<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪006 入間市桜山展望台、西武線橋(新7&8合目)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪006 入間市桜山展望台、西武線橋(新7&8合目)

 新07合目の3回目の吾妻峡の後に入間市の桜山展望台からの飯能市、新08合目の飯能駅から池袋駅に向かうルートとして入間市の元加治駅と仏子駅の間の西武鉄道入間川の橋が登場しました。飯能市の隣の入間市も舞台として登場したということで、平成26年9月13日に入間市と飯能市の探訪を行い、わずか2カットですが入間市舞台としてまとめてみました。

07-108 これは入間市の桜山展望台からの飯能市です。地図で見ると飯能市のあけぼの子どもの森公園のすぐ南側です。
    (新07合目に登場、新01合目の冒頭にも登場していました。)
e0304702_07222688.jpg
e0304702_17350492.jpg
入間市農村環境改善センター(埼玉県入間市大字下谷ケ貫915-3)、
駐車場がありここに車を置いて桜山展望台に登りました。
農村環境改善センターの案内です⇒http://www.city.iruma.saitama.jp/shisetsu_others/shisetsu_info02.html
e0304702_17341676.jpg
桜山展望台への遊歩道です。
e0304702_17343337.jpg
桜山展望台 登ると360°の展望、ここからも富士山が見えるはずです。
e0304702_17351882.jpg
展望台の利用時間は 4月~9月 9:00~17:30、10月~3月 9:00~16:30 です。
e0304702_17344879.jpg
YAHOO地図より 桜山展望台
e0304702_08242093.jpg

08-059 飯能駅に集合して(新08合目)
e0304702_17215492.jpg
08-060 西武電車で池袋に向かいます。ここは元加治駅と仏子駅の間の入間川の橋です。(新08合目)
e0304702_17225641.jpg
e0304702_17231392.jpg
今回撮れたのはこの3種の車両、逆光でしたが場所の特定ができたからいいとするか。
e0304702_13035913.jpg
e0304702_13040937.jpg
黄色はいつまで走るのかな。日常の風景もいずれ見れなくなるのでしょうね。
e0304702_13052142.jpg
e0304702_13050704.jpg
特急 これは秩父行き
e0304702_13074809.jpg
e0304702_13072984.jpg
撮影場所 上橋です。歩道が広いので安心して撮れます。
e0304702_13095569.jpg
桜山展望台と角度が90°違うかな、同じ大学の建物が見えています。
e0304702_13104148.jpg
YAHOO地図より 元加治駅~仏子駅
e0304702_08243463.jpg
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スターエンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2014年09月28日 作成



by fureshima2223 | 2014-09-28 20:51 | ヤマノススメ | Comments(0)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪005 飯能市 2回目3回目の吾妻峡(新07合目その3)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪005 飯能市 2回目3回目の吾妻峡(新07合目その3)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」第05話、第06話、第07話は、三つ峠から戻ってきて飯能市内での出来事を綴るアニメ独自の内容だったと思います。いろいろな山に挑戦し、山登りのガイドをしてくれるのも楽しみですが、探訪者的には生活の場がどう描かれるのかがやはり重要です。富士山に登る前に、そしてスタンプラリーの期間に飯能市内の風景が数多く登場したのはとても良かったと思います。なかなか探訪に出かけられませんが、第07話まで見て、平成26年9月13日に飯能市の探訪を行いましたのでブログにまとめてみました。富士山から戻って、また飯能市が舞台として登場することを期待します。

第07話に登場した舞台の数が多いので、舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)舞台探訪004飯能市 1回の吾妻峡・ドレミファ橋(新07合目その2)、舞台探訪005 飯能市 2回目3回目の吾妻峡(新07合目その3)に分けてブログにまとめます。本ブログは「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪005 飯能市 2回目3回目の吾妻峡(新07合目その3)です。(付記の数値は新7合目のキャプの覚え)


まずはこの1枚 吾妻峡に来て、これから水遊び!!!ですが・・・
e0304702_07171509.jpg

2回目の吾妻峡・ドレミファ橋

07-078 台風一過で晴れて
e0304702_21022304.jpg
e0304702_16210138.jpg
07-079 みんなで吾妻峡に来たのですが
e0304702_21034420.jpg
e0304702_16124624.jpg
07-080 濁流のドレミファ橋・・・
e0304702_21042025.jpg
07-082 「これじゃは泳げませんね。」左岸側の遊歩道から吾妻峡の標示とドレミファ橋です。
e0304702_21044989.jpg
e0304702_16221489.jpg
  
2回目の吾妻峡・ドレミファ橋 雨の後で何もできなくて、再チャレンジかと!!!
  
それから数日後、ひなたのかぜも治って、3回目の吾妻峡・ドレミファ橋 晴れたのですが・・・

07-085 ようやく3回目の吾妻峡です。
e0304702_07105832.jpg
e0304702_16224964.jpg
07-086 ドレミファ橋、水がとても透き通っています。
e0304702_07115882.jpg
e0304702_16232272.jpg
07-087 吾妻峡の河原で、「曇ってるけど気温は高いし、これなら水遊びできるね。」
e0304702_07123111.jpg
e0304702_16234536.jpg
07-088 「セクシーな水着か。服の下には着てきたけど・・・」
e0304702_07125485.jpg
07-089 「さあみんな泳ごう!!!」
e0304702_07134130.jpg
e0304702_16242633.jpg
07-090「楓さん脱がないんですか。」「あおいちゃんは。」譲り合いですかw。
e0304702_07141545.jpg
07-091 「あー、さては二人ともセクシーな水着見せるの恥ずかしいんでしょ。」
e0304702_07145203.jpg
07-092「実はわたし泳げないんだ。」 楓さん衝撃の告白w
e0304702_07153258.jpg
07-093 「えー」「楓さんスポーツ万能なのかと思っていました。」
e0304702_07161015.jpg
e0304702_16245164.jpg
07-095 ひなた 川に入るけど・・・
e0304702_07171509.jpg
e0304702_16252524.jpg
07-096 とても冷たかったね。でもこの清流はいいですね。
e0304702_07175275.jpg
e0304702_16255545.jpg
07-100 ここなちゃん、着替えようとしたときひなたの悲鳴を聞いて。
e0304702_07185986.jpg
07-098 ここなちゃんのおへそは初めてかな・・・
e0304702_07181552.jpg
e0304702_16271149.jpg
07-101 「超冷たい。」
e0304702_07192306.jpg
07-102「こんなんじゃ泳げないよ!!!」
e0304702_07195452.jpg
07-103 吾妻峡の河原の全景です。
e0304702_07203480.jpg
e0304702_16275605.jpg
07-105 ここなちゃんの水が冷たいことの解説、4人での立ち位置が面白いような・・・
e0304702_07205234.jpg
e0304702_16282585.jpg
07-106「こんな日に川で泳いだらまたかぜひいちゃうよ。」
e0304702_07211931.jpg
07-107 「撤収!!!」 吾妻峡上流側
e0304702_07220579.jpg
e0304702_16285334.jpg
3回目の吾妻峡 水が冷たくて水着になれなかったので・・・

吾妻峡から永田大杉バス停までの登り道
e0304702_16294851.jpg
登り切って、神社と道標
e0304702_16300814.jpg
道標は吾妻峡と多峯主山
e0304702_16303231.jpg
吾妻峡の最寄りバス停 永田大杉バス停です。
e0304702_16305177.jpg
 
割岩橋~吾妻峡~永田大杉バス停の地図を載せます。
①~⑳は舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)の舞台です。
e0304702_07574345.jpg
永田大杉バス停からバスで飯能駅に戻ります。飯能行のバスの運賃箱には4人が・・・
e0304702_16311156.jpg

ひなたの家のプールで水着回です。
e0304702_16491138.jpg
セクシーな水着 人それぞれですw。
e0304702_16484024.jpg
e0304702_16485005.jpg
e0304702_16490022.jpg
e0304702_16491998.jpg
 
新07合目 飯能市の割岩橋から吾妻峡までが登場したアニメ独自のエピソードでした。やはり生活の場が多く登場するのはわたし的には楽しいです。なかなか他の地域には遠征できませんが、まずは生活の場である飯能市とその周辺を重点的に探訪し、機会があれば登山をした地域まで足を延ばせたらと思っています。富士山から戻ってきたらまた飯能市内が登場すると思いますので、また探訪に出かけてみたいです。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スターエンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2014年09月24日 作成



by fureshima2223 | 2014-09-24 08:15 | ヤマノススメ | Comments(0)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪004 飯能市 1回目の吾妻峡・ドレミファ橋(新07合目その2)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪004 飯能市 1回目の吾妻峡・ドレミファ橋(新07合目その2)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」第05話、第06話、第07話は、三つ峠から戻ってきて飯能市内での出来事を綴るアニメ独自の内容だったと思います。いろいろな山に挑戦し、山登りのガイドをしてくれるのも楽しみですが、探訪者的には生活の場がどう描かれるのかがやはり重要です。富士山に登る前に、そしてスタンプラリーの期間に飯能市内の風景が数多く登場したのはとても良かったと思います。なかなか探訪に出かけられませんが、第07話まで見て、平成26年9月13日に飯能市の探訪を行いましたのでブログにまとめてみました。富士山から戻って、また飯能市が舞台として登場することを期待します。

第07話に登場した舞台の数が多いので、舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)と舞台探訪004飯能市 1回の吾妻峡・ドレミファ橋(新07合目その2)、舞台探訪005 飯能市 2回目3回目の吾妻峡(新07合目その3)に分けてブログにまとめます。本ブログは舞台探訪004飯能市 1回の吾妻峡・ドレミファ橋(新07合目その2)です。(付記の数値は新7合目のキャプの覚え)

まずはこの1枚 「みんな、セクシーな水着で集合ってことで!!!」
e0304702_07283946.jpg

1回目の吾妻峡・ドレミファ橋

07-028 吾妻峡の入口、ここからドレミファ橋に降りていきます。
e0304702_07182604.jpg
e0304702_20011307.jpg
07-029 吾妻峡に降りていく遊歩道
e0304702_07185211.jpg
e0304702_20014814.jpg
途中に神社もありました。
e0304702_20022025.jpg
07-030 遊歩道を降りてきて、木間越しに川が見えてきます。
e0304702_07191232.jpg
e0304702_20151417.jpg
07-032 ひなたがあおいを連れて、吾妻峡に着きました。
e0304702_07195063.jpg
07-033 吾妻峡左岸側 対岸です。水の色が何ともいえませんでした。
e0304702_07201593.jpg
e0304702_20161077.jpg
07-034 吾妻峡 上流側を見ています。
e0304702_07204363.jpg
e0304702_20164358.jpg
07-035 ドレミファ橋が見えました。
e0304702_07211460.jpg
e0304702_20174444.jpg
下流右岸側から ドレミファ橋の全景です。
e0304702_20182054.jpg
07-036 対岸に吾妻峡の標示があります。
e0304702_07213234.jpg
e0304702_20195213.jpg
07-037 遊歩道を降り切って
e0304702_07215354.jpg
e0304702_20204201.jpg
07-038 吾妻峡の岩、キャプと同じ岩を見つけられなくて・・・。
e0304702_07222417.jpg
e0304702_20211767.jpg
07-039 右岸側の河原から下流側
e0304702_07224525.jpg
e0304702_20215005.jpg
07-041 下りてすぐの場所かな、再度確認してみます。
e0304702_07240179.jpg
右岸側から対岸を撮ったけど、撮り直しですね。
e0304702_20222747.jpg
07-042 この埼玉県の境界標は見つけられませんでした。
e0304702_07242902.jpg
07-043 ひなた吾妻峡を案内して、いい笑顔です。このアングルは撮れるかな。
e0304702_07245382.jpg
07-044 ドレミファ橋です。
e0304702_07251934.jpg
e0304702_20242275.jpg
07-045 ひなたがドレミファ橋を渡って。
e0304702_07255269.jpg
e0304702_20251733.jpg
07-046 ひなた 川の中のコンクリート版に着いて
e0304702_07261785.jpg
e0304702_20254626.jpg
右岸側にある吾妻峡の案内板です。
e0304702_20262284.jpg
07-048 「ちょっと待ってよ、ひなた!!!」
e0304702_07264861.jpg
e0304702_20265211.jpg
07-049 「こんどここなちゃんと楓さんさそってみんなで泳ぎに来ようよ!!!」
e0304702_07272746.jpg
俯瞰では撮れないので・・・
e0304702_20272565.jpg

07-051 「ひなたがただ泳ぎたいだけでしょう。」
e0304702_07281628.jpg
e0304702_20471405.jpg
07-052 「みんな、セクシーな水着で集合ってことで!!!」
e0304702_07283946.jpg
e0304702_20475066.jpg
07-053 ドレミファ橋から 吾妻峡上流側
e0304702_07302907.jpg
e0304702_20482963.jpg
1回目の吾妻峡・ドレミファ橋ここまで

割岩橋から吾妻峡までの地図、探訪ブログもリンクしておきます。
「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)
e0304702_19004428.jpg

あおい セクシーな水着を買いに東飯能へ

07-058 東飯能駅西口
e0304702_07312770.jpg
e0304702_21174558.jpg
07-059 ここに水着を買いに来ました。
e0304702_20554003.jpg
e0304702_21182138.jpg
07-060 東飯能駅西口 ファミリーマート前
e0304702_20563582.jpg
e0304702_21184904.jpg
07-061 東飯能駅西口 ファミリーマート前
e0304702_20571509.jpg
e0304702_21192948.jpg
セクシーな水着・・・いろいろ探して、エアー水着はないでしょうがw。
e0304702_16013153.jpg
e0304702_16022069.jpg
店員さんに相談して、結局買ったのは・・・
e0304702_16043661.jpg
07-072 これは屋上からとのこと、今は入れません。
e0304702_20580117.jpg
07-074 東飯能駅コンコース 丸広入口を撮ってみました。
e0304702_20584378.jpg
e0304702_21200105.jpg
07-076 東飯能駅東口 丸広
e0304702_20592429.jpg
e0304702_21203476.jpg
2回目、3回目の吾妻峡・ドレミファ橋に続きます。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スターエンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2014年09月22日 作成





by fureshima2223 | 2014-09-22 07:56 | ヤマノススメ | Comments(0)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」第05話、第06話、第07話は、三つ峠から戻ってきて飯能市内での出来事を綴るアニメ独自の内容だったと思います。いろいろな山に挑戦し、山登りのガイドをしてくれるのも楽しみですが、探訪者的には生活の場がどう描かれるのかがやはり重要です。富士山に登る前に、そしてスタンプラリーの期間に飯能市内の風景が数多く登場したのはとても良かったと思います。なかなか探訪に出かけられませんが、第07話まで見て、平成26年9月13日に飯能市の探訪を行いましたのでブログにまとめてみました。

第07話に登場した舞台の数が多いので、舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)と舞台探訪004飯能市 3回吾妻峡訪問(新07合目その2)に分けてブログにまとめます。本ブログは舞台探訪003飯能市割岩橋から吾妻峡入口まで(新07合目その1)です。


まずはこの1枚 割岩橋から吾妻峡に向かう途中の大沢川大沢橋です。水管橋が特徴的でした。
e0304702_07592432.jpg

それでは「ヤマノススメ セカンドシーズン」新07合目から 割岩橋から吾妻峡入口までです。
入間川の南側の道を歩いているのですが、なぜ岩根橋からの入間川が登場するのかな・・・w。

①飯能河原に降りる歩道から割岩橋(07-010)
e0304702_07535691.jpg
e0304702_05543205.jpg
②-1飯能河原のカットと思います。割岩橋からの飯能河原を載せてみました。(07-011)
e0304702_07560315.jpg
e0304702_05550586.jpg
②-2割岩橋にて、こども図書館方向・左岸側を見ています。橋のアーチでなにか足りないですw。(07-012)
e0304702_07564811.jpg
e0304702_05440005.jpg
②-3割岩橋にて、右岸側を見ています。中央の木がポイントかな。(07-013)
e0304702_07570915.jpg
e0304702_05560376.jpg
③飯能市大字大河原、この道路は私道なのかな、YAHOOマップには載っていません。(07-014) 
  道の左側はかつては茶畑だったのかな、本道側に1列だけあるのは名残かな。
e0304702_07574050.jpg
e0304702_05564271.jpg
④大河原木材株式会社 さんずいがないのは現地のとおりですw。(7-015)
e0304702_07575936.jpg
e0304702_05573141.jpg
⑤道路を挟んであったので、撮ってみました。
e0304702_05575671.jpg
⑥久下木材産業(7-016)
e0304702_07582637.jpg
e0304702_05583350.jpg
⑦-1大河原BS付近で 蔵(7-017)
e0304702_07584541.jpg
e0304702_05591461.jpg
⑦-2大河原BS付近で 蔵(上と同じ蔵です)(7-018)
e0304702_07590443.jpg
e0304702_05594636.jpg
⑧大河原BS飯能方面 飯能駅と間野黒指を結ぶ国際興業バスの路線、1日6往復です。
e0304702_06004045.jpg
⑨大沢川大沢橋 分離帯と水管橋が特徴です。(7-019) 
e0304702_07592432.jpg
e0304702_06011757.jpg
⑩大沢橋から少し進んで(07-020) 
e0304702_07595386.jpg
               H270506撮影の写真を追加 いまいちでしたが・・・
e0304702_08032094.jpg
               H260913撮影 もっと広く撮るとよかったかな。
e0304702_06025321.jpg
⑪-1なぜここで岩根橋からの入間川上流側が登場するのかなw。(07-021)  
e0304702_08002005.jpg
e0304702_06034067.jpg
⑪-1これも山の形から岩根橋からの入間川上流側かとw。(07-022) 
e0304702_08003961.jpg
e0304702_06042697.jpg
⑫この道標はどこにあるのかな、捜索中です。(07-023) 
e0304702_08010517.jpg
⑬これは10の建物の向かいのコンクリート擁壁かな。木の形はあっていますが。(07-024)
e0304702_08014349.jpg
e0304702_06062739.jpg
⑭金蔵寺
e0304702_17093783.jpg
⑮-1八耳堂の入口、左の建物は大河原自治会館、奥に軍太利神社があります。
e0304702_06072237.jpg
⑮-2八耳堂(07-025)
猫のあしあと-金蔵寺八耳堂。飯能市大河原にある真言宗智山派寺院、別称太子堂」より
真言宗智山派寺院の金蔵寺八耳堂は、真言宗智山派金軸山無量院金蔵寺の境外仏堂で、太子堂とも通称されます。保元年間(1156-1158)に創建されたと伝えられ、現在の堂宇は文政3年(1820)に再建されたものと伝えられています。堂宇横には、飯能市有形文化財に指定されている宝篋印塔が置かれています。また奥には軍太利神社があり、大河原氏が城砦として使用したとされる龍涯山に続きます。
e0304702_08020759.jpg
e0304702_06074735.jpg
⑮-3八耳堂と軍太利神社の説明板
e0304702_06081531.jpg
⑯軍太利神社
e0304702_06083547.jpg

⑰森牛乳加藤牧場直売センター 加藤牧場の牛乳・アイス・焼とりほかの直売所です
e0304702_06102268.jpg
加藤牧場のノンホモ低温殺菌牛乳、これだけでも訪れる価値があるかな!!!、
e0304702_06104328.jpg
加藤牧場は飯能市のとなり、日高市です。
e0304702_06110178.jpg

⑱キャンピングカーと漁船 なぜここに置いているのでしょうか。(07-026) 
e0304702_08023417.jpg
e0304702_06120511.jpg
⑲YAHOOの航空写真見ると丸太が置かれています。取材時には丸太があったのかな。(07-027) 
e0304702_08032491.jpg
e0304702_06130635.jpg
YAHOOの航空写真
e0304702_17304084.jpg

⑳あおいがひなたに案内されて、1回目の吾妻峡:遊歩道を降りていきます。(07-028)・・・続く
e0304702_08034991.jpg
e0304702_06150211.jpg
YAHOOの地図に舞台として登場した場所と関連する場所を入れてみました。ずれていたらごめん。
e0304702_19004428.jpg
「ヤマノススメ セカンドシーズン」第07話に登場した舞台が非常に多かったため、3回登場する吾妻峡ドレミファ橋等とあおいがセクシーな水着を買いに行った東飯能駅周辺は次のブログに載せます。引き続きよろしくお願いいたします。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スターエンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2014年09月15日 作成
2015年05月18日 H270506撮影の写真を⑪に1枚追加






by fureshima2223 | 2014-09-15 08:36 | ヤマノススメ | Comments(0)

福島ユナイテッドFC (J3)×夜ノ森小紅(未確認で進行形)のユ二コラです。

福島ユナイテッドFC (J3)×夜ノ森小紅(未確認で進行形)のユ二コラです。

 サッカーとその地域のキャラとのユニコラを作られている方が作成した福島ユナイテッド
〈明治安田生命 J3 リーグ)×夜ノ森小紅(未確認で進行形)のユ二コラです。以前に、「まぐ@7.13新潟×福井 @forzasaurcos12 」が作成した富山新庄クラブ〈北信越リーグ2部)×石動乃絵(true tears)のユ二コラでブログを作成した時点で、未確認で進行形のユニコラも過去に作成したことを教えていただきましたが、ブログの作製が延び延びになっていました。


福島ユナイテッドFC のホームページ http://fufc.jp/

J3リーグ所属

2014シーズンチームスローガン
我々が福島に何が出来るのか…我々の活動を通じて福島の為に…

「蹴」で、多くの人に福、幸せを。「蹴」で、多くの人をスタジアム、福島に。

チーム名の由来
「UNITED=結ばれた、団結した、統一した」の意味に由来し、チーム・選手・スタッフ・サポーターが"ひとつ"になって活動していく、福島が"ひとつ"になって福島の発展・活性化のために活動していくことを目指す。

夜ノ森小紅についてこのカットを1枚 郡山駅前大通商店街です。

e0304702_07354468.jpg

未確認で進行形 夜ノ森小紅×福島ユナイテッド〈明治安田生命 J3 リーグ)のユニコラです。

まぐ@7.13新潟×福井 @forzasaurcos12
H260708 08:47

@fureshima 掲載ありがとうございます。未確認で進行形と福島ユナイテッドのユニコラなら以前作りましたよ。

e0304702_20520759.jpg


次はどのような舞台探訪作品とのユ二コラに出会えるでしょうか。埼玉県か山梨県のチームと「ヤマノススメ」のユ二コラも見てみたいです。

2014年09月06日 作成


by fureshima2223 | 2014-09-06 07:42 | 未確認で進行形 | Comments(0)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪002飯能市観音寺・中央公園・飯能大橋など(第2・5・6話)


「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪002飯能市観音寺・中央公園・飯能大橋など(第02・05・06話)

「ヤマノススメ セカンドシーズン」第05話、第06話は、そして第07話は、三つ峠から戻ってきて飯能市内での出来事を綴るアニメ独自の内容だったと思います。いろいろな山に挑戦し、山登りのガイドをしてくれるのも楽しみですが、探訪者的には生活の場がどう描かれるのかがやはり重要です。富士山に登る前に、そしてスタンプラリーの期間に飯能市内の風景が数多く登場したのはとても良かったと思います。なかなか探訪に出かけられませんが、第06話まで見て、平成26年8月20日に飯能市の探訪を行いましたのでブログにまとめてみました。登場した舞台は観音寺周辺、飯能中央公園西側の緑地、飯能大橋下流入間川左岸側です。

まずはこの1枚 第05話に登場 観音寺南側県道70号線です。あおいのてへぺろですかw
e0304702_08181744.jpg

それでは観音寺とその南側の県道70号線の舞台についてまとめていきます。なお、県道70号線は名郷と飯能中心部を結ぶ幹線道路のため、車の通行量は多いです。観音寺側には歩道がないため、撮影に当たっては十分に注意し、車両の通行の妨げにならないよう留意が必要と思います。

まずはあおいのトラウマ、で・・・
e0304702_08204856.jpg
第02話 観音寺南側県道70号線にて国際興業バスNo.0625  歩行者避けるために黄色線の右側を通行!!!
あおいちゃん 歩道を歩いたほうが・・・
第1話から第8話までに登場したバスのNoはすべて0625だったようなw。
e0304702_08251906.jpg
e0304702_20264178.jpg
第02話 県道70号線から観音寺への石段、幼稚園児登場です。
e0304702_20312681.jpg
e0304702_20320548.jpg
第05話 三つ峠から戻って、観音寺に3人が集まって
e0304702_20360644.jpg
e0304702_20364062.jpg
第05話 三つ峠から戻って、観音寺に3人が集まって
e0304702_20382034.jpg
e0304702_20392918.jpg
第05話 白象のアップです
e0304702_20400351.jpg
e0304702_20402071.jpg
第05話 県道側から見たあおいとひなたの帰り道、ここで・・・
e0304702_20500096.jpg
e0304702_20512759.jpg
第05話 ひなた、石段を降りて、幼稚園児登場です
e0304702_20550849.jpg
e0304702_20563666.jpg
第05話 石段を降りて、ここなとひなた・あおいは分かれて・・・ 
e0304702_20574840.jpg
e0304702_20593188.jpg
第05話 このような段差は現地にはありません。というより、もしここで転んだら命なくなるかもです。
e0304702_21033992.jpg
e0304702_21053523.jpg
第05話 ひなた またやっちゃった
e0304702_21143475.jpg
e0304702_21153863.jpg
第05話 ここな 気付いて振り向いて
e0304702_21163138.jpg
e0304702_21174228.jpg
第05話 おこったことは・・・
e0304702_21184446.jpg
e0304702_21192106.jpg
第05話 いったー あ!!!
e0304702_17154493.jpg
e0304702_17160585.jpg
第05話 みずたまだね、うんみずたまだ、みずたまー 
e0304702_17163802.jpg
e0304702_17165673.jpg
第05話 ひなたー!!!
e0304702_17182171.jpg
e0304702_17184045.jpg
第05話 ごめん、まあいいじゃん、減るもんじゃなし
e0304702_17191338.jpg
e0304702_17193877.jpg
第05話 そんな問題じゃない!!!
e0304702_17201450.jpg
e0304702_17215751.jpg
第05話 しかたないなー、ちょっと謝ってくるよ
e0304702_17221421.jpg
e0304702_17231004.jpg

第05話 ひなた 観音寺のことを謝りに来たのだけど、やっちゃったね!!!
e0304702_20080225.jpg
第05話 そして帰り道 飯能中央公園西側の沢の歩道と天覧山
e0304702_20084223.jpg
e0304702_20094786.jpg
第05話 そして帰り道 飯能中央公園西側の沢の歩道の擁壁 
あおいのやつ怒ってたなー、ま、明日になれば機嫌も治るだろうけど、とんちきってなによ
e0304702_20110035.jpg
e0304702_20114071.jpg
第05話 そして帰り道 飯能中央公園西側の沢の歩道 第1期にも登場したアングルです
e0304702_20122675.jpg
e0304702_20134331.jpg

第05話 ひなたがここなに相談、ここは飯能大橋の下流側、入間川左岸側です
まずは「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」にも登場した矢久橋、
ここから飯能大橋と舞台となった入間川左岸側を見ています。
e0304702_20385004.jpg
e0304702_20433701.jpg
第05話 矢久橋から飯能大橋
e0304702_21152666.jpg
e0304702_21154703.jpg
第05話 ここなとひなたが河原に来て(矢久橋から)
e0304702_07393127.jpg
e0304702_07395774.jpg
第05話 ここなとひなたが河原に来て(矢久橋から)
e0304702_07402978.jpg
e0304702_07404877.jpg
第05話 ひなた 石投げ下手だね ではなくて
e0304702_07420687.jpg
e0304702_07422978.jpg
第05話 ここながひなたにニット帽を編むわけを話して
ひなたは ねえ ここなちゃんちょっと教えてほしんだけど
e0304702_07432916.jpg

e0304702_07441371.jpg
第05話 ここでここなの天然ぶりが、教えてほしいのは石投げではないでしょうw
e0304702_07451107.jpg
e0304702_07454689.jpg
第05話 教えてほしいのは石投げじゃなくて
e0304702_07462922.jpg
e0304702_07465193.jpg
ここな、ひなたがいた場所と上流の矢久橋を撮ってみました
e0304702_07584857.jpg

第05話 で、ここなに手伝ってもらって、ひなか頑張ったね。その気持ちが大事だね。
e0304702_08022564.jpg
第05話 そして、朝の観音寺
e0304702_08042336.jpg
e0304702_08051436.jpg
第05話 また3人が観音寺に集まって、そして攻守を変えて同じことが・・・
あおいのてへぺろと見送るここなの笑顔がいいかなと
e0304702_08081593.jpg
e0304702_08093164.jpg
e0304702_08100498.jpg
e0304702_08084587.jpg
e0304702_08110291.jpg
くまだね、うんくまだ、くまー
e0304702_08113302.jpg

ごめ-ん

e0304702_08120561.jpg
e0304702_08122776.jpg

でもいいじゃん、減るもんじゃないし

e0304702_08124817.jpg
e0304702_08131566.jpg
e0304702_08135551.jpg
e0304702_08142851.jpg

第06話 前から考えてたんだけど、富士山に登れない!!!
いよいよ富士山アタック、でも第07話では飯能市内がたくさん登場しました。
e0304702_07320985.jpg
第06話 観音寺南側 県道70号線通学路
e0304702_08202981.jpg
H26.09.12撮影の写真を投入
e0304702_06354544.jpg
e0304702_08210825.jpg
第06話 観音寺南側 県道70号線通学路
e0304702_08215340.jpg
e0304702_08225601.jpg
第06話 観音寺南側 県道70号線通学路
e0304702_08233207.jpg
H260912撮影の写真を投入
e0304702_06372358.jpg
逆方向からしか撮ってなかったので・・・
e0304702_08235438.jpg

第07話 割岩橋から吾妻峡 に続くはずです・・・

遅ればせながら、第06話までに登場した観音寺周辺、飯能中央公園西側の緑地、飯能大橋下流側の入間川左岸側をまとめてみました。このあと、第07話では割岩橋から吾妻峡、第08話では飯能中央公園の遊具も登場しているので、飯能市の再探訪を実施したいです。三つ峠・富士山は途中まででも当分行けそうもないので、他の方々のブログを見せていただきます。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スターエンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2014年09月03日 作成
2014年09月13日 写真2枚追加


by fureshima2223 | 2014-09-03 08:06 | ヤマノススメ | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30