2018年 01月 15日 ( 1 )


コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目 H300107探訪)

 コミック「ヤマノススメ」百十一、百十二合目に大月市の岩殿山が登場しました。早速と思ったのですが、平成29年8月7日の台風5号による大雨の影響で岩殿山は入山規制となっていました。ようやく平成29年12月7日に入山規制が解けたとの情報を大月市観光協会のホームページで確認しました。なら、行けるとこまで、でも、あおいちゃん達が登った東ルートはまだ入れないのです。まあ、東ルート入口と烽火台を見て歩いたつもり、ふれあいの館側強瀬入口からのピストンとしました。稚児落としから浅利入口へのコースは今回の準備状態では無理と判断したので・・・。天候に恵まれて富士山がとてもきれいでした。探訪日は平成30年1月7日です。

まずはこの1枚 岩殿山山頂からの富士山です。112-03-01
e0304702_20383434.jpg
e0304702_20372810.jpg

大月市観光協会ホームページより
岩殿山入山規制が解けました。 2017.12.09

ホームページがリニューアルして初めての投稿は岩殿山の入山規制解除のお知らせとなりました!!!まずはルートの地図を。×がある東コースは復旧の見通しが立っていませんので入れません。入れる入口は、・稚児落としのある西側 浅利入口、・国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口、・神宮橋の手前から入る畑倉入口、です。

e0304702_19504204.jpg
以下、ホームページ内には強瀬入口から山頂までの写真も掲載されています。

それでは探訪の報告です

まずは大月駅で、改札内待合所には、しろ先生からの応援イラストが展示されています。
e0304702_20290113.jpg
e0304702_20291040.jpg
e0304702_20292249.jpg
改札内待合所には岩殿山の入山規制が解除になったとの掲示も
e0304702_20311539.jpg
駅前の案内板にも 注意事項として、岩殿山ふれあいの館の水道とトイレは使えません。 
e0304702_20313292.jpg


大月駅西側跨線橋より大月駅側を見ています。 111-02-02
e0304702_09420011.jpg
天候に恵まれて、富士山はきれいに見えるでしょうか。
e0304702_12412203.jpg
9時35分発富士急行ホリデー快速富士山1号・河口湖行が大月駅から河口湖駅に向かいます。
e0304702_12410393.jpg

JR大月駅正面 111-03-01
e0304702_09425923.jpg
e0304702_12421559.jpg

この鉄塔と岩殿山のアングルは・・・111-03-02
e0304702_20053655.jpg
左上のカットは、鉄塔と岩殿山の位置関係から、高月踏切の手前から撮ったのかな
e0304702_12430027.jpg
左上のカットは観光案内図が見えているので、駅から大月市観光協会観光案内所へ向かっているのかな。
e0304702_12424520.jpg

大月市観光協会観光案内所 111-03-03
e0304702_20055033.jpg
e0304702_12434852.jpg

大月市観光協会観光案内所内部正面 内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-03-04
e0304702_20060678.jpg
e0304702_12441783.jpg

大月市観光協会観光案内所内部側面を入れて  内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-04-01
e0304702_20062131.jpg
e0304702_12444051.jpg

大月駅前からも富士山が見えます、歩道に表示がありました。
e0304702_12444847.jpg

高月踏切まで来ました。 111-04-02
e0304702_20064368.jpg
高月踏切の手前、駐車禁止の標識があります。
e0304702_12452474.jpg

大月は桃太郎伝説の場所です 111-04-04
e0304702_20072110.jpg
駅前にこのような塗装の自販機がありました。
e0304702_07521878.jpg

東京電力パワーグリッド株式会社大月支社 大月市御太刀2丁目2−14  111-05-01
この先のT字路を右折して国道139号大月市民会館入口交差点へ
e0304702_20080890.jpg
e0304702_15035826.jpg

大月市民会館交差点で左折して国道139号へ 高月橋手前からの街灯と岩殿山 111-01-01
e0304702_22275435.jpg
撮り忘れたので、グーグルストリートビューから切り出しました。機会があれば撮りたいなと・・・
e0304702_21373814.jpg
岩殿山山頂から、確かにカットに描かれている街灯があります。
e0304702_21374963.jpg

円通寺大坊へ向かう途中 右側のフェンスに囲まれた敷地でヤギが買われています。111-05-02
ヤギのミルクでパンを作っているとのこと 山羊さんの贈り物 ~修験deパン~ by Purucode
e0304702_20085544.jpg
e0304702_15043481.jpg
e0304702_15044217.jpg

円通寺 裏には桃太郎地蔵があります。 111-05-03
このカットは公民館横の道を登っていることになりますが、このアングルでは円通寺大坊は木に隠れてしまうので・・・
桃太郎伝説で子持神社に行って、戻ってきたなら、この歩く方向はあるかも。
e0304702_20101402.jpg
円通寺大坊を正面から撮ってみました。
e0304702_15075451.jpg
カットに載っている歴史散歩マップ
e0304702_15074714.jpg
円通寺の説明
e0304702_15093262.jpg
円通寺の裏にある桃太郎地蔵 船に載っています。
e0304702_15100060.jpg
左手に桃を持っています。
e0304702_15100894.jpg
鬼の盃もあります。
e0304702_15093975.jpg
大月桃太郎伝説めぐり ③鬼の盃の説明板
e0304702_15094678.jpg
円通寺大坊から岩殿上バス停(岩殿山東コース登山口)への歩道から 円通寺大坊
e0304702_15101734.jpg

岩殿山東コース入口(このコースのみH291209現在通行できません。) 111-06-02
階段を登った先には左側のカットのような登山道があるはずです・・・
e0304702_20111332.jpg
e0304702_15121742.jpg
東コース入口の岩殿山周辺案内板
e0304702_15121015.jpg
東コースの入口には土砂崩れの為通行止めとの標示があります。
e0304702_15122588.jpg

七社権現洞窟 111-07-02
東コースはH300107現在通行できません。七社権現洞窟と道案内の地蔵様を載せているブログがありましたので、リンクさせていただきます。リリアンのブログ「七社権現洞窟」2017-04-21 https://ameblo.jp/lilian-lilian/entry-12267520985.html
e0304702_20120389.jpg
七社権現洞窟 111-07-03
e0304702_20121952.jpg
七社権現洞の道案内の地蔵 111-08-02
e0304702_20131137.jpg

北側の集落が見えて、もうすぐ烽火台でしょうか。 111-09-02
e0304702_20134332.jpg

烽火台から東コースへの入り口 空湟から先土砂崩れのため通行禁止との標識があります。
e0304702_20335955.jpg
東コースを登ってようやく標高634mの烽火台に着いたつもり・・・
e0304702_20335122.jpg
東コース烽火台の巻き道 この先、登山道崩落のため進入禁止の標識
e0304702_20332838.jpg
"
烽火台から岩殿山展望所へ向かう途中で 112-01-01
e0304702_20321291.jpg
e0304702_20345277.jpg
"
人馬の水浴用の馬洗池、隣に亀ヶ池もあります、メインルートから少し下ります。 112-01-02
e0304702_20325998.jpg
e0304702_20351951.jpg
馬洗池から戻ってメインルートへ
e0304702_20353182.jpg
"
岩殿山展望所に到着、乃木大将の詩碑と岩殿山634mの標識 112-02-01
でも、秀麗富嶽十二景 八番山頂 この先 の表記、ここは634mではないとのことかと。 
e0304702_20340179.jpg
e0304702_20372331.jpg
岩殿山の標識を飛行機雲と共に撮ってみました。
e0304702_20360274.jpg
"
岩殿山展望所の案内板 112-02-02
e0304702_20352093.jpg
岩殿城跡案内図
e0304702_20380831.jpg
岩殿城の説明板
e0304702_20380069.jpg
"
岩殿山展望所から富士山側の展望 112-03-01
e0304702_20372810.jpg
e0304702_20383434.jpg
少しアップで 富士山
e0304702_20385160.jpg
アップで富士山
e0304702_20384427.jpg
"
岩殿山展望所から大月駅 四季島は来ませんでしたが・・・ 112-03-02
e0304702_20374383.jpg
e0304702_20393349.jpg
"
岩殿山展望所のフェンス、下は断崖です。 112-03-03
e0304702_20380015.jpg
e0304702_20395583.jpg
"
確かに列車の全体を撮る場所としてはいいかも。 112-04-01
e0304702_20381632.jpg
e0304702_20402622.jpg
"
岩殿山展望所から大月市街地 112-04-03
e0304702_20384979.jpg
e0304702_20405390.jpg
"
岩殿山展望所の説明板と東屋 112-05-01
e0304702_20390539.jpg
e0304702_20411315.jpg
"
右は番所跡へ降りていく階段かな、別の場所かもしれません。
左は揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。 112-05-02
e0304702_20392407.jpg
番所跡へ降りていく階段
e0304702_20414401.jpg
揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。枝は切られています。
e0304702_20415444.jpg
"
稚児落としのある西側 浅利入口へのコースと国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口へのコースの分岐
e0304702_20422490.jpg
今日は体力と装備を考慮して、稚児落としのある西側・利入口へのコースはパス、強瀬入口へ下山です。
e0304702_20423213.jpg
"
あおいちゃん達は稚児落としのある西側・浅利入口へのコースを通っています。送電線の鉄塔をくぐって 112-05-03
e0304702_20394285.jpg
兜岩のトラバースと垂直20m程度の上りがあるとのこと 112-06-01
e0304702_20395594.jpg
112-06-03
e0304702_20404017.jpg
稚児落としの岩壁 112-08-01
e0304702_20420593.jpg
お父さん、経験からいろいろ話すけど・・・112-09-01
e0304702_20422150.jpg
あおいちゃん、うざいとおもっているような・・・ 112-09-02
e0304702_20423634.jpg

ふれあいの館側強瀬入口から岩殿山をピストンしましたので、その写真も載せていきます。

強瀬入口 左側:岩殿城跡入口、右:岩殿山丸山公園入口
e0304702_13265238.jpg
しばらく登って、門を振り返って
e0304702_13302890.jpg
門と岩殿山 烽火台の放送塔も見えています。
e0304702_13313301.jpg
門の前からの富士山がきれいです。
e0304702_13322076.jpg
少し上って、従来の登山道には「この先、登山道崩落のため進入禁止」の標示あり、
新たに整備された登山道へ
e0304702_13354651.jpg
新たに整備された登山道、平成29年12月7日より通れるようになったとのこと
e0304702_13370693.jpg
岩殿山ふれあいの館が見えました。
e0304702_13390779.jpg
断水のため水道は使用できず、トイレも使用できません。
e0304702_13411289.jpg
岩殿山ふれあいの館の入口 飲み物の自販機はあります。ヤマノススメのイラストも
e0304702_13394349.jpg
岩殿山ふれあいの館のヤマノススメイラスト等展示
e0304702_13425072.jpg
e0304702_13430889.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景
e0304702_13462506.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景からの富士山
e0304702_13440861.jpg
岩殿山展望所に向かう登山道
e0304702_13482599.jpg
e0304702_13484026.jpg
e0304702_13485743.jpg
まもなく岩殿山展望所に着きます。
e0304702_13494000.jpg
岩殿山展望所の標記と乃木大将詩碑
e0304702_13504431.jpg
岩殿山展望所からの富士山
e0304702_13511844.jpg
岩殿山展望所からの三つ峠 三つ峠からの富士山も見てみたいと・・・
e0304702_13522155.jpg

 最初は岩殿山は次の探訪、大月駅周辺~強瀬入口~円通寺~東コース入口の探訪ができればと思って出かけましたが、天気に恵まれ、富士山の展望が期待できたので、強瀬入口~ふれあいの館~岩殿山のピストンを追加しました。天覧山よりはきついですが、まだこの程度の山なら登れるとの感触を得たと思います。今年こそ、一番楽なコースのピストンにはなると思いますが、三つ峠からの富士山を見ることができたらと。

"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年01月15日 作成










by fureshima2223 | 2018-01-15 14:29 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31