「ヤマノススメ サードシーズン」全話のタイトルとつづくを切出してみました。(11話まで)

「ヤマノススメ サードシーズン」全話のタイトルとつづくを切出してみました。(11話まで)

「ヤマノススメ サードシーズン」は瑞牆山・金峰山まで。そして、サードシーズンまでで、あおいたちが入学してから秋の山まででした。アニメ「ヤマノススメ」は、少なくとも富士山登頂成功までは続くよね、きっと!!!

あらすじは、ヤマノススメ サードシーズン公式ホームページより

●第1話「筑波山で初デート!?」

夏休みが終わり、新学期が始まった。高校1年生のあおいは、夏休みに登った富士山で、幼なじみのひなたがプレゼントしてくれた人形のお礼をしたいと考えていた。アルバイト先の先輩・ひかりからアドバイスをもらったあおいは、ひなたに筑波山への登山を提案する。
e0304702_06453397.jpg
e0304702_06454668.jpg
"

●第2話「登山靴ってすごいの?」

富士山登山に再チャレンジすることを決意したあおい。だが、山登りの先輩・かえでから、そろそろちゃんとした登山靴を買ってはどうかと勧められる。高額な金額を聞いて尻込みするあおい。放課後、なけなしの貯金を手にしたあおいは、ひなた、かえでと登山用品店へ向かう。
e0304702_06461479.jpg
e0304702_06463553.jpg
"

●第3話「飯能にアルプス!?」

富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。
e0304702_06465965.jpg
e0304702_06471716.jpg
"

●第4話「クラスメイトと遊ぼう!」

10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。
e0304702_06473970.jpg
e0304702_06475326.jpg
"

●第5話「思い出を写そう!」

ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな、谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。
e0304702_06481449.jpg
e0304702_06482815.jpg
"

●第6話「コーヒーってなんの味?」

ひなたの家のウッドデッキでお茶をごちそうになっていたあおい。ふとひなたを見ると、コーヒーを飲んでいる。山頂でコーヒーを飲む「山コーヒー」のおいしさを勧められたおあいは、自分もやってみたいと思うものの、コーヒーの苦さがまだ苦手。ひなたと山コーヒーをするために、あおいは豆選び&ドリップの練習を始める。
e0304702_06491292.jpg
e0304702_06492730.jpg
"


●第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
ひなたがあおいに、今度の休みに池袋まで遊びに行こうと誘うものの、あおいはアルバイトがあるからと断る。アルバイトの当日、その日はクラスメイトやお母さんの退院祝いを買いに来た女の子など、様々な人たちがやってくるが、あおいは熱心に接客をするのだった。その様子を見たひかりは、あおいの成長に目を細める。
e0304702_06500198.jpg
e0304702_06502322.jpg
"

●第8話「ふたつの約束」

「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。
e0304702_06510563.jpg
e0304702_06512014.jpg
"

●第9話「それぞれの景色」

伊香保温泉の階段を登りきり、伊香保神社や展望台を歩き回るあおいとほのか。さらにほのかはせっかく来たのだから、露天風呂に入っていこうとあおいを誘う。友達とお風呂に入ることがちょっぴり苦手なあおいだったが、覚悟を決めて露天風呂に向かう。一方、ひなたは、あおいのことを案じながら、ここなと一緒に赤城山を登りきる。
e0304702_06514420.jpg
e0304702_06515917.jpg
"

●第10話「すれちがう季節」

同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。
e0304702_06523033.jpg
e0304702_06524824.jpg
"

●第11話「ぎこちない縦走」

あおいが池袋で買ってきたおみやげをひなたに渡したものの、ひなたはどこか浮かない様子。そんななか、かえでが「週末にテント泊しながら瑞牆山と金峰山に登ろう」と誘う。出発の前日、あおいは自宅に泊まりに来たここなと一緒に翌日の夕食の準備をしていた。ところがその準備に思いのほか手間がかかってしまい……。
e0304702_06531247.jpg
e0304702_06532425.jpg
"

●第12話「ともだち」

前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。


ここから先は2015年01月02日作成の「ヤマノススメ セカンドシーズン」の全話のタイトルとつづくの切出しです。


「ヤマノススメ」と「ヤマノススメ セカンドシーズン」を併せても、あおいちゃんが入学してから、夏休みが終わるまでの半年の出来事だったのですね。この間に多くの人と出会い、山に登り、変わっていくあおいちゃんの姿とスーパーウーマンここなちゃんの印象が強かったです。あおいちゃんは富士山に再チャレンジの気持ちがあるようなので、第三期もあるかなと期待しています。前回のイベントで第二期の製作が発表されたと同様、2015/4/19(日)の『ヤマノススメセカンドシーズン 登頂記念パーティー(仮)』で、なにかサプライズがあるのではと・・・。

そう、「ヤマノススメ セカンドシーズン」の終わりは新しい始まりだと・・・
e0304702_12112904.jpg
あらすじは、TVアニメ『ヤマノススメ セカンドシーズン』公式ホームページより

新一合目 テントに泊まろう!
ひなたの家でテントをはって、あおい・ひなた・かえで・ここな4人でお泊まり会。みんなで料理を作って、恋話?をして、歌を歌って楽しい時間を過ごす4人。翌朝、テントを抜け出したあおいとひなたは朝日を眺める。あおいが“富士山”に登ってみたいと知ったひなたは・・・。
e0304702_11520514.jpg
e0304702_11522709.jpg
新二合目 富士山を見に行こう!!
あおいが“富士山”で朝日を見たいと思っているのを知ったひなたは、かえでとここなと相談して富士山が近くに綺麗に見える山に登ってあおいを驚かせようというサプライズ登山を企画する。
e0304702_11530219.jpg
e0304702_11531910.jpg
新三合目 山に登るということ
サプライズ登山の行き先は“三つ峠”。富士山が頂上で初めて見える、少し険しいルートで登る4人。頂上までの道のりは険しい。何とか登りきったあおいがそこで見た景色は。
e0304702_11533517.jpg
e0304702_11535717.jpg
新四合目 降りた後のお楽しみ!
頂上で美しい富士山を見て、感動に浸るのも束の間、あおいたちは三つ峠を下る。思った以上にきつい下り。ふもとには温泉があるという。テンションがあがる4人。
e0304702_11542197.jpg
e0304702_11543760.jpg
新五合目 ゆるして、あげない!
過ってひなたが、あおいのスカートをずり下ろしてしまい、2人はちょっとした喧嘩になってしまう。謝られても素直になれないあおいは、許してあげるタイミングを逃してしまって・・・
e0304702_11545400.jpg
e0304702_11551136.jpg
新六合目 好きな事をするために
ひなたのお父さんから富士山での体験を聞いたあおいは富士山に行くことを決意するが、あおいのお母さんからの猛反対を受ける。 どうしても諦めきれないあおいは…
e0304702_11553098.jpg
e0304702_11560735.jpg
新六.五合目 ブラノススメ?
e0304702_11564074.jpg
e0304702_11565669.jpg
新七合目 カワノススメ?
富士山に登るなら、体力もつけよう!ということでトレーニングもかねて?4人は川に泳ぎに行くことに。ひなたが「セクシーな水着で集合!」と言い出して・・・
e0304702_11571163.jpg
e0304702_11572556.jpg
新八合目 素敵な思い出を
いよいよ富士山に登る日が明日に迫ってきた。最後の準備を整える4人。だんだん不安になってきてしまったあおいは皆に相談したいのだが、言い出せない。
e0304702_11574034.jpg
e0304702_11575618.jpg
新九合目 初めまして、富士山
遂に富士山に登る日。富士登山は想像以上に厳しい。でも憧れてきた山であり、素晴らしい景色を見て、やっぱり来てよかったと思うあおいだった。
e0304702_11581118.jpg
e0304702_11582626.jpg
新十合目 富士山って、甘くない・・・
8合目の山小屋に向けて足を進めるあおい達。「今ホントに富士山にいるんだ…」感慨深くなり不思議な気分になる。
しかし7合目を越えたあたりで急激に険しい斜面に直面。登るにつれて空気が薄くなりじっとしてても息が苦しくなってくる……。
e0304702_11590004.jpg
e0304702_11595746.jpg
新十一合目 もぉ、やだ!!
夜明け前に頂上に到着したひなたたちは、空の色がゆっくり変わり御来光に照らされる中、皆で同じ東の空を見つめている一体感に包まれる。 神々しい夜明けの光景を眺めるあおいの胸中にも、様々な思いが去来する。。
e0304702_11592870.jpg
e0304702_12001986.jpg
新十二合目 Dear My Friend
富士山から帰って来たあと、何となく調子が出ないまま夏休みを迎えてしまったあおい。時間はあるので大好きだった刺繍を再び始めてみたりもしたけれど…。 そんな中、部屋の隅に置きっぱなしにしていた登山道具が視界に入ってくる。
e0304702_12004484.jpg
e0304702_12005991.jpg
新十三合目 不思議なホタルの物語
たくさんホタルを見れる場所があるので皆で行こうというここなの提案に、あんまり乗り気じゃなさそうなひなた。実は、幼稚園の頃あおいと一緒に行った湖での思い出に理由があって…。 かえでも誘って皆で浴衣を着て集合した当日、あの日の真相が明らかになる。
e0304702_12011728.jpg
この回だけ「つづく」の表示出なかったような。ラストのホタル乱舞のシーンです。
e0304702_12014596.jpg
新十四合目 お母さんと霧ヶ峰!
「次、どこ登る?」そんなひなたの言葉に富士登山から帰った時のことを思い出すあおい。そのときお母さんを心配させちゃったから言い出しにくいな…。 そう悩んでいると、ひなたがひらめいた。「だったらさ、お母さんも誘えば?」
e0304702_12020199.jpg
e0304702_12021602.jpg
新十五合目 雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?
部屋で服の整理をしていた楓は一着の雨具を見つける。それは中学生の頃にケンカしてしまった「ゆうか」との思い出が詰まっているものだった。 誰の評判も気にせず大好きな山登りをしていた当時はケガをしてしまうこともしばしば。そんな彼女にいつも声をかけてくれるのは「ゆうか」だった。
e0304702_12023485.jpg
e0304702_12025356.jpg
新十六合目 思いをうけついで
4人は楓の家で集合し、北アルプスを縦走してきたという楓の写真を見せてもらう。あまりの断崖絶壁に驚く3人。 しかしあおいとひなたの思い出の場所である谷川岳は「ロープウェイ」という難関が。しかし谷川岳に登りたいあおいは、高所恐怖症をどう解決するのか?
e0304702_12032276.jpg
e0304702_12034076.jpg
新十七合目 高いところって、平気?
「たまには山以外のところで遊ぼうよ!」というひなたの提案に、武蔵丘陵森林公園にそれぞれ手作りのお弁当を持ち寄って出かけた4人。 広い園内には川や色んな遊具やがあってボリューム満点。しかしこの公園に来たのはとあるひなたの思惑があったのだ。
e0304702_12035890.jpg
e0304702_12041526.jpg
新十八合目 アルバイト、始めます!
山登りをするのも結構お金がかかることに悩むあおい。家庭教師のアルバイトをやっているひなたは、買った雨具の思い出や体験を話し、 いつもの様にからかってあおいをノセることに成功。あおいはとあるアルバイトを始めることを決意する。
e0304702_12044089.jpg
e0304702_12045686.jpg
新十九合目 宿題が終わらないよぉ
バイトも充実して、谷川岳に向けての準備もばっちりで「全部順調で超イイ感じ!」と上機嫌なあおい。 うきうきしているとお母さんから「夏休みの宿題、やっているの?」というセリフが。何ひとつ片付いていなかったことを思い出し青ざめるあおい…。 谷川岳の前に宿題山脈を登る日々が始まるのだった。
e0304702_12051149.jpg
e0304702_12053109.jpg
新二十合目 ここなの飯能大冒険
谷川岳挑戦の前日、ここなは自宅のアパートでとある人からのプレゼントを見つける。嬉しさのあまりとある場所に「行っちゃおうかな…」とひらめく。 プレゼントを携え、勢いよく扉を開けるここな。彼女の飯能大冒険が始まる!
e0304702_12054717.jpg
e0304702_12060474.jpg

新二十一合目 思い出の山へ
小さなころ交わしたあおいとの約束、忘れられない思い出。「いつかまた、ふたりでこようね!」 「うん、約束!」富士山にも挑戦できたんだから心配はないけど…でも、この約束が叶ったら、何かが変わっちゃったりするのかな…。ひなたの足がすこしずつ重くなってくる。
e0304702_12061978.jpg
e0304702_12063470.jpg
新二十二合目 ともだちになろ?
ロープウェイとリフトも何とかクリアし、いよいよ谷川岳登山の本番!険しい道や崖もあって息が上がってきたけれど「富士山に比べたらこれくらい!」と自分を奮い立たせるあおい。行く手に見えてきた小屋の中で、とある人物と偶然の出会いが……。
e0304702_12094808.jpg
e0304702_12100908.jpg
新二十三合目 約束
雨も本降りになってきた。雨宿りの小屋の中で食事をしたりサプライズ企画を実行したりと、楽しく穏やかなひと時を過ごす一行。皆の笑顔を写真に収めていくほのかにも、だんだんと変化が出てきて…。
e0304702_12104044.jpg
e0304702_12105804.jpg
新二十四合目 さよなら、わたしたちの夏
明日は、飯能納涼花火大会!ほのかが群馬から遊びに来て、皆で花火を見て、お菓子と、紅茶と、たくさんのおしゃべりするんだ…楽しみ!と、 うきうきのあおいだったが、ふとしたことでいつものごとくひなたとケンカになる。そして……。
e0304702_12111358.jpg
e0304702_12112904.jpg
そして、また2015年の新しい夏がやってきます。あおいちゃんきっと富士山再チャレンジするよね!
終わりは新しい始まり、「ヤマノススメ」第三期の製作を期待しています。

2015年01月02日 作成
2015年04月25日 新二十四合目のあらすじを追加
2018年09月19日 ヤマノススメサードシーズン追加


# by fureshima2223 | 2018-09-18 07:36 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

特集「ゆるキャン△×身延町」 広報「みのぶ」2018年9月に掲載されました

特集「ゆるキャン△×身延町」 広報「みのぶ」2018年9月に掲載されました 

身延町の広報「みのぶ」に特集「ゆるキャン△×身延町」が掲載されました。後追いの掲載ですが、これはこれでいいのかと。マップを発行するなど地元もいろいろと動きがあるようです。みんなが楽しめる場を作り上げていけたらいいかなと。

広報「みのぶ」は以下のURLからダウンロードができます。掲載は広報「みのぶ」2018年9月です
https://www.town.minobu.lg.jp/chosei/kouhou-minobu/index.html

広報「みのぶ」2018年9月

表紙
e0304702_08011650.jpg

2ページ
e0304702_08050278.jpg

3ページ
e0304702_08052209.jpg

23ページ あとがき
e0304702_08053942.jpg
e0304702_08061448.jpg

裏表紙
e0304702_08064676.jpg

4ページ 木喰展が開催されています
e0304702_08220503.jpg


履歴
2018年09月14日 作成




# by fureshima2223 | 2018-09-14 08:24 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

ゆるキャン△マップを載せてみました(五条ヶ丘活性化推進協議会,山梨市観光協会,身延町商工会)

ゆるキャン△マップを載せてみました(五条ヶ丘活性化推進協議会、山梨市観光協会、身延町商工会)

①五条ヶ丘周辺地図 五条ヶ丘活性化推進協議会発行

資料としての保存のため、いただいた地図を掲載させていただきました。
五条ヶ丘周辺地図 2018.08.01版はとても美しいです。ぜひ現地を訪れて手に取っていただけると。

確認した配布場所 
 曹洞宗金龍山常幸院 身延町常葉439
 旧下部中学校前 身延町常葉1495 ゆるキャン△案内看板⑬本栖高校前

五条ヶ丘周辺地図 2018.04.28版 H300502探訪時にいただきました。

五条ヶ丘周辺地図が作成されたことを確認したツイート
五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】@cjAxNfAky2jhY7y ゆるキャン△のファンの方から要望がありましたので五条ヶ丘周辺地図作りました。案内看板の設置場所がすべて掲載されています。また身延町、下部地区の情報満載です。ほうとう食べられるお店なども載ってますよ!紙媒体は本栖高校前のボックスに!(添付の地図は了解をいただきましたので、ブログに掲載させていただきます。)
e0304702_08091848.jpg

五条ヶ丘周辺地図 2018.08.01版 H300817探訪時にいただきました、これが最新のものかと。
e0304702_07301328.jpg

②山梨県山梨市×ゆるキャン△ 聖地巡礼MAP

資料としての保存のため、山梨市観光協会公式サイトより転載させていただきました。
リンクが繋がっているときは、公式サイトよりPDF版をダウンロードした方がきれいに印刷できます。

山梨市観光協会公式サイトより NEWSお知らせ 2018.07.026
ゆるキャン△×山梨市 聖地巡礼MAPを作製しました!

山梨県山梨市×ゆるキャン△ 聖地巡礼MAP

外側
e0304702_07394849.jpg

内側
e0304702_07401550.jpg

問い合わせ先 山梨市観光協会 山梨市小原西843 ℡0553-22-1111


③山梨県身延町 スタンプラリー同様ゆるくない!! みのぶ町巡礼マップ

資料としての保存のため、いただいたみのぶ町巡礼マップを掲載させていただきました。
ぜひ現地を訪れて手に取っていただけると。

商工会ホームページの身延商工会新着情報に掲載
http://www.shokokai.or.jp/19/1936510000/index.htm#sin58430

ゆるキャン△みのぶ巡礼マップ 『観光・みどころ』

TVアニメ「ゆるキャン△」のモデル地や身延町観光スポット、巡礼途中で立ち寄れる会員店舗等を掲載した“ゆるキャン△みのぶ町巡礼マップ”を制作いたしました‥!!
こちらは、身延町のみ配布しております。数量限定ですので、お早めにお越しください!

★配布箇所一覧★
▼モデル地  浩庵キャンプ場、セルバみのぶ店、身延駅、栄昇堂
▼観光施設等 いこいの森キャンプ場、身延山ロープウェイ、道の駅しもべ、みのぶ自然の里、富士川クラフトパーク、
  なかとみ和紙の里、湯之奥金山博物館、常幸院、身延山観光協会
▼会員店舗
【お土産】 武州屋、玉田屋、紫雲堂、みのや珠数仏具店、㈲三河屋珠数店、みやげ処かわい、山梨水晶本店、
  ゆば工房五大、寿屋製麺所
【食事処】 手打ちそば処 菊寿美、手打ちそば処 あずみの、中国料理 香苑、中華レストラン松林、
  レストランSOUVENIR、麺や響、丸一食堂、河内屋、園林、覚林坊、食事処ゆたか屋、味菜庵
【宿泊】 山田屋旅館、田中屋旅館、ホテル守田、さのや旅館、橋本屋旅館、喜久屋旅館、大黒屋、
  源泉舘、梅ぞ乃、下部ホテル
【その他】もーど・え・ぎゃらりーいわさ、十字屋、下部薬局、三沢屋石油、オートサービス若林、
  依田商店、小林自工、やまめ床、プレイゾーン白鳳

2018.08.15くらいから配布していたのかな、2018.08.17身延駅でいただきました。

制作 身延町商工会 身延町梅平2483-36 ℡0556-62-1103

外側
e0304702_07320857.jpg

内側
e0304702_07322886.jpg

2018年08月28日 作成





# by fureshima2223 | 2018-08-28 08:31 | 徒然なるままに | Trackback(9) | Comments(1)

「ゆるキャン△」舞台探訪012 リン、早太郎温泉から陣馬形山キャンプ場へ、そして(第10話)

「ゆるキャン△」舞台探訪012 リン、早太郎温泉から陣馬形山キャンプ場へ、そして(第10話)

 ようやく平成30年7月20日に陣馬形山キャンプ場を訪れることができ、これで、茅野から伊那、駒ケ根経由で陣馬形山キャンプ場までの道程が繋がりました。なので、「ゆるキャン△」第9話・10話に登場した杖突峠から陣馬形山キャンプまでの道程とキャンプ場の様子をブログにまとめてみようと思いました。カット数が多いためこのブログでは第10話に登場した早太郎温泉こまくさの湯から陣馬形山キャンプ場までの道程とキャンプ場の様子を載せます。探訪日はH30.07.20の茅野駅から陣馬形山キャンプ場探訪したときの写真をまとめています。舞台は駒ケ根市、中川村です。

まずはこの1枚 陣馬形山キャンプ場から陣馬形山へ 10-068
e0304702_07583039.jpg
e0304702_08091733.jpg

グーグルマップから切出し、加筆
県道49号、県道210号、林道黒牛折草峠線を通ってこまくさの湯から陣馬形山キャンプ場までは24㎞・乗用車で1時間7分かかります。この山道を11月の17時過ぎてから高校生が原付で踏破するのはゆるくはないかと・・・
e0304702_08134380.jpg

早太郎温泉こまくさの湯で、リンちゃん長居しすぎたようで・・・ 09-227
e0304702_20070568.jpg
時計は17時を過ぎています。 09-225
e0304702_20063145.jpg

とにかく、早太郎温泉こまくさの湯を出発して 09-228
e0304702_20072583.jpg
H300604撮影
e0304702_07432535.jpg

中央自動車道駒ケ根インターの前を通って
陣馬形山キャンプ場まで、約1時間30分かかることは自覚しているような  10-001 
e0304702_20035137.jpg
H300604撮影
e0304702_20353821.jpg
"
サークルK 駒ヶ根アクセス店 駒ヶ根市上穂北26-2
今はファミリーマート 駒ヶ根アクセス店になりました。 
10-002
e0304702_20040827.jpg
H300604撮影
e0304702_20360431.jpg
"
ここで食料調達 ジューシー豚まんと水は必須かと・・・ 10-003
e0304702_20042835.jpg
かつてここがサークルKであったことの名残が残っていました H300604撮影
e0304702_20362201.jpg
"
県道49号と県道210号の分岐 右側の県道210号へ 10-008
e0304702_20045705.jpg
e0304702_20371743.jpg
分岐の道標、右へ行くと折草峠・陣馬形・中川村
e0304702_20373369.jpg
"
分岐を右折して県道210号へ 10-010
e0304702_20051549.jpg
e0304702_20382625.jpg
県道210号西伊那線駒ケ根市中沢の道標
e0304702_20381640.jpg
"
折草峠まで来ました、県道210号から林道黒牛折草峠線に入り陣馬形山キャンプ場へ
e0304702_17124227.jpg
折草峠の石碑
e0304702_17142879.jpg
陣馬形山キャンプ場への道標
e0304702_17133844.jpg

陣馬形山キャンプ場の500m手前とすると 10-022
e0304702_20053457.jpg
志摩リンが抑止されたのは南アルプス展望台の手前かな グーグルマップより切出し
e0304702_19160864.jpg

まじか― 10-025
e0304702_20055314.jpg
通行止めなう 10-027
e0304702_20061092.jpg
あれ、もしかしたら 10-028
e0304702_20062678.jpg
迂回したらキャンプ場まで29km、3時間かかるとのこと 10-029
e0304702_20064097.jpg
大垣さんから、そこの通行止めそのまま通れると思うぞ 10-032
e0304702_20065731.jpg
それ多分置きっぱなしになってるやつだ 10-033
e0304702_20071107.jpg

ゆっくりと気をつけて通って、リンが抑止されたけど、通った場所はこのあたりかな 10-034
e0304702_20072816.jpg
e0304702_19380144.jpg

林道から陣馬形山キャンプ場への分岐 10-035
e0304702_20074861.jpg
e0304702_19382971.jpg

折草峠から登ってきて見える案内板はこれかな 10-037
e0304702_20080485.jpg
e0304702_19385320.jpg

本当に抜けられた、陣馬形山キャンプ場に到着です 10-038
e0304702_20081792.jpg
e0304702_19392188.jpg
中川村 陣馬形の森公園の案内板 
e0304702_20044511.jpg

無事キャンプ場に着けたよ、ありがとう 10-040
e0304702_20083129.jpg

陣馬形山荘(避難小屋)の横を通って、よし、こんな時間だし、さっさと設営だ 10-042
e0304702_20090084.jpg
e0304702_20052653.jpg

テントを設営する場所を決めて 10-043
e0304702_20091819.jpg
e0304702_20055281.jpg

夜景が見えています 10-045
e0304702_20093530.jpg
e0304702_20061505.jpg

テント設営中、長野県防災行政無線 陣馬形中継所が見えています 10-047
e0304702_20094956.jpg

e0304702_08570866.jpg

風に注意です バックの建物はトイレです 10-048
e0304702_20100674.jpg

e0304702_08573957.jpg

風にあおられながらの設営 10-051
e0304702_20102789.jpg

e0304702_08580506.jpg

風が強いところでテントを立てるときは、 10-053
e0304702_20104757.jpg
e0304702_08582971.jpg

ペグを打ちつつ、設営していきましょう、やっと設営できた 10-054
e0304702_20110402.jpg

e0304702_08585218.jpg

トイレはすぐそこで 10-055
e0304702_20112499.jpg

e0304702_08591996.jpg

水場は下の方か 10-056
e0304702_20114299.jpg

e0304702_08594026.jpg

で、出ないし 10-057
e0304702_20120345.jpg
e0304702_09000593.jpg

そうか、冬期で止まってるんだ、水持ってきとってよかった 10-058
e0304702_20121938.jpg

e0304702_09002675.jpg

ああ、確か、あの電波塔(長野県防災行政無線 陣馬形中継所)の上が展望台だったよな10-059
e0304702_09022235.jpg

e0304702_09024993.jpg
"
テントに戻って 10-060
e0304702_20130080.jpg
e0304702_07351897.jpg
"
ほかに誰もいないみたいだし 10-062
e0304702_20133909.jpg
e0304702_07354328.jpg
"
クッカー持ってって、上でお茶にしよう 10-064
e0304702_20140561.jpg
e0304702_07364202.jpg
"
木道を登って 10-065
e0304702_07575118.jpg
e0304702_07370851.jpg
"
山頂の展望台を目指して 10-066
e0304702_07404151.jpg

e0304702_08084347.jpg
"
間もなく陣馬形山の山頂に到着です 10-068
e0304702_07583039.jpg
e0304702_08091733.jpg
"
すごいな、これ・・・ 陣馬形山からの夜景 10-069
e0304702_07585493.jpg
e0304702_08094468.jpg
"
お、ぎりぎり電波入る 10-073
e0304702_07591605.jpg

陣馬形山からの夜景 10-074
e0304702_07594627.jpg
e0304702_08101766.jpg
"
望遠鏡に気付いて 10-075
e0304702_08000515.jpg
e0304702_08104797.jpg
"
望遠鏡 無料でした 10-076
e0304702_08002372.jpg
e0304702_08111335.jpg
"
望遠鏡で 車のライトが流れてる、みんな家に帰るのかな
写真はイメージのみですが 10-077
e0304702_08003931.jpg
e0304702_07512214.jpg

望遠鏡の下には高さ合わせ・・・10-080
e0304702_08005718.jpg
e0304702_07515497.jpg

お茶にするか 10-081
e0304702_08013051.jpg
e0304702_07523273.jpg

ホットサンドメーカーに豚まんを挟んでプレス、軽く焦げ目がつくまで焼きます
夜叉神峠で登山のお姉さんからもらったほうじ茶を入れて、食事です 10-092
e0304702_08014951.jpg
やばい、もう1個かってくればよかったかも 10-094
e0304702_08024300.jpg
でも、今日はあまり回れなかったな、キャンプ場着くのこんな時間になっちゃったし
旅下手だなー、わたし、 なんだバカヤロー、  10-097
e0304702_08031998.jpg

大垣さんからのグルキャン断ったリンですが、斉藤さんからライン 10-114
e0304702_08033916.jpg
でも、一回だけ一緒に行ってみない?リンは一人キャンプの方が好きかもだけど 10-116
e0304702_08035449.jpg

で、リンから大垣さんへライン やっぱりキャンプ考えとく 10-129
e0304702_08045275.jpg

陣馬形山の山頂で 10-133
e0304702_08052495.jpg
山頂から中央アルプス側
e0304702_07583081.jpg
山頂から南アルプス側 雲が印象的でした
e0304702_07585781.jpg
陣馬形山の山頂
e0304702_07592956.jpg
陣馬形山の三角点
e0304702_07595920.jpg
陣馬形山 1445m
e0304702_08002215.jpg
山頂の山岳展望案内
e0304702_08005508.jpg

陣馬形山キャンプ場から茅野へ戻ります。天候に恵まれました。
e0304702_08012093.jpg

天空のキャンプ場とも呼ばれている陣馬形山キャンプ場をようやく訪れることができました。たしかに、このような展望のできる場所にキャンプ場を設定してくれた中川村に感謝します。このキャンプ場がキャンパーのマナーで守られて、いつまでも自由な雰囲気を保つことができたらと。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年08月26日 作成


















# by fureshima2223 | 2018-08-26 07:16 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

H30.07.27に、「ヤマノススメサードシーズン」第03話に登場した東吾野駅周辺、登山道と天覚山山頂、子ノ権現を訪れて、ブログを作成しました。でも、アニメに登場したカットでは、大岩と大高山を残していました。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)

 とすると、やはり行きたくなります。しかし、前のブログに書いた通り、飯能アルプスの踏破はもちろん無理なので、できるだけ車を使い、登山としての歩行距離をできるだけ短くできないか調べてみました。探訪日は平成30年8月5日です。

まずはこの1枚 大高山の山頂で 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg

 東吾野駅付近から林道平坂飛村線という道路が大高山と子ノ権現を結ぶ登山コースとクロスしています。ここまで車で到達でき、車を置くことができれば、大高山まで約30分、大岩まで行っても50分以内の歩行時間で到達できそうです。
e0304702_20102429.jpg

①東吾野駅駅から車で飯能アルプス登山道とのクロス地点へ

東吾野駅側 林道平坂飛村線の入口です
e0304702_07454335.jpg
林道平坂飛村線の案内板 ここから7.6kmで飯能アルプス登山道とクロスします
e0304702_07455825.jpg
飯能アルプス登山道とクロス地点 峠としての名前はないのでしょうか
e0304702_07472143.jpg
この付近で車の駐車が可能でした
e0304702_07473158.jpg
前坂・子ノ権現への道標
e0304702_07470289.jpg
国道299号、原市場、そして大高山への道標 ここから大高山そして大岩を目指します。
e0304702_07471140.jpg

②天覚山から大岩、大高山そして飯能アルプス登山道と林道のクロス地点へ
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩ですが、アニメに登場した登山コースに沿って編集しました。歩行時間は、写真を撮りながらですが、登山道と林道と林道のクロス地点⇒大高山まで30分弱、大高山⇒大岩まで20分強でした。帰りはいろいろあって、それはまた別のまとめとして。

YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg

天覚山山頂から下ってすぐ あおいちゃんとここなちゃんは大高山へ 03-152
e0304702_18313006.jpg
H300727撮影
e0304702_08212041.jpg

途中の登山道 03-156
e0304702_18324356.jpg
イメージだけですが、大岩が見えてきた場所で
e0304702_20085551.jpg

大岩に到着 道標を大高山側から見ていることになります 03-160
e0304702_18354315.jpg
e0304702_20110869.jpg
道標を入れて全体を撮ってみました、天覚山は大岩の左を回ってとのこと、ルートと別の山道があるので注意とのことかな
e0304702_20132329.jpg

ここで休むより、大岩の上の方がいいかも 03-161
e0304702_18363974.jpg
もっとアングルを合わせられる場所あるかな
e0304702_20144665.jpg
休むなら大岩の上の方が・・・
e0304702_20170328.jpg

あおいちゃんのこのカットは尊いかな 03-162
e0304702_18371473.jpg

大岩から大高山への登山道 03-166
e0304702_18384840.jpg
イメージだけですが
e0304702_05404058.jpg
"
大岩から大高山への登山道で 03-169
e0304702_18410444.jpg
ここもイメージだけですが
e0304702_05410604.jpg
"
カモシカさんとは出会えませんでした 03-174
e0304702_18395260.jpg
"
大岩から大高山への登山道 イメージだけですがどうでしょうか
一人もよかったけど、やっぱり誰かと一緒の方が楽しいな 03-175
e0304702_18415876.jpg
e0304702_05420857.jpg
このような道標が有って
e0304702_05414960.jpg
大高山の山頂が見えます
e0304702_05413762.jpg
"
大高山からの展望は確かにこれだけです 03-177
e0304702_18424883.jpg
e0304702_06232565.jpg
e0304702_06231717.jpg
"
大高山山頂の道標 03-178
e0304702_18435060.jpg
e0304702_06235220.jpg
"
お母さんが作ってくれたおにぎりで昼食、きゃー、爆弾おにぎりですね、ありがとうございます 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg
"
お母さんにお礼を伝えてください、うん 03-184
e0304702_18445794.jpg
e0304702_06243526.jpg
"
予定ではここまでだったけど、ここなちゃんもうちょっと歩こうか、ぜひぜひ 03-185
e0304702_18453932.jpg
e0304702_06383368.jpg
"
そうだ、この先にいいところがあるんですよ、で、子ノ権現へ向かいます 03-187
e0304702_18462425.jpg
e0304702_06385096.jpg
大高山でお嬢様聖水とともに、そして登山道と林道とのクロス地点へ下山のはずですが・・・
e0304702_06391050.jpg

天覚山と子ノ権現については 再度ですが、以下のブログを参考にしていただけると
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)
"
③大高山から林道への下山でやってしまいました
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩です。そして大高山から登山道と林道とのクロス地点に戻る途中に、やってしまいました。本来の登山道は大高山山頂から西北西に向かうのですが、登山道があったとして北東側の尾根を下りてしまいました。途中に無線中継所・林道を経てとの道標やテープがあり、それなりに歩く人がいるようでした。
 結果として登山道と林道とのクロス地点(車を停めた場所)より吾野側の林道に出ることができましたが、意図したルートでの下山ではありませんでした。大高山~中継所~林道のコースは国土地理院の2.5万分の1の地図にも、登山関係の地図にも載っていない山道であり、里山の怖さと地図読みの大切さを再度体験しました。結果オーライではありません。山に入るものとしての再度なにが重要かを考えさせられました。

登山道 YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg
歩いた登山道と山道をグーグルマップ3D切出しに加筆
e0304702_07195466.jpg
TVS テレビ埼玉吾野テレビ中継放送局
e0304702_07310028.jpg
途中の山道
e0304702_07311566.jpg
林道に到達 ブロック擁壁に脇に虎ロープ、それなりに使用されている山道のようです
ちなみに、ストリートビュー2015年9月でも虎ロープは見ることができます
e0304702_07313226.jpg
まあ、無事には下山できましたが、想定以外の、本来のルート以外を通ったことに、再度反省です。

ブログを公開した後、ツイッターで詳しい地図を教えていただきました
ハブさん△大地の果てにTOM*habusan 8:55 - 2018年8月13日のツイート
お疲れ様です。飯能アルプスの名物と言っても良いかもです。尾根を間違えると谷落ちてしまいます。可笑しいなと思ったら元に道に戻る事をオススメしますね。今回のルートはこちらの地図では記載されていますので、アンテナ設備用のルートだと思われますね。
e0304702_18494894.jpg

また、分岐の道標が有ることを教えていただきました。
Teo*C94二日目東K07a*teo_imperial 10:18 - 2018年8月13日のツイート
あー。TV中継所の方に行ってしまいましたか。実は分岐点にこう言う小さい道標があるんです。山道の原則は「これは違う」と思ったら疲れそうでも戻る事です。今回は無事で良かったのですが、低山の滑落事故は道間違いが圧倒的に多いです。私もしてしまいました。ハブさんの地図お勧めです。(写真はトリミングさせていただきました)
e0304702_19070778.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月13日 作成

















# by fureshima2223 | 2018-08-13 07:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)


 ヤマノススメサードシーズンのブログは、話数ごとではなく、探訪で地域的なまとまりができた時点で作成順にNo.を付けていきたいと思います。まずは3話から、いずれ、飯能市内の新規カットも撮りますが、山も少しだけは行きたいので。

まずはこの1枚 天覚山山頂で 03-129

e0304702_21561686.jpg
お嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg

 ヤマノススメサードシーズン第3話を見て、自分の足では東吾野駅から天覚山~大高山~子ノ権現を通って吾野駅まで、YAMAPで歩行時間6時間20分のコースを歩き通すことができるとは思えませんでした。ならどうするか。アニメに登場するカットは、東吾野駅周辺、天覚山登山道沢コースと尾根コースの分岐点、長尾坂配水場から天覚山、子ノ権現を訪れることができればほとんど回収が可能で、残るのは大岩と大高山のカット程度であることがわかりました。とすれば、できるだけ歩く距離を減らすために車を利用しようと。東吾野駅駐車場1日500円、天覚山沢コースと尾根コースの分岐点付近に車を停めてカット回収、長尾坂配水場付近に車を停めて天覚山ピストン、そのあと、車で子ノ権現に向かい、駐車場に停めてカット回収です。まだ時間があったので、天目指峠経由で有間ダムに向かい、ダムカードをいただきました。探訪日は台風12号の影響を受ける前日の平成30年07月27日です。

追加 この後、どうしても行きたくなって、平成30年8月5日に林道と飯能アルプスのクロス地点から大高山・大岩をピストンし、平成30年8月13日に以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)


お母さんに教えてもらって、飯能アルプスへ。近場だし、全然平気だよ、登山靴の履き慣らしにもちょうどいいかも 03-052
e0304702_18345041.jpg
YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山 
アニメで歩いたコースを東吾野駅~天覚山~大高山~子ノ権現~吾野駅とすると、歩行時間だけで6時間20分、これはとてもきつそうです。なので、天覚山ピストンの後は車で子ノ権現へと向かうこととします。
e0304702_21581365.jpg

YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山の地図から東吾野駅から天覚山のコースのみを切出してみました。
東吾野駅から天覚山までは1時間程度、長尾坂配水場から天覚山までなら30~40分程度でしょうか。
e0304702_19354317.jpg

①あおいちゃん飯能駅へ、そして西武線で東吾野駅へ

あおいちゃん飯能アルプスに向けて出発
松屋呉服店のシャッター 飯能市本町1-5  飯能小町公園の前 03-056
e0304702_18353986.jpg
03-057
e0304702_18355363.jpg
H270105撮影
e0304702_16361727.jpg

西武線の車両かな、後で回収できたらと 03-058
e0304702_18360768.jpg

②東吾野駅とその周辺 駅近くの有料駐車場に車を停めて探訪です。

②‐1 東吾野駅ホーム 電車ここまでの長さはないかと、ポーズを決めるためにわざわざこの駅名標まで来たのかな 03-061
e0304702_18362200.jpg
e0304702_17262428.jpg

②‐2 あおいちゃんが改札口を通るカットがなかったので、ステラのまほう第3話のカットを載せておきます。
  「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01話~第04話) 
e0304702_17415685.jpg
H281023撮影
e0304702_17421971.jpg

②-2-1 駅前の自販機 03-062
e0304702_18363719.jpg
e0304702_17274328.jpg

②-2-2 駅前の自販機 水を2本購入して 03-063
e0304702_18365036.jpg
e0304702_17283043.jpg

②-2-3 駅前の自販機 お店は閉まっています。03-064
e0304702_18370646.jpg
e0304702_17290944.jpg

②-2-4 駅前の自販機 重い、でも、これもトレーニングの一環 03-067
e0304702_18372118.jpg
e0304702_17295165.jpg

②-3-1 東吾野駅前の道標、山行届の提出ボックスもあります。天覚山はこっちでよし 03-068
e0304702_18373504.jpg
e0304702_17302410.jpg

②-3-2 ユガテって何だろう 03-070
e0304702_18375119.jpg
e0304702_17310178.jpg

②-4 鉄道に沿って踏切へ 03-071
e0304702_18380510.jpg
e0304702_17312516.jpg

②-5 踏切を通って正面の道標と案内板 右へ進みます  03-072
e0304702_18382293.jpg
e0304702_17315166.jpg

②-6 吾野原木センター前を通って、正面の道標 左へ進みます  03-073
e0304702_18383796.jpg
道標に気を取られて、アングル合わせができていないので、関八州の時再チャレンジします
e0304702_17321592.jpg

②-7-1 分岐の道標を見て 03-074
e0304702_18385173.jpg
e0304702_17324439.jpg

②-7-2 分岐の道標を見て 右の道を進みます 見えている蓋は 
    なお、左へ進み、川を渡ってすぐ左手の林に「へびいるよ」の注意看板があります 03-075
e0304702_22181185.jpg
見えている蓋は飯能市の上水道ハンドホールです
e0304702_17330890.jpg
飯能市の上水道ハンドホール 仕切弁蓋でした
e0304702_17332758.jpg
すぐわきに この道標もあります
e0304702_17334543.jpg

②-8 山道に入ってすぐ、すずしーって、この時はいい調子でしたが  03-077
e0304702_21372234.jpg
e0304702_17341192.jpg

②-9 少し進んで  03-079
e0304702_21373774.jpg
e0304702_17343474.jpg

②-10 一方、ここなちゃんは後追いで、どうしてこの看板の前を通ったのでしょうか 
    本来の登山道を少し離れて、東峠方面への道を川を渡って左側です 03-147
e0304702_20540082.jpg

e0304702_13034129.jpg
"
東吾野駅駅付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_19582843.jpg

③天覚山へ 沢筋コースと尾根コースの分岐のあたり この付近は車を停めることができました

③-1 沢筋コースと尾根道コースの分岐の道標 03-081
e0304702_21384434.jpg
e0304702_17354221.jpg

③-2 尾根コースは破線になっているってことは、難易度が高いってことだから、沢筋コースにしようかな 03-084
e0304702_21390035.jpg
e0304702_17360351.jpg
分岐の道標、ハイカーの皆さんへのお願いも
e0304702_17363391.jpg

③-3 沢筋コースに入ってすぐ 03-085
e0304702_21391546.jpg
e0304702_21293307.jpg
"
③-1 一方、ここなちゃんは分岐から尾根道コースへ 03-144
e0304702_20531535.jpg
e0304702_13025250.jpg
"
③-4 飯能市のイメージキャラクター「夢馬」(むーま)を模して造られたベンチに到着 
   カット回収が目的でしたら、尾根コースを少し進み、ベンチを確認した後、沢筋コースを登るといいかと 03-145
e0304702_20533851.jpg
e0304702_13031741.jpg

分岐付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20114021.jpg

④長尾坂配水場から尾根コースとの合流点まで この付近に車を停めて天覚山をピストンしました

④-1 自分のペースで楽しく歩いて、飯能市長尾坂配水場まで来ました 03-107
e0304702_21393138.jpg

e0304702_21322169.jpg

④-2 飯能市長尾坂配水場の先、この付近に車を停めました 03-105
e0304702_20494441.jpg
e0304702_21313184.jpg

この道で合ってるけど、あまり人には会わないかと 03-106
e0304702_20495888.jpg

④-3 長尾坂配水場から少し登って、大石のある場所を登るのはここだけかと 03-104
e0304702_20492927.jpg
e0304702_21303603.jpg
"
④-4-1 大岩のある場所で小休止、でもここからがきつかったような 03-113
e0304702_21402395.jpg
e0304702_07203758.jpg
"
④-4-2 新しい靴のおかげで足は平気だけど、ザックが重いな 03-114
e0304702_21405176.jpg
e0304702_07210691.jpg
"
④-5 登山道で 03-115
e0304702_21410464.jpg
e0304702_07215239.jpg
"
④-6 かなりの登りです 03-116
e0304702_21411903.jpg
e0304702_07222170.jpg
"
④-7 ひたすら登りです 03-117 
e0304702_21413464.jpg

e0304702_07230484.jpg
"
④-7 所々に倒木はありますが、下をくぐる倒木とは出会いませんでした 03-120
e0304702_21414827.jpg

e0304702_07240504.jpg
"
④-7 東吾野駅と天覚山頂を示す道標 もうすぐ尾根コースと合流です 03-121
e0304702_21420319.jpg
e0304702_07242949.jpg

飯能市長尾坂配水場付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20325724.jpg

長尾坂配水場から天覚山山頂までの舞台をYAMAPの地図に落としてみました
e0304702_20510563.jpg

⑤尾根コースと合流し天覚山へ

⑤‐1 尾根道コースと合流 道標は東吾野駅方面 ←尾根道コース 沢筋コース↑
e0304702_07245962.jpg

⑤-2-1 両峯神社跡 ここからあおいちゃんは反時計回りで、ここなちゃんは少し遅れて時計回りで天覚山頂へ
e0304702_21153000.jpg
⑤-2-2 両峯神社跡
e0304702_07253455.jpg
"
⑤-3‐1 あおいちゃん、もうすぐ山頂だよ 03-122
e0304702_21423443.jpg
e0304702_09012459.jpg
⑤-3‐2 あおいちゃん頑張って登ってるような 03-123
e0304702_21424918.jpg

e0304702_09014971.jpg
"
⑤-4‐1 東峠経由久須美峠の道標 03-124
e0304702_21430477.jpg
e0304702_09021264.jpg
"
⑤-4‐2 あおいちゃん、ようやく天覚山頂に到着 03-125
e0304702_21431822.jpg
e0304702_09024766.jpg
"
⑤-4‐3 天覚山445mの標識 03-126
e0304702_21433819.jpg
e0304702_09031156.jpg
天覚山でお嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg
"
⑤-4‐4 しんどい、面白くない、もう帰ろかな 03-129
e0304702_21561686.jpg
e0304702_19371460.jpg

⑤-4‐5 天覚山からの展望 03-130
e0304702_21570637.jpg
e0304702_13011380.jpg
e0304702_13013292.jpg
"
⑤-5 ここなちゃん時計回りで天覚山に到着 03-132
e0304702_21572175.jpg
e0304702_13020080.jpg
"
幻聴や幻覚じゃなくて 03-135
e0304702_21573771.jpg
あれ、あおいさん、天使が舞い降りたかな 03-136
e0304702_21575690.jpg
⑤-6 あ、ここなちゃん、天覚山であおいちゃんとここなちゃんが出会って 
    大丈夫ですか、大丈夫、ちょっと休憩していただけ 03-137

e0304702_21581161.jpg

e0304702_13022686.jpg

"
よかったです、てっきり行き倒れてるのかと思いました 
偶然だね、はい、わたしかもしかさんに会いに来たんです 03-140
e0304702_21582744.jpg

大高山まで行こうと思ってるんだけど、ご一緒していいですか 03-150
e0304702_21584488.jpg

"
⑤-7 天覚山から大高山に向かいます 03-152
e0304702_21590244.jpg

e0304702_13043223.jpg

"
⑥大岩、そして大高山へ ここはいつ行けるかな、車使うと歩く距離大幅に減らせそうですが

"
大岩で 03-160
e0304702_21592246.jpg

大岩で 03-161
e0304702_21594329.jpg

大高山で 03-180
e0304702_22000225.jpg


⑦子ノ権現に到着、お参りです 駐車場に車を置いて

子ノ権現天龍寺ホームページ(http://nenogongen.jp/index.html)より 山内図
e0304702_16571655.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-189
e0304702_22003005.jpg

e0304702_14294788.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-190
e0304702_22004597.jpg

e0304702_14301045.jpg


⑦-2 立派な杉の木、あおいさんこっちです 03-193
e0304702_22010957.jpg

e0304702_14303009.jpg


⑦-3-1 仁王像 03-195
e0304702_20402700.jpg

e0304702_14305655.jpg


⑦-3-2 仁王像 03-196
e0304702_20404531.jpg

e0304702_14311749.jpg


⑦-3-3 仁王像カラフルだね、かわいいです 03-197
e0304702_20430223.jpg

e0304702_14314967.jpg


⑦-3-4 子ノ権現天龍寺の由緒 03-198
e0304702_20431923.jpg

e0304702_15560623.jpg


⑦-4-1 子ノ権現天龍寺本堂と美和観音像 03-199
e0304702_20433467.jpg
e0304702_19535917.jpg

⑦-4-1 草鞋 03-201
e0304702_20435164.jpg

e0304702_15570960.jpg


⑦-4-2 子ノ権現は足腰守護の神様を祭ってあるんです 03-202
e0304702_20440753.jpg

e0304702_15572421.jpg


⑦-4-3 奉納のされた額 03-203
e0304702_20442371.jpg

e0304702_15575079.jpg


⑦-4-4 草鞋 あおいさんがトレーニングしてるのならここまで来てほしいなって 03-206
e0304702_18391256.jpg

e0304702_18471160.jpg


⑦-4-5 来年ケガすることなく富士山を目指せるように 03-207
e0304702_20444120.jpg

e0304702_18493802.jpg


⑦-4-6 はぁー、うん!! 03-209
e0304702_20445807.jpg

e0304702_18501084.jpg


⑦-4-7 草履のアップ 03-210
e0304702_20451646.jpg

e0304702_18504431.jpg

⑦-4-8 どうかお願いします、こんどこそは  03-211
e0304702_20453225.jpg

e0304702_18511155.jpg


⑦-4-9 富士山の一番上まで 03-212
e0304702_20454848.jpg

e0304702_18514344.jpg


⑦-4-10 登れますように 03-213
e0304702_20460437.jpg

e0304702_18521469.jpg


⑦-4-11 めおと下駄 03-214
e0304702_20462058.jpg

e0304702_18525958.jpg


⑦-5-1 見晴台で 3-215
e0304702_20463575.jpg
登り口の案内板
e0304702_18532735.jpg

e0304702_18535932.jpg

しんどかったし、つらかったけど、ゴールしたらどうでもよくなるんだなー 
ここなちゃんつきあってくれてありがとう、楽しかったよ、いえ、わたしのほうこそ楽しかったです 03-219
e0304702_20465280.jpg

⑦-5-2 見晴台で 03-221
飯能アルプス、なかなか手ごわい相手でした、でも、たくさん歩いてちょっとだけ自信もついたかな、つづく・・・
e0304702_20471102.jpg


本ブログの作成にあたっては以下のブログとツイートを参考にさせていただきました。

リマタイさんのブログ名状しがたい日記のようなものより以下を参考にさせていただきました。
ヤマノススメ サードシーズン 3話 「飯能アルプス」 舞台探訪(聖地巡礼) 2018.07.23
http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-653.html

Teo teo_imperial 8:04- 2018年7月24日 のツイートを参考にさせていただきました。
先週の第3話のここなちゃんの天覚山ルートの「へびいるよ」をロストしてる人を二人見かけて、そんなに分かり難いのかと調べてみたら普通のコース上じゃなかった。https://www.google.co.jp/maps/@35.8895233,139.2607506,3a,75y,70.77h,76.84t/data=!3m6!1e1!3m4!1sAkMZ0xdsLBQP0xelXuVnNg!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月01日 作成


More

# by fureshima2223 | 2018-08-01 20:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」舞台探訪011 リン、杖突峠から陣馬形山を目指して(第09話早太郎温泉まで)

「ゆるキャン△」舞台探訪011 リン、杖突峠から陣馬形山を目指して(第09話早太郎温泉まで)

ようやく平成30年7月20日に陣馬形山キャンプ場を訪れることができ、これで、茅野から伊那、駒ケ根経由で陣馬形山キャンプ場までの道程が繋がりました。なので、「ゆるキャン△」第9話・10話に登場した杖突峠から陣馬形山キャンプまでの道程とキャンプ場の様子をブログにまとめてみようと思います。カット数が多いためこのブログでは第9話に登場した杖突峠から早太郎温泉こまくさの湯出発までを載せます。探訪日はH30.04.12霧ヶ峰探訪時、H30.05.02夜叉神峠探訪時、H30.06.04高ボッチ探訪時に足を延ばして訪れたときの写真、そしてH30.07.20陣馬形山キャンプ場探訪時の写真をまとめています。舞台は茅野市、伊那市、駒ケ根市です。

まずはこの1枚 国道152号高遠北小学校バス停と小学校を繋ぐ歩道橋が見えています。
「ゆるキャン△」という作品は、経路の風景もきちんと描いているのがいいなと 09-127
e0304702_07594294.jpg

e0304702_17422145.jpg

志摩リンが陣馬形山キャンプ場に至る道程としては、以下のブログも見ていただけると

夜叉神峠から先は行けないので、戻って、茅野経由で陣馬形山キャンプ場に向かいます。09-093
e0304702_07521676.jpg
H300502撮影
e0304702_07421046.jpg
"
グーグルマップの切出しに、茅野駅から、志摩リンが通ったと思うルートと主な探訪場所を入れてみました。スーパーあずさ1号に乗ると茅野駅到着は9時8分です。茅野駅からレンタカーで移動すれば十分日帰り可能です。
e0304702_07572066.jpg

杖突峠「峠の茶屋」茅野市宮川3372-27 http://tsuetsuki.com/
営業期間:4月~11月末まで(要確認)、 営業時間:10:00~16:30(風聲庵は売り切れ次第終了)、 不定休
店外の展望台は常時開放、公衆トイレあり、飲物の自販機あり 09-096
e0304702_07524497.jpg
ここはいつも朝か夕方なので、いつか2Fの喫茶店・展望台に寄れたらと・・・ H300412撮影
e0304702_08112862.jpg
"
杖突峠「峠の茶屋」2階の展望台 09-098
e0304702_07530919.jpg
H300412撮影
e0304702_08121296.jpg
お店が開いている時間にここを訪れることができず、いつもこの展望台から眺めています。
e0304702_08130772.jpg
"
蓼科山、北八ヶ岳が見えています 09-100
e0304702_07533537.jpg
e0304702_08133819.jpg
"
茅野の市街地をアップで 09-101
e0304702_07535921.jpg
H300412撮影
e0304702_08140539.jpg
"
この山岳展望の案内板はあるのでしょうか、我は知らんと欲す 09-109
e0304702_07543000.jpg
少し広く撮ってみました H300412撮影
e0304702_08145593.jpg
諏訪湖も見えます H300412撮影
e0304702_08151852.jpg
八ヶ岳の主峰 H300412撮影
e0304702_08153903.jpg
"
そろそろ杖突峠を出発 09-111
e0304702_07545592.jpg
H300412撮影
e0304702_08161069.jpg
"
国道152号を南へ この案内標識は高遠北小学校付近の国道152号にあります 09-112
e0304702_07552573.jpg
H300604撮影
e0304702_13284287.jpg

志摩リン、スクーターを停めてなでしこからの情報を受けて 09-113
e0304702_07554848.jpg
H300604撮影

e0304702_17395010.jpg

長野伊那きのこ王国  http://kinokoookoku.com/ 09-114
e0304702_07561992.jpg
e0304702_08024044.jpg

中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイのホームページより https://www.chuo-alps.com/

千畳敷カール 09-117
e0304702_07573534.jpg
千畳敷カール 中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイホームページのライブカメラ 2018/06/18/07:49:59
e0304702_08044804.jpg
"
中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ 09-119
e0304702_07575309.jpg
中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ ホームページより
e0304702_08051647.jpg

高遠北小学校付近の国道152号 案内標識の南側でどうでしょう 09-124
e0304702_07583830.jpg
H300604撮影
e0304702_17411608.jpg

高遠北小学校付近の国道152号 案内標識付近の田園風景かなと 09-125
e0304702_07585630.jpg
H300604撮影

e0304702_17414386.jpg

結局わんこ寺へ 09-126
e0304702_07591998.jpg

高遠北小学校バス停から小学校への歩道橋が見えています。
歩道橋の付近には公衆トイレがあり、停車できます。 09-127
e0304702_07594294.jpg
H300604撮影
e0304702_17422145.jpg

志摩リン一人なので一羽なのかな 09-135
e0304702_08001821.jpg

光前寺に到着 09-136
e0304702_08003591.jpg
H300720撮影
e0304702_19300343.jpg

光前寺 長野県駒ヶ根市赤穂29番地
光前寺の境内案内図 光前寺公式ウェブサイトより http://www.kozenji.or.jp/index.html#sitetop
e0304702_07520392.jpg

光前寺の仁王門前で 09-137
e0304702_08005373.jpg
H300604撮影
e0304702_20073493.jpg

杉並木参道を進んで 09-138
e0304702_08012121.jpg
H300604撮影
e0304702_20080068.jpg

残念ながらこの注意看板は行った時には未設置でした 09-139
e0304702_08013954.jpg
09-140
e0304702_08015827.jpg
09-141
e0304702_08022363.jpg

杉並木参道で ここは開いていましたが 09-142
e0304702_08024123.jpg
H300604撮影
e0304702_20083100.jpg

鐘楼と大木 09-144
e0304702_08025909.jpg
H300604撮影
e0304702_20085266.jpg

三門まで来ました 09-145
e0304702_08031879.jpg
H300604撮影
e0304702_20091541.jpg

三門まで来ました 09-146
e0304702_08033898.jpg
H300604撮影
e0304702_20093338.jpg

志摩リン、本堂まで来て 09-148
e0304702_08041148.jpg
H300604撮影
e0304702_15474096.jpg
"
霊犬早太郎とご対面です 09-149
e0304702_08043380.jpg
H300720撮影
e0304702_19422310.jpg
H300604撮影
e0304702_15484336.jpg
"
霊犬早太郎とご対面です 09-151
e0304702_08050776.jpg
H300604撮影
e0304702_15491101.jpg
"
霊犬早太郎のお墓へ 09-153
e0304702_20280039.jpg
H300604撮影
e0304702_15494052.jpg
"
霊犬早太郎のお墓にお参り 09-154
e0304702_08055732.jpg
H300720撮影
e0304702_19500230.jpg
"
三門まで戻ってくると 09-156
e0304702_08062488.jpg
H300604撮影
e0304702_07481891.jpg
"
早太郎おみくじがあるはずですが・・・09-157
e0304702_08064391.jpg
H300604撮影
e0304702_07485244.jpg
"
見たら気になるよね 09-160
e0304702_08072352.jpg
通り過ぎようとしても 09-162
e0304702_08082266.jpg
まなざしがかわいくて 09-163
e0304702_08085219.jpg

やはり気になって 09-165
e0304702_19340241.jpg
H300604撮影
e0304702_07492130.jpg

見つめられると 09-167
e0304702_19344403.jpg
やっぱり 09-168
e0304702_19350661.jpg

手に入れてしまうよね 09-169
e0304702_19352644.jpg
H300604撮影
e0304702_07495917.jpg
"
おみくじの内容はどうだったのでしょうか 09-171
e0304702_19354278.jpg

でも、訪れたときはここは開いていなくて 09-172
e0304702_19360276.jpg
H300604撮影
e0304702_07503220.jpg
"
早太郎おみくじとは出会えませんでした 09-173
e0304702_19362529.jpg

三門前で報告とか 09-174
e0304702_19364752.jpg
H300604撮影
e0304702_07505924.jpg

早太郎温泉 こまくさの湯 駒ヶ根市赤穂759-4 http://www.komakusanoyu.com/
先を急いでいたため入館していません。カットと比較のためホームページの写真を掲載させていただきました。

早太郎温泉こまくさの湯の案内板 09-179
e0304702_19370764.jpg
H300604撮影
e0304702_08042109.jpg

早太郎温泉こまくさの湯入口 09-180
e0304702_19372665.jpg
H300604撮影
e0304702_08043087.jpg
H300604撮影
e0304702_08043924.jpg

時間がなくて温泉は入りませんでした 09-186
e0304702_19580420.jpg
露天風呂 西駒の湯かな 09-189
e0304702_19585640.jpg
09-190
e0304702_19591798.jpg
09-192
e0304702_19593563.jpg
早太郎温泉 こまくさの湯ホームページより 露天風呂 西駒の湯
e0304702_07202902.jpg

内湯 大浴場 09-193
e0304702_19595332.jpg
早太郎温泉 こまくさの湯ホームページより 内湯 大浴場
e0304702_07211707.jpg

休憩所で 09-197
e0304702_20002877.jpg
早太郎温泉 こまくさの湯ホームページより 休憩所
e0304702_07230625.jpg

食堂へ 09-200
e0304702_20013836.jpg
早太郎温泉 こまくさの湯ホームページより 食堂
e0304702_07251558.jpg

ガロ(駒ケ根市赤穂北割一区759-336)のソースかつ丼を勧めてたけど 09-203
e0304702_20020817.jpg

温泉とミニソースかつ丼のセットで1020円なので 09-207
e0304702_20032478.jpg
e0304702_07365522.jpg

食事を終えてゆっくりしていたら 09-222
e0304702_20054132.jpg
もう夕方5時を過ぎて 09-225
e0304702_20063145.jpg
これから陣馬形山キャンプ場に向かうとは・・・09-227
e0304702_20070568.jpg

暗くなってから早太郎温泉こまくさの湯を出発 09-228
e0304702_20072583.jpg
e0304702_07432535.jpg

次回は陣馬形山キャンプ場なので、無事に着けるのではと・・・09-231
e0304702_20080921.jpg
"
次に作成するブログでようやく陣馬形山キャンプ場に到達できます。自分のできる範囲の中で、自分が楽しむために舞台探訪とブログを作成しています。自分が好きな作品と地域を知っていただけたらと・・・。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年07月24日 作成






































# by fureshima2223 | 2018-07-24 21:18 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

バスの終点へ行こう008:都営バス 上成木バス停(青梅市)、そして高水山へ

バスの終点へ行こう008:都営バス 上成木バス停(青梅市)、そして高水山へ

今回訪れたのは都営バスのは青梅市の上成木バス停(青梅市成木7町目)です。このバス停は都営バス梅76甲 裏宿町~青梅駅前~上成木の終点です(1日5便、経由便及び裏宿町以外の発着便あり詳細は都バスホームページ参照)。「上成木バス停」は標高約315メートルで、「都バス最高地点」と言われています。

まずはこの1枚 上成木バス停と11時11分発北小曽木経由青梅駅前行都営バスです。
e0304702_08031527.jpg
梅76甲の路線図、時刻表の詳細については以下の都バスホームページ参照

上成木バス停を訪れたとき、バス停前の成木の家で、高水山常福院龍學寺までの林道の修復工事が終わり開通したと聞いて、コミック「ヤマノススメ」百十七合目に登場した高水山を訪れました。訪問日は平成30年6月24日です。

成木の家

〒198-0001 東京都青梅市成木7丁目1215

KFCトライアスロンクラブ(=青梅市トライアスロン協会)が運営している、自転車乗りのためのコテージ。東京ヒルクライムに参加する選手を初めとして、このあたりを走る自転車野郎のための休憩所として設営されている。

成木街道小沢峠手前。林道常磐線および林道なちゃぎり線に分岐するポイントにあります。

で、いろいろとお話を聞かせてもらいました。飲物は入手できました。


都営バス上成木バス停付近の航空写真 グーグルマップから切抜き加筆

青梅駅方面から来るバスは都道53号線成木街道から左折で待合所とトイレのある上成木バス停に入ってしばらく停車、左折で都道202号線に出て、都道53号線との交差点を右折して青梅駅方面に向かいます。

e0304702_07465596.jpg

北小曽木経由上成木行都営バス 11時01分着がやってきました。
都道53号線成木街道は多くの自転車が通っています。
e0304702_08004549.jpg
e0304702_08010027.jpg

都道53号線成木街道から左折で上成木バス停に入ります
e0304702_08012028.jpg
e0304702_08013739.jpg

北小曽木経由上成木行都営バス 11時01分着のバスが上成木バス停に到着
e0304702_08020043.jpg
何人か下車しましたが、バスマニアの方とハイキングの方のようです。
e0304702_08021750.jpg
表示が青梅駅に変わりました。
e0304702_08023502.jpg
上成木バス停で発車時間待ち 11時11分発北小曽木経由青梅駅前行
e0304702_08025598.jpg
上成木バス停で発車時間待ち 11時11分発北小曽木経由青梅駅前行とバス停
e0304702_08031527.jpg
上成木バス停で発車時間待ち 11時11分発北小曽木経由青梅駅前行とバス停
e0304702_08033338.jpg
バスの側面の経路の表示を撮ってみました。
e0304702_08035258.jpg

都営バス上成木バス停11時11分発北小曽木経由青梅駅前行 ドアが閉まり
e0304702_08040859.jpg
都営バス上成木バス停11時11分発北小曽木経由青梅駅前行 出発です。
左折で都道202号線に出て
e0304702_08042530.jpg
都道53号線成木街道との交差点で一時停止
e0304702_08044092.jpg
右折して都道53号線成木街道にはいり、北小曽木経由で青梅駅前を目指します。
e0304702_08045474.jpg

あらためて、上成木バス停 バスの折返し場所です。
e0304702_20171361.jpg
上成木バス停 トイレと待合所と公衆電話があります。
e0304702_20172172.jpg
バス停の時刻表 曜日により発車時刻は変わりますが、1日5便です。
e0304702_20172867.jpg
バス停にあった上成木周辺観光案内図
e0304702_20173559.jpg

上成木バス停前に 成木の家があります。

〒198-0001 東京都青梅市成木7丁目1215

KFCトライアスロンクラブ(=青梅市トライアスロン協会)が運営している、自転車乗りのためのコテージ。東京ヒルクライムに参加する選手を初めとして、このあたりを走る自転車野郎のための休憩所として設営されている。

成木街道小沢峠手前。林道常磐線および林道なちゃぎり線に分岐するポイントにあります。

e0304702_20514821.jpg
成木の家の前の案内板
高水山に向かうにはなちゃぎり林道を通ります。途中にヘリポートがあるとのこと。
e0304702_20520379.jpg
成木の家の内部 展示と休憩スペースになっています。
e0304702_20523580.jpg
2階部分も雰囲気が良かったので撮ってみました。
e0304702_20525094.jpg

都道202号を左折して高水山常福院龍學寺に向かいます。
e0304702_20531637.jpg
グーグルマップから切り出し 
上成木バス停から約4㎞ 歩くと1時間25分ですが、行けるところまで車です。
e0304702_20533262.jpg
林道 なちゃぎり線に入ります。もちろんゲートは開いています。
e0304702_13050563.jpg
ゲート手前の道標 上成木バス停・高水山(歩道)・高水山(車道)
e0304702_13043581.jpg
林道 なちゃぎり線の地図と説明板
e0304702_13042770.jpg
林道 なちゃぎり線の地図をアップ 延長4.2㎞とのこと
e0304702_13041964.jpg

ヘリポートまで来ました。
e0304702_15180291.jpg
林道からヘリポートを見下ろして
e0304702_15183893.jpg
ヘリポートを見下ろした付近の林道 ここを進みます。
e0304702_15185303.jpg
林道 なちゃぎり線の標柱がありました。
e0304702_15190888.jpg
少しだけ展望も
e0304702_15192333.jpg
途中の20㎞/h制限と路肩注意の道標、この付近は未舗装でした。
e0304702_15193734.jpg

鋼製の門があり、ここから先は車の進入禁止です。車を停めて高水山常福院龍學寺へ向かいます。
e0304702_17150540.jpg
駐車スペースを写してみました。ここを進むと高水山常福院龍學寺の裏に出ます。
e0304702_20502319.jpg
登っていった先にフェンスがありますが、
e0304702_17154028.jpg
裏口 このフェンスを開けて入って下さい 正面に回り御参拝をして下さい
尚 必ず施錠をして下さい お願いします 高水山常福院 合掌
e0304702_17152982.jpg
フェンスを入ってすぐ、高水山園地便所 手洗いの水もありました
e0304702_18143902.jpg

正面に回って山門
e0304702_17160849.jpg
高水山常福院正面
e0304702_17162866.jpg
本尊浪切白不動明王 開運守護の剣
e0304702_17170234.jpg
龍の彫刻もなかなか・・・
e0304702_17172575.jpg
奉納された額も
e0304702_17175717.jpg
なかなか年期の入ったハイキングコースの案内
e0304702_18152192.jpg
ホーローの案内板 カタカナ書 いつのものでしょうか・・・
e0304702_18152947.jpg

高水山を目指します。ほんの少しの登りです。
e0304702_19121279.jpg
尾根に出て
e0304702_19132977.jpg
東屋があります。
e0304702_19122987.jpg
少しだけ山が見えました、大岳山かな
e0304702_19124865.jpg
この階段を登ると山頂です。
e0304702_20481172.jpg
案内板がありました。
e0304702_20484020.jpg
高水山の山頂に到着
e0304702_20485861.jpg
コミックヤマノススメ百十七合目に登場していますが、確かに眺望はありません。
e0304702_20492117.jpg
でも高水山 標高759mに到着です。
e0304702_20493847.jpg
苔むした祠もあります。
e0304702_20495217.jpg

バスの終点上成木バス停を目指していたのに、さらにさらに先の高水山の山頂標高759mまで来てしまいました。コミックヤマノススメ百十七合目では眺望がいいのは岩茸石山と描かれています。高水山常福院から往復するとして1時間30分くらいでしょうか。本当の意味のゆるふわ低山歩きもできたらと・・・(筑波山のナイトハイクは絶対にゆるふわではないと、ヤマノススメサードシーズン第1話を見て・・・)


履歴
2018年07月04日 作成




# by fureshima2223 | 2018-07-04 20:22 | バスの終点へ行こう | Trackback | Comments(1)

「ゆるキャン△」舞台探訪006 リン1人で高ボッチへ、きっとそらでつながってる(05話高ボッチ編)

「ゆるキャン△」舞台探訪006 リン1人で高ボッチへ、きっとそらでつながってる(05話高ボッチ編)

まずはこの1枚 高ボッチ牧場から高ボッチスカイラインへの道と無線中継所 05-093
e0304702_08050235.jpg
e0304702_19280054.jpg

 平成30年6月4日にようやく高ボッチに行くことができました。前回は冬の通行止め中の平成30年4月12日に高ボッチスカイラインのゲートまで行って戻りました。今回は天候を確認し、自分の仕事との調整をして、梅雨直前の晴れを狙いました。スーパーあずさ1号に乗り、塩尻駅からレンタカーを使い、国道20号との分岐から舞台探訪を始めて、高ボッチ到着は11:00過ぎでした。到着はちょっと遅めでしたが、展望地から諏訪湖と富士山、北アルプスの山脈が見えたことは感激です。やはり展望ができる高原は天候に恵まれると作品の舞台に来たということとの相乗効果で、印象が強くなります。高ボッチから高ボッチ温泉ー伊那市・駒ケ根市で志摩リンが通った場所ー光全寺ー杖突峠を通り、茅野駅でレンタカーを返して、帰宅です。本ブログでは「ゆるキャン△」第05話に登場した国道20号の分岐~高ボッチ高原~高ボッチ温泉についてまとめています。関連ブログとして第5話と第6話の以下のブログも参考にしていただけると。

「ゆるキャン△」舞台探訪004 野クル3人で笛吹川フルーツ公園、温泉、キャンプ場へ(第4,5話)
「ゆるキャン△」舞台探訪005 リン1人で霧ヶ峰から高ボッチへ(第04と05話)

"
ここから今回の舞台探訪のスタートです。国道20号線から高ボッチ高原への分岐  高ボッチ高原9kmの標識があります。 
e0304702_07281838.jpg

"
八ヶ岳中信高原国定公園高ボッチ高原の案内板
曲がってすぐ、塩尻市東山公民館(塩尻市大字旧塩尻東山869-4)が目標となります。 05-038
e0304702_07351342.jpg
e0304702_07284787.jpg
"
リン、案内板の前で 05-040
e0304702_07352116.jpg
e0304702_07294593.jpg
"
高ボッチ高原まであと9㎞ 右側の建物は塩尻市東山公民館 05-041
e0304702_07353459.jpg
e0304702_07302734.jpg

H30年4月12日 市道「高ボッチ線」はまだ通行止め 今年の開通はH30.04.14と早かったようです。
e0304702_15482232.jpg
で、平成30年6月4日はゲートが開いています。
e0304702_07314936.jpg
"
市道「高ボッチ線」をYAMAHAの「Vino」で登るのはかなり無理かも・・・  05‐042
e0304702_07365787.jpg
ここですね。本当にあるので、道中の風景をいろいろと探してみたくなります。
e0304702_07325519.jpg
高ボッチ高原へ1㎞の標識があるのでわかると思います。
e0304702_07343090.jpg

まもなく高ボッチ高原 観光パンフレットより 高ボッチ高原の案内図です。
e0304702_08232362.jpg

高ボッチ高原を行く 写真は雰囲気のみですが 05-045
e0304702_07371760.jpg
e0304702_08101907.jpg

高ボッチ高原を行く 写真は雰囲気のみですが 05-046
e0304702_07382347.jpg
e0304702_08104777.jpg

高ボッチ無線中継所が見えてきました。 05-047
e0304702_07383988.jpg
高ボッチスカイライン 展望広場から撮ってみました。雰囲気だけですが
e0304702_20562000.jpg

リンの家から走破距離150km 高ボッチ無線中継所に到着 05-050
e0304702_07402508.jpg
柵の中に入っての撮影はご法度なので
e0304702_08184941.jpg
背景は
e0304702_08190305.jpg
この建物の配線カバーがリアルです
e0304702_08205431.jpg

無線中継所側から 高ボッチ牧場へ続く遊歩道と牧場 05-052
e0304702_07422144.jpg
e0304702_20424712.jpg

高ボッチ牧場 夏の放牧時期のイメージかな 05-054
e0304702_07423442.jpg
平成30年6月4日はこうです。
e0304702_20431789.jpg
"
無線中継所付近からの高ボッチ牧場 05-055
e0304702_20111073.jpg
e0304702_20442850.jpg

高ボッチ無線中継所からスカイラインに出て、左奥に高ボッチ自然保護センターが見えています。 05-056
e0304702_07425935.jpg
撮り忘れたので、ストリートビュー2012年6月より切出しました。
e0304702_07324846.jpg

志摩リン とりあえず今日キャンプ地とする駐車場まで来て 05-057
e0304702_07431700.jpg
e0304702_21320951.jpg

高ボッチスカイラインを6㎞下り、高ボッチ鉱泉へ 05-059
e0304702_07442763.jpg
実際の標識は崖ノ湯温泉6㎞
e0304702_21331667.jpg

高ボッチスカイラインを少し下って 雰囲気だけですが 05-060
e0304702_07490414.jpg
e0304702_21334509.jpg

高ボッチスカイラインを少し下って 雰囲気だけですが 05-061
e0304702_07492323.jpg
e0304702_21341221.jpg
落石注意!!の標識もあります。
e0304702_21342827.jpg

高ボッチ鉱泉に到着 05-063
e0304702_07501153.jpg
高ボッチ温泉 ホテル鳴神の案内板
e0304702_07492075.jpg
"
高ボッチ温泉の建物に到着 05-064
e0304702_07504049.jpg
e0304702_07494979.jpg
"
なんと・・・ 05-065
e0304702_07505628.jpg
e0304702_07513583.jpg

2010年(H22年)に廃業とのことです 05-066
e0304702_07512233.jpg
e0304702_07515655.jpg

おい、まじか 05-067
e0304702_07513762.jpg
e0304702_07522056.jpg

温泉に入れないまま高ボッチ高原に戻って、雰囲気だけですが 05-069
e0304702_07524864.jpg
e0304702_07524715.jpg

高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台に到着 志摩リンは 曇っててなんも見えねー 05-070
e0304702_07552258.jpg
e0304702_08105457.jpg

高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台に到着 
志摩リンは 曇っててなんも見えねー、踏んだり蹴ったり・・・ 05-073
e0304702_07542988.jpg
訪れたH30.06.04は晴れて、展望に恵まれ
e0304702_08113189.jpg
北アルプスもよく見えました。
e0304702_08114522.jpg

せっかく来たし 05-074
e0304702_07555038.jpg
e0304702_05542212.jpg
"
登っとくか、で高ボッチ山頂へ 05-075
e0304702_07563104.jpg
e0304702_05545075.jpg
"
ボッチでボッチ山登り・・・
高ボッチ山頂への登山道から第2駐車場・アルプス連峰パノラマ展望台方向 05-076
e0304702_07570418.jpg
e0304702_05551275.jpg
高ボッチ高原の案内板
e0304702_05553670.jpg
"
高ボッチ山に到着 05-078
e0304702_07325497.jpg
e0304702_05560167.jpg
e0304702_05561697.jpg
"
頂上すぐだな 05-079
e0304702_07592177.jpg
e0304702_05563817.jpg
"
なんだよ、こっちはばっちり見えてるじゃん、きれいだな。
諏訪湖も富士山もばっちり見えました。 05-082
e0304702_07595247.jpg
e0304702_05572297.jpg
かすんでいますが、富士山もみ見ました。
e0304702_05573934.jpg
"
今日温まるキャンプご飯作るぞ! 美しい景色は元気の源かなと・・・ 05-083
e0304702_08001905.jpg
e0304702_05581102.jpg
無線中継所と北アルプスを併せて撮ってみました
e0304702_05582066.jpg
"
遊歩道を降りてきて、このカットもありました。 05-085
ここまでおりて来ると、高ボッチ牧場~無線中継所~パノラマ展望台と歩いたほうが探訪的にはいいと思います。
e0304702_08013326.jpg
e0304702_05585718.jpg
"
高ボッチ自然保護センター 05-086
e0304702_08015636.jpg
e0304702_08025937.jpg
"
第2駐車場・パノラマ展望台の南側の休憩場所です。 05-087
e0304702_08021743.jpg
e0304702_08033117.jpg
"
高ボッチ自然保護センターから無線中継所への遊歩道で 05-088
e0304702_08025659.jpg
e0304702_08034940.jpg
"
高ボッチ無線中継所 05-089
e0304702_08031738.jpg
高ボッチスカイライン 中継所の南側から撮ってみました。
e0304702_08041074.jpg
"
ここを原付で通るのは無理では、まあアニメですから 05-090
e0304702_08034064.jpg
遊歩道の柵を撮ってみました、雰囲気だけですが
e0304702_08043383.jpg
"
こっちは牧場か 高ボッチ牧場の入口 05-092
e0304702_08040758.jpg
e0304702_19271369.jpg
"
高ボッチ牧場から高ボッチスカイラインへ戻る道で 05-093
e0304702_08050235.jpg
e0304702_19280054.jpg
"
高ボッチスカイラインから高ボッチ牧場に入る道に見えたり・・・ 05-094
e0304702_08052564.jpg
撮り忘れたので、ストリートビュー2012年6月より切出しました。
展望広場のすぐ先 リンのキャンプ地への入口の道はここですが
e0304702_22335020.jpg

e0304702_22372971.jpg
"
今日のキャンプ地、崖の湯に下る分岐の駐車場でいいのかな
次があれば再確認 05-095
e0304702_08054825.jpg
デイキャンプを楽しんでいる人も
e0304702_20005469.jpg
わずかに諏訪湖も見えます。
e0304702_20003492.jpg
"
リンのキャンプ場所はこのあたりかな 05-096
e0304702_08064874.jpg
e0304702_20012299.jpg
"
ここは1600m 11月のキャンプはなかなかのものかと 05-104
e0304702_08072856.jpg
e0304702_07531338.jpg
"
初めてのまともなキャンプごはん、いただきます
食事をおいしく食べるアニメはどれもいいかなと 05-108
e0304702_08074350.jpg

リン、ボッチで楽しんでるけど 05-111
e0304702_08083414.jpg
e0304702_20014896.jpg

夜、なでしことラインで 05-186
e0304702_08092065.jpg
e0304702_20022459.jpg
"
駐車場から見晴小屋を目指して、ツツジがたくさん咲いていました。
e0304702_19324767.jpg

見晴小屋到着

e0304702_19342257.jpg

ツツジの群落越しに諏訪湖と八ヶ岳
e0304702_19355026.jpg
無線中継所、自然保護センター、スカイラインが見えています。 

e0304702_19372717.jpg
ツツジの群落と駐車場の全景
e0304702_19582393.jpg
"
なでしこからラインで連絡、恋人の聖地からの夜景を見て、再び高ボッチ山へ 05-206
e0304702_08103336.jpg
e0304702_20030717.jpg
"
高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台から高ボッチ山へ 05-208
e0304702_08110719.jpg
e0304702_08181659.jpg
"
高ボッチ山に着いて 05-210
e0304702_08115479.jpg
e0304702_08190253.jpg
"
高ボッチ山からの夜景 リンからなでしこへ 05-214
e0304702_08123434.jpg
e0304702_08192749.jpg

きれいだね 06-009
e0304702_19350502.jpg
e0304702_08195821.jpg
"
きっとそらでつながってる 05-222
e0304702_08133915.jpg
笛吹川フルーツ公園最上部恋人の聖地より H300302撮影
e0304702_07202841.jpg

やはり、天候に恵まれての高原歩きは楽しいものです。それほどの山登りはもうできませんが、それでも山歩きは続けていきたいなと。ゆるキャン△とヤマノススメでずいぶんいろいろな場所を知る機会ができました。今年の夏~秋にかけてはまたいろいろな場所を楽しめそうです。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年06月13日 作成

# by fureshima2223 | 2018-06-13 20:09 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

マンホールカード17枚目ゲット埼玉県狭山市で、デザインマンホールを撮ってみました(H300513)

マンホールカード17枚目ゲット埼玉県狭山市で、デザインマンホールを撮ってみました(H300513)

狭山市のマンホールカードができたと聞いて、マンホールカードをいただき、狭山市駅西口、東口、間川七夕通りを歩いてみました。多くのマンホール蓋に出会うことができて楽しかったです。平成30年05月13日のことです。

まずはこの1枚マンホールカードに掲載された座標蓋です
e0304702_21494991.jpg
"
マンホールカードの配布場所
狭山市市民交流センター 狭山市入間川1丁目3-1 西武鉄道狭山市駅西口
●日時 2018年4月28日(土曜日)から 8時から22時まで
●場所 狭山市市民交流センター2階総合案内 ※年末年始、施設の点検日は閉館しています
e0304702_21485182.jpg
2階の総合案内所でマンホールカードをいただきました。
e0304702_21490625.jpg
"
デザインマンホール設置場所の地図をいただいて、座標蓋をスタートに、マンホール蓋を撮ります。
どのような蓋に出会えるでしょうか。
e0304702_19112872.jpg

2階から駅への歩廊より、エミオ狭山市西口ガーデン前に設置された座標蓋を望む
e0304702_21492840.jpg

マンホールカードに掲載の座標蓋 狭山市下水道汚水カラーデザインマンホール蓋
狭山市のHPより『市の花・木・鳥をデザインとし、背景は狭山茶を連想させる色にしました。カラーマンホールは、狭山市駅西口出口から狭山市役所に向かう方面へ進み、エミオ狭山市西口ガーデン前(狭山市駅前公衆トイレ付近)に設置されています。』
e0304702_21494991.jpg
マンホールカードと座標蓋を一緒に撮ってみました。
e0304702_21500388.jpg

埼玉県道340号線 入間川七夕通りにも色違いのデザインマンホール蓋が3枚あると聞いて
七夕通り商店街バス停付近の歩道 別の狭山市下水道汚水カラーデザインマンホール蓋①
e0304702_15014348.jpg
別の狭山市下水道汚水カラーデザインマンホール蓋①
e0304702_15020103.jpg
別の狭山市下水道汚水カラーデザインマンホール蓋②
e0304702_15021729.jpg
別の狭山市下水道汚水カラーデザインマンホール蓋③
e0304702_15023791.jpg

狭山市駅西口、東口、入間川七夕通りの周辺で出会った下水道デザインマンホール蓋です。おすい標記、うすい標記、標記なしの蓋がありました。開口用の穴の位置や形状の違いは設置時期や制作した会社の違いでしょうか。これほど微妙に違う蓋が設置されているのはままあるのでしょうか。まだきっと同じデザインで形状の違う蓋があるのでしょうか。

下水道汚水デザインマンホール蓋
e0304702_18225575.jpg
e0304702_18230943.jpg
e0304702_18232991.jpg
e0304702_18240697.jpg
e0304702_18243095.jpg
e0304702_18251327.jpg
e0304702_18252776.jpg

下水道雨水デザインマンホール蓋
e0304702_17153240.jpg

下水道デザインマンホール蓋 汚水雨水の記載なしまたは削ったと思われる蓋
e0304702_17160154.jpg
e0304702_17161736.jpg
e0304702_17163754.jpg

下水道亀甲マンホール蓋

下水道亀甲汚水マンホール蓋
e0304702_21055705.jpg
e0304702_21061346.jpg
e0304702_21062796.jpg

下水道小型亀甲汚水マンホール蓋
e0304702_20315670.jpg

下水道JISマンホール蓋

下水道JIS汚水マンホール蓋
e0304702_20330948.jpg
下水道JIS雨水マンホール蓋
e0304702_20332639.jpg

下水道コンクリート汚水マンホール蓋
e0304702_20323774.jpg

狭山市駅西口、東口にはおりぴいデザインや童話作家 池原昭治先生の作品をデザインしたマンホール蓋があります。
e0304702_19144386.jpg

狭山市駅西口には別のデザインの下水道マンホール蓋が5枚あります。デザインは2種類

おりぴいデザインの下水道汚水マンホール蓋
e0304702_19303926.jpg
童話作家 池原昭治先生の作品をデザインした下水道汚水マンホール蓋
e0304702_19311521.jpg

狭山市駅西口には別のデザインの下水道マンホール蓋が3枚あります。デザインは2種類

おりぴいデザインの下水道汚水マンホール蓋
e0304702_19404717.jpg
童話作家 池原昭治先生の作品をデザインした下水道汚水マンホール蓋
e0304702_19410580.jpg

消火栓蓋、初めて見るデザインの蓋もありました。

消火栓蓋 2枚
e0304702_20013824.jpg
e0304702_20014952.jpg
この蓋は単口消火栓との標記がありました。
e0304702_20025984.jpg
この角蓋のマークはいつのものでしょうか
e0304702_20035202.jpg

防火水槽の蓋も
e0304702_20110297.jpg
e0304702_20105329.jpg

ずいぶんと多くの蓋と出会うことができました。街歩きの1つの目的としてマンホール蓋との出会いがあります。舞台探訪、観光、お仕事の際にちょっとだけマンホールの蓋に着目してみるのも楽しいです。その地域でしか出会うことができない蓋がたくさんあるので・・・。


履歴
2018年05月28日 作成





# by fureshima2223 | 2018-05-28 20:21 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30