「ゆるキャン△」各話の△ キャンプを楽しむ時は... △を切出してみました

「ゆるキャン△」各話の△ キャンプを楽しむ時は... △を切出してみました


第01話
e0304702_08135306.jpg

第02話
e0304702_08165874.jpg

第03話
e0304702_08171975.jpg

第04話
e0304702_08173623.jpg

第05話
e0304702_08175571.jpg

第06話
e0304702_08182568.jpg

第07話
e0304702_08184140.jpg

第08話
e0304702_08185813.jpg

第09話
e0304702_08193497.jpg

第10話
e0304702_08201353.jpg
第11話
e0304702_08200069.jpg
e0304702_08210268.jpg

第12話
e0304702_08213602.jpg

e0304702_08215433.jpg
e0304702_08221658.jpg
e0304702_08223890.jpg
e0304702_08231082.jpg

履歴 
2018年05月20日 作成





# by fureshima2223 | 2018-05-20 08:40 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

マンホールカード16枚目ゲット 東京都昭島市で、デザインはアキシマクジラ(H300429)

マンホールカード16枚目ゲット 東京都昭島市で、デザインはアキシマクジラ(H300429)

マンホールカードをいただいて、マンホールの写真を撮り、ブログに載せた16枚目です。昭島市のマンホールカードの配布はH300428から、訪れたのH300429です。この日はアキシマクジラの展示場所でマンホールカードを配布していました。

まずはこの1枚 座標蓋です。
e0304702_06501887.jpg


昭島市のマンホールカードの説明 昭島市ホームページより

昭島市マンホールカードには、クジラが描かれています。昭和36年に市内の多摩川河川敷でクジラの化石が発掘され、アキシマクジラと呼ばれ市民に深く愛される存在となりました。そのクジラを下水道課の職員がデザインし現在マンホール蓋として市内各所に設置しています。また平成30年1月に新種として論文発表され、「エスクリクティウス アキシマエンシス」(和名 アキシマクジラ)と学名が命名されました。


昭島市役所の正面の掲示
マンホールカード配布開始の案内とアキシマクジラ展示の案内
アキシマクジラ実物の化石を展示 4月22日~4月30日午前8時30分~午後5時 市役所1階市民ロビーとの掲示
展示場所には、この後もH300604まで展示されると標記されていました。平日なら見ることができます。
なので4月28日からのマンホールカードの配布は、この期間は市役所1階市民ロビーで行われました。

e0304702_06403109.jpg

アキシマクジラ実物の化石を展示
展示場所には、この後もH300604まで展示されると標記されていました。平日なら見ることができます。
e0304702_07292567.jpg
アキシマクジラの解説
e0304702_07294883.jpg
そして、実物大のアキシマクジラ
e0304702_07294033.jpg

昭島市のマンホールカードをいただきました。写真は昭島市のホームページより

e0304702_06284973.jpg

座標蓋とそのほかのカラーデザインマンホール蓋の設置場所 近くにあと何枚かカラーデザインマンホール蓋ありました。

e0304702_06283787.jpg

下水道汚水マンホール蓋、座標蓋です。2017年6月SVで確認できるので、配布に合わせて設置したわけではないようですが、この蓋は他の蓋と比べて色が鮮やかなように感じました。
e0304702_06501887.jpg
マンホールカードと座標蓋を一緒に撮ってみました。
e0304702_06504419.jpg
座標蓋の設置場所、市役所を入れて撮ってみました。
e0304702_06503515.jpg

座標蓋の北側の下水道汚水カラーデザインマンホール蓋
e0304702_19260835.jpg

さらに北側の下水道汚水カラーデザインマンホール蓋
e0304702_19264765.jpg

近くにも下水道汚水カラーデザインマンホール、クジラの色が違うのかな。
e0304702_19280127.jpg
まだ、近くにも下水道汚水カラーデザインマンホール、ここもクジラの色が違うのかな。
e0304702_19283789.jpg

座標蓋を含む下水道デザインマンホール蓋を撮っているときに出会った下水道の汚水蓋、雨水蓋など

下水道汚水マンホール蓋
e0304702_07380639.jpg
e0304702_07384885.jpg
e0304702_07391640.jpg

下水道小型汚水マンホール蓋
e0304702_07400102.jpg

下水道雨水マンホール蓋
e0304702_07403522.jpg

e0304702_07404551.jpg
e0304702_07411229.jpg

下水道雨水桝蓋かな
e0304702_07420874.jpg

消火栓蓋 水道の蓋なので「毎日気持ちは節水曜日」の標記があります。
e0304702_07425101.jpg

マンホールカードをいただき、座標蓋の付近を少し歩いて、出会ったマンホール蓋を載せてみました。何気なく存在している下水道、上水道ほかのマンホール蓋やハンドホール蓋は地域によっていろいろなデザインがあり、耐用年数から合併でなくなった自治体の蓋もたくさん残されているはずです。訪れた記念としてマンホールを撮ることも1つの選択肢になるのではと。

履歴
2018年05月15日 作成








# by fureshima2223 | 2018-05-15 08:11 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」舞台探訪010 リン、夜叉神峠経由で陣馬形山に向かうが(第09話夜叉神の森まで)

「ゆるキャン△」舞台探訪010 リン、夜叉神峠経由で陣馬形山に向かうが(第09話夜叉神の森まで)

「ゆるキャン△」第9話で志摩リンが陣馬形山キャンプ場を目指して夜叉神峠まで行った経路をまとめてみました。通った自治体は、登場したカットの順に市川三郷町、身延町、富士川町、南アルプス市となります。探訪日は平成30年5月2日です。

まずはこの1枚
「通行止めなう」 H300502現在夜叉神峠~北沢峠冬期通行止め、徒歩でも通れません。
でも、開通しても一般車両は通れないのですが・・・ 09-060
e0304702_20264394.jpg
e0304702_21550957.jpg

それでは、舞台探訪の報告をさせていただきます。

陣馬形山キャンプ場へ 通常のルート 国道20号から杖突峠経由 09-023
e0304702_20135949.jpg
なぜ、標高2,032mの北沢峠をVINOで越えることができると考えたのかな。広河原への通行規制も冬期閉鎖もすぐにわかると思うのですが。まあ、原作コミック通りなので・・・ 09-025
e0304702_20141602.jpg

志摩リン、早朝の出発、上伊那への短絡路として北沢峠越えを選び、夜叉神峠へと向かいますが、
県道9号を通ってきて、峡南橋東詰交差点へ 09-001-2
e0304702_20143806.jpg
e0304702_15095645.jpg

峡南橋東詰交差点で 09-002-2
e0304702_20150243.jpg
e0304702_15102180.jpg

峡南橋東詰交差点を左折 09-004-2
e0304702_20152942.jpg
e0304702_15105662.jpg

左折して県道42号峡南橋へ 09-005-2
e0304702_20161304.jpg
e0304702_15111865.jpg
われはこの看板が伝えたいことを知らんと欲す・・・『中部横断自動車道は、静岡県静岡市を起点に、山梨県甲斐市を経由して長野県小諸市に至る延長132kmの高速自動車国道です。』とのことで、全通すると静岡市~甲斐市~小諸市~上信越道~上越市が最短でつながるという意味かな。
e0304702_15114108.jpg

峡南橋を渡って 09-007
e0304702_20164948.jpg
e0304702_15120395.jpg

峡南橋を渡って 富士川は下流側の左右反転に見えますが、どうでしょうか 09-008-2
e0304702_20171872.jpg
富士川下流側の左右反転です。
e0304702_16014022.jpg

峡南橋西詰交差点で右折、国道52号へ 09-012-2
e0304702_20180713.jpg
e0304702_16083909.jpg

県道42号富士川町長沢交差点北側、富士川町と南アルプス市との境界 09-030-2
e0304702_20191517.jpg
e0304702_16085625.jpg

県道42号 南アルプス市に入ります。 09-031
e0304702_20195362.jpg
e0304702_16092903.jpg

県道42号から県道12号を通って、ローソン南アルプス街道店に寄り、 
県道12号芦安入口交差点を左折県道20号へ 09-040
e0304702_20211258.jpg
e0304702_18375483.jpg

県道20号塩沢入口交差点 09-043
e0304702_20221776.jpg
e0304702_18381973.jpg

道20号塩沢入口交差点で 09-044
e0304702_20224139.jpg
赤信号で止まっていて
e0304702_18385380.jpg
交差点の夜叉神峠側の全景
e0304702_18384626.jpg

御勅使川の橋を渡って、芦安小学校へ直進する左岸側の道は工事中です。 09-049
e0304702_20233367.jpg
e0304702_18393924.jpg

橋の手前の案内板 夜叉神峠へ 09-050
e0304702_20235255.jpg
e0304702_18395971.jpg
通行止め、迂回路の案内板も入れて撮ってみました。
e0304702_18402480.jpg

御勅使川瀬戸大橋 右岸側に出ました。 09-052
e0304702_20241173.jpg
e0304702_19421091.jpg
e0304702_19422645.jpg

芦安温泉岩園館 瀬戸大橋から撮りました。
e0304702_20243240.jpg
e0304702_19424908.jpg
ストリートビュー2012年06月より切出し
志摩リン、芦安温泉岩園館の前を通って夜叉神峠へ、バックは瀬戸大橋
e0304702_10392439.jpg

山の神のゲート 
林道情報 山の神~夜叉神峠 落石通行注意 乗車人員11人以上の車両通行禁止
e0304702_19411323.jpg
通行止のゲートは待機中です。
e0304702_19412653.jpg

警笛使用と急カーブの道路標識、林道で撮ってみました。この組合せは1ヵ所だけだったような。 09-054
e0304702_20245421.jpg
e0304702_19440089.jpg
この部分の林道は改良が終わっていました。林道は改良工事中の場所もあります。
e0304702_19433179.jpg

「こっち選んで正解だったな、雪も全く積もってないし」夜叉神峠到着ですが・・・ 09-055
e0304702_20251329.jpg
e0304702_21533815.jpg

「お、頂上」夜叉神の森はH300502現在閉っていますが、自販機は稼働していました。 09-056
e0304702_20253312.jpg
e0304702_21541036.jpg

「もう折り返し地点か」 09-057
e0304702_20255508.jpg
e0304702_21542840.jpg

「これは予定より早く着いて、ゆっくりいろいろ見て回れるかもしれ・・・」 09-058
e0304702_20261922.jpg
e0304702_21544961.jpg

「通行止めなう」 H300502現在夜叉神峠~北沢峠冬期通行止め、徒歩でも通れません。
でも、開通しても一般車両は通れないのですが・・・ 09-060
e0304702_20264394.jpg
e0304702_21550957.jpg
e0304702_21553388.jpg

「山間部の冬期通行止め、うわー、来た道また戻るのか。」 09-061
e0304702_20272170.jpg

スマホ圏外だそうです。 09-063
e0304702_10501608.jpg
e0304702_21555856.jpg

「自販機動いててよかったー」 09-064
e0304702_10503426.jpg
e0304702_05273087.jpg
"
「わざわざ寒い日に出かけて、温かい飲み物で暖まる、これもマッチポンプの1種なんだろうか。」 09-066
e0304702_10504725.jpg
e0304702_05275292.jpg
"
鳳凰三山登山口と休憩小屋です。「そういえば、こんなところに何台も車停まってるんだ。」の理由です。
e0304702_08274404.jpg

"
「あー、登山に来てるのか。」 09-067
e0304702_10510655.jpg
e0304702_05283197.jpg
"
「ここから」 09-068
e0304702_10511961.jpg
e0304702_05285498.jpg
"
「登って行くんだ。」 09-069
e0304702_22194098.jpg
e0304702_05292410.jpg
"
本当に熊が出るようです。 09-070
e0304702_10513365.jpg
e0304702_05295385.jpg
"
「こーぉわ」 09-071
e0304702_10523187.jpg
e0304702_21363060.jpg
"
「登山する人は怖くないのか。」 09-072
e0304702_10524671.jpg
e0304702_21365922.jpg
"
山のお姉さんから声をかけられて「おはようございます」 09-073
e0304702_10530209.jpg
e0304702_21374242.jpg
"
「あなたも登山にいらしたのですか」「いえ、原付で長野へ行くところなんですけど、冬の通行止めで通れなくて」「ここはマイカー規制で年中通行止めですよ」「え!」 09-074
e0304702_10532225.jpg
e0304702_21375977.jpg
"
南アルプス林道利用上の注意事項 09-075
e0304702_10533945.jpg
e0304702_21382685.jpg
"
マイカー規制区間、通行できるのは路線バスとタクシーと許可を受けた車のみ 09-076
e0304702_10535370.jpg
e0304702_21384782.jpg
"
「じゃあ、いつ来ても原付じゃ通れなかった訳か」 09-078
e0304702_10540754.jpg
e0304702_21392216.jpg
"
登山届で用紙が置いてあります。「冬の一人キャンプですか」 09-078
e0304702_22053496.jpg
e0304702_06280207.jpg
"
「最近はそういった行楽もはやりなんですね。知りませんでした。」 「いや、一部の人がやってるだけというか。」09-079
e0304702_10542445.jpg
写真は逆側から撮ったため、左右反転しています。
e0304702_06284612.jpg

「わたしも山登りは雪が積もるこの時期が一番好きなんですよ。程よく雪化粧した山の景色を見ることが楽しみで。それにこの時期は空いていていいですしね。」 09-080
e0304702_10543650.jpg
反対側から撮った写真しかないので、これで。
e0304702_06342243.jpg

「そうですよね。あの、今から登られるのですか。」「ええ、でも一緒に登る知人がなかなか・・」 09-081
e0304702_10545040.jpg
e0304702_06363253.jpg

「ごめんね、降りるインター間違えちゃって」待ち人来たりて・・・ 09-082
e0304702_10550488.jpg
e0304702_06371284.jpg

山小屋の案内と道標 09-083
e0304702_10551823.jpg
e0304702_08240780.jpg
"
「では、わたしたちはこれで」「じゃね」「登山お気をつけて」 09-084
e0304702_10553654.jpg
e0304702_08242872.jpg
"
「そうだ、これを持って行ってください。」09-085
e0304702_10555272.jpg
"
「夜はかなり冷えますので、ほうじ茶は体を温める効果があるそうです」09-086
e0304702_10560630.jpg
e0304702_08245361.jpg
"
「ありがとうございます」 09-087
e0304702_10562223.jpg
e0304702_08251671.jpg
"
「行き当たりばったりも旅の楽しみ方か」 09-088
e0304702_10563725.jpg
"
「それじゃ、仕切り直して」 09-090
e0304702_10565208.jpg
e0304702_08254535.jpg
"
「いざ、長野!」陣馬形山キャンプ場に向かって夜叉神峠を出発です。 09-091
e0304702_10570984.jpg
e0304702_08260723.jpg
"
09-092
e0304702_10572190.jpg
09-093
e0304702_10573312.jpg
e0304702_08263002.jpg

夜叉神峠の探訪はH30.05.02、甲斐常葉駅~本栖高校などに設置された案内看板15か所を探訪した後、まだお昼過ぎだったので夜叉神峠まで行ってみることにしました。芦安温泉から先は林道です。ここを荷物を載せた原付で通れるのでしょうか。まあ、志摩リンなら高ボッチも登ってるので可能とのことで・・・。まだ広河原まではまだ冬期通行止め、平日の時刻は夕方とのことで、停まっている車は少数でした。新緑がきれいでした。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年05月12日 作成



























# by fureshima2223 | 2018-05-12 15:11 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」舞台探訪009 甲斐常葉駅~本栖高校などに設置の案内看板15か所を訪ねて

「ゆるキャン△」舞台探訪009 甲斐常葉駅~本栖高校などに設置の案内看板15か所を訪ねて

まずはこの1枚 スタートは甲斐常葉駅です。
e0304702_18223629.jpg
e0304702_18224570.jpg

H30.04.22の曹洞宗金龍山常幸院(身延町常葉439)様のブログhttp://常幸院.com/?p=7592で『五条ヶ丘に訪れるファンの方にわかりやすい甲斐常葉駅と本栖高校の間の案内できるように看板を設置致しました。』との情報を得ました。また、H30.04.28の以下のツイートで地図が公開されたことを知りました。

五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】@cjAxNfAky2jhY7y ゆるキャン△のファンの方から要望がありましたので五条ヶ丘周辺地図作りました。案内看板の設置場所がすべて掲載されています。また身延町、下部地区の情報満載です。ほうとう食べられるお店なども載ってますよ!紙媒体は本栖高校前のボックスに!(添付の地図は了解をいただきましたので、ブログに掲載させていただきます。)
e0304702_07461212.jpg

地元の方々にこれほどのことをして迎えていただけるのなら、「ゆるキャン△」第12話の舞台探訪と共に案内看板15か所も見てみたいと思い、3回目の本栖高校への登校となりました。訪れたのはH30.05.02です。添付の写真もすべてH30.05.02に撮りました。

それでは、地図のナンバー順に案内看板と付近の写真を載せていきます。

①甲斐常葉駅

甲斐常葉駅 本栖高校↓ 750m
e0304702_18223629.jpg

ゆるキャン△第08話 甲斐常葉駅ホームカット
e0304702_18274530.jpg
e0304702_18224570.jpg

甲斐常葉駅と甲斐常葉駅前公衆便所
e0304702_18230084.jpg
甲斐常葉駅前公衆便所の管理はJR東海ではなく身延町かな、案内看板の設置場所の理由は。
e0304702_18222501.jpg
甲斐常葉駅前の無料駐車場
e0304702_18225409.jpg

②理容ウエダ 身延町常葉2634-3

本栖高校→ 740m、←甲斐常葉駅 10m
e0304702_19245920.jpg

ゆるキャン△第08話 理容ウエダ前から常葉橋方向カット
e0304702_19243220.jpg
e0304702_19244343.jpg

理容 ウエダ 案内看板掲示場所窓の右側
e0304702_19245130.jpg

③マップに依田商店と記載

本栖高校→ 680m、←甲斐常葉駅 70m
e0304702_20115282.jpg
ゆるキャン△第08話 常葉橋から依田商店方向カット
e0304702_20111326.jpg
e0304702_20112216.jpg
マップに依田商店と記載のお店 案内看板掲示場所左端の窓に
e0304702_20114166.jpg

④下部薬局
身延町常葉814-4

甲斐常葉駅→ 80m、←本栖高校 670m
e0304702_21304900.jpg

ゆるキャン△第08話 下田薬局前から横断歩道のカット
e0304702_21303360.jpg
e0304702_21304292.jpg

下田薬局と案内看板
e0304702_21305627.jpg

⑤マップに丸吾旅館と記載

本栖高校→ 620m、←甲斐常葉駅 130m
e0304702_05482956.jpg
"
ゆるキャン△第12話 マップに丸吾旅館と記載された場所の手前より甲斐常葉駅へ、改変か変わったのか
e0304702_22052338.jpg
e0304702_05480383.jpg
"
マップに丸吾旅館と記載の建物 案内看板掲示場所左側の窓に
e0304702_05482013.jpg
向かいにみんなの広場があり、駐車できます。(平日は郵便局に用のある方が車を停めているような)
e0304702_05481214.jpg
"
⑥マップに小林と記載

甲斐常葉駅→ 220m、←本栖高校 530m
e0304702_06240689.jpg

ゆるキャン△第12話 マップに小林と記載された場所の手前より本栖高校方向
e0304702_06322733.jpg
e0304702_06390083.jpg

マップに小林と記載の建物 案内看板掲示場所右端の窓に
e0304702_06261339.jpg

⑦マップに丸吾と記載 下部小学校入口交差点

甲斐常葉駅→ 250m、←本栖高校 500m
e0304702_07280718.jpg

ゆるキャン△オープニングの1カット
e0304702_07274416.jpg
せっかくなので、身延町から見える富士山を載せてみます。
本栖湖の逆さ富士 みのぶ観光案内所
e0304702_07275234.jpg

マップに丸吾と記載の建物 案内看板掲示場所左端の戸に
e0304702_07280003.jpg

⑧理容ヤマミヤ 身延町常葉647-2

甲斐常葉駅→ 370m、←本栖高校 380m
e0304702_07522813.jpg
理容ヤマミヤ 案内看板掲示場所中央の窓
e0304702_07523750.jpg
"
⑨本栖高校入口(常幸院入口)南側



e0304702_08361765.jpg
右折して本栖高校側の案内看板 甲斐常葉駅↑ 450m、←本栖高校 300m
e0304702_08362954.jpg

本栖高校入口(常幸院入口)南側 案内看板掲示場所
e0304702_09022353.jpg
バス停 富士急山梨バスは下部中学校入口ですが、町営バスは旧下部中学校入口です。
e0304702_08403638.jpg

甲斐常葉駅側から常幸院入口 ⑨と⑩の案内看板掲示場所
e0304702_08405282.jpg
右折して本栖高校へ、旧下部小学校が見えます。
e0304702_08404546.jpg

⑩本栖高校入口(常幸院入口)北側

県道側の案内看板
e0304702_12095933.jpg
左折して本栖高校側の案内看板 本栖高校 → 300m 甲斐常葉駅↓450m
e0304702_12101552.jpg

本栖高校入口(常幸院入口)北側 案内看板掲示場所
e0304702_12095212.jpg

本栖湖側から常幸院入口 ⑩と⑨の案内看板掲示場所
e0304702_12100836.jpg

⑪常幸院 身延町常葉439  常幸院のホームページ http://常幸院.com/

←駐車場、本栖高校↑ 200m、甲斐常葉駅↓ 530m、駐車場利用の案内とお願い
e0304702_05042050.jpg
駐車場利用の案内とお願いを切出してみました。
e0304702_05041210.jpg
⑨と⑩の案内板から進んで、旧下部小学校と常幸院の入口、案内看板も見えています。
e0304702_05034892.jpg
常幸院の案内看板設置場所 本栖高校に向かって
e0304702_05035696.jpg

駐車場→、本栖高校↑ 200m、甲斐常葉駅↓ 530m、駐車場利用の案内とお願い
常幸院の案内看板設置場所 甲斐常葉駅に向かって、常幸院と書かれた案内板の裏です。
e0304702_05042953.jpg

曹洞宗 金龍山 常幸院に着きました。
e0304702_07452994.jpg
本栖高校から戻ってきて、駐車場には痛車も停車していました。(撮影の了解はいただいています。)
【山 門】 銘『光明門』(こうみょうもん)平成26年1月25日建立 とのことです。
e0304702_07460827.jpg

【本 堂】 明治34年建立
e0304702_07464711.jpg
左側にリアルメタル賽銭箱があります
e0304702_07470833.jpg
お参りして、左側には松ぼっくり、案内看板の場所を記載した地図、メタル賽銭箱、絵馬が・・・
e0304702_07523609.jpg
リアルメタル賽銭箱をアップしてみました。お賽銭入っています。
e0304702_07532368.jpg
"
【客 殿】 銘『三教庵』(さんきょうあん)

e0304702_19201003.jpg
三教庵の内部、ここでゆっくりとお話でも。いつまでもくつろげる空間であってほしいなと。
e0304702_19223517.jpg
ここにも案内看板がありました。
e0304702_19230223.jpg

慈愛之鐘とベンチ、ここに
e0304702_19251181.jpg
交流ノート①常幸院 がありました。
e0304702_19261557.jpg

【山 門】 銘『光明門』に絵馬の奉納場所があります。
e0304702_19323714.jpg
奉納された絵馬を何枚か、このような絵が描けるといいのですが・・・
e0304702_19334530.jpg
e0304702_19340049.jpg
e0304702_19341756.jpg

⑫本栖高校への坂道


甲斐常葉駅 → 590m ←本栖高校 160m
e0304702_13154291.jpg
"
ゆるキャン△第1話エンディングの1カット 本栖高校への坂道の通学路
e0304702_13134016.jpg
e0304702_13134805.jpg
"
坂道の通学路のカーブに 案内看板掲示場所 
e0304702_13152608.jpg
坂道の通学路から 常幸院を望む
e0304702_13162150.jpg

⑬本栖高校前(旧下部中学校前) 身延町常葉1495

本栖高校前、←甲斐常葉駅 750m
e0304702_14423948.jpg
案内看板、収納ボックス、地図がありました。
e0304702_14432663.jpg
収納ボックスには
e0304702_14463154.jpg
上段には松ぼっくり
e0304702_14454809.jpg
中段には五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】様 作成の地図
e0304702_14481247.jpg
下段には交流ノート① 本栖高校前
e0304702_14484942.jpg
そして、五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】様作成の地図を掲示しています。
e0304702_14492945.jpg
案内看板、収納ボックスと旧下部中学校を撮ってみました。
e0304702_14495277.jpg

⑫の案内看板からこの通学路の坂を登ってきて
e0304702_18024408.jpg
体育館の横を通って旧下部中学校へ
e0304702_18032663.jpg
旧下部中学校正門
e0304702_18025143.jpg
旧下部中学校校舎正面、今も身延町立下部中学校の表示が残っています。
e0304702_18031089.jpg
身延町下部中学校閉校記念碑 H28.03.31閉校、1年後には下部小学校も閉校になりました。
e0304702_18030298.jpg
"
⑭下部自動車 身延町常葉322-1 常葉バイパス本栖湖側交差点から街へ少し入って

←本栖高校 740m、←甲斐常葉駅 890m
e0304702_18411094.jpg
下部自動車 案内看板掲示場所事務所の左端
e0304702_18411987.jpg
"
⑮小林自動車整備工場 身延町常葉3250-1 常葉バイパス身延側交差点付近

←甲斐常葉駅 850m、←本栖高校 1.0km
e0304702_18421618.jpg
小林自動車整備工場 案内看板掲示場所事務所の右端
e0304702_18420988.jpg
"
このあと、マップに載っていた下部温泉駅前の「丸一食堂」でほうとうを食べたかったのですが、H30.05.02は水曜日のためお休みでした。なので、身延駅前の第8話に登場した「食事処ゆたか屋」に向かうこととしました。

食事処ゆたか屋 正面
e0304702_19422048.jpg
ほうとうをいただきました。
e0304702_19424851.jpg
ゆたか屋限定 オリジナルパッケージのほうとうを販売しています。
e0304702_19430211.jpg

 地元の方が作成した地図を持って、甲斐常葉駅~本栖高校の通学路を楽しく歩かさしていただきました。確かに「ゆるキャン△」という作品により、他の地域からこの地域を訪れる方々が増えていると思います。この作品のコミックは続いていますので、アニメがこれだけ盛り上がれば第2期も期待してしまいます。そして、この地域は最寄り駅と通学路と高校なので、第2期でも登場する機会があるのではと。探訪者・訪問者とのある程度長期にわたる交流の機会があるのではと期待します。そのためにも、探訪者・訪問者がここでお金を使う機会が得られないかなと思ってしまいます。地域の方々が何かを始めようとしているようなので、期待しています。
e0304702_07461212.jpg

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年05月08日 作成







# by fureshima2223 | 2018-05-08 20:31 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」第8話に登場した身延線列車の撮影場所へ(第8話)

「ゆるキャン△」第8話に登場した身延線列車の撮影場所へ(第8話)

「ゆるキャン△」第8話に身延線で走行する列車が登場しました。この作品で登場した場面はほとんどが実在するため、ここもあるはずと思い探してみました。探訪日は平成30年3月30日です。

「ゆるキャン△」第8話に登場した身延線のカットです。高校から身延駅に向かう途中、この後波高島駅が登場するため、場所は甲斐常葉駅と波高島駅の間と考えました。

「ゆるキャン」第8話に登場した身延線を走る普通列車のカット 08-083
e0304702_06172509.jpg

3628M富士行きを撮りました。

e0304702_07554029.jpg

グーグルマップで探すときの条件は
 ①身延線甲斐常葉駅と波高島駅の間
 ②道路+身延線+川が対岸から見える場所
 ③撮影場所に到達できる可能性

グーグルマップより甲斐常葉駅と波高島駅の間を切出してみました。
下部温泉駅の北側に国道と鉄道と川が近接して並んでいる場所があります。
e0304702_13031786.jpg

グーグルマップより撮影予定場所とそこまでの進入ルートを探ってみました。
地図の左側、国道に擁壁が見えています。ここを川越しで撮れればいいのですが。
実際に通った場所を加筆
e0304702_07404541.jpg

グーグルマップより撮影予定場所と橋と駐車想定場所を切出してみました。
ここに車を置いて、橋を渡り、国道の擁壁が見える場所に向かいました。
e0304702_07381879.jpg

グーグルストリートビューで、確かに橋の手前に車が停まっています。行けるようです。
e0304702_07375452.jpg

実際に通った道は
国道から川沿いの道へ、畑への道は動物侵入防止のフェンス内へと続き、通れません。
e0304702_07411120.jpg

常葉川の対岸では桜が満開です。
e0304702_07410286.jpg

川沿いの道を通って、畑側は動物侵入防止のフェンスで囲まれています。
e0304702_07403745.jpg

常葉川を渡る橋 対岸の農地のためでしょうか。
e0304702_07404588.jpg

橋の前の広場、この広さがあれば車は方向転換できます。
e0304702_07405474.jpg

橋から常葉川上流側、川沿いの道を通ってきました。
e0304702_07402343.jpg

橋から常葉川下流側、目的とした身延線と擁壁が見えました。
e0304702_07475854.jpg

左岸側の農地にも動物侵入防止のフェンス、上部には電気を通しています。
e0304702_07493764.jpg

擁壁+道路+身延線+常葉川が見える場所に来て列車待ちです。
e0304702_07483101.jpg

通常の時刻表に無い特急車両の列車が通りました。臨時列車でしょうか。
あとで調べたら『身延線は、1928年(昭和3年)3月30日に全線開通し、今年90周年を迎えます。』で「身延線全通90周年富士川」号が運転されるとのことで、偶然出会うこととなりました。
e0304702_07500467.jpg
「身延線全通90周年富士川」号 甲府へ向かって
e0304702_07502201.jpg

「ゆるキャン△」第8話アニメに登場した身延線 08-082
e0304702_07510573.jpg
甲斐常葉駅からの3628M富士行きを撮りました。
e0304702_07532736.jpg

「ゆるキャン△」第8話アニメに登場した身延線  08-083
e0304702_07511891.jpg
3628M富士行きを撮りました。持っているカメラではこれが精一杯です。
e0304702_07525213.jpg
3628M富士行きはアニメと同じ3両編成でした。
e0304702_07543279.jpg

「ゆるキャン△」第8話アニメに登場した身延線  08-084
e0304702_07512783.jpg
下部温泉駅へ向かう3628M富士行きを撮りました。
e0304702_07545620.jpg
下部温泉駅へ向かう3628M富士行きを撮りました。
e0304702_07551543.jpg

「ゆるキャン」舞台探訪の派生ブログとして、第8話に登場した身延線カットと思われる場所への行き方をまとめてみました。あくまで個人的な覚えです。地元の方最優先で考えていただけると。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年05月01日 作成






# by fureshima2223 | 2018-05-01 08:14 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」舞台探訪008 なでしこの通学路(下校)と身延の街(第08話)

「ゆるキャン△」舞台探訪008 なでしこの通学路(下校)と身延の街(第08話)

「ゆるキャン△」で、なでしこの通学路(下校時)の本栖高校~甲斐常葉駅~内船駅が登場しました。で、グーグルのストリートビューに写っているなでしこ、実際のストリートビューの撮影は2014年9月、アニメの時系列では2017年11月~12月ですので、アニメの世界ではストリートビューが更新されたのではとw。あと、大垣さんと犬山さんの最寄り駅は身延線の波高島駅であることが明かされました。

 今回の探訪のメインは身延駅で降り、商店街を通って、アウトドアのお店(モデルは浜松市)でキャンプ道具との出会いと当面必要とする用品の購入、生活圏のカットが多数登場することは舞台探訪を行うものにとっても楽しいものです。探訪日は平成30年3月22日がメイン、平成30年3月30日の写真には撮影日を付記しています。

 そういえば、スタンプラリーがスタートした平成30年4月21日には甲斐常葉駅から本栖高校までの間に道案内のパネルが15か所程度設置されたとのツイートもありました。甲斐常葉駅~本栖高校の通学路は第12話にも登場しているため、道案内のパネル撮影と併せて再探訪してみたいです。

追記:H300502の探訪でようやく吉田屋さんのお犬様と対面することができました。

まずはこの1枚
身延のしょうにん通り商店街のポケットパークでお茶とお饅頭食べるの定番になるかな 08-163
e0304702_12442619.jpg
e0304702_20362083.jpg

それでは、探訪の報告をさせていただきます。

①なでしこの通学路(下校) 本栖高校~甲斐常葉駅~南部駅

①‐1 第1話通学路 登校時 本栖高校への坂道

本栖高校への坂道 01-175
e0304702_13435872.jpg
H300330撮影
e0304702_17113483.jpg
"
本栖高校への坂道、このあたりからでいいのかな 01-177
e0304702_13441600.jpg
H300330撮影
e0304702_17120788.jpg
"
本栖高校への坂道、体育館が見えています 01-179
e0304702_13444171.jpg
H300330撮影
e0304702_17123713.jpg
体育館・グランドへの入口付近、桜が咲いていました。H300330撮影
e0304702_17124624.jpg
校庭内の遊具と満開の桜、遊具は使用可能の状態でした。 H300330撮影
e0304702_17122966.jpg

①-2 第8話なでしこの通学路(下校) 本栖高校の坂道

本栖高校 08-004
e0304702_19061708.jpg
とりあえず旧中学校の体育館を下から撮ってみました
e0304702_19093127.jpg
"
本栖高校 下校風景 08-003
e0304702_19061072.jpg
これも下から、旧小学校の校舎を入れて撮ってみました。
e0304702_19091022.jpg
"
下校風景 急カーブの場所 08-002
e0304702_19055473.jpg
e0304702_19085040.jpg
下から本栖高校への通学路の坂道を撮ってみました。
e0304702_19095741.jpg
これも場所を変えて、下から本栖高校への通学路の坂道を撮ってみました。H300330撮影
e0304702_17143260.jpg

①-3 甲斐常葉駅付近から県道419号本栖高校への坂道への分岐まで

県道419号甲斐常葉駅前の橋、左岸側から 08-017
e0304702_19095488.jpg
e0304702_19102679.jpg
"
県道419号で、このような感じでどうでしょうか 08-019
e0304702_19103378.jpg
e0304702_19104399.jpg
"
県道419号、今村テレビ(身延町常葉638)前 08-021
e0304702_19105024.jpg
e0304702_19110849.jpg
"
リンちゃん、ストリートビュー見て。県道419号甲斐常葉駅前の橋、右岸側から 8-186
e0304702_19141609.jpg
e0304702_19112617.jpg
"
県道419号甲斐常葉駅前の橋、右岸側から 08-187
e0304702_19144751.jpg
e0304702_19114251.jpg
"
県道419号甲斐常葉駅前の橋を渡って、横断歩道付近をなでしこが・・・ 08-188
e0304702_19151426.jpg
e0304702_19120772.jpg
"
リンちゃんアップでみて、横断歩道付近をなでしこが・・・08-189
e0304702_18400680.jpg
正面のお店がなくなっています。薬局はすぐ近くに移転していました。
e0304702_19122412.jpg
ストリートビュー2014年9月より切出し 当時は正面は下部薬局でした。薬局はすぐ近くに移転していました。
e0304702_21143419.jpg
"
①-4 甲斐常葉駅で

甲斐常葉駅近くの橋の前から、本栖高校のモデルの旧中学校と小学校H300330撮影
e0304702_17151653.jpg
甲斐常葉駅 アニメには登場していませんがコミックでは登場しています。
e0304702_07352892.jpg
甲斐常葉駅で列車交換 3630G富士行と3629G甲府行
e0304702_07355218.jpg
"
甲斐常葉駅のホームで内船駅への電車を待ちます。 
「明後日からテストか」「そんで、テスト終わったら冬休みだ」08-027
e0304702_19341503.jpg
e0304702_07361640.jpg
"
「浜松より冬休みちょっと長いって、なんかうれしい」
点字ブロックと足元注意に着目して 08-028
e0304702_19343017.jpg
点字ブロックの外の足元注意の案内は富士方面にしかありませんでした。
e0304702_12332273.jpg
e0304702_12334897.jpg
"
甲斐常葉駅のホームのベンチから 08-029
「お正月は今年もおばあちゃんの家かな」「でも、その前にクリスマス」
e0304702_19344333.jpg
甲斐常葉駅のホームのベンチから 08-030
e0304702_19345833.jpg
甲斐常葉駅のホームのベンチです
e0304702_12341700.jpg
甲斐常葉駅のホームのベンチと共に撮るとこうなるかな H300330撮影
e0304702_18145520.jpg
ホームの富士側から撮ってみました、風景は合っているようです。 H300330撮影
e0304702_18144657.jpg
甲斐常葉駅前の道路から、風景に着目して。 H300330撮影
e0304702_18150439.jpg
"
甲斐常葉駅のホームにて 
「あ、クリスマス」「テスト終わったらみんなでクリスマスキャンプやりませんか」 08-031
e0304702_19351435.jpg
e0304702_12344461.jpg
"
①-5内船駅に到着

内船駅で下車して 08-069
e0304702_19371375.jpg
e0304702_21354810.jpg
"
待合室の前を通って スマホに連絡が入り 08-070
e0304702_19372941.jpg
08-071
e0304702_19374292.jpg
e0304702_21360620.jpg
"
「今年最後の野クルキャンプは」「「クリスマスキャンプで決まりやー」 08-072
e0304702_19380077.jpg
e0304702_21362511.jpg
"
内船駅前に出て 08-075
e0304702_19381311.jpg
e0304702_21365250.jpg
"
内船駅前に出て 「よーし、テストがんばるぞ」 08-077
e0304702_19382826.jpg
e0304702_21371402.jpg
背景を切出してみました。
e0304702_21373540.jpg
"
②学校からの帰りに身延のキャンプ用品店へ

②-1甲斐常葉駅から身延駅へ

甲斐常葉駅~下部温泉駅間で川・身延線・本栖みち・擁壁の順で見える場所は1か所ではと・・・08-082
このカットの撮影場所については、以下のブログを参照していただけると
「ゆるキャン△」第8話に登場した身延線列車の撮影場所へ(第8話)
e0304702_19425284.jpg
08-083
e0304702_19430110.jpg
3628M富士行きを撮りました。 H300330撮影
e0304702_08262121.jpg

「テスト終わったー」それぞれの結果は・・・ 08‐085
e0304702_22364902.jpg

波高島駅 大垣さんと犬山さんの最寄り駅 08-089
e0304702_22372240.jpg
3632G富士行きを撮りました。
e0304702_21375541.jpg

「あれ、二人降りなくていいの」「今からカリブいくで、なでしこちゃん」 08-090
e0304702_22383654.jpg

身延駅正面「へー、身延駅ってこんな所だったんだね。レトロな街だ」
なでしこが身延駅で下車するのはこれが初めてですかw 08-092
e0304702_22392575.jpg
e0304702_21382510.jpg

②-2 身延町のしょうにん通り商店街を通って

身延駅前、商店街北側を見て、なでしこは「レトロな街」と言っていますが、
雰囲気をを壊さないように建替えられているようです。 08-093
e0304702_11491562.jpg
e0304702_22253553.jpg

身延駅前、商店街北側を見て 08-094
e0304702_11492921.jpg
e0304702_22255796.jpg

しょうにん通り 食事処ゆたか屋前から 08-095
e0304702_11494407.jpg
e0304702_22261830.jpg
食事処ゆたか屋前 歩いている方向が・・・ 08-096
e0304702_11495863.jpg
e0304702_22265776.jpg
歩道に設置してあるホース格納庫
e0304702_06470651.jpg

食事処ゆたか屋前で、ほうとう食べたいですね・・・ 08-099
e0304702_11502097.jpg
e0304702_22271817.jpg

ゆば、あわび煮貝、お土産のみやた屋前を通って 08-100
e0304702_11504250.jpg
e0304702_06452743.jpg

「みのぶまんじゅうだって」みのぶまんじゅう栄昇堂前で 08-102
e0304702_11510116.jpg
e0304702_06454232.jpg

「みのぶの名物かな」 08-103
e0304702_11514817.jpg
e0304702_06462868.jpg
ゆば、あわび煮貝、お土産のみやた屋とゆば、みのぶまんじゅう栄昇堂
このお店の前を通ってCaribouへ、おまんじゅうは帰りに・・・
e0304702_19402331.jpg

吉田屋金物店前で 「あ、犬だ」「お前もな」「元気な犬だ」 08-105
e0304702_11511477.jpg
e0304702_20175121.jpg

犬がいるとのことでしたが 08-104
e0304702_11513010.jpg
会えませんでした。(H300322)
e0304702_20181039.jpg

お犬様にようやく会えました。 H300502撮影
e0304702_19493367.jpg
e0304702_19492378.jpg
"
願い橋を通って 08-106
e0304702_12414088.jpg
e0304702_20182511.jpg
e0304702_20184327.jpg

②-3キャンプ用品のお店Caribouへ

Caribouに到着、キャンプ用具の購入で、ほしいものはいろいろあるけど 08-108
e0304702_12420863.jpg
ストリートビューH2810より切出し モデルのお店は浜松市です。
Snow Peak Store SWEN浜松店(スノーピークストア スウエン)浜松市東区和田町883−1
e0304702_06444635.jpg
キャンドルガスランプ 4690円 今は買えないけど 08-121
e0304702_12422543.jpg
ほしいよね 08-149
e0304702_12430196.jpg

②-4 しょうにん通り商店街に戻って、まんじゅうおいしい!!
   栄昇堂の店内の撮影は了解をいただきました。

「みのぶまんじゅう食って帰るか」「さんせー」みのぶまんじゅうの栄昇堂まで戻ってきて 08-158
e0304702_12432282.jpg
e0304702_08154533.jpg

「3個ください」「わたしも3個で」、なでしこは「じゃあ、わたしは10個ください」 
「食うねー」「半分は家族のお土産だよ」お茶もいただいて 08-156
e0304702_12434884.jpg
e0304702_19382732.jpg

ショーケース内のみのぶまんじゅう、そのままです。 08-155
e0304702_12440047.jpg
e0304702_19390562.jpg
バラ10個はなでしこ仕様、ではないと思うけど(H300322時点)
e0304702_19392359.jpg
店内でお茶と共においしくいただきました。
e0304702_19394014.jpg

ポケットパークで 08-163
e0304702_12442619.jpg
e0304702_20362083.jpg

「ちょうど出来立てってついてるよな」「ほんのり暖かくてもちもちしておいしいね」 08-164
e0304702_12444944.jpg
e0304702_20364350.jpg

なでしこ、本当においしそうに食べますね 08-161
e0304702_12451274.jpg
e0304702_20370228.jpg

「あったかうまいやなー」08-165
e0304702_12453085.jpg
e0304702_20175971.jpg

「やっぱり日本人ならまんじゅうとお茶ずら」 08-166
e0304702_12460013.jpg
e0304702_20181824.jpg

「みのぶまんじゅうってほかの名物と比べて知名度低いよなー、うまいのに」「せやなー」
いやいや、ここで登場したことで知名度はずいぶんと上がったのではとw  08-167
e0304702_12461349.jpg
e0304702_20183515.jpg

「うたとか作ったらはやるんやない」「みのぶまんじゅう~」「それは蛍の光だ」08-168
e0304702_12463218.jpg
e0304702_20185385.jpg

「決めた、わたしもバイトしてキャンプ道具買うよ」 08-170
e0304702_17114106.jpg
e0304702_20191062.jpg

「そんで、また帰りにみのぶまんじゅう食べにくるよ」「あ、全部食べちゃった」08-173
e0304702_17115856.jpg
e0304702_20193186.jpg

なでしこ「ちょっと買ってくるー」08-174
e0304702_17121483.jpg
e0304702_20195002.jpg

「バイト代が胃の中に消えるタイプや」08-175
e0304702_17123021.jpg
e0304702_08275972.jpg

「なあ、あき」08-177
e0304702_17124463.jpg
e0304702_08281712.jpg

犬山さん「わたしもちょっとこうてくるはー」08-178
e0304702_17130120.jpg
ちょっと手前からポケットパークのミニ富士山を入れて
e0304702_08290535.jpg

二人が買いに行ったのを見て 08-179
e0304702_17131695.jpg

買いに行きたいけど 08-180
e0304702_17134440.jpg
e0304702_08292559.jpg

荷物がそのままなので 08-181
e0304702_17140054.jpg
e0304702_08294013.jpg

千明さすが、荷物持ってみのぶまんじゅう買いに・・・ 08-182
e0304702_17141730.jpg
ポケットパークから
e0304702_08303908.jpg
昇栄堂へみのぶまんじゅう買いに
e0304702_08300086.jpg

みのぶまんじゅう買いに・・・ 08-183
e0304702_17143291.jpg
e0304702_08302099.jpg

身延町商工会HPより http://minobu-shokokai.jp/entry-info.html?id=11868
しょうにん通り商店街イラスト地図①
e0304702_19114320.jpg
しょうにん通り商店街イラスト地図②
e0304702_19115526.jpg
しょうにん通り商店街イラスト地図③
e0304702_19120424.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年04月27日 作成
2018年05月01日 リンク追加 「ゆるキャン△」第8話に登場した身延線列車の撮影場所へ(第8話)
2018年05月18日 H300502探訪時の吉田屋さんのお犬様追加






































# by fureshima2223 | 2018-04-27 08:01 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(1)

「ゆるキャン△」舞台探訪007 リンとなでしこ2人の四尾連湖キャンプ(第06と07話)

「ゆるキャン△」舞台探訪007 リンとなでしこ2人の四尾連湖キャンプ(第06と07話)

 なるべく話数に沿ってブログを作成したいと思っています「ゆるキャン△」舞台探訪006 リン1人で霧ヶ峰から高ボッチへ(05話高ボッチ編)を作成する予定としているため、本ブログは「ゆるキャン△」舞台探訪007とします。

 今回はお姉さんの車で送ってもらい、なでしことリン2人のキャンプです。リンを迎えに行って、身延町の下部温泉付近、富山橋、セルバみのぶ店経由で市川三郷町の四尾連湖へと向かいます。舞台探訪報告のほとんどは舞台となった四尾連湖についてとなります。メインの探訪日は平成30年3月30日です。その日以外については撮影日を付記しています。

まずはこの1枚 なでしことリン、四尾連湖のキャンプサイトに到着 07-025
e0304702_07315960.jpg
e0304702_07313727.jpg

「ゆるキャン△」第5・6話で四尾連湖が登場したことは、市川三郷町のホームページにも載りました。
市川三郷町のホームページ TVアニメ「ゆるキャン△」に四尾連湖が登場しました
市川三郷町のホームページより 神秘と伝説につつまれた四尾連湖
「四尾連湖は標高850m、周囲1.2kmの山上湖で、山梨県でも有数の景勝地です。古くは、富士山麓の山中・河口・西・精進・本栖の富士五  湖と泉端・明見湖と共に龍神が祀られ、富士内八海の霊場の一つに数えられていました。 昭和34年には、山梨県立自然公園に指定され、いまなお俗化されず、その自然環境を保ちつづけ、四季折々、自然の様々な表情を湖水に写し出しています。」

それでは、舞台探訪の報告をさせていただきます。

なでしこのお姉さん、リンを載せて四尾連湖へ。1つ下のカットより、リンの家は下部温泉駅の近くではと、
これは第4話と第5話でのリンの高ボッチまでの走行距離150kmとほぼ合致します。06-047

e0304702_18292112.jpg

国道300号本栖みち 身延町上之平828‐1付近 下部温泉分岐から少し富山橋方向へ 06-049
e0304702_18294532.jpg
H300215撮影
e0304702_10575559.jpg

国道300号本栖みち 富士川の富山橋左岸側から右岸側に渡って 06-053
e0304702_18300059.jpg
H300215撮影
e0304702_10581876.jpg

セルバみのぶ店でキャンプの食料を買出し、いつも焼き肉の種類は少ないのかなw 06-063
e0304702_18301406.jpg
H300215撮影
e0304702_10583616.jpg

山梨県道414号線 身延町久保170から四尾連湖方面へ少し進んだ場所 06-097
e0304702_18303371.jpg
e0304702_10594541.jpg

山梨県道414号と409号との接続点へ 右折で四尾連湖へ向かいます。
e0304702_11003427.jpg

山梨県道409号へ右折 四尾連湖への道標 06-119
e0304702_18305303.jpg
e0304702_11004487.jpg

四尾連湖の俯瞰 07-002
e0304702_21292200.jpg
グーグルマップ3Dより切出し
e0304702_11024950.jpg

四尾連湖への入口 ここで左折四尾連湖岸に向かいます。
e0304702_19502968.jpg
四尾連湖登山案内図 山梨百名山蛾ヶ岳(1279m)の登山口になっています。
e0304702_19493918.jpg
四尾連湖の案内
e0304702_19493109.jpg

左は龍雲荘の駐車場へ、右は水明荘の駐車場へ、車は水明荘の駐車場に向かいます。 06-123
四尾連湖の駐車場は蛾ヶ岳登山口付近の駐車場を含め、すべて有料です。
e0304702_18311294.jpg
e0304702_15292929.jpg

水明荘の駐車場に車を停めて。建物脇の駐車場はあまり広くないので、繁忙期には手続きをして荷物を降ろした後、蛾ヶ岳登山口付近の駐車場に移動することになるかも。水明荘のホームページを参照していただけると。 06-125
e0304702_19535826.jpg
e0304702_15295715.jpg

駐車場で降りて、なでしこ湖へ 06-128
e0304702_19541677.jpg
e0304702_15302385.jpg

水明荘のテラスから四尾連湖を見て 06-131
e0304702_19544307.jpg
e0304702_15304801.jpg

水明荘のテラスから 「ここが四尾連湖か」 06-132
e0304702_19533416.jpg
e0304702_15311171.jpg

「すごい、一面黄色だ」
キャンプサイトへ向かう道 キャンプサイトは水明荘から四尾連湖を約半周500mです。 06-135
e0304702_19550059.jpg
e0304702_15341805.jpg

水明荘の建物・テラスと桟橋 06-137
e0304702_19551989.jpg
e0304702_15344768.jpg

水明荘のテラスで 「キャンプに来られた方ですか」「予約した各務原です」 06-139
e0304702_19554448.jpg
e0304702_15351925.jpg

水明荘の入口、「じゃあ、あちらの方でで受付をお願いします」 06-141
e0304702_19560254.jpg
e0304702_16554103.jpg

キャンプの受付「お二人ともテント泊でよろしいですか」「はいそうです」
「サイトは対岸にあって車は入れませんので、湖の周りを歩いていってください。」 06-142
e0304702_19561809.jpg
e0304702_16560976.jpg

キャンプの受付 「あそこの白いテントが見えるあたりです」 
「入口にある荷車は自由に使ってくださいね」 06-144
e0304702_19563454.jpg

e0304702_16564932.jpg

ここで食事ができます。
e0304702_16573587.jpg
到着がお昼でしたので、カレーライスをいただきました。チャイは探訪の帰りに・・・
e0304702_16571979.jpg
ゆるキャン△のコミックや野外活動サークル活動日誌がありました。
e0304702_16574330.jpg
ゆるキャン△グッズも販売中です。
e0304702_16563869.jpg

キャンプサイトへの荷物の搬送に1輪車を使います。 06-145
e0304702_19564976.jpg
搬送用にボートを使うときは1時間500円(通常は1時間1000円)です。
e0304702_16592793.jpg
e0304702_16593400.jpg

荷物を一輪車に載せて 06-147
e0304702_21311477.jpg
e0304702_18100943.jpg

駐車場からキャンプサイトへ 06-149
e0304702_21313147.jpg
駐車場からキャンプサイトへ、お姉さん見送り
「明日の昼ころ来るから起きてなさいよ」「行ってきまーす」 06-151
e0304702_21314770.jpg
e0304702_18102634.jpg

お姉さん見送り 06-152
e0304702_21321935.jpg

晩秋の四尾連湖の紅葉 「紅葉きれいだね、リンちゃん」 06-153
e0304702_21323423.jpg
e0304702_18104453.jpg

一輪車に荷物を載せてキャンプサイトへ「教えてくれたあきちゃんに感謝だよ」
「なでしこのお姉さんやさしいね、結構距離あるのにこんなところまで送り迎いしてくれて」 06-155
e0304702_21325058.jpg
e0304702_18111041.jpg

見送った後、お姉さんは 「うん、お姉ちゃんドライブ好きなんだ」06-157
e0304702_21335132.jpg
e0304702_18112905.jpg
"
「運転してる時も」 06-158
e0304702_21340761.jpg
e0304702_18114555.jpg
"
「楽しそうだったよ」 06-159
e0304702_21342422.jpg
e0304702_18120138.jpg
"
ホットチャイ販売の案内 そのままですw 06-160
e0304702_21343979.jpg
e0304702_19505226.jpg
"
「すみません、ホットチャイひとつ下さい」 06-161
e0304702_21345412.jpg
e0304702_19511121.jpg
"
ホットチャイです 06-162
e0304702_21351126.jpg
舞台探訪の最後にいただきました。
e0304702_19513392.jpg
"
水明荘のテラスで 06-163
e0304702_21352692.jpg
e0304702_19515499.jpg
"
紅葉を見ながら「うまい・・・」 06-165
e0304702_21354574.jpg
e0304702_19521057.jpg

 四尾連の湖名は地元に伝わる湖の神が「尾崎龍王」という龍神であり、4つの尾を連ねた竜が住んでいるという言い伝えであることが由来であり、湖にほど近い小字名も四尾連である。雨乞い信仰の湖としても知られ、牛馬骨を投げ込んだ祈雨祈願が行われていたという。(wikipediaより)  

「そういえばここって紅葉以外にも牛のおばけ言い伝えで有名らしいね」  07-004
e0304702_07292848.jpg
e0304702_19532112.jpg
"
尾崎龍王の碑の前で 「ここでは丑三つ時になると、むかし武士に倒された牛鬼の亡霊が湖面に現れるという
言い伝えがあるとか、ないとか」 07-005
e0304702_07294167.jpg
e0304702_22083849.jpg
"
「お願いします、今夜は出ないでください」 07-006
e0304702_07295599.jpg
e0304702_22085437.jpg
"
「何の石碑に拝んでるの」 07-007
e0304702_07301307.jpg
e0304702_22091121.jpg
"
「読めん・・・」尾崎龍王と書かれているはずw 07-008
e0304702_07302542.jpg
e0304702_22092786.jpg
"
「おい、どこへ行く」 07-009
e0304702_07303799.jpg
e0304702_22094506.jpg
"
「お、ここからがキャンプサイトか」 07-019
e0304702_07311433.jpg
e0304702_07301678.jpg
"
「他のキャンパーは一組だけ、ほぼ貸し切り状態」 07-020
e0304702_07313014.jpg
e0304702_07303414.jpg
"
「人がほとんどいない・・・」
「あんなのただの都市伝説だって、心配なら丑三つ時より前に寝ればいいんだよ」 07-022
e0304702_07314496.jpg
e0304702_07305139.jpg
"
「その手があったか、わーい、貸し切りだ」 07-025
e0304702_07315960.jpg
e0304702_07313727.jpg
"
「場所どこにしようか」「直火OKのグリーンサイトってとこにしない」 07-026
e0304702_07321523.jpg
e0304702_07320155.jpg
"
キャンプサイトからの四尾連湖の紅葉 07-029
e0304702_07323004.jpg
e0304702_07310729.jpg
"
キャンプサイトからの四尾連湖の紅葉 07-030
e0304702_07324459.jpg
e0304702_07322766.jpg
"
直火OKのグリーンサイトにテント設営 07-031
e0304702_07325892.jpg
e0304702_19165162.jpg
"
リン、吊り下げ式テント設営 バックは炊事棟とベンチ 07-033
e0304702_07331423.jpg
e0304702_19171446.jpg
"
テントサイトからの四尾連湖の紅葉 07-041
e0304702_07334262.jpg
e0304702_19173634.jpg
"
なでしこがいろいろ聞くので、「まず自分のテント立てろよ」・・「よし、準備完了」 07-042
e0304702_07335771.jpg
別のテントサイトで、雰囲気だけですが。
e0304702_19175553.jpg
"
キャンプ場で、テントサイトと四尾連湖 
「今寝ると丑三つ時に目が冴えるよ」「ココア飲む」「うん、飲む」で用意 07-046
e0304702_07341333.jpg
e0304702_19181497.jpg
"
「あー」「この一杯がたまらない」 07-049
e0304702_07342855.jpg
e0304702_19183136.jpg
"
リンとなでしこ、いろいろ話して「人生のきっかけなぞ、だいたいなんとなくじゃよ」 07-055
e0304702_07344490.jpg
e0304702_19253388.jpg
"
「リンちゃんや、ちょっと写真を撮りに行ってもええかの」で、走り出て。左手炊事棟
この間にリンちゃんは火起こしですが、なかなか難しいような 07-057
e0304702_07350035.jpg
e0304702_19191375.jpg
"
桟橋で 07-064
e0304702_07351928.jpg
"
撮影するなでしこ 07-065
e0304702_07353687.jpg
e0304702_19193320.jpg
"
炊事棟でも 07-066
e0304702_07355140.jpg
e0304702_07282065.jpg
"
炊事棟を出て 07-068
e0304702_07361052.jpg
e0304702_07284529.jpg
"
ベンチの前で 07-069
e0304702_07362565.jpg
e0304702_07290948.jpg
"
「お隣キャンパーさんだ」 07-070
e0304702_07364160.jpg
e0304702_07292801.jpg
"
「こんにちは」グビネエと初めての出会い 
「おー、なんかおしゃれな道具がいっぱい、ベテランキャンパーさんだ」 07-072
e0304702_07365547.jpg
"
写真を撮りに湖岸へ 「カップルでキャンプしてるのかな」 07-079
e0304702_07370800.jpg
e0304702_07295648.jpg
"
そのころリンは火起こしに苦戦中 07-082
e0304702_07372429.jpg
e0304702_07302569.jpg
"
湖岸を進んで、「ここが一番端かな」 07-087
e0304702_08363968.jpg
e0304702_07304537.jpg
"
「上に登れるみたいだ」 07-090
e0304702_08365443.jpg
e0304702_07311804.jpg
"
少し登って、写真を撮って 07-093
e0304702_08370921.jpg
e0304702_07314617.jpg
"
おなかも鳴ったし、「そろそろプチ鍋の下準備しとこ」 07-098
e0304702_08374068.jpg
"
なでしこ、テントサイトに下りてきて トイレの横の道 07-100
e0304702_08375735.jpg
e0304702_07320894.jpg
"
キャンプサイトへ 撮り忘れました 07-102
e0304702_08381396.jpg
"
リンが火起こしに失敗してるのを見て、ベテランさんに応援をお願い、 
すぐにこれができるのがなでしこの人柄です。 07-109
e0304702_08382973.jpg
"
成型炭(着火加工タイプ)を取りに行って 07-112
e0304702_08384402.jpg
"
着火に成功です。 07-119
e0304702_08390069.jpg
"
「ありがとうございます」「できる男だ」「必殺火起こし人だね」 07-126
e0304702_08391596.jpg
e0304702_07323496.jpg
"
「あの娘、二人でキャンプしてるんだってさ」 07-132
e0304702_08392719.jpg
"
グビネエ、泥酔です・・・ 07-134
e0304702_08394078.jpg
"
なでしことリンも食事の用意 対岸からの写真を切出してみました。07-136
e0304702_08395364.jpg
e0304702_19035740.jpg
"
「だいぶ暗くなってきたね」「陽が落ちて気温が下がって・・・」 07-147
e0304702_08402406.jpg
e0304702_19042313.jpg
"
「出たな、怪人ブランケット」「リンちゃんの分もありますぞ」「秘密結社ブランケット」 07-150
e0304702_08403936.jpg
「プチ鍋スープできたよ」タラ鍋できました。 07-151
e0304702_08405442.jpg
「こっちも焼けたよ」串焼きも焼けました。 07-154
e0304702_08410700.jpg
"
「なでしこ、これさ」火起こし手伝ってくれたベテランキャンパーさんに 07-155
e0304702_08412201.jpg
e0304702_19044360.jpg
"
「さっきはありがとうございました」「これよかったらお二人でどうぞ」 07-162
e0304702_08413889.jpg
e0304702_19051617.jpg
"
おすそ分けのタラ鍋と串焼き 07-164
e0304702_08415570.jpg
チャンバラヤを別けてもらって 07-166
e0304702_08421171.jpg
グビネエ絶好調のような、そして次の出会いは・・・・・
妹の「高校生って言ってたけど、もしかして本栖高校の生徒だったりして」の通りですなw 07-167
e0304702_08422845.jpg
"
「ありがとうございました」「こちらこそありがとね」 07-170
e0304702_08424408.jpg
e0304702_19055152.jpg
"
「それじゃ、いただきます」07-177
e0304702_08430267.jpg
"
食事場面を本当においしそうに描くアニメは名作です。で、なでしこの体力の源はこの食欲ですかとw 07-184
e0304702_08431705.jpg
e0304702_19060983.jpg
"
「そういえば、ここって」 キャンプ場の夜は更けてです・・・ 07-185
e0304702_08433500.jpg
e0304702_19062696.jpg
"
「荷物運びボートでもできるんだってね」 07-187
e0304702_08434880.jpg
e0304702_19065032.jpg
"
食事も終わって、眠くなってきて。 時計周りにキャンプ場から少し進んだところから撮ってみました 07-205
e0304702_08440528.jpg
e0304702_19071806.jpg
"
「なでしこ、キャンプ誘ってくれてありがとう」「今度は私から誘うよ」「うん」
それぞれのテントでお休みです 07-213
e0304702_08442697.jpg
"
「水分とりすぎた」で、リン1人でトイレへ 07-215
e0304702_08444290.jpg
e0304702_19520742.jpg
"
このアニメはよくトイレが登場しますw ここで何ヶ所目かな 07-217
e0304702_08445722.jpg
e0304702_19522952.jpg
"
「きれー・・・」 07-219
e0304702_08451295.jpg
e0304702_19525164.jpg
"
「ふもとも高ボッチもよかったけど、やっぱり湖畔のキャンプが好きだな」 07-220
e0304702_08452842.jpg
e0304702_19531520.jpg
"
唸り声?と共に怪物登場 07-222
e0304702_08454298.jpg
e0304702_19533389.jpg
"
リンちゃん、驚いて逃げ出して 07-224
e0304702_08455890.jpg
e0304702_19531520.jpg
"
グビネエですか リンをなでしこのテントに追い込んだのはw・・・ 07-226
e0304702_08461440.jpg
e0304702_19541824.jpg
"
四尾連湖の朝です 07-230
e0304702_08464322.jpg
e0304702_19543754.jpg
"
リンは湖畔の道を一輪車で 07-236
e0304702_08465803.jpg
e0304702_19545683.jpg
"
なでしこはボートで 「リンちゃーん」 07-237
e0304702_08471793.jpg
e0304702_19551867.jpg
"
「リンちゃーん」 07-239
e0304702_08473271.jpg
ボートがいたのでなんとなく・・・
e0304702_19553955.jpg
"
リン、呼びかけに手を振って。水明荘へ 07-241
e0304702_08475145.jpg
e0304702_19555872.jpg
"
「朝日が昇る、わたしは旅する、新しい自由を吸い込んだら」さて、次はどこへ向かおうとするのでしょう。

四尾連湖という湖を初めて訪れました。天気にも恵まれて、湖の水の色に惹かれました。アニメで描かれている晩秋の紅葉もきっと素晴らしいのではと思ってしまいます。また11月の中頃に来れたらと・・・、ヤマノススメサードシーズン次第とは思いますが・・・。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年04月23日 作成




# by fureshima2223 | 2018-04-23 20:18 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

バスの終点へ行こう007:山梨市民バスフルーツセンターBS、ゆるキャン△探訪に使えそう

バスの終点へ行こう007:山梨市民バスフルーツセンターバス停(山梨市)、ゆるキャン△探訪に使えそう

 バスの終点へ行こうの7回目は山梨市民バスフルーツセンターバス停(山梨市)です。この路線は山梨市駅を起点としフルーツ公園バス停を通り、笛吹川フルーツ公園最上部のフルーツセンターへ至る路線です。山梨市駅からは約4㎞、終点の降車場所はゆるキャンにも登場した恋人の聖地のすぐ前です。ここからほったらかし温泉~パインウッドキャンプ場を回り戻ってきても歩く距離は4㎞強なので、歩く距離はかなり短縮されます。年始の2日間を除く毎日1日3往復(午前、午後、夕方)なので観光・探訪を目的とする場合はそれなりに使えるかなと。訪れたのは平成30年3月30日、桜が咲き、桃も咲き始めていました。

夕方、笛吹川フルーツ公園最上部の恋人の聖地で写真を撮っていると、バスが通っていきました。そういえば、山梨市駅とフルーツセンターとを結ぶバスがあると気付いて、まず、折返し上で停車しているバスを撮りました(この便のみ5分待機)。行先表示はこの時はまだフルーツセンターと表示されていました。
e0304702_20004081.jpg
e0304702_20003078.jpg

待機場からフルーツセンターへの道 桜が咲いています。
e0304702_20041674.jpg

17:00発のバス、フルーツセンターバス停でお客様を載せて山梨市駅へ 行先表示は山梨市駅です。
e0304702_20055393.jpg
e0304702_20071609.jpg

フルーツセンターバス停です。表記は山梨市営バスとなっていますが、バスには市民観光(株)の表記があるので、山梨市が運行を委託しているのでしょうか。乗車料金は1回200円です。
e0304702_20082361.jpg

山梨市民バスの詳細については山梨市のホームページを参照してください。
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/docs/bus.html

山梨市民バスの時刻表より切出し 平成24年4月1日よりこの時刻表です。
e0304702_19491322.jpg
"
運行経路については、やまなしバスコンシェルジェのサイトで調べることができます。
e0304702_20221442.jpg

フルーツセンターからほったらかし温泉、パインウッドキャンプ場への道程 意外と近いです。
グーグルマップに加筆
e0304702_20400514.jpg
せっかくなのでゆるキャンのカットを何枚か

「ゆるキャン△第5話」フルーツセンター前
e0304702_20491602.jpg
H300330撮影
e0304702_20501570.jpg

「ゆるキャン△第5話」恋人の聖地からの展望
e0304702_20523329.jpg
H300330撮影
e0304702_20513114.jpg
H300330撮影 富士山も見えました。
e0304702_20515066.jpg

「ゆるキャン△第4話」ほったらかし温泉
e0304702_20560103.jpg
H300302撮影
e0304702_20573363.jpg

「ゆるキャン△第5話」パインウッドキャンプ場
e0304702_21023064.jpg
H300302撮影
e0304702_21024803.jpg

「ゆるキャン△」第4話と第5話に登場する山梨市駅~笛吹川フルーツ公園~ほったらかし温泉~パインウッドキャンプ場~恋人の聖地については、以下のブログも参考にしていただければ・・・。
「ゆるキャン△」舞台探訪004 野クル3人で笛吹川フルーツ公園、温泉、キャンプ場へ(第4,5話)

最後は「ゆるキャン」の舞台探訪になってしまいましたが、山梨市民バスを使うと笛吹川フルーツガーデン・ほったらかし温泉・パインウッドキャンプ場を回るのに少しは楽になるかとも思って。

履歴
2018年04月18日 作成




# by fureshima2223 | 2018-04-18 07:35 | バスの終点へ行こう | Trackback | Comments(0)

「ゆるキャン△」舞台探訪005 リン1人で霧ヶ峰から高ボッチへ(第04と05話)

「ゆるキャン△」舞台探訪005 リン1人で霧ヶ峰から高ボッチへ(第04と05話)

 ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、長野県富士見町~原村~茅野市~諏訪市~下諏訪町~岡谷市~塩尻市岡谷市~諏訪市の各自治体を通ります。舞台として登場するカットと距離で調べてみると、県道17号(八ヶ岳エコーラインとの分岐手前)~国道152号~県道40号(ビーナスライン)~県道194号(ビーナスライン)~国道142号~国道20号~塩尻市道高ボッチ線往復~国道20号~県道14号線~県道16号線~県道50号線を通って諏訪市の高島城を見物し片倉館千人風呂に入って帰宅ということになります。リンの家が身延線下部温泉駅付近として、このコースをグーグルマップでなぞってみると高ボッチまでおおよそ150㎞、霧ヶ峰の霧の駅から高ボッチまでおおよそ40㎞、国道20号の分岐から高ボッチまで9㎞となるので、アニメ第5話で示されている道程はこれでいいのではと考えます。

 県道194号八島~和田峠の開通は平成30年4月20日⒒:00、塩尻市道高ボッチ線の開通は平成30年4月14日8:00です。探訪日は平成30年4月12日のため、まだ未走破部分が多いですが、探訪した範囲でブログをまとめてみました。天候に恵まれたことに感謝です。

まずはこの1枚 04-152
長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 
LCVが提供する諏訪市のカメラ「霧ヶ峰」の映像 
e0304702_17102578.jpg
e0304702_17111418.jpg

それではアニメカットと実際に探訪した場所の写真とを対比してみます。

①初めてスクーターでキャンプに出発

ヤマハの原付バイク「ビーノ」(スクーター)、色は「ペールシアンパール2」 04-039
e0304702_07370911.jpg

②長野県道17号を通って

長野県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前 富士見町立沢 
笛吹川フルーツ公園を右折すると突然長野県道17号にワープするとはw 04-066
e0304702_11375998.jpg
e0304702_19440308.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前 富士見町立沢 04-067
e0304702_11380722.jpg
e0304702_19444961.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐 富士見町立沢 04-068
e0304702_12233678.jpg
e0304702_19451575.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前かな 富士見町立沢 04-069
e0304702_12235258.jpg
e0304702_19523503.jpg
ストリートビューより切出し 写真よりさらに東側、こちらの方が合っているような・・・
e0304702_14405589.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前 富士見町立沢 04-070
e0304702_07381299.jpg
e0304702_19454922.jpg

県道17号中新田南交差点 左の看板と建物は㈱マルモ機械 原支店 04-072

e0304702_12240814.jpg
e0304702_19475973.jpg

県道17号中新田南交差点東側 04-073

e0304702_20083357.jpg
e0304702_21001916.jpg
"
原村 分杭交差点手前 雰囲気だけですが 04-074
e0304702_07392442.jpg
e0304702_21021449.jpg

長野県道197号と17号の分岐 分杭交差点 右の建物は㈱宮坂建設 04-076

e0304702_12242338.jpg
e0304702_21025166.jpg

県道17号から国道152号へ 山寺上交差点手前Aコープ入口 

看板はAコープ ピアみどり店(茅野警察署尖石縄文交番04-077

e0304702_12243930.jpg
e0304702_21032208.jpg
"

県道17号から国道152号へ 山寺上交差点手前Aコープ入口、茅野警察署尖石縄文交番 04-078

e0304702_07395623.jpg
e0304702_21040090.jpg

ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、ここまでは長野県富士見町~原村~茅野市
県道17号の八ヶ岳エコーラインとの分岐~分杭交差点~山寺上交差点手前Aコープ入口でした。
グーグルマップからの切出し。
e0304702_07131050.jpg

③長野県道40号ビーナスライン 白樺湖から八島駐車場

白樺湖で国道152号から左折長野県道40号ビーナスラインに入って間もなくの駐車スペース
蓼科山と白樺湖を展望できました。
e0304702_18300602.jpg

長野県道40号ビーナスラインの駐車スペースより(ウェザーコック 風見鶏の北)

e0304702_18295900.jpg
"
県道40号 車山肩駐車場に到着 04-102
e0304702_07411822.jpg
e0304702_21042850.jpg
"
県道40号 車山肩駐車場 04-103
e0304702_07415621.jpg
e0304702_11403454.jpg

県道40号 車山肩駐車場 レストランチャプリンはお休みです 04-104
e0304702_12250946.jpg
e0304702_11414088.jpg
"
車山肩駐車場にビーノを停めて 04-109
e0304702_07424016.jpg
e0304702_11423107.jpg

ころぼっくるひゅって 諏訪市霧ヶ峰車山肩 04-110
e0304702_07451738.jpg
e0304702_11425155.jpg
"
ころぼっくるひゅって 04-111
e0304702_07455728.jpg
e0304702_11431273.jpg
でも、この時期は晴天時の土日のみの営業
e0304702_11433073.jpg
平成30年4月12日(金)は休業です
e0304702_11435775.jpg
なので、ボルシチ(ドリンクセット)は 04-124
e0304702_07482512.jpg
次の機会に・・・ 04-125
e0304702_07484737.jpg
"
長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 
LCVが提供する諏訪市のカメラ「霧ヶ峰」の映像 
http://live.lcv.ne.jp/cgi-bin/road/movie.php?area_id=1&camera_id=1  04-151
e0304702_07505671.jpg
04-152
e0304702_07510648.jpg
e0304702_12434261.jpg
"
長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 04-153
e0304702_07521080.jpg
e0304702_12441383.jpg

長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 04-158
e0304702_12253956.jpg
e0304702_12445627.jpg
"
長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 04-160
e0304702_07531001.jpg
e0304702_12452564.jpg
"
LCVが提供する諏訪市のカメラ「霧ヶ峰」04-165
e0304702_07541771.jpg
e0304702_12454910.jpg

長野県道40号と194号の分岐 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前
霧ヶ峰農場直売所のみ営業していました。 04-167
e0304702_12255904.jpg
e0304702_12463890.jpg

霧ヶ峰農場直売所・霧の駅から県道194号に入りすぐ 高ボッチまであと40㎞ 05-008
e0304702_07322938.jpg
e0304702_15460255.jpg
"
霧ヶ峰農場直売所・霧の駅から県道194号に入りすぐ 右側のカーブ標識は逆向きでは・・・05-010
e0304702_07324733.jpg
e0304702_15463185.jpg
で、霧ヶ峰農場直売所・霧の駅方向を振り返ってみました。
e0304702_15462377.jpg

七島八島の案内板
e0304702_15490169.jpg
七島八島の湿原から車山までの展望、ほとんど観光客とは出会いませんでした。
e0304702_15490945.jpg

八島駐車場から先は冬期通行止め
e0304702_15493173.jpg
八島~和田峠は平成30年4月20日11時開通です。
e0304702_15495026.jpg
"
八島~和田峠が開通したら確認できたらと。 05‐021
e0304702_07340451.jpg

八島~和田峠が開通したら確認できたらと。 05-023
e0304702_07344414.jpg

ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、長野県茅野市~諏訪市~下諏訪町
国道152号白樺湖~県道40号~県道194号~国道142号でした。グーグルマップからの切出し。
県道194号八島駐車場~国道142号の区間は未走破です。
e0304702_09205509.jpg

④国道20号から塩尻市道高ボッチ線

国道20号から高ボッチへの分岐、ここから高ボッチまで9km
e0304702_20343729.jpg
"
塩尻市東山公民館(塩尻市大字旧塩尻東山869-4)前 高ボッチの案内板 05-038
e0304702_07351342.jpg
e0304702_15472271.jpg
"
高ボッチの案内板の前で 05-040
e0304702_07352116.jpg
e0304702_15474397.jpg
"
高ボッチの案内板 高ボッチまであと9㎞ 05-041
e0304702_07353459.jpg
e0304702_15480781.jpg

今日は平成30年4月12日 まだ高ボッチまではいけません。再チャレンジします。
e0304702_15482232.jpg

塩尻市HPより 

冬期における市道「高ボッチ線」の通行規制解除について 最終更新日:2018年4月4日

https://www.city.shiojiri.lg.jp/soshiki/kensetsu/kensetsu/yo1823.html
高ボッチ高原に至る市道「高ボッチ線」は、4月14日午前8時に東山ルート、
午前9時に崖の湯ルートの冬期閉鎖を解除致します。

ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、塩尻市
国道20号東山~塩尻市道高ボッチ線でした。グーグルマップからの切出し。
塩尻市道高ボッチ線の冬期通行止め区間は未走破です。
e0304702_09510552.jpg
"
高ボッチの各カットは再チャレンジします。 走破距離150km 05-050
e0304702_07402508.jpg

高ボッチの各カットは再チャレンジします。 05-070
e0304702_07552258.jpg

高ボッチの各カットは再チャレンジします。 05-082
e0304702_07595247.jpg

⑤高島城

05-ED21
e0304702_08143379.jpg
e0304702_18265072.jpg

リン、高島城を見物したようです。 06-009
e0304702_19334031.jpg
e0304702_18272479.jpg

高島城 平成30年4月12日 桜は満開でした。
e0304702_18315398.jpg
e0304702_18320125.jpg
e0304702_18321097.jpg
e0304702_18321828.jpg
"
⑥片倉館

片倉館 
e0304702_18292128.jpg

片倉館千人風呂 キャンプの後の温泉はいいですね。05-ED24
e0304702_08145067.jpg
片倉館前の案内板の写真より切出し
e0304702_18282611.jpg

片倉館千人風呂 キャンプの後の温泉はいいですね。06-010
e0304702_19342386.jpg
片倉館前の案内板の写真より切出し
e0304702_18284564.jpg

「ゆるキャン△」第04・05話の霧ヶ峰探訪がようやくできました。高ボッチへの市道の開通は4月末と思って探訪計画を立てていて、天候の状況からも日程を変更することはしませんでした。5月中には新緑の高ボッチ高原を探訪できたらと・・・。「ゆるキャン△」探訪は、高ボッチ・陣馬形山・富士山YMCA グローバル・エコ・ヴィレッジの3回は行くつもりです。そして、夏からは「ヤマノススメサードシーズン」の探訪もできればいいな。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年04月16日 作成


# by fureshima2223 | 2018-04-16 12:51 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「花咲くいろは」第8回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみます(H300517掲載 点灯式スペシャルプランなど)

「花咲くいろは」第8回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみます(H300517掲載 点灯式スペシャルプランなど)

平成30年も、確認できた範囲で「花いろ」第8回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみたいと思います。

なお、参考として、H29の「花いろ」第7回湯涌ぼんぼり祭りの情報については以下のブログでまとめています。いつごろどのような情報が告知されるかがおおよそわかると思います。
「花咲くいろは」第7回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみます(H291103掲載 北國新聞)

03)湯涌ぼんぼり祭り後夜祭開催、nano.RIPE きみコさん出演  H300517確認、同掲載

nano.RIPE きみコ @nanoripekimiko 15:49 - 2018年5月17日

湯涌ぼんぼり祭り後夜祭に出演します!個人的にではなく遊びにゆきますよー!体育館で歌うの本当に楽しみ!みんなでワッショイしましょう!

e0304702_20060431.jpg
e0304702_20061159.jpg

"
湯涌温泉ホームページ イベント情報 http://yuwaku.gr.jp/event/1396/ 2018-05-17
「第8回湯涌ぼんぼり祭り後夜祭」特別宿泊プラン

湯涌温泉開湯1300年を記念し「第8回湯涌ぼんぼり祭り後夜祭」特別宿泊プランが決定いたしました

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

♦湯涌温泉開湯1300年記念

「第8回湯涌ぼんぼり祭り後夜祭」特別宿泊プラン

~特典~

『nano.RIPEスペシャルライブ』

[日時]平成30年10月8日(月・祝)

[場所]湯涌小学校・芝原中学校体育館

[時間]15:00開演

[入場]こちらのライブの優先入場券がついた宿泊プランが6月1日以降、湯涌温泉の各旅館で発売になります。各旅館へお問合せ下さい。※ライブのみ参加ご希望のお客様に関しましては、後日改めてご案内いたします。

[nano.RIPEプロフィール]

きみコ(Vo.&Gt)、ササキジュン(Gt)の2人から成るギターロックバンド。

『花咲くいろは』など数々のTV主題歌、挿入歌を担当。作詞は全てきみコが書き下ろし

2人でソングライティングを手掛ける。2018年に結成20周年を迎え、更に進化した

nano.RIPEにご期待下さい!

e0304702_20145376.jpg

02)東地和生氏スペシャルトークショーと「湯涌ぼんぼり祭り点灯式」特別宿泊プランの情報 H300517確認、同掲載

東地和生 KazukiHigashiji @Higashizi 16:28 - 2018年5月17日のツイート
えー。点灯式にですね、お話させて頂く事になりました。何を話すかはまだノープランなんですがこれを機にまた1話から花いろを見直してみようかと思います。何卒よろしくお願い致します。

湯涌温泉ホームページ イベント情報 http://yuwaku.gr.jp/event/1390/ 2018-05-17
「湯涌ぼんぼり祭り点灯式」特別宿泊プラン

湯涌温泉開湯1300年を記念し特別宿泊プランをご用意いたしました。皆様のお越しをお待ち申しあげております。
♦「湯涌ぼんぼり祭り点灯式」特別宿泊プラン

[日時] 平成30年7月22日(日)

[会場] 湯涌温泉 かなや旅館

[時間] 21:00~(開場20:00)

[入場] トークショーの優先入場券がついた宿泊プランが6月1日以降、湯涌温泉の各旅館で販売になります。各旅館へお問合せ下さい。

※トークショーのみ参加ご希望のお客様に関しましては、後日改めてご案内いたします。※内容が変更となる場合がございます。

~特典~

東地和生氏スペシャルトークショー

湯涌温泉が舞台モデルとなったアニメ「花咲くいろは」「劇場版花咲くいろはHOME SWEET HOME」の美術監督・東地和生氏によるスペシャルトークショー。

[東地 和生氏プロフィール]

1974年生まれ。フリーランスの美術監督して活躍中。

代表作『花咲くいろは』(2011)、『凪のあすから』(2013)

『さよならの朝に約束の花をかざろう』(2018)等。

e0304702_19593385.jpg

©2012花いろ旅館組合

01)湯涌ぼんぼり祭りtwitter H300414 12:00

湯涌ぼんぼり祭り @yuwaku_bonbori

【お知らせ】関係者並びに大勢の皆様のお力添えのもと、本年の『湯涌ぼんぼり祭り』の開催が決定致しました。

詳しくはこちら http://yuwaku.gr.jp/event/1365/


湯涌温泉観光協会HP イベント情報 H300414

e0304702_22085418.jpg
"
履歴
20180414 作成 01)「第8回湯涌ぼんぼり祭り」の開催が決定致しました。
20180517 追加 02),03)


# by fureshima2223 | 2018-04-14 22:14 | 花咲くいろは | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31