タグ:飯能市 ( 70 ) タグの人気記事


コミック「ヤマノススメ」舞台探訪013 第2天覧山から宮沢湖・温泉へ(九十七合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪013 第2天覧山から宮沢湖・温泉へ(九十七合目)

コミック「ヤマノススメ」九十七合目「ウォーキングで気分転換」の舞台探訪に出かけました。今回はなんかもやもやしている笹原ゆうかさんを、千手院小春さんがさそって宮沢湖の温泉に行く話です。このくらいの丘歩きでも普段歩いていないとそれなりに大変なのかなと、でも過去にはコミック第三十四合目「山頂で見えるもの」で楓さん・あおいちゃんと棒ノ嶺に登っているのである程度は歩けるはずでは。それでも歩いた先の目的地に着けると、それなりにいいですね。アニメ「ヤマノススメセカンドシーズン」第十九合目で楓さんとあおいちゃんの宿題をてきぱきと終わらせた、できる人だった笹原ゆうかさんとは別人かな、なんてw・・・、探訪日は平成29年3月19日です。

①学校の前で笹原ゆうかさんと千手院小春さんが ゆうかさんなんとなくもやもやしていて 097-03-1
e0304702_07580543.jpg
097-03-2
e0304702_20290684.jpg
e0304702_15123736.jpg

千手院小春さんの名言「解決できる悩みは努力して取り込むべきだけど、解決しない悩みは気にしてもしょうがないし、
気をそらそう!」で、温泉に向かってちょっとの山歩きとか、出発は高校前から 097-04-1
e0304702_20294049.jpg
e0304702_15130711.jpg
"
グーグルマップから切抜き、加筆 学校~新町交差点(高山電業前)~中居交差点(飯能桜の森入り口)
e0304702_20303816.jpg

②高校前から東側に進み、新町交差点を北へ 高山電業前を通って 097-04-2
e0304702_20300942.jpg
e0304702_15132257.jpg

③道なりに進んで、中居交差点を渡り飯能桜の森入り口へ 097-04-3
e0304702_07591249.jpg
e0304702_15141286.jpg

④飯能桜の森入り口 ここの案内板はハイキングコースが詳しく記されていてわかりやすいです。
e0304702_15144598.jpg
"
飯能桜の森案内版より 中居交差点(飯能桜の森入り口)~飯能桜の森をめぐるルート~宮沢湖へ
e0304702_20301814.jpg

⑤第二天覧山の木柱と石碑への道標付近から 登ってきた道 097-05-1
e0304702_07592997.jpg
e0304702_15153383.jpg
第二天覧山の木柱と石碑への道標
e0304702_15160269.jpg
第二天覧山の石碑
e0304702_15161625.jpg
第二天覧山の石碑付近から飯能市街
e0304702_15163064.jpg

飯能桜の森を進み 097-05-2
e0304702_07594680.jpg
河津桜が咲いていました。他にも多くの種類の桜が植えられています。
e0304702_15165198.jpg

⑥上にある第二天覧山の木柱付近から 先を見ているのかな 097-06-1
e0304702_07595898.jpg
e0304702_15172725.jpg

⑦上にある第二天覧山の木柱付近 097-06-2
e0304702_08001653.jpg
e0304702_15181388.jpg
近くに神社があります。八幡様とのことです(入口の案内板より)
e0304702_15183366.jpg

⑧、⑨山道の風景 しろさんのこのようなカットはモデルがあるはず 097-06-3
e0304702_08003024.jpg
西側に進みます。いこいの広場、教育・学習の森の南側を通って分岐に出て
e0304702_15190114.jpg
ゴルフ場のフェンスに沿って東側に向かい、調整池の横です。
e0304702_15191212.jpg

⑩ウォーキングルートのわりに意外とアップダウンあるわね・・・ 097-07-1
e0304702_08004554.jpg
このあたりを上から撮っているのかな、再チャレンジできたらと・・・
e0304702_12221839.jpg
"
消防署が見える手前で規制線があると思っていましたが・・・ 097-07-2
e0304702_08010439.jpg
消防署に下りるあたり、ここまで来てもコース上では規制線はありませんでした。
この先はすぐ広場に下りれるので、通行止めと規制線があるならもっと前のはず・・・
e0304702_12231046.jpg
結局、宮沢湖の見えるここまで来て、戻りました。
e0304702_12233990.jpg

⑪ここから車道に向かったのかな
e0304702_20294032.jpg
"
ここは山道から車道に下りる途中にあるのかな、再チャレンジできたらと・・・ 097-08-1
e0304702_08011884.jpg
"
グーグルマップから切抜き、加筆 宮沢湖へ
e0304702_20302894.jpg

⑫下りてきて、中居東交差点より少し消防署よりの歩道を進み 097-08-2
e0304702_08013441.jpg
e0304702_16415003.jpg

⑬宮沢湖入口交差点に到着、目的とした温泉の案内板があります。 097-08-3
e0304702_08015752.jpg
e0304702_16421904.jpg
"
⑭ここから宮沢湖には行けません
e0304702_12241211.jpg
H28.06.01から施設開園まで宮沢湖に入ることができません。
e0304702_12243451.jpg

飯能散歩(山歩)もいいものです。                                                                                          

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年03月27日 作成




by fureshima2223 | 2017-03-27 07:56 | ヤマノススメ | Comments(0)

ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産(文化新聞H290119より)

ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産(文化新聞H290119より)

資料としての保存のため転載させていただきました。

文化新聞|公式サイト|bunkashinbun.co.jp


ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産
http://www.bunkashinbun.co.jp/wp/2017/01/19/%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e8%bf%94%e7%a4%bc%e5%93%81%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e3%81%a7%e9%99%90%e5%ae%9a/



by fureshima2223 | 2017-01-21 07:35 | ヤマノススメ | Comments(0)

バスの終点へ行こう003:国際興業バス 飯能市の間野黒指バス停、そして車道の終点へ

バスの終点へ行こう003:国際興業バス 飯能市の間野黒指バス停、そして車道の終点へ

バスの終点へ行こうの3回目です。今回目指したのは埼玉県飯能市、国際興業バスの間野黒指(まのくろざす)バス停です。飯能市の中でもメインのハイキングコースではありませんが、いくつかの山を目指すハイキングコースの起点となっており、バス停の先にも尾根の南面に集落があります。途中の間野富士山も気になりました。

まずはこの1枚
国際興業バス 間野黒指(まのくろざす)バス停 12:20発飯能駅行きです。
〒357-0056 埼玉県飯能市上直竹上分69

e0304702_14154026.jpg
グーグルマップより切り出し 飯能駅からのバスルートはこれでいいのかな
e0304702_19504623.jpg

間野黒指(まのくろざす) 時刻表 H280626改正(H281212確認)飯能を起点とする路線、一部東京都青梅市にバス停があります。
http://transfer.navitime.biz/5931bus/pc/diagram/BusDiagram?orvCode=00022042&course=0001000387&stopNo=1
平日、土曜、日曜・祝日 ダイヤは全て同じ 間野黒指⇒東飯能駅⇒飯能駅(32分 440円 停留所起終点を含めて25か所)
間野黒指⇒飯能駅 到着したバスがすぐに飯能駅に戻るダイヤとなっています
 07:30、09:15、12:20、15:20、16:40
ちなみに飯能駅⇒間野黒指 平日、土曜、日曜・祝日 ダイヤは全て同じ(33-35分 440円 停留所起終点を含めて25か所)
 06:57、08:35、11:40、14:40、16:05

①間野黒指(まのくろざす) バス停で 国際興業バス

間野黒指(まのくろざす) バス停と折返し場です 飯能市上直竹上分69
e0304702_14103730.jpg

飯能駅11:40発のバスが間野黒指バス停に到着します。
行先はもう飯能駅になっています。
e0304702_14125607.jpg
e0304702_14135207.jpg
折返し場で切り返して
e0304702_14135939.jpg
出発場所に停車 12:20発飯能駅行きです。
e0304702_14143004.jpg
発車待ちのバスと間野黒指バス停
e0304702_14143821.jpg
発車待ちのバスとバス停
e0304702_14150782.jpg
発車待ちのバスとバス停 対岸より
e0304702_14151405.jpg
発車待ちのバスとバス停 神社への階段より
e0304702_14154026.jpg
対岸より、バスが発車した後 停車位置、バス停、折返し場
e0304702_14154941.jpg

②間野黒指(まのくろざす) バス停詳細

間野黒指バス停と待合所 正面から
e0304702_15575901.jpg
間野黒指バス停と待合所 向かって左側から
e0304702_15580912.jpg
間野黒指バス停と待合所 向かって右側から
e0304702_15582725.jpg
待合所の床のタイル絵です
e0304702_15583537.jpg
待合所正面
e0304702_15592104.jpg
待合所左側 置時計と傘がありました。
e0304702_15593024.jpg
待合所右側
e0304702_15595082.jpg

待合所の表示
e0304702_18244354.jpg
待合所外部左側 健全育成標語
e0304702_18245532.jpg
待合所外部左側 熊出没注意
e0304702_18251833.jpg
待合所外部右側 熊注意! クマに注意!!
e0304702_18252723.jpg
待合所内部 正面
e0304702_18255051.jpg
待合所内部 正面 飯能市民憲章
e0304702_18260443.jpg

間野黒指バス停
e0304702_18381425.jpg
間野黒指バス停
e0304702_18383061.jpg
間野黒指バス停 時刻表
e0304702_18384709.jpg
間野黒指バス停 運行系統と運賃
e0304702_18390513.jpg

③間野黒指(まのくろざす) バス停の周辺

上直竹上分公衆トイレ
e0304702_06441962.jpg
上分道路改修記念碑 開鑿や改修の碑があるということは、地域にとっていかに道路の存在が大きいかがわかります。
e0304702_06443026.jpg
路面凍結 スリップ注意! の看板
e0304702_06452427.jpg
竹林と空がきれいだったので・・・
e0304702_06453269.jpg
スリップ防止用砂 今は塩カルを置いています。確かに路面凍結があるということで・・・
e0304702_06455205.jpg

村社山祇神社 鳥居
e0304702_06455916.jpg
村社山祇神社 標柱と社
e0304702_06461953.jpg

④車道で細田へ

細田へ 車道と歩道の道標 後ろも道路の改修と開設の碑
e0304702_06494911.jpg

道標付近と斜面の集落
e0304702_08100015.jpg

光全寺前から 車道を細田へ
e0304702_06472487.jpg

間野黒指バス停から道路の終点へ
e0304702_20573101.jpg
"
⑤細田集落 道路の終点まで来ました

飯能市林道細田線の標識
e0304702_20584495.jpg
細田林道開鑿記念碑
e0304702_20590592.jpg
集落で出会った案内標識
e0304702_21013787.jpg
大仁田山登り口
e0304702_21015291.jpg
大仁田山登り口の案内板 
e0304702_21021470.jpg
大仁田山登り口付近から
e0304702_21023696.jpg
道路の終点に到着です
e0304702_21025467.jpg
ここから原市場へ向かう山道があります。間野富士へともつながっているようです。
e0304702_21032275.jpg

間野黒指バス停から細田集落の道路の終点まで来ました。ここからは、飯能のハイキングコースとしてはメインではありませんが、大仁田山方面に登れます。間野富士でヤマノススメは別ブログで作成できたらと。「バスの終点へ行こう」というテーマも、舞台探訪とはまた別の観点から地域と出会う機会となりそうです。次は国際興業バス飯能市の中沢バス停から竹寺と子権現を目指してみようかな、凍結の恐れのない時期になったら・・・


履歴
2017年01月12日 作成










by fureshima2223 | 2017-01-13 07:37 | バスの終点へ行こう | Comments(0)

「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01~04話)

「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01話~第04話)

「ステラのまほう」第01話~第03話を見ました。本田 珠輝(ほんだ たまき)「たまちゃん」が通う私立星ノ辻中学高等学校のモデルは成蹊学園、登場するガストは吉祥寺店、そして吉祥寺駅前が登場しましたので、学校の最寄り駅は吉祥寺駅であり、吉祥寺アニメと言えそうです。でも、本田 珠輝(ほんだ たまき)「たまちゃん」は田舎に住んでいて長距離通学とのことで、最寄り駅はどこでしょうか。最初は車両の特徴から中央線、青梅線、五日市線を探しましたがしっくりしませんでした。とあるツイートより吾野駅・東吾野駅がモデルではとの情報があり、ネットで探すと両駅が登場しているのではと考えました。結論から言うと、2話3話で登場した駅が本当に最寄り駅とすれば、本田 珠輝(ほんだ たまき)「たまちゃん」が住んでいる場所の最寄り駅は吾野駅です。東吾野駅のカットを加えたのは、吾野駅の改札口・券売機の場所が田舎のイメージに合わないからなのではと思ってしまいます。ただ、1話の駅のカットは吾野駅では見つけられなかったし、4話で異なる駅カットも登場しました。モデルはありそうですが、「たまちゃん」が住んでいる場所の最寄り駅は、特定の舞台はないのでしょうかませんでした。探訪日は平成28年10月23日と平成28年11月04日です。

H28.10.31に「ステラのまほう」第04話駅カットを追加しました。
H28.11.05に、H28.11.04撮影の写真追加、入替えをしました。
H28.11.23に、H28.11.20撮影のJR五日市線多摩川橋梁の写真を追加


以下のブログも作成しています。リンクしています、参考になれば・・・

「ステラのまほう」舞台探訪002 学校と最寄駅吉祥寺の周辺(第01~03話)
「ステラのまほう」舞台探訪003 北千住駅(第1話)と旧中川の緑地(第4話)
「ステラのまほう」舞台探訪004 青梅駅前通り(第06話)

「ステラのまほう」舞台探訪005 再び吉祥寺、旧中川ふれあい橋も(第08話)


まずはこのカットから、駅舎は西武線吾野駅です。

e0304702_20103227.jpg

それでは探訪の報告をさせていただきます。

「ステラのまほう」第01話


家を出発 ここからの風景はのんのんびよりを思い出させるくらいにモデルがわかりませんw 01‐003
e0304702_17412952.jpg

「そのばし駅」このカットが四方津駅との情報がありましたが、未確認です。 
吾野駅や東吾野駅ではないようです。 01-009

e0304702_17421194.jpg

登校時 鉄橋はJR五日市線多摩川橋梁でしょうか 列車は左へ 左右反転でしょうか 01-011
e0304702_17425072.jpg
JR五日市線多摩川橋梁 H28.11.20撮影 H28.11.23追加
e0304702_13012610.jpg
e0304702_13014188.jpg

「ステラのまほう」第02話

下校時 鉄橋はJR五日市線多摩川橋梁でしょうか 列車は右へ 左右反転でしょうか 02-025
e0304702_17431228.jpg

列車はに到着、西武線吾野駅かと 02-031
e0304702_17574305.jpg
H281104撮影の写真追加
e0304702_10354805.jpg
H281104撮影の写真追加
e0304702_10355631.jpg

列車はに到着、西武戦吾野駅かと 02-032
e0304702_20513578.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_10360820.jpg

吾野駅で下車 02-034
e0304702_20520008.jpg
e0304702_20521546.jpg

確かに駅舎は西武線吾野駅です。 02-035
e0304702_17435470.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_10361924.jpg

「ステラのまほう」第03話

秩父側から進入??? 03-006
e0304702_20555206.jpg
秩父行きを撮りました。
e0304702_20562822.jpg

吾野駅 飯能方面 03-007
e0304702_17443854.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_11441628.jpg

飯能行ホームで先頭車両を撮りました。 03-010
e0304702_17454239.jpg
e0304702_20573868.jpg
03-011
e0304702_17464370.jpg
e0304702_20580177.jpg


なぜか東吾野駅改札口登場です。 03-012
e0304702_17472613.jpg
e0304702_20583046.jpg

なぜかこれも東吾野駅改札口登場です。 03-013
e0304702_17481136.jpg
e0304702_20585034.jpg
H281104撮影 実際の吾野駅の改札口、田舎の雰囲気を出すためにここではなく東吾野駅の改札口をモデルにしたのかな。
e0304702_10365347.jpg

このカットは吾野駅 改札口付近と休憩所 03-014
e0304702_17485210.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_10362939.jpg


そしてこのカットはあるのでしょうか、吾野駅周辺にはありませんでした。 03-015
e0304702_17502013.jpg

「ステラのまほう」第04話

合宿から戻る場面、ここは吾野駅を広場側から見た駅の側面ですか。なるほど・・・。
ホームとばかり思っていたのでわかりませんでした。柱の塗装と時計が着目点とのことです。04‐002
e0304702_07325222.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_10363992.jpg

04-003
合宿から戻る場面、ここは吾野駅改札口前、時計のアップが着目点。
e0304702_07330195.jpg
H281104撮影の写真に入替え
e0304702_10364645.jpg

第04話の駅カットについては、ブログ「異常感想注意報」の舞台探訪・ステラのまほう・吾野駅と東吾野駅 を参照させていただき、H281023に撮影した写真を見直してみました。

探訪の後、吾野駅周辺吾野宿を散策しました。その情報は後日追加できたらと・・・


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© くろば・U・芳文社/ステラのまほう製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年10月24日 作成
2016年10月25日 4話を見て追記
2016年10月31日 4話を見て再度追記
2016年11月05日 一部H281104撮影の写真で入替え、追加
2016年11月23日 一部H281120撮影のJR五日市線多摩川橋梁写真を追加










by fureshima2223 | 2016-10-24 17:52 | ステラのまほう | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪011 西吾野から高山不動、関八州見晴台へ(五十八合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪011 西吾野から高山不動、関八州見晴台へ(五十八合目)

 天候もそれほど悪くないということでコミック「ヤマノススメ」第五十八合目登場の高山不動と関八州見晴台を訪れてみました。とはいっても、歩かなくて済むところ歩かないとのお約束で、歩いたのは高山不動駐車場から高山不動往復、旧不動茶屋前の駐車場から関八州見晴台往復というゆるゆる山歩でした(旧不動茶屋の上の関八州見晴台の入口にも駐車スペースがあるのは歩いていて気が付きましたが)。あおいたちが歩いたのは沢沿いに登る「高山不動と関八州見晴台コース」でしょうか。ほかにもいろいろな道があるようです。西吾野駅⇒高山不動⇒関八州見晴台⇒西吾野駅または吾野駅を歩くと4時間以上はかかり、歩く距離と時間と500m以上の標高差はそれほど甘くなさそうです。探訪日は平成28年10月10日です。

それでは探訪の報告、あおい達の歩いた順でコミックカットと写真を載せていきますが、途中で側線に入るかもしれません。

飯能と西吾野駅と高山不動と関八州見晴台の位置関係は 058-05-1
e0304702_20184048.jpg
ハイキングコース&ガイドマップより切り抜き 一応マップのコースを歩いたとしてみました。
西吾野駅から高山不動までは他の道もいくつかあります。
e0304702_21173204.jpg

あおいちゃん、私も山コーヒーやってみたいって、いろいろ飲み比べて、よく眠れなかったとか・・・
西吾野駅で待ち合わせ、飯能に住んでいるのになぜ飯能駅または東飯能駅で待ち合わせしないのかな・・・ 058-18-1
e0304702_20202976.jpg
e0304702_07570388.jpg

あおいちゃんも考えることが多いような・・・058-20-1
e0304702_07310517.jpg

高山不動の階段、確かにすごい!!! 左右に歩道はありますが 058-22-1
e0304702_07324186.jpg
高山不動:関東三大不動の一つ、1300年以上前にできた由緒正しいお寺。
e0304702_07572921.jpg

二人も石段を登ります。ここに来たらこの石段を登らないとね。 058-23-1
e0304702_07325884.jpg
e0304702_07580486.jpg
e0304702_07581254.jpg

高山不動 本堂に着きました。058-24-1
e0304702_07334838.jpg
e0304702_07585080.jpg

高山不動はお寺なので、神社とはお参りの仕方が違います。 058-24-2
e0304702_07340288.jpg
e0304702_07592543.jpg
e0304702_08000603.jpg

水屋は確かにちょっと貧弱かも 058-24-3
e0304702_07342617.jpg
e0304702_08003725.jpg

あおい達が西吾野から登ってきて高山不動へ向かう道、そのまま車道を右手に降りていくと水場に出ます。
(駐車場から歩いてきて、水場の前を通り、高山不動に向かいます。)
e0304702_08005916.jpg

山水ですか 058-25-1
e0304702_07353390.jpg
e0304702_08012591.jpg
『水の確保は登山用地図の水マークのある場所で行いましょう。』とのこと 058-25-2
e0304702_07355204.jpg
e0304702_08015453.jpg
國造三輪社と水場
e0304702_21313907.jpg

関八州見晴台の登り口、近くに駐車スペースあります。
e0304702_07535941.jpg
登山道 季節に行くとつつじがきれいとのことです。
e0304702_07542027.jpg

関八州見晴台に到着 058-26-1
e0304702_07361510.jpg
e0304702_08150287.jpg
関八州見晴台でヤマノススメ
e0304702_08151081.jpg
高山不動尊 奥の院
e0304702_20473843.jpg
関八州見晴台からの展望
e0304702_07554454.jpg
武甲山も見えました
e0304702_07555546.jpg

このベンチでいいのかな 058-28-1
e0304702_07370853.jpg
e0304702_20485060.jpg
ベンチで、コーヒーを入れる用意はしていなかったので、缶コーヒーでも・・・058-28-2
e0304702_07372465.jpg
058-28-3
e0304702_07373988.jpg
e0304702_20491316.jpg

あおいちゃんもいろいろ思うことがありそうで 058-30-1
e0304702_07392197.jpg
e0304702_20493514.jpg

でも、ひなたにかかると、見通されてるかも・・・058-31-1
e0304702_07393347.jpg
058-32-1
e0304702_07395210.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年10月20日 作成









by fureshima2223 | 2016-10-20 08:09 | ヤマノススメ | Comments(2)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪010 走って飯能市美杉台のカフェへ (八十九合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪010 走って飯能市美杉台のカフェへ (八十九合目)

今回ひなたたちが歩いたコースは、割岩橋~大河原交差点(大河原バス停)=コースNo7~尾根に出て~コースNo6~コースNo5~あさひ山展望公園~cafe Misugiです。普通に道を歩くと矢久橋経由で2.0km、27分の歩きですが、山を突っ切っていくと、どう見ても倍の距離を歩くことになりそうですw。大河原交差点からスタートなら近かもしれませんが・・・。木立のなかを歩くのは気持ちはよかったですが。って、ひなた、なにを考えたのでしょう。探訪日は平成28年09月19日です。

実際に歩いたコースとグーグルマップでの徒歩コース グーグルマップに加筆
e0304702_14074756.jpg

コミック「ヤマノススメ」第八十九号目 走ってカフェへの探訪報告を開始します。

スタートは割岩橋、アニメ「ヤマノススメセカンドシーズン」新七号目カワノススメ?と
大河原交差点までは同じコースを歩きます。 089-01-1
e0304702_19032941.jpg
e0304702_06141840.jpg

ひなたのおすすめのカフェへ 089-01-2
e0304702_19061476.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目」に登場したカット 07-014
e0304702_05454914.jpg
e0304702_06004202.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目」に登場したカット 岩根橋との分岐点です。 07-016
e0304702_05472233.jpg
e0304702_06005375.jpg

県道28号線 岩根橋~大河原交差点 089-02-1
e0304702_19063358.jpg
e0304702_06142797.jpg

「ヤマノススメ セカンドシーズン07合目に登場したカット」大河原バス停近くの蔵 07-018
e0304702_05480110.jpg
e0304702_06010671.jpg

割岩橋をスタートにするなら、山突っ切ると遠いですw 089-02-2
e0304702_19064993.jpg
岩割橋~cafe Misugiへのと徒歩コース グーグルマップに加筆
e0304702_14074756.jpg
大河原バス停と交差点
e0304702_06143788.jpg
美杉台・大河原コース ⑦から急登して尾根へ
e0304702_06471204.jpg
美杉台・大河原コース⑦の案内板 矢印は⑧方向を示しています。
e0304702_06455023.jpg

アウトドアサンダルの解説 089-03-1
e0304702_19070452.jpg

美杉台・大河原コース ⑦から急登 089-03-2
e0304702_19071641.jpg
登山道 少しだけ急登
e0304702_07552517.jpg
登山道 登山口方向、ここを登ってきました。
e0304702_07553693.jpg

尾根へ出て、トレラン気分で一気に行けそうです。 089-04-1
e0304702_19073000.jpg
e0304702_07571121.jpg
e0304702_07572224.jpg

尾根道をピークへ 089-04-2
e0304702_19074240.jpg
この木立の雰囲気はどうでしょうか。
e0304702_07575768.jpg
地図のピークへ出ます。
e0304702_07582621.jpg

見晴しベンチ 089-05-1
e0304702_19075302.jpg
e0304702_07545541.jpg
太陽光発電と住宅 山は見えません 雨です。
e0304702_07591502.jpg

どんどん進んで 089-05-2
e0304702_19081826.jpg
美杉台・大河原コース ⑥
e0304702_20244553.jpg
e0304702_20181778.jpg
美杉台・大河原コース ⑤
e0304702_20182799.jpg
あさひ山三等三角点213.3m 089-05-3
e0304702_19080522.jpg
e0304702_20172084.jpg
e0304702_20165754.jpg
e0304702_20170665.jpg
美杉台・大河原コースからあさひ山展望公園への分岐
e0304702_20245494.jpg

あさひ山展望公園に降りてきて 089-05-4
e0304702_19083285.jpg
e0304702_11291621.jpg
e0304702_11304925.jpg

あさひ山展望公園に到着 雨です、山岳展望はありませんでした。 089-06-1
e0304702_19085014.jpg
e0304702_11322051.jpg

丹沢も武甲山も見えるはず、再チャレンジかな・・・089-06-2
e0304702_19090675.jpg
丹沢が見えるはず・・・
e0304702_11324298.jpg
武甲山が見えるはず・・・
e0304702_11330189.jpg
ひなたの山が見えるはず・・・
e0304702_11331963.jpg

あさひ山展望公園にて・・・、ひなたのおすすめのカフェは・・・ 089-07-1
e0304702_19091950.jpg
e0304702_11350194.jpg
グーグルマップからの切出しです。
e0304702_11351925.jpg
e0304702_12464624.jpg

ひなたのおすすめのカフェに到着 089-02-2
e0304702_06043505.jpg
cafe Misugi 埼玉県飯能市美杉台1-11-2
e0304702_12463890.jpg
e0304702_12442507.jpg
e0304702_12402314.jpg
ランチタイムは月~金11:30~14:00、日13:00~14:00
この日のランチは本日のパスタ:ゴーヤのカレー風味、パン、コーヒーor紅茶(ホット・アイス)で1000円でした。
美味しかったです。器も素敵でした。

パン
e0304702_12454234.jpg
本日のパスタ:ゴーヤのカレー風味
e0304702_12455288.jpg
ホットコーヒー
e0304702_12460407.jpg

美杉台・大河原コースのハイキングマップを載せておきます。
http://www.city.hanno.saitama.jp/cmsfiles/contents/0000001/1126/misugidai.pdf
e0304702_12542095.jpg

雨の中の飯能山歩でした。木立の中を歩くことも、展望台も、ひなたのおすすめのカフェもよかったです。でも、目的地に着くだけならなんでこんな遠回りしたんだろう、って思うよ、ひなた!!!

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年09月25日 作成




by fureshima2223 | 2016-09-25 18:53 | ヤマノススメ | Comments(0)

飯能市の宮沢湖(ムーミンテーマパーク建設地)に行ってみました(H280828訪問)

飯能市の宮沢湖(ムーミンテーマパーク建設地)に行ってみました(H280828訪問)

「ムーミン」の世界を体験できる施設を開設 飯能市HP 2015年7月13日
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000008794.html

宮沢湖バス停
e0304702_15455100.jpg
たまたま訪れたときに、西武バス飯能行が待機していました
e0304702_15460525.jpg
西武バスの飯能駅と宮沢湖を結ぶバスは土曜休日の1往復のみです。でも、ムーミンのテーマパークが開園すると大幅に本数が増えるはず、いまは路線維持のために走らせているだけでしょうが。ちなみに、イーグルバスの日高方面へのバスも宮沢湖に寄ります、1時間に1本は走っています。
e0304702_15463100.jpg
宮沢湖へ降りる道路
e0304702_15463857.jpg
平成28年6月1日より宮沢湖が利用できないことの告知
e0304702_15470715.jpg
売店は当然閉まっています、自販機は利用できますが。
e0304702_15482879.jpg
宮沢湖手前のロータリーから先は立ち入り禁止です。
e0304702_15471567.jpg
ボーリング調査が始まるとのことで、宮沢湖利用禁止のお知らせ。
e0304702_15484922.jpg
柵の網目から宮沢湖を撮ってみました。
周囲はゴルフ場のはずですが、宮沢湖からは森が見えるだけです。
e0304702_15485625.jpg
宮沢湖を後に
e0304702_15491837.jpg
飯能中央公民館でムーミンのフラグ、ヤマノススメの展示を見に寄った際に。
e0304702_15493723.jpg
宮沢湖に行った帰りに、あけぼの子どもの森公園に寄りました。アニメカット あけぼの子どもの森公園(新二十合目)
e0304702_15495438.jpg
かつて木のポールがあった名残がありました。
e0304702_15501296.jpg
あけぼの子どもの森公園のムーミン屋敷
e0304702_15503545.jpg
あけぼの子どもの森公園の水あび小屋とわんぱく池
e0304702_15505023.jpg
"
宮沢湖にできるムーミンの世界を思って、帰宅・・・・・。
でも、飯能市はコンテンツとしての「ヤマノススメ」とどう向き合っていくのでしょうか。
参考に:「ヤマノススメ セカンドシーズン」舞台探訪019 ここなの飯能大冒険03 あけぼの子どもの森公園(新二十合目)

履歴
2016年09月12日 作成





by fureshima2223 | 2016-09-12 08:02 | 徒然なるままに | Comments(0)

ヤマノススメ第三期熱望上映会 聖望学園学祭で(H280910)

ヤマノススメ第三期熱望上映会 聖望学園学祭で(H280910)

ヤマノススメで雪村あおい達が通う高校のモデルとなっている埼玉県飯能市の聖望学園の学園祭で、ヤマノススメ第三期熱望上映会が開催されると聞いて、訪れました。上映されたのはヤマノススメ全話とセカンドシーズン1話、12話、24話です。初めての山が天覧山となった訳、聖望学園がモデルとなった経緯など、新井先生の話も聞くことができました。上映会が終わってからはファンが持ち寄ったねんどろいどの撮影会でした。やはり第三期は見てみたいです。あおいちゃんの富士山再挑戦、楓さんの卒業とここなちゃんの入学くらいまでができたらと・・・期待します。

ヤマノススメで雪村あおい達が通う高校のモデル 埼玉県飯能市の聖望学園で
e0304702_06033554.jpg
2016年中山祭(学園祭)が9月10日.11日に開催され
e0304702_06040200.jpg
ヤマノススメ第三期熱望上映会が開かれます、
学園入口で整理券の配布
e0304702_06043813.jpg
学園入口で整理券の配布
e0304702_06045725.jpg
H280910:13時~、H280911:10時~、13時~ 聖望学園本館4階自習室にて上映
e0304702_06051130.jpg
階段を登って4階に達すると
e0304702_06054656.jpg
e0304702_06055213.jpg
上映会場入口の受付・表示
e0304702_06125686.jpg
上映会場の入口では
e0304702_06132917.jpg
e0304702_06062381.jpg
上映会場で パネル展 あおいちゃんも自作かな
e0304702_06070406.jpg
あおいちゃんのアップ
e0304702_06081473.jpg
りょうまちんの作品
e0304702_06085746.jpg
BKだいひさんの作品
e0304702_06084236.jpg
上映会開始にあたって アライ先生
e0304702_06065340.jpg
教壇の机に貼ってあったのは
e0304702_06073014.jpg
ヤマノススメ第一期上映のあと、初めての山が天覧山となった訳、聖望学園がモデルとなった経緯などの話も
e0304702_06092371.jpg
上映が終わって 上映会場から天覧山
e0304702_06102162.jpg
ねんどろいど集合です。
e0304702_06105870.jpg
ヤマノススメ第三期熱望
e0304702_06112024.jpg
ほのかちゃん押しなので
e0304702_06112772.jpg
ここなちゃんも
e0304702_06120069.jpg
山岳部で しろさんの色紙展示
e0304702_06140952.jpg
山岳部もヤマノススメ
e0304702_06142624.jpg
帰りに 飯能駅に行く途中で ラッピングバス
e0304702_06144160.jpg
帰りに 飯能駅に行く途中で ラッピングバス
e0304702_06145712.jpg

再度 やはり第三期は見てみたいです。あおいちゃんの富士山再挑戦、楓さんの卒業とここなちゃんの入学くらいまでができたらと・・・期待します。


履歴
2016年09月11日 作成





by fureshima2223 | 2016-09-11 06:41 | ヤマノススメ | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪009 有間ダムと周辺で(八十一合目「ひかりの癒し作戦!!」)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪009 有間ダムと周辺で(八十一合目「ひかりの癒し作戦!!」)

コミック「ヤマノススメ八十一合目」ひかりの癒し作戦!!探訪です。とはいっても、久し振りの飯能、自分の癒しなのかもしれません。探訪日は平成28年6月12日、龍崖山と共に飯能を歩いてみました。休みの日でしたが、有間ダムのダムカレーは提供していなくて、いつから提供するかも未定とのことでした、残念・・・。


コミック「ヤマノススメ八十一合目」ひかりの癒し作戦!!

ひかりさんがあおいちゃんをさそってお出かけとか 81-1-02
e0304702_07564685.jpg

有間ダムのダムサイトの石碑 81-1-03
e0304702_07573906.jpg
e0304702_07422876.jpg
有間ダム堤体から名栗湖、あとで逆側から有間ダムと名栗湖を見るので・・・
e0304702_07424570.jpg

上流に向かって歩いて、写真は雰囲気だけ 81-1-03
e0304702_07585256.jpg
e0304702_08080546.jpg
"
名栗カヌー工房に到着 埼玉県飯能市下名栗1817-9
℡ 042-979-1117  Fax 042-979-1177  open 9:00 close 16:30 無休 81-1-04
e0304702_08000244.jpg
e0304702_08122277.jpg

カヌー工房の中は確かにカヌーの製作の場でした。カット合わせはできていませんが、雰囲気だけでも・・・
内部の撮影については、了解をいただきました。

81-1-04
e0304702_08003610.jpg
e0304702_08073550.jpg
81-1-05
e0304702_08005243.jpg
e0304702_08074435.jpg
e0304702_08082070.jpg
81-1-05
e0304702_08012845.jpg
e0304702_08082980.jpg

カヌーもいいかも 81-1-05
e0304702_08014663.jpg
対岸からカヌー工房の桟橋
e0304702_08072445.jpg
対岸から カヌー工房の上流側で いいなー、って
e0304702_08073320.jpg

まずは救命胴衣 81-1-05
e0304702_08020605.jpg

カヌー工房の桟橋 81-1-06
e0304702_08030596.jpg
e0304702_07263924.jpg
桟橋に係留されていたカヌー、そして出発するカヌー 81-1-06
e0304702_08032973.jpg
e0304702_08075231.jpg
e0304702_08074142.jpg

カヌーに乗る時の注意 81-1-06
e0304702_08035401.jpg
81-1-07
e0304702_08041279.jpg

そして漕ぎ出します 81-1-07
e0304702_08042884.jpg
e0304702_07242930.jpg
81-2-01
e0304702_08045677.jpg
81-2-01
e0304702_08053334.jpg
有間ダムに向かって 81-2-02
e0304702_08062291.jpg
e0304702_07250782.jpg

カヌーでお弁当とか・・・81-2-03
e0304702_08064314.jpg
e0304702_07253464.jpg

ひかりさん、趣味の違う男子とのデートのするときの勉強とか・・・w 81-2-04
e0304702_08070740.jpg

有間ダム湖で、漕ぎ出してみたいけど(漕ぎ出すとは言っていない・・・)81-2-04
e0304702_08074146.jpg
e0304702_07261058.jpg

桟橋に戻ってきて 81-2-05
e0304702_08084256.jpg
e0304702_07263924.jpg

ネタばれです・・・ 81-2-05
e0304702_08082364.jpg
e0304702_07291063.jpg

でも、あおいちゃんにもよかったようです 81-2-06
e0304702_08091258.jpg
e0304702_07294502.jpg

コミック「ヤマノススメ三十四合目」山頂で見えるもの

変わってしまうものは・・・、これも歳月ですか。

過去ブログ:2013年11月04日 作成 探訪日は平成25年11月01日
コミック「ヤマノススメ」舞台探訪003 有間ダムから棒ノ嶺へ(「三十四合目山頂で見えるもの」より)

棒ノ嶺白谷沢登山口の道標が・・・ 34-04
e0304702_08112968.jpg
棒ノ嶺白谷沢登山口です
e0304702_08105762.jpg
棒ノ嶺白谷沢登山口の道標が、根元が腐食したのでしょうか、寄りかかっていました。
e0304702_08112732.jpg
棒ノ嶺白谷沢登山口の道標 この時は自立してたのですが。 H25.11.01撮影
e0304702_08195264.jpg
でも、棒ノ嶺への登山道はそのまま、登ってみたいけど(登るとは言えません・・・)
e0304702_08113957.jpg

有間ダム周辺の81合目と34合目の舞台を地図に載せてみました
e0304702_07354173.jpg


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年08月01日 作成






by fureshima2223 | 2016-08-01 07:37 | ヤマノススメ | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪008 再び飯能市の龍崖山へ (五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪008 再び飯能市の龍崖山へ (五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

 飯能市の龍崖山に、平成28年6月12日に再チャレンジしました。平成27年5月6日に金蔵寺側から1度山頂までは行っているのですが、富士山見晴し台から燧山へ行くつもりで、ルートの下側にベンチと短絡路に見えた登山道があり、下りていくと女坂から金蔵寺側の登山口に出てしまったのです。途中で気が付きましたが、登り返す気になれなかったので。なので、龍崖山公園~燧山~龍崖山のコースと、どこで道を間違えたのか確認するための龍崖山再チャレンジでした。富士山は見ることはできませんでしたが、まずまず天候に恵まれた1日でした。

過去ブログです:コミック「ヤマノススメ」舞台探訪006 飯能市龍崖山へ(五十一合目「はじめてのトレイルラン」)

H270506の山歩の写真から山頂までを載せ、次に、
龍崖山⇒富士山見晴し台⇒燧山⇒龍崖山公園はH280612の写真を載せて、山行の記録とします。コミック「ヤマノススメ」五十一合目「はじめてのトレイルラン」のコマとも対比させてみます。

龍崖山周辺の地図 グーグルマップより切出し加筆しました。
e0304702_07275837.jpg

龍崖山のイメージ コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-17
e0304702_07300800.jpg

龍崖山 金蔵寺側登山口 あおいたちはトレイルランでここから登ったはず
龍崖山山頂まで800m H270506撮影
e0304702_07331214.jpg

女坂と男坂の分岐 右側の道・男坂へ
e0304702_07360776.jpg
"
男坂から龍崖山へ この先はもっときついような・・・  コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-26
e0304702_07400410.jpg
登山道 イメージだけですが、左右反転するとどうでしょうか H270506撮影
e0304702_07424647.jpg

間もなく山頂です H270506撮影
e0304702_07453180.jpg

ここまではH270506撮影の写真ですが、龍崖山山頂からはH280612撮影の写真を載せます。
"
山頂到着 金蔵寺登山口から800mとのこと ここからは特記ない限りH280612撮影
e0304702_20581853.jpg

龍崖山山頂です コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-028
e0304702_07480573.jpg
e0304702_07573603.jpg

龍崖山山頂
e0304702_21022423.jpg
龍崖山山頂にて ヤマノススメ
e0304702_21031358.jpg
山頂には山のパノラマや これで飯能アルプス天覚山もわかりました。
e0304702_21053401.jpg
大河原城のことも
e0304702_21054279.jpg
龍崖山からの展望 天覚山
e0304702_21173049.jpg
龍崖山からの展望 物見山、日和田山、多峯主山
e0304702_21180198.jpg
龍崖山からの展望 天覧山、展望台も見えています。ということは、天覧山から龍崖山が見えるということですね。
e0304702_21182468.jpg
龍崖山からの展望 飯能市街地
e0304702_21185129.jpg
"
龍崖山山頂を後にして 龍崖山公園まで1200m
e0304702_07471280.jpg

龍崖山まで20mの分岐
左は巻き道、途中富士山見晴し台への分岐あり、右は直接富士山見晴し台に出れます。
ロープは龍崖山直下の急登のためのものの延長、立入阻止のためのロープではありません。
e0304702_07472398.jpg

富士山見晴し台からの展望かな コミック「ヤマノススメ」五十一合目コラム 
e0304702_20195450.jpg
富士山見晴し台到着
e0304702_20274152.jpg
富士山見晴し台でヤマノススメ
e0304702_20275581.jpg
富士山見晴し台からの山岳展望 富士山は見えませんでした。
e0304702_20281220.jpg
で、H270506富士山見晴し台からの富士山 かろうじて見えました。
e0304702_20321533.jpg

少し進んで 見晴し台テラス
e0304702_21032652.jpg
見晴し台テラス パノラマは大岳山から確認していくと
e0304702_21054389.jpg
見晴し台テラスからの展望
e0304702_21062269.jpg

見晴し台テラスから下りてきて巻道と合流 龍崖山公園まで1070m
e0304702_21075310.jpg
すぐ下の分岐 道標はないけど左下に見えるベンチ方向に降りると女坂経由は金蔵寺側登山口へ
龍崖山公園に向かうのは分岐を降りないこと(前回、短絡路と思って降りてミスしました。)
e0304702_08190644.jpg
e0304702_21290287.jpg

沢 龍崖山公園まで940m
e0304702_08034957.jpg
イメージだけですが登山道のこの場所は コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-030
e0304702_08414174.jpg
e0304702_08070127.jpg

燧山到着、燧ケ岳ではないのでこの標記ですw
e0304702_08025604.jpg
燧山234mでヤマノススメ
e0304702_08022510.jpg
燧山のベンチからの展望
e0304702_08012009.jpg
燧山の道標 龍崖山公園まで780m
e0304702_08020194.jpg

沢 龍崖山公園まで520m
e0304702_08071139.jpg

ピーク 龍崖山公園まで330m
e0304702_08072291.jpg

龍崖山公園に到着
e0304702_08073014.jpg

龍崖山公園の登山口に到着 コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-32
e0304702_15592486.jpg
e0304702_18031307.jpg

龍崖山公園で コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-34
e0304702_16001868.jpg
e0304702_18034009.jpg
アジサイも咲いていました。
e0304702_21195283.jpg

龍崖山公園で コミック「ヤマノススメ」五十一合目より 051-034
e0304702_16010177.jpg
イメージのみ、この程度で。
e0304702_18041340.jpg

龍崖山公園の標記
e0304702_21193332.jpg
公園にあるはんのうハイキングコース案内図 赤丸の区間1200mの往復でした。
e0304702_21194323.jpg

わずか1200m×2の山歩でしたが、展望もあり、楽しかったです。トレイルランは難しいかな、自分でできる範囲でできることを、です。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
゛ 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。
「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2016年06月19日 作成




by fureshima2223 | 2016-06-19 07:06 | ヤマノススメ | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31