コミック「ゆるキャン△」舞台探訪005 富士山駅から道の駅カリブー.みさきキャンプ場目指して 第6巻31話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪005 富士山駅から道の駅カリブー.みさきキャンプ場目指して 第6巻31話

コミック「ゆるキャン△」第6巻31話カリブーくんとキャンプチェアーに登場した舞台富士吉田駅周辺と道の駅富士吉田を訪れました。主な目的は富士山レーダードーム館でコミック「ゆるキャン△」のパネル展示があることを知り、その内容を確認することでした。パネル展はR010506で終了しましたが、以下のブログも作成しましたので参考になれば。

本ブログは平成31年04月14日に富士吉田駅とその周辺、バスの車内から、道の駅富士吉田の探訪し、まとめたものです。この後は、コミック「ゆるキャン△」第6巻第32~34話に登場する紅富士の湯、オギノ山中湖店、長池親水公園、みさきキャンプ場などを訪れることができたらと。

まずは富士急電車の車内からの富士山 大垣千明・犬山あおい・斉藤恵那の3人、富士急行電車の車内から富士山を見たのではと 大月からの電車は富士山を正面に見て月江寺駅に進入 H310414
e0304702_07592141.jpg

富士山駅に到着 スイッチバックで河口湖駅に向かうそうな
e0304702_07594861.jpg

3人富士山駅に到着 006-055-01
e0304702_16554367.jpg
富士山駅改札口
e0304702_08000927.jpg
この富士山駅の標示はホームから改札口に下りるときに見えます。
e0304702_08020912.jpg

富士山駅全景 006-055-02
e0304702_16561684.jpg
我がカメラではこの程度
e0304702_08035143.jpg

でっかい鳥居が渋いぜ! 006-055-03
e0304702_16564497.jpg
e0304702_08050699.jpg
"
富士山駅で 006-056-02
e0304702_16572426.jpg
富士吉田市観光案内所と珈琲茶論が見えています。
e0304702_07032439.jpg

富士山駅前からバスターミナル 006-056-03
e0304702_16575577.jpg

e0304702_07034178.jpg

この時期だと凍って滑りやすくなってるかな 006-057-03
e0304702_16583232.jpg

富士山駅バス切符売り場で 山中湖行のフリーパスは探訪時点で1500円ですが、平野まで片道790円であり、2日間利用できるので、11往復のバスダイヤで対応できるなら(同名のバス停なら路線バスも利用可)価値があるかも 006-059-01
e0304702_16590746.jpg
富士山駅バス切符売り場 魚眼でないため正面の切符売り場に着目
e0304702_07040563.jpg

切符売り場の時刻表を見て 006-059-02
e0304702_16594396.jpg
切符売り場の時刻表(H310414) 右回り5本左回り6本運行しています。
e0304702_07042608.jpg

ターミナルにバスが来ていて 006-059-03
e0304702_17001065.jpg
切符売り場から山中湖行バス乗り場
e0304702_07044561.jpg
河口湖駅からふじっ湖号下り③便8:53発平野行が到着
e0304702_07045288.jpg

急げお前らっ!! あれに乗り遅れたら1時間待ちだぞっ!! 
行き先が道の駅富士吉田なら、確かにふじっ湖号は1時間毎です。006-060-01
e0304702_17004434.jpg
河口湖駅からふじっ湖号下り③便8:53発平野行が到着
e0304702_07052664.jpg

ふじっ湖号に乗車 006-060-02
e0304702_17011265.jpg
ふじっ湖号下り③便平野行 通路まで乗客でいっぱいです。忍野八海へはすぐ後の路線バスへ誘導していました。
e0304702_07054058.jpg
ふじっ湖号下り③便平野行に乗車
e0304702_07055995.jpg

富士山駅前交差点 006-061-01
e0304702_17014860.jpg
富士山駅前交差点でバスと共に ふじっ湖号には合わせることができなかったので 
e0304702_07061727.jpg

まずカリブー富士吉田に寄って 次に山中湖の温泉に行く んでスーパーで買出しに行く 
キャンプ場に到着 明日は山中湖観光だ このブログはカリブー富士吉田までですが 006-061-02
e0304702_14485698.jpg

富士山を正面に見て国道139号を進みます。なでしこはバイト中とか 006-062-02
e0304702_14490907.jpg
ふじっ湖号の車内から 正面に富士山が見えます
e0304702_18492722.jpg

次は富士山レーダードーム前 ここが道の駅富士吉田の最寄りバス停です。 006-063-01
e0304702_14492789.jpg
ふじっ湖号の車内から富士山レーダードーム館と富士山を見て、交差点を右折、富士山レーダードーム前
e0304702_18504545.jpg
ふじっ湖号の車内から モンベルの横を通って
e0304702_18511581.jpg
モンベルの横を通って コミックカットと合わせて
e0304702_18513956.jpg
上り⓸河口湖駅行ですが 富士山レーダードーム前バス停へ
e0304702_08104816.jpg

富士山レーダードーム前バス停で降りて 006-063-02
e0304702_14494444.jpg
上り⓸河口湖駅行ですが
e0304702_08133563.jpg
下り③便平野行 富士山駅から乗ってきたバスです
e0304702_08140396.jpg

富士山レーダードーム館から道の駅富士吉田全景 006-063-03
e0304702_14500020.jpg
e0304702_08143641.jpg
富士山レーダードーム館周辺案内図
道の駅富士吉田 富士吉田市新屋1936-6 https://www.fujiyoshida.net/spot/180
e0304702_08145462.jpg

カリブー富士吉田店 006-064-01
e0304702_14501824.jpg
富士山レーダードーム前バス停付近から 
モンベル富士吉田店:富士吉田市新屋1936 道の駅富士吉田内
e0304702_08185733.jpg

アウトドアショップカリブーのマスコットカリブーくん 006-064-02
e0304702_14504132.jpg
もふもふだね 006-064-03
e0304702_14505591.jpg
モンベルのキャラクター アメリカクロクマのモンタベア 
e0304702_08170312.jpg

モンベルのキャラクター アメリカクロクマのモンタベア アップで 006-066-01
e0304702_15582710.jpg
e0304702_08180354.jpg
結局抱きついとるやないか 006-066-02
e0304702_14510871.jpg

店内に犬のぬいぐるみ 006-067-01
e0304702_14512102.jpg
撮影について了解をいただいています。これのみR010524撮影
e0304702_09280467.jpg

ローチェアとハイチェア どちらを選ぶのかな 006-069-02
e0304702_16000217.jpg
ローチェアとハイチェアの特徴 006-069-03
e0304702_16001370.jpg
で、ハイチェアを購入、キャンプ場で早速組み立てたとか 006-109-03
e0304702_16173712.jpg
カリブー富士吉田店を出て 006-077-02
e0304702_14514814.jpg
モンベル富士吉田店正面
e0304702_08192603.jpg

モンタベアとお別れして
e0304702_08185523.jpg


3人は紅富士の湯へ 山中湖村に入るので次のブログに続きます。 006-077-03
e0304702_14520839.jpg
グーグルマップ ストリートビューより切出し
国道138号線 道の駅富士吉田より紅富士の湯へ
e0304702_07455854.jpg

富士山駅から道の駅富士吉田のカリブーまでをまとめてみました。このあと紅富士の湯、オギノ山中湖店、山中湖、みさきキャンプ場へと続く予定です。本当にこのあたりまで来ると富士山が大きく見れていいかなと・・・登るとは言っていませんが・・・。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年5月26日 作成




# by fureshima2223 | 2019-05-26 13:32 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

マンホールカード20枚目ゲット甲府市観光案内所で、駅周辺でマンホール蓋を見てみました

マンホールカード20枚目ゲット甲府市観光案内所で、駅周辺でマンホール蓋を見てみました

平静31年3月24日に山梨市の笛吹川フルーツ公園へ行く前に、甲府まで足を延ばして、甲府市のマンホールカードをいただき、座標蓋と甲府駅西側を少し歩いて、マンホール蓋との出会いを楽しみました。

甲府市のマンホールカード配布について
発行年月日 2018/08/11(第8弾)
配布場所  甲府市観光案内所 山梨県甲府市丸の内一丁目2-14 電話:055-226-6978
配布時間 【平日】9:00~18:00 【休日】9:00~19:00(12~3月の休日は9:00~18:00)
ただし、定休日、年末年始はお休みです

まずはこの1枚 マンホールカードと座標蓋です。
e0304702_18222040.jpg

【こうふ開府500年記念事業】レア・デザインのマンホールを設置しました!! 更新日:2018年03月28日

下水道のマンホール蓋は、下水道事業のイメージアップと理解促進のために、全国の自治体ごとに独自の趣向を凝らした「ご当地マンホール」としてデザインされており、近年、そのデザイン性が外国人観光客や若い女性などの間で注目を集め、愛好家が現地に赴くなど、その人気は急激に高まっています。

 そこでこのたび、甲府市上下水道局では、こうふ開府500年記念事業の一環として、レア・デザインのマンホールを設置いたしました。設置場所は甲府駅南口、武田信玄公之像を正面に臨む、平和通り沿いの歩道内となりますので、足を止めてゆっくりとご覧いただけます。


【設置場所】甲府駅南口 武田信玄公之像正面歩道  ※設置箇所は1箇所のみのレアマンホールとなります。

【仕 様】 直径 634mm 重量 34Kg (デザイン部分 390mm) デザインストリーマータイプ

【デザインコンセプト】 甲府市を代表する歴史的人物である「武田信玄公」のイラストをメインに、「武田菱」や「風林火山」の文字をレイアウトし、甲府らしさを表現しています。


まず信玄公を詣でて

e0304702_18255698.jpg
甲府観光案内所でマンホールカードをいただきました。
e0304702_18234895.jpg
甲府市のマンホールカードです。
e0304702_18231491.jpg
e0304702_18232430.jpg
甲府市観光案内所と座標蓋の地図 甲府ホームページより
e0304702_18234053.jpg
"
座標蓋 「武田信玄公」のイラストがメインです。
e0304702_13334325.jpg
マンホールカードと座標蓋
e0304702_18222040.jpg

甲府駅の西側を少し歩いて出会った下水道のマンホール蓋
T-25 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 

甲府市のマンホールの蓋(ふた)について(平成30年7月時点)より

甲府市型下水道用鉄蓋
甲府の酷暑、寒風に耐えて、その可憐で美しい花を大空に向かって開く市の花「ナデシコ」をモチーフに、内側(4つ)と外側(9つ)に分け、放射状に表現したものです。この鉄蓋は、平成7年度から使用され、新規下水道整備及び随時取り替え等を行っています。
e0304702_19540241.jpg
T-25 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 設置年次の違いか塗装の違いか
e0304702_19534004.jpg
T-14 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋
e0304702_19545882.jpg
T-14 甲府市型デザイン下水道用鉄蓋 設置年次の違いか塗装の違いか
e0304702_19552118.jpg

甲府市型下水道用鉄蓋 亀甲蓋のベースはこれかな 

e0304702_13344410.jpg
亀甲蓋 開閉穴付近が少し違っているような
e0304702_16261368.jpg
下N表記  上鍵かな
e0304702_14242855.jpg
下N表記 上鍵閉塞かな
e0304702_14251293.jpg
下左N表記  開閉穴違い
e0304702_14233356.jpg
上1表記
e0304702_16293978.jpg
これも亀甲蓋
e0304702_16302801.jpg

テトラポッド模様 ~ 毘沙門亀甲文様

e0304702_17364097.jpg

中型蓋 亀甲
e0304702_18114739.jpg
これも中型蓋
e0304702_18130998.jpg

同じように見える下水道マンホール蓋も、微妙に違いがあるのが面白いです。観光や仕事で駅を降りたときにほんの少し歩いてマンホール蓋との出会いを楽しむのも、その場所に行ったという記念になります。

履歴
2019年05月10日 作成






# by fureshima2223 | 2019-05-10 07:53 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪016 高水三山の岩茸石山へゆるふわ登山(百十七合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪016 高水三山の岩茸石山へゆるふわ登山(百十七合目)

せっかくのお休みなので、どこかゆるく登れる山にいこうかなと思い、できるだけ車で行ってかつ舞台探訪と山頂からの展望を楽しみたいとの目的で、コミック「ヤマノススメ」の百十七合目に登場した高水三山のうち、高水山から展望のいい岩茸石山を往復しました。この山行のキーポイントは、高水山まですぐの常福院まで車道があり、参拝用の駐車場に車が置けるということです。ここからなら岩茸石山を往復しても約1時間30分程度、確かにゆるふわ登山となりそうです。探訪日は令和元年05月03日、軍畑駅から高水山登山口までは平成30年08月05日です。

まずはこの1枚
岩茸石山の山頂793mで 117-12-1 R010503撮影
e0304702_09343445.jpg
今度は登頂成功させよう 117-12-1
e0304702_21355027.jpg

それでは軍畑駅からブログにまとめていきます。 

軍畑駅から軍畑踏切を通って 117-04-1
e0304702_08042232.jpg
軍畑駅ホーム H300805撮影 

e0304702_15555576.jpg
軍畑駅を起点とするハイキングコース案内板 H300805撮影 
e0304702_15560257.jpg
軍畑踏切を渡って R010503撮影
e0304702_20202288.jpg
"
軍畑踏切を渡って少し進んで 117-04-2
e0304702_08043281.jpg
R010503撮影
e0304702_20215055.jpg
"

国立奥多摩美術館 117-05-1

グーグルマップにコメントがありました「国立奥多摩美術館と言う名前ですがもちろん国立ではなく,奥多摩でもなく,美術館でもありません。アトリエ兼アートのイベントスペースです。期間限定でオープンします。
e0304702_21284954.jpg
H300805撮影 
e0304702_15563899.jpg

平溝橋前の分岐 左平溝通り経由高水山登山口へ、右都道193号線 H300805撮影 
e0304702_15565468.jpg

分岐 左平溝通り、右高水山登山口へ 117-05-2
e0304702_21291030.jpg
H300805撮影 
e0304702_15571161.jpg
分岐手前の案内板 H300805撮影 
e0304702_15572336.jpg

高水山登山口に入って、砂防ダムを右に見て 117-06-2
e0304702_21300698.jpg

高水山源流の釣り堀 H300805撮影 

e0304702_21164938.jpg
高水山登山口と砂防ダム説明版 H300805撮影 
e0304702_21165772.jpg
高水山登山口の道標 H300805撮影 
2017年2月より2020年ころまでの間、惣岳山北分岐点より沢井方面への分岐点の間が通行止めになることがあるとのことです。
e0304702_21170727.jpg
階段と砂防ダム ここから登山道です。 H300805撮影 
e0304702_21171351.jpg

本来ならここから登山ですが、上成木バス停経由で9.4kmワープして
上成木バス停からなちゃぎり林道経由で高水山常福院龍学寺の駐車場まで車で上ります。

グーグルマップより切出し 高水山源流の釣堀5.2km⇒上成木バス停4.2km⇒高水山常福院
e0304702_08000174.jpg
常福院龍学寺表参道・高水三山登山口の石柱 バックは成木の家 R010503撮影 
e0304702_09533409.jpg
上成木バス停待合所で 高水山周辺案内図 R010503撮影
e0304702_09535652.jpg
林道なちゃぎり線に入り、常福院龍学寺の駐車場に向かいます。 R010503撮影
e0304702_09542062.jpg
林道なちゃぎり線のゲート R010503撮影
e0304702_09543889.jpg
林道なちゃぎり線の案内板 R010503撮影
e0304702_09545070.jpg
林道なちゃぎり線と軍畑方面からの山道 林道は一部未舗装です。 R010503撮影
e0304702_09551757.jpg
常福院龍学寺の駐車場に車を停めて R010503撮影
e0304702_09553783.jpg

常福院龍学寺へ R010503撮影
e0304702_09555483.jpg
常福院龍学寺への参道 R010503撮影
e0304702_09561159.jpg
軍畑からの登山道と出会って R010503撮影
e0304702_09564978.jpg
ここが軍畑からの登山道の出会い場所 R010503撮影
e0304702_14485577.jpg
山門への階段 金属製の日ノ丸も R010503撮影
e0304702_14490803.jpg
山門への階段から 逆側は日章旗です R010503撮影
e0304702_14492351.jpg
高水山常福院の山門 R010503撮影
e0304702_14494086.jpg
不動堂 R010503撮影

e0304702_14495506.jpg
浪切白不動明王 開運守護の剣と和犬型の狛犬 R010503撮影
e0304702_14500918.jpg
平成6年6月16日に皇太子殿下と雅子妃殿下御来山 R010503撮影
e0304702_14502440.jpg
高水三山ハイキングコースとの道標 R010503撮影
e0304702_14504091.jpg
高水山常福院の裏から高水山へ R010503撮影
e0304702_18342424.jpg

117-07-1
e0304702_21304529.jpg
高水山への途中から惣岳山756mが見えました。 R010503撮影
e0304702_18345828.jpg
もうすぐ高水山の山頂です。 R010503撮影
e0304702_18352374.jpg

高水山の山頂に到着 117-07-2
e0304702_21311245.jpg
高水山の山頂に到着 117-07-02 R010503撮影
e0304702_18354817.jpg
お嬢様聖水と共に R010503撮影
e0304702_18360008.jpg
山頂の神社 117-07-02 R010503撮影
e0304702_18361637.jpg
高水山の山頂付近案内図 R010503撮影
e0304702_14512607.jpg

117-07-3
e0304702_21313699.jpg
岩茸石山からの高水山 R010503撮影
e0304702_22201822.jpg
すみれがあちこちに咲いています。これは常福院の裏で R010503撮影
e0304702_22202569.jpg
"
ほのかちゃん 花を撮りながら 117-08-1
e0304702_21320811.jpg
登山道で、イメージだけですが 117-08-1 R010503撮影

e0304702_09323657.jpg

もう山頂に着きそう 117-08-2
e0304702_21323142.jpg
ここから岩茸石山への登りかと 117-08-2 R010503撮影
e0304702_09325434.jpg
間もなく岩茸石山の山頂です R010503撮影
e0304702_09331951.jpg

着いた、おーすごい眺め 117-09-1
e0304702_21330729.jpg
岩茸石山の山頂793m 展望がとてもいいです。 117-09-1 R010503撮影

e0304702_09333805.jpg
お嬢様聖水と共に R010503撮影
e0304702_12182997.jpg
岩茸石山の山頂 道標と三角点 R010503撮影
e0304702_12184771.jpg
お嬢様聖水と共に 三角点 R010503撮影
e0304702_12190119.jpg

市街地の展望 117-09-2
e0304702_21332385.jpg
市街地の展望 飯能方向  117-09-2 R010503撮影
e0304702_09335692.jpg

天気によってはスカイツリー見えるかな 117-10-1
e0304702_21334917.jpg
西武ドームは見えました 117-10-1 R010503撮影
e0304702_09341394.jpg

あおいちゃんいい顔してたよ 117-11-1
e0304702_21341412.jpg
あおいちゃん 富士山どうするの? 117-11-2
e0304702_21345344.jpg
今度行く予定なんだけど、富士山一緒にどう? 117-11-3
e0304702_21352128.jpg

今度は登頂成功させよう 117-12-1
e0304702_21355027.jpg
岩茸石山の山頂793mで 117-12-1 R010503撮影
e0304702_09343445.jpg
岩茸石山の山頂からの山岳展望 これでいいでしょうか

本仁田山~川苔山~日向沢ノ峰 R010503撮影
e0304702_17354595.jpg
有間山~棒ノ折山~武甲山~武川岳 R010503撮影
e0304702_17361623.jpg
関八州見晴台・大高山~天覚山 R010503撮影
e0304702_17365174.jpg
物見山~日和田山 R010503撮影
e0304702_17371478.jpg
多峯主山~天覧山~龍崖山 R010503撮影
e0304702_17374102.jpg
高水山と通ってきた道 R010503撮影
e0304702_17380369.jpg
帰りは高水山の巻道を通って高水山常福院へ戻ります R010503撮影
e0304702_17384620.jpg

ゆるふわな登山でしたが、天気に恵まれて山岳展望を楽しめました。もう縦走はできませんが、体力と気力に合わせて舞台探訪と山歩きをしていけたらと。


・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年05月08日 作成



# by fureshima2223 | 2019-05-08 06:44 | ヤマノススメ | Trackback(392) | Comments(0)

バスの終点へ行こう011 はやかわ乗合バス(運行は株式会社俵屋観光)奈良田温泉バス停

バスの終点へ行こう011 はやかわ乗合バス(運行は株式会社俵屋観光)奈良田温泉バス停

はやかわ乗合バスは奈良田温泉と身延駅を1時間30分で結びます。1日4往復です。
奈良田温泉ー早川町役場ー飯富ふれあいセンター(高速バスとの乗換)ー下部温泉駅(JRとの乗換)-身延駅

まずはこの1枚 
奈良田温泉バス停やませみ号 身延駅行き第3便13:50発待機中。待合室とトイレ 後方上は奈良田の里温泉
e0304702_14155947.jpg

訪れたのは平成31年03月22日、甲府駅からレンタカーで出発、
コミック「ゆるキャン△」探訪の際に併せて撮りました。探訪ブログも見ていただけると・・・


奈良田バス待合所 トイレ併設 右側奈良田温泉バス停にバスが駐車します
e0304702_20382543.jpg
奈良田バス待合所掲示の奈良田の里マップ 駐車場は少し先、バス停から奈良田の里温泉への近道があります。
e0304702_20414876.jpg
奈良田温泉バス停 1日4往復です。
e0304702_20393119.jpg
奈良田温泉バス停の北側に 山梨交通の奈良田バス停 シーズンになると広河原へのバスが出ますが、平成30年10月以降台風災害により運休中です。今年は運行されるのでしょうか、2019年5月以降に山梨交通のホームページにお知らせが載るとのことです。
e0304702_20404280.jpg
旅館大家の左側に 山交バス発着所の案内と券売所窓口でしょうか
平成23年12月までは山交タウンコーチ(その前は山梨交通とのことかな)が運行していた名残でしょうか
e0304702_21284941.jpg

奈良田温泉行第2便⒒:55着のバスが来ました
e0304702_21213379.jpg
e0304702_21214079.jpg
奈良田バス停待合所前で停車して、バックでバス駐車位置に入ります
e0304702_21214895.jpg
e0304702_21215690.jpg
ここまで奈良田温泉の表示でした
e0304702_21220450.jpg
表示は身延駅に変わりました。身延駅行第3便13:50発まで55分待機します。
e0304702_14155947.jpg
待機中のやませみ号をアップで5枚
e0304702_21310026.jpg

e0304702_21310714.jpg
e0304702_21311531.jpg
e0304702_21312196.jpg
e0304702_21313362.jpg
自家用車で行けるところまで行きました。左は広河原に向かう開運隧道、右は奈良田第一発電所に向かうトンネルです。
e0304702_21334499.jpg
開運隧道入口から戻ってくると、13:50発の身延駅行第3便が出発するところでした。
e0304702_21343900.jpg
e0304702_21344743.jpg
e0304702_21350512.jpg

e0304702_21351111.jpg
身延駅に向かって、
e0304702_21351921.jpg

奈良田の公共駐車場 ここに車を停めて散策です
e0304702_21335348.jpg
古民家カフェ「鍵屋」さん
e0304702_21380201.jpg
鍵屋さんの内部です
e0304702_21381506.jpg
えごまチーズケーキとコーヒーのセットをいただきました
e0304702_21380939.jpg
そのあと奈良田の里温泉へ、時間がなくて温泉は入りませんでしたが
e0304702_21384089.jpg
奈良田湖(西谷ダム)、手前に吊橋が見えます。
e0304702_21384937.jpg
眼下には奈良田温泉バス停と待合所があります。
e0304702_21385532.jpg

奈良田を散策して、バス停に行くとカワセミ号身延行第4便⒖:55発が待機していました。
e0304702_21393795.jpg
待機中のためか、行先表示の標示はありませんでした。
e0304702_21394306.jpg
e0304702_21395057.jpg
この後は富士川町の道の駅で小休止して、甲府に戻りました。

身延駅~奈良田温泉間「はやかわ乗合バス」の運行について

山交タウンコーチによる路線バスにかわり、平成24年1月1日より「はやかわ乗合バス」が運行されています。
※従来どおり1日4往復ですが、バス停箇所、運行時刻、料金につきましては変更がございますのでご注意下さい。
※下部温泉駅を経由いたしますので、JR身延線を利用してお出かけの際は、下部温泉駅での乗り継ぎができます。(こちらの H30.4以降「下部温泉駅乗り継ぎ例」をご覧ください。)
※身延発新宿行きの高速バスをご利用の方は、「飯富ふれあいセンター」を下車し、道向かいの高速バス「飯富」停留所にて乗り継ぐことができます。(こちらの高速バス乗り継ぎ例をご参考ください)

路線図・主要バス停時刻表 H310420切出し
e0304702_11181300.jpg
バス時刻表
e0304702_11211029.jpg
"
「バスの終点へ行こう」のブログも11本目になりました。ほとんどは舞台探訪の途中で撮ったものですが、舞台探訪とは少しは違った視点で、訪れた場所の記憶を記録として残していけたらと。

履歴
2019年04月25日 作成



# by fureshima2223 | 2019-04-25 07:53 | バスの終点へ行こう | Trackback | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」モデル地紹介パネル展(富士山レーダードーム館2019.3.8-5.6)に行きました

コミック「ゆるキャン△」モデル地紹介パネル展(富士山レーダードーム館2019.3.8~5.6)に行きました

富士山レーダードーム館でコミック「ゆるキャン△」モデル地紹介パネル展が開催されます。とのことで、平成31年4月14日に訪れました。身身延山ロープウェイに展示されていた志摩リンのビーノも富士山レーダードーム館に移動してきていました。

富士山レーダードーム館1階ロビーでの展示です。「ゆるキャン△」グッズも多くの種類が販売されています。
富士山レーダードーム館に入場すると限定ポストカードがいただけます(H31.04.14現在は配布中でした) 
新田次郎さんの小説「富士山頂」は富士山頂の富士山測候所に台風観測のための巨大レーダーを建設(着工1954年)する様子を描いたものであり、そのレーダーが1991年に役割を終えて2004年から富士山レーダードーム館で一般公開されています。

まずはこの1枚 入るとなでしこと志摩リンが迎えてくれます
e0304702_11102569.jpg

富士山レーダードーム館 
山梨県富士吉田市新屋1936-1 https://www.fujiyoshida.net/sp/151
定休日毎週火曜日(7,8月は無休)、営業時間9:00~17:00(最終入館は16:30まで)

コミック「ゆるキャン△」モデル地紹介パネル展の案内ちらし(富士山レーダードーム館HPより) https://www.fujiyoshida.net/sp/958
e0304702_07361255.jpg
e0304702_07362123.jpg
①富士山駅から富士山レーダードームバス停まで

どうやって行ったのか:富士急行富士山駅からふじっ湖号に乗って、富士山レーダードーム前バス停で下車
富士急行富士山駅からふじっ湖号(富士吉田・忍野八海・山中湖周遊バス、11往復)に乗り、富士山レーダードーム前バス停で下車すぐです。他の路線バスは富士山レーダードーム前バス停まで入らないことに注意してください。
富士山駅でふじっ湖号に乗って
e0304702_08501259.jpg
国道138号を道の駅へ右折して
e0304702_08553470.jpg
富士山レーダードーム前バス停で下車
e0304702_08555642.jpg

②富士山レーダードーム館到着

富士山レーダードーム前バス停からの歩道で なでしこの幟と富士山レーダードーム館
e0304702_08570024.jpg
富士山駅レーダードーム館周辺案内図
ゆるキャン△のなでしこと志摩リンの幟5か所で出会いました。
e0304702_08571096.jpg
富士山レーダードーム館の入口で 志摩リンの幟
e0304702_08572167.jpg
富士山レーダードーム館 このレーダーが富士山頂に設置されていたとのこと。
e0304702_11101276.jpg
富士山レーダードーム館正面
e0304702_11101975.jpg
③富士山レーダードーム館で コミック「ゆるキャン△」モデル地紹介パネル展 

富士山レーダードーム館に入るとなでしこと志摩リンがお出迎え
e0304702_11102569.jpg
富士山レーダードーム館1階ロビーのゆるキャン△パネル等展示の全景
e0304702_12184633.jpg
正面のパネル コミック「ゆるキャン△」で登場した山梨県内のモデル地を紹介!
e0304702_12202201.jpg
正面のパネル裏 コミックゆるキャン△
e0304702_12211336.jpg
左側のパネル左側1 キャラクター紹介、ゆるキャン△とは
e0304702_12213766.jpg
左側のパネル左側2 山梨市~笛吹フルーツガーデン、モデル地紹介マップ
e0304702_12223881.jpg
左側のパネル右側1 四尾連湖、登場人物が暮らす町/身延町
e0304702_12500307.jpg
左側のパネル右側2 本栖湖/洪庵キャンプ場、ほったらかし温泉/パインウッドキャンプ場
e0304702_12500971.jpg
右側のパネル左側1 富士吉田周辺のモデル地紹介 モデル地紹介
e0304702_14022966.jpg
右側のパネル左側2 富士吉田周辺のモデル地紹介 富士山駅周辺、富士山レーダードーム館/道の駅富士吉田
e0304702_14043630.jpg
奥のパネル表 富士吉田周辺のモデル地紹介 山中湖/みさきキャンプ場、山中湖温泉紅富士の湯/OGINO山中湖店
e0304702_14070974.jpg
奥のパネル裏 キャンプの愉しみ方 キャンプグッズ、キャンプ飯 
e0304702_14103158.jpg
右側のパネル右側1 中部横断道路開通ゆるキャン△スタンプラリー2019、2018年8月11日やまなしで過ごす「山の日」
e0304702_14124258.jpg
右側のパネル右側2 ゆるキャン△第8巻 4月26日発売
e0304702_14161532.jpg
身延から移動してきた志摩リンビーノ
e0304702_20055931.jpg
テントも
e0304702_20061906.jpg
志摩リンのポップ
e0304702_20073038.jpg
ARの案内と記帳ノートについて
e0304702_20080589.jpg
記帳ノート、巡礼本の配布も
e0304702_20100751.jpg

④富士山レーダードーム館展示施設へ

入場券を購入し、特典のポストカードをいただきました。
e0304702_19261822.jpg
展示施設で 富士山頂の富士山測候所のジオラマ
e0304702_19192043.jpg
富士山レーダーについて 実物を展示しています。
e0304702_19205348.jpg
富士山レーダー
e0304702_19223230.jpg
レーダーリレーアンテナと富士山
e0304702_19232117.jpg
⑤富士山レーダードーム館で 多くのグッズがあります。

1列両面+表と裏に多くのゆるキャン△グッズ
e0304702_15515954.jpg
e0304702_15521565.jpg

e0304702_15522824.jpg
e0304702_15524168.jpg
e0304702_15525990.jpg

e0304702_15531659.jpg

ゆるキャン△食品も片側の半分ほど
e0304702_15533590.jpg

関係者のサインも
e0304702_15535532.jpg

展示用巨大ふじちゃん
e0304702_15541051.jpg
ふじちゃんぬいぐるみ販売用
e0304702_15543029.jpg

⑥富士吉田観光PRキャラクター桜織(さおり)ちゃん

富士山レーダードーム館展示施設入口で
e0304702_18490960.jpg
富士吉田観光PRキャラクター桜織(さおり)ちゃんの説明版
e0304702_18555296.jpg
展示施設内にも
e0304702_18503391.jpg
このようなキャラまんもあるとのこと
e0304702_18511152.jpg
富士山アリーナの前で出会ったふじよしだ観光振興サービスの富士吉田観光PRキャラクター桜織(さおり)ちゃんラッピング車
e0304702_18584870.jpg


富士吉田道の駅からの富士山を見て、早めに戻りました。
e0304702_20113651.jpg
富士山レーダードーム館を訪れ、パネル展を見てきました。もちろん、ゆるキャン△の大垣千明たちが見たここまでの風景もたくさんありますが、キャンプ場を探訪した後ブログにまとめられたらと。今回は富士山レーダードーム館の展示と販売グッズをまとめてみました。

履歴
2019年04月21日 作成













# by fureshima2223 | 2019-04-21 20:51 | 徒然なるままに | Trackback(139) | Comments(0)

「花咲くいろは」第9回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみます(H310420 開催の告知)

「花咲くいろは」第9回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみます(H310420 開催の告知)

平成31年も、確認できた範囲で「花いろ」第9回湯涌ぼんぼり祭りの情報を集めてみたいと思います。

なお、参考として、H30の「花いろ」第8回湯涌ぼんぼり祭りの情報については以下のブログでまとめています。いつごろどのような情報が告知されるかがおおよそわかると思います。



03)湯涌ぼんぼり祭り

4月25日

【お知らせ】第9回湯涌ぼんぼり祭り個人協賛のお申込みを4月27日(土)午前9時から開始致します。本年も「湯涌ぼんぼり祭り」をよろしくお願い致します。詳しくはこちら https://yuwaku.gr.jp/information/2202/ 

e0304702_05540324.jpg
e0304702_05541852.jpg
e0304702_05543422.jpg
e0304702_05544685.jpg

02)湯涌ぼんぼり祭り

湯涌ぼんぼり祭り 

【お知らせ】大勢の皆様のお力添えの元、本年の第9回 湯涌ぼんぼり祭りも無事開催される運びとなりました。昨年は台風の影響で、ご迷惑をおかけしました。昨年の悔しさを胸に地域一丸となって「第9回湯涌ぼんぼり祭り」に取り組んで参ります。詳しくはこちら


湯涌温泉観光協会ホームページイベント情報 https://yuwaku.gr.jp/event/2185/

e0304702_12223088.jpg

01)湯涌ぼんぼり祭り

湯涌ぼんぼり祭り

【お知らせ】4月25日(木)より「金沢・南砺アニメで巡る旅マップ」の配布をスタート致します。詳しくこちら


履歴
2019年04月20日 作成 ツイートで告知、ホームページ掲載を載せました。






# by fureshima2223 | 2019-04-20 12:26 | 花咲くいろは | Trackback(2) | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪004 志摩リン 早川町の静かの湖、雨畑へ 第7巻第38話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪004 志摩リン 早川町の静かの湖、雨畑へ 第7巻第38話
第7巻第38話静かの湖

第7巻第36話なでしこさんぽとしまりんさんぽと第7巻第37話カフェとしぐれと一人旅と第38話静かの湖の一部、第7巻ではリンちゃんが赤沢宿・奈良田の里・雨畑と回りますが、桜さんと会ったり、なでしこの1人キャンプのことが気になったりと・・・。このブログは志摩リンが県道37号線から県道810号線に入って雨畑湖、ヴィラ雨畑を訪れた場面の探訪ブログです。その先の橋までは行っているので、コミックには描かれていませんが、見神の滝まで行っているのではとも思ってしまいます。探訪日は平成31年03月26日と桜さんのジビエは平成31年03月22日です。魚眼レンズやパノラマを持っていないので、写真はそれなりで。撮りこぼしが多く、一部ストリートビューからの切出しとしているため、再探訪必須です。

まずはこの1枚、静かの湖雨畑湖と雨畑ダム このダム湖も水の色が独特です。
e0304702_07364734.jpg
"
①県道分岐から静かの湖雨畑湖まで

奈良田から戻って、雨畑へ
県道810号雨畑と県道37号広河原・西山温泉の分岐標識 身延方面からきて左へ行くと雨畑ですが、
志摩リンは奈良田から雨畑に向かうときは見てないはず 007-084-01
e0304702_17380533.jpg
県道810号雨畑と県道37号広河原・西山温泉の分岐標識 H310326撮影
e0304702_20512089.jpg
県道810号に入って、このあたりかな
e0304702_07312525.jpg

ここはどこでしょうか、再度探してみます。 007-084-02
e0304702_06254974.jpg
とりあえず下見原隧道入口付近を載せてみます。
e0304702_07321763.jpg
"
この注意標識は隧道を出た先でいいのかな 下見原隧道に着いて007-085-01
e0304702_06341614.jpg
下見原隧道を出て、少し先にありました。この道標は県道810号に入って見神の滝までの間でここ1か所でした。
e0304702_07324109.jpg
下見原隧道入口
e0304702_07331972.jpg

下見原隧道を出て 007-085-02
e0304702_06361070.jpg
e0304702_07412730.jpg

下見原隧道を出て 静かの湖雨畑湖 007-085-03
e0304702_06384603.jpg
静かの湖雨畑湖 3枚で載せてみました。
e0304702_07415874.jpg
e0304702_07422994.jpg

e0304702_07425087.jpg

下見原隧道を出て少し先、リンちゃん快走中 007-086-01
e0304702_06394471.jpg

e0304702_07511293.jpg
しばらく進んで、橋を渡った先からのストリートビューより切出し  再チャレンジします
e0304702_07514254.jpg

しばらく進んで、橋を渡った先から雨畑湖と雨畑ダム 007-086-02
e0304702_06400853.jpg
もっと広く撮ればよかったと、 再チャレンジします
e0304702_07364734.jpg

②ヴィラ雨畑を通過して橋まで

馬場隧道を通って、「学校?」 007-086-03
e0304702_06440122.jpg
馬場隧道まで来ました
e0304702_08163073.jpg
馬原隧道を通って
e0304702_08164818.jpg
「学校?」
e0304702_08170399.jpg

ヴィラ雨畑側からの馬原隧道 007-102-03
e0304702_06451242.jpg

e0304702_08173406.jpg

ヴィラ雨畑通過、温泉は後で「違う、学校を改装した宿だっけ」007-087-01
e0304702_06461770.jpg

e0304702_08175333.jpg
硯匠庵さん前 007-087-02

硯匠庵 山梨県南巨摩郡早川町雨畑709-1 http://amehata.suzurinosato.com/index.html

e0304702_06584487.jpg
e0304702_04344687.jpg
"
硯匠庵さん前の早川町の案内板 007-087-03
e0304702_06591797.jpg

e0304702_04350531.jpg

すぐ先で、雨畑湖のパノラマ 007-088-1
e0304702_07000691.jpg
ストリートビューより 再チャレンジします
e0304702_04352684.jpg

やっぱり好きだな 静かな湖 007-088-2
e0304702_07004633.jpg
少し手前、本来の場所から撮りたいので、再チャレンジします
e0304702_04362487.jpg
硯匠庵さんから少し先 007-089-01
e0304702_07013155.jpg
キャンプ場はあの辺りで
ストリートビューより 再チャレンジします
e0304702_04381871.jpg
あっちの道を進むと 静岡県に抜けられるんだっけ
ストリートビューより 再チャレンジします
e0304702_04382597.jpg

吊り橋だ 007-090-01

e0304702_07024899.jpg
e0304702_21020868.jpg

そういえば奈良田湖にも架かってたよな この吊り橋は120mとのこと 007-090-02
e0304702_07034231.jpg

e0304702_21084355.jpg

e0304702_21091593.jpg

e0304702_21093612.jpg

e0304702_21094923.jpg

真ん中はゆれるるる 007-091-01
e0304702_07045273.jpg
今回は渡りませんでした。次はチャレンジしてみますw。
e0304702_21100556.jpg

渡った先はけもの道・・・ 
橋があるなら、やはりその先には何があるか見てみたいと・・・ 007-091-02
e0304702_07073851.jpg
e0304702_21103301.jpg

e0304702_21104915.jpg

静かの湖の橋まで来ました。リンちゃんこの先に行ったのでしょうか。 007-083-01
e0304702_06404887.jpg
ストリートビューより 再チャレンジします
e0304702_04401003.jpg
これしか撮ってなかったので
e0304702_07531901.jpg
③見神の滝

見神の滝に到着 落差42mと言われています。ヴィラ雨畑より2.4km
ここが林道井川雨畑線山梨県側の起点ですが
e0304702_07202002.jpg
見神の滝 落差42mと言われています
e0304702_07234462.jpg
見神の滝の案内板
e0304702_07240457.jpg
再建された不動尊神社鳥居
e0304702_07242638.jpg
不動尊神社鳥居再建趣意書 平成19年3月12日に倒壊し平成19年6月28日に完成したとのこと
e0304702_07244112.jpg
不動尊神社
e0304702_07250135.jpg
不動尊
e0304702_07252076.jpg
不動尊神社から 見神の滝
e0304702_07253860.jpg
見神の滝入り口が林道井川雨畑線山梨県側の起点ですが・・・

林道井川雨畑線 28.044km 山梨県早川町雨畑と静岡県静岡市の井川湖を結ぶ林道 
見神の滝から6.0km先の長畑ゲートより先の山梨県管理及び静岡市管理の範囲は通行止め、
徒歩でも不可、解除時期未定 
007-089-02
e0304702_07120443.jpg
007-098-01
e0304702_07140443.jpg
e0304702_07261412.jpg
⓸ヴィラ雨畑で温泉です。でも・・・

ヴィラ雨畑 山梨県南巨摩郡早川町雨畑699 http://villa-amehata.info/
ヴィラ雨畑とすず里の湯は旧硯島小・中学校の跡地を利用して建てられた宿泊・日帰り温泉施設です。
日帰り温泉 11:00〜20:00、休館日 毎週木曜日、

馬場隧道を通って左折、ヴィラ雨畑の前に出ます。 007-087-01
e0304702_06461770.jpg
元の学校の体育館、ヴィラ雨畑の施設として有料で使用できます。
e0304702_07472215.jpg

ヴィラ雨畑  ここに来たらお風呂ですが・・・ 007-096-01
e0304702_17524672.jpg
e0304702_08175333.jpg

ヴィラ雨畑入口、鹿さんがお出迎え 007-096-02
e0304702_17534080.jpg
ヴィラ雨畑入口
e0304702_07474294.jpg
\イラッシャイ/
e0304702_07475281.jpg

リンちゃんお風呂から上がって やっぱり温泉は少し熱い位が最高だな 007-096-03
e0304702_17542461.jpg
e0304702_07482315.jpg

マッサージです 007-097-01
e0304702_17550295.jpg
e0304702_07484755.jpg

お食事処「豆風坊」で 007-097-02

e0304702_17553993.jpg
訪れたときは開いていませんでした。

営業時間 11:30〜20:00ですが、季節や曜日によって対応できない時もあるようです。

e0304702_07490702.jpg
林道井川雨畑線 28.044km 山梨県早川町雨畑と静岡県静岡市の井川湖を結ぶ林道 
見神の滝から6.0km先の長畑ゲートより先の山梨県管理及び静岡市管理の範囲は通行止め、
徒歩でも不可、解除時期未定 007-098-01
e0304702_17563509.jpg

静岡の秘境・・・か、行けないと気になるのかな。007-098-03
e0304702_17572919.jpg

e0304702_07144646.jpg

やっぱりなでしこのことが気になるリンちゃんです。 007-099-01
e0304702_17584776.jpg

あの辺山の中だし 電波通じないだけか 007-100-01
e0304702_17592144.jpg
e0304702_07151379.jpg

連絡がないことが気になって 007-101-01
e0304702_18000382.jpg

e0304702_07152897.jpg

ダメだ やっぱり気になる‼ 007-101-02
e0304702_18004976.jpg
e0304702_07154625.jpg
絶対思い過ごしだと思うけど。やっぱり気になって・・・ 007-101-03
e0304702_18012792.jpg

e0304702_07161335.jpg

ヴィラ雨畑の温泉の写真も

すず里の湯入口
e0304702_07165530.jpg
温泉分析書 単純硫黄冷鉱泉(低調性中性冷鉱泉)
e0304702_07171334.jpg
男性浴室、露天風呂は女性浴室にしか無いのは残念・・・
e0304702_07173298.jpg

下に雨畑湖沿いの道が見えるので、1段上の道から見ていることになります。
ヴィラ雨畑から県道37号へ戻るときには使わない道かと、キャンプ場を下見するなら別ですが・・・007-102-02
e0304702_18021188.jpg
ストリートビューより 再チャレンジします
e0304702_04392488.jpg

ヴィラ雨畑からの馬原隧道を通って県道37号方面へ、その先は・・・ 007-102-03
e0304702_18022700.jpg


e0304702_08173406.jpg
⑤桜さん早川ジビエへ

早川ジビエ 山梨県早川町草塩503 http://www.hayakawagibier.com/
直売所、レストラン共に不定休 レストラン;予約制10:00~⒖:00 直売所;8:00~17:00

早川ジビエ到着 007-092-01
e0304702_18035549.jpg

e0304702_07405601.jpg

熊の手はないでしょうね、きっと 007-093-02
e0304702_18060041.jpg

e0304702_07411644.jpg

すいません この鹿肉下さい  007-094-02
e0304702_18051377.jpg
訪れたときは出猟中でした。
e0304702_07413109.jpg
なでしこからの連絡がないことを確認して・・・やはり気にしてるようで・・・007-095-03
e0304702_18065449.jpg
⑥ふたり、それぞれに

富士市の野田健康緑地公園キャンプ場の駐車場で各務原桜さんと志摩リンちゃん会合、
それぞれなでしこの1人キャンプを心配していて、それは別の物語として 007-119-02
e0304702_18095917.jpg
コミック「ゆるキャン△」第7巻第36話、第37話、第38話と3話にわたった山梨県早川町の舞台探訪ブログは、以下の2本と併せて3本製作しました。まだまだ主要な場面も撮り残して、見返して、ストリートビューから切り抜いたものもあります。緑が少し濃くなったらまた訪れて、補完できたらと思います。アニメ「ゆるキャン△」第2期には早川町が登場することを期待しています。

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪002 志摩リン早川町の赤沢宿へ 第7巻第36話 2019年03月30日 作成
コミック「ゆるキャン△」舞台探訪003 志摩リン早川町の奈良田の里へ 第7巻第36話と第37話 2019年04月07日 作成

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年4月19日 作成


# by fureshima2223 | 2019-04-19 08:24 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪003 志摩リン早川町の奈良田の里へ 第7巻第36話と第37話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪003 志摩リン早川町の奈良田の里へ 第7巻第36話と第37話


第7巻第36話なでしこさんぽとしまりんさんぽと第7巻第37話カフェとしぐれと一人旅の一部、第7巻ではリンちゃんが赤沢宿・奈良田の里・雨畑と回りますが、桜さんと会ったり、なでしこの1人キャンプのことが気になったりと・・・。このブログは志摩リンが県道37号線を奈良田の里、マイカーの入れる開運隧道入口までを訪れた場面の探訪ブログです。探訪日は平成31年03月22日、魚眼レンズやパノラマを持っていないので、写真はそれなりで。一部平成31年03月26日に赤沢宿・雨畑を訪れた時の写真も使用しています。

まずはこの1枚、コミックカットではありませんが水の色と小島とダム堤体がいいかなと。
奈良田の里温泉から望遠で、西山ダム、駐車場、奈良田湖と小島、早川を渡る吊り橋が確認できます。
e0304702_07343290.jpg

①赤沢宿から県道37号に戻って

赤沢宿から南アルプスプラザの先で県道37号に出て、奈良田温泉方面へ 007-043-03

南アルプスプラザ 

レストラン「早川舎」と「総合観光案内所」を併設、駐車場とトイレあり
e0304702_17355098.jpg
ご苦労さまでーす
e0304702_18230094.jpg
キオツケロヨー
e0304702_18225256.jpg
②早川町役場前

早川町役場 007-044-01
e0304702_17375280.jpg
e0304702_19371441.jpg
③県道810号雨畑と県道37号広河原・西山温泉の分岐標識 

左へ行くと雨畑ですが、ここでは県道37号広河原・西山温泉方向へ 007-084-01
e0304702_17380533.jpg
H310326撮影
e0304702_20512089.jpg
"
⓸県道37号草塩橋手前より

草塩橋が見えます。 007-044-03
e0304702_17382065.jpg
奈良田方向 草塩橋が見えます。
e0304702_21220514.jpg
身延方向 すみません、ストリートビューからの切出しです。
e0304702_21221396.jpg
⑤県道37号新栃の木橋、旧道も見えています

007-045-03 新栃の木橋 青崖トンネル手前の橋
e0304702_17435393.jpg
ドローンでも使わない限り、この程度ではと・・・
e0304702_21562973.jpg
⑥湯島の大杉

湯島の大杉 山王神社入り口の石段の南方、西に面した崖下に立っている杉の巨木
早川町下湯島字上ノ山1048 007-046-01
e0304702_17494611.jpg
e0304702_19275337.jpg
e0304702_19274528.jpg
e0304702_19280148.jpg

湯島の大杉の入口、石段が見えています。桜さんの車が通ったような・・・ 007-046-03
e0304702_17495902.jpg
e0304702_19354996.jpg
"
⑦途中の工事場所

西山温泉の手前の工事で交互通行の場所で撮ってみました。v
e0304702_17431459.jpg
e0304702_08170879.jpg
"
⑧西山温泉

西山温泉 慶雲館 慶雲2年(西暦705年)に開湯、「世界で最も古い歴史を持つ宿」007-045-01
山梨県南巨摩郡早川町西山温泉 慶雲館 https://www.keiunkan.co.jp/
e0304702_17425858.jpg

e0304702_08173211.jpg
"
⑨奈良田湖(西山ダム)駐車場

奈良田トンネルを抜けて 007-049-01
e0304702_07541596.jpg
e0304702_20171838.jpg

奈良田湖の駐車場に到着 007-049-02
e0304702_07542873.jpg
e0304702_20413629.jpg

奈良田湖の駐車場に到着 007-049-03
e0304702_07544298.jpg

e0304702_20415416.jpg
西山ダムと小島、そして水の色が美しい 007-050-01
e0304702_07545642.jpg

e0304702_20423365.jpg

中州は危険だからキャンプはNGだけど・・・確かに 007-050-02
e0304702_07550927.jpg

e0304702_20425810.jpg

奈良田に向かって 007-050-03
e0304702_07552340.jpg

e0304702_20432139.jpg

奈良田湖と西山ダムの写真を何枚か追記 この水の色は特徴があります。
e0304702_20434727.jpg
e0304702_20440461.jpg
西山ダム施設案内図 駐車場にて
e0304702_07311766.jpg
⑩奈良田の里に到着

奈良田の里の駐車場に到着 007-051-01
e0304702_07411988.jpg
e0304702_07513340.jpg

奈良田の里駐車場で 007-051-02
e0304702_07413237.jpg

e0304702_07500823.jpg

これ・・桜さんの車だよな 007-051-03
e0304702_07414900.jpg

やっぱり桜さんだ。駐車場からの登り道 007-052-01
e0304702_07420769.jpg
駐車場からの登り道
e0304702_07505192.jpg
消火栓・防火水槽配置図 これが奈良田の地図で一番わかりやすいかな
e0304702_08064730.jpg
分岐付近から、登ってきた道
e0304702_07511661.jpg

車道と奈良田の里温泉への階段との分岐付近から 007-052-02
e0304702_07423241.jpg
桜さんはここを登ってきて、リンちゃん何してるの
e0304702_18462434.jpg
奈良田湖駐車場より上流側奈良田温泉方向
e0304702_07550921.jpg

かぎやへの階段を登って 007-059-02
e0304702_07433359.jpg

e0304702_18470017.jpg

桜さんとリンちゃんの会合 007-060-02
e0304702_07434935.jpg
⑪古民家カフェ鍵屋で

古民家カフェー鍵屋へ 早川町奈良田1064-43 https://cafe-kagiya.com/
通常営業時間 10時-16時(8月変動あり)、定休日 水曜日(祝日の場合は翌日木曜日、年末年始)007-060-03
e0304702_07440342.jpg

e0304702_18472499.jpg
e0304702_18474142.jpg
鍵屋の由来 富士吉田市からの移築とのこと
e0304702_18475738.jpg

かぎやに入って 007-061-01
e0304702_08075297.jpg
e0304702_19483263.jpg
e0304702_19485623.jpg

囲炉裏に座ったのかな 桜さんはココアシフォンとコーヒー 007-061-02
e0304702_08081251.jpg
e0304702_19491491.jpg
e0304702_19493504.jpg

リンちゃんは絵ごまチーズケーキ 007-061-03
e0304702_08100368.jpg

e0304702_19495377.jpg

リンちゃんと桜さんの会話 007‐063‐01
e0304702_08082499.jpg
えごまチーズケーキとコーヒーをいただきました。
e0304702_19501517.jpg

ソロキャン行ったなでしこのことを二人とも気になっているようです。 007-064-03
e0304702_08085506.jpg
e0304702_07335447.jpg

奈良田の里温泉への途中から、奈良田湖がきれいです。 007-065-03
e0304702_08120473.jpg
e0304702_07341681.jpg
望遠で、西山ダム、駐車場、奈良田湖と小島、早川を渡る吊り橋が確認できます。
e0304702_07343290.jpg

リンちゃんは行ける所まで行くのかな、桜さんは温泉かと 007-066-01
e0304702_08121877.jpg

奈良田の里温泉への階段の下で、桜さんそっちは駐車場に向かう道ですw 007-066-02
e0304702_20021739.jpg
e0304702_07373412.jpg

各務原桜さん奈良田の里温泉(女帝の湯)に 007-066-03
営業時間: 9時-19時 ※一回入浴(冬季18時まで) 9時-17時 ※休憩
定休日: 水曜日(祝日の場合は翌日、木曜日) 日帰り入浴: 一回入浴 大人 550円、子ども 220円
e0304702_08123084.jpg

e0304702_07375751.jpg

e0304702_07381450.jpg

奈良田の里温泉(女帝の湯) 007-067-01
e0304702_08125320.jpg

e0304702_07382971.jpg

奈良田の里温泉(女帝の湯)の湯船はこうですか 007-067-03
e0304702_08130506.jpg
早川町HPより コミックカットと左右逆 男湯ですか・・・
e0304702_19185432.jpg

⑫奈良田から行ける所まで、開運隧道の入口まで

広河原・南アルプスと増穂・丸山林道の分岐標識 007-078-01
e0304702_08132776.jpg

e0304702_19201594.jpg

広河内橋を渡って開運隧道まで来ました。ここから先はマイカーは入れません。
広河原に向かうには奈良田で公共交通機関(季節運行)に乗換えです。007-078-02
e0304702_08133944.jpg

e0304702_07332174.jpg
"
確かにここから広河原経由で夜叉神峠とは繋がっていますが・・・ 007-081-03
e0304702_08143592.jpg
アニメ第9話に登場「通行止めなう」 H300502現在夜叉神峠~北沢峠冬期通行止め、徒歩でも通れません。
でも、開通しても一般車両は通れないのですが・・・ 09-060
e0304702_20264394.jpg
平成30年5月2日撮影
e0304702_21550957.jpg
平成30年5月2日撮影
e0304702_21553388.jpg

開運隧道入口 マイカーで来れるのはここまで 007-082-01
e0304702_08145036.jpg
リニア新幹線の残土輸送のため、トラックの通行があり、
ゲートは開いていて、裏側を見ることができました。
e0304702_19305134.jpg
ゲートが閉まっているときはこちら側が見えるとのこと
e0304702_19490222.jpg

開運隧道(広河原へ)と奈良田第一発電所へのトンネル007-082-02
e0304702_08150293.jpg

e0304702_19492571.jpg

これ以上行けないので、広河内橋から戻ります。 007-082-03
e0304702_08151609.jpg
e0304702_19504689.jpg
山梨県営奈良田第一発電所は見学できるとのことです。
ここまで来るのなら、次は見学してみたいけど・・・
e0304702_19512604.jpg
e0304702_19513459.jpg
戻って、雨畑へ
県道810号雨畑と県道37号広河原・西山温泉の分岐標識 身延方面からきて左へ行くと雨畑ですが、
志摩リンは奈良田から雨畑に向かうときは見てないはず 007-084-01
e0304702_17380533.jpg
H310326撮影
e0304702_20512089.jpg

リンちゃんは山梨県道37号を行けるところまで行って、戻って、途中から右折して県道810号に入り雨畑に向かいます。
ブログも「志摩リン雨畑へ 第7巻第38話」に続く予定です。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年04月07日 作成




# by fureshima2223 | 2019-04-07 21:03 | 徒然なるままに | Trackback(120) | Comments(0)

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪002 志摩リン早川町の赤沢宿へ 第7巻第36話

コミック「ゆるキャン△」舞台探訪002 志摩リン早川町の赤沢宿へ 第7巻第36話

第7巻第36話なでしこさんぽとしまりんさんぽの一部、リンちゃんが赤沢宿・奈良田温泉・雨畑と回りますが、桜さんと会ったり、なでしこの1人キャンプのことが気になったりと・・・。このブログは志摩リンが赤沢宿を訪れた場面の探訪ブログです。探訪日は平成31年03月26日です。魚眼レンズやパノラマを持っていないので、写真はそれなりで。一部平成31年03月22日に奈良田温泉を訪れた時の写真も使用しています。

まずはこの1枚、リンちゃん、石畳の道(身延往還)を下って宿の駅清水屋に来ています。
とすると、バイクは妙福寺上の駐車場に停めたことになるのかな。
e0304702_20275731.jpg
それでは、第7巻第36話なでしこさんぽとしまりんさんぽの一部、
リンちゃんが赤沢宿を訪れた場面の探訪報告をさせていただきます。

①石畳の道(身延往還)を下って 大黒屋と喜久屋

石畳の道(身延往還) 大黒屋前で 007-033-01
e0304702_05134178.jpg
石畳の道(身延往還) 大黒屋前で 下に向かって
e0304702_20262182.jpg
石畳の道(身延往還) 大黒屋前で 上に向かって 
e0304702_20264487.jpg
石像は大黒屋前、建物は喜久屋 007-033-02
e0304702_05152310.jpg
大黒屋前の恵比寿大黒
e0304702_20271050.jpg
歴史文化公園(みのぶ はやかわ)休憩所 喜久屋 https://www.yamareki.com/akasawa/kikuya.html
e0304702_20272650.jpg
②石畳の道(身延往還)から清水屋へ

石畳の道(身延往還)と清水屋から少し登った車道007-034-01
e0304702_05160055.jpg
石畳と階段の道(身延往還)
e0304702_20275731.jpg
公民館と清水屋の間の車道に出て
e0304702_20282167.jpg

赤沢宿着いた。007-034-02
e0304702_05171933.jpg
公民館と清水屋の間の車道より 後日撮り直したいけど
e0304702_20284494.jpg
公民館と清水屋の間の車道に出て 007-035-01
e0304702_05181382.jpg
公民館と清水屋の間の車道より ここも後日撮り直したいけど
e0304702_20291137.jpg
"
③宿の駅 清水屋で

赤沢宿 宿の駅清水屋に到着 http://akasawasyukusimizuya.blogspot.com/p/blog-page_35.html
山梨県南巨摩郡早川町赤沢193 ℡0556-45-3232
営業時間 9:00〜16:00(ラストオーダー15:30)、定休日 水曜日

宿の駅清水屋さん店内の写真の撮影については了解をいただきました。

宿の駅清水屋に着いて、二階へ 007-035-02
e0304702_05204296.jpg
宿の駅清水屋に着いて
e0304702_07364607.jpg
e0304702_07441346.jpg
二階への階段 結構急です。
e0304702_07440597.jpg
"
障子をあけて畳の部屋へ、こたつが二つ 007-035-03
e0304702_05213869.jpg

e0304702_08032628.jpg

e0304702_08033373.jpg

奥のこたつに入って 007-036-01
e0304702_05285420.jpg

e0304702_08034079.jpg

この妙な自宅感はこたつのせいかな? 007-036-02
e0304702_05291141.jpg
e0304702_07370163.jpg
"
まめもちと甘酒です。 007-037-01
e0304702_05292503.jpg
いただきます。
e0304702_07510217.jpg

色んな豆が入っててうまい ちょっと柑橘系っぽい味がする 007-037-02
e0304702_05294154.jpg

e0304702_07505150.jpg
"
志摩リンが訪れた時は最低気温-5°Cですか 007-038-01
e0304702_05300592.jpg
白鳳みそのことが 007-038-02
e0304702_05302181.jpg
白鳳みそ 早川町ホームページより
昔ながらの手法で手間ひまかけて作られた白鳳味噌は、同量の麦と麹で仕上げた無添加品。
e0304702_07563616.jpg

宿の駅清水屋さんのカウンター
e0304702_19065364.jpg
宿の駅清水屋さんのお品書き
e0304702_19070181.jpg

清水屋改修前の様子 写真展示
e0304702_19070976.jpg

2階にはこのような展示も
e0304702_19071669.jpg

e0304702_19072764.jpg

④赤沢宿から山梨県道37号へ

甘酒もうま。そして赤沢宿を離れて 007-038-03
e0304702_05303240.jpg
志摩リンが戻る道  ここも後日撮り直したいけど
e0304702_19475936.jpg

赤沢宿から分岐まで戻ってきて 007-043-01
e0304702_05304615.jpg

e0304702_19482166.jpg

左折して春木川橋を渡り 007-043-02
e0304702_05310805.jpg

e0304702_19482810.jpg

山梨県道37号に出て奈良田温泉に向かいます。 007-043-03
e0304702_05315159.jpg
山梨県道37号に出て左折して奈良田温泉へ
e0304702_19491313.jpg
キオツケロヨ-
e0304702_19483575.jpg
"
宿の駅清水屋のブログに載っている地図に、コミック「ゆるキャン△」第7巻第36話に登場した赤沢宿の舞台を加筆してみました。
e0304702_20115296.jpg
リンちゃんは山梨県道37号へ下りてきて、奈良田温泉に向かいます。ブログも「志摩リン奈良田温泉へ 第7巻第36話第37話」に続く予定です。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2019年03月30日 作成


# by fureshima2223 | 2019-03-30 21:50 | 徒然なるままに | Trackback(98) | Comments(0)

弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」が広報ひろさき2019.04.01の表紙に

弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」が広報ひろさき2019.04.01の表紙に

弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」が広報ひろさき2019.04.01の表紙に載りました。
広報ひろさき2019.04.01は以下の弘前市のホームページからダウンロードできます。

これが広報ひろさき2019.04.01の表紙に載った弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」です。
e0304702_06342383.jpg

資料の保存の意味も含めて掲載させていただきました。

2019年の弘前さくらまつり(2019年4月20日(土)~5月6日(月振))については
以下の広報サイトで詳細を見ていただけると。

履歴
2019年03月30日 作成



# by fureshima2223 | 2019-03-30 06:46 | 徒然なるままに | Trackback(20) | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31