飛出し坊や:東京都小平市新小金井街道で出会いました

飛出し坊や:小平市新小金井街道で出会いました

小平市の新小金井街道沿い、鈴木小学校の裏口から歩道に出る場所に飛出し坊やがいました。すぐに車道に出られる場所ではないので、自電車に注意を喚起したものと思います。歩道にも自転車とまれの標記があります。撮影はH281002です。
e0304702_20171801.jpg
飛出し坊やをアップしてみました。
e0304702_20172873.jpg
新小金井街道の反対側の歩道で 
小平市鈴木遺跡資料館の前に 向かって右側 男子の飛出し坊や風案内板

e0304702_20173726.jpg
小平市鈴木遺跡資料館の前に 向かって右側 女子の飛出し坊や風案内板
e0304702_20175480.jpg
ちょっとした街中ウォッチング、でも東京の多摩地域にも飛出し坊やがあって、ちょっと嬉しい気分になったので。他の地域でも出会ったら写真を撮る対象としてみようかなと。

履歴
2016年10月18日 作成


# by fureshima2223 | 2016-10-18 20:33 | 徒然なるままに | Comments(0)

バスの終点へ行こう001:南越後観光バス㈱大白川終点バス停(H280928)

バスの終点へ行こう001:南越後観光バス㈱大白川終点バス停(H280928)

「のんのんびよりりぴーと」舞台探訪で只見線旧柿ノ木駅に来た時に、南越後観光バス㈱大白川行が通りました。ならば、破間川ダムに行く途中なので、バスの終点となっている大白川終点バス停を訪れてみました。訪問日は平成28年9月28日です。

只見線旧柿ノ木駅「のんのんびよりりぴーと」探訪中南越後観光バス㈱大白川行が来ました
e0304702_21155151.jpg
南越後観光バス㈱の後ろ姿
e0304702_21160128.jpg
柿ノ木バス停は柿ノ木集会所の前です。
e0304702_21160964.jpg
柿ノ木バス停 3往復です
e0304702_21152921.jpg

大白川バス停 ここが集落最寄バス停、木造の待合所があります
e0304702_21174347.jpg

大白川終点バス停で、先ほどのバスが小出駅行きとなります
e0304702_21170465.jpg
大白川終点バス停
e0304702_21171378.jpg
大白川終点バス停をアップ
e0304702_21173251.jpg

この後、破間川ダムでダムカードゲットしました
e0304702_21183766.jpg

グーグルマップから切出し、加筆しました。
e0304702_21185781.jpg

南越後観光バス株式会社のホームページ
http://www.minamiechigo.co.jp/

小出 ~ 上条 ~ 貫木・穴沢 ~ 大白川 線 平成28年4月1日改正ダイヤ
http://www.minamiechigo.co.jp/pdf/jikoku-280401/koide/0401/oshirakawa2.pdf
e0304702_20390167.jpg

履歴
2016年10月08日 作成


# by fureshima2223 | 2016-10-08 06:31 | バスの終点へ行こう | Comments(0)

只見線旧田子倉駅を訪ねてみました(H280928訪問)

只見線旧田子倉駅を訪ねてみました(H280928訪問)

只見線の田子倉駅の駅舎がまだ残されていると聞いて、六十里越を通り田子倉ダムに行く途中で寄ってみました。この駅は、昔々入叶津から浅草岳に登り、下りてきて移動のために利用しました。駅としては廃止されましたが、建物とホームはまだ残っていました。当然のこととして、駅名の表示は外され入り口は閉じられていて、ホームに降りることはできませんでした。訪問日は平成28年09月28日です。

まずはこの1枚 只見線旧田子倉駅です。
e0304702_07522684.jpg

只見線田子倉駅の歴史
 1971年(昭和46年)08月29日 日本国有鉄道 只見線の只見-大白川間の開通に伴い開業。旅客のみ取り扱い。
 1987年(昭和62年)04月01日 国鉄分割民営化によりJR東日本に継承。
 2001年(平成13年)12月01日 この日行われたダイヤ改正より、12 - 3月の冬季間は全列車通過となり臨時駅に降格。
 2011年(平成23年)07月30日 新潟・福島豪雨により営業休止。
 2012年(平成24年)10月01日 只見-大白川間が復旧するが、当駅は全列車通過となる。
 2013年(平成25年)03月16日 廃止。

新潟県側から登ってきて、県境の六十里越隧道入口の駐車スペースで、新潟県側 県境は隧道内かと
e0304702_07512990.jpg
新潟県側から登ってきて、県境の六十里越隧道入口の駐車スペースで、福島県側 県境は隧道内かと
e0304702_07514777.jpg

国道より田子倉湖も見えました。
e0304702_07551090.jpg

対岸のスノーシェードに入る前で、旧田子倉駅が見えました。
e0304702_07520963.jpg

新潟県側から車で只見線旧田子倉駅に到着 駐車スペースがありました。
e0304702_07522684.jpg
入口は木の板で閉じられていました。上部にはかつて田子倉駅の標示がありました。
e0304702_07524645.jpg
只見側からの旧田子倉駅
e0304702_07532968.jpg
入口はメッシュ門扉が設置されていました。点検等で出入りしているのでしょうか。側面上部にはかつて田子倉駅の標示がありました
e0304702_07534422.jpg
駅の中を撮ってみました。
e0304702_07530674.jpg
e0304702_07531771.jpg
旧田子倉駅から田子倉ダムへと向かいます・・・
e0304702_07542502.jpg

六十里越と旧田子倉駅 グーグルマップから切り出し、加筆しました。
e0304702_07544394.jpg

履歴
2016年10月05日 作成











# by fureshima2223 | 2016-10-05 12:39 | 徒然なるままに | Comments(0)

「のんのんびよりりぴーと」舞台探訪004 再探訪旧柿ノ木駅とその周辺 柿ノ木駅がない!(第01話)

「のんのんびよりりぴーと」舞台探訪004 再探訪旧柿ノ木駅とその周辺 柿ノ木駅がない!(第01話)

二度と戻ることはない でも消えない模様 「花咲くいろは」OP2 面影ワープより 再探訪日はH280928です。

柿ノ木駅 アニメカット「のんのんびよりりぴーと第01話」 (01-108)
e0304702_07294890.jpg
柿ノ木駅(廃駅)H270806撮影 2423D 大白川発10:00⇒(柿ノ木)⇒10:10入広瀬着を通過後に撮りました。
e0304702_07571054.jpg
旧柿ノ木駅跡 H280928撮影
ホームも駅舎もありません。ホームがなくなって、その分目線も下がっています。
e0304702_05494176.jpg

平成27年08月06日に「のんのんびよりりぴーと」第01話に登場した柿ノ木駅(廃駅)の探訪を行い、ブログを作成しました。
「のんのんびより りぴーと」舞台探訪01 新潟県魚沼市の只見線柿ノ木駅(廃駅)登場です(第01話)

その後、入広瀬駅と柿ノ木駅(廃駅)の間、破間川左岸の県道500号沿いに「のんのんびよりりぴーと」第01話に登場した3カットのモデルとなる場所があること、柿ノ木駅(廃駅)が平成27年9月~11月にホームも駅舎も撤去されたことを知りました。何度か探訪の計画をしましたがなかなか再訪問ができず、ようやく前回訪問から1年以上たった平成28年09月28日に訪れることができました。掲載した写真は平成28年09月28日と前回探訪の平成27年08月06日に撮影したものです。

それでは探訪の報告をさせていただきます。地図はグーグルマップから切出して加筆
e0304702_08551521.jpg
"
「のんのんびよりりぴーと」第01話に登場した入広瀬駅と柿ノ木駅(廃駅)の間、破間川左岸の県道500号沿いのカットです。

グーグルマップより切出し 加筆
e0304702_10280368.jpg

県道500号 入小屋踏切への道より少し南側のから 只見線方向 01-132
e0304702_05572125.jpg
e0304702_06012223.jpg

県道500号 入小屋踏切への道より少し南側のから 只見線方向 01-133
e0304702_05573228.jpg
工事用トラックが入広瀬駅に戻るのを撮ってみました。H280928撮影
e0304702_06015266.jpg
入小屋踏切 通れるのは小型特殊までです H280928撮影
e0304702_06033327.jpg

県道500号 入小屋踏切への道より少し南側の道のから北西側 01-192
e0304702_05583379.jpg
H280928撮影
e0304702_06022324.jpg
”県道500号 入小屋踏切と逆の道を西側に登って南東側 物置がポイント 01-193
e0304702_05585944.jpg
10-035
e0304702_06002778.jpg
H280928撮影
e0304702_06024686.jpg
"
「のんのんびよりりぴーと」第01話に登場した只見線柿ノ木駅  平成27年9月~11月でホームも駅舎も撤去されました・・・

グーグルマップ2014年10月空撮写真 まだ柿ノ木駅の駅舎もホームもあります。

e0304702_10274636.jpg

柿ノ木駅まで車で来て ここにこのように車を停めるのは面倒、頭から入れた方が楽でしたw (01-095)
e0304702_07231703.jpg
H280928撮影
e0304702_15011953.jpg
H270806撮影
e0304702_21501001.jpg

柿ノ木駅(廃駅)の駅舎、その横に車は停められるけど、左手の建物は柿ノ木籾乾燥調製施設 (01-097)
e0304702_07242648.jpg
H280928撮影
e0304702_15023827.jpg
H270806撮影
e0304702_21505603.jpg

線路の反対側から駅舎とホーム 駅の小出側すぐに踏切があります。 (01-099)
e0304702_07252154.jpg
H280928撮影
e0304702_15031429.jpg
H270806撮影
e0304702_21515144.jpg

柿ノ木駅(廃駅)のホームに来ました。ここから宮内ひかげは東京へ 
列車が到着 これって、小出発只見行になりますが、どこに行くのでしょうかw
れんちょんが「電車来た」と言っていますが、どう見ても架線はないのでディーゼルカーですw (01-109)
e0304702_07294890.jpg
旧柿ノ木駅跡 H280928撮影
ホームも駅舎もありません。ホームがなくなって、その分目線も下がっています。
e0304702_06010677.jpg
2423D 大白川発10:00⇒(柿ノ木)⇒10:10入広瀬着を通過後に撮りました。H270806撮影
e0304702_07571054.jpg

柿ノ木駅で列車を待っていて 各パーツはあるのですが、このアングルでの撮影は無理かと・・・(01-109)
e0304702_07301034.jpg
駅舎があった跡のみです H280928撮影
e0304702_15065257.jpg
道路から ホームも駅名標もありません H280928撮影
e0304702_15075335.jpg
H270806撮影ではこうでした
e0304702_08561753.jpg
H270806撮影 まだホームも駅名標も残っていたころ(駅名の標記はありませんが)
e0304702_08560306.jpg

車両は旧三木鉄道のミキ300形 今でもひたちなか海浜鉄道で見られるのでしょうか。
参考:裏辺研究所日本の旅・鉄道見聞録より ひたちなか海浜鉄道ミキ300形

    http://www.uraken.net/rail/chiho/ibaraki/300.html (01-111)

e0304702_07305556.jpg

H280928撮影 小出駅にて2426Dキハ48 1533新潟色 このイメージは合うような

e0304702_17262687.jpg


列車は只見方面へ・・・(01-128)

e0304702_17291630.jpg

H280928撮影 小出駅にて2426Dキハ48 1533新潟色 このイメージは合うような

e0304702_17263524.jpg

柿ノ木駅(廃駅)ホームより大白川方向 H270806撮影

e0304702_13264758.jpg

列車は只見方面へ??? 柿ノ木駅ホームから大白川方向 左側の滑り台にも注目(01-130)

e0304702_07394900.jpg
H280928撮影
e0304702_13114843.jpg

2423D 大白川発10:00⇒(柿ノ木)⇒10:10入広瀬着を柿ノ木駅進入(通過)時に撮りました。H270806撮影

e0304702_13274606.jpg

バス停のある柿ノ木集会所の遊具です。H270806撮影

e0304702_13290863.jpg

"
二度と戻ることはない でも消えない模様 「花咲くいろは」OP2 面影ワープより

H270806現在の柿ノ木駅について
ご利用のお客さまへ H27.03.13をもって駅を廃止

e0304702_14063728.jpg

大白川駅の運賃表 柿ノ木駅の表記は隠されています。H280928撮影
e0304702_13204353.jpg

旧柿ノ木駅はこうなっています。再度写真を6枚載せます。 H280928撮影
e0304702_17560360.jpg
H280928撮影
e0304702_17563489.jpg
H280928撮影
e0304702_17570104.jpg
H280928撮影
e0304702_17572869.jpg
H280928撮影
e0304702_17574826.jpg
H280928撮影
e0304702_17575908.jpg
バスは1日3往復です。 H280928撮影
e0304702_17584456.jpg
"
H270806の柿ノ木駅(廃駅)はこうでした。写真3枚載せます。
柿ノ木駅(廃駅)の駅舎 鍵が掛かり、駅名の標示は取り外されています。H270806撮影

e0304702_14094228.jpg

ホームへの立ち入りはできます。H270806撮影

e0304702_14100904.jpg

駅名標は白です。柿ノ木駅ではないとのことで・・・H270806撮影

e0304702_14104368.jpg

思えば遠くへ来たものです。前回の探訪から1年以上たってしまいましたが、どうしても来たくて、ようやく来ることができました。当たり前の風景かもしれませんが、また来たくなる場所に出会えたこと、そして「のんのんびより」と「のんのんびよりりぴーと」という作品に出会えたことは幸いです。自分自身の制約の中で出会った作品と地域を大切に思い、自分自身が楽しんで探訪していけたらと・・・


・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。 
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年10月03日 作成





# by fureshima2223 | 2016-10-03 08:02 | のんのんびより | Comments(0)

JR北海道、17駅の廃止打診 名寄「北星」、幕別「稲士別」も(どうしんウエッブH281002)

JR北海道、17駅の廃止打診 名寄「北星」、幕別「稲士別」も(どうしんウエッブH281002)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0322438.html

資料としての保存のため

 JR北海道が道内の市町村に対し、廃止の意向を伝えた駅が本年度中に少なくとも5路線17カ所に上ることが1日、分かった。JRは、1日平均乗車人数(2011~15年の調査日の平均)が1人以下の駅を中心に廃止を進めており、さらに数駅について打診しているとみられる。経営が悪化しているJRは、路線廃止も含めた鉄道事業の抜本的な見直し作業を加速させている。来年度以降も、残る「1人以下」の駅を中心に検討する方針だ。

 北海道新聞の調べで、北星(名寄市)と稲士別(いなしべつ)(十勝管内幕別町)の2駅についてJRが廃止の意向を示していたことが判明した。既に明らかになっている15駅と合わせて計17駅となる。いずれも無人駅。

 このうち、来年3月のダイヤ改正時に合わせて地元自治体が廃止を既に容認しているのは、蕨岱(わらびたい)と北豊津(いずれも渡島管内長万部町)、美々(千歳市)の3駅。南美深駅(上川管内美深町)については、美深町が駅の維持管理費を負担する形で存続させる意向だ。

e0304702_09282156.jpg
無料公開範囲はここまで

履歴
2016年10月02日 転載











# by fureshima2223 | 2016-10-02 09:41 | Comments(0)

鉄路を走るトラック 只見線入広瀬駅と旧柿ノ木駅の間で(H280928撮影)

鉄路を走るトラック 只見線入広瀬駅と旧柿ノ木駅の間で(H280928撮影)

入広瀬駅東側 県道356号大栃山踏切で 工事用トラックが只見線に乗り込みます。
e0304702_08263327.jpg

入広瀬駅から旧柿ノ木駅に向かって1つ目の橋で作業中を見かけました。
e0304702_08264180.jpg

のんのんびよりりぴーとのカットと合わせると 左端の標識が入小屋踏切ではないかと
e0304702_13515339.jpg
e0304702_14020040.jpg

のんのんびよりりぴーとの舞台付近入小屋踏切で 只見線をバックで戻るトラックです。
e0304702_08265021.jpg

グーグルマップから切り出し 3か所で見かけました。
e0304702_13285118.jpg

工事用トラックが只見線を走る、同じ車ですが3度出会って面白いと思ったので。

入広瀬駅のことも載せてみます

雪国観光会館 入広瀬駅の待合所となっています
e0304702_08020575.jpg
只見線の駅名標ほかの展示があります
e0304702_08033750.jpg
駅名標とホーム 小出側
e0304702_08040655.jpg
駅名標とホーム 大白川側
e0304702_08051238.jpg
排雪用のモーターカーの点検でしょうか
e0304702_08064107.jpg
入広瀬駅前で 下水道マンホール蓋 中央は旧入広瀬村の村章(現在は魚沼市)
e0304702_08103147.jpg


履歴
2016年09月29日 作成
2016年09月30日 入広瀬駅の写真を追加


# by fureshima2223 | 2016-09-29 19:30 | 徒然なるままに | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪010 走って飯能市美杉台のカフェへ (八十九合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪010 走って飯能市美杉台のカフェへ (八十九合目)

今回ひなたたちが歩いたコースは、割岩橋~大河原交差点(大河原バス停)=コースNo7~尾根に出て~コースNo6~コースNo5~あさひ山展望公園~cafe Misugiです。普通に道を歩くと矢久橋経由で2.0km、27分の歩きですが、山を突っ切っていくと、どう見ても倍の距離を歩くことになりそうですw。大河原交差点からスタートなら近かもしれませんが・・・。木立のなかを歩くのは気持ちはよかったですが。って、ひなた、なにを考えたのでしょう。探訪日は平成28年09月19日です。

実際に歩いたコースとグーグルマップでの徒歩コース グーグルマップに加筆
e0304702_14074756.jpg

コミック「ヤマノススメ」第八十九号目 走ってカフェへの探訪報告を開始します。

スタートは割岩橋、アニメ「ヤマノススメセカンドシーズン」新七号目カワノススメ?と
大河原交差点までは同じコースを歩きます。 089-01-1
e0304702_19032941.jpg
e0304702_06141840.jpg

ひなたのおすすめのカフェへ 089-01-2
e0304702_19061476.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目」に登場したカット 07-014
e0304702_05454914.jpg
e0304702_06004202.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目」に登場したカット 岩根橋との分岐点です。 07-016
e0304702_05472233.jpg
e0304702_06005375.jpg

県道28号線 岩根橋~大河原交差点 089-02-1
e0304702_19063358.jpg
e0304702_06142797.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目に登場したカット」大河原バス停近くの蔵 07-018
e0304702_05480110.jpg
e0304702_06010671.jpg

割岩橋をスタートにするなら、山突っ切ると遠いですw 089-02-2
e0304702_19064993.jpg
岩割橋~cafe Misugiへのと徒歩コース グーグルマップに加筆
e0304702_14074756.jpg
大河原バス停と交差点
e0304702_06143788.jpg
美杉台・大河原コース ⑦から急登して尾根へ
e0304702_06471204.jpg
美杉台・大河原コース⑦の案内板 矢印は⑧方向を示しています。
e0304702_06455023.jpg

アウトドアサンダルの解説 089-03-1
e0304702_19070452.jpg

美杉台・大河原コース ⑦から急登 089-03-2
e0304702_19071641.jpg
登山道 少しだけ急登
e0304702_07552517.jpg
登山道 登山口方向、ここを登ってきました。
e0304702_07553693.jpg

尾根へ出て、トレラン気分で一気に行けそうです。 089-04-1
e0304702_19073000.jpg
e0304702_07571121.jpg
e0304702_07572224.jpg

尾根道をピークへ 089-04-2
e0304702_19074240.jpg
この木立の雰囲気はどうでしょうか。
e0304702_07575768.jpg
地図のピークへ出ます。
e0304702_07582621.jpg

見晴しベンチ 089-05-1
e0304702_19075302.jpg
e0304702_07545541.jpg
太陽光発電と住宅 山は見えません 雨です。
e0304702_07591502.jpg

どんどん進んで 089-05-2
e0304702_19081826.jpg
美杉台・大河原コース ⑥
e0304702_20244553.jpg
e0304702_20181778.jpg
美杉台・大河原コース ⑤
e0304702_20182799.jpg
あさひ山三等三角点213.3m 089-05-3
e0304702_19080522.jpg
e0304702_20172084.jpg
e0304702_20165754.jpg
e0304702_20170665.jpg
美杉台・大河原コースからあさひ山展望公園への分岐
e0304702_20245494.jpg

あさひ山展望公園に降りてきて 089-05-4
e0304702_19083285.jpg
e0304702_11291621.jpg
e0304702_11304925.jpg

あさひ山展望公園に到着 雨です、山岳展望はありませんでした。 089-06-1
e0304702_19085014.jpg
e0304702_11322051.jpg

丹沢も武甲山も見えるはず、再チャレンジかな・・・089-06-2
e0304702_19090675.jpg
丹沢が見えるはず・・・
e0304702_11324298.jpg
武甲山が見えるはず・・・
e0304702_11330189.jpg
ひなたの山が見えるはず・・・
e0304702_11331963.jpg

あさひ山展望公園にて・・・、ひなたのおすすめのカフェは・・・ 089-07-1
e0304702_19091950.jpg
e0304702_11350194.jpg
グーグルマップからの切出しです。
e0304702_11351925.jpg
e0304702_12464624.jpg

ひなたのおすすめのカフェに到着 089-02-2
e0304702_06043505.jpg
cafe Misugi 埼玉県飯能市美杉台1-11-2
e0304702_12463890.jpg
e0304702_12442507.jpg
e0304702_12402314.jpg
ランチタイムは月~金11:30~14:00、日13:00~14:00
この日のランチは本日のパスタ:ゴーヤのカレー風味、パン、コーヒーor紅茶(ホット・アイス)で1000円でした。
美味しかったです。器も素敵でした。

パン
e0304702_12454234.jpg
本日のパスタ:ゴーヤのカレー風味
e0304702_12455288.jpg
ホットコーヒー
e0304702_12460407.jpg

美杉台・大河原コースのハイキングマップを載せておきます。
http://www.city.hanno.saitama.jp/cmsfiles/contents/0000001/1126/misugidai.pdf
e0304702_12542095.jpg

雨の中の飯能山歩でした。木立の中を歩くことも、展望台も、ひなたのおすすめのカフェもよかったです。でも、目的地に着くだけならなんでこんな遠回りしたんだろう、って思うよ、ひなた!!!

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年09月25日 作成




# by fureshima2223 | 2016-09-25 18:53 | ヤマノススメ | Comments(0)

人身事故発生時の取り扱いについて しなの鉄道(非公式)様のH280923のツイート

人身事故発生時の取り扱いについて しなの鉄道(非公式)様のH280923ツイート

事故が起こった時なぜ回復に時間がかかり、再開までの時間が読めないのかをしなの鉄道(非公式)様がツイートされていましたので、転載させていただきました。

しなの鉄道(非公式) @shinanorailway_ 7時間前  H280923 23:20より一連のツイート

これまで大雨や災害時において、運転再開に時間がかかる理由についてはお知らせして参りましたが、人身事故についてはあえて言及をして参りませんでした次ツイート以降、人身事故発生時の取り扱いにつきまして説明させていただきたいと思いますが、閲覧注意とさせていただきますのでご注意ください

運転士が走行中触車を確認した場合、直ちに非常ブレーキを取り扱い、防護無線を発報します。これにより無線を受信した近隣走行中の全ての列車が停車し、事故現場へ突入しない仕組みになっています運転士は停車後指令へ連絡、指令は当該区間の列車抑止手配を行い、防護無線の復位を指示します

抑止手配完了後、運転士は指示により車外点検を行い、人と衝撃したことが分かり次第指令へ救急と警察の手配を依頼しますワンマン運転の場合、その後運転士が車内乗客の非常ブレーキ取り扱いに際しての被害の確認、ツーマンの場合は車掌が行い、結果を指令に報告します

指令では人身事故発生に伴い、技術センター社員に出動を要請します災害時と同じように、平日の昼間であればすぐに準備、出発できますが、夜間、休日の場合は各社員を家から呼び出します現場へは腕章、状況調査用紙、水、じょうろ、医療用ゴム手袋、火ばさみ、業務用消臭剤などを持って行きます

消防、警察が到着するまでの間、運転士は当該旅客に声をかけたりする事もあるそうです消防到着時、少しでも息があるようでしたら、救出後救急車で搬送されますが、救出作業中に判断がなされた場合、または到着時にすでに判断がつく場合、消防は引き上げ、その後警察によって搬送されます

我々が現場到着した頃はすでに消防と警察が到着していることが多いです救出作業中は我々は手出しができません消防が引き上げ、当該旅客が搬出されると、次は警察による現場検証が行われますこれも昼間ならば遺留品等も見つけやすいため早く終わりますが、夜間ですと非常に時間がかかります

警察による現場検証中も我々が手出しすることはできません。逆に警察から聞かれた質問に対して答えたり、指令に問い合わせたりします。運転士さんはその後乗務に戻りますが、退勤後事情聴取が待っています。検証の内容によっては、車両を小移動させて確認を行う場合もあり、終了時間が読めません

警察による現場検証が終了後、警察側の責任者より運行再開の許可が出ますが、我々の仕事がここからとなります現場の清掃、消臭剤の散布、周辺設備への被害確認、鳴りっぱなしの踏切の対応等清掃と消臭剤散布にしても、最高速度でぶつかった場合は、その範囲も広くなるため、時間が読めません

上記の事が全て終わって初めて運転が再開されます。止まっていた時間が長ければ長い分だけ、通常ダイヤへ戻すのに時間がかかります。もちろん現場から指令へ、指令からは各駅へ逐次情報が流れますが、現場に詰めている我々も運転再開が何分後になるのか全く分かりません

そのような状況ですから、直接お客様と接する駅員や乗務員におきましては進捗はわかっても、何分後に動き出すか、また再開後もどのような運転整理がなされるのかは全くわかりません一般のお客様には大変ご迷惑をお掛けすることは重々承知しておりますが、こういったことも知っていただければ幸いです

ここで改めましてこのツイートが届く全ての皆様に、どうか、いのち大事に

以上 事故が起こった時なぜ回復に時間がかかり、再開までの時間が読めないのかをしなの鉄道(非公式)様がツイートされていましたので、転載させていただきました。

履歴
2016年09月24日 作成



# by fureshima2223 | 2016-09-24 06:28 | 徒然なるままに | Comments(0)

飯能市の宮沢湖(ムーミンテーマパーク建設地)に行ってみました(H280828訪問)

飯能市の宮沢湖(ムーミンテーマパーク建設地)に行ってみました(H280828訪問)

「ムーミン」の世界を体験できる施設を開設 飯能市HP 2015年7月13日
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000008794.html

宮沢湖バス停
e0304702_15455100.jpg
たまたま訪れたときに、西武バス飯能行が待機していました
e0304702_15460525.jpg
西武バスの飯能駅と宮沢湖を結ぶバスは土曜休日の1往復のみです。でも、ムーミンのテーマパークが開園すると大幅に本数が増えるはず、いまは路線維持のために走らせているだけでしょうが。ちなみに、イーグルバスの日高方面へのバスも宮沢湖に寄ります、1時間に1本は走っています。
e0304702_15463100.jpg
宮沢湖へ降りる道路
e0304702_15463857.jpg
平成28年6月1日より宮沢湖が利用できないことの告知
e0304702_15470715.jpg
売店は当然閉まっています、自販機は利用できますが。
e0304702_15482879.jpg
宮沢湖手前のロータリーから先は立ち入り禁止です。
e0304702_15471567.jpg
ボーリング調査が始まるとのことで、宮沢湖利用禁止のお知らせ。
e0304702_15484922.jpg
柵の網目から宮沢湖を撮ってみました。
周囲はゴルフ場のはずですが、宮沢湖からは森が見えるだけです。
e0304702_15485625.jpg
宮沢湖を後に
e0304702_15491837.jpg
飯能中央公民館でムーミンのフラグ、ヤマノススメの展示を見に寄った際に。
e0304702_15493723.jpg
宮沢湖に行った帰りに、あけぼの子どもの森公園に寄りました。アニメカット あけぼの子どもの森公園(新二十合目)
e0304702_15495438.jpg
かつて木のポールがあった名残がありました。
e0304702_15501296.jpg
あけぼの子どもの森公園のムーミン屋敷
e0304702_15503545.jpg
あけぼの子どもの森公園の水あび小屋とわんぱく池
e0304702_15505023.jpg
"
宮沢湖にできるムーミンの世界を思って、帰宅・・・・・。
でも、飯能市はコンテンツとしての「ヤマノススメ」とどう向き合っていくのでしょうか。
参考に:「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪019 ここなの飯能大冒険03 あけぼの子どもの森公園(新二十合目)

履歴
2016年09月12日 作成





# by fureshima2223 | 2016-09-12 08:02 | 徒然なるままに | Comments(0)

ヤマノススメ第三期熱望上映会 聖望学園学祭で(H280910)

ヤマノススメ第三期熱望上映会 聖望学園学祭で(H280910)

ヤマノススメで雪村あおい達が通う高校のモデルとなっている埼玉県飯能市の聖望学園の学園祭で、ヤマノススメ第三期熱望上映会が開催されると聞いて、訪れました。上映されたのはヤマノススメ全話とセカンドシーズン1話、12話、24話です。初めての山が天覧山となった訳、聖望学園がモデルとなった経緯など、新井先生の話も聞くことができました。上映会が終わってからはファンが持ち寄ったねんどろいどの撮影会でした。やはり第三期は見てみたいです。あおいちゃんの富士山再挑戦、楓さんの卒業とここなちゃんの入学くらいまでができたらと・・・期待します。

ヤマノススメで雪村あおい達が通う高校のモデル 埼玉県飯能市の聖望学園で
e0304702_06033554.jpg
2016年中山祭(学園祭)が9月10日.11日に開催され
e0304702_06040200.jpg
ヤマノススメ第三期熱望上映会が開かれます、
学園入口で整理券の配布
e0304702_06043813.jpg
学園入口で整理券の配布
e0304702_06045725.jpg
H280910:13時~、H280911:10時~、13時~ 聖望学園本館4階自習室にて上映
e0304702_06051130.jpg
階段を登って4階に達すると
e0304702_06054656.jpg
e0304702_06055213.jpg
上映会場入口の受付・表示
e0304702_06125686.jpg
上映会場の入口では
e0304702_06132917.jpg
e0304702_06062381.jpg
上映会場で パネル展 あおいちゃんも自作かな
e0304702_06070406.jpg
あおいちゃんのアップ
e0304702_06081473.jpg
りょうまちんの作品
e0304702_06085746.jpg
BKだいひさんの作品
e0304702_06084236.jpg
上映会開始にあたって アライ先生
e0304702_06065340.jpg
教壇の机に貼ってあったのは
e0304702_06073014.jpg
ヤマノススメ第一期上映のあと、初めての山が天覧山となった訳、聖望学園がモデルとなった経緯などの話も
e0304702_06092371.jpg
上映が終わって 上映会場から天覧山
e0304702_06102162.jpg
ねんどろいど集合です。
e0304702_06105870.jpg
ヤマノススメ第三期熱望
e0304702_06112024.jpg
ほのかちゃん押しなので
e0304702_06112772.jpg
ここなちゃんも
e0304702_06120069.jpg
山岳部で しろさんの色紙展示
e0304702_06140952.jpg
山岳部もヤマノススメ
e0304702_06142624.jpg
帰りに 飯能駅に行く途中で ラッピングバス
e0304702_06144160.jpg
帰りに 飯能駅に行く途中で ラッピングバス
e0304702_06145712.jpg

再度 やはり第三期は見てみたいです。あおいちゃんの富士山再挑戦、楓さんの卒業とここなちゃんの入学くらいまでができたらと・・・期待します。


履歴
2016年09月11日 作成





# by fureshima2223 | 2016-09-11 06:41 | ヤマノススメ | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31