「ゆるキャン△」舞台探訪006 リン1人で高ボッチへ、きっとそらでつながってる(05話高ボッチ編)

「ゆるキャン△」舞台探訪006 リン1人で高ボッチへ、きっとそらでつながってる(05話高ボッチ編)

まずはこの1枚 高ボッチ牧場から高ボッチスカイラインへの道と無線中継所 05-093
e0304702_08050235.jpg
e0304702_19280054.jpg

 平成30年6月4日にようやく高ボッチに行くことができました。前回は冬の通行止め中の平成30年4月12日に高ボッチスカイラインのゲートまで行って戻りました。今回は天候を確認し、自分の仕事との調整をして、梅雨直前の晴れを狙いました。スーパーあずさ1号に乗り、塩尻駅からレンタカーを使い、国道20号との分岐から舞台探訪を始めて、高ボッチ到着は11:00過ぎでした。到着はちょっと遅めでしたが、展望地から諏訪湖と富士山、北アルプスの山脈が見えたことは感激です。やはり展望ができる高原は天候に恵まれると作品の舞台に来たということとの相乗効果で、印象が強くなります。高ボッチから高ボッチ温泉ー伊那市・駒ケ根市で志摩リンが通った場所ー光全寺ー杖突峠を通り、茅野駅でレンタカーを返して、帰宅です。本ブログでは「ゆるキャン△」第05話に登場した国道20号の分岐~高ボッチ高原~高ボッチ温泉についてまとめています。関連ブログとして第5話と第6話の以下のブログも参考にしていただけると。

「ゆるキャン△」舞台探訪004 野クル3人で笛吹川フルーツ公園、温泉、キャンプ場へ(第4,5話)
「ゆるキャン△」舞台探訪005 リン1人で霧ヶ峰から高ボッチへ(第04と05話)

"
ここから今回の舞台探訪のスタートです。国道20号線から高ボッチ高原への分岐  高ボッチ高原9kmの標識があります。 
e0304702_07281838.jpg

"
八ヶ岳中信高原国定公園高ボッチ高原の案内板
曲がってすぐ、塩尻市東山公民館(塩尻市大字旧塩尻東山869-4)が目標となります。 05-038
e0304702_07351342.jpg
e0304702_07284787.jpg
"
リン、案内板の前で 05-040
e0304702_07352116.jpg
e0304702_07294593.jpg
"
高ボッチ高原まであと9㎞ 右側の建物は塩尻市東山公民館 05-041
e0304702_07353459.jpg
e0304702_07302734.jpg

H30年4月12日 市道「高ボッチ線」はまだ通行止め 今年の開通はH30.04.14と早かったようです。
e0304702_15482232.jpg
で、平成30年6月4日はゲートが開いています。
e0304702_07314936.jpg
"
市道「高ボッチ線」をYAMAHAの「Vino」で登るのはかなり無理かも・・・  05‐042
e0304702_07365787.jpg
ここですね。本当にあるので、道中の風景をいろいろと探してみたくなります。
e0304702_07325519.jpg
高ボッチ高原へ1㎞の標識があるのでわかると思います。
e0304702_07343090.jpg

まもなく高ボッチ高原 観光パンフレットより 高ボッチ高原の案内図です。
e0304702_08232362.jpg

高ボッチ高原を行く 写真は雰囲気のみですが 05-045
e0304702_07371760.jpg
e0304702_08101907.jpg

高ボッチ高原を行く 写真は雰囲気のみですが 05-046
e0304702_07382347.jpg
e0304702_08104777.jpg

高ボッチ無線中継所が見えてきました。 05-047
e0304702_07383988.jpg
高ボッチスカイライン 展望広場から撮ってみました。雰囲気だけですが
e0304702_20562000.jpg

リンの家から走破距離150km 高ボッチ無線中継所に到着 05-050
e0304702_07402508.jpg
柵の中に入っての撮影はご法度なので
e0304702_08184941.jpg
背景は
e0304702_08190305.jpg
この建物の配線カバーがリアルです
e0304702_08205431.jpg

無線中継所側から 高ボッチ牧場へ続く遊歩道と牧場 05-052
e0304702_07422144.jpg
e0304702_20424712.jpg

高ボッチ牧場 夏の放牧時期のイメージかな 05-054
e0304702_07423442.jpg
平成30年6月4日はこうです。
e0304702_20431789.jpg
"
無線中継所付近からの高ボッチ牧場 05-055
e0304702_20111073.jpg
e0304702_20442850.jpg

高ボッチ無線中継所からスカイラインに出て、左奥に高ボッチ自然保護センターが見えています。 05-056
e0304702_07425935.jpg
撮り忘れたので、ストリートビュー2012年6月より切出しました。
e0304702_07324846.jpg

志摩リン とりあえず今日キャンプ地とする駐車場まで来て 05-057
e0304702_07431700.jpg
e0304702_21320951.jpg

高ボッチスカイラインを6㎞下り、高ボッチ鉱泉へ 05-059
e0304702_07442763.jpg
実際の標識は崖ノ湯温泉6㎞
e0304702_21331667.jpg

高ボッチスカイラインを少し下って 雰囲気だけですが 05-060
e0304702_07490414.jpg
e0304702_21334509.jpg

高ボッチスカイラインを少し下って 雰囲気だけですが 05-061
e0304702_07492323.jpg
e0304702_21341221.jpg
落石注意!!の標識もあります。
e0304702_21342827.jpg

高ボッチ鉱泉に到着 05-063
e0304702_07501153.jpg
高ボッチ温泉 ホテル鳴神の案内板
e0304702_07492075.jpg
"
高ボッチ温泉の建物に到着 05-064
e0304702_07504049.jpg
e0304702_07494979.jpg
"
なんと・・・ 05-065
e0304702_07505628.jpg
e0304702_07513583.jpg

2010年(H22年)に廃業とのことです 05-066
e0304702_07512233.jpg
e0304702_07515655.jpg

おい、まじか 05-067
e0304702_07513762.jpg
e0304702_07522056.jpg

温泉に入れないまま高ボッチ高原に戻って、雰囲気だけですが 05-069
e0304702_07524864.jpg
e0304702_07524715.jpg

高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台に到着 志摩リンは 曇っててなんも見えねー 05-070
e0304702_07552258.jpg
e0304702_08105457.jpg

高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台に到着 
志摩リンは 曇っててなんも見えねー、踏んだり蹴ったり・・・ 05-073
e0304702_07542988.jpg
訪れたH30.06.04は晴れて、展望に恵まれ
e0304702_08113189.jpg
北アルプスもよく見えました。
e0304702_08114522.jpg

せっかく来たし 05-074
e0304702_07555038.jpg
e0304702_05542212.jpg
"
登っとくか、で高ボッチ山頂へ 05-075
e0304702_07563104.jpg
e0304702_05545075.jpg
"
ボッチでボッチ山登り・・・
高ボッチ山頂への登山道から第2駐車場・アルプス連峰パノラマ展望台方向 05-076
e0304702_07570418.jpg
e0304702_05551275.jpg
高ボッチ高原の案内板
e0304702_05553670.jpg
"
高ボッチ山に到着 05-078
e0304702_07325497.jpg
e0304702_05560167.jpg
e0304702_05561697.jpg
"
頂上すぐだな 05-079
e0304702_07592177.jpg
e0304702_05563817.jpg
"
なんだよ、こっちはばっちり見えてるじゃん、きれいだな。
諏訪湖も富士山もばっちり見えました。 05-082
e0304702_07595247.jpg
e0304702_05572297.jpg
かすんでいますが、富士山もみ見ました。
e0304702_05573934.jpg
"
今日温まるキャンプご飯作るぞ! 美しい景色は元気の源かなと・・・ 05-083
e0304702_08001905.jpg
e0304702_05581102.jpg
無線中継所と北アルプスを併せて撮ってみました
e0304702_05582066.jpg
"
遊歩道を降りてきて、このカットもありました。 05-085
ここまでおりて来ると、高ボッチ牧場~無線中継所~パノラマ展望台と歩いたほうが探訪的にはいいと思います。
e0304702_08013326.jpg
e0304702_05585718.jpg
"
高ボッチ自然保護センター 05-086
e0304702_08015636.jpg
e0304702_08025937.jpg
"
第2駐車場・パノラマ展望台の南側の休憩場所です。 05-087
e0304702_08021743.jpg
e0304702_08033117.jpg
"
高ボッチ自然保護センターから無線中継所への遊歩道で 05-088
e0304702_08025659.jpg
e0304702_08034940.jpg
"
高ボッチ無線中継所 05-089
e0304702_08031738.jpg
高ボッチスカイライン 中継所の南側から撮ってみました。
e0304702_08041074.jpg
"
ここを原付で通るのは無理では、まあアニメですから 05-090
e0304702_08034064.jpg
遊歩道の柵を撮ってみました、雰囲気だけですが
e0304702_08043383.jpg
"
こっちは牧場か 高ボッチ牧場の入口 05-092
e0304702_08040758.jpg
e0304702_19271369.jpg
"
高ボッチ牧場から高ボッチスカイラインへ戻る道で 05-093
e0304702_08050235.jpg
e0304702_19280054.jpg
"
高ボッチスカイラインから高ボッチ牧場に入る道に見えたり・・・ 05-094
e0304702_08052564.jpg
撮り忘れたので、ストリートビュー2012年6月より切出しました。
展望広場のすぐ先 リンのキャンプ地への入口の道はここですが
e0304702_22335020.jpg

e0304702_22372971.jpg
"
今日のキャンプ地、崖の湯に下る分岐の駐車場でいいのかな
次があれば再確認 05-095
e0304702_08054825.jpg
デイキャンプを楽しんでいる人も
e0304702_20005469.jpg
わずかに諏訪湖も見えます。
e0304702_20003492.jpg
"
リンのキャンプ場所はこのあたりかな 05-096
e0304702_08064874.jpg
e0304702_20012299.jpg
"
ここは1600m 11月のキャンプはなかなかのものかと 05-104
e0304702_08072856.jpg
e0304702_07531338.jpg
"
初めてのまともなキャンプごはん、いただきます
食事をおいしく食べるアニメはどれもいいかなと 05-108
e0304702_08074350.jpg

リン、ボッチで楽しんでるけど 05-111
e0304702_08083414.jpg
e0304702_20014896.jpg

夜、なでしことラインで 05-186
e0304702_08092065.jpg
e0304702_20022459.jpg
"
駐車場から見晴小屋を目指して、ツツジがたくさん咲いていました。
e0304702_19324767.jpg

見晴小屋到着

e0304702_19342257.jpg

ツツジの群落越しに諏訪湖と八ヶ岳
e0304702_19355026.jpg
無線中継所、自然保護センター、スカイラインが見えています。 

e0304702_19372717.jpg
ツツジの群落と駐車場の全景
e0304702_19582393.jpg
"
なでしこからラインで連絡、恋人の聖地からの夜景を見て、再び高ボッチ山へ 05-206
e0304702_08103336.jpg
e0304702_20030717.jpg
"
高ボッチ高原 アルプス連峰パノラマ展望台から高ボッチ山へ 05-208
e0304702_08110719.jpg
e0304702_08181659.jpg
"
高ボッチ山に着いて 05-210
e0304702_08115479.jpg
e0304702_08190253.jpg
"
高ボッチ山からの夜景 リンからなでしこへ 05-214
e0304702_08123434.jpg
e0304702_08192749.jpg

きれいだね 06-009
e0304702_19350502.jpg
e0304702_08195821.jpg
"
きっとそらでつながってる 05-222
e0304702_08133915.jpg
笛吹川フルーツ公園最上部恋人の聖地より H300302撮影
e0304702_07202841.jpg

やはり、天候に恵まれての高原歩きは楽しいものです。それほどの山登りはもうできませんが、それでも山歩きは続けていきたいなと。ゆるキャン△とヤマノススメでずいぶんいろいろな場所を知る機会ができました。今年の夏~秋にかけてはまたいろいろな場所を楽しめそうです。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年06月13日 作成

by fureshima2223 | 2018-06-13 20:09 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sinkirouno.exblog.jp/tb/27328922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30