<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


千葉県市原市五井駅周辺の下水道マンホール蓋などです(H260428、小湊鉄道とともに)

千葉県市原市五井駅周辺の下水道マンホール蓋などです(H260428、小湊鉄道とともに)

お仕事が終わって、まだ日没前でしたので、小湊鉄道の車両でも見ようか、古い貨車も置いてあるし。そう思って、五井駅(市原市)で途中下車してみました。五井駅の周辺で見かけた下水道はかのマンホール蓋をまとめてみます。

まずはこの1枚 下水道のカラーデザインマンホール蓋です。
市原市の木イチョウ、市の花コスモス、市の鳥ウグイスです。
e0304702_08054701.jpg
ちなみに市原市の市章は「和と団結を象徴し併せて産業と文化交通の飛躍発展を表した。」とのことです。
e0304702_08092698.jpg

それでは、五井駅で下車した要因の小湊鉄道の車両です。

五井駅ホームから小湊鉄道の車両
e0304702_08142874.jpg
五井駅に到着する列車(駅手前の踏切にて)
e0304702_08145319.jpg
留置きですが、このような無蓋車・有蓋車を見るのも久しぶりです。
もうあまり残っていないでしょうね。
e0304702_08155127.jpg
ここからが本題です。

まずは五井駅、これから載せるマンホール蓋とうはこの駅の周辺で見かけました。
e0304702_08212133.jpg
①下水道の蓋です

再度 下水道のカラーデザインマンホール蓋です。
市原市の木イチョウ、市の花コスモス、市の鳥ウグイスです。
e0304702_08054701.jpg
下水道のデザインマンホール蓋 カラー蓋と同じデザインです。
e0304702_08012329.jpg
下水道のデザインマンホール蓋 カラー蓋と違うデザインですが、
市原市の木イチョウ、市の花コスモス、市の鳥ウグイスです。
e0304702_08025752.jpg
上にMN 中央は市章 下に汚水
e0304702_08051315.jpg
上にHN 中央は市章 下に汚水
e0304702_08063265.jpg
上にHN 中央は市章 下に雨水
e0304702_08111171.jpg
上にMD 中央は市章 下に汚
e0304702_08070528.jpg
中央に市章 下に汚水 通常蓋のデザイン違い
e0304702_08123825.jpg
コンクリート蓋 中央に市章 下に汚
e0304702_21092249.jpg
コンクリート蓋 何の表示もないけど
e0304702_21110657.jpg
②消火栓蓋です。

カラー消火栓蓋 上のマークは何だろう(千葉県水道局章(旧)とのことです)
e0304702_21202187.jpg
黄色主体のカラー消火栓蓋 これも千葉県水道局章(旧)
e0304702_21213765.jpg
このような消火栓蓋も 千葉県水道局章(旧)
e0304702_21211618.jpg
角型消火栓蓋 千葉県水道局章(旧)
e0304702_21233988.jpg
③上水道の仕切弁蓋です。微妙な違いを見ていただけると。千葉県水道局章(旧)マークあり
e0304702_21393649.jpg
e0304702_21401030.jpg
e0304702_21403112.jpg
e0304702_21405765.jpg
e0304702_21412174.jpg
e0304702_21414713.jpg
各地を訪れたときに、それとなく撮った路上の蓋ですが、その時には気が付かなくても、ずいぶんとバリエーションがあるものと思いました。これからも蓋のウォッチは続けていきたいと思います。

履歴
2014年05月30日 作成(H26.04.28 千葉県市原市五井駅周辺で撮影)




by fureshima2223 | 2014-05-30 21:50 | マンホールの蓋など | Comments(0)

グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ(福井新聞H26.05.26)ほか記事1本

グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ(福井新聞H26.05.26)ほか記事1本

 福井新聞H26.05.26に「グラスリップ」の記事が載りました。H26.04.04の記事に続いて2本目となります。「メガネブ!」の時と比べて報道の回数も含めて記事にするのを抑えているような気もしますが、前回の報道の反省があるのでしょうか。まあ、北陸を舞台とするP.A.作品ですから、ようやく福井に来たとの思いもあって、期待しています。「グラスリップ」「花咲くいろは」「true tears」がうまく連携して北陸全体にいい影響が及べばと思います。えちぜん鉄道がどうかかわるのか、かかわらないのかも見ていきたいと思います。とはいっても、現地に行くことは難しいと思いますので、多くの方が作成されるであろうブログを楽しみにしています。

以下 福井新聞H26.05.26の記事から転載させていただきます。

グラスリップ声優陣らが制作発表 三国モデルの町が舞台アニメ

 福井県坂井市三国町などをモデルにした町を舞台に、高校生の青春を描くテレビアニメ「グラスリップ」の制作発表会が25日、同市のみくに文化未来館であった。監督や主要声優陣が登壇。同町内の名所やイベントをモデルにした経緯や登場するキャラクターを紹介し、「すてきなストーリーのきれいな作品。楽しんで見てほしい」と呼び掛けた。7月から県内外で放映される。

 アニメの製作委員会が開き、一般公募した約350人が観覧した。
e0304702_08091488.jpg
       深川芹亜さん(右)ら「グラスリップ」の女性声優陣=25日、福井県坂井市のみくに文化未来館

 アニメは富山県南砺(なんと)市の映像制作会社「ピーエーワークス」のオリジナル作品。坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした「日乃出浜」を舞台に、ガラス工房を営む家に育った主人公・深水透子や転校してきた沖倉駆ら高校生6人を中心とした青春ドラマを描く。作中、港町の風情ある町並みや壮大な水中花火、特徴のある洋風建物など町内の景観やイベントをほうふつとさせる場面が登場する。

 制作発表会では西村純二監督をはじめ、透子役の深川芹亜さん、駆役の逢坂良太さんら高校生を演じる声優6人、同社の堀川憲司社長が登壇した。声優らは演じるキャラクターの性格や特徴などの設定を紹介。西村監督は「現代の高校生の恋愛を描くラブコメディーにファンタジーの要素を加えた」と話した。また、昨夏見た三国花火大会の印象を生かしたシーンが第1話に登場することや、作品の核となるイメージ画像に同町内の白山神社の雰囲気を取り入れたことなどを明かした。

 堀川社長は同町内を舞台のモデルに選んだことについて「物語の設定に基づき海と山、祭りがあり、土地に文化が根付いているところを探した。大きな花火大会があり絵になる町。一発で決めた」と語った。作品には同町のほか、あわら、福井両市を舞台のモデルにしたシーンも登場する。

 同社は、高校生の青春を描いた南砺市城端(じょうはな)地区がモデルの「true tears」(2008年)、金沢市の湯涌(ゆわく)温泉がモデルの「花咲くいろは」(11年)を制作し人気を得ている。堀川社長は「北陸3部作と言われる作品になるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

 作品は30分。県内では今年7月から福井テレビなどで放映される。

 発表会では主題歌を歌うアーティストのライブもあった

以上 福井新聞H26.05.26の記事から転載させていただきました。


以下 福井新聞H26.04.04の記事から転載させていただきます。

アニメ「グラスリップ」青春を描く 三国がモデル、7月放映開始

福井県坂井市三国町などをモデルにした町を舞台に、高校生6人のみずみずしい青春を描くテレビアニメ「グラスリップ」を、富山県南砺市の映像制作会社「ピーエーワークス」が制作する。同社が手掛けた同市城端(じょうはな)地区や金沢市の湯涌(ゆわく)温泉をモデルにしたア ニメはいずれも高い人気を博し、大勢のファンが観光に訪れている。今年7月から放映予定で、5月25日に坂井市三国町で制作発表会を開く。

 同社のオリジナル作品。物語は坂井市三国町周辺のエリアをモデルにした「日乃出浜(ひのではま)」で展開する。ガラス工房の家庭に育った主人公・深水透子らが過ごす高校に、沖倉駆が転校して来たところから青春ドラマが始まる。

e0304702_08205394.jpg
         ピーエーワークスが制作する「グラスリップ」の一場面((c)glasslip project)

 同社が公開している映像には、海と山に囲まれたのどかな町並み、海面に映る壮大な花火、緑の丸い屋根が特徴的な洋風の建物など、三国の風景をほうふつとさせる場面が並ぶ。制作スタッフが北陸を中心にモデルとなる場所を探したところ、物語のイメージに近い三国に決まったという。

 放送局は未定。同社の堀川憲司社長は「制作スタッフが何度も福井県を訪れて感じた“穏やかな風情”が、作品全体に趣を添えてくれている」と語る。

 城端地区がモデルの「true tears」(2008年)、湯涌温泉がモデルの「花咲くいろは」(11年)は、どちらも高校生の青春を描いた。実在する町並みを取り入れており、今でも訪れたファンが登場人物と同じポーズで写真を撮ったり、登場する食べ物を味わうなどして楽しんでいる。「花咲く―」の作中で描かれた「ぼんぼり祭り」が実際に地元で開かれるなど幅広い年代から人気を集め、同作は昨年映画化された。

 制作発表会は5月25日午後3時から、坂井市のみくに文化未来館で開かれる。「true―」も手掛けた西村純二監督のほか、深川芹亜さん、逢坂良太さんら声優6人が出席予定。4月20日締め切りで、一般の観覧を募っている。定員は350人で、応募者多数の場合は抽選。申し込みはグラスリップのホームページから。

以上 福井新聞H26.04.04の記事から転載させていただきました。

履歴
2014年05月27日 作成





by fureshima2223 | 2014-05-27 08:24 | 徒然なるままに | Comments(0)

「犬神さんと猫山さん」舞台探訪001東小金井駅登場(第05話)

「犬神さんと猫山さん」舞台探訪001東小金井駅登場(第05話)

「犬神さんと猫山さん」に東小金井駅が登場したと聞き、生活圏が舞台として登場したことがわかり、遅ればせながら平成26年5月25日に探訪してきました。見ていない作品の探訪はあまりしないのですが、小金井市内が登場するならやはり押さえておきたいのです。「黒子のバスケ」「ゴールデンタイム」に続いて3作目の小金井市内探訪です。舞台探訪アーカイブに出ている作品も機会がありましたら探訪してみたいです。

①「犬神さんと猫山さん」第05話猫山さんとカラオケに登場した東小金井駅です。
 この2枚は東小金井駅南口ですが、かなり改変されているような、アングルも難しい。

e0304702_06400191.jpg
e0304702_06403037.jpg
この程度の撮り方で・・・合わせられない
e0304702_20285981.jpg
②東小金井駅南口 CoCoバスのバス停がキーです。
 案内表示の吊り支えも、南側は現地もキャプも3本でした。
e0304702_06410433.jpg
e0304702_20292631.jpg
③東小金井駅と小金井市のコミュニティーバスであるCoCoバスを撮ってみました。
e0304702_20300084.jpg
④東小金井駅南口の小金井市下水道デザインマンホール蓋です。
 これは「おすい」の表示があるので分流式の区域かな。
e0304702_20302181.jpg

小金井市が舞台として登場したので、確認に行ってみました。リマタイ@rimataiさんの情報ツイートありがとうございました。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©くずしろ/一迅社・葛城十二支学園生物部2014」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年05月26日  作成














by fureshima2223 | 2014-05-26 20:49 | 徒然なるままに | Comments(0)

舞台探訪地の蓋027「未確認で進行形」福島県会津若松駅付近にて

舞台探訪地の蓋027「未確認で進行形」福島県会津若松駅付近にて

平成26年5月1日に、アニメ「未確認で進行形」第12話の舞台探訪で、福島県会津若松市を訪れました。その時に、会津若松駅周辺で見かけた下水道と上水道の蓋です。次の機会には鶴ヶ城付近も歩いてみたいです。

まずは「未確認で進行形」12話のこのカットを撮るために会津若松駅に向かいます。

小紅、白夜を追って郡山から会津若松へ
e0304702_20494153.jpg
舞台探訪時に撮影した写真の例
e0304702_23112187.jpg
列車が会津若松に着き、乗換です
e0304702_20500840.jpg
只見線に乗換えて会津川口へ
e0304702_20504544.jpg
会津若松駅正面
e0304702_20514588.jpg
駅ではあかべぇがお出迎えです
e0304702_20511394.jpg

これが会津若松市の市章です
e0304702_20530741.jpg

 

 昭和2年4月26日制定

  明治戊辰の戦役でその名を馳せた会津藩の旗印や、
  白虎隊士など会津藩士の肩章として使われていた
  「會」の字をデザイン化したもので、会津若松市の
  歴史と伝統の重みを表すとともに、市民の調和を象
  徴しています。
 会津若松市の花は「あおい(タチアオイ)、
 市の木は「アカマツ」、市の鳥は「かっこう」です。









それでは、平成26年05月01日に会津若松駅周辺で出会った下水、上水ほかの蓋を紹介いたします。

下水道のデザインマンホール蓋 市の木「アカマツ」、山は磐梯山かな

e0304702_21022015.jpg
下水道のデザインマンホール蓋(小型) 市の木「アカマツ」、山は磐梯山かな
e0304702_21024040.jpg
下水道のデザインマンホール蓋 市の花「タチアオイ」
e0304702_21101698.jpg
下水道のデザインマンホール蓋(小型) 市の花「タチアオイ」
e0304702_21103851.jpg
下水道マンホール蓋 中央に市章
e0304702_21110455.jpg
会津若松駅前の歩道にて 私設蓋かな
e0304702_21112235.jpg
下水道の桝蓋かな
e0304702_21114059.jpg

上水道の仕切弁蓋 水協そのままかな
e0304702_21120243.jpg
上水道の仕切弁蓋 水協そのままかな
e0304702_21122173.jpg
上水道の仕切弁蓋 左書きのように見えますが
e0304702_21125760.jpg
上水道の仕切弁蓋
e0304702_21134230.jpg
上水道の制水弁蓋 左書きのように見えますが
e0304702_21140948.jpg
上水道の止水蓋 
e0304702_21144151.jpg
消火栓蓋 左側に市章
e0304702_21145986.jpg
共同溝の蓋かな
e0304702_21152391.jpg
これは何の蓋でしょうか 会津若松駅前の歩道で見ました
e0304702_21155338.jpg

只見線の探訪を終えて会津川口から会津若松に戻り、磐越西線・東北新幹線で帰宅です
e0304702_21161719.jpg
探訪ブログもよろしくお願いいたします。
「未確認で進行形」舞台探訪009 小紅、白夜を追って郡山から会津川口へ(第12話)

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© 荒井チェリー/一迅社・未確認で進行形製作委員会」)に帰属します。

履歴
2014年05月20日 作成















by fureshima2223 | 2014-05-20 08:09 | マンホールの蓋など | Comments(0)

舞台探訪地の蓋026「未確認で進行形」福島県金山町会津川口駅付近にて

舞台探訪地の蓋026「未確認で進行形」福島県金山町会津川口駅付近にて

平成26年5月1日に、アニメ「未確認で進行形」第12話の舞台探訪で、福島県金山町を訪れました。その時に、会津川口駅と金山町役場の間で見かけた下水道と上水道の蓋です。

会津川口駅着いて
e0304702_1428928.jpg
これが会津川口駅 駅と農協と郵便局の複合施設です。
e0304702_05145859.jpg
小紅がバスに乗った場所は金山町役場の駐車場から撮れます。
e0304702_1525381.jpg
歩いたのはこの範囲です。
e0304702_17085292.jpg
金山町の町章です。下水道蓋の中央などに見られます。
天は「カ」・地は「山」を図案化したもの
e0304702_21361644.jpg
下水道の蓋です。

径600の下水道マンホール蓋
e0304702_08231514.jpg
下水道の小型蓋2枚
e0304702_08233455.jpg
e0304702_08235142.jpg
これは桝蓋かな
e0304702_08241576.jpg

上水道の蓋です

仕切弁蓋
e0304702_08244816.jpg
仕切弁蓋 こちらのほうが時代を感じます
e0304702_08253407.jpg
排泥弁蓋
e0304702_08255723.jpg
水栓蓋 これも上水かな
e0304702_21183635.jpg

会津川口駅周辺で見かけた蓋は、デザイン蓋ではありませんでしたが、金山町の町章が見られ、精一杯アピールしているように感じられました。次は同じ日(H26.05.01)に撮った会津若松市の蓋をまとめられるかな。会津若松市の駅も「未確認で進行形」の舞台です。

探訪ブログもよろしくお願いいたします。
「未確認で進行形」舞台探訪009 小紅、白夜を追って郡山から会津川口へ(第12話)

履歴
2014年05月13日 作成


by fureshima2223 | 2014-05-13 21:20 | マンホールの蓋など | Comments(0)

「未確認で進行形」舞台探訪マップができました(H26.05.12以降4か所で順次配布)

「未確認で進行形」舞台探訪マップができました(H26.05.12以降4か所で順次配布)

(以下 H260815追加)
H260814時点での「未確認で進行形」舞台探訪マップ配布状況を、わかる範囲で載せます
福島県金山町、三峰の里入口の「玉梨とうふ茶屋」さん配布中です。
安積高校近くの「コーヒーハウス プティバリー」さんの配布状況を確認された方、情報をいただけると。
JR郡山駅西口1階郡山おみやげ館の「地酒の森」さん、H260814で配布終了しました。
郡山駅西口を出て南側「アニメイト郡山店」かなり早い時期に配布を終了したようです。

(以下 H26.05.18追加)
福島県金山町の玉梨とうふ茶屋で、「未確認で進行形」舞台探訪マップ配布が確認されました。以下のツイートです。

みずな@liiy_willy H26.05.18 14:24

巡礼マップ頂きました!店の方に聞くのかなーり恥ずかしかったです!!

e0304702_05172640.jpg
みずな@liiy_willy H26.05.18 15:34
店頭に置いてなかったのでダメ元で店の方に聞いてみたら手に入りました。
(以上 H26.05.18追加)

アニメイト郡山店から「未確認で進行形」舞台探訪マップ配布開始のツイートも配信されました。有志作成の探訪マップを早く見てみたいです。

アニメイト郡山 @animatekoriyama H26.05.11 22:47

【情報】郡山市が舞台になりました「未確認で進行形」の舞台探索マップが入荷しましたコォ。郡山市内他を周る際にご活用くださいませコォ。未確認で進行形コーナーに展開しておりますコォ。

山本八重さん@会津問屋 @aizu_sniper_yae H26.05.10 10:15 のツイート
地元みでしみん有志によるマップが刷り上がったようですョ……(ΦωΦ)

e0304702_05342628.jpg

『マップを置く予定の場所は、 ①アニメイト郡山店 ②プティバリー(5話のお店) ③玉梨とうふ茶屋(12話のバス停のお向かい) ④地酒の森(郡山駅構内) となります。』とのことです。5月12日から順次マップを置いていくのでしょうか。確認された方、教えていただけるとありがたいです。

これがマップです。実物はいつ入手できるかな。
e0304702_05185320.jpg
ちなみに、「未確認で進行形」舞台探訪マップを置く予定の場所の詳細は

①アニメイト郡山店
郡山駅西口を出て南側 アニメイト郡山店
参考として「未確認で進行形」第12話に登場した郡山駅前のカット
e0304702_12504645.jpg
②プティバリー(5話のお店)
「未確認で進行形」第5話に登場したコーヒーハウス プティバリーのカットです
e0304702_18493266.jpg

ふくラボ!より コーヒーハウス プティバリー
http://www.fukulabo.net/shop/shop.shtml?s=482

③玉梨とうふ茶屋(12話のバス停のお向かい)
「未確認で進行形」第12話山上バス停のモデル川上バス停の向かいです
e0304702_15332375.jpg
玉梨とうふ茶屋です
e0304702_16583588.jpg
④地酒の森(郡山駅構内)
JR郡山駅西口1階郡山おみやげ館の「自酒の森

再度、「未確認で進行形」舞台探訪マップを配布していることを確認された方、もしよろしければ、ツイッター「@fureshima」宛に情報をいただけませんか。よろしくお願いいたします。

履歴 
2014年05月12日 作成
2014年05月18日 玉梨とうふ茶屋での配布確認を追加
2014年08月15日 玉梨とうふ茶屋で配布中、郡山駅での配布終了を確認


by fureshima2223 | 2014-05-12 08:22 | 未確認で進行形 | Comments(1)

「未確認で進行形」舞台探訪009 小紅、白夜を追って郡山から会津川口へ(第12話)

「未確認で進行形」舞台探訪009 小紅、白夜を追って郡山から会津川口へ(第12話)

「未確認で進行形」第12話を見ました。すぐわかったのは郡山駅、そして電化区間から非電化区間の列車に乗り換えて、鉄道ファンなら見たことのある鉄橋が登場しました。以下のカットは只見線会津宮下‐早戸の只見川第三橋梁と思います。
e0304702_1232272.jpg

 とすると、下車した場所は只見線で会津バスが発着している駅、乗換駅は駅の構造と只見線・会津鉄道との乗換駅ということから会津若松駅ということはわかりました。

 平成26年3月27日の時点でもう三峰の里を探訪されている方がおられました。山本八重さん@会津問屋 ‏「@aizu_sniper_yae」さんです。27日と28日のツイートで会津若松・会津川口・三峰の里の探訪を終えたことがわかりました。最速の「未確認で進行形」第12話の舞台探訪と思います。ツイートされた山本八重さん@会津問屋 ‏「@aizu_sniper_yae」さんにお願いして添付写真のブログへの掲載について了解をいただきましたので、速報版としてアニメカットと舞台となった場所の写真との対比を行ないました。以下にリンク先を載せます。

「未確認で進行形」第12話の舞台は(速報版):小紅、白夜を追って郡山から会津川口へ

その後、平成26年4月14日に郡山駅や車内、平成26年5月1日に会津若松駅・只見線・会津川口駅と三峰の里(川上バス停と集落)の探訪を行いました。そして、自分が撮影した写真で舞台探訪ブログとして全面的に再構成しました。

それでは、「未確認で進行形」第12話「わかってる?…わかってる」の舞台探訪報告を行います。

12-003 白夜と真白が山に帰ってしまった。小紅は・・・
e0304702_04034561.jpg

12-004 郡山駅入口交差点 H260414撮影
e0304702_2072096.jpg
e0304702_21310675.jpg

12-005 郡山駅前横断歩道 H260414撮影
e0304702_124942.jpg
e0304702_21331481.jpg

12-006 郡山駅前 H260414撮影
e0304702_12504645.jpg
e0304702_22582547.jpg

12-008 郡山駅在来線券売機(1階) H260414撮影
e0304702_1255348.jpg
e0304702_22595860.jpg

12-009 郡山駅在来線券売機(1階) H260414撮影
e0304702_04055814.jpg
e0304702_23005122.jpg

12-10 郡山駅1番線磐越西線ホーム H260414撮影
e0304702_04144414.jpg
e0304702_23050139.jpg

12-11 郡山駅1番線磐越西線ホーム 写真は1224M到着を撮影 H260414撮影
e0304702_04152854.jpg
e0304702_23053132.jpg

12-013 郡山駅1番線磐越西線ホーム 写真は3231Mとして待機中 H260414撮影
e0304702_12573561.jpg
e0304702_23062235.jpg

12-14 郡山駅1番線磐越西線ホーム 写真は3231Mとして待機中のクハ718-15車内 H260414撮影
e0304702_04165532.jpg
e0304702_23080163.jpg

12-015 会津若松駅1番線磐越西線ホーム 写真は1226Mとして待機中のクハ718-17車内 H200501撮影
e0304702_12593321.jpg
e0304702_23085994.jpg

12-016 会津若松駅1番線磐越西線ホーム 写真は1226Mとして待機中のクハ718-17車内 H200501撮影
e0304702_04202216.jpg
e0304702_23100714.jpg

12-018 会津若松駅1番線磐越西線ホーム H200501撮影 
写真は1226M郡山行の発車を撮りました、アニメカットと同じ車両でなかったので再挑戦かな
e0304702_12585641.jpg
e0304702_23112187.jpg

12-019 会津若松駅1番線磐越西線ホーム 写真は1226M郡山行の待機中を撮りました H200501撮影
e0304702_23243708.jpg
e0304702_23253358.jpg

12-020 会津若松駅1番線磐越西線ホーム 写真は1221M到着、そのまま郡山行として折返します H200501撮影
e0304702_131494.jpg
e0304702_23263176.jpg

12-021 会津若松駅只見線ホームへの階段 H200501撮影
e0304702_1417461.jpg
e0304702_23272803.jpg

12-022 会津若松駅4番線の案内 H200501撮影
e0304702_14232323.jpg
e0304702_23284406.jpg

逆側も撮ってみました、会津若松駅は新津方面も郡山方面も同じ方向に出発します

e0304702_23303466.jpg

会津若松駅発7時37発425D 会津若松駅にて H200501撮影
キハ40 548+キハ40 514+キハ40 579 の3両編成でした。
e0304702_05184981.jpg

12-024 只見線会津宮下‐早戸の只見川第三橋梁 H200501撮影
只見線(会津坂下-会津川口)撮影ガイドが参考になります。
e0304702_14251575.jpg
只見線只見川第三橋梁 列車を入れて撮りたいけど・・・
e0304702_23380688.jpg
yahooの地図より 撮影箇所は覆道の歩道から、駐車スペースが覆道内に2か所あります
e0304702_23371099.jpg

12-025 只見線列車内 写真は会津若松駅発7時37発425Dキハ40 514車内 会津若松駅にて H200501撮影
e0304702_06445326.jpg
e0304702_06451948.jpg

上井草橋より会津川口駅の遠望 H26.05.01撮影
e0304702_17045506.jpg

12-026 只見線会津川口駅到着 H200501撮影
写真は会津川口駅着425Dの折返し、会津川口駅12:33発428Dとして待機中 H200501撮影
キハ40 579+キハ40 514+キハ40 548 の3両編成でした。
e0304702_1428928.jpg
e0304702_06352658.jpg

会津川口駅12:33発428Dが発車した後の会津川口駅ホーム

e0304702_06360434.jpg

会津川口駅 郵便局、農協との複合施設となっています H26.05.01撮影
e0304702_05145859.jpg

12-028 小紅 バスに乗り換えて三峰の里へ H200501撮影
小紅が乗ったバス、会津バスのデザインですが、色合いは変えています。
川口車庫-大芦線(昭和村方面)の バス停とダイヤ、川上という名前のバス停があります。
e0304702_1525381.jpg
金山町役場の駐車場より撮影
e0304702_06305728.jpg
会津バス川口車庫にて、三峰の里に向かうバス、1日3往復です
e0304702_06332123.jpg
会津バス これが「未確認で進行形」に登場したバスのモデルかな 会津若松のバスターミナルにて
e0304702_06335426.jpg

会津川口駅停付近の地図 googleマップより
e0304702_17085292.jpg

12-032 山上バス停(会津バス川上バス停) H200501撮影
e0304702_15332375.jpg
e0304702_06462687.jpg

国道400号から三峰の里へ H26.05.01撮影
e0304702_16554171.jpg

12-034 三峰の里 H200501撮影
e0304702_15425073.jpg
e0304702_1543449.jpg
e0304702_06482129.jpg
e0304702_06492034.jpg
e0304702_06533542.jpg

玉梨とうふ茶屋 居場所になるかな H26.05.01撮影
e0304702_16583588.jpg

会津バス川上バス停付近の地図 googleマップより
e0304702_17074374.jpg

12-083 只見線 ここはどのあたりでしょうか。会津川口駅の北側にあるのかな。
e0304702_15454337.jpg
12-084 只見線列車内 写真は会津若松駅発7時37発425Dキハ40 514車内 会津若松駅にて H200501撮影
e0304702_04242148.jpg
e0304702_06561367.jpg

12-085 只見線列車内 写真は会津若松駅発7時37発425Dキハ40 514車内 会津若松駅にて H200501撮影
e0304702_15462392.jpg
e0304702_06573468.jpg

12-087 只見線会津水沼-会津中川の只見川第四橋梁 H200501撮影
只見線(会津坂下-会津川口)撮影ガイドが参考になります。
e0304702_1642527.jpg
427D会津川口駅行 小紅が乗ったのはこの列車かな、15:33会津川口駅前発のバスで三峰の里に行けるので 
e0304702_21394843.jpg
水沼橋から撮ると、国道と鉄道との位置関係がわかります
e0304702_21401210.jpg
yahooの地図より、180度回転してみました。
e0304702_21403961.jpg

12-089 酒蓋公園の近くですが、ここでいいのかな H260414撮影
e0304702_04270816.jpg
e0304702_21411347.jpg

12-090 酒蓋緑道にあるかな 未確認です
e0304702_04272737.jpg

12-091 酒蓋公園 日常の生活が戻ってきたということかな。 H260414撮影

e0304702_16121177.jpg

e0304702_21420128.jpg


12-101 みんなそろって・・・第2期を期待したいけど
e0304702_04274211.jpg

ようやく「未確認で進行形」12話まで探訪ブログをまとめました。とはいっても、まだ未確認のカットもありますし、鉄道カット、車内カットはとりあえず撮ってみましたという程度なので、舞台探訪としても郡山市と只見線はもう1回は、そして鶴ヶ城も行きたいです。行けるとすれば7月になってからかな。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を行なうことを目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© 荒井チェリー/一迅社・未確認で進行形製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年03月28日 作成
2014年04月30日 探訪ブログ作成用に「速報版」をコピー
2014年05月11日 「舞台探訪」版作成しました


by fureshima2223 | 2014-05-11 06:37 | 未確認で進行形 | Comments(0)

進撃のツエーゲン金沢(J2)×緒花 ×民子 ×奈子 ×結名 (花咲くいろは)のユ二コラです

進撃のツエーゲン金沢(J2)×緒花 ×民子 ×奈子 ×結名 (花咲くいろは)のユ二コラです

(以下 H27.05.05追加)
H27にJ2に昇格したツエーゲン金沢は、なんと、なんとH27.05.03現在トップです。J3から昇格してすぐのトップです。これならと期待してしまいますが、先はまだまだ長いです。でも今のこの成績なら「J1目指して頑張れ!!!」と書いてもいいのではと・・・

「ジーセ@GWは地元で @jise724 H270504」さんに了解をいただきましたので、ツイートとユ二コラを掲載させていただきます。
ジーセ@GWは地元で @jise724 H270504 16:07
ツエーゲン金沢J2、1位記念  ツエーゲン金沢×和倉結名(花咲くいろは)
ツエーゲンが1位になることなんてもう無いんじゃないかと思いましたので、サポとしてユニコラを作製しました  #ユニコラ #zweigen #hanairo pic.twitter.com/qyHqrFxHCq
e0304702_06352321.png
H27.05.03 第11節終了時点のJ2の順位(一部分)です
e0304702_06383325.jpg
(以上 H27.05.05追加)

(以下 H26.11.04追加)
ツエーゲン金沢はH26.11.2現在J3でトップです。このままの調子でJ2昇格を目指して頑張れ!

ジーセ@11/9いびがわマラソン(ハーフ@jise724」さんに了解をいただきましたので、ツイートとユ二コラを掲載させていただきます。
ジーゼ@11/9いびがわマラソン(ハーフ@jise724 H26.10.08 22:56

一昨日アップしたユニコラが雑だったので少し修正。押水菜子(花咲くいろは)× ツエーゲン金沢ぼんぼり祭りまであと3日!
#ユニコラ #zweigen #hanairo

e0304702_06501020.jpg
ぼんぼり祭りに向けて、「花咲くいろは」3枚目のユ二コラを作成されていたのですね。全くの見落としていて、気が付いたので了解を得て掲載させていただきました。再度、ツエーゲン金沢はH26.11.2現在J3でトップです。このままの調子でJ2昇格を目指して頑張れ!!!!!
(以上 H26.11.04追加)

(以下 H26.05.13追加)
「ジーセ@5/18紗季誕in下田 ‏@jise724 」さんに了解をいただきましたので、ツイートとユ二コラを掲載させていただきます。
ジーセ@5/18紗季誕in下田 @jse724 H26.05.12 20:21
花咲くいろはのユニコラ、2作目完成。 鶴来民子(花咲くいろは)×ツエーゲン金沢
今シーズンのツエーゲン金沢のユニフォーム、ボーダーが難しい~

#ユニコラ #zweigen #hanairo

e0304702_07534720.jpg
「花咲くいろは」関連は、何を見ても懐かしいです。このようなことが、地域への関心を持つきっかけになってもらえたらいいかなとも思い、掲載させていただきました。
(以上 H26.05.13追加)

 サッカーとその地域のキャラとのユニコラを作られている方が作成したツエーゲン金沢(J3)×松前緒花(花咲くいろは)ユニコラをツイッターで見ました。「あの夏で待ってる」×「アルティスタ東御」のユニコラを見かけて以来の舞台探訪作品のユニコラでした。「花咲くいろは」は初めて作品放送の始めから舞台探訪を行った作品であり、とても懐かしいです。ツエーゲン金沢は現在J3に所属し、J1を目指しているとのことです。興味を持ってJ3の試合の状況を見ることとしようかなと。

今回はこのユニコラを個人的な使用の範囲でブログに掲載することについて「ジーセ@緒花見会2014お疲れ様 ‏@jise724」さんに了解をいただきましたのでブログに掲載させていただきます。


ユニコラに使用されたカットのイメージは「花咲くいろは」第04話に登場する、湯涌温泉の入口にある案内板でしょうか。

e0304702_16461145.jpg
H230424撮影の写真です
e0304702_16480838.jpg

ALL ALONE WITH YOU

に「ユニコラ」とは「2次元美少女にユニフォームをコラージュする紳士の遊び。」と記載されていました。ブログ等の検索をしてみましたが、多くの方がいろいろなチームのユニコラを作製しているのがわかりました。舞台探訪や鉄道・バスなどとのコラ以外でもアニメキャラの活躍の場が広がっているのもわかりました(私が知らないだけですが・・・)。

ツエーゲン金沢(J3)

チーム名: ツエーゲン金沢 (ZWEIGEN KANAZAWA

チーム名の由来: ドイツ語で「2」を意味する“Zwei(ツヴァイ)”と「進む」を意味する“Gehen(ゲーン)”から、『チームとサポーターが共に進んで  いく』の意味。金沢弁で「強いんだっ!(つぇーげん!)」の意味も持つ。

チーム略歴: 1956 年に誕生した「金沢サッカークラブ」を礎に、2006 年、Jリーグ入りを目指すべく「ツエーゲン金沢」として生まれ変わった。「石川からJリーグへ、石川から世界へ。」をキャッチフレーズとして掲げ、石川県初のJリーグクラブ誕生を目指し活動している。2009年度全国地域リーグ決勝大会で3位となって、入れ替え戦に臨み、11 分でJ F L に昇格した。2008 年にはホームタウンの一つである津幡町にサッカースクールを設立、翌年ジュニアユースチームが発足した。ホームゲームでの「ふれあいサッカー」をはじめとしたイベントの企画・開催も積極的に行い、地域に支えられ、地域に貢献し、地域に愛されて発展できるよう、一丸となって進んでいく。

e0304702_16572541.jpg 
モチーフは石川県の花「クロユリ」
 石川県を代表するクラブチーム、
 石川県民に愛されるチームを目指し、
 県花をモチーフにしました。。 


e0304702_16583860.jpg2014 CLUB SLOGAN
J3元年。J2昇格に向けた舞台が整いました。J2昇格、さらにその先へ、みんなで挑みたい夢があります。大きな大きな夢だからこそ、この街のみんなで挑みたい、叶えたい、喜びたい。そんな思いを込めて、ツエーゲン金沢は今年のクラブスローガンを、この街の言葉を使った「やっぞ!!」に決めました。

2014年1st ユニフォーム

e0304702_17030142.jpg
以下に「ジーゼ@緒花会2014お疲れ様 @jise724」さんのツイートと「ツエーゲン金沢×松前緒花」のユニコラを掲載させていただきます。

ジーセ@緒花見会2014お疲れ様 ‏@jise724  平成26427 2122
緒花見会で名札に使ったユニコラをとりあえず完成させました。 松前緒花(花咲くいろはツエーゲン金沢 ツエーゲン金沢にしたのは、花咲くいろはの聖地が石川県なので。
#hanairo #ユニコラ #zweigen pic.twitter.com/D2iMjfGnIq

e0304702_06553064.jpg
次はどのような舞台探訪作品のユニコラに出会えるでしょうか。「未確認で進行形」のユニコラも見てみたいです。


履歴
2014年05月05日 作成

2014年05月13日 民子ユ二コラ追加
2014年11月04日 菜子ユ二コラ追加
2015年05月05日 結名ユ二コラ追加


















by fureshima2223 | 2014-05-05 19:36 | 花咲くいろは | Comments(0)

ヤマノススメフルラッピングバスの出発式について(飯能市HP:H260429告知、H260429のイベント)

ヤマノススメフルラッピングバスの出発式について(飯能市HP:H260429告知、H260429のイベント)

ツイッターでは情報は出ていましたが、飯能市のホームページへの掲載は平成26年4月29日でした。国際興業バス及び飯能銀座商店街のホームページには未掲載のようです。せっかく「ヤマノススメ」と飯能市をアピールする機会なのに、勿体ないような気がします。イベントがあることの告知をすることで、飯能市そのもののPRの機会となったはずと思うので。

「ヤマノススメ」フルラッピングバスが2台投入されることについては、飯能市HPから転載させていただいた次のブログを参照していただけると。
飯能市で「ヤマノススメ」フルラッピングバス2台新規運行予定(H2604末~05上旬完成を目指して)


以下 飯能市HPから転載させていただきます。

ヤマノススメフルラッピングバスの出発式について [2014年4月29日]

市内において、国際興業株式会社が運行している路線バスに、アニメ「ヤマノススメ」のキャラクターたちを描いた「フルラッピングバス」が登場します。

車体全面に「ヤマノススメ」のキャラクターや、飯能市の風景をイメージしたデザインをあしらったバスで、完成を記念する発車式を開催します。

期日…4月29日火曜日

時間…午前10時30分~

会場…飯能銀座商店街

※駐車場がないため、公共交通機関のご利用をお願いします。

お問い合わせ

飯能市役所産業環境部観光・エコツーリズム推進課観光担当

電話: 042-973-2123 ファクス: 042-974-6737
お問い合わせフォーム


以上 飯能市HPから転載させていただきました。

履歴
2014年05月04日 作成



by fureshima2223 | 2014-05-04 11:51 | ヤマノススメ | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31