<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


「だがしかし」舞台探訪009 鋸南町勝山で痛車と会いました、少しだけ探訪も(第4話、12話)

 「だがしかし」舞台探訪009 鋸南町勝山で痛車と会いました、少しだけ探訪も(第4話、12話)

「だがしかし」第12話で鋸南町勝山を訪れたときに、舞台として登場したなぶら+喫茶エンドウの前のなぶらの駐車場で、「だがしかし」痛車と出会いました。撮影について了解をいただきましたので、ブログに掲載させていただきます。その後、一緒に勝山海水浴場の階段まで探訪しました。最後に歩いた範囲の地図を載せます。探訪日は平成28年05月14日です。

01 第4話鋸南町勝山漁協直営なぶら 鋸南町勝山234 04-128
 目的は、02の1カットを撮影することでしたが、痛車と出会い、勝山海水浴場の階段まで行きました。
e0304702_15034109.jpg
e0304702_15133198.jpg
なぶらの駐車場で、「だがしかし」痛車と出会いました。
e0304702_15011886.jpg
「だがしかし」痛車 右側
e0304702_15012504.jpg
「だがしかし」痛車 左側
e0304702_15013233.jpg
「だがしかし」痛車 正面のアップ
e0304702_15015803.jpg
「だがしかし」痛車 左側のアップ
e0304702_15014974.jpg

その後、勝山海水浴場の階段まで徒歩で探訪です。

02 第12話喫茶エンドウ 千葉県鋸南町勝山412  5 12-145
e0304702_15034936.jpg
e0304702_15132420.jpg

03 第12話 ㈱舟藤勝山畜養場前 鋸南町勝山413 この建物はまだ使用中です
  前に探訪した時と比べて、建物を修繕したようです 12-156
e0304702_15043900.jpg
e0304702_15125569.jpg
"
04 第4話勝山海水浴場南側の擁壁と階段 04-106
e0304702_15030015.jpg
e0304702_15130818.jpg
"
05 第4話佐久間川の橋の南側のT字路 海岸側に駐車スペースあり 千葉県鋸南町竜島214 04-124
e0304702_15032939.jpg
e0304702_15131797.jpg
"
グーグルマップから切り出し、加筆しました。
e0304702_08453976.jpg

鋸南町勝山ではあと2カットと勝山海水浴場の遠景が登場します。
今回は意識して撮っていなかったので、アニメカットのみ載せます。

第04話 なぶらの駐車場付近から勝山港側 千葉県鋸南町勝山202
e0304702_07424267.jpg
第04話 階段付近から勝山海水浴場と擁壁
e0304702_07430723.jpg
第10話 内房線安房勝山駅南側の加知山踏切
e0304702_07412621.jpg


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2016コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2016年06月27日 作成


by fureshima2223 | 2016-06-27 08:06 | だがしかし | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪008 再び飯能市の龍崖山へ (五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪008 再び飯能市の龍崖山へ (五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

 飯能市の龍崖山に、平成28年6月12日に再チャレンジしました。平成27年5月6日に金蔵寺側から1度山頂までは行っているのですが、富士山見晴し台から燧山へ行くつもりで、ルートの下側にベンチと短絡路に見えた登山道があり、下りていくと女坂から金蔵寺側の登山口に出てしまったのです。途中で気が付きましたが、登り返す気になれなかったので。なので、龍崖山公園~燧山~龍崖山のコースと、どこで道を間違えたのか確認するための龍崖山再チャレンジでした。富士山は見ることはできませんでしたが、まずまず天候に恵まれた1日でした。

過去ブログです:コミック「ヤマノススメ」舞台探訪006 飯能市龍崖山へ(五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

H270506の山歩の写真から山頂までを載せ、次に、
龍崖山⇒富士山見晴し台⇒燧山⇒龍崖山公園はH280612の写真を載せて、山行の記録とします。コミック「ヤマノススメ」五十一合目「はじめてのトレイルラン」のコマとも対比させてみます。

龍崖山周辺の地図 グーグルマップより切出し加筆しました。
e0304702_07275837.jpg

龍崖山のイメージ コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-17
e0304702_07300800.jpg

龍崖山 金蔵寺側登山口 あおいたちはトレイルランでここから登ったはず
龍崖山山頂まで800m H270506撮影
e0304702_07331214.jpg

女坂と男坂の分岐 右側の道・男坂へ
e0304702_07360776.jpg
"
男坂から龍崖山へ この先はもっときついような・・・  コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-26
e0304702_07400410.jpg
登山道 イメージだけですが、左右反転するとどうでしょうか H270506撮影
e0304702_07424647.jpg

間もなく山頂です H270506撮影
e0304702_07453180.jpg

ここまではH270506撮影の写真ですが、龍崖山山頂からはH280612撮影の写真を載せます。
"
山頂到着 金蔵寺登山口から800mとのこと ここからは特記ない限りH280612撮影
e0304702_20581853.jpg

龍崖山山頂です コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-028
e0304702_07480573.jpg
e0304702_07573603.jpg

龍崖山山頂
e0304702_21022423.jpg
龍崖山山頂にて ヤマノススメ
e0304702_21031358.jpg
山頂には山のパノラマや これで飯能アルプス天覚山もわかりました。
e0304702_21053401.jpg
大河原城のことも
e0304702_21054279.jpg
龍崖山からの展望 天覚山
e0304702_21173049.jpg
龍崖山からの展望 物見山、日和田山、多峯主山
e0304702_21180198.jpg
龍崖山からの展望 天覧山、展望台も見えています。ということは、天覧山から龍崖山が見えるということですね。
e0304702_21182468.jpg
龍崖山からの展望 飯能市街地
e0304702_21185129.jpg
"
龍崖山山頂を後にして 龍崖山公園まで1200m
e0304702_07471280.jpg

龍崖山まで20mの分岐
左は巻き道、途中富士山見晴し台への分岐あり、右は直接富士山見晴し台に出れます。
ロープは龍崖山直下の急登のためのものの延長、立入阻止のためのロープではありません。
e0304702_07472398.jpg

富士山見晴し台からの展望かな コミック「ヤマノススメ」五十一合目コラム 
e0304702_20195450.jpg
富士山見晴し台到着
e0304702_20274152.jpg
富士山見晴し台でヤマノススメ
e0304702_20275581.jpg
富士山見晴し台からの山岳展望 富士山は見えませんでした。
e0304702_20281220.jpg
で、H270506富士山見晴し台からの富士山 かろうじて見えました。
e0304702_20321533.jpg

少し進んで 見晴し台テラス
e0304702_21032652.jpg
見晴し台テラス パノラマは大岳山から確認していくと
e0304702_21054389.jpg
見晴し台テラスからの展望
e0304702_21062269.jpg

見晴し台テラスから下りてきて巻道と合流 龍崖山公園まで1070m
e0304702_21075310.jpg
すぐ下の分岐 道標はないけど左下に見えるベンチ方向に降りると女坂経由は金蔵寺側登山口へ
龍崖山公園に向かうのは分岐を降りないこと(前回、短絡路と思って降りてミスしました。)
e0304702_08190644.jpg
e0304702_21290287.jpg

沢 龍崖山公園まで940m
e0304702_08034957.jpg
イメージだけですが登山道のこの場所は コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-030
e0304702_08414174.jpg
e0304702_08070127.jpg

燧山到着、燧ケ岳ではないのでこの標記ですw
e0304702_08025604.jpg
燧山234mでヤマノススメ
e0304702_08022510.jpg
燧山のベンチからの展望
e0304702_08012009.jpg
燧山の道標 龍崖山公園まで780m
e0304702_08020194.jpg

沢 龍崖山公園まで520m
e0304702_08071139.jpg

ピーク 龍崖山公園まで330m
e0304702_08072291.jpg

龍崖山公園に到着
e0304702_08073014.jpg

龍崖山公園の登山口に到着 コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-32
e0304702_15592486.jpg
e0304702_18031307.jpg

龍崖山公園で コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-34
e0304702_16001868.jpg
e0304702_18034009.jpg
アジサイも咲いていました。
e0304702_21195283.jpg

龍崖山公園で コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-034
e0304702_16010177.jpg
イメージのみ、この程度で。
e0304702_18041340.jpg

龍崖山公園の標記
e0304702_21193332.jpg
公園にあるはんのうハイキングコース案内図 赤丸の区間1200mの往復でした。
e0304702_21194323.jpg

わずか1200m×2の山歩でしたが、展望もあり、楽しかったです。トレイルランは難しいかな、自分でできる範囲でできることを、です。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年06月19日 作成




by fureshima2223 | 2016-06-19 07:06 | ヤマノススメ | Comments(0)

飯能市ホタルマップ(H28.06.17飯能市HPより)

飯能市ホタルマップ(H28.06.17飯能市HPより)

飯能市のHPに「ホタルの光に魅せられて☆彡2016」がH28.06.17にアップされました。リンク切れています

ここにはんのうのほたるマップ (ファイル名:28hannouhotaru.pdf サイズ:435.03KB) が掲載されています。リンク切れています
資料として残したいと思い、転載させていただきました。
e0304702_21023000.jpg

ホタル観賞スポット

名栗地区(名栗川沿い)

名栗川(入間川)沿いの多くの場所で観賞できます。

   ・名栗温泉大松閣付近(下名栗地内)

   ・埼玉西部消防署名栗分署付近(下名栗地内)

   ・名栗郵便局付近(下名栗地内)

   ・名栗弁天河原河川広場(下名栗地内)

   ・さわらびの湯下付近(下名栗地内)

   ・割烹花廼家付近(上名栗地内)

   ・ケーキ工房綵珠(あず)付近(上名栗地内)

   ・ケニーズ・ファミリー・ビレッジ付近(上名栗地内)

   ・国際興業バス森河原バス停付近(上名栗地内)

   ・国際興業バスヒツ沢バス停付近(上名栗地内)
南高麗地区(直竹川沿い)
   ・石灰焼場跡(上直竹下分地内)

   ・申渕自治会館直竹川周辺(下直竹地内)
東吾野地区

   ・虎秀谷津 福徳寺付近(虎秀地内 東吾野駅より国道299号線を秩父方面へ徒歩5分 右折し福徳寺へ向かう)

   ・民宿川波付近(武蔵横手駅より国道299号線を秩父方面へ徒歩10分)
原市場地区(名栗川沿い)
   ・cazu(赤沢地内 キャンプ場)

       駐車場無料開放(※環境保護費として100円かかります)

ホタル観賞イベント

 日時 平成28年7月9日(土)午後7時~9時

 場所 名栗弁天河原河川広場

 アクセス 国際興業バス「河又名栗湖入口」バス停すぐ

      (飯能駅北口バス乗り場 国際興業バス「湯ノ沢・名栗車庫・名郷」行きで約40分)

  ♪ 名栗の清流に舞うほたるを観賞します。会場には、ほたるの成長を紹介したブースや、

    名栗の名物がそろう飲食ブースなど、お楽しみいっぱいです ♪

以上 飯能市のHPより転載させていただきました。

履歴
2016年06月17日 飯能市のHPより転載



by fureshima2223 | 2016-06-17 21:08 | 徒然なるままに | Comments(0)

奥武蔵グリーンライン 刈場坂峠⇒顔振峠 ヤマノススメと共に

奥武蔵グリーンライン 刈場坂峠⇒顔振峠 ヤマノススメと共に

国道299号正丸トンネル⇒刈場坂峠⇒顔振峠⇒国道299号吾野、約22㎞、歩くと6時間かかるとのことですが、平成28年6月5日にゆるゆると車で峠巡りです。この次はゆるふわ山歩きで吾野から関八州展望台を目指してみたいなと(行くとは言っていないし、行くとしても吾野駅から歩くと入っていない)。グーグルマップより
e0304702_07522543.jpg

なお、奥武蔵グリーンラインと周辺を巡る際には、以下の地図がとても参考になります。
https://www.google.com/maps/d/viewer?hl=ja&msa=0&z=13&ie=UTF8&brcurrent=3,0x60192e6722bdf801:0x93be92d387f57f20,0&mid=10mvjNATsfM3ZzkxMR9Et0DfgN18

正丸トンネル入口から正丸峠への道と別れて森林管理道 苅場坂線に入ります。

①高麗川源流保全之碑

高麗川源流保全之碑です。
e0304702_07503744.jpg
高麗川源流保全之碑のすぐ裏、ここが源流ですか。
e0304702_08050882.jpg

②虚空蔵峠

虚空蔵峠でヤマノススメ
e0304702_08052715.jpg

③刈場坂峠

刈場坂峠到着 第23回奥武蔵ウルトラマラソン(78km)が行われていて、給水所がありました。
e0304702_08063472.jpg
刈場坂峠の案内板
e0304702_08074309.jpg
堂平山方向、天文台も見えました。
e0304702_08075211.jpg
刈場坂峠でヤマノススメ
e0304702_08083100.jpg
関東ふれあいの道の案内板
e0304702_08085010.jpg
刈場坂峠から顔振峠方向へ
e0304702_08090980.jpg

森林管理道 奥武蔵2号線 顔振峠へ向かいます。

④檥峠

檥峠の標柱と道標
e0304702_13090401.jpg
檥峠でヤマノススメ
e0304702_13091271.jpg

⑤飯盛峠

飯盛峠でヤマノススメ
e0304702_13111862.jpg
飯盛峠 第23回奥武蔵ウルトラマラソン(78km)の給水所の例
e0304702_13112630.jpg

⑥傘杉峠

傘杉峠の標柱と道標
e0304702_13124416.jpg
傘杉峠でヤマノススメ
e0304702_13130210.jpg

⑦顔振峠

顔振峠 茶屋があります。ここも第23回奥武蔵ウルトラマラソン(78km)の給水所
e0304702_13150460.jpg
顔振峠でヤマノススメ
e0304702_13142694.jpg
顔振峠にて 由来など
e0304702_13143890.jpg
顔振峠からの展望、左端は武甲山
e0304702_13145435.jpg

吾野駅方面へ下りました。車での峠巡りも、またありかなと・・・


履歴 
2016年06月11日 作成



by fureshima2223 | 2016-06-11 14:15 | 徒然なるままに | Comments(0)

「だがしかし」舞台探訪008 富津市竹岡の白狐川河口で(第12話-1/2)

「だがしかし」舞台探訪008 富津市竹岡の白狐川河口で(第12話-1/2)

「だがしかし」第12話Aパートは富津市竹岡の白狐川河口でした。最終話のAパートで鹿田 ココノツと遠藤 豆、枝垂 ほたると遠藤 サヤの組み合わせでなにをしているのでしょうか。でも、第11話Bパートを引き継いで最後はどうまとめるでしょうか。まあ、ここはその前の駄菓子の紹介ということで、白狐川河口の風景を楽しんでみましょう。探訪日は平成28年05月14日、3回目の富津市竹岡・鋸南町勝山探訪です。

まずは「だがしかし」第12話Aパートの舞台となった富津市竹岡の白狐川河口の俯瞰です。
e0304702_07382180.jpg

それでは、「だがしかし」第12話の探訪報告、ひたすら富津市竹岡の白狐川河口です。

白狐川河口で 遠藤 豆君のため息 12-002
e0304702_18262108.jpg
e0304702_07360600.jpg
"
右岸側の道から鹿田 ココノツ君登場 12-006
e0304702_21162325.jpg
e0304702_07364362.jpg
"
アップで 右岸側の道から鹿田 ココノツ君登場12-007
e0304702_21164209.jpg
e0304702_07371386.jpg
"
時々、突然めちゃめちゃにもてたくなったりしない 12-010
e0304702_21170373.jpg
e0304702_07374094.jpg
"
愚問だな、俺といえばもてたい、もてたいといえば俺のトウ君だぞ! で・・・ 12-011
e0304702_21172428.jpg
e0304702_07380855.jpg
"
で、意気投合 12-014
e0304702_21174607.jpg

そのころほたるさんとサヤは橋の左岸側の階段で やっぱここは涼しくて気持ちいい・・・とのこと 12-016
e0304702_06421845.jpg
e0304702_07385313.jpg
"
ねえ、サヤ師、恋ってどんな味だと思う。 12-018
e0304702_06423068.jpg
e0304702_07391934.jpg
"
何かの予感かな・・・ 12-021
e0304702_06425161.jpg
e0304702_07395432.jpg

ねえ、子猫ちゃん、恋の味知りたくないかしら、教えてあげるは・・・なにを妄想しているのかと 12-038
e0304702_05401755.jpg
"
いや!! そうゆうのはなんか 12-040
e0304702_06430604.jpg
e0304702_07403522.jpg
"
サヤ師考えすぎw そして これ飴・・・ 12-052
e0304702_06433172.jpg
これはさくらんぼ、そう正解!!! 12-055
e0304702_06452896.jpg
e0304702_07415470.jpg
"
お空の虹からやってきたまあるい小さなさくらんぼ、キュートなキュートな恋の味 12-059
e0304702_06464509.jpg
"
さくらんぼの詩 さすがはサヤ師ね 恋の味なーんだっていう劇物クイズもすぐ答えに辿りついちゃうんだもの 12-060
e0304702_06454860.jpg
e0304702_07412486.jpg
"
クイズだったの、今の・・・ 12-062
e0304702_07445291.jpg
e0304702_07425209.jpg
"
女子は占いが好きだというのを踏まえて、オリオン製ラムネ菓子食ベルンですHi 12-067
e0304702_06483802.jpg
e0304702_07460231.jpg
"

食べルンですHi 12-068

e0304702_06473407.jpg

駄菓子感あるよねー 12-070
e0304702_06492412.jpg
e0304702_07463950.jpg
"
これがね、なんと、占いができるんだよ 12-072
e0304702_06494861.jpg

明日の占い予報と来たか。俺たちが狙うのはピンクのモテモテになるでしょうで、これが出た時点で明日はもてもて確定、明るい未来が確定されるつーわけだな。やろうぜ、まずはトウ君から 12-077
e0304702_06501039.jpg
e0304702_07471612.jpg
"
ココノツ君の思惑ははずれて 2個ともピンク・・・ 12-080
e0304702_06521083.jpg
e0304702_07481927.jpg
"
おまえ、なぜ順番を俺からにした、見透かされて・・・12-085
e0304702_06523934.jpg
e0304702_07512287.jpg
"
俺が1粒はずれを引きゃ、それだけピンクを引く確率が上がる、お前はそれに気づいていたんだろう。 12-088
e0304702_06530011.jpg
e0304702_07473116.jpg
"
これはお前の心の弱さが生み出した結果だ。 12-090
e0304702_06534120.jpg
e0304702_07485130.jpg
"
だって、僕はもてたかったんだよー  12-091
e0304702_06535953.jpg
e0304702_07501518.jpg
"
ばっきゃろー、俺だってお前の立場だったら同じこと考えてたよ。 12-094
e0304702_07525333.jpg
e0304702_07534466.jpg
"
だから、めそめそするない。うん。うわー、それピンクのラムネ! 12-098
e0304702_06542160.jpg
e0304702_07545619.jpg
"
実は食べたふりして1個は指にはさんでた。これはお前のだぜ。トウ君!!! 12-102
e0304702_07574154.jpg
e0304702_07582236.jpg
"
さあ食いな。ありがとう。12-103
e0304702_06545974.jpg
e0304702_07585706.jpg
"
ピンクの1個はトウ君からココノツ君へ 12-104
e0304702_06551700.jpg
"
ココノツ君 ピンクのラムネもらって 12-105
e0304702_06553535.jpg
"
これで俺たちは明日からもてもてだね 12-106
e0304702_06555258.jpg
e0304702_08002672.jpg
"
もてもてだ、もてもてだ 12-108
e0304702_06561899.jpg
e0304702_07310768.jpg
"
橋から二人が見て、何やってるんだ、あいつら 12-110
e0304702_06563663.jpg
e0304702_07313644.jpg
"
もてて、もてて、もてまくれ 12-112
e0304702_06565546.jpg

男たちって 12-114
e0304702_06571307.jpg
e0304702_07315894.jpg
"
二人、何してんだ 12-115
e0304702_06573989.jpg
e0304702_07323885.jpg
"
でも、もし本当に選択しなければならない時がきたら答えを聞かせて、
あなたが決めるまで待っているわ、がよぎって 12-120
e0304702_06580001.jpg

ココナツ、そろそろ帰っか。うん。 12-122
e0304702_06582662.jpg
"
あ、帰っていった、何してたんだあの二人 12-125
e0304702_07400388.jpg
e0304702_07390180.jpg
"
お空の虹からやってきたとかなんとか・・・ 
ああ、あれはこのパッケージの裏に書いてあるのよ 
12-127
e0304702_06585595.jpg
e0304702_07330710.jpg
"
でも、いい言葉よね、これ! 12-132
e0304702_06591109.jpg
e0304702_07333219.jpg
"
そう、そうね。でも、なんでさくらんぼなのかな。 12-133
e0304702_06593398.jpg
e0304702_07410925.jpg
"
恋とは甘酸っぱいもの、だからじゃないかしら。12-134
e0304702_07001595.jpg
e0304702_07414191.jpg
"
二人は戻っていき 12-136
e0304702_07003666.jpg
e0304702_07424882.jpg
"
そしてサヤ師の思うことは 12-137
e0304702_07005668.jpg
e0304702_07432834.jpg
"
Bパートでは戻って、再び喫茶店から始まります 次のブログに続くはずです。 12-145
e0304702_07451198.jpg
ストリートビュー平成26年06月より
e0304702_07455291.jpg
"

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2016コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2016年06月06日 作成






by fureshima2223 | 2016-06-06 08:13 | だがしかし | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30