コミック「ゆるキャン△」舞台探訪009 なでしこと恵那、千明、志摩りんの年末身延町バイト先(第5巻第24話)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪009 なでしこと恵那、千明、志摩りんの年末身延町バイト先(第5巻第24話)

コミック「ゆるキャン△」第24話 師走のお仕事 みんなのお休みより、年末年始のそれぞれのバイト先を訪ねてみました。さりげなく登場する風景もきっとあると思うので、1つ1つ探していけたらと。とりあえずわかった場所のみブログにまとめてみました。1部第25話大晦日のソロキャンガールと第26話1年のはじまりのコマがあります。探訪日はR010614、武田書店(旧古関郵便局)を含む古関地区はR010712です。

①なでしこは配達と恵那は内勤 身延郵便局で年末年始のバイト 

なでしこと恵那、身延郵便局で年末年始のバイト 005-007-01
e0304702_07211483.jpg
身延郵便局 身延町梅平2483-37
e0304702_18435332.jpg
"
お昼休みに 005‐008‐01
e0304702_07213532.jpg
e0304702_18442264.jpg
"
波木井川右岸の土手へ 005‐008‐02
e0304702_07215537.jpg
e0304702_18445621.jpg
"
いつも美味しそうに食べるなでしこです。 005‐008‐03
e0304702_07223347.jpg
"
土手で昼食 対岸の山と民家、鉄塔がキーポイント 005-010-01
e0304702_07225474.jpg
e0304702_18452748.jpg
"
土手で昼食、バイト代で欲しいものは・・・ 005-011-02
e0304702_07233345.jpg
左岸側から土手を撮ってみました。
e0304702_18460567.jpg
"
キャンプ談義です 005-012-03
e0304702_07235231.jpg
e0304702_18463390.jpg
"
Caribou 身延のしょうにん通りにあることになってるけど 005-014-02
e0304702_07241314.jpg
ストリートビューH2810より切出し モデルのお店は浜松市です。
Snow Peak Store SWEN浜松店(スノーピークストア スウエン)浜松市東区和田町883−1
e0304702_07435995.jpg
"
いろいろ欲しくなるよね・・・ 005-014-03
e0304702_07250052.jpg
e0304702_18470924.jpg
"
午後もお仕事頑張るとのこと。 005-015-01
e0304702_07251621.jpg
e0304702_18480683.jpg
身延郵便局内になでしこのポップがあって
e0304702_06062578.jpg
サインがあります。
e0304702_06063149.jpg
"
場面チェンジで唐突に出現した南部橋東詰からの風景 05-015-02
e0304702_07254010.jpg
e0304702_06065458.jpg

②大垣千明のバイト先の酒の川本と犬山あおいのバイト先のセルバみのぶ店

大垣千明 酒の川本でバイト中 ここはお店の裏かな 005-015-03
e0304702_07260121.jpg
e0304702_06071700.jpg

酒の川本の正面 005‐016‐01
e0304702_07261460.jpg
e0304702_06073341.jpg
ストリートビュー2014年8月 酒の河内屋身延店:身延町飯富2309-214(探訪時閉店)
e0304702_18573701.jpg

せっかくなので犬山あおいのバイト先 セルバみのぶ店 身延町飯富2309-200 005-017-01
e0304702_07250216.jpg
セルバみのぶ店正面
e0304702_06074845.jpg
犬山あおいのポップがあって
e0304702_06080371.jpg
ゆるキャン△グッズや食品を豊富にそろえています。アニメイトみのぶ店と言われることも・・・
e0304702_06081610.jpg

③志摩りんのバイト先の武田書店 カット数がまとまっているので、R010712に追加探訪しました。
 
志摩りんのバイト先の武田書店 005-020-02
e0304702_07263411.jpg
武田書店のモデルは旧古関郵便局かな R010712撮影
e0304702_08553842.jpg
"
志摩りんのバイト先の武田書店と帰り道 005‐023‐03
e0304702_07290860.jpg
武田書店のモデルは旧古関郵便局正面 R010712撮影
e0304702_08564307.jpg
武田書店のモデルは旧古関郵便局 志摩リンの家はここから歩いて帰れる範囲とか R010712撮影
e0304702_08565516.jpg
トヨキャン VitzA特別仕様車をいれて
e0304702_08570975.jpg

古関郵便局そして旧古関中学の運動場の擁壁あたりでしょうか 005‐024‐02
e0304702_07293742.jpg
武田書店(旧古関郵便局)から古関郵便局前を通って R010712撮影
e0304702_08582794.jpg
身延町役場古関出張所(旧身延町古関中学校(2002年閉校)グランドの擁壁のある道を通って R010712撮影
e0304702_08584246.jpg

自宅に戻ります。 005-026-03
e0304702_07301591.jpg
とりあえず、古関地区とするとこのあたりかと。下部町水防倉庫 R010712撮影
e0304702_08591296.jpg

④高架道路、支柱は1本 身延町内かと

高架道路、支柱は1本、ここも次回には探訪できたらと。 005-041-02 第25話大晦日のソロキャンガール
e0304702_07465517.jpg
005-074-02 第26話1年のはじまり
e0304702_07415938.jpg
このあたりでしょうか・・・ グーグルストリートビューより
e0304702_09253052.jpg



・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年07月19日 作成











More

# by fureshima2223 | 2019-07-19 07:28 | 徒然なるままに | Trackback(58) | Comments(0)

ゆるキャン△聖地巡礼 トヨキャン特別仕様車と共に(R010712石和温泉を起点として)

ゆるキャン△聖地巡礼 トヨキャン特別仕様車と共に(R010712石和温泉を起点として)

まずはこの1枚 トヨキャン特別仕様車ヴィッツA 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジで
残念ながら、富士山は見えませんでしたが、この付近にリンちゃんがテントを設営したのかなと。
e0304702_07334709.jpg

そして描かれているのは
トヨキャン特別仕様車ヴィッツAのゆるキャン△塗装 側面右側
e0304702_07335520.jpg
トヨキャン特別仕様車ヴィッツAのゆるキャン△塗装 側面左側
e0304702_07341465.jpg
トヨキャン特別仕様車ヴィッツAのゆるキャン△塗装 後面
e0304702_07340453.jpg
トヨキャン特別仕様車ヴィッツAのゆるキャン△塗装 キーとキーホルダー
e0304702_07394216.jpg

トヨタレンタリース山梨 お得な情報より 特別仕様車で行く!トヨキャン△的聖地巡礼の旅 パンフレット
http://www.trl-y.com/pdf/yurukyan.pdf ネットにはパンフレットの表のみ掲載
e0304702_07341080.jpg

特別仕様車で行く!トヨキャン△的聖地巡礼の旅 詳細
シエンタ2台、ヴィッツ2台 石和温泉駅前店か河口湖店に直接電話して予約
レンタ1台に付き1台分の駐車スペースを用意
特別仕様車をSNSに載せて、帰着時に示すと基本料金1割引き
特典 石和温泉駅前と河口湖で異なるクリアファイル、クリアファイル提示で4店舗でステッカーと特典ゲット

e0304702_07340171.jpg

特別仕様車で行く!トヨキャン△的聖地巡礼の旅 印刷の内面は山梨県のマップ
e0304702_07342360.jpg

それでは、訪れた場所でゆるキャン△アニメ・コミックと共に

①まかいの牧場 
e0304702_07455174.jpg
まかいの牧場の入口
e0304702_07460534.jpg
e0304702_07461323.jpg

②富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ 富士宮市原1423 
https://www.yokohamaymca.org/facility/fujisan-global/

日帰り料金 630円、キャンプ場に立ち入る際にはまず受付で日帰り料金を支払い、退出予定時刻を伝えます。

安全上の理由により、オートキャンプ(車横付けでのキャンプ)はできません。お車はお荷物の搬入・搬出の時間のみ、キャンプサイトへの入場が可能です。また、以下の点にご注意ください。
・搬入・搬出時の駐車は60分以内でお願いいたします。

・施設内は徐行での走行をお願いいたします。

・夏季18:00~8:00、冬季17:00~8:00の間は、キャンプサイト内は走行禁止といたします。
(駐車場から外出し、駐車場に戻ることは可能です。)

・施設は元牧草地です。整地されていない箇所もございますので、走行には十分注意してください。
・お帰りの際は受付までチェックアウトの旨をお伝えください。

受付で日帰り料金支払って、約2時間キャンプ場内にいる予定

e0304702_07474308.jpg
リンちゃんのテント設営近く、ここが1番高い場所かな、そしてヘリポートかな。
e0304702_07481293.jpg
南側の山脈と共に
e0304702_07482999.jpg
残念ながら富士山は見えませんでしたが
e0304702_07490327.jpg
下に降りて、草のスロープと共に
e0304702_07494912.jpg

③西富士宮駅で
e0304702_18342542.jpg

④お好み食堂 伊東 
e0304702_18341007.jpg

⑤富士山本宮浅間大社 富士宮市宮町1‐1
富士山本宮浅間大社第一駐車場で大鳥居と共に
e0304702_18353533.jpg

⑥身延駅前 栄昇堂 身延町角打3024 身延饅頭美味しかったです。
e0304702_18160422.jpg
⑦甲斐常葉駅で

e0304702_18162298.jpg

⑧甲斐常葉駅前 下部薬局 身延町常葉814-4 クリアファイル購入、アイスコーヒーをいただきました。

e0304702_18164064.jpg

⑨本栖高校(旧下部中学校) ゆるキャン△聖地巡礼 トヨキャン特別仕様車で初登校です。
e0304702_18175942.jpg
e0304702_18181282.jpg

⑩曹洞宗 金龍山 常幸院 常幸院 身延町常葉439 光明門前で
e0304702_18183297.jpg
ゆるキャン△ラッキードリンクショップ、本栖高校体育館と共に
e0304702_18185203.jpg
⑪リンちゃんのバイト先武田書店(旧古関郵便局) 身延町古関245付近
e0304702_18190918.jpg

⑫本栖湖 浩庵荘入口 身延町中ノ倉 残念ながら富士山見えず・・・
e0304702_18192460.jpg

石和温泉を8:00過ぎに出発して、戻ったのはまもなく19:30になるころでした。富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジに着いた時点では雨で、どうなることかと思いましたが、リンちゃんのテント設営場所付近に車を進める頃には曇りの状態、そのまま雨に合うこともなく舞台探訪ができたことに感謝です。このブログでは、訪れた場所でトヨキャン特別仕様車ヴィッツAのゆるキャン△塗装と共に舞台となった場所を撮ってみました。令和元年07月12日のことです。探訪ブログは別途作成しますので、よろしくです。

履歴 
2019年07月18日 作成




# by fureshima2223 | 2019-07-18 19:20 | 徒然なるままに | Trackback(21) | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪008 もう1つの志摩リンチャレンジ:早川町雨畑湖吊橋横断(第7巻38話)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪008 もう1つの志摩リンチャレンジ:早川町雨畑湖吊橋横断(第7巻38話)

コミック「ゆるキャン△」第7巻第38話静かの湖より、雨畑湖を渡る吊橋に再チャレンジ、対岸に渡ることができました。探訪日は令和元年06月14日です。前回の探訪は平成31年3月26日であり、ブログ:コミック「ゆるキャン△」舞台探訪004 志摩リン 早川町の静かの湖、雨畑へ 第7巻第38話を作成していますが、この時はまだ3月中ということもあり、少々怖さもあったので対岸へ行っていませんでした。

もう1つの志摩リンチャレンジと呼びたいのは、硯匠庵さんの脇を通り、雨畑湖に掛かる吊橋を渡って右岸側に出て、山道を少し進み、吊橋の写真を撮って戻ってくることかな。1人でも結構揺れます。

まずはグーグルマップより吊橋の航空写真です。
山梨県早川町のコンクリート式アーチダム雨畑ダムのダム湖雨畑湖架かる吊橋、全長約120m
e0304702_07521760.jpg

ちなみに、志摩りんチャレンジとは「本栖高校から本栖湖へ折り畳み自転車で向かうこと」とのことです。
e0304702_08073975.jpg

第1回志摩リンチャレンジ! に関するツイートの一部
五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】 @5JOGAOKA 5月24日

明日は何人かが午後2時30分頃、本栖高校から本栖湖へ折り畳み自転車で向かうそうです!志摩リンチャレンジ!


五条ヶ丘活性化推進協議会【公式】 @5JOGAOKA 5月25日

それでは、コミック「ゆるキャン△」第7巻第38話静かの湖に登場した雨畑湖を渡る吊橋について、ブログをまとめていきます。

ヴィラ雨畑を過ぎて、硯匠庵まで来ました。 007-087-02
e0304702_19324377.jpg
雨畑硯の里 硯匠庵 山梨県早川町雨畑709-1 H310326撮影
e0304702_18375031.jpg
"
ビーノを停めて、景色を堪能 007-087-03
e0304702_18143206.jpg
e0304702_18552376.jpg

吊橋に気付いて 007-090-01
e0304702_18145202.jpg
H310326撮影
e0304702_18385999.jpg
少し戻って硯匠庵の脇の歩道に入り
e0304702_18560049.jpg
硯匠庵の横を進むと
e0304702_18562084.jpg
"
雨畑の吊橋を渡って左岸から右岸へ 007-090-02
e0304702_18152685.jpg
雨畑の吊橋 左岸側の主塔が見えてきました
e0304702_18563846.jpg
雨畑の吊橋 左岸側の主塔にはいろいろな注意書きも
e0304702_18565599.jpg
危険につき、五人以上一度に渡らないで下さい。
静かに渡って下さい。風の強い時は渡らないで下さい。  早川町 
e0304702_18571345.jpg
さあ、吊橋を渡ろうか
e0304702_18573184.jpg
右岸側の裸地から硯匠庵と雨畑の吊橋 ここを渡って右岸へ
e0304702_19192924.jpg
少し進んで、吊橋右岸側を見ています。
e0304702_07521530.jpg
上流側 右岸の裸地が見えています。土石流が流れたのでしょうか。
e0304702_07524059.jpg
下流側 右岸側にダムの付属施設が見えています。
e0304702_07530201.jpg
左に硯匠庵 この吊橋を渡ってきました。
e0304702_19193625.jpg
雨畑の吊橋真ん中で 007-091-01
e0304702_18155814.jpg
右岸の裸地から雨畑の吊橋中央付近 確かに真ん中はよりゆれたような
e0304702_07534427.jpg
ようやく右岸側へ 右岸側の主塔に到達します。
e0304702_07532452.jpg

右岸側に着いて、けもの道!戻って温泉に行こ   007-091-02
e0304702_18163005.jpg
雨畑の吊橋を渡って、右岸側に山道があります。
テープの標示があるので、それなりに使われているのでしょうか。
e0304702_18401338.jpg
桟道もあって
e0304702_18402248.jpg
まだ山道は続いていますが
e0304702_18403474.jpg
対岸から吊橋と裸地 沢からの土砂がたまっています。
e0304702_19175948.jpg
山道から裸地に出て 右岸側からの雨畑の吊橋 これでもう1つの志摩リンチャレンジ完了です。

e0304702_18411874.jpg
山道から裸地に出て 雨畑の吊橋の中央部をアップ
e0304702_18413465.jpg
雨畑の吊橋を再び渡って

e0304702_18593654.jpg
硯匠庵から先に進んで 雨畑の吊橋全景
e0304702_19183282.jpg
硯匠庵から先に進んで 雨畑の吊橋の中央部
e0304702_19184977.jpg
もうすぐ左岸に着きます。

e0304702_18595415.jpg
左岸側の主塔が見えてきて、雨畑の吊橋を往復渡りました。
e0304702_19000955.jpg
前回平成31年3月26日に来たときは怖さもあって渡らなかったので、気候が良くなる時期に再チャレンジでした。さすがに真冬や風の強い時には渡れないかなと。あと、複数で渡ったら吊橋のゆれはどうなるのかなとの思いもあります。まあ、1人なのでできたのかなと。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年07月13日 作成








# by fureshima2223 | 2019-07-13 13:41 | 徒然なるままに | Trackback(56) | Comments(0)

バスの終点へ行こう012 YKタクシーの乗合タクシー東谷線で久遠寺バス停へ

バスの終点へ行こう012 YKタクシーの乗合タクシー東谷線で久遠寺バス停へ

 公共交通機関を乗り継いで身延山に来ました。なので、バスの終点へ行こうでは久し振りに当該のバスに実際に乗車してみました。今回訪れたのはYKタクシーの乗合タクシー東谷線で久遠寺バス停です。YKタクシーの乗合タクシーは、運行は原則として土曜・休日のみ、山梨交通の身延山バス停の向かい側の身延山門前町バス停から出発します(とはいっても同じ敷地内からですが)。運行半本数は東谷線7本・西谷線7本であり、身延駅からのバスとの接続もまずまずかと。このバスを使うと菩提梯を登らずに、ほとんど歩くことなく久遠寺に到達できます。

まずはこの1枚 身延山門前町バス停で待機中のYKタクシーの乗合タクシー東谷線線9時21分発久遠寺行
e0304702_08041510.jpg
そして西谷線と東谷線の運行ルート グーグルマップより
e0304702_08070107.jpg
西谷線と東谷線の運航ダイヤ R010621山梨交通ホームページより
観桜期を除く土曜・休日と1/1~1/3に運行します。(大人片道210円)
e0304702_08160718.jpg

スタートは身延駅 身延駅バス停から身延山行の山梨交通バスに乗って
e0304702_18110493.jpg
車内にはゆるキャン△ゆるく楽しむ△スタンプミッションの案内も
身延山へのバスに乗り、スタンプをいただくのも目的の1つです。
e0304702_18120311.jpg
身延山バス停で乗客を降ろして、身延駅行として待機
e0304702_18150394.jpg
向かいにはYKタクシーの乗合タクシー西谷線線9時3分発の本堂裏行が待機していました。
9時21分発久遠寺行に乗るため、このバスは見送ります。
e0304702_18253911.jpg
YKタクシーの乗合タクシー西谷線線9時3分発の本堂裏行出発です。
e0304702_18263088.jpg
戻ってきて、YKタクシーの乗合タクシー東谷線線9時21分発の久遠寺行待機中です。このバスに乗ります。
e0304702_18281491.jpg
身延山バス停の全景(乗り合いタクシーは身延山門前町ですが)
e0304702_18301898.jpg
乗り合いタクシーの側面の行先表示
e0304702_18305219.jpg
乗り合いタクシーの会社マークと会社表示
e0304702_18320646.jpg
身延山門前町バス停
e0304702_18292055.jpg
身延山門前町バス停 時刻表
e0304702_18335548.jpg
県道804号から県道805号に右折して
e0304702_18365558.jpg
約1.3㎞ 標高差120mを進んで、久遠寺バス停に到着、すぐに折返しです。
バスは鶯渓閣横に着くので、身延山久遠寺本堂はすぐです。
e0304702_18404953.jpg
お寺側から久遠寺バス停
e0304702_18413340.jpg
身延山久遠寺境内マップ 身延山久遠寺ホームページより
e0304702_18482419.jpg

身延山久遠寺に着きました。身延山ロープウェイに向かいます。

身延山ロープウェイ 奥之院駅がみえます
e0304702_07364531.jpg
身延山久遠寺の境内を進んで 御真骨堂
e0304702_07345352.jpg
祖師堂
e0304702_07352231.jpg
菩提梯 乗合タクシーに乗ると、この標高差120mを登らないで本堂に着けます
e0304702_07353873.jpg
本堂 お参りして
e0304702_07355292.jpg
e0304702_07360636.jpg
身延山ロープウェイに向かう途中で
本堂裏バス停 バス停表示は久遠寺本堂となっています。
e0304702_07362003.jpg
身延山ロープウェイで奥之院駅へ 下るときに上ってくるロープウェイを撮ってみました
e0304702_19023873.jpg
奥之院 お参りして 
e0304702_19043376.jpg
久遠寺に戻ると 身延山門前町11時28分発のバスが来ました。
e0304702_19104510.jpg
久遠寺バス停で待機 11時33分発身延山門前町行
e0304702_19110124.jpg
身延山門前町バス停(山梨交通身延山バス停と同じ場所)で乗客を降ろして
e0304702_19182242.jpg
西谷線11時58分発として待機
e0304702_19205842.jpg
この後、武州屋さんで志摩りん交通安全ステッカーを購入して、お店の前のバス停から身延駅へ戻りました。
e0304702_19305693.jpg

久遠寺に行くために1度は菩提梯を登るべきとは思いますが、何回も登る必要があるかどうか。土・休日にはせっかく久遠寺まで登る公共交通機関があるのですから、使ってみるのもいいのではと思います。YKタクシーの乗合タクシーで久遠寺へ、もう少し認知度が上がるといいかなと。

履歴
2019年06月26日 作成










# by fureshima2223 | 2019-06-26 19:42 | バスの終点へ行こう | Trackback | Comments(0)

舞台探訪地の蓋040「ゆるキャン△」舞台探訪の途中で山中浅間神社参道のマンホール蓋

舞台探訪地の蓋040「ゆるキャン△」舞台探訪の途中で山中浅間神社参道のマンホール蓋

山中浅間神社 
e0304702_05190094.jpg
山中諏訪神社の駐車場があります。
山中諏訪神社では、山中諏訪神社と山中浅間神社の御朱印をいただくことができます。
e0304702_05190996.jpg
山中浅間神社の参道でデザインマンホールと出会いました。グーグルマップから切出し、加筆
e0304702_05192137.jpg



# by fureshima2223 | 2019-06-19 18:45 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪007 山中湖大間々岬キャンプ場でのこと(6巻32~34話)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪007 山中湖大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)でのこと(6巻32~34話)

ようやく大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)に来ました。確かにここはグーグルマップでは標高984mなので、夏でも涼しい(冬はとても寒い)場所かと。コミック「ゆるキャン△」第6巻の第32話雪国の鍋と山中湖、第33話大間々岬の冬、第34話ストーブを囲んで、に登場した大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)をブログにまとめてみました。訪れたのは令和元年5月日です。富士山駅からキャンプ場まででコミックに登場した舞台は、以下のブログを参考にしていただけると。


まずはこの1枚 大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)の渚と富士山です。

e0304702_06472573.jpg

山中湖畔みさきキャンプ場のホームページより 

山中湖畔みさきキャンプ場 http://www.misaki-campsite.com/index.html

〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野2431-2 TEL  0555-65-7981
山中湖北岸の湖畔にあり緑に包まれたキャンプ場は、ヤングからファミリーまで幅広く楽しめます。山中湖畔にある当キャンプ場は、両サイトが湖畔に面しているため湖畔を渡る風が心地よく、湖の向こうには雄大な富士山が四季折々に移り変わるとっておきの表情を見せてくれます豊かな自然の中で、おもいきりアウトドアライフをお楽しみください。

2017年2月の気温 気象庁ホームページより 
山梨県山中 日平均-0.5 日最高平均6.0 日最低平均-7.2 最高気温17.8 最低気温-15.5
ということは、最低気温は普通に-10℃程度まで下がるということで・・・


みさきキャンプ場と岬の先端がまず見えたとしたら、反時計回りのバスで来たのかな・・・006-100-02

e0304702_07221806.jpg
みさきの先端
e0304702_08062878.jpg
キャンプ場はこのあたり
e0304702_08063654.jpg

バスを下りてキャンプ場へ 006-101-01
e0304702_07224215.jpg
166みさきバス停と待合所
e0304702_08070079.jpg
横断歩道と信号 平野方面からの道は湖側に歩道があり、この先は山側に歩道があって、小学校の近くだからかな
e0304702_08064309.jpg
みさきキャンプ場の案内板
e0304702_08065197.jpg

遊歩道から山中湖 小さな湾になっています 006-101-02
e0304702_07225812.jpg
e0304702_08185654.jpg

大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)に到着 006-101-03
e0304702_07231286.jpg
バス停から歩いてきて
e0304702_08191539.jpg
大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)に到着 有料駐車場1回500円です。
e0304702_08193861.jpg
みさきキャンプ場案内図
e0304702_08065921.jpg

駐車場からの木々と山中湖 006-102-01
e0304702_07233349.jpg
さすがに、車がたくさん停まっています。
e0304702_07591859.jpg

みさきの先端への道 キャンプは決められた場所で・・・ 006-102-02
e0304702_07241155.jpg
キャンプ場からみさきへの道 半島の南側
e0304702_07594268.jpg

みさきの先端でのキャンプを希望しても・・・ 006-103-01
e0304702_07250229.jpg
北側のみさきから南側のみさきを見てみました。
e0304702_08000867.jpg

「岬の先でテントはっちゃだみだよォ~ あんぶねーもん」とのことです。 06-104-01
e0304702_07252266.jpg
管理棟で 006-104-02
e0304702_07271351.jpg
e0304702_08003162.jpg

湖岸と富士山 006-108-01 33話扉絵
e0304702_07273479.jpg
キャンプ場からみさきへの道より 富士山見えます。
e0304702_08005027.jpg

キャンプ場でテント設営 006-109-01
e0304702_07275947.jpg
このあたりかな 
e0304702_06451053.jpg
カリブーで購入したコンパクトアウトドアチェア 006-109-03
e0304702_07282456.jpg
カリブーで購入したコンパクトローチェア×2ハンモック風 006-111-01
e0304702_07284021.jpg

チョコちゃん登場 006-115-01
e0304702_07290814.jpg
キャンプ場で 006-116-01
e0304702_07293667.jpg
このあたりかな
e0304702_06454561.jpg

北側の湖岸に出て 006-116-02
e0304702_07300938.jpg
富士山見えます。
e0304702_06462493.jpg

ラジコン機を飛ばす人がたくさんおられました。 006-117-01
e0304702_07304344.jpg
湖岸から平野側を見て
e0304702_07074425.jpg
湖岸から富士山もアップ
e0304702_06472573.jpg

ラジコン機を飛ばしていました。 006-117-02
e0304702_07310384.jpg
e0304702_06483826.jpg
ラジコン機着水を撮ってみました。
e0304702_07080979.jpg
飛ばしていた方にお願いして撮らしていただきました。
e0304702_06535529.jpg

みさきの先端へ 006-117-03
e0304702_07312134.jpg
南側のみさきの先端へ この辺りは草が生えていますが
e0304702_07363901.jpg
南側のみさきの先端へ この辺りは草がほとんどありません。湖水の影響でしょうか。
e0304702_07364630.jpg
振り返ると富士山が見えます。
e0304702_07551525.jpg
北側のみさきを撮ってみました。
e0304702_07552728.jpg

南側のみさきの先端 006-118-01
e0304702_07313704.jpg
006-118-03
e0304702_07315425.jpg
北側のみさきから南側のみさきを見てみました。
e0304702_07453409.jpg

006-119-01
e0304702_07321468.jpg
グーグルマップより
e0304702_07295250.jpg
北側のみさき、その先は浅瀬、水位が下がると先まで見られるのでしょうか。
e0304702_07574207.jpg
青鷺がいます。確かに浅いようです。
e0304702_07325138.jpg

006-120-01
e0304702_07323437.jpg
南側のみさきの先端 ボーナスステージの入り口は出現しないけどw
e0304702_07364630.jpg
北側のみさきからキャンプ場へ戻るときに、富士山が正面に見えます。
e0304702_09331842.jpg
北側のみさきからキャンプ場へ戻るときに、北側のみさきと平野方面
e0304702_09334030.jpg
湾内は浅いところがあり、青鷺がいました。
e0304702_07234271.jpg

伊豆高原の飯田酒店は実際には「広井酒店」伊東市八幡野1298-9 http://hiroi.shop-pro.jp/ 006-122-02
e0304702_07335099.jpg
ストリートビューより切出し 伊豆は行けないので
e0304702_08051240.jpg

キャンプ場の入口のカット 006-123-02
e0304702_07343058.jpg
キャンプ場の入口
e0304702_08091842.jpg

富士山に夕日が落ちて・・・ 006-123-03
e0304702_07344772.jpg
e0304702_07241302.jpg

むちゃくちゃ寒うなっとる気がすんのやけど 006-129-01
e0304702_08061755.jpg
2017年2月の気温 気象庁ホームページより 
山梨県山中 日平均-0.5 日最高平均6.0 日最低平均-7.2 最高気温17.8 最低気温-15.5 006-130-02
e0304702_08071032.jpg
e0304702_08094267.jpg

管理棟閉っとる! 006-136-01
e0304702_07361191.jpg
管理人さん帰宅です。 006-136-02
e0304702_07363295.jpg
e0304702_08100794.jpg

管理人さん行ってしまいました。 006-136-03
e0304702_07365004.jpg
e0304702_08102526.jpg

カイロを求めてコンビニへ 006-137-03
e0304702_07372914.jpg

e0304702_06544338.jpg
みさきキャンプ場から最寄りのコンビニセブンイレブン山中湖平野店まで1.6㎞、これなら行けるかな。
e0304702_08250383.jpg
セブンイレブン山中湖平野店 山中湖村平野75
e0304702_18143188.jpg

水上飛行機の同好会とか 006-140-03
e0304702_07375757.jpg
飛んでいたのはこのような水上飛行機です。
e0304702_08104404.jpg

隣のテントに受け入れてもらっていて、大垣さん戻ってきて 006-142-01
e0304702_07382151.jpg
管理棟の側面
e0304702_08110394.jpg

大垣さん探して、暖かいテントからイヌ子登場 006-143-01
e0304702_07384676.jpg
志摩リンから鳥羽先生に状況が伝わって 006-147-03
e0304702_07391496.jpg

ちゃんと下調べをして、十分な装備を揃えなければ。冬のキャンプは本当に危険なんです。 006-148-02
e0304702_07393352.jpg
これからキャンプ場を決める時は私にも相談してください。せっかく顧問になったのですから・・・ 006-149-02
e0304702_07395400.jpg
この辺りが見えてるのかな
e0304702_08113336.jpg

そしてお酒タイム、池(純米原酒) 美味しそう・・・ 006-150-01
e0304702_07403342.jpg
寒い時はあったかい鍋がいいですね。 006-150-02
e0304702_07410151.jpg
キャンプ場の夜は更けて 006-151-03
e0304702_07412051.jpg
明りは平野方面かな、みさきからの写真ですが山の形は合っています。
e0304702_08021513.jpg

夜の富士山 夜は更けて・・・ 006-152-03
e0304702_07413704.jpg
e0304702_08173187.jpg

駐車場の車の中で朝を迎えて 006-153-01
e0304702_07415422.jpg
e0304702_08025674.jpg
006-153-02
e0304702_07423033.jpg

朝です 006-154-02
e0304702_07425235.jpg
e0304702_08031727.jpg
ここでワカサギ登場です。 006-155-02
e0304702_07431060.jpg
山中湖観光、どこに行くのかな。 006-156-01
e0304702_07432702.jpg
無事に夜を越せたよ。リン、心配してくれてありがとう。 006-156-02
e0304702_07434681.jpg

鳥羽先生と3人は山中湖観光でどこに行ったのでしょうか。車なのでパノラマ台は行ってるよね、きっと・・・
e0304702_18180219.jpg
パノラマ台から富士山と山中湖
e0304702_06175617.jpg
パノラマ台か山中湖
e0304702_06181261.jpg
パノラマ台から富士山のアップ
e0304702_06183501.jpg
パノラマ台からみさき
e0304702_06185226.jpg
パノラマ台からラジコン機を飛ばしている人々とボート乗場
e0304702_06191516.jpg
パノラマ台から大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)
e0304702_06193764.jpg
パノラマ台からみさきの先端
e0304702_06200096.jpg
"
3部作富士山駅から大間々岬キャンプ場(みさきキャンプ場)まではとりあえずここまで、次はなでしこの1人キャンプの探訪で富士宮に行けたらと・・・。のんのんびより3期が始まるまでは、コミックのゆるキャン△とヤマノススメの探訪になるかな。別の作品とも出会うことができたらと。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年06月16日 作成




















# by fureshima2223 | 2019-06-16 06:01 | 徒然なるままに | Trackback(116) | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪006 紅富士の湯・オギノ・山中湖、みさきキャンプ場へ 第6巻32話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪006 紅富士の湯・オギノ・山中湖、みさきキャンプ場へ 第6巻32話

コミック「ゆるキャン△」第6巻32話「雪国の鍋と山中湖」(一部31話)に登場した舞台紅富士の湯、スーパーオギノ山中湖店、御神木(山中諏訪神社)、山中湖畔を巡り、山中湖畔みさきキャンプ場に着くまでをまとめてみました。山中湖の風景は北側と南側が登場し、時計回りと反時計回りとどちらのバスふじっ湖号に乗ったのかわかりませんが、長池親水公園が登場したことで反時計回りと思い、一部カットの撮影をしていませんでした(再チャレンジできたらと)。探訪日は令和01年05月24日です。

まずはこの1枚 山中湖長池親水公園からの富士山展望 006-096-02
e0304702_10245046.jpg
コミックのカットはこうです 006-096-02
e0304702_09424822.jpg

それでは紅富士の湯からブログをまとめていきます。

まずカリブー富士吉田に寄って 次に山中湖の温泉に行く んでスーパーで買出しに行く 
キャンプ場に到着 明日は山中湖観光だ このブログはカリブー富士吉田までですが 006-061-02
e0304702_09362589.jpg

国道138号忍野八海分岐の先で撮ってみました。 006-077-03
e0304702_09355368.jpg
e0304702_07422727.jpg
紅富士の湯 山中湖村山中865−776 http://www.benifuji.co.jp/
3人が入っているのは檜の湯 39度程度とぬるめ、もう一つの石の湯は42度程度 
確かに富士山が正面に見えました。 006-081-02
e0304702_09365839.jpg
006-082-03
e0304702_09371688.jpg
006-083-02
e0304702_09373106.jpg
グーグルマップより 左石の湯、右檜の湯、正面に富士山が見えています。
e0304702_07425984.jpg

2階のマッサージ器の前を通って 006-085-01
e0304702_09374558.jpg
e0304702_07434792.jpg

大広間(大食堂)へ 006-085-02
e0304702_09375863.jpg
e0304702_07441334.jpg
e0304702_07442875.jpg

信玄ソフトをいただきました。 006-085-03
e0304702_09381224.jpg
e0304702_07445123.jpg

次は抹茶信玄ソフトを食べてみようかなと。 006-086-01
e0304702_09382751.jpg
ふろキャン△ とのことで
e0304702_07451269.jpg

ここは窓側のカウンター 006-086-03
e0304702_09383910.jpg
e0304702_07453201.jpg

畳の場所があるのでくつろげます。 006-087-01
e0304702_09385118.jpg
e0304702_07455420.jpg

紅富士の湯正面 006-087-02
e0304702_09390382.jpg
e0304702_07461615.jpg

紅富士の湯から国道138号へ向かう道かな 006-087-03
e0304702_09391650.jpg
e0304702_10212374.jpg
"
オギノ山中湖店に到着 北側を見ていることになるかな 006-088-02
e0304702_09393009.jpg
e0304702_10214292.jpg
"
スーパーオギノ山中湖店 山中湖村山中865-5 http://www.ogino.co.jp/spotsearch/810 006-089-02
e0304702_09413789.jpg
e0304702_10220487.jpg
"
さすがにこの時期はワカサギはありませんでした。 006-093-01
e0304702_09401689.jpg

100円ショップセリア オギノ山中湖店 山中湖村山中865-5オギノ山中湖店内 006-094-03

e0304702_09415014.jpg
e0304702_10222520.jpg
"
山中湖方面のふじっ湖号の花の都公園入口バス停は県道717号と国道138号の2か所にありますが、
ここでは、オギノ山中湖店から近い県道717号のバス停から乗車したと考えました。 006-095-01
e0304702_09420454.jpg
e0304702_10224988.jpg

国道138号山中諏訪神社パーキング入口付近 道路の左右に巨木があります。 006-095-02
e0304702_09422422.jpg
e0304702_10231210.jpg
せっかくですので、山中諏訪神社と山中浅間神社に参拝です。写真は山中諏訪神社
e0304702_08094285.jpg
"
山中湖が見えました。フェンスの形状から、交差点を右折してまもなくの湖岸かと 006-096-01
e0304702_09423819.jpg
グーグルマップストリートビューより 確かにフェンス形状はこちら側かと 再チャレンジ対象カット
e0304702_10374144.jpg
交差点を左折した場所はフェンスが違っています。まあ、せっかくなので1枚載せます。
e0304702_10235676.jpg
"
長池親水公園からの富士山 006-096-02
e0304702_09424822.jpg
長池親水公園からの富士山
e0304702_10245046.jpg
山中湖と富士山 これで波がなければ・・・
e0304702_10251282.jpg
富士山頂付近のアップ
e0304702_10252799.jpg
ライラック(リラ、ムラサキハシドイ)が咲いていました。
e0304702_10254461.jpg
"
これも交差点右折して、フェンスカットの先かな 006-096-03
e0304702_09430354.jpg
グーグルマップストリートビューより 再チャレンジ対象カット
左に山中湖の湖岸、そしてこの木の並びはこの辺かな
e0304702_11032685.jpg
PICA(ピカ) 山中湖ヴィレッジ Hammock Cafe(ハンモック カフェ)山中湖村平野506-296
https://www.pica-resort.jp/yamanakako/special/hammock.php
06-097-02
e0304702_19133394.jpg
e0304702_19205906.jpg
"
大間々岬キャンプ場が見えて 006-100-02
e0304702_09433240.jpg
e0304702_11233623.jpg

大間々岬キャンプ場入口に到着 006-101-01
e0304702_09442060.jpg
e0304702_11240297.jpg

今回の探訪範囲では、山中湖の南岸と北岸の両方が登場します。長池親水公園の印象が強く、この場所に引っ張られてしまいました。厳冬期に再チャレンジできたらと。ブログは大間々岬キャンプ場(山中湖みさきキャンプ場)編に続く予定です。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年06月03日 作成













# by fureshima2223 | 2019-06-03 08:21 | 徒然なるままに | Trackback(330) | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪005 富士山駅から道の駅カリブー.みさきキャンプ場目指して 第6巻31話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪005 富士山駅から道の駅カリブー.みさきキャンプ場目指して 第6巻31話

コミック「ゆるキャン△」第6巻31話カリブーくんとキャンプチェアーに登場した舞台富士吉田駅周辺と道の駅富士吉田を訪れました。主な目的は富士山レーダードーム館でコミック「ゆるキャン△」のパネル展示があることを知り、その内容を確認することでした。パネル展はR010506で終了しましたが、以下のブログも作成しましたので参考になれば。

本ブログは平成31年04月14日に富士吉田駅とその周辺、バスの車内から、道の駅富士吉田の探訪し、まとめたものです。この後は、コミック「ゆるキャン△」第6巻第32~34話に登場する紅富士の湯、オギノ山中湖店、長池親水公園、みさきキャンプ場などを訪れることができたらと。

まずは富士急電車の車内からの富士山 大垣千明・犬山あおい・斉藤恵那の3人、富士急行電車の車内から富士山を見たのではと 大月からの電車は富士山を正面に見て月江寺駅に進入 H310414
e0304702_07592141.jpg

富士山駅に到着 スイッチバックで河口湖駅に向かうそうな
e0304702_07594861.jpg

3人富士山駅に到着 006-055-01
e0304702_16554367.jpg
富士山駅改札口
e0304702_08000927.jpg
この富士山駅の標示はホームから改札口に下りるときに見えます。
e0304702_08020912.jpg

富士山駅全景 006-055-02
e0304702_16561684.jpg
我がカメラではこの程度
e0304702_08035143.jpg

でっかい鳥居が渋いぜ! 006-055-03
e0304702_16564497.jpg
e0304702_08050699.jpg
"
富士山駅で 006-056-02
e0304702_16572426.jpg
富士吉田市観光案内所と珈琲茶論が見えています。
e0304702_07032439.jpg

富士山駅前からバスターミナル 006-056-03
e0304702_16575577.jpg

e0304702_07034178.jpg

この時期だと凍って滑りやすくなってるかな 006-057-03
e0304702_16583232.jpg

富士山駅バス切符売り場で 山中湖行のフリーパスは探訪時点で1500円ですが、平野まで片道790円であり、2日間利用できるので、11往復のバスダイヤで対応できるなら(同名のバス停なら路線バスも利用可)価値があるかも 006-059-01
e0304702_16590746.jpg
富士山駅バス切符売り場 魚眼でないため正面の切符売り場に着目
e0304702_07040563.jpg

切符売り場の時刻表を見て 006-059-02
e0304702_16594396.jpg
切符売り場の時刻表(H310414) 右回り5本左回り6本運行しています。
e0304702_07042608.jpg

ターミナルにバスが来ていて 006-059-03
e0304702_17001065.jpg
切符売り場から山中湖行バス乗り場
e0304702_07044561.jpg
河口湖駅からふじっ湖号下り③便8:53発平野行が到着
e0304702_07045288.jpg

急げお前らっ!! あれに乗り遅れたら1時間待ちだぞっ!! 
行き先が道の駅富士吉田なら、確かにふじっ湖号は1時間毎です。006-060-01
e0304702_17004434.jpg
河口湖駅からふじっ湖号下り③便8:53発平野行が到着
e0304702_07052664.jpg

ふじっ湖号に乗車 006-060-02
e0304702_17011265.jpg
ふじっ湖号下り③便平野行 通路まで乗客でいっぱいです。忍野八海へはすぐ後の路線バスへ誘導していました。
e0304702_07054058.jpg
ふじっ湖号下り③便平野行に乗車
e0304702_07055995.jpg

富士山駅前交差点 006-061-01
e0304702_17014860.jpg
富士山駅前交差点でバスと共に ふじっ湖号には合わせることができなかったので 
e0304702_07061727.jpg

まずカリブー富士吉田に寄って 次に山中湖の温泉に行く んでスーパーで買出しに行く 
キャンプ場に到着 明日は山中湖観光だ このブログはカリブー富士吉田までですが 006-061-02
e0304702_14485698.jpg

富士山を正面に見て国道139号を進みます。なでしこはバイト中とか 006-062-02
e0304702_14490907.jpg
ふじっ湖号の車内から 正面に富士山が見えます
e0304702_18492722.jpg

次は富士山レーダードーム前 ここが道の駅富士吉田の最寄りバス停です。 006-063-01
e0304702_14492789.jpg
ふじっ湖号の車内から富士山レーダードーム館と富士山を見て、交差点を右折、富士山レーダードーム前
e0304702_18504545.jpg
ふじっ湖号の車内から モンベルの横を通って
e0304702_18511581.jpg
モンベルの横を通って コミックカットと合わせて
e0304702_18513956.jpg
上り⓸河口湖駅行ですが 富士山レーダードーム前バス停へ
e0304702_08104816.jpg

富士山レーダードーム前バス停で降りて 006-063-02
e0304702_14494444.jpg
上り⓸河口湖駅行ですが
e0304702_08133563.jpg
下り③便平野行 富士山駅から乗ってきたバスです
e0304702_08140396.jpg

富士山レーダードーム館から道の駅富士吉田全景 006-063-03
e0304702_14500020.jpg
e0304702_08143641.jpg
富士山レーダードーム館周辺案内図
道の駅富士吉田 富士吉田市新屋1936-6 https://www.fujiyoshida.net/spot/180
e0304702_08145462.jpg

カリブー富士吉田店 006-064-01
e0304702_14501824.jpg
富士山レーダードーム前バス停付近から 
モンベル富士吉田店:富士吉田市新屋1936 道の駅富士吉田内
e0304702_08185733.jpg

アウトドアショップカリブーのマスコットカリブーくん 006-064-02
e0304702_14504132.jpg
もふもふだね 006-064-03
e0304702_14505591.jpg
モンベルのキャラクター アメリカクロクマのモンタベア 
e0304702_08170312.jpg

モンベルのキャラクター アメリカクロクマのモンタベア アップで 006-066-01
e0304702_15582710.jpg
e0304702_08180354.jpg
結局抱きついとるやないか 006-066-02
e0304702_14510871.jpg

店内に犬のぬいぐるみ 006-067-01
e0304702_14512102.jpg
撮影について了解をいただいています。これのみR010524撮影
e0304702_09280467.jpg

ローチェアとハイチェア どちらを選ぶのかな 006-069-02
e0304702_16000217.jpg
ローチェアとハイチェアの特徴 006-069-03
e0304702_16001370.jpg
で、ハイチェアを購入、キャンプ場で早速組み立てたとか 006-109-03
e0304702_16173712.jpg
カリブー富士吉田店を出て 006-077-02
e0304702_14514814.jpg
モンベル富士吉田店正面
e0304702_08192603.jpg

モンタベアとお別れして
e0304702_08185523.jpg


3人は紅富士の湯へ 山中湖村に入るので次のブログに続きます。 006-077-03
e0304702_14520839.jpg
グーグルマップ ストリートビューより切出し
国道138号線 道の駅富士吉田より紅富士の湯へ
e0304702_07455854.jpg

富士山駅から道の駅富士吉田のカリブーまでをまとめてみました。このあと紅富士の湯、オギノ山中湖店、山中湖、みさきキャンプ場へと続く予定です。本当にこのあたりまで来ると富士山が大きく見れていいかなと・・・登るとは言っていませんが・・・。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年5月26日 作成




# by fureshima2223 | 2019-05-26 13:32 | 徒然なるままに | Trackback(233) | Comments(0)

マンホールカード20枚目ゲット甲府市観光案内所で、駅周辺でマンホール蓋を見てみました

マンホールカード20枚目ゲット甲府市観光案内所で、駅周辺でマンホール蓋を見てみました

平静31年3月24日に山梨市の笛吹川フルーツ公園へ行く前に、甲府まで足を延ばして、甲府市のマンホールカードをいただき、座標蓋と甲府駅西側を少し歩いて、マンホール蓋との出会いを楽しみました。

甲府市のマンホールカード配布について
発行年月日 2018/08/11(第8弾)
配布場所  甲府市観光案内所 山梨県甲府市丸の内一丁目2-14 電話:055-226-6978
配布時間 【平日】9:00~18:00 【休日】9:00~19:00(12~3月の休日は9:00~18:00)
ただし、定休日、年末年始はお休みです

まずはこの1枚 マンホールカードと座標蓋です。
e0304702_18222040.jpg

【こうふ開府500年記念事業】レア・デザインのマンホールを設置しました!! 更新日:2018年03月28日

下水道のマンホール蓋は、下水道事業のイメージアップと理解促進のために、全国の自治体ごとに独自の趣向を凝らした「ご当地マンホール」としてデザインされており、近年、そのデザイン性が外国人観光客や若い女性などの間で注目を集め、愛好家が現地に赴くなど、その人気は急激に高まっています。

 そこでこのたび、甲府市上下水道局では、こうふ開府500年記念事業の一環として、レア・デザインのマンホールを設置いたしました。設置場所は甲府駅南口、武田信玄公之像を正面に臨む、平和通り沿いの歩道内となりますので、足を止めてゆっくりとご覧いただけます。


【設置場所】甲府駅南口 武田信玄公之像正面歩道  ※設置箇所は1箇所のみのレアマンホールとなります。

【仕 様】 直径 634mm 重量 34Kg (デザイン部分 390mm) デザインストリーマータイプ

【デザインコンセプト】 甲府市を代表する歴史的人物である「武田信玄公」のイラストをメインに、「武田菱」や「風林火山」の文字をレイアウトし、甲府らしさを表現しています。


まず信玄公を詣でて

e0304702_18255698.jpg
甲府観光案内所でマンホールカードをいただきました。
e0304702_18234895.jpg
甲府市のマンホールカードです。
e0304702_18231491.jpg
e0304702_18232430.jpg
甲府市観光案内所と座標蓋の地図 甲府ホームページより
e0304702_18234053.jpg
"
座標蓋 「武田信玄公」のイラストがメインです。
e0304702_13334325.jpg
マンホールカードと座標蓋
e0304702_18222040.jpg

甲府駅の西側を少し歩いて出会った下水道のマンホール蓋
T-25 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 

甲府市のマンホールの蓋(ふた)について(平成30年7月時点)より

甲府市型下水道用鉄蓋
甲府の酷暑、寒風に耐えて、その可憐で美しい花を大空に向かって開く市の花「ナデシコ」をモチーフに、内側(4つ)と外側(9つ)に分け、放射状に表現したものです。この鉄蓋は、平成7年度から使用され、新規下水道整備及び随時取り替え等を行っています。
e0304702_19540241.jpg
T-25 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 設置年次の違いか塗装の違いか
e0304702_19534004.jpg
T-14 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋
e0304702_19545882.jpg
T-14 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 設置年次の違いか塗装の違いか
e0304702_19552118.jpg

甲府市型下水道用鉄蓋 亀甲蓋のベースはこれかな 

e0304702_13344410.jpg
亀甲蓋 開閉穴付近が少し違っているような
e0304702_16261368.jpg
下N表記  上鍵かな
e0304702_14242855.jpg
下N表記 上鍵閉塞かな
e0304702_14251293.jpg
下左N表記  開閉穴違い
e0304702_14233356.jpg
上1表記
e0304702_16293978.jpg
これも亀甲蓋
e0304702_16302801.jpg

テトラポッド模様 ~ 毘沙門亀甲文様

e0304702_17364097.jpg

中型蓋 亀甲
e0304702_18114739.jpg
これも中型蓋
e0304702_18130998.jpg

同じように見える下水道マンホール蓋も、微妙に違いがあるのが面白いです。観光や仕事で駅を降りたときにほんの少し歩いてマンホール蓋との出会いを楽しむのも、その場所に行ったという記念になります。

履歴
2019年05月10日 作成






# by fureshima2223 | 2019-05-10 07:53 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪016 高水三山の岩茸石山へゆるふわ登山(百十七合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪016 高水三山の岩茸石山へゆるふわ登山(百十七合目)

せっかくのお休みなので、どこかゆるく登れる山にいこうかなと思い、できるだけ車で行ってかつ舞台探訪と山頂からの展望を楽しみたいとの目的で、コミック「ヤマノススメ」の百十七合目に登場した高水三山のうち、高水山から展望のいい岩茸石山を往復しました。この山行のキーポイントは、高水山まですぐの常福院まで車道があり、参拝用の駐車場に車が置けるということです。ここからなら岩茸石山を往復しても約1時間30分程度、確かにゆるふわ登山となりそうです。探訪日は令和元年05月03日、軍畑駅から高水山登山口までは平成30年08月05日です。

まずはこの1枚
岩茸石山の山頂793mで 117-12-1 R010503撮影
e0304702_09343445.jpg
今度は登頂成功させよう 117-12-1
e0304702_21355027.jpg

それでは軍畑駅からブログにまとめていきます。 

軍畑駅から軍畑踏切を通って 117-04-1
e0304702_08042232.jpg
軍畑駅ホーム H300805撮影 

e0304702_15555576.jpg
軍畑駅を起点とするハイキングコース案内板 H300805撮影 
e0304702_15560257.jpg
軍畑踏切を渡って R010503撮影
e0304702_20202288.jpg
"
軍畑踏切を渡って少し進んで 117-04-2
e0304702_08043281.jpg
R010503撮影
e0304702_20215055.jpg
"

国立奥多摩美術館 117-05-1

グーグルマップにコメントがありました「国立奥多摩美術館と言う名前ですがもちろん国立ではなく,奥多摩でもなく,美術館でもありません。アトリエ兼アートのイベントスペースです。期間限定でオープンします。
e0304702_21284954.jpg
H300805撮影 
e0304702_15563899.jpg

平溝橋前の分岐 左平溝通り経由高水山登山口へ、右都道193号線 H300805撮影 
e0304702_15565468.jpg

分岐 左平溝通り、右高水山登山口へ 117-05-2
e0304702_21291030.jpg
H300805撮影 
e0304702_15571161.jpg
分岐手前の案内板 H300805撮影 
e0304702_15572336.jpg

高水山登山口に入って、砂防ダムを右に見て 117-06-2
e0304702_21300698.jpg

高水山源流の釣り堀 H300805撮影 

e0304702_21164938.jpg
高水山登山口と砂防ダム説明版 H300805撮影 
e0304702_21165772.jpg
高水山登山口の道標 H300805撮影 
2017年2月より2020年ころまでの間、惣岳山北分岐点より沢井方面への分岐点の間が通行止めになることがあるとのことです。
e0304702_21170727.jpg
階段と砂防ダム ここから登山道です。 H300805撮影 
e0304702_21171351.jpg

本来ならここから登山ですが、上成木バス停経由で9.4kmワープして
上成木バス停からなちゃぎり林道経由で高水山常福院龍学寺の駐車場まで車で上ります。

グーグルマップより切出し 高水山源流の釣堀5.2km⇒上成木バス停4.2km⇒高水山常福院
e0304702_08000174.jpg
常福院龍学寺表参道・高水三山登山口の石柱 バックは成木の家 R010503撮影 
e0304702_09533409.jpg
上成木バス停待合所で 高水山周辺案内図 R010503撮影
e0304702_09535652.jpg
林道なちゃぎり線に入り、常福院龍学寺の駐車場に向かいます。 R010503撮影
e0304702_09542062.jpg
林道なちゃぎり線のゲート R010503撮影
e0304702_09543889.jpg
林道なちゃぎり線の案内板 R010503撮影
e0304702_09545070.jpg
林道なちゃぎり線と軍畑方面からの山道 林道は一部未舗装です。 R010503撮影
e0304702_09551757.jpg
常福院龍学寺の駐車場に車を停めて R010503撮影
e0304702_09553783.jpg

常福院龍学寺へ R010503撮影
e0304702_09555483.jpg
常福院龍学寺への参道 R010503撮影
e0304702_09561159.jpg
軍畑からの登山道と出会って R010503撮影
e0304702_09564978.jpg
ここが軍畑からの登山道の出会い場所 R010503撮影
e0304702_14485577.jpg
山門への階段 金属製の日ノ丸も R010503撮影
e0304702_14490803.jpg
山門への階段から 逆側は日章旗です R010503撮影
e0304702_14492351.jpg
高水山常福院の山門 R010503撮影
e0304702_14494086.jpg
不動堂 R010503撮影

e0304702_14495506.jpg
浪切白不動明王 開運守護の剣と和犬型の狛犬 R010503撮影
e0304702_14500918.jpg
平成6年6月16日に皇太子殿下と雅子妃殿下御来山 R010503撮影
e0304702_14502440.jpg
高水三山ハイキングコースとの道標 R010503撮影
e0304702_14504091.jpg
高水山常福院の裏から高水山へ R010503撮影
e0304702_18342424.jpg

117-07-1
e0304702_21304529.jpg
高水山への途中から惣岳山756mが見えました。 R010503撮影
e0304702_18345828.jpg
もうすぐ高水山の山頂です。 R010503撮影
e0304702_18352374.jpg

高水山の山頂に到着 117-07-2
e0304702_21311245.jpg
高水山の山頂に到着 117-07-02 R010503撮影
e0304702_18354817.jpg
お嬢様聖水と共に R010503撮影
e0304702_18360008.jpg
山頂の神社 117-07-02 R010503撮影
e0304702_18361637.jpg
高水山の山頂付近案内図 R010503撮影
e0304702_14512607.jpg

117-07-3
e0304702_21313699.jpg
岩茸石山からの高水山 R010503撮影
e0304702_22201822.jpg
すみれがあちこちに咲いています。これは常福院の裏で R010503撮影
e0304702_22202569.jpg
"
ほのかちゃん 花を撮りながら 117-08-1
e0304702_21320811.jpg
登山道で、イメージだけですが 117-08-1 R010503撮影

e0304702_09323657.jpg

もう山頂に着きそう 117-08-2
e0304702_21323142.jpg
ここから岩茸石山への登りかと 117-08-2 R010503撮影
e0304702_09325434.jpg
間もなく岩茸石山の山頂です R010503撮影
e0304702_09331951.jpg

着いた、おーすごい眺め 117-09-1
e0304702_21330729.jpg
岩茸石山の山頂793m 展望がとてもいいです。 117-09-1 R010503撮影

e0304702_09333805.jpg
お嬢様聖水と共に R010503撮影
e0304702_12182997.jpg
岩茸石山の山頂 道標と三角点 R010503撮影
e0304702_12184771.jpg
お嬢様聖水と共に 三角点 R010503撮影
e0304702_12190119.jpg

市街地の展望 117-09-2
e0304702_21332385.jpg
市街地の展望 飯能方向  117-09-2 R010503撮影
e0304702_09335692.jpg

天気によってはスカイツリー見えるかな 117-10-1
e0304702_21334917.jpg
西武ドームは見えました 117-10-1 R010503撮影
e0304702_09341394.jpg

あおいちゃんいい顔してたよ 117-11-1
e0304702_21341412.jpg
あおいちゃん 富士山どうするの? 117-11-2
e0304702_21345344.jpg
今度行く予定なんだけど、富士山一緒にどう? 117-11-3
e0304702_21352128.jpg

今度は登頂成功させよう 117-12-1
e0304702_21355027.jpg
岩茸石山の山頂793mで 117-12-1 R010503撮影
e0304702_09343445.jpg
岩茸石山の山頂からの山岳展望 これでいいでしょうか

本仁田山~川苔山~日向沢ノ峰 R010503撮影
e0304702_17354595.jpg
有間山~棒ノ折山~武甲山~武川岳 R010503撮影
e0304702_17361623.jpg
関八州見晴台・大高山~天覚山 R010503撮影
e0304702_17365174.jpg
物見山~日和田山 R010503撮影
e0304702_17371478.jpg
多峯主山~天覧山~龍崖山 R010503撮影
e0304702_17374102.jpg
高水山と通ってきた道 R010503撮影
e0304702_17380369.jpg
帰りは高水山の巻道を通って高水山常福院へ戻ります R010503撮影
e0304702_17384620.jpg

ゆるふわな登山でしたが、天気に恵まれて山岳展望を楽しめました。もう縦走はできませんが、体力と気力に合わせて舞台探訪と山歩きをしていけたらと。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年05月08日 作成



# by fureshima2223 | 2019-05-08 06:44 | ヤマノススメ | Trackback(394) | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31