「ゆるキャン△」舞台探訪010 リン、夜叉神峠経由で陣馬形山に向かうが(第09話夜叉神の森まで)

「ゆるキャン△」舞台探訪010 リン、夜叉神峠経由で陣馬形山に向かうが(第09話夜叉神の森まで)

「ゆるキャン△」第9話で志摩リンが陣馬形山キャンプ場を目指して夜叉神峠まで行った経路をまとめてみました。通った自治体は、登場したカットの順に市川三郷町、身延町、富士川町、南アルプス市となります。探訪日は平成30年5月2日です。

まずはこの1枚
「通行止めなう」 H300502現在夜叉神峠~北沢峠冬期通行止め、徒歩でも通れません。
でも、開通しても一般車両は通れないのですが・・・ 09-060
e0304702_20264394.jpg
e0304702_21550957.jpg

それでは、舞台探訪の報告をさせていただきます。

陣馬形山キャンプ場へ 通常のルート 国道20号から杖突峠経由 09-023
e0304702_20135949.jpg
なぜ、標高2,032mの北沢峠をVINOで越えることができると考えたのかな。広河原への通行規制も冬期閉鎖もすぐにわかると思うのですが。まあ、原作コミック通りなので・・・ 09-025
e0304702_20141602.jpg

志摩リン、早朝の出発、上伊那への短絡路として北沢峠越えを選び、夜叉神峠へと向かいますが、
県道9号を通ってきて、峡南橋東詰交差点へ 09-001-2
e0304702_20143806.jpg
e0304702_15095645.jpg

峡南橋東詰交差点で 09-002-2
e0304702_20150243.jpg
e0304702_15102180.jpg

峡南橋東詰交差点を左折 09-004-2
e0304702_20152942.jpg
e0304702_15105662.jpg

左折して県道42号峡南橋へ 09-005-2
e0304702_20161304.jpg
e0304702_15111865.jpg
われはこの看板が伝えたいことを知らんと欲す・・・『中部横断自動車道は、静岡県静岡市を起点に、山梨県甲斐市を経由して長野県小諸市に至る延長132kmの高速自動車国道です。』とのことで、全通すると静岡市~甲斐市~小諸市~上信越道~上越市が最短でつながるという意味かな。
e0304702_15114108.jpg

峡南橋を渡って 09-007
e0304702_20164948.jpg
e0304702_15120395.jpg

峡南橋を渡って 富士川は下流側の左右反転に見えますが、どうでしょうか 09-008-2
e0304702_20171872.jpg
富士川下流側の左右反転です。
e0304702_16014022.jpg

峡南橋西詰交差点で右折、国道52号へ 09-012-2
e0304702_20180713.jpg
e0304702_16083909.jpg

県道42号富士川町長沢交差点北側、富士川町と南アルプス市との境界 09-030-2
e0304702_20191517.jpg
e0304702_16085625.jpg

県道42号 南アルプス市に入ります。 09-031
e0304702_20195362.jpg
e0304702_16092903.jpg

県道42号から県道12号を通って、ローソン南アルプス街道店に寄り、 
県道12号芦安入口交差点を左折県道20号へ 09-040
e0304702_20211258.jpg
e0304702_18375483.jpg

県道20号塩沢入口交差点 09-043
e0304702_20221776.jpg
e0304702_18381973.jpg

道20号塩沢入口交差点で 09-044
e0304702_20224139.jpg
赤信号で止まっていて
e0304702_18385380.jpg
交差点の夜叉神峠側の全景
e0304702_18384626.jpg

御勅使川の橋を渡って、芦安小学校へ直進する左岸側の道は工事中です。 09-049
e0304702_20233367.jpg
e0304702_18393924.jpg

橋の手前の案内板 夜叉神峠へ 09-050
e0304702_20235255.jpg
e0304702_18395971.jpg
通行止め、迂回路の案内板も入れて撮ってみました。
e0304702_18402480.jpg

御勅使川瀬戸大橋 右岸側に出ました。 09-052
e0304702_20241173.jpg
e0304702_19421091.jpg
e0304702_19422645.jpg

芦安温泉岩園館 瀬戸大橋から撮りました。
e0304702_20243240.jpg
e0304702_19424908.jpg
ストリートビュー2012年06月より切出し
志摩リン、芦安温泉岩園館の前を通って夜叉神峠へ、バックは瀬戸大橋
e0304702_10392439.jpg

山の神のゲート 
林道情報 山の神~夜叉神峠 落石通行注意 乗車人員11人以上の車両通行禁止
e0304702_19411323.jpg
通行止のゲートは待機中です。
e0304702_19412653.jpg

警笛使用と急カーブの道路標識、林道で撮ってみました。この組合せは1ヵ所だけだったような。 09-054
e0304702_20245421.jpg
e0304702_19440089.jpg
この部分の林道は改良が終わっていました。林道は改良工事中の場所もあります。
e0304702_19433179.jpg

「こっち選んで正解だったな、雪も全く積もってないし」夜叉神峠到着ですが・・・ 09-055
e0304702_20251329.jpg
e0304702_21533815.jpg

「お、頂上」夜叉神の森はH300502現在閉っていますが、自販機は稼働していました。 09-056
e0304702_20253312.jpg
e0304702_21541036.jpg

「もう折り返し地点か」 09-057
e0304702_20255508.jpg
e0304702_21542840.jpg

「これは予定より早く着いて、ゆっくりいろいろ見て回れるかもしれ・・・」 09-058
e0304702_20261922.jpg
e0304702_21544961.jpg

「通行止めなう」 H300502現在夜叉神峠~北沢峠冬期通行止め、徒歩でも通れません。
でも、開通しても一般車両は通れないのですが・・・ 09-060
e0304702_20264394.jpg
e0304702_21550957.jpg
e0304702_21553388.jpg

「山間部の冬期通行止め、うわー、来た道また戻るのか。」 09-061
e0304702_20272170.jpg

スマホ圏外だそうです。 09-063
e0304702_10501608.jpg
e0304702_21555856.jpg

「自販機動いててよかったー」 09-064
e0304702_10503426.jpg
e0304702_05273087.jpg
"
「わざわざ寒い日に出かけて、温かい飲み物で暖まる、これもマッチポンプの1種なんだろうか。」 09-066
e0304702_10504725.jpg
e0304702_05275292.jpg
"
鳳凰三山登山口と休憩小屋です。「そういえば、こんなところに何台も車停まってるんだ。」の理由です。
e0304702_08274404.jpg

"
「あー、登山に来てるのか。」 09-067
e0304702_10510655.jpg
e0304702_05283197.jpg
"
「ここから」 09-068
e0304702_10511961.jpg
e0304702_05285498.jpg
"
「登って行くんだ。」 09-069
e0304702_22194098.jpg
e0304702_05292410.jpg
"
本当に熊が出るようです。 09-070
e0304702_10513365.jpg
e0304702_05295385.jpg
"
「こーぉわ」 09-071
e0304702_10523187.jpg
e0304702_21363060.jpg
"
「登山する人は怖くないのか。」 09-072
e0304702_10524671.jpg
e0304702_21365922.jpg
"
山のお姉さんから声をかけられて「おはようございます」 09-073
e0304702_10530209.jpg
e0304702_21374242.jpg
"
「あなたも登山にいらしたのですか」「いえ、原付で長野へ行くところなんですけど、冬の通行止めで通れなくて」「ここはマイカー規制で年中通行止めですよ」「え!」 09-074
e0304702_10532225.jpg
e0304702_21375977.jpg
"
南アルプス林道利用上の注意事項 09-075
e0304702_10533945.jpg
e0304702_21382685.jpg
"
マイカー規制区間、通行できるのは路線バスとタクシーと許可を受けた車のみ 09-076
e0304702_10535370.jpg
e0304702_21384782.jpg
"
「じゃあ、いつ来ても原付じゃ通れなかった訳か」 09-078
e0304702_10540754.jpg
e0304702_21392216.jpg
"
登山届で用紙が置いてあります。「冬の一人キャンプですか」 09-078
e0304702_22053496.jpg
e0304702_06280207.jpg
"
「最近はそういった行楽もはやりなんですね。知りませんでした。」 「いや、一部の人がやってるだけというか。」09-079
e0304702_10542445.jpg
写真は逆側から撮ったため、左右反転しています。
e0304702_06284612.jpg

「わたしも山登りは雪が積もるこの時期が一番好きなんですよ。程よく雪化粧した山の景色を見ることが楽しみで。それにこの時期は空いていていいですしね。」 09-080
e0304702_10543650.jpg
反対側から撮った写真しかないので、これで。
e0304702_06342243.jpg

「そうですよね。あの、今から登られるのですか。」「ええ、でも一緒に登る知人がなかなか・・」 09-081
e0304702_10545040.jpg
e0304702_06363253.jpg

「ごめんね、降りるインター間違えちゃって」待ち人来たりて・・・ 09-082
e0304702_10550488.jpg
e0304702_06371284.jpg

山小屋の案内と道標 09-083
e0304702_10551823.jpg
e0304702_08240780.jpg
"
「では、わたしたちはこれで」「じゃね」「登山お気をつけて」 09-084
e0304702_10553654.jpg
e0304702_08242872.jpg
"
「そうだ、これを持って行ってください。」09-085
e0304702_10555272.jpg
"
「夜はかなり冷えますので、ほうじ茶は体を温める効果があるそうです」09-086
e0304702_10560630.jpg
e0304702_08245361.jpg
"
「ありがとうございます」 09-087
e0304702_10562223.jpg
e0304702_08251671.jpg
"
「行き当たりばったりも旅の楽しみ方か」 09-088
e0304702_10563725.jpg
"
「それじゃ、仕切り直して」 09-090
e0304702_10565208.jpg
e0304702_08254535.jpg
"
「いざ、長野!」陣馬形山キャンプ場に向かって夜叉神峠を出発です。 09-091
e0304702_10570984.jpg
e0304702_08260723.jpg
"
09-092
e0304702_10572190.jpg
09-093
e0304702_10573312.jpg
e0304702_08263002.jpg

夜叉神峠の探訪はH30.05.02、甲斐常葉駅~本栖高校などに設置された案内看板15か所を探訪した後、まだお昼過ぎだったので夜叉神峠まで行ってみることにしました。芦安温泉から先は林道です。ここを荷物を載せた原付で通れるのでしょうか。まあ、志摩リンなら高ボッチも登ってるので可能とのことで・・・。まだ広河原まではまだ冬期通行止め、平日の時刻は夕方とのことで、停まっている車は少数でした。新緑がきれいでした。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年05月12日 作成



























by fureshima2223 | 2018-05-12 15:11 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sinkirouno.exblog.jp/tb/27270331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31