市のHPにも掲載されました。ブログの後半に追記します。

そして、原作コミックも5巻まで発売になりましたので、12月のイベントで2期の発表があることを期待したいです。

第1報はツイッターです。
ヤマノススメのススメ ‏@yamasusume H251026 10:30頃のツイート
11/1~12/25「飯能市×ヤマノススメ:舞台探訪スタンプラリー飯能を探そう!」を開催します。今回はクイズ形式で楽しんで頂ける内容です。ポイントでは作中の食事の再現やグッズの販売もあります。是非御越しください! pic.twitter.com/K7jnHSSmqr
添付の写真です
e0304702_15383136.jpg


以下 情報拡散と保存のためブログ「ヤマノススメのススメ」H251025掲載より転載させていただきます。

ヤマノススメ舞台探訪スタンプラリー開催のお知らせ

単行本第五巻も発売された「ヤマノススメ」に ファン待望のスタンプラリーの開催が決定しました。

「飯能市×ヤマノススメ 舞台探訪スタンプラリー 飯能をさがそう!」

・開催期間 : 2013年11月1日~12月25日
・場所 : 飯能市内(飯能駅から天覧山方面全域)
・開催時間 : 10:00~21:00 ※店舗によって異なります

今回のスタンプラリーはクイズ形式で行います。スタンプカードに書かれたヒントを頼りに地図(飯能駅からマップ1)を見てポイントを探し、カードに記載されている問題を解いて「飯能駅からマップ」の中からポイントを探そう。

「天覧山」キーワードを手に入れゴールの「タイムズマート」へ

今回のスタンプラリーはラリーを楽しみながら、飯能の『楽しい場所』『美味しいところ』『おもしろい店』などを見て感じていただこうと企画しました。 全15個所となっております。あおいやひなたの町をゆっくりと散策してください。また、各ラリーポイントで劇中の再現料理や、グッズ販売のお店もあります。

お店のオススメを購入すると、いいことがあるかも!

舞台探訪のひとつを紹介します。飯能には世界でたった一つしかない物があるのを御存じですか? それは、天覧山の麓「飯能中央公園」にあります。 手塚治先生の作品「鉄腕アトム」の像です。飯能の空に向かって今にも飛び出しそうなこの鉄腕アトム像は世界にひとつしかありません。唯一無二の作品です。どうして唯一なのかは、舞台探訪で確認してみてください。

10個以上のスタンプで特製グッズをプレゼント

※「飯能駅からマップ1」に記載の印やマークはラリーポイントではありません。

その他 : 月曜定休(祭日の場合は火曜)や水、木曜休みの店舗があります。 11時開店。16時閉店の店舗がありますのでコンプリートを目指す方はご注意ください。

特製グッズは数量に限りがありますが、期間中はスタンプラリーを継続します。


「飯能市×ヤマノススメ 舞台探訪スタンプラリー 飯能をさがそう!」
e0304702_15383136.jpg


飯能市HPより 駅からマップ シリーズ1「天覧山」 
※駅からマップ シリーズ1「天覧山に記載の印やマークはラリーポイントではありません。
e0304702_15501762.jpg


~ 参加方法のススメ ~

・電車でお越しの方 飯能駅4階の「ひだまり山荘」か駅北口「山遊人」を スタートにしよう!
・車でお越しの方  天覧山麓「タイムズマート飯能店」をスタートにしよう!

11月2日、3日には「飯能まつり」も開催されます。

みなさまの来訪をお待ちしております。

以上 ブログ「ヤマノススメのススメ」H251025掲載より転載させていただきました。

「ヤマノススメ」の舞台探訪者としては、まず行ってみなくてはと。2回に分けて雰囲気を楽しむのもいいかなと思います。
今回は1周5~10kmでいいのですね、と呟いてみたいw。

H251031,8:20現在追記
「飯能市×ヤマノススメ:舞台探訪スタンプラリー飯能を探そう!」はH251101からスタートですが、飯能市のHPにも、「ヤマノススメ」公式サイトにもまだ告知されていません。5月のスタンプラリーの時はH250503~0518の開催に当たり、飯能市のHPではH250501(H251031時点では削除されたためかリンクできませんでした)に、「ヤマノススメ」公式サイトではH250502,19:46に告知されました。今回はいつ告知されるでしょうか。


(追記H251102)H251101に飯能市のHPにも掲載されました。
以下 飯能市HP H251101より転載させていただきます。

「ヤマノススメ」舞台探訪スタンプラリーが開催中です   [2013年11月1日]

飯能市内でヤマノススメ舞台探訪ポイントラリーが開催中です

 飯能市内のどこかに設置されたスタンプを、ヒントを頼りに集める探索型スタンプラリーが開催されています。
 スタンプ全15個のうち、10個以上のスタンプを集めた方に先着で「ヤマノススメ」オリジナルポストカードをプレゼントします。

e0304702_80306.jpg


期間…11月1日金曜日~12月25日水曜日
時間…午前10時~午後8時
※スタンプ設置場所の定休日や営業時間が各場所で異なります。-
※定休日は主に月・水・木曜日、営業時間は午前11時開店、午後4時閉店の場所があります。
※スタンプコンプリートを目指す方は、火・金・土曜日・日曜日の午前11時~午後5時に周るのがオススメです。(月曜日が祝日の場合は、火曜日が定休日になる場所があります。)
主催…飯能ヤマノススメプロジェクト
(ブログ作成者追記: スタンプ帳記載の飯能アニメツーリズム実行委員会の名称が未記載なのは意味があるのでしょうか)

スタンプ設置場所
全15か所(まわる順番は自由)
※スタンプ台紙に書かれたヒントを頼りに探してください。
 ポイント(1) 飯能駅から空を目指そう。ひだまりのある山小屋がそこにある。
 ポイント(2) 駅北口付近、黒い人影が見えるぞ。山遊びはここで準備しよう。
 ポイント(3) 北口大通りを直進すると、多種多様な豆も販売しているお米屋さん。
 ポイント(4) 銀座通り。おはぎも美味しいお団子屋さん。店内に秘密が…。
 ポイント(5) お茶と煎餅と「亀」? オレノススメはわらび餅。
 ポイント(6) お蕎麦屋さんなのに「特大ヤマノススメオムライス」?
 ポイント(7) アーススター8月号(原作)で「あおい」がアルバイトを始めたお店。
 ポイント(8) 飯能中央通り。あいおとひなたが使った水鉄砲があるお店。
 ポイント(9) ザクロの妖精「パム」がいるよ。
 ポイント(10) 種類の多さにびっくり。でも「あおいちゃん」は、まだ飲めません。
 ポイント(11) 赤い橋の近く。お魚水槽のある建物のテラスで一休み。
 ポイント(12) 4人がバーベQをした河原。すいーとんが美味しいんだ!
 ポイント(13) ゾウさんの像の下で「あおいとひなた」がアイスバーを食べました。
 ポイント(14) 「あおい」や「ひなた」が通う図書館が新しくなりました。
 ポイント(15) 晴れた日には、富士山やスカイツリーも見えるよ。山頂のキーワードを撮影してゴールへ。

参加方法

1. 以下の場所で「スタンプ台紙」と「駅からマップ(シリーズ1)」を受け取ります。
•電車でお越しの方:
(平日)飯能駅改札南側「飯能市役所飯能駅サービスコーナー」(午前8時30分~午後6時)
(土休日)飯能駅改札前「なんでも案内所」(午前8時~正午12時)
(終日)飯能ペペ4階「ひだまり山荘」もしくは 飯能駅北口「山遊人」(ともに午前10時~午後8時)
•お車でお越しの方:
(平日・土休日)埼玉県飯能市山手町16-6「タイムズマート飯能店」(午前6時30分~午後9時00分)
•その他
各スタンプ設置場所でも配布しています。上記のスタンプ設置場所ヒントを頼りにお越しください。

2. スタンプ台紙に書かれたヒントを頼りに、市内に設置された15か所のうち、10か所以上のスタンプを集めよう!

3. スタンプが集まったらゴールで、オリジナルポストカードをプレゼント!(お一人様1枚まで)
   ※景品の配布は、在庫がなくなり次第終了となります。

お問い合わせ 飯能市役所総合政策部広報情報課
電話: 042-986-5071 ファクス: 042-974-0311
お問い合わせフォーム

(以上 追記H251102)H251101に飯能市のHPにも掲載されました。
以上 飯能市HP H251101より転載させていただきました。


履歴
2013年10月26日 作成
2013年11月02日 飯能市HP告知を追加

by fureshima2223 | 2013-10-26 16:35 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「恋旅 ~True Tours Nanto~」のイラスト展示、南砺市の図書館4ヶ所で

「恋旅 ~True Tours Nanto~」のイラスト展示、南砺市の図書館4ヶ所で

中央図書館でも展示していたとのこと、知りませんでした。とりあえず、
TLで確認させていただきましたので、情報として掲載させていただきます。

以下 南砺市立図書館 行事案内 2013.10.24より

なんと!恋旅 図書館ぐるぐる展

なんと!恋旅 図書館ぐるぐる展を 市内全図書館で開催しています。
e0304702_14172184.jpg


南砺市を舞台にして美しい自然・風土・文化などとともに3つのラブストーリーを描いたオリジナル・ショートアニメーション「恋旅 ~True Tours Nanto~」のイラストを展示します。

=巡回開催期間=  
 10月25日(金)~11月27日(水) 城端・平図書館
 11月29日(金)~12月25日(水) 福野・井波図書館

※中央図書館の展示は終了しました。

以上 南砺市立図書館 行事案内 2013.10.24より


履歴
2013年10月24日 作成 

by fureshima2223 | 2013-10-24 14:25 | 徒然なるままに | Trackback(1) | Comments(0)

小諸市「なつまち」の取組みの発表も、長野市で地域情報化推進セミナー開催(申込締切H251028)

小諸市「なつまち」の取組みの発表も、長野市で地域情報化推進セミナー開催(申込締切H251028)

「あの夏で待ってる」関連の情報として残しておくためにブログに掲載しました。演題は「初めてのアニメ観光」-アニメが地域観光にもたらした「おもてなし」-、講師は菱野温泉薬師館マネージャー 花岡 隆太 氏ですので、「薬師館専務のゆる日記:「あの夏で待ってる」小諸市2年目のあの夏、なつまちおもてなしプロジェクトを通して感じたこと」の思いが語られるのでしょうか。講演内容についてのブログ等に掲載されることを期待します。

なつまちおもてなしプロジェクト小諸市公式 ‏@komoro_NOP H251023のツイート
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/131001.html 「初めてのアニメ観光」-アニメが地域観光にもたらした「おもてなし」- と題しまして小諸市の「なつまち」の取り組みの事例発表をさせていただくことになりました!
#komoroNOP #natsumachi

以下 総務省 報道資料 平成25年10月1日信越総合通信局 より転載させていただきます。

地域情報化推進セミナーを開催-ソーシャルメディアの利活用による地域振興-

 信越総合通信局(局長 黒瀬泰平)(長野市)は、信越情報通信懇談会(会長 仙石正和 国立大学法人新潟大学 理事・副学長)(長野市)との共催で、長野市内において、「地域情報化推進セミナー - ソーシャルメディアの利活用による地域振興 -」を開催します。

 自治体におけるソーシャルメディア(SNS)の利活用が注目されておりますが、積極的にSNSによる情報発信を活用している自治体は全国的にもまだ少ない状況です。
 本セミナーでは、地域におけるSNSによる情報発信の現状や在り方、さらに運用上のガイドライン策定などについて、全国や長野県内での先進的な取り組みを交えながらSNSの利活用による地域振興を展望いたします。地域振興に携わる自治体、企業、NPO法人などの担当者の多数の参加を期待しています。
 なお、詳細は次のとおりです。

1 開催日時
平成25年11月1日(金) 13時30分~16時45分 (受付開始13時から)

2 開催場所
サンパルテ山王 千曲の間
(長野市岡田町30-20 TEL 026-228-3011)

3 演題及び講師
・講演1
 演題:「地域におけるソーシャルメディアの活用実態に関する調査結果から」(仮題)
 講師:青山学院大学 社会情報学部 教授 飯島 泰裕 氏

・講演2
 演題:「ソーシャルメディアで誰もが発信の中心に」
    -番組づくりは地域づくり。私たち生活者(人)がメディアになる。-
 講師:アクション・リサーチ 代表、一般社団法人八百万人 事務局長 高橋 明子 氏

・事例発表1
 演題:「地域情報を発信する松代テレビ局」
    -インターネットテレビで情報発信-
 講師:松代テレビ局 代表 宮坂 文雄 氏

・事例発表2
 演題:「初めてのアニメ観光」
    -アニメが地域観光にもたらした「おもてなし」-
 講師:菱野温泉薬師館マネージャー 花岡 隆太 氏


4 参加申込方法
 聴講希望の方は、別添参加申込書に必要事項をご記入のうえ、10月28日(月)までに信越総合通信局までお申し込み下さい。
 聴講は無料です。(定員100名)

参加申込書
e0304702_8201418.jpg

e0304702_8204988.jpg


以上 総務省 報道資料 平成25年10月1日信越総合通信局 より転載させていただきました。

履歴
2013年10月24日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-24 08:25 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

石川県のマスコットキャラクター「ひ ゃくまんさん」の着ぐるみお披露目です(北國新聞H251023から)

石川県のマスコットキャラクター(ゆるキャラ)「ひ ゃくまんさん」の着ぐるみお披露目です(北國新聞H251023から)

石川県のゆるキャラがいよいよお仕事を始めますが、どの程度認知されることになるのでしょうか。
石川県の戦略はいかに・・・。

以下 北國新聞HP 石川のニュース 【10月23日04時04分更新】 から転載させていただきます。

着ぐるみお披露目 ひゃくまんさん

 STEP21県民推進会議では、石川県のマスコットキャラクター(ゆるキャラ)「ひ ゃくまんさん」の着ぐるみがお披露目された。登場したひゃくまんさんは、手足を引っ込 め、左右に体を揺らす「得意技」の「七転び八起き」を披露した。

初披露された石川県のゆるキャラ「ひゃくまんさん」=金沢市内のホテル
e0304702_8232649.jpg


 着ぐるみの素材には、県が次世代産業として産地化を図る炭素繊維複合材料を使った。 身長175センチ、横幅130センチで、背中には「石川県」の文字が書かれている。フ リーアナウンサーの茂木久美子さんが、言葉を話さないひゃくまんさんの気持ちを代弁し ていく。

 ひゃくまんさんは、郷土玩具(がんぐ)の「加賀八幡(かがはちまん)起上(おきあが )り」をモデルにデザインされた。ひげには輪島塗、眉毛と全身の松や花の絵柄に金(き ん)箔(ぱく)を施し、加賀百万石の豪華絢爛(けんらん)さを強調している。

 27日に東京・日本橋中央通りで開かれる「日本橋・京橋まつり」を皮切りに、県の北 陸新幹線金沢開業イベントに出演する。

以上 北國新聞HP 石川のニュース 【10月23日04時04分更新】 から転載させていただきました。

履歴
2013年10月23日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-23 08:33 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

試験走行車両歓迎12月2日一番列車、黒部宇奈月温泉駅地元住民参加者募集(中日新聞H251022)

試験走行車両歓迎12月2日一番列車、黒部宇奈月温泉駅地元住民参加者募集(中日新聞H251022)

北陸新幹線の試験車両一番列車がいよいよ走るとのことです。黒部宇奈月温泉駅での歓迎式は近隣市町の方のみが応募できますが、黒部宇奈月温泉駅到着予定時刻を公表したということは、鉄道ファンは写真を撮りに行くのでしょうか。

以下 中日新聞CHUNICHI Web 【富山】H251022より転載させていただきます。

試験走行車両 みんなで歓迎 12月2日 一番列車 2013年10月22日

黒部宇奈月温泉駅 住民の参加者募集

 二〇一五年春に開業する北陸新幹線の試験走行に合わせ、黒部市と県などは十二月二日、開業機運を高めるため、試験車両の一番列車が到着する黒部市若栗の新駅「黒部宇奈月温泉」駅ホームで歓迎式を開く。市は駅勢圏の黒部、魚津、滑川市、入善、朝日町の住民を対象に歓迎式典の一般参加者約八十人を十一月から募集する。(高橋恒夫)

 試験走行車両は、JR東日本の新幹線電気・軌道総合試験車(検測車)「イーストアイ」。十二月一日に長野駅を出発し、二日午後三時ごろ黒部宇奈月温泉駅に到着予定。式では、五市町の自治体や経済界などの関係者らが駅ホームで出迎える。くす玉割りや地元の学校の吹奏楽部による演奏などのアトラクションを計画している。

 参加者募集は小学生以上で、申し込みは十一月一日~十五日。郵便はがきに住所、名前、年齢、電話番号を記入し、〒938 0031 黒部市三日市七二五、黒部市新幹線交通政策課に申し込む。小学生は保護者の名前を併記。問い合わせは同課=電0765(54)2111の内線512=へ。

以上 中日新聞CHUNICHI Web 【富山】H251022より転載させていただきました。

履歴
2013年10月22日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-22 19:09 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

『メガネブ!』が広報さばえ平成25年10月号の表紙となっていますが

『メガネブ!』が広報さばえ平成25年10月号の表紙となっていますが

福井新聞の報道を含めて少し気になるところです。全ては作品の内容にかかっています。
地元の期待はわかるのですが・・・・・。

以下 鯖江市HPより

広報さばえ平成25年10月号通常版

通常版10月号 平成25年9月25日(水)発行

●特集
・鯖江の街並みが登場するテレビアニメーション『メガネブ!』
・学生連携・協働事業を進めています

テレビアニメーション『メガネブ!』は表紙とP2-P3に載っています。

表紙(P1)
e0304702_14363889.jpg

鯖江の街並みが登場するテレビアニメーション『メガネブ!』(P2-3)
e0304702_14374136.jpg
e0304702_14374939.jpg


以上 鯖江市HPより


以下 鯖江市HPより

第393回鯖江市議会定例会での提案理由説明(平成25年8月28日表明)より関連部分抜粋

 次に、本市を舞台とするテレビアニメ「メガネブ!」が10月から放送開始されることを受け、本作品を活かした地域振興の取り組みを検討・実行するため、市若手職員で構成するプロジェクトチーム「鯖江市メガネ部」を近く立ち上げることになりました。本作品は、めがねに異常なまでの情熱を持つ男子高校生5人が本市を舞台に青春ストーリーを繰り広げるもので、放送開始を心待ちにしているアニメファンも多いと伺っております。「2K540」でもPRコーナーの設置や登場キャラクターの鯖江ブランド大使への任命式を行ったところ、非常に多くのファンが来場され、今後の展開に大きな可能性を感じたところであります。今後、プロジェクトチーム「鯖江市メガネ部」はアニメ制作会社と協力し、この作品をきっかけに本市を訪れた皆様に好印象でお帰りいただけるよう、各種イベントやおもてなし企画を実施してまいります。

以上 鯖江市HPより


福井新聞のH25.09.16の論説の内容も気になります。全てのアニメ作品が狙ってできることではなく、まずは、作品の内容にかかっているはずです。「らき☆すた」「花いろ」は稀有な成功例です。「メガネブ!」を見て、鯖江のなにに感じて訪問したのか、後日の報道を期待します。

以下 福井新聞 福井のニュース 論説(2013年9月16日午前11時13分)より転載させていただきます。

アニメ「メガネブ!」 眼鏡日本一 鯖江を聖地に

 日本一の眼鏡産地、鯖江市を舞台にしたテレビアニメ「メガネブ!」が制作されている。近年はアニメの舞台となった場所やゆかりの地をファンが訪れる「聖地巡礼」が、全国でブームになっている。「聖地」となった地元では地域おこしに取り組み、大きな経済効果が生まれたところもある。10月の放映開始を前に鯖江市でも「メガネブ!」への期待が高まっている。

 聖地巡礼で知られるのが埼玉県鷲宮町(現在の久喜市)にある鷲宮神社。人気テレビアニメ「らき☆すた」に取り上げられ、2007年ごろからファンが多数参拝するようになった。今年の初詣客は当時の1・5倍以上、47万人にもなった。

 08年に水害に襲われた金沢市の湯涌温泉も聖地の一つ。同温泉が舞台のテレビアニメが11年に放送されて以降、ファンの巡礼が始まった。11年10月には、復興3周年イベントとしてアニメに登場する架空の祭りを再現、ファンらで盛り上がった。

 聖地の情報はネット上ですぐに広まり全国からファンが殺到。宿泊や飲食、土産品購入など地元のメリットは大きい。

 鷲宮町では地元商工会がキャラクター商品を制作、販売するなど地域振興策に取り組み、経済効果は億単位ともいわれている。湯涌温泉の11年度の入り込み客数は震災があったにもかかわらず、前年度を上回った。聖地巡礼は一部の熱心なファンの行動ではなく社会現象となっている。

 鯖江市が観光、産業面などで他の聖地のような効果を「メガネブ!」に期待するのも当然だろう。市役所内にメガネ部設置を決め、近く若手職員に辞令を交付する。アニメに連動した市のPR活動やイベント企画など、ファンの受け入れ準備も進めている。

 10年の市の眼鏡製造品出荷額は526億円で、ピークの1992年から半減。その間に事業所は約4割も減少した。また市中心市街地の活性化も大きな課題。商店街は売上減、経営者の高齢化など厳しい状況にある。

 「メガネブ!」は眼鏡を愛するイケメン男子高校生5人が主人公。メガネ部というクラブをつくり、情熱をメガネに注ぐ青春を描くストーリーは、眼鏡産地・鯖江を強くアピール、イメージアップにもつながる。

 市中心部の商店街も舞台になることから、市は商店街関係者にキャラクター商品の提案やもてなし力の向上を要望。商店街側も他県の事例に関心を寄せていた。

 声優はいずれも人気があり、ネット上では放送開始を心待ちにする書き込みが多数見られ、前評判は上々。放映がきっかけで大勢のファンが「聖地鯖江」を訪れ、産業、観光、市街地活性化の起爆剤になる可能性は大いにある。

 「メガネブ!」は福井テレビでも放映される。受け入れる市民らもぜひ視聴し、ファンを温かく迎えたい。

以上 福井新聞 福井のニュース 論説(2013年9月16日午前11時13分)より転載させていただきました。


(H251028 追加)
中日新聞CHUNICHI Web H251028にリンク
アニメ「メガネブ!」放送中 鯖江が舞台
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20131028/CK2013102802000008.html


履歴
2013年10月21日 作成

by fureshima2223 | 2013-10-21 15:06 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー