舞台探訪地の蓋036「ダムマンガ」魚沼市奥只見ダムで出会った旧湯之谷村のマンホール蓋

舞台探訪地の蓋036「ダムマンガ」魚沼市奥只見ダムで出会った旧湯之谷村のマンホール蓋

「ダムマンガ」2巻13基奥只見ダムの舞台探訪時に出会った魚沼市(旧湯之谷村)の下水道マンホール蓋です。舞台探訪やお仕事の途中でいろいろなマンホール蓋と出会えるのは楽しいものです。そういえば、奥只見ダムと奥只見丸山スキー場の施設は他の集落から離れているため、この地域の汚水を処理するための下水処理場(奥只見浄化センター)が駐車場の近くにありました。訪れたのは平成29年9月29日です。

まずはこの1枚 奥只見ダムで出会った魚沼市(旧湯之谷村)の下水道カラーデザインマンホール蓋です。
旧湯之谷村の村章、奥只見ダムと紅葉、尾瀬のミズバショウが描かれています。
e0304702_16131726.jpg

奥只見ダム駐車場に着いて まずはダムを撮りました。

e0304702_16122671.jpg
「ダムマンガ」2巻13基の奥只見ダムの探訪時に何枚かの下水道マンホール蓋と出会いました。
もしよければ舞台探訪ブログも 「ダムマンガ」舞台探訪007 奥只見ダムと周辺(第13基目)
e0304702_08020450.jpg

シルバーラインの出口付近から 奥只見ダム駐車場
中央に奥只見浄化センター(下水処理場)が見えます。ダム周辺とスキー場施設のための処理場です。
e0304702_16121952.jpg
駐車場の案内板 スロープカー乗場の位置が今と少し違うような
e0304702_16132659.jpg
駐車場からダム堤体へスロープカーで移動
すぐ横に歩道があり、そこに下水道のカラーデザインマンホール蓋がたくさんありました。
e0304702_16123343.jpg

駐車場とダム堤体を結ぶ歩道で、魚沼市(旧湯之谷村)の下水道カラーデザインマンホール蓋です。
旧湯之谷村の村章、奥只見ダムと紅葉、尾瀬のミズバショウが描かれています。
e0304702_16131726.jpg
上の蓋と開閉用の穴の形状と色付けが違っています
駐車場とダム堤体を結ぶ歩道で、魚沼市(旧湯之谷村)の下水道カラーデザインマンホール蓋です。
旧湯之谷村の村章、奥只見ダムと紅葉、尾瀬のミズバショウが描かれています。
e0304702_16125524.jpg
ダム堤体から電力館へ行く車道で 魚沼市(旧湯之谷村)の下水道デザインマンホール蓋です。
旧湯之谷村の村章、奥只見ダムと紅葉、尾瀬のミズバショウが描かれています。
e0304702_16124213.jpg
奥只見浄化センター前の車道で 上記と同じデザインの下水道デザインマンホール蓋
e0304702_16145199.jpg

奥只見浄化センター(下水処理場) 奥只見ダム周辺と丸山スキー場の汚水を処理しています。
e0304702_16145865.jpg

舞台探訪や出張の機会にマンホール蓋と出会うのはいい思い出になります。その場所その場所で様々な下水道、上水道、消火栓、電力、ガス、共同溝ほかの蓋との出会い、そこに行かなければ出会えないものの1つとして興味をひかれました。

履歴 
2017年10月18日 作成



# by fureshima2223 | 2017-10-18 20:01 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪007 奥只見ダムと周辺(第13基目)

「ダムマンガ」舞台探訪007 奥只見ダムと周辺(第13基目)

「ダムマンガ」舞台の連続探訪です。越後湯沢をレンタカーで出発して、三国川ダムを探訪した後奥只見ダムに向かいました。奥只見ダムでの時間が十分には撮れなかったのですが、いちおう撮れるカットは撮れたかなと。時間的な制約のため遊覧船に乗れなかったのは残念ですが(15:30の遊覧船に乗ってしまうと自在館を撮って越後湯沢に19:00までに戻るのが厳しいので・・・)。あと、三国川ダムを探訪したあとなので、ダムの施設を見たくはありますが、昭和36年に竣工したダムに産業観光の要素を求めるのは無理かなと。見学会があったら参加してみたくはありますが、まあ、来年以降ということで・・・。探訪日は平成29年09月29日です。

まずはこの1枚奥只見電力館への道から 奥只見ダム
e0304702_07584634.jpg

「ダムマンガ」舞台探訪007 奥只見ダムと周辺(第13基目)それでは探訪の報告をさせていただきます。
「ダムマンガ」舞台探訪006 三国川ダム(さぐりがわダム)と周辺(第12基目) の続きです。

宿泊場所 湯之谷館(自在館:新潟県魚沼市栃尾又温泉)
部長さん車酔い、行く前からいろいろとテンション上がってたけど、明日はきっと復活・・・ 13-01
e0304702_22571051.jpg
自在館です。
e0304702_07450017.jpg
"
案内板とシルバーライン入口のゲート 13-02
e0304702_22573366.jpg
シルバーライン入口のゲート、シルバーラインは二輪車・自転車・歩行者は通行禁止です。
e0304702_07451791.jpg
国道352号から県道50号シルバーラインへの案内板
e0304702_07450885.jpg

シルバーラインのトンネル内で 13-03
e0304702_22580308.jpg
戻り道、銀山平への分岐までのトンネル内で 逆方向ですが似たような写真が撮れました。
e0304702_07463512.jpg
戻り道 シルバーラインの銀山平への分岐です。
e0304702_07491334.jpg

シルバーライン 奥只見側出口です。 13-04
e0304702_22592246.jpg
シルバーラインを通り抜けて
e0304702_07510387.jpg
奥只見ダム側の出口です。
e0304702_07512588.jpg
ここまで来ると奥只見ダムが見えてきます。
e0304702_07515153.jpg
眼下には駐車場等の全景が見えます。
e0304702_07521683.jpg

奥只見ダム駐車場に着いて、奥只見ダムと「秘境奥只見」の写真を撮って。 13-05
e0304702_22582014.jpg
e0304702_07524842.jpg
奥只見ダム駐車場からの案内板
e0304702_07533673.jpg
奥只見の位置とシルバーラインと観光船の案内板
e0304702_07540502.jpg
奥只見シルバーラインのトンネルの名称と長さを案内板から切り出しました。
e0304702_07543339.jpg

奥只見ダムは観光地です。当然それなりのお土産屋さんがあります。 13-06
e0304702_22595380.jpg
奥只見ターミナルの全景
e0304702_07550736.jpg

標高差50mを片道3分で上り下りするスロープカーがあります。
片道100円です。その隣には遊歩道がついています。 13-07
e0304702_23001813.jpg
駐車場側のスロープカ―乗場
e0304702_07555224.jpg
スロープカー 定員40名とのこと。
e0304702_07561662.jpg
スロープカー ゆっくりと登ります。
e0304702_07563326.jpg
ダム堤体側の乗り場に到着です。
e0304702_07565908.jpg

奥只見湖遊覧船 ファンタジア号 13-08
e0304702_23003598.jpg
奥只見湖と遊覧船乗場
e0304702_07572804.jpg
ちょうど14:30発の奥只見周遊コースのファンタジア号が戻ってきました。
e0304702_07574555.jpg
"
奥只見湖遊覧船 ファンタジア号の船内はこうなのかな(乗っていないので・・・) 13-09
e0304702_23005404.jpg
"
奥只見湖遊覧船 ファンタジア号(乗りたかったけど、15:30に乗ると帰りが辛いので・・・) 13-11
e0304702_23013059.jpg
e0304702_07582113.jpg
"
遊覧船に乗ると奥只見ダムを上流真正面から見ることができるとか。 13-12
e0304702_23014756.jpg
奥只見電力館への道から奥只見ダム
e0304702_07584634.jpg
"
そして、二門のラジアルゲートもよく見えるとか。 13-13
e0304702_23020608.jpg
奥只見電力館への道から奥只見ダム ラジアルゲート部分を切出し
e0304702_07591024.jpg
"
スロープカーを降りてすぐ先の展望場所からの奥只見ダム 13-14
e0304702_23022924.jpg
展望場所の案内板
e0304702_08010825.jpg
展望場所からの奥只見ダム
e0304702_08013625.jpg
そして、ダム堤体を行けるところまで、ラジアルゲートの真上までは行けません。
e0304702_08022734.jpg
"
ダム堤体を歩いてきて、ダム部がここで戻ることはないはず、お約束ですw。 13-15
e0304702_23025465.jpg
ダム堤体を歩いてきて、立入禁止のゲートから右岸側
e0304702_08085545.jpg
スロープカ―より撮影 
e0304702_08090460.jpg

ここからダム堤体上で撮った写真を何枚か
e0304702_19345985.jpg
ダム堤体から右岸側
e0304702_19352597.jpg
ダム堤体から左岸側、奥只見電力館も見えています。
e0304702_19355080.jpg
ダム堤体から奥只見湖
e0304702_19360908.jpg
高さは、重力ダムでは日本最高の157mです。
e0304702_19363287.jpg
"
ダム部のお約束、内部見学です。見学会があるなら、機会があれば参加したいなと・・・ 13-16
e0304702_23040550.jpg
13-17
e0304702_23034781.jpg
13-18
e0304702_23044094.jpg
13-19
e0304702_23051175.jpg
13-20
e0304702_23053057.jpg
13-21
e0304702_23054665.jpg
13-22
e0304702_23060436.jpg

ダムの下への道路はありますが、ここまで行けるのでしょうか、我は知らんと欲す・・・ 13-23
e0304702_23062507.jpg
ダムコラムより 13-26
e0304702_19392689.jpg

奥只見電力館 ダムカードを配布しています。 13-24
e0304702_23065002.jpg
奥只見電力館の全景
e0304702_19373036.jpg
奥只見電力館は水車をモチーフとしています。
e0304702_19382767.jpg
奥只見電力館から奥只見ダム
e0304702_19384569.jpg
"
奥只見ダム探訪終了、黒又ダムはH290929現在行くことはできませんが、
ダムカードは小出電力所( 魚沼市小出島889番地)でゲットできます。 13-25
e0304702_23071375.jpg
奥只見ターミナルをアップしてみました。
e0304702_19402376.jpg
"
時間を気にしての探訪でしたが、やはり来てよかった都の印象です。できれば、次は下久保ダムに行けたらと。コミックの舞台探訪とダム見学・ダムカードゲットの合わせ技は楽しかったです。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年10月16日 作成





# by fureshima2223 | 2017-10-16 07:28 | ダムマンガ・ダムカード | Trackback | Comments(0)

「ダムマンガ」舞台探訪006 三国川ダム(さぐりがわダム)と周辺(第12基目)

「ダムマンガ」舞台探訪006 三国川ダム(さぐりがわダム)と周辺(第12基目)

2巻12基目 東京駅、とき305号、浦佐駅、三国川ダム、352号標識、湯之谷館(自在館)などが登場

ダムマンガ2巻12基 新潟県南魚沼市の三国ダム イベントではなくて監査廊見学ができるダムです。このことを知って、平成28年には探訪の準備をしていたのですが、ようやく訪れることができました。作中では東京駅に集合し、浦佐駅に迎えに来てもらっていますが、レンタカーを借りるため越後湯沢駅が下車駅になってしまいます。探訪日は平成29年9月29日です。

まずはこの1枚 わらび野橋と三国川ダムです。
e0304702_07152786.jpg

スタートは東京駅 12-01
e0304702_17353345.jpg
東京駅に集合 12-02
e0304702_17360365.jpg
東京駅に集合 部長張り切っています 12-03
e0304702_17381491.jpg
東京駅7:08発とき305号で出発 12-04
e0304702_17413108.jpg
8:52浦佐駅到着(ここに駅レンタカーがないので、個人的には使えない駅ですが・・・) 12-05
e0304702_17415304.jpg
浦佐駅
e0304702_07372461.jpg

道路標識は国道17号線を南に進み、新潟県南魚沼市四十日570−1 付近
雪国の縦配置の信号と消雪設備 12-06
e0304702_17421208.jpg
道路標識は国道17号線を南に進み、新潟県南魚沼市四十日570−1 付近
e0304702_07375849.jpg
縦配置の信号の例 越後湯沢駅東側駅周辺
e0304702_07374863.jpg
消雪設備の例 越後湯沢駅東側駅周辺
e0304702_07373574.jpg

新潟県道233号 わらび野橋手前 2014年4月にはまだ「ようこそ三国川ダムへ」の標柱があったとか 12-07
e0304702_17422626.jpg
標柱がないので、ダム堤体に着目して撮ってみました。
e0304702_07431917.jpg
ストリートビュー2014年4月より切り出し 確かにあったとか
e0304702_07432926.jpg

三国川ダムは堤体にコンクリートをほとんど使っていない 12-08
e0304702_17423971.jpg
三国川ダム情報館にて 三国川ダム堤体標準断面図
e0304702_07452864.jpg
三国川ダムホームページより 三国川ダム堤体マップ
e0304702_20265055.jpg

三国川ダムはロックフィルダムです 12-09
e0304702_17425448.jpg
展望台から撮りました
e0304702_07461773.jpg

非洪水期常用洪水吐、下から見る放流路と管理橋と非洪水期常用洪水吐のゲート室かな 12-10
e0304702_17431292.jpg
管理橋から非洪水期常用洪水吐、右側の固定堰は非常用洪水吐
e0304702_07532875.jpg
出逢い橋から 放流路と管理橋と非洪水期常用洪水吐のゲート室
e0304702_07474848.jpg
出逢い橋とダム堤体
e0304702_07465812.jpg

管理橋で 三国川ダム管理所と三国川ダム情報館をバックに 12-11
e0304702_17432786.jpg
e0304702_07541144.jpg
ダムカード配布と監査廊見学の案内板
e0304702_07543512.jpg
三国川ダム情報館入口
e0304702_07550867.jpg
監査廊を一般開放のポスター 
H29は原則として11月30日までの日祝・土は1日5回、月・木・金は1日4回、1回14人まで
e0304702_20044520.jpg

三国川ダム情報館に入って左側のカウンターで 12-12
e0304702_17435605.jpg
三国川ダム情報館に入って左側のカウンター
e0304702_07565625.jpg
「ダムマンガ」井上よしひささん2015.06.12 の色紙があります。
e0304702_20255549.jpg
本日監査廊見学実施中の案内
e0304702_07573453.jpg
インターフォンか置いてある携帯電話で監査廊見学の申し込みをします。
三国川ダムのダムカードもここでゲットできます。
e0304702_07571211.jpg
展示室、三国川ダムを含むジオラマがあります。
e0304702_07574629.jpg

入口のドアを開けて、エレベーターへ 12-13
e0304702_17441006.jpg
エレベーター室、上が展望台になっています。モニュメントはダムとしゃくなげをイメージしています。
e0304702_08002962.jpg
エレベーター入口
e0304702_08010306.jpg
このエレベーターで下ります。
e0304702_08015046.jpg
1Fの気温は19度
e0304702_08023525.jpg

エレベータの中で 12-14
e0304702_17442331.jpg
案内板 今回の見学範囲を追記
e0304702_08040663.jpg
エレベーターの内部です。
e0304702_08031694.jpg
1階+489.5m~B3階+340.5m 99m下ります。
e0304702_08063140.jpg

確かにクイズがあったような、撮っていませんでした。 12-15
e0304702_17443798.jpg

エレベーターを降りて監査廊へ 12-16
e0304702_17444906.jpg
エレベーターを降りると気温は11度でした。
e0304702_08054029.jpg
B3Fのエレベーター前
e0304702_08050551.jpg
エレベーター前から監査廊
e0304702_08053028.jpg
平成23年7月新潟・福島豪雨の時 ダムが満杯になり非常用洪水吐からの放水があったとのこと(この時が唯一とのこと)
e0304702_07411813.jpg
監査廊案内板 現在位置が表記されています。
e0304702_07412908.jpg
監査廊を進み
e0304702_07460737.jpg
現在位置の標示 見学はここまででUターン、ゲート室へ
e0304702_07461761.jpg
監査廊の説明版 ここから上下へ階段が合わせて1106段あるそうです。
e0304702_07470275.jpg
上への階段です 階段は上下1106段あります。
e0304702_07505578.jpg
戻って、エレベータ前を通りゲート室へ
e0304702_07520132.jpg

常用洪水吐ゲート室で 12-17
e0304702_17450274.jpg
常用洪水吐ゲート
e0304702_07521473.jpg
三国川ダム常用洪水吐きの案内板
e0304702_07523277.jpg
監査廊の位置表示の例 常用洪水吐ゲート室から利水放流ゲート室へ
e0304702_07525000.jpg
利水放流ゲート室 開度計はと撮っていませんでした。 2-18
e0304702_17550010.jpg
利水放流ゲート室
e0304702_07582825.jpg
利水放流ゲートの案内板
e0304702_07585948.jpg
ドアの向こうは利水放流水路
e0304702_07593025.jpg

ドアを開けて利水放流水路へ 12-19
e0304702_17452716.jpg
ドアを開けて利水放流水路へ。
e0304702_08004404.jpg
ドアを開けて利水放流水路を見ています。
e0304702_08000185.jpg

ドアを開けて利水放流水路へ 12-20
e0304702_17453854.jpg
ドアを開けて利水放流水路へ この時は放水していませんでした。
e0304702_08021700.jpg

しゃくなげ観光センターにて、昼食はダムカレー  12-21
e0304702_17455319.jpg
しゃくなげ観光センター
e0304702_23270926.jpg
三国川ダム ダムカレー880円 三国川ダムカード提示で50円引きでした。
e0304702_23265939.jpg

しゃくなげ観光センターでダム部の昼食 12-22
e0304702_17460747.jpg
ダム部の昼食の場所、お店の了解を得て撮影しました。
e0304702_23331353.jpg

国道352号 奥只見ダムへの道 12-23
e0304702_17462119.jpg
新潟県魚沼市宇津野475(湯之谷建設)の先奥只見ダム方向、折立温泉まで約1㎞
e0304702_23340680.jpg

シルバーライン入口の駐車場で 12-24
e0304702_17463898.jpg
奥只見シルバーラインの案内板
e0304702_23344967.jpg
駐車場の休憩所トイレでした。

e0304702_23345997.jpg

宿泊場所 湯之谷館(自在館:新潟県魚沼市栃尾又温泉)12-25
e0304702_17465175.jpg
自在館:新潟県魚沼市栃尾又温泉
e0304702_23354197.jpg
うえの湯、おくの湯の入口
e0304702_23361120.jpg
したの湯入口
e0304702_23360479.jpg

ダムというインフラ施設の中を見せていただき満足でした。ただ、いろいろな歴史がありダムを望む露天風呂がかなり前に廃止されていたのは残念でした。このあと、ダムマンガ2巻13基 奥只見ダムの舞台探訪に続きます。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。 著者は井上よしひささんです。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年10月10日 作成


# by fureshima2223 | 2017-10-10 07:18 | ダムマンガ・ダムカード | Trackback | Comments(0)

マンホールカード9枚目ゲット、吉川市役所で、そしてマンホール探訪も。

マンホールカード9枚目ゲット、吉川市役所で、そしてマンホール探訪も。

埼玉県吉川市のマンホールカードの入手とマンホールとの出会いを求めて、平成29年8月15日に吉川市を訪れました。歩いた範囲は吉川団地⇒吉川市役所⇒吉川駅です。

まずはこの1枚 吉川市役所河川下水道課に展示されている下水道カラーデザインマンホール蓋
吉川市の市制施行20周年を記念して制作したこのマンホール蓋には、川に囲まれたまちをイメージする青を基調に、市のイメージキャラクター「なまりん」や約3キロメートルにもおよぶ「さくら通り」の桜がデザインされています。このデザインの消火栓蓋もあるとのことなので、次の機会には・・・
e0304702_07270084.jpg
"
今回歩いた範囲です。マンホールカードのもととなった蓋の場所にはいっていません。
e0304702_07482979.jpg

吉川市のマンホールカード 第5弾として平成29年8月1日より配布
・配布場所:吉川市役所河川下水道課(吉川市吉川二丁目1番地1) 市役所第二庁舎1階
・配布情報:8:30~17:00に配布します。ただし、土日、祝日、年末年始はお休みです。

マンホールカード 表
e0304702_07370886.jpg
マンホールカード 裏
e0304702_07374549.jpg
吉川市役所 左側の建物が市役所第二庁舎、河川下水道課はその1階です
e0304702_07393637.jpg
河川下水道課でマンホールカードを配布しています。
e0304702_07403424.jpg
e0304702_07404336.jpg
下水道カラーデザインマンホール蓋も展示しています
e0304702_07270084.jpg

マンホールカードに示された場所には行けませんでしたが、吉川駅の南口と北口に下水道カラーデザインマンホール蓋があります。また駅南口には「金色のなまずモニュメント」もあります。「なまずの里吉川」ですので。

吉川駅南口で「金色のなまずモニュメント」
e0304702_19412795.jpg
吉川駅南口で 下水道カラーデザインマンホール蓋
e0304702_19430608.jpg
吉川駅南口で 下水道カラーデザインマンホール蓋設置場所
e0304702_19432086.jpg
吉川駅北口で 下水道カラーデザインマンホール蓋
e0304702_19433585.jpg
吉川駅北口で 下水道カラーデザインマンホール蓋設置場所
e0304702_19432086.jpg

吉川市内で出会った下水道マンホール蓋 汚水編

1-1 JIS東京型 汚水の周りの枠と2つ目3つ目の円周とが一体
e0304702_07533196.jpg
1-2 JIS東京型 汚水の周りの枠と2つ目3つ目の円周とが離れている
e0304702_07535684.jpg
1-3 JIS東京型 汚水の字とが大きく、枠がJISの模様を使っている
e0304702_07572297.jpg
1-4 JIS東京型 汚水の字と周りの枠が小さく、2つ目3つ目の円周とずれて一体
e0304702_07575139.jpg
1-5 JIS東京型 汚水の表示なし 下水道の蓋でしょうか
e0304702_07581645.jpg
2 模様違い 汚水
e0304702_07595776.jpg
3-1 ノンスリップタイプ T25と「よしかわ おすい」標記
e0304702_08002721.jpg
3-2 ノンスリップタイプ 「お」標記
e0304702_08004322.jpg
3-3 ノンスリップタイプ 「おすい」標記
e0304702_08010201.jpg
4 模様違い 汚水
e0304702_08011805.jpg
5-1 吉川駅北側のブロック舗装に合わせて
e0304702_08013819.jpg
5-2 吉川駅南側のブロック舗装に合わせて
e0304702_08015367.jpg

吉川市内で出会った下水道マンホール蓋 雨水編


6-1 JIS東京型 雨水の周りの枠と円周とが一体、汚水とは穴と設定位置が違う
e0304702_08030130.jpg
6-2 JIS東京型 雨水の字とが大きく、枠がJISの模様を使っている(汚水1-3と同じパターン)
e0304702_08031903.jpg
6-3 模様違い 雨水(汚水2同じパターン)
e0304702_08034049.jpg

旧住宅都市整備公団建設の吉川団地では

7 JIS東京型 旧住都公団設置でしょうか 汚水
e0304702_06295972.jpg
8 JIS東京型 旧住都公団設置でしょうか 雨水
e0304702_06302351.jpg
"
吉川市内で出会った上水道マンホール蓋、ハンドホール蓋


9 60㎝空気弁蓋 月の公園近くのポケットパーク前で

e0304702_06463846.jpg
10 仕切弁ハンドホール蓋 なまず
e0304702_06464661.jpg
月の公園近くのポケットパーク前にありました
e0304702_06474234.jpg

e0304702_06480494.jpg
11 仕切弁ハンドホール蓋 なまず
e0304702_06484215.jpg
12 排水栓ハンドホール蓋 なまず
e0304702_06485915.jpg
13-1 仕切弁ハンドホール蓋 トミス
e0304702_06582022.jpg
13-2 仕切弁ハンドホール蓋 トミス表記なし
e0304702_06583926.jpg
13-3 仕切弁ハンドホール蓋 水協
e0304702_06585413.jpg
14 仕切弁ハンドホール蓋
e0304702_06593260.jpg
15 仕切弁ハンドホール蓋
e0304702_06594849.jpg
16 仕切弁60cmマンホール蓋
e0304702_07000409.jpg
17 ハンドホール蓋 なまずと屋形舟 水道かな
e0304702_07002941.jpg
"
吉川市の消火栓蓋

18-1 消火栓蓋 市章の位置が下と違う
e0304702_07052380.jpg
18-2 消火栓蓋 市章の位置が上と違う
e0304702_07050373.jpg
19 消火栓蓋
e0304702_07051410.jpg
20-1 消火栓角蓋
e0304702_07044805.jpg
20-2 消火栓角蓋
e0304702_07045494.jpg

埼玉県吉川市でマンホールカードをゲットしました。歩いて写真を撮ったのは吉川団地⇒吉川市役所⇒吉川駅と、それほどの距離を歩いたわけではありませんが、思ったより多くの蓋と出合うことができました。特に水道のカラーデザイン蓋が可愛かったです。知らなかった都市のちょっとした散歩の中にも多くの出会いがあっていいものだなと、街の蓋との出会いは。

履歴
2017年10月01日 作成








# by fureshima2223 | 2017-10-01 14:15 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

小諸市なつまちおもてなしプロジェクトの5年間の活動(H29.08.13のツイートを資料として保存)

小諸市なつまちおもてなしプロジェクトの5年間の活動(H29.08.13のツイートを資料として保存)

H29.08.13の小諸なつまちおもてなしプロジェクト様のツイートを資料として残すため転載させていただきます。

小諸市なつまちおもてなしプロジェクト @komoro_NOP 17分17分前 20170813 2134

回顧録小諸市なつまちおもてなしプロジェクトの5年間の活動と、なつまち製作委員会の皆様からのメッセージを再掲載します! #なつまち5周年

なつまちおもてなしプロジェクトHistory2012~2017

e0304702_08111745.jpg

「あの夏で待ってる」5周年 スタッフの皆様からのメッセージ

e0304702_08105144.jpg

e0304702_08134870.jpg

H29.08.13の小諸なつまちおもてなしプロジェクト様のツイートを資料として残すため転載させていただきました。


履歴
2017年09月21日 作成


# by fureshima2223 | 2017-09-21 08:17 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

「月がきれい」舞台探訪015 アニメに登場したマンホール蓋など(川越市内7カット)

「月がきれい」舞台探訪015 アニメに登場したマンホール蓋など(川越市内7カット)

アニメでは省略されることが多いのですが、それでも、ロケハン写真からカットを作成する際に描かれているマンホールの蓋や集水用の鉄蓋、コンクリート蓋があります。ここに蓋があるはず、なぜこの蓋は描かれたのだろう、描かれている蓋と現地の蓋が違うような、などなど、いろいろと考えさせられることがあります。対比するのは主に直径60㎝のマンホール蓋ですが、他の蓋も載せることも・・・。今回は「月がきれい」川越市内でH290914に撮った写真をまとめてみました。

マンホール蓋が登場したのは7カットでした。最後に地図も添付しています。

①第01話 01-066
e0304702_20175019.jpg
e0304702_20191280.jpg
左側の大きな蓋 電電公社の蓋でした。
e0304702_20181559.jpg
右側の小さな蓋、IGS(伊藤鉄工)の蓋でした。
e0304702_20183128.jpg
"
②第01話 大正浪漫夢通り方向 BOUTIQUEアリス前より 川越市連雀町15-8 01-072
e0304702_07092020.jpg
e0304702_20195367.jpg
NTT東日本、舗装に合わせた蓋でした。
e0304702_20200805.jpg
"
③第10話 吉野園ビルクレアモール側 川越市新富町1丁目12-2  10-021
e0304702_07093515.jpg
e0304702_20210306.jpg
アニメで水道の仕切弁ハンドホールが登場するのは珍しいと思います。
e0304702_20213690.jpg
"
④第10話 入間川街道JR川越線付近 川越市野田町1丁目14-38付近 10-042
e0304702_07095041.jpg
e0304702_20222114.jpg
NTT東日本の蓋でした。
e0304702_20224860.jpg
"
⑤第10話 門前横丁側 そうび木のアトリエ 川越市元町2丁目1-1 10-116
e0304702_07101487.jpg
e0304702_20240671.jpg
左は川越市の消火栓蓋でした。
e0304702_20242274.jpg
右は下水道蓋でしょうか、舗装に合わせたようで向きが合っていないような・・・
e0304702_20244032.jpg
"
⑥第10話 川越郵便局 川越市三久保町13-1 10-222 10-224
e0304702_07105580.jpg

e0304702_20252305.jpg
川越市の下水道マンホール蓋、T荷重表示がありません。
e0304702_20254316.jpg
"
⑦第11話 新河岸川道灌橋の上流左岸側 11-073
e0304702_07114967.jpg
e0304702_07453227.jpg
川越市の下水道マンホール蓋、T-14標示です。
e0304702_20265333.jpg

マンホール蓋等のカットが登場した場所を地図に入れてみました。
e0304702_08000314.jpg

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該アニメ画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2017「月がきれい」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年09月15日 作成





# by fureshima2223 | 2017-09-15 19:38 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

郡山市湖南の布引高原へ(H290831 アニメ「フリップフラッパーズ」舞台探訪と共に)

郡山市湖南の布引高原へ(H290831 アニメ「フリップフラッパーズ」舞台探訪と共に)

 アニメ「フリップフラッパーズ」舞台探訪で本宮市内をめぐった後、郡山市湖南の布引高原を訪れました。もともとはOPにイメージとして登場した1カットに対応した写真を撮ることが目的でした。でも、標高1000mの高原に咲き誇るひまわりと風車のコントラストを見て、1カットではもったいないと思い、ブログにまとめてみました。訪問日は平成29年8月31日です。天気予報では50%以上の確率で雨ということでしたが、概ね曇り、16:00過ぎには陽が出るときもあり、感謝です。

まずはこの1枚 布引高原に着いて、風車とひまわり
e0304702_08151431.jpg
そして、「フリップフラッパーズ」のOPに登場した1カットです
e0304702_08180072.jpg
"
アニメ「フリップフラッパーズ」の探訪ブログは以下にリンク先を置いておきます。
「フリップフラッパーズ」舞台探訪001 福島県本宮市、郡山市の舞台へ(第07話)

それでは布引高原の風車とひまわりの写真を並べていくこととします。

まずは郡山駅からの道程 グーグルマップによると 車で1時間13分、43.6㎞です。
e0304702_20032257.jpg

郡山市湖南町赤津を過ぎて国道294号を左折して布引高原へ 
布引高原高原の風車が見えました。
e0304702_20095551.jpg
e0304702_20100497.jpg

布引高原まで登ってきました、郡山市布引「風の高原」案内図
e0304702_20264513.jpg
駐車場の案内板、トイレもあります。
e0304702_20294366.jpg
石碑 国有地払下之碑
e0304702_20300823.jpg
石碑 県営農地開発事業竣工記念碑
e0304702_20303566.jpg
猪苗代湖が見えました。
e0304702_20342094.jpg
郡山布引”風の高原”頂上の案内板
e0304702_20371874.jpg
布引高原 グーグルマップから切り出し加筆しました。
e0304702_19532926.jpg

休憩所があります。ひまわりは咲き誇っています。
e0304702_20412939.jpg
休憩所の付近で撮ってみました。

e0304702_08054445.jpg
e0304702_08060166.jpg
e0304702_08062951.jpg
e0304702_08072869.jpg
e0304702_08074615.jpg
e0304702_08080478.jpg
e0304702_08082103.jpg
e0304702_08083753.jpg

一方通行の周回道路に入ります
e0304702_07375649.jpg

少し回り込んで何枚か
e0304702_08090224.jpg
e0304702_08092899.jpg
e0304702_20341639.jpg
e0304702_20342495.jpg
e0304702_20345378.jpg

曲がって、駐車場の案内板 トイレと避難小屋があります。
e0304702_20351380.jpg
これは展望台への歩道かな、熊が出るかも・・・
e0304702_20372290.jpg

まっすぐい行きたくなりますが、誘導表示のとおり曲がって
e0304702_20391693.jpg

駐車場に戻って、休憩所で郡山のソウルフード「クリームボックス」食べて
e0304702_20411196.jpg
e0304702_20412543.jpg

時々陽も射してきたので、再度写真を撮って
e0304702_07412085.jpg
時には雲がかかりますが
e0304702_07413577.jpg
e0304702_07421747.jpg
e0304702_07423457.jpg
e0304702_07431782.jpg
e0304702_07440962.jpg
e0304702_07444874.jpg
e0304702_07453102.jpg
e0304702_07455495.jpg
布引高原を後にして、郡山駅に向かいます。
e0304702_07503010.jpg

雲の動きと陽の光の加減で、いろいろな表情を見せてくれた布野引き高原、もっと時間を撮ってゆっくりと歩けたらよかったのですが、でも、来ることができて本当によかったです。この次は快晴の布引高原を訪れることができたらと・・・

履歴
2017年09月12日 作成




# by fureshima2223 | 2017-09-12 07:54 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「フリップフラッパーズ」舞台探訪001 福島県本宮市、郡山市の舞台へ(第07話)

「フリップフラッパーズ」舞台探訪001 福島県本宮市、郡山市の舞台へ(第07話)

 最初は郡山市が舞台として登場していると思いましたが、布引高原と交差点のみでした。特定できた舞台のほとんどは福島県本宮市にありました。これは押山清高監督が福島県本宮市出身(facebookで確認)のためでしょうか。本来は平成28年12月に探訪するつもりで資料をまとめていましたが、行けなかったため、平成29年度には布引高原を含めて探訪できたらと計画していました。平成29年8月末にはひまわりが満開との情報も得て休みも取れましたので、降水確率50%以上は覚悟のうえで、「未確認で進行形」以来の福島県の舞台探訪に出かけました。探訪日は平成29年8月31日、天気予報と違ってほとんど雨は降らず、布引高原では陽も射しました。天候が持ってくれたことに感謝です。

それでは「フリップフラッパーズ」第07話に登場する順にブログにまとめていきます。

①布引高原

郡山市湖南町の布引高原のイメージかなと 07-004OP
e0304702_14494221.jpg
布引高原に行きました。イメージとしては合っていると思います。
というより、ひまわりが咲き誇っているこの場所に来れたことで満足です。
e0304702_08113629.jpg
e0304702_19433675.jpg

②クリームボックスのこと

「ベーカリーロミオ」アーモンドボックス 07-005
 ベーカリーロミオ イトーヨーカドー郡山店 (Romio)024-939-1220
  郡山市西の内2-11-40 イトーヨーカドー郡山店 1F 10:00-21:00 定休日はイトーヨーカドーに準ずる
 Romio 開成店 (ロミオ)024-921-0110 郡山市開成1-3-8 アンジェロ開成 10:00~21:00 無休
e0304702_11533102.jpg
アンジェロ開成のRomio 開成店 (ロミオ)でクリームボックス2枚入り購入(220円)、
アーモンドボックスがなかったのは残念、次の機会にはイトーヨーカドー郡山店に行ってみようかと。
e0304702_20394754.jpg
布引高原の休憩所で風車とひまわりを見ながら食しました。郡山ではクリームボックスが必須ですw。
e0304702_20401681.jpg
布引高原のひまわりに再度着目すると
e0304702_20404688.jpg

③本宮駅入口の交差点付近

県道8号本宮熱海線と県道189号本宮停車場線のT字路交差点から、左側歩道の街灯の形状もあっています。 07-019
e0304702_10385603.jpg

e0304702_15390471.jpg
"
本宮市の下水道カラーデザインマンホール蓋 07-032
県道8号本宮熱海線と県道189号本宮停車場線のT字路交差点付近の県道8号歩道両側で、何枚ものアニメに登場する下水道カラーデザインマンホール蓋と出会いました。でも少し変に思えて・・・
e0304702_17153641.jpg
ね、なにか違うような
e0304702_15403740.jpg
アニメカットは本宮市の下水道カラーデザインマンホール蓋の左右反転でした。
e0304702_15402593.jpg

④みずいろ公園、コッペパンのことも

みずいろ公園  駐車場30台 入園料:無料  07-020
開園時間:終日開放(休園日なし) 、所在地:本宮市本宮字馬場地内 
e0304702_13451548.jpg
安達太良山も見えました。
e0304702_16342238.jpg
みずいろの滝の裏から
e0304702_16343238.jpg
"
コッペパン 07-020-2
「本宮市でコッペパンといえば、ムラヤマベーカリーのコッペパン」とのツイートがありました。
確かに本宮市のご当地コッペパンと呼ばれるものがあれば登場はありですね。
e0304702_21042129.jpg
ここで酪王カフェオレとコッペパンは定番かと
e0304702_16582970.jpg
コッペパンを購入したのはフレッシュベーカリー ムラヤマ 本宮市本宮字上町25-1
e0304702_16572589.jpg
フレッシュベーカリー ムラヤマ 本宮市本宮字上町25-1
福島テレビ サタふくより
e0304702_21213075.jpg
"
みずいろ公園  酪王カフェオレに着目 07-021
e0304702_16232827.jpg
このあたりかな
e0304702_17493477.jpg
酪王カフェオレとともに
e0304702_17504215.jpg
酪王乳業株式会社HPより https://www.rakuou-milk.co.jp/index.html
e0304702_16452775.jpg
"
みずいろ公園の遊具 07-023
e0304702_16474287.jpg
e0304702_18470404.jpg
なんとなく、遊具のフレンズたち
e0304702_18473683.jpg
e0304702_18475130.jpg
e0304702_18480724.jpg
e0304702_18482350.jpg
"
⑤しまむら本宮店 本宮市本宮字舘町223―6

しまむら本宮店の案内板 07-025
e0304702_16461280.jpg
e0304702_19550274.jpg
"
しまむら本宮店の駐車場 北側の駐車場を撮ってみました。 07-026
e0304702_16482111.jpg
e0304702_19553095.jpg

⑥郡山市 福島県道17号スクランブル交差点

郡山市の福島県道17号郡山停車場線スクランブル交差点 ビューアネックスホテル前より 07-030
e0304702_17040277.jpg

e0304702_20294604.jpg

スクランブル交差点をアップ 07-031
e0304702_19592112.jpg
e0304702_20310194.jpg

⑦安達太良神社 本宮市本宮舘ノ越232 

安達太良神社 http://www.genbu.net/data/mutu/adatara_title.htm 
参道の石段と鳥居  07-034
e0304702_17172347.jpg
e0304702_21020242.jpg

安達太良神社拝殿の右側、奉納額の横です H281127 07-036
e0304702_14301525.jpg
e0304702_14441613.jpg
"
安達太良神社拝殿 07-037
e0304702_17175095.jpg
e0304702_14444228.jpg
e0304702_14455823.jpg

拝殿に向かって右側 07-038
e0304702_07102279.jpg
e0304702_14462790.jpg

拝殿に向かって左側が見えています 07-039
e0304702_07103828.jpg
e0304702_14470158.jpg

安達太良神社 手水舎と拝殿 アングルは合いませんがこの程度で 07-040
e0304702_17191444.jpg
e0304702_14473589.jpg

手水舎にて 07-043
e0304702_07114776.jpg
e0304702_14481146.jpg

拝殿に向かって左側の階段で 07-044
e0304702_07120095.jpg
e0304702_14484138.jpg

⑧本宮駅入口の交差点付近 ホテル堺屋 本宮市本宮中條59 

ホテル堺屋の前の照明で撮ってみました 07-045
e0304702_07352005.jpg
e0304702_19532332.jpg

本宮市のホテル堺屋の正面 建物解体工事のため平成29年6月末までの営業でした 07-046
e0304702_14092227.jpg

e0304702_19540470.jpg
営業時のホテル堺屋の正面 グーグルストリートビュー(2014年6月)より
e0304702_14214761.jpg

"
⑨本宮駅~五百川駅

本宮市荒井長山付近 本宮ICと奥州街道を繋ぐ道路の東北線陸橋の南 07-047
カットは上が真北ではないようです。
e0304702_14564194.jpg

H281119グーグルマップより切出しました。上が真北です。
e0304702_15051047.jpg


本宮ICと奥州街道を繋ぐ道路の東北線陸橋が見えています。南側から見ています。 07-048
e0304702_17255843.jpg

東北本線の脇の道から 撮れるのはこの程度かと
e0304702_19565864.jpg

五百川駅から望遠で まあ、ここを歩くのは無謀ですw。車内から撮ってみたいですが。
e0304702_19550102.jpg

陸橋から五百川駅方向 上記の写真と逆側から撮ったことになります。
e0304702_19571007.jpg


本宮駅を裏側の駐車場から撮りました 07-050
e0304702_17304062.jpg

e0304702_19583040.jpg

福島方面の列車が来たので アニメとはずいぶん違いますがw
e0304702_19584588.jpg


本宮駅1番ホーム 140円の入場券を購入して入場しました。 07-051
e0304702_17320600.jpg

e0304702_19592073.jpg

2番線に郡山行の列車が来ましたので、撮ってみました。
e0304702_19594247.jpg


本宮市の五百川駅 07-053
e0304702_17323901.jpg

e0304702_20004645.jpg


⑩県道73号阿武隈川上ノ橋より下流左岸側

本宮市内 県道73号阿武隈川上ノ橋の下流左岸側  07-057
安達太良山が写っていないことがキーポイントかな、でも少し違うような。
e0304702_17350151.jpg
樋門の形状が変わっていて、草の部分にブロックが置かれました。
e0304702_07453086.jpg


阿武隈川上ノ橋の下流左岸側 07-056
e0304702_07573669.jpg

e0304702_07470224.jpg


上ノ橋からの写真と対比してみます。 07-058
e0304702_07575518.jpg
安達太良山が写っています。樋門の形状が変わり、新しい護岸ブロックが置かれています。
e0304702_07473175.jpg

グーグルストリートビュー(2014年6月)より アニメと同じです。
アニメのロケハンのあと、樋門と護岸の工事が行われたということかと。
e0304702_19075641.jpg

「未確認で進行形」舞台探訪以来の福島県の舞台探訪でした。思ったより時間を撮られて布引高原に着いたのが16時前と、少し遅めでしたが、かえって陽が射してきてツイていました。日帰りですが、遠出もたまにはいいものだと・・・。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© FliFla Project」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年09月04日 作成


# by fureshima2223 | 2017-09-04 21:03 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「あの夏で待ってる」舞台探訪027 アニメに登場したマンホール蓋など(H290809探訪)

「あの夏で待ってる」舞台探訪027 アニメに登場したマンホール蓋など(H290809探訪)

アニメでは省略されることが多いのですが、それでも、ロケハン写真からカットを作成する際に描かれているマンホールの蓋や集水用の鉄蓋、コンクリート蓋があります。ここに蓋があるはず、なぜこの蓋は描かれたのだろう、描かれている蓋と現地の蓋が違うような、などなど、いろいろと考えさせられることがあります。対比するのは主に直径60㎝のマンホール蓋ですが、他の蓋も載せることも・・・。今回は主に「あの夏で待ってる」小諸市内中心部でH290809に撮った写真をまとめてみました。

以下、「あの夏で待ってる」カットと登場したマンホール蓋等です

①相生町交差点

第10話 相生町交差点旧美容室側左手に蓋が見えます 10-031
e0304702_15050880.jpg
H290809撮影 写ってはいますが見辛いので
e0304702_20045135.jpg
H240129の写真も載せます
e0304702_20060675.jpg
H290809撮影 旧美容室側から蓋に着目してスクランブル交差点を撮ってみました
e0304702_20091666.jpg
H290809撮影 この場所にあるのは小諸市の下水道マンホール蓋です
e0304702_20115563.jpg

OVA 相生町交差点自家焙煎珈琲こもろ前 歩道に蓋が見えます OVA-050
e0304702_15054497.jpg
H290809撮影
e0304702_20211697.jpg
H290809撮影 歩道に設置された電線共同溝のマンホール蓋です
e0304702_20382648.jpg
H290809撮影 1を撮ってみました、逆でしたがC‣C‣BOX(電線共同溝)の標示があります
e0304702_20383395.jpg
②光岳寺山門前

第1話OP 光岳寺山門前 蓋が3枚見えます 01-051OP
e0304702_15061746.jpg
H290809撮影 2の蓋が隠れていたので
e0304702_20450173.jpg
H240129撮影の写真も載せます、カットと同様に蓋は確かに3枚あります
e0304702_20452251.jpg
H290809撮影 光岳寺山門側から1の蓋 小諸市下水道のマンホール蓋です
e0304702_19572389.jpg
H290809撮影 2の蓋は敷地境界に設置する下水道の公共桝の蓋かな、3は道路雨水集水のための鉄製の格子蓋です
e0304702_19594262.jpg
H290809撮影 2の蓋 通常の60㎝蓋より少し小さいようです。
e0304702_20021758.jpg
H290809撮影 3の蓋 鉄製の格子蓋です
e0304702_20033412.jpg

③北国街道 きものおぎはら(小諸市本町3丁目4-3)横の小路

OVA きものおぎはら横の小路 マンホール蓋が大きく写っていますが、なぜか電電公社マークです OVA-098
e0304702_15080087.jpg
H290809撮影 が、現地にあるのは小諸市下水道のマンホール蓋です
e0304702_20192658.jpg
H290809撮影 小諸市下水道のマンホール蓋です
e0304702_20275617.jpg

④ほんまち町屋館(小諸市本町2丁目2番9号)みはらし庭にて

第10話 ほんまち町屋館みはらし庭にて カットのグレーチング蓋はすぐわかったのですが 10-161
e0304702_15082213.jpg
H290809撮影 マンホール蓋と集水用のグレーチングがあります
e0304702_19242450.jpg
H290809撮影 蓋2枚を撮ってみました
e0304702_19260680.jpg
H290809撮影 1の蓋は電気のマンホール蓋 T-2の標示は歩道用程度かな、OKのマーク㈱オーイケ社製
e0304702_19262695.jpg
H290809撮影 雨水集水用のグレーチング蓋
e0304702_19264245.jpg

⑤旧小諸本陣(小諸市市町1丁目2番29号)前

第9話 旧小諸本陣前 09-093
e0304702_15085488.jpg
見辛いので調整しました
e0304702_19364073.jpg
H290809撮影
e0304702_19483330.jpg
H290809撮影 マンホール蓋と雨水等の側溝の蓋 グレーチング蓋とコンクリート蓋
e0304702_19423906.jpg
H290809撮影 NTTのマンホール蓋です
e0304702_19440820.jpg

⑥安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(小諸市大久保1100番)

OVA 安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター OVA-107
e0304702_15094868.jpg
H290809撮影
e0304702_19571715.jpg
H290809撮影
e0304702_19574021.jpg
H290809撮影 マンホール蓋 JIS型ですが、民地内のためか中央には何も描かれていません
e0304702_19575964.jpg

最後に、探訪の途中で出会った小諸市下水道のデザインマンホールを載せます。これほどのデザインマンホールがあるのですから、マンホールカードに登場してくれたらと・・・。

懐古園入口 草笛総本店前にて
e0304702_20533390.jpg

鴇久保集落にて、小諸市中心部にもありますが
e0304702_20535797.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年08月28日 作成




# by fureshima2223 | 2017-08-28 08:09 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

「月がきれい」舞台探訪014 熊谷市その1(第06話熊谷駅から熊谷スポーツ文化公園)

「月がきれい」舞台探訪014 熊谷市その1(第06話熊谷駅から熊谷スポーツ文化公園)

 久し振りに「月がきれい」の探訪に出かけました。とはいっても、主要な目的はマンホールカードを入手しその付近のマンホールの写真を撮ることであり、その最後の場所が熊谷市でした。なので、「月がきれい」第06話に登場した熊谷駅前と陸上競技場を訪れてみようかと思いました。出発時の天気予報では1日中曇りとのことでしたが、途中からかなり強い雨、しかも夕方になって、せめて陸上競技場の外観だけでも撮れればと思いましたが、室内練習場が使用されていたため、メインスタンドと北ゲートは撮ることができました。まあ、せっかく出かけたので、次はあるかどうかわからないので、目的の場所の一端には触れたいとの思いです。探訪日は平成29年8月15日です。

熊谷駅前で

熊谷駅北口 06-055
e0304702_19385859.jpg
e0304702_07272712.jpg

熊谷駅北口、バックは熊谷市役所熊谷駅連絡所ほか(熊谷駅ビルアズ熊谷・マツモトキヨシ前より) 06-056
e0304702_19391377.jpg
e0304702_07280213.jpg

熊谷駅北口、バックは熊谷警察署熊谷駅前交番 06-057
e0304702_19394582.jpg
e0304702_07284220.jpg

熊谷駅北口、バック熊谷駅ビルアズ熊谷 06-060
e0304702_19400250.jpg
e0304702_07290833.jpg

熊谷駅北口 06-063
e0304702_19401908.jpg
e0304702_07293187.jpg

熊谷駅北口、バック熊谷駅ビルアズ熊谷のマツモトキヨシ 06-064
e0304702_19403620.jpg
e0304702_07295630.jpg

熊谷駅前のカットを回収して、国際十王交通株式会社の路線バスでくまがやドームへ、目的地は陸上競技場ですが
大会がない日でも1時間に2本程度のダイヤです。
e0304702_20544889.jpg

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

熊谷スポーツ文化公園に着きました 06-066
e0304702_19405993.jpg
e0304702_07303558.jpg

室内練習場が使用されていて、ここからメインスタンド方向を撮ることができました 06-068
e0304702_19045196.jpg
e0304702_19051584.jpg

北マラソンゲート 06-088
e0304702_19055726.jpg
e0304702_19062058.jpg

スタート地点、階段がキーポイント 06-090
e0304702_19065716.jpg
e0304702_19071911.jpg

北マラソンゲート さすがに夕方・雨のためシャッターは降りていました 06-091
e0304702_19074810.jpg
e0304702_19081176.jpg

スタート位置に着いて 06-096
e0304702_19085350.jpg

スタート位置に着いて 06-097
e0304702_19093481.jpg
e0304702_19100353.jpg

でも、ゴールは遠かったような 06-100
e0304702_19234297.jpg

記録の掲示、競技場管理室入口右側でしょうか 06-110
e0304702_19244251.jpg
e0304702_20591850.jpg

ゲートへの階段で(写真は3ゲートで撮りました、雰囲気だけ) 06-112
e0304702_19245345.jpg
e0304702_21001430.jpg
"
ゲートへの階段で(写真は3ゲートで撮りました) 06-113
e0304702_19262798.jpg
e0304702_21020798.jpg
"
ゲートへの階段で(写真は3ゲートで撮りました) 06-114
e0304702_19264150.jpg
e0304702_21031554.jpg
"
06-115
e0304702_19265645.jpg
"
ゲートへの階段で(写真は3ゲートで撮りました) 06-116
e0304702_19271484.jpg
e0304702_21035928.jpg

彩の国くまがやドーム前のコバトン
e0304702_21053325.jpg

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場の全景も撮って
e0304702_21060398.jpg

国際十王交通株式会社の路線バスで熊谷駅に戻ります、滞在時間は1時間強でした。
e0304702_21062540.jpg

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該アニメ画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2017「月がきれい」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年08月24日 作成





# by fureshima2223 | 2017-08-24 19:12 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31