「あの夏で待ってる」舞台探訪011小諸市布引観音と参道その2(08話)

「あの夏で待ってる」舞台探訪011小諸市布引観音と参道その2(08話)

Ameba 「あの夏で待ってる」舞台探訪011小諸市布引観音と参道その2(08話)2012-03-14-00:20からの内容の転載です。
「あの夏で待ってる」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 「あの夏で待ってる」舞台探訪については「あの夏で待ってる」舞台探訪ブログリスト紹介を、特に小諸市内の舞台に絞る場合は「あの夏で待ってる」小諸を歩かれる方に(探訪ブログ紹介ダイジェスト版) を見ていただけると。なお、このブログへの転載の状況により、リンク先や掲載順を変更することがあります。

SOARERさんが作成した地図です。「あの夏で待ってる」で小諸を探訪する方にとても役に立つと思います。探訪に当たっての記載事項も確認していただいたうえで、探訪の始まりです 「あの夏で待ってるin小諸市」(google map)  

08話は小諸市内(北国街道沿い)・懐古園と布引観音その1・その2の3本のブログを作成することなりました。探訪は3月3日と4日です。アニメの放送内容に沿って、小諸市内(北国街道沿い)・懐古園を、続いて布引観音と参道その1を載せました。今回は布引観音と参道その2として、参道でここではないかと思う箇所を載せてみました。撮り残した場所もありますので、再度の探訪を予定しています。

1.布引観音参道入り口付近

①永遠の17歳山野檸檬主導で肝試しが始まる。
『簡単なゲームよ。』 中部北陸自然歩道の案内板
e0304702_229262.jpg

e0304702_2313584.jpg

②『あの階段を登って行って』、参道はここがスタートです。
e0304702_2292574.jpg

e0304702_23141880.jpg

③『頂上にある御堂に御札をお供えして帰ってくるだけ。』
e0304702_2292750.jpg

見難いので修正しました。
e0304702_2294582.jpg

e0304702_23143368.jpg

④くじ引きでペアを決める
e0304702_2295933.jpg

柑菜と海人の居る場所は布引観音参道入り口の駐車スペース、県道のガードと千曲川対岸の崖が見えています。
e0304702_23145242.jpg

『海人く~ん』 柑菜なにを期待してるの・・・
e0304702_22102632.jpg

同じく
e0304702_22103421.jpg

『海人く~ん』 海人もなにを期待してるの・・・
e0304702_2211526.jpg


2.善光寺穴付近かと

①参道を進んでいくと、悲鳴が聞こえてきて。
木と岩の形状から善光時穴の付近かと。参道を登ると確認できると思いますが、どうでしょうか。
e0304702_22122062.jpg

e0304702_23151439.jpg

②『今の、哲朗たちだよな、大丈夫…』、柑菜期待してたしいい感じだったけれど。
e0304702_22124522.jpg

e0304702_23152777.jpg

③『海君、わたし、わたしね・・・』、柑菜が告白しようとしたとき、イチカ先輩の悲鳴が聞こえて。
e0304702_22125061.jpg

e0304702_23154218.jpg

④『谷川、そこ動かないで。』 『え・・・』
e0304702_22131665.jpg

e0304702_23155722.jpg

海人君、柑菜を1人置いて、イチカ先輩の悲鳴の方へ走り出す。
e0304702_22133220.jpg

⑤残された柑菜の気持ちは。
e0304702_22135873.jpg

e0304702_23161283.jpg

⑥海人君、先輩に向って山道を駆け降りる、でも柑菜といた場所のすぐ下のようなw。
e0304702_22141550.jpg

e0304702_23162778.jpg

⑦檸檬が離れて、1人になって怖くて、『ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・』。ここでりのん登場、救難信号が解除不能であることを聞いて。
e0304702_22145112.jpg

逆側、上から撮っていますが、このあたりかと。
e0304702_23164479.jpg

沖縄でりのんが発した救難信号を受けて、連盟の無人救助機到着。
e0304702_22151166.jpg

2人で逃げるのですが。
e0304702_22154933.jpg

⑧連盟の無人救助機が迫る。
e0304702_22161015.jpg

3月18日撮影、3月19日追加
e0304702_23165858.jpg


3.布引二段滝付近かと

①『海人君はこのまま逃げて、』
e0304702_22164277.jpg

布引二段滝のあたりの手摺かと、ここが一番延長があります
e0304702_23171794.jpg

『言うことを聞いて、お願い。』
e0304702_22165470.jpg

②『好きな人を見捨てて逃げられるわけないって。』
e0304702_22172086.jpg

逆側、布引二段滝のあたりの手摺かと。
e0304702_23173025.jpg

③無人救助機に排除されて。
e0304702_22173068.jpg

かなりスケールが違いますが、ここでどうでしょう。
e0304702_23174444.jpg

④このあと、救助機は止めたけど。
e0304702_22181924.jpg

e0304702_2318137.jpg

投げ出されて海人君はまた・・・。
e0304702_22183826.jpg

3回目の治療、前のことも覚えているような。
e0304702_22185169.jpg

『ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・・・』
e0304702_22281770.jpg


イチカ先輩が宇宙人ということが5人にわかってしまいました。でも、他の人にはまだ秘密のこと。お互いに思っている2人と、一方方向の3人の思いの行方は、広げてしまった話の結末は。なんとなく、檸檬は全てを知っているように思えます。

でも、やはり、イチカ-みずほ、柑菜-小石の立ち位置が変わっていないような。
 
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月14日 作成
2012年03月19日 写真1枚追加
2013年02月11日 Amebaより内容転載、カットと写真を800×450程度で入替え

# by fureshima2223 | 2013-02-11 17:26 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

大阪市福島駅付近で見たマンホール蓋

大阪市福島駅付近で見たマンホール蓋

お仕事で、大阪市の福島駅前のホテルに泊まり、2月10日に少しだけ歩いてみました。これだけの下水道のマンホール蓋を見かけました。合流式下水道のマンホール蓋です。

カラーデザインマンホール蓋 歩道 荷重表示なし
e0304702_18541577.jpg

デザインマンホール蓋 歩道 荷重表示なし
e0304702_18553261.jpg

デザインマンホール蓋 車道 耐荷重T-25
e0304702_18595332.jpg


マンホール蓋
e0304702_190593.jpg

マンホール蓋 小型マンホールです
e0304702_18581313.jpg



上のマンホール蓋と同じデザインですが、少し違うような
e0304702_1913187.jpg


建設省 下水 と表示してあるマンホール蓋
e0304702_1924837.jpg


とりあえずこのくらいですが、また他のマンホール蓋を見つけましたらブログに載せます。

履歴
2013年02月10日 作成

# by fureshima2223 | 2013-02-10 19:10 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(2)

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」劇場本予告編が公開されました

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」 劇場本予告編が公開されました

「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」公式ホームページのニュースを見てください。

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」の 劇場本予告編が公開


また、公開劇場ほかにて、前売り特典第2弾付きの全国共通特別鑑賞券が2/9(土)より発売になります。
特典は無くなり次第終了となりますので 、お早めにお買い求め下さい。


H25.02.09 23:00過ぎのツイート4本での告知です。

永谷敬之(ナガッチョ)‏@Infinitedayo
【花咲くいろはHSH】そういえば、のと鉄道さんのラッピング車両2両目の情報もそろそろ出て来ますよ〜 #hanairo

永谷敬之(ナガッチョ)‏@Infinitedayo
【花咲くいろはHSH】そして気になる舞台挨拶!ご期待下さい!! #hanairo

永谷敬之(ナガッチョ)‏@Infinitedayo
【花咲くいろはHSH】花いろ劇場版は総集編ですか?と聞かれる事がありますが新作ですよ〜! #hanairo

永谷敬之(ナガッチョ)‏@Infinitedayo 
【花咲くいろは】現在流れている劇場版予告映像にて入場者特典についての記載がございます。こちらの発表は近々に行いますが私の裁量で言える所まで。石川の先行上映と30日からの全国上映では配布物が違う可能性も・・・ #hanairo


履歴
2013年02月10日 作成

# by fureshima2223 | 2013-02-10 00:20 | 花咲くいろはSHS | Trackback | Comments(0)

「true tears」舞台探訪004高岡市古城公園・はちはち・国分海岸

「true tears」舞台探訪004高岡古城公園・はちはち・国分海岸

エキサイトブログの特徴を使って、アニメカット及び写真を800×450程度で入れ替えてみました。Ameba 「true tears」舞台探訪003高岡古城公園・はちはち・国分海岸 2012-05-21 20:25からの内容の転載です。「true tears」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。H25.02.09のニコ生見ると、いつかはBDからのカットで入替えてみたいです。 

今さらという気持ちもあるのですが自分の原点となった作品なので、自分なりにまとめることで一つの区切りをつけたいと思い、約1年間撮り溜めた写真をもとに舞台となった場所ごとにブログを作成して行きます。本当はもっと早くまとめたかったのですが、「花咲くいろは」と「あの夏で待ってる」の舞台探訪とブログ作成で、「true tears」と「おねがい☆ティーチャー・ツインズ」のブログ作成は滞っていました。いま、富山にいたことを思い出しつつブログを作成しています。(いいわけ、いいわけ・・・・・)

本ブログはエキサイト版の舞台探訪としての「true tears」のブログの4本目の内容転載です。Ameba掲載の6本は「true tears」ブログリスト紹介でリスト化しています。

「true tear」で高岡が出てくる話数

第1話「私・・・涙、あげちゃったから」
第2話「私・・・何がしたいの・・・」
第4話「はい、ぱちぱちってして」
第5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」
第6話「それ・・・なんの冗談?」
第7話「ちゃんと言って、ここに書いて」
第8話「雪が降っていない街」
第11話「あなたが好きなのは私じゃない」
第12話「何も見てない私の瞳から・・・」

あいちゃんの店内を除いても、高岡市内が1カット以上出ている話数は13話中9話もあります。舞台は高岡古城公園内の護国神社(噴水と石碑がキーポイント)、たこ焼きはちはち(あいちゃん)、国分海岸の3か所です。舞台ごと話数ごとにまとめて行きます。

まずはこの1枚 第4話「はい、ぱちぱちってして」です。
e0304702_2254979.jpg


1.高岡古城公園の護国神社

乃絵と真一郎、比呂美と純それぞれこの場所でなにを話したのでしょうか、話を進めて行く重要な場所の1つになっています。季節が秋から冬へと変わって行くことがよくわかるシーンともなっています。

高岡古城公園の案内板、舞台は護国神社の噴水と周辺です。
e0304702_23232142.jpg


1-1第4話「はい、ぱちぱちってして」

①アニメの設定としては秋からスタート、その雰囲気が出ています。
e0304702_227314.jpg

H23.10.27撮影 最初はこの方向と思いましたが、
e0304702_2323451.jpg

H23.10.27撮影 逆側のこの方向かと、眞一郎が座る椅子を入れて。
e0304702_23234940.jpg

②実際には水をためる場所はありませんが
e0304702_2254979.jpg

H23.10.27撮影 とすると、これも撮ってる方向が逆です。雰囲気だけで勘弁。
e0304702_23241793.jpg

H24.12.24撮影 このときはこんなに水が出ていて、パチパチできそうです。
e0304702_23242171.jpg

③椅子のある場所付近から
e0304702_2273921.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23244232.jpg

④護国神社に近い方の椅子です。
e0304702_2274340.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23245022.jpg

⑤噴水と石碑と街灯、全部あわせられるかな
e0304702_228659.jpg

H23.10.27撮影 椅子の奥からもっと広く撮らないと
e0304702_2325854.jpg

⑥椅子の前から
e0304702_228984.jpg

H23.10.27撮影 
e0304702_23251111.jpg

⑦椅子の前から
e0304702_2282864.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23253536.jpg


1-2第6話「それ・・・なんの冗談?」
 
⑧椅子の前から
e0304702_2283022.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23254092.jpg

⑨石碑・噴水への階段から見ています。
e0304702_2284897.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_2326065.jpg

⑩噴水のある園地入口、正面は高岡市民会館の駐車場と大樹
e0304702_2285447.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_2326676.jpg

⑪歩道と街灯と椅子に着目
e0304702_2291486.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23262619.jpg


1-3第7話「ちゃんと言って、ここに書いて」
 
⑫流れの中で出てきた1カット
e0304702_229199.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23263139.jpg


1-4第8話「雪が降っていない街」

⑬合わないのですが、雰囲気としてはこの辺りかと
e0304702_229418.jpg

H23.12.24撮影 雪が降ったのを確認してきました。
e0304702_23265176.jpg

⑭石碑の前で噴水を合わせて。
e0304702_2294735.jpg

H23.12.24撮影 
e0304702_23265681.jpg


1-5第11話「あなたが好きなのは私じゃない」

⑮ここは、石碑と噴水を入れて、こんなものでしょうか。
e0304702_22101349.jpg

H23.12.24撮影
e0304702_23271986.jpg

⑯もう少し下から、まあ、雰囲気だけで、合わせは甘いな。
e0304702_22101765.jpg

H23.12.24撮影
e0304702_23272673.jpg

⑰街灯と椅子に合わせて。
e0304702_22103944.jpg

H23.12.24撮影
e0304702_2327468.jpg


2.はちはち

愛ちゃんが働いている愛ちゃん焼きのお店の舞台は、高岡市の氷見線越中中川駅の近くの「たこ焼きはちはち」です。あみたん娘と松原秀典さんの原画展で注目された高岡市美術館も近くにあります。

①第2話「私・・・何がしたいの・・・」
e0304702_2211523.jpg

H23.10.27撮影 車庫までの全景で、俯瞰までは無理ですが逆側からできるだけ合わせたいです。
e0304702_23463945.jpg

②-1第5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」
e0304702_22115959.jpg

②-2第5話「おせっかいな男の子ってバカみたい」
e0304702_22122037.jpg

H23.10.27撮影 俯瞰はできませんがこんなものかと。
e0304702_2347380.jpg

③第6話「それ・・・なんの冗談?」
e0304702_22123847.jpg

H22.11.14 探訪の1番最初のころの写真のようです。
e0304702_23471499.jpg

④第8話「雪が降っていない街」
e0304702_2213051.jpg

H23.10.27撮影
e0304702_23472498.jpg


3.国分海岸

第1話(第5話も同じカット)と第4話で話に入る前に出てくる海と消波ブロック、どこにでもありそうですが、テトラポット・堤防と砂浜から高岡市の国分海岸かと。JR氷見線の越中国分駅の近くです。
e0304702_23482534.jpg

①第1話「私・・・涙、あげちゃったから」(第5話も)
e0304702_22131496.jpg

H23.12.24撮影
e0304702_23475212.jpg

②第4話「はい、ぱちぱちってして」
e0304702_22133057.jpg

H23.02.20撮影
e0304702_2348781.jpg

「true tears」の高岡の舞台は先達の方々のブログ等からある程度はわかっていたつもりでしたが、特に、古城公園の護国神社のアングル合わせがあまりうまくいっていません。見直すと、あれと思いますが、もう簡単には行けないので、とりあえず雰囲気だけでも自分なり感じられるようにまとめてみました。次は氷見をまとめられるかな。メインの城端はいつまとめられるかな。(注:Ameba版作成時のコメント、エキサイト版では城端は掲載済み。)

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2008 true tears 製作委員会」)に帰属します。
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年05月21日 作成
2013年02月09日 Amebaより転載 アニメカットと写真を800×450で入替え

# by fureshima2223 | 2013-02-09 23:50 | true tears | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備006飯能市内新規舞台はなかったかな(第06話)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備006飯能市内新規舞台はなかったかな(第06話)

第06話では飯能市内の新規舞台は登場しませんでした。

第06話 彼女たちが通う高校
これは第03話とまったく同じかな。
e0304702_19164238.jpg

これはアップしていますが・・・
e0304702_1917196.jpg


第06話 高尾山がまもなく登場するとのことですね。
e0304702_1919222.jpg


これで高尾山の登場は確定かな、この後コミックに出てくる飯能河原がアニメにも登場すると思います。
゛ 
なかなか舞台探訪に出かけられませんが、この作品に多くの舞台探訪の対象となるかも知れないカットが出てくるので、現地に行きたくなります。このブログは探訪前に、探訪を前提として作成しています。探訪しましたら写真を追加して行きたいと思います。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。
゛ 
履歴
2013年02月07日 作成

# by fureshima2223 | 2013-02-07 19:13 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「あの夏で待ってる」舞台探訪010小諸市布引観音と参道その1(08話)

「あの夏で待ってる」舞台探訪010小諸市布引観音と参道その1(08話)

Ameba 「あの夏で待ってる」舞台探訪010小諸市布引観音と参道その1(08話)2012-03-11 08:48からの内容の転載です。アニメカットと写真を800×450程度で入替えました。
「あの夏で待ってる」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 「あの夏で待ってる」舞台探訪については「あの夏で待ってる」舞台探訪ブログリスト紹介を、特に小諸市内の舞台に絞る場合は「あの夏で待ってる」小諸を歩かれる方に(探訪ブログ紹介ダイジェスト版) を見ていただけると。なお、このブログへの転載の状況により、リンク先や掲載順を変更することがあります。

SOARERさんが作成した地図です。「あの夏で待ってる」で小諸を探訪する方にとても役に立つと思います。探訪に当たっての記載事項も確認していただいたうえで、探訪の始まりです 「あの夏で待ってるin小諸市」(google map)  

08話は小諸市内(北国街道沿い)・懐古園と布引観音その1・その2の3本のブログを作成することなりました。探訪は3月3日と4日です。アニメの放送内容に沿って、小諸市内(北国街道沿い)・懐古園を載せましたので、続いて布引観音と参道その1です。まずはわかった舞台から報告します。参道の特定はなかなか難しいです。

1.布引観音のこと

①布引観音への参道入り口、駐車スペースと公衆トイレがあります。車で来た方は必ずここに停めて下さい。ここから釈尊時までは約15分、観音堂までは20分くらいの山道です。
e0304702_8395528.jpg

②名称 布引観世音の説明板があります。
e0304702_840648.jpg

③布引観音への参道の案内があります。
e0304702_840158.jpg

④参道を登って行くと釈尊寺に出ます。
e0304702_84025100.jpg

⑤釈尊寺の絵馬奉納場所です。絵馬は必ずここに奉納して下さい。
(地元の方から、観音堂の格子に絵馬をかけないようにお願いされています。)
e0304702_8404034.jpg

⑥観音堂へ行く道にトンネルがありもす。
e0304702_8405079.jpg

⑦観音堂に出ます。
e0304702_841071.jpg

「なつまち」に出てこないシーンを載せて、お願い事項も付記してみました。再度:車は参道入り口の駐車スペースに停めて下さい、絵馬は所定の場所に奉納し、観音堂の格子には掛けないでください。よろしくお願いいたします。

それでは布引観音の探訪に入ります。参道については別ブログとし、参道入り口、仁王門、布引観音堂をまとめます。

2.布引観音参道の入り口

①永遠の17歳山野檸檬主導で肝試しが始まる。中部北陸自然歩道の案内板
e0304702_20493669.jpg

e0304702_2104717.jpg

②『簡単なゲームよ。』
e0304702_20495590.jpg

e0304702_2105993.jpg

③『あの階段を登って行って』、参道はここがスタートです。
e0304702_2050134.jpg

e0304702_2111554.jpg

④『頂上にある御堂に御札をお供えして帰ってくるだけ。』布引観音堂です。清水寺と比べてどうでしょうか。
e0304702_2050377.jpg

e0304702_2112741.jpg

⑤『くじ引きでペアを決めるから。』、それぞれなにを期待しているのか。『ぜひやりましょう』
県道のガードと千曲川対岸の崖が見えます。
e0304702_20504985.jpg

e0304702_2113743.jpg

⑥『その気になってくれてうれしいは、では・・・』肝試しスタート。
e0304702_205168.jpg

e0304702_2114929.jpg


2.仁王門のあたり

①美桜怖がってるけど、哲朗がいたら大丈夫ではw
e0304702_2051219.jpg

見難いので調整してみました。
e0304702_20513174.jpg

e0304702_212642.jpg

②この石柱、そのままです。
e0304702_20514424.jpg

e0304702_2121695.jpg

③『何にもいねって』『でもなんか見えたし』
e0304702_2052123.jpg

e0304702_2122757.jpg


3.釈尊寺から

①釈尊寺の前の像
e0304702_20522924.jpg

e0304702_2123862.jpg

②釈尊寺の前の像と観音堂
e0304702_20524165.jpg

見難いので調整してみました。
e0304702_20525264.jpg

e0304702_2125295.jpg


4.布引観音堂にて

①観音堂に到着
e0304702_20531991.jpg

見難いので調整してみました。
e0304702_20533124.jpg

e0304702_213688.jpg

②御札をお供えして。
e0304702_20534729.jpg

e0304702_2131665.jpg

③『ほら、なんともなかっただろ』「なんとも」を変換すると「南砺も」になるのは・・・。私ごとですが。
e0304702_20542292.jpg

ここの格子には絵馬を掛けないように、所定の絵馬奉納場所があります。
e0304702_2135640.jpg

奥の像の左側にありますが、アニメでは賽銭箱の左側の柱、そこに掲げることがあるのでしょうか。
e0304702_214221.jpg

④観音堂で
e0304702_20544734.jpg

e0304702_2143629.jpg

⑤『ごめんね、一緒にいるのがわたしで、きっと、このハートを描いた絵馬を奉納する人がいるかとw
ここの格子には絵馬を掛けないように、所定の絵馬奉納場所があります。
e0304702_20551563.jpg

e0304702_2144632.jpg

⑥小倉真奈美さん登場
e0304702_20561066.jpg

e0304702_215078.jpg

⑦お化け役ですかw
e0304702_20562126.jpg

e0304702_2151817.jpg

⑧2人驚いて
e0304702_20563283.jpg

e0304702_2153270.jpg

⑨響き渡る悲鳴
e0304702_20565528.jpg

e0304702_215435.jpg

⑩驚いて倒れて、2人は・・・・・。
e0304702_2057825.jpg

e0304702_2155392.jpg

⑪『ちょっと、大丈夫、ごめんね、そんなに驚くなんて』
e0304702_2057227.jpg

e0304702_216686.jpg

⑫『失礼ね、あたしよ、あたし』
e0304702_20573225.jpg

e0304702_2161682.jpg

⑬『なに考えてんだよ、あんた。』『肝試しに協力』
e0304702_20575161.jpg

e0304702_2162628.jpg

⑭檸檬先輩、ワープしてきたのかな。
e0304702_2058120.jpg

e0304702_2163537.jpg

⑮しっかり撮られてますね。
e0304702_20581380.jpg

e0304702_2164628.jpg

⑯なにかが起こったのはこの時点でわかったはず。
e0304702_20582542.jpg

e0304702_2165662.jpg

⑰檸檬はもしかしたらわかっているのかな???
e0304702_20583670.jpg

e0304702_217722.jpg

とうとう柑菜は告白できなかった、そのことも含めて舞台探訪011小諸市布引観音と参道その2(08話)に続きます。参道部分は撮り忘れもあるし、なかなかあいませんが、もう1回行ったのちにまとめたいと思います。わかった範囲で暫定版を載せるかも。よろしくお願いします。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月11日 作成
2013年02月05日 Amebaより内容転載、カットと写真を800×450程度で入替え

# by fureshima2223 | 2013-02-05 21:12 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップをゲットしました(東京マンガ・アニメカーニバルinとしまにて)

「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップをゲットしました(東京マンガ・アニメカーニバルinとしまにて)

これが欲しかったのです。「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップ
e0304702_19211093.jpg

東京マンガ・アニメカーニバルinとしまに行ってきました。

東京マンガ・アニメカーニバルinとしま 2013年初開催! 2月1日、2日は池袋へ!!
「トキワ荘」から「乙女ロード」まで多彩なマンガ・アニメ文化が息づく豊島区で、
「東京マンガ・アニメカーニバルinとしま」を開催します。
日時:平成25年2月1日(金)、2月2日(土)
会場:豊島公会堂、豊島区民センター、中池袋公園
「東京マンガ・アニメカーニバルinとしま」のチラシ

ということで、多くの行事が組まれていますが、

全国マンガ・アニメ街おこし展示会に多くの事例が集まり、飯能市のブースでは「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップが配布されるとの事前情報もありましたのでのぞいて見ました。 

※入場無料・事前申し込み不要、マンガ・アニメを活用したまちづくりに取り組む自治体等による活動紹介やグッズ販売などを行います。また、紙芝居や漫画初心者講習会、トークショーなど来場者の方々に楽しんでいただく企画が盛りだくさん。どなたでもご入場いただけますので、ぜひご来場ください!

日時:平成25年2月1日(金)午前10時から午後6時、2月2日(土)午前10時から午後4時
会場:区民センター1階 総合展示場
e0304702_1924764.jpg

参加自治体と主なテーマ
【宮城県】石巻市 「石ノ森章太郎・石ノ森萬画館」
【埼玉県】さいたま市 「近代漫画の先駆者 北沢楽天」
      飯能市 「ヤマノススメ」
      秩父市 「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」
      春日部市 「クレヨンしんちゃん」
      新座市 「鉄腕アトム・手塚治虫・手塚プロダクション新座スタジオ」
【東京都】練馬区 「日本アニメーション発祥の地『アニメのまち練馬区』」
      調布市 「水木しげる作品」
【新潟県】新潟市 「新潟市マンガの家・新潟市マンガ・アニメ情報館いよいよオープン!」
【富山県】氷見市 「藤子不二雄A作品」
【石川県】金沢市「湯涌温泉街・アニメ『花咲くいろは』」
【京都府】京都市 「京都発!マンガ・アニメ産業の発信」
【鳥取県】境港市 「水木しげる作品・水木しげるロード・水木しげる記念館」
【岡山県】玉野市 「ののちゃん」
【高知県】「まんが甲子園・香美市立やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム、
      横山隆一記念まんが館、海洋堂ホビー館四万十」

今回は新作のアニメ「ヤマノススメ」を展示している埼玉県飯能市のブースに着目しました。
e0304702_1925948.jpg

e0304702_19253253.jpg
e0304702_19254578.jpg

e0304702_19265468.jpg

再度:これが欲しかったのです。「ヤマノススメ」飯能市舞台探訪マップ
e0304702_19271537.jpg

これは駅からマップシリーズ1「天覧山」です。
e0304702_19272558.jpg

パネルの中央部分の拡大
e0304702_19274466.jpg

登場人物の拡大
e0304702_19285344.jpg
e0304702_1929067.jpg

石川県金沢市「花咲くいろは」の展示ブース、劇場版セットは欲しかったのですが、さすがにこれを会社には持っていけないので、第2回ぼんぼり祭りのクリアファイルを購入しました。
e0304702_19291645.jpg

埼玉県秩父市の「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の展示ブースです。ここは、舞台探訪を離れて、訪問スタイルで行ってみたいです。
e0304702_19292798.jpg

あまり時間がなかったので、駆け足で目的のブースに行ってきましたということで、
他のブースの写真は撮りませんでした。

履歴
2013年02月01日 作成

# by fureshima2223 | 2013-02-01 19:48 | ヤマノススメ | Trackback(2) | Comments(0)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備005飯能市内飯能銀座商店街(第05話)

「ヤマノススメ」舞台探訪準備005飯能市内飯能銀座商店街(第05話)

第05話では飯能市内の飯能銀座商店街と思われるカットが出てきました。街路灯は特徴がありますからきっとそのままでしょうね。アニメに出てきたお店や風景はあるのでしょうか。地元の方が真っ先に探訪するのではと。生活の場が登場するのは楽しいものです。後追いにはなると思いますが、もう少し暖かくなったら必ず行きます。

第05話 飯能市の眺望
e0304702_20342119.jpg


第05話 飯能銀座商店街かな どこまで現地と合っているでしょうか、山のお店もここにあるのかな
e0304702_20364967.jpg
e0304702_20365739.jpg
e0304702_2037678.jpg
e0304702_20371744.jpg
e0304702_20372938.jpg
e0304702_20374080.jpg


この後コミックに出てくる飯能河原がアニメにも登場すると思います。飯能駅前はどのような形で登場するのでしょうか。そして高尾山は。
゛ 
なかなか舞台探訪に出かけられませんが、これだけ舞台探訪の対象となるかも知れないカットが出てくると、現地に行きたくなります。このブログは探訪前に、探訪を前提として作成してみました。探訪しましたら写真を追加して行きたいと思います。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。
゛ 
履歴
2013年01月31日 作成

# by fureshima2223 | 2013-01-31 20:42 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「true tears」舞台探訪003南砺市福光

「true tears」舞台探訪003南砺市福光

エキサイトブログの特徴を使って、アニメカット及び写真を800×450程度で入れ替えてみました。BCからでのキャプはいまいちかと、BDが届いたので、入れ替えをしたいですが、その元気があるかどうか・・・。

Ameba 「true tears」舞台探訪002南砺市福光 2012-03-04 23:15からの内容の転載です。
「true tears」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

06話「それ…なんの冗談?」と09話「なかなか飛べないね…」に出てきています。

昨年(2011年)から撮り溜めていた写真と新規に撮った写真で、改めて舞台探訪のスタイルで「true tears」に関するブログをまとめていきたいと思っています。新作の探訪で、なかなか作成はできない可能性が強いのですが(←いいわけ)、自分自身の舞台探訪のきっかけとなった作品なので、場所ごとにブログに掲載できたらなーなどと言いつつ、2本目(エキサイト版では3本目)は南砺市の福光です。まとめやすいところから載せていくとあとで苦労するかなとは思いつつ、「true tears」の舞台は城端だけではないことも知ってもらえたらと思って(←これもいいわけ)。

Anotherで南砺市福光の小矢部川に架かる福光大橋と小矢部川河川敷が出てきたのを記念してw、作成してみました。

06話「それ…なんの冗談?」から

①06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。後方はさくら橋
e0304702_13563639.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_13592550.jpg

②06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。後方はさくら橋
e0304702_1356489.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_13593882.jpg

③06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。この橋は福良橋のイメージかな。
e0304702_1357752.jpg

H23.09.23撮影 川の中の島のイメージがあわせられるかな。
e0304702_13595824.jpg

H23.09.23撮影 実際の橋はこんな感じで架かっています。
e0304702_1401583.jpg

④06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。
e0304702_13572490.jpg

H23.09.23撮影
e0304702_1404080.jpg

⑤06話 小矢部川右岸側を上流に向って歩いています。前方に見えるのは福良橋かな
e0304702_13573879.jpg

H23.09.03日撮影 意識しないで撮っていた、まあ、ここかと。
e0304702_1405558.jpg


09話「なかなか飛べないね…」から

①09話 福光の商店街、現地のこのお店は衣料品店でした。
e0304702_13575011.jpg

H23.09.23撮影、朝早かったのでまだ開いていませんでした。
e0304702_1411461.jpg

H24.02.25撮影、Another探訪時に併せて撮りました。
e0304702_1412645.jpg

「true tears」の小矢部川河川敷を歩いているカットはすべてさくら橋と福良橋の間の右岸側を上流側に歩いていると考えます。Anotherではほぼ同じ位置ですが小矢部川福光大橋とさくら橋の間の右岸側のようです。まあ、福光大橋から見渡せる範囲ですが。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©2008 true tears 製作委員会」)に帰属します。
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月04日 作成
2013年01月31日 Amebaより転載 アニメカットと写真を800×450で入替え

# by fureshima2223 | 2013-01-31 18:27 | true tears | Trackback(1) | Comments(0)

「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)

「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)

Ameba 「あの夏で待ってる」舞台探訪009小諸市内(北国街道沿い)・懐古園(08話)2012-03-07 22:10からの転載です。
「あの夏で待ってる」の探訪ブログを順次Amebaから転載していきます。

ブログを見に来ていただいてありがとうございます。 「あの夏で待ってる」舞台探訪については「あの夏で待ってる」舞台探訪ブログリスト紹介を、特に小諸市内の舞台に絞る場合は「あの夏で待ってる」小諸を歩かれる方に(探訪ブログ紹介ダイジェスト版) を見ていただけると。なお、このブログへの転載の状況により、リンク先や掲載順を変更することがあります。

SOARERさんが作成した地図です。「あの夏で待ってる」で小諸を探訪する方にとても役に立つと思います。探訪に当たっての記載事項も確認していただいたうえで、探訪の始まりです 「あの夏で待ってるin小諸市」(google map)  

沖縄から戻ってきて、海人とイチカはなんかいい雰囲気、柑菜ちゃんわかってるのかな。一途な気持ちが見てる人を切なくするような、そして見守る哲朗の気持ちは。

08話は小諸市内(北国街道沿い)・懐古園と布引観音の2本のブログを作成します。アニメの放送内容に沿って、まずは小諸市内(北国街道沿い)・懐古園から。探訪日はH240303とH240304です。

1.小諸市内(北国街道沿い)

①懐古園入口交差点・しなの鉄道高架、細部はかなり改変されてはいますが。
e0304702_836358.jpg

e0304702_8414434.jpg

高架下から東側、小諸本陣方面を見ています。標識は一方通行のみです。
e0304702_842142.jpg

②近くを探しましたが、この標識はありませんでした。
あえてこの標識をアップで出した意味は。伝わらない柑菜の気持ち?
e0304702_836583.jpg

小諸市役所の駐車場入口の一方通行・進入禁止の標識を撮ってみました。
e0304702_8421474.jpg

③懐古園交差点から北側を見ています。正面の信号機はありません。
アニメカットは横断歩道の中ぐらいから見ていることとなります。
e0304702_837126.jpg

歩道から信号機を入れないで撮るとこのくらいかな。
e0304702_8423192.jpg

④懐古園交差点からしなの鉄道の東側の道、2回目の登場です。
e0304702_8373284.jpg

e0304702_8425877.jpg

⑤本町通り(北国街道)のそば七の前で哲朗と柑菜が。この建物とポストですぐわかります。
定休日に撮るのは難しいかもw。
e0304702_8375020.jpg

わかりにくいので、明るさ調整、右上の看板は「そば七」と読めるようですが。
e0304702_838133.jpg

e0304702_8431430.jpg

⑥本町通り側のそば七全景
e0304702_8382260.jpg

e0304702_8432886.jpg

⑦現地ではそば七から隣のお店の看板と光岳寺方面が見えるはずですが、これは・・・
e0304702_8384899.jpg

そば七から隣のお店の看板と光岳寺方面、これと
e0304702_844254.jpg

小諸本陣としなの鉄道高架、この2枚を合成したのかな。とすると、
本来の小諸本陣の場所くらいにそば七があることになるのかな。
e0304702_8443975.jpg

⑧これはそば七の建物の説明かと
e0304702_8391431.jpg

e0304702_8445068.jpg

⑨そば七からポスト、町屋館方面を見ていることになります。
e0304702_8392772.jpg

e0304702_845216.jpg

⑩ガスメーターまでリアルです。
e0304702_8394417.jpg

e0304702_8451770.jpg

⑪ポストが見えてます。
e0304702_8395359.jpg

e0304702_8453514.jpg

⑫哲朗はいつも柑菜の頭をなぜているような、その意味を柑菜本当にわかっていないのかな。
e0304702_840779.jpg

e0304702_8454899.jpg

⑬そば七の屋根
e0304702_8401930.jpg

e0304702_8403411.jpg

e0304702_846099.jpg

どう見ても本町通り(北国街道)のそば七そのものです。土・日に行かれる場合は定休日の写真を撮ることはできないと思いますw。そば七のHPようこそ そば七(そばや七良右ヱ門)へ です。探訪の途中でおいしいお蕎麦でもどうでしょうか。


2.懐古園(夏祭り)

「なつまち」夏祭りの会場は懐古園ですか。懐古神社例大祭は桜まつりの期間中でもあり、小諸市観光協会のブログを見ると屋台が出ています。三の門の国旗掲揚もブログを探すとこのときです小諸市観光協会のブログに載った2011年の懐古神社例大祭の様子です。
 
①夜の場面なので切り出したカットが非常に暗く、現地との対比が困難でした。懐古園正面の額はこうです。
e0304702_8485685.jpg

そのため、明るさ等を調整してみました。こうすると現地写真との対比ができると思います。08話の懐古園のカットは、現地写真との対比を見やすくするために全て調整を行っています。
e0304702_849776.jpg

e0304702_853217.jpg

②日の丸が掲揚されるのは例大祭のとき、あとはあるのかな。
e0304702_8491867.jpg

e0304702_8532163.jpg

③哲朗が三の門で待っていて。
e0304702_8492986.jpg

e0304702_8584280.jpg

④柑菜と美桜到着。
e0304702_8493845.jpg

e0304702_858513.jpg

⑤哲朗何を言ったのかな。
e0304702_8495038.jpg

e0304702_8585959.jpg

⑥三の門の前で。
e0304702_850952.jpg

e0304702_859964.jpg

⑦三の門の前、バックは道路側の壁
e0304702_8503454.jpg

e0304702_8591977.jpg

⑧三の門の前、縁石までリアルに再現
e0304702_8504422.jpg

e0304702_8592941.jpg

⑨三の門の前、海人とイチカが到着。
e0304702_8505330.jpg

e0304702_8594011.jpg

⑩ここは三の門に向いて左手の石積
e0304702_851538.jpg

e0304702_8594882.jpg

⑪ここでも哲朗は柑菜の頭に手を載せてるな。
e0304702_8511632.jpg

e0304702_859593.jpg

⑫三の門前に全員集合。
e0304702_8512566.jpg

e0304702_901386.jpg

⑬哲朗と柑菜を見る美桜は。
e0304702_8513589.jpg

e0304702_902321.jpg

⑭懐古神社
e0304702_8514415.jpg

e0304702_903223.jpg

⑮お祭りを皆で堪能して。
e0304702_8515289.jpg

小諸市オフィシャルサイトに「懐古園 桜まつり」情報がアップされました(H250129現在は掲載されていません)。開催期間は2012年4月10日から4月30日までです。その期間の2日間が懐古神社例大祭、この時に、アニメのカットのように三の門に日の丸が掲揚されます。懐古園内の屋台も同じように並ぶのでしょうか。

この後、檸檬が登場して、布引観音で肝試し、「舞台探訪010小諸市布引観音」に続きます

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© I*Chi*Ka/なつまち製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願いに」舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴 
2012年03月06日 小諸市内(北国街道沿い)(08話)まで作成、暫定公開
2012年03月07日 懐古園(08話)を追加 公開
2013年01月31日 Amebaより転載 アニメカットと写真を800×450に入替え

# by fureshima2223 | 2013-01-31 09:03 | あの夏で待ってる | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30