カテゴリ:ヤマノススメ( 115 )


「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

H30.07.27に、「ヤマノススメサードシーズン」第03話に登場した東吾野駅周辺、登山道と天覚山山頂、子ノ権現を訪れて、ブログを作成しました。でも、アニメに登場したカットでは、大岩と大高山を残していました。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)

 とすると、やはり行きたくなります。しかし、前のブログに書いた通り、飯能アルプスの踏破はもちろん無理なので、できるだけ車を使い、登山としての歩行距離をできるだけ短くできないか調べてみました。探訪日は平成30年8月5日です。

まずはこの1枚 大高山の山頂で 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg

 東吾野駅付近から林道平坂飛村線という道路が大高山と子ノ権現を結ぶ登山コースとクロスしています。ここまで車で到達でき、車を置くことができれば、大高山まで約30分、大岩まで行っても50分以内の歩行時間で到達できそうです。
e0304702_20102429.jpg

①東吾野駅駅から車で飯能アルプス登山道とのクロス地点へ

東吾野駅側 林道平坂飛村線の入口です
e0304702_07454335.jpg
林道平坂飛村線の案内板 ここから7.6kmで飯能アルプス登山道とクロスします
e0304702_07455825.jpg
飯能アルプス登山道とクロス地点 峠としての名前はないのでしょうか
e0304702_07472143.jpg
この付近で車の駐車が可能でした
e0304702_07473158.jpg
前坂・子ノ権現への道標
e0304702_07470289.jpg
国道299号、原市場、そして大高山への道標 ここから大高山そして大岩を目指します。
e0304702_07471140.jpg

②天覚山から大岩、大高山そして飯能アルプス登山道と林道のクロス地点へ
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩ですが、アニメに登場した登山コースに沿って編集しました。歩行時間は、写真を撮りながらですが、登山道と林道と林道のクロス地点⇒大高山まで30分弱、大高山⇒大岩まで20分強でした。帰りはいろいろあって、それはまた別のまとめとして。

YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg

天覚山山頂から下ってすぐ あおいちゃんとここなちゃんは大高山へ 03-152
e0304702_18313006.jpg
H300727撮影
e0304702_08212041.jpg

途中の登山道 03-156
e0304702_18324356.jpg
イメージだけですが、大岩が見えてきた場所で
e0304702_20085551.jpg

大岩に到着 道標を大高山側から見ていることになります 03-160
e0304702_18354315.jpg
e0304702_20110869.jpg
道標を入れて全体を撮ってみました、天覚山は大岩の左を回ってとのこと、ルートと別の山道があるので注意とのことかな
e0304702_20132329.jpg

ここで休むより、大岩の上の方がいいかも 03-161
e0304702_18363974.jpg
もっとアングルを合わせられる場所あるかな
e0304702_20144665.jpg
休むなら大岩の上の方が・・・
e0304702_20170328.jpg

あおいちゃんのこのカットは尊いかな 03-162
e0304702_18371473.jpg

大岩から大高山への登山道 03-166
e0304702_18384840.jpg
イメージだけですが
e0304702_05404058.jpg
"
大岩から大高山への登山道で 03-169
e0304702_18410444.jpg
ここもイメージだけですが
e0304702_05410604.jpg
"
カモシカさんとは出会えませんでした 03-174
e0304702_18395260.jpg
"
大岩から大高山への登山道 イメージだけですがどうでしょうか
一人もよかったけど、やっぱり誰かと一緒の方が楽しいな 03-175
e0304702_18415876.jpg
e0304702_05420857.jpg
このような道標が有って
e0304702_05414960.jpg
大高山の山頂が見えます
e0304702_05413762.jpg
"
大高山からの展望は確かにこれだけです 03-177
e0304702_18424883.jpg
e0304702_06232565.jpg
e0304702_06231717.jpg
"
大高山山頂の道標 03-178
e0304702_18435060.jpg
e0304702_06235220.jpg
"
お母さんが作ってくれたおにぎりで昼食、きゃー、爆弾おにぎりですね、ありがとうございます 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg
"
お母さんにお礼を伝えてください、うん 03-184
e0304702_18445794.jpg
e0304702_06243526.jpg
"
予定ではここまでだったけど、ここなちゃんもうちょっと歩こうか、ぜひぜひ 03-185
e0304702_18453932.jpg
e0304702_06383368.jpg
"
そうだ、この先にいいところがあるんですよ、で、子ノ権現へ向かいます 03-187
e0304702_18462425.jpg
e0304702_06385096.jpg
大高山でお嬢様聖水とともに、そして登山道と林道とのクロス地点へ下山のはずですが・・・
e0304702_06391050.jpg

天覚山と子ノ権現については 再度ですが、以下のブログを参考にしていただけると
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)
"
③大高山から林道への下山でやってしまいました
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩です。そして大高山から登山道と林道とのクロス地点に戻る途中に、やってしまいました。本来の登山道は大高山山頂から西北西に向かうのですが、登山道があったとして北東側の尾根を下りてしまいました。途中に無線中継所・林道を経てとの道標やテープがあり、それなりに歩く人がいるようでした。
 結果として登山道と林道とのクロス地点(車を停めた場所)より吾野側の林道に出ることができましたが、意図したルートでの下山ではありませんでした。大高山~中継所~林道のコースは国土地理院の2.5万分の1の地図にも、登山関係の地図にも載っていない山道であり、里山の怖さと地図読みの大切さを再度体験しました。結果オーライではありません。山に入るものとしての再度なにが重要かを考えさせられました。

登山道 YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg
歩いた登山道と山道をグーグルマップ3D切出しに加筆
e0304702_07195466.jpg
TVS テレビ埼玉吾野テレビ中継放送局
e0304702_07310028.jpg
途中の山道
e0304702_07311566.jpg
林道に到達 ブロック擁壁に脇に虎ロープ、それなりに使用されている山道のようです
ちなみに、ストリートビュー2015年9月でも虎ロープは見ることができます
e0304702_07313226.jpg
まあ、無事には下山できましたが、想定以外の、本来のルート以外を通ったことに、再度反省です。

ブログを公開した後、ツイッターで詳しい地図を教えていただきました
ハブさん△大地の果てにTOM*habusan 8:55 - 2018年8月13日のツイート
お疲れ様です。飯能アルプスの名物と言っても良いかもです。尾根を間違えると谷落ちてしまいます。可笑しいなと思ったら元に道に戻る事をオススメしますね。今回のルートはこちらの地図では記載されていますので、アンテナ設備用のルートだと思われますね。
e0304702_18494894.jpg

また、分岐の道標が有ることを教えていただきました。
Teo*C94二日目東K07a*teo_imperial 10:18 - 2018年8月13日のツイート
あー。TV中継所の方に行ってしまいましたか。実は分岐点にこう言う小さい道標があるんです。山道の原則は「これは違う」と思ったら疲れそうでも戻る事です。今回は無事で良かったのですが、低山の滑落事故は道間違いが圧倒的に多いです。私もしてしまいました。ハブさんの地図お勧めです。(写真はトリミングさせていただきました)
e0304702_19070778.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月13日 作成

















by fureshima2223 | 2018-08-13 07:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)


 ヤマノススメサードシーズンのブログは、話数ごとではなく、探訪で地域的なまとまりができた時点で作成順にNo.を付けていきたいと思います。まずは3話から、いずれ、飯能市内の新規カットも撮りますが、山も少しだけは行きたいので。

まずはこの1枚 天覚山山頂で 03-129

e0304702_21561686.jpg
お嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg

 ヤマノススメサードシーズン第3話を見て、自分の足では東吾野駅から天覚山~大高山~子ノ権現を通って吾野駅まで、YAMAPで歩行時間6時間20分のコースを歩き通すことができるとは思えませんでした。ならどうするか。アニメに登場するカットは、東吾野駅周辺、天覚山登山道沢コースと尾根コースの分岐点、長尾坂配水場から天覚山、子ノ権現を訪れることができればほとんど回収が可能で、残るのは大岩と大高山のカット程度であることがわかりました。とすれば、できるだけ歩く距離を減らすために車を利用しようと。東吾野駅駐車場1日500円、天覚山沢コースと尾根コースの分岐点付近に車を停めてカット回収、長尾坂配水場付近に車を停めて天覚山ピストン、そのあと、車で子ノ権現に向かい、駐車場に停めてカット回収です。まだ時間があったので、天目指峠経由で有間ダムに向かい、ダムカードをいただきました。探訪日は台風12号の影響を受ける前日の平成30年07月27日です。

追加 この後、どうしても行きたくなって、平成30年8月5日に林道と飯能アルプスのクロス地点から大高山・大岩をピストンし、平成30年8月13日に以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)


お母さんに教えてもらって、飯能アルプスへ。近場だし、全然平気だよ、登山靴の履き慣らしにもちょうどいいかも 03-052
e0304702_18345041.jpg
YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山 
アニメで歩いたコースを東吾野駅~天覚山~大高山~子ノ権現~吾野駅とすると、歩行時間だけで6時間20分、これはとてもきつそうです。なので、天覚山ピストンの後は車で子ノ権現へと向かうこととします。
e0304702_21581365.jpg

YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山の地図から東吾野駅から天覚山のコースのみを切出してみました。
東吾野駅から天覚山までは1時間程度、長尾坂配水場から天覚山までなら30~40分程度でしょうか。
e0304702_19354317.jpg

①あおいちゃん飯能駅へ、そして西武線で東吾野駅へ

あおいちゃん飯能アルプスに向けて出発
松屋呉服店のシャッター 飯能市本町1-5  飯能小町公園の前 03-056
e0304702_18353986.jpg
03-057
e0304702_18355363.jpg
H270105撮影
e0304702_16361727.jpg

西武線の車両かな、後で回収できたらと 03-058
e0304702_18360768.jpg

②東吾野駅とその周辺 駅近くの有料駐車場に車を停めて探訪です。

②‐1 東吾野駅ホーム 電車ここまでの長さはないかと、ポーズを決めるためにわざわざこの駅名標まで来たのかな 03-061
e0304702_18362200.jpg
e0304702_17262428.jpg

②‐2 あおいちゃんが改札口を通るカットがなかったので、ステラのまほう第3話のカットを載せておきます。
  「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01話~第04話) 
e0304702_17415685.jpg
H281023撮影
e0304702_17421971.jpg

②-2-1 駅前の自販機 03-062
e0304702_18363719.jpg
e0304702_17274328.jpg

②-2-2 駅前の自販機 水を2本購入して 03-063
e0304702_18365036.jpg
e0304702_17283043.jpg

②-2-3 駅前の自販機 お店は閉まっています。03-064
e0304702_18370646.jpg
e0304702_17290944.jpg

②-2-4 駅前の自販機 重い、でも、これもトレーニングの一環 03-067
e0304702_18372118.jpg
e0304702_17295165.jpg

②-3-1 東吾野駅前の道標、山行届の提出ボックスもあります。天覚山はこっちでよし 03-068
e0304702_18373504.jpg
e0304702_17302410.jpg

②-3-2 ユガテって何だろう 03-070
e0304702_18375119.jpg
e0304702_17310178.jpg

②-4 鉄道に沿って踏切へ 03-071
e0304702_18380510.jpg
e0304702_17312516.jpg

②-5 踏切を通って正面の道標と案内板 右へ進みます  03-072
e0304702_18382293.jpg
e0304702_17315166.jpg

②-6 吾野原木センター前を通って、正面の道標 左へ進みます  03-073
e0304702_18383796.jpg
道標に気を取られて、アングル合わせができていないので、関八州の時再チャレンジします
e0304702_17321592.jpg

②-7-1 分岐の道標を見て 03-074
e0304702_18385173.jpg
e0304702_17324439.jpg

②-7-2 分岐の道標を見て 右の道を進みます 見えている蓋は 
    なお、左へ進み、川を渡ってすぐ左手の林に「へびいるよ」の注意看板があります 03-075
e0304702_22181185.jpg
見えている蓋は飯能市の上水道ハンドホールです
e0304702_17330890.jpg
飯能市の上水道ハンドホール 仕切弁蓋でした
e0304702_17332758.jpg
すぐわきに この道標もあります
e0304702_17334543.jpg

②-8 山道に入ってすぐ、すずしーって、この時はいい調子でしたが  03-077
e0304702_21372234.jpg
e0304702_17341192.jpg

②-9 少し進んで  03-079
e0304702_21373774.jpg
e0304702_17343474.jpg

②-10 一方、ここなちゃんは後追いで、どうしてこの看板の前を通ったのでしょうか 
    本来の登山道を少し離れて、東峠方面への道を川を渡って左側です 03-147
e0304702_20540082.jpg

e0304702_13034129.jpg
"
東吾野駅駅付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_19582843.jpg

③天覚山へ 沢筋コースと尾根コースの分岐のあたり この付近は車を停めることができました

③-1 沢筋コースと尾根道コースの分岐の道標 03-081
e0304702_21384434.jpg
e0304702_17354221.jpg

③-2 尾根コースは破線になっているってことは、難易度が高いってことだから、沢筋コースにしようかな 03-084
e0304702_21390035.jpg
e0304702_17360351.jpg
分岐の道標、ハイカーの皆さんへのお願いも
e0304702_17363391.jpg

③-3 沢筋コースに入ってすぐ 03-085
e0304702_21391546.jpg
e0304702_21293307.jpg
"
③-1 一方、ここなちゃんは分岐から尾根道コースへ 03-144
e0304702_20531535.jpg
e0304702_13025250.jpg
"
③-4 飯能市のイメージキャラクター「夢馬」(むーま)を模して造られたベンチに到着 
   カット回収が目的でしたら、尾根コースを少し進み、ベンチを確認した後、沢筋コースを登るといいかと 03-145
e0304702_20533851.jpg
e0304702_13031741.jpg

分岐付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20114021.jpg

④長尾坂配水場から尾根コースとの合流点まで この付近に車を停めて天覚山をピストンしました

④-1 自分のペースで楽しく歩いて、飯能市長尾坂配水場まで来ました 03-107
e0304702_21393138.jpg

e0304702_21322169.jpg

④-2 飯能市長尾坂配水場の先、この付近に車を停めました 03-105
e0304702_20494441.jpg
e0304702_21313184.jpg

この道で合ってるけど、あまり人には会わないかと 03-106
e0304702_20495888.jpg

④-3 長尾坂配水場から少し登って、大石のある場所を登るのはここだけかと 03-104
e0304702_20492927.jpg
e0304702_21303603.jpg
"
④-4-1 大岩のある場所で小休止、でもここからがきつかったような 03-113
e0304702_21402395.jpg
e0304702_07203758.jpg
"
④-4-2 新しい靴のおかげで足は平気だけど、ザックが重いな 03-114
e0304702_21405176.jpg
e0304702_07210691.jpg
"
④-5 登山道で 03-115
e0304702_21410464.jpg
e0304702_07215239.jpg
"
④-6 かなりの登りです 03-116
e0304702_21411903.jpg
e0304702_07222170.jpg
"
④-7 ひたすら登りです 03-117 
e0304702_21413464.jpg

e0304702_07230484.jpg
"
④-7 所々に倒木はありますが、下をくぐる倒木とは出会いませんでした 03-120
e0304702_21414827.jpg

e0304702_07240504.jpg
"
④-7 東吾野駅と天覚山頂を示す道標 もうすぐ尾根コースと合流です 03-121
e0304702_21420319.jpg
e0304702_07242949.jpg

飯能市長尾坂配水場付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20325724.jpg

長尾坂配水場から天覚山山頂までの舞台をYAMAPの地図に落としてみました
e0304702_20510563.jpg

⑤尾根コースと合流し天覚山へ

⑤‐1 尾根道コースと合流 道標は東吾野駅方面 ←尾根道コース 沢筋コース↑
e0304702_07245962.jpg

⑤-2-1 両峯神社跡 ここからあおいちゃんは反時計回りで、ここなちゃんは少し遅れて時計回りで天覚山頂へ
e0304702_21153000.jpg
⑤-2-2 両峯神社跡
e0304702_07253455.jpg
"
⑤-3‐1 あおいちゃん、もうすぐ山頂だよ 03-122
e0304702_21423443.jpg
e0304702_09012459.jpg
⑤-3‐2 あおいちゃん頑張って登ってるような 03-123
e0304702_21424918.jpg

e0304702_09014971.jpg
"
⑤-4‐1 東峠経由久須美峠の道標 03-124
e0304702_21430477.jpg
e0304702_09021264.jpg
"
⑤-4‐2 あおいちゃん、ようやく天覚山頂に到着 03-125
e0304702_21431822.jpg
e0304702_09024766.jpg
"
⑤-4‐3 天覚山445mの標識 03-126
e0304702_21433819.jpg
e0304702_09031156.jpg
天覚山でお嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg
"
⑤-4‐4 しんどい、面白くない、もう帰ろかな 03-129
e0304702_21561686.jpg
e0304702_19371460.jpg

⑤-4‐5 天覚山からの展望 03-130
e0304702_21570637.jpg
e0304702_13011380.jpg
e0304702_13013292.jpg
"
⑤-5 ここなちゃん時計回りで天覚山に到着 03-132
e0304702_21572175.jpg
e0304702_13020080.jpg
"
幻聴や幻覚じゃなくて 03-135
e0304702_21573771.jpg
あれ、あおいさん、天使が舞い降りたかな 03-136
e0304702_21575690.jpg
⑤-6 あ、ここなちゃん、天覚山であおいちゃんとここなちゃんが出会って 
    大丈夫ですか、大丈夫、ちょっと休憩していただけ 03-137

e0304702_21581161.jpg

e0304702_13022686.jpg

"
よかったです、てっきり行き倒れてるのかと思いました 
偶然だね、はい、わたしかもしかさんに会いに来たんです 03-140
e0304702_21582744.jpg

大高山まで行こうと思ってるんだけど、ご一緒していいですか 03-150
e0304702_21584488.jpg

"
⑤-7 天覚山から大高山に向かいます 03-152
e0304702_21590244.jpg

e0304702_13043223.jpg

"
⑥大岩、そして大高山へ ここはいつ行けるかな、車使うと歩く距離大幅に減らせそうですが

"
大岩で 03-160
e0304702_21592246.jpg

大岩で 03-161
e0304702_21594329.jpg

大高山で 03-180
e0304702_22000225.jpg


⑦子ノ権現に到着、お参りです 駐車場に車を置いて

子ノ権現天龍寺ホームページ(http://nenogongen.jp/index.html)より 山内図
e0304702_16571655.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-189
e0304702_22003005.jpg

e0304702_14294788.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-190
e0304702_22004597.jpg

e0304702_14301045.jpg


⑦-2 立派な杉の木、あおいさんこっちです 03-193
e0304702_22010957.jpg

e0304702_14303009.jpg


⑦-3-1 仁王像 03-195
e0304702_20402700.jpg

e0304702_14305655.jpg


⑦-3-2 仁王像 03-196
e0304702_20404531.jpg

e0304702_14311749.jpg


⑦-3-3 仁王像カラフルだね、かわいいです 03-197
e0304702_20430223.jpg

e0304702_14314967.jpg


⑦-3-4 子ノ権現天龍寺の由緒 03-198
e0304702_20431923.jpg

e0304702_15560623.jpg


⑦-4-1 子ノ権現天龍寺本堂と美和観音像 03-199
e0304702_20433467.jpg
e0304702_19535917.jpg

⑦-4-1 草鞋 03-201
e0304702_20435164.jpg

e0304702_15570960.jpg


⑦-4-2 子ノ権現は足腰守護の神様を祭ってあるんです 03-202
e0304702_20440753.jpg

e0304702_15572421.jpg


⑦-4-3 奉納のされた額 03-203
e0304702_20442371.jpg

e0304702_15575079.jpg


⑦-4-4 草鞋 あおいさんがトレーニングしてるのならここまで来てほしいなって 03-206
e0304702_18391256.jpg

e0304702_18471160.jpg


⑦-4-5 来年ケガすることなく富士山を目指せるように 03-207
e0304702_20444120.jpg

e0304702_18493802.jpg


⑦-4-6 はぁー、うん!! 03-209
e0304702_20445807.jpg

e0304702_18501084.jpg


⑦-4-7 草履のアップ 03-210
e0304702_20451646.jpg

e0304702_18504431.jpg

⑦-4-8 どうかお願いします、こんどこそは  03-211
e0304702_20453225.jpg

e0304702_18511155.jpg


⑦-4-9 富士山の一番上まで 03-212
e0304702_20454848.jpg

e0304702_18514344.jpg


⑦-4-10 登れますように 03-213
e0304702_20460437.jpg

e0304702_18521469.jpg


⑦-4-11 めおと下駄 03-214
e0304702_20462058.jpg

e0304702_18525958.jpg


⑦-5-1 見晴台で 3-215
e0304702_20463575.jpg
登り口の案内板
e0304702_18532735.jpg

e0304702_18535932.jpg

しんどかったし、つらかったけど、ゴールしたらどうでもよくなるんだなー 
ここなちゃんつきあってくれてありがとう、楽しかったよ、いえ、わたしのほうこそ楽しかったです 03-219
e0304702_20465280.jpg

⑦-5-2 見晴台で 03-221
飯能アルプス、なかなか手ごわい相手でした、でも、たくさん歩いてちょっとだけ自信もついたかな、つづく・・・
e0304702_20471102.jpg


本ブログの作成にあたっては以下のブログとツイートを参考にさせていただきました。

リマタイさんのブログ名状しがたい日記のようなものより以下を参考にさせていただきました。
ヤマノススメ サードシーズン 3話 「飯能アルプス」 舞台探訪(聖地巡礼) 2018.07.23
http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-653.html

Teo teo_imperial 8:04- 2018年7月24日 のツイートを参考にさせていただきました。
先週の第3話のここなちゃんの天覚山ルートの「へびいるよ」をロストしてる人を二人見かけて、そんなに分かり難いのかと調べてみたら普通のコース上じゃなかった。https://www.google.co.jp/maps/@35.8895233,139.2607506,3a,75y,70.77h,76.84t/data=!3m6!1e1!3m4!1sAkMZ0xdsLBQP0xelXuVnNg!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月01日 作成


More

by fureshima2223 | 2018-08-01 20:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目 H300107探訪)

 コミック「ヤマノススメ」百十一、百十二合目に大月市の岩殿山が登場しました。早速と思ったのですが、平成29年8月7日の台風5号による大雨の影響で岩殿山は入山規制となっていました。ようやく平成29年12月7日に入山規制が解けたとの情報を大月市観光協会のホームページで確認しました。なら、行けるとこまで、でも、あおいちゃん達が登った東ルートはまだ入れないのです。まあ、東ルート入口と烽火台を見て歩いたつもり、ふれあいの館側強瀬入口からのピストンとしました。稚児落としから浅利入口へのコースは今回の準備状態では無理と判断したので・・・。天候に恵まれて富士山がとてもきれいでした。探訪日は平成30年1月7日です。

まずはこの1枚 岩殿山山頂からの富士山です。112-03-01
e0304702_20383434.jpg
e0304702_20372810.jpg

大月市観光協会ホームページより
岩殿山入山規制が解けました。 2017.12.09

ホームページがリニューアルして初めての投稿は岩殿山の入山規制解除のお知らせとなりました!!!まずはルートの地図を。×がある東コースは復旧の見通しが立っていませんので入れません。入れる入口は、・稚児落としのある西側 浅利入口、・国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口、・神宮橋の手前から入る畑倉入口、です。

e0304702_19504204.jpg
以下、ホームページ内には強瀬入口から山頂までの写真も掲載されています。

それでは探訪の報告です

まずは大月駅で、改札内待合所には、しろ先生からの応援イラストが展示されています。
e0304702_20290113.jpg
e0304702_20291040.jpg
e0304702_20292249.jpg
改札内待合所には岩殿山の入山規制が解除になったとの掲示も
e0304702_20311539.jpg
駅前の案内板にも 注意事項として、岩殿山ふれあいの館の水道とトイレは使えません。 
e0304702_20313292.jpg


大月駅西側跨線橋より大月駅側を見ています。 111-02-02
e0304702_09420011.jpg
天候に恵まれて、富士山はきれいに見えるでしょうか。
e0304702_12412203.jpg
9時35分発富士急行ホリデー快速富士山1号・河口湖行が大月駅から河口湖駅に向かいます。
e0304702_12410393.jpg

JR大月駅正面 111-03-01
e0304702_09425923.jpg
e0304702_12421559.jpg

この鉄塔と岩殿山のアングルは・・・111-03-02
e0304702_20053655.jpg
左上のカットは、鉄塔と岩殿山の位置関係から、高月踏切の手前から撮ったのかな
e0304702_12430027.jpg
左上のカットは観光案内図が見えているので、駅から大月市観光協会観光案内所へ向かっているのかな。
e0304702_12424520.jpg

大月市観光協会観光案内所 111-03-03
e0304702_20055033.jpg
e0304702_12434852.jpg

大月市観光協会観光案内所内部正面 内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-03-04
e0304702_20060678.jpg
e0304702_12441783.jpg

大月市観光協会観光案内所内部側面を入れて  内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-04-01
e0304702_20062131.jpg
e0304702_12444051.jpg

大月駅前からも富士山が見えます、歩道に表示がありました。
e0304702_12444847.jpg

高月踏切まで来ました。 111-04-02
e0304702_20064368.jpg
高月踏切の手前、駐車禁止の標識があります。
e0304702_12452474.jpg

大月は桃太郎伝説の場所です 111-04-04
e0304702_20072110.jpg
駅前にこのような塗装の自販機がありました。
e0304702_07521878.jpg

東京電力パワーグリッド株式会社大月支社 大月市御太刀2丁目2−14  111-05-01
この先のT字路を右折して国道139号大月市民会館入口交差点へ
e0304702_20080890.jpg
e0304702_15035826.jpg

大月市民会館交差点で左折して国道139号へ 高月橋手前からの街灯と岩殿山 111-01-01
e0304702_22275435.jpg
撮り忘れたので、グーグルストリートビューから切り出しました。機会があれば撮りたいなと・・・
e0304702_21373814.jpg
岩殿山山頂から、確かにカットに描かれている街灯があります。
e0304702_21374963.jpg

円通寺大坊へ向かう途中 右側のフェンスに囲まれた敷地でヤギが買われています。111-05-02
ヤギのミルクでパンを作っているとのこと 山羊さんの贈り物 ~修験deパン~ by Purucode
e0304702_20085544.jpg
e0304702_15043481.jpg
e0304702_15044217.jpg

円通寺 裏には桃太郎地蔵があります。 111-05-03
このカットは公民館横の道を登っていることになりますが、このアングルでは円通寺大坊は木に隠れてしまうので・・・
桃太郎伝説で子持神社に行って、戻ってきたなら、この歩く方向はあるかも。
e0304702_20101402.jpg
円通寺大坊を正面から撮ってみました。
e0304702_15075451.jpg
カットに載っている歴史散歩マップ
e0304702_15074714.jpg
円通寺の説明
e0304702_15093262.jpg
円通寺の裏にある桃太郎地蔵 船に載っています。
e0304702_15100060.jpg
左手に桃を持っています。
e0304702_15100894.jpg
鬼の盃もあります。
e0304702_15093975.jpg
大月桃太郎伝説めぐり ③鬼の盃の説明板
e0304702_15094678.jpg
円通寺大坊から岩殿上バス停(岩殿山東コース登山口)への歩道から 円通寺大坊
e0304702_15101734.jpg

岩殿山東コース入口(このコースのみH291209現在通行できません。) 111-06-02
階段を登った先には左側のカットのような登山道があるはずです・・・
e0304702_20111332.jpg
e0304702_15121742.jpg
東コース入口の岩殿山周辺案内板
e0304702_15121015.jpg
東コースの入口には土砂崩れの為通行止めとの標示があります。
e0304702_15122588.jpg

七社権現洞窟 111-07-02
東コースはH300107現在通行できません。七社権現洞窟と道案内の地蔵様を載せているブログがありましたので、リンクさせていただきます。リリアンのブログ「七社権現洞窟」2017-04-21 https://ameblo.jp/lilian-lilian/entry-12267520985.html
e0304702_20120389.jpg
七社権現洞窟 111-07-03
e0304702_20121952.jpg
七社権現洞の道案内の地蔵 111-08-02
e0304702_20131137.jpg

北側の集落が見えて、もうすぐ烽火台でしょうか。 111-09-02
e0304702_20134332.jpg

烽火台から東コースへの入り口 空湟から先土砂崩れのため通行禁止との標識があります。
e0304702_20335955.jpg
東コースを登ってようやく標高634mの烽火台に着いたつもり・・・
e0304702_20335122.jpg
東コース烽火台の巻き道 この先、登山道崩落のため進入禁止の標識
e0304702_20332838.jpg
"
烽火台から岩殿山展望所へ向かう途中で 112-01-01
e0304702_20321291.jpg
e0304702_20345277.jpg
"
人馬の水浴用の馬洗池、隣に亀ヶ池もあります、メインルートから少し下ります。 112-01-02
e0304702_20325998.jpg
e0304702_20351951.jpg
馬洗池から戻ってメインルートへ
e0304702_20353182.jpg
"
岩殿山展望所に到着、乃木大将の詩碑と岩殿山634mの標識 112-02-01
でも、秀麗富嶽十二景 八番山頂 この先 の表記、ここは634mではないとのことかと。 
e0304702_20340179.jpg
e0304702_20372331.jpg
岩殿山の標識を飛行機雲と共に撮ってみました。
e0304702_20360274.jpg
"
岩殿山展望所の案内板 112-02-02
e0304702_20352093.jpg
岩殿城跡案内図
e0304702_20380831.jpg
岩殿城の説明板
e0304702_20380069.jpg
"
岩殿山展望所から富士山側の展望 112-03-01
e0304702_20372810.jpg
e0304702_20383434.jpg
少しアップで 富士山
e0304702_20385160.jpg
アップで富士山
e0304702_20384427.jpg
"
岩殿山展望所から大月駅 四季島は来ませんでしたが・・・ 112-03-02
e0304702_20374383.jpg
e0304702_20393349.jpg
"
岩殿山展望所のフェンス、下は断崖です。 112-03-03
e0304702_20380015.jpg
e0304702_20395583.jpg
"
確かに列車の全体を撮る場所としてはいいかも。 112-04-01
e0304702_20381632.jpg
e0304702_20402622.jpg
"
岩殿山展望所から大月市街地 112-04-03
e0304702_20384979.jpg
e0304702_20405390.jpg
"
岩殿山展望所の説明板と東屋 112-05-01
e0304702_20390539.jpg
e0304702_20411315.jpg
"
右は番所跡へ降りていく階段かな、別の場所かもしれません。
左は揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。 112-05-02
e0304702_20392407.jpg
番所跡へ降りていく階段
e0304702_20414401.jpg
揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。枝は切られています。
e0304702_20415444.jpg
"
稚児落としのある西側 浅利入口へのコースと国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口へのコースの分岐
e0304702_20422490.jpg
今日は体力と装備を考慮して、稚児落としのある西側・利入口へのコースはパス、強瀬入口へ下山です。
e0304702_20423213.jpg
"
あおいちゃん達は稚児落としのある西側・浅利入口へのコースを通っています。送電線の鉄塔をくぐって 112-05-03
e0304702_20394285.jpg
兜岩のトラバースと垂直20m程度の上りがあるとのこと 112-06-01
e0304702_20395594.jpg
112-06-03
e0304702_20404017.jpg
稚児落としの岩壁 112-08-01
e0304702_20420593.jpg
お父さん、経験からいろいろ話すけど・・・112-09-01
e0304702_20422150.jpg
あおいちゃん、うざいとおもっているような・・・ 112-09-02
e0304702_20423634.jpg

ふれあいの館側強瀬入口から岩殿山をピストンしましたので、その写真も載せていきます。

強瀬入口 左側:岩殿城跡入口、右:岩殿山丸山公園入口
e0304702_13265238.jpg
しばらく登って、門を振り返って
e0304702_13302890.jpg
門と岩殿山 烽火台の放送塔も見えています。
e0304702_13313301.jpg
門の前からの富士山がきれいです。
e0304702_13322076.jpg
少し上って、従来の登山道には「この先、登山道崩落のため進入禁止」の標示あり、
新たに整備された登山道へ
e0304702_13354651.jpg
新たに整備された登山道、平成29年12月7日より通れるようになったとのこと
e0304702_13370693.jpg
岩殿山ふれあいの館が見えました。
e0304702_13390779.jpg
断水のため水道は使用できず、トイレも使用できません。
e0304702_13411289.jpg
岩殿山ふれあいの館の入口 飲み物の自販機はあります。ヤマノススメのイラストも
e0304702_13394349.jpg
岩殿山ふれあいの館のヤマノススメイラスト等展示
e0304702_13425072.jpg
e0304702_13430889.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景
e0304702_13462506.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景からの富士山
e0304702_13440861.jpg
岩殿山展望所に向かう登山道
e0304702_13482599.jpg
e0304702_13484026.jpg
e0304702_13485743.jpg
まもなく岩殿山展望所に着きます。
e0304702_13494000.jpg
岩殿山展望所の標記と乃木大将詩碑
e0304702_13504431.jpg
岩殿山展望所からの富士山
e0304702_13511844.jpg
岩殿山展望所からの三つ峠 三つ峠からの富士山も見てみたいと・・・
e0304702_13522155.jpg

 最初は岩殿山は次の探訪、大月駅周辺~強瀬入口~円通寺~東コース入口の探訪ができればと思って出かけましたが、天気に恵まれ、富士山の展望が期待できたので、強瀬入口~ふれあいの館~岩殿山のピストンを追加しました。天覧山よりはきついですが、まだこの程度の山なら登れるとの感触を得たと思います。今年こそ、一番楽なコースのピストンにはなると思いますが、三つ峠からの富士山を見ることができたらと。

"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年01月15日 作成










by fureshima2223 | 2018-01-15 14:29 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪002 Present2 秋 ひなたの10/28(飯能市内)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪002 Present2 秋 ひなたの10/28(飯能市内)

ヤマノススメおもいでプレゼント Present2 秋 ひなたの10/28の探訪にはなかなか出かけられなかったのですが、あけぼの子どもの森公園が平成29年12月28日~平成30年1月4日は年末年始休園、その後平成30年1月5日~平成30年3月31日は工事による臨時休園となるとの情報を得たため、その前にとの思いで舞台探訪に向かいました。探訪日は平成29年12月21日です。あけぼの子どもの森公園が再開したらまた訪れることになるとは思いますが。

以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

①諏訪八幡神社の階段で ひなた

ひなたが諏訪八幡神社の階段でふと気が付いたことは・・・

OVA02-002
e0304702_19164625.jpg
e0304702_19232904.jpg

OVA02-003
e0304702_19171650.jpg
e0304702_19235416.jpg
OVA02-004
e0304702_19173564.jpg
e0304702_19241953.jpg
OVA02-005
e0304702_19180995.jpg
e0304702_19243685.jpg
OVA02-006
e0304702_19182510.jpg
e0304702_19245877.jpg
OVA02-007
e0304702_19184255.jpg
e0304702_19251590.jpg
OVA02-008
e0304702_19190802.jpg
e0304702_19253663.jpg
OVA02-009
e0304702_19220403.jpg
e0304702_19260366.jpg

諏訪八幡神社正面の鳥居と階段
e0304702_19263252.jpg
諏訪八幡神社 神楽殿・拝殿・社務所
e0304702_19265320.jpg
飯能恵比寿大神の幟 全国ヤマノススメファン一同3本奉納 神社境内から
e0304702_19271341.jpg
飯能恵比寿大神の幟 全国ヤマノススメファン一同3本奉納 市民会館側から
e0304702_19290680.jpg

②水天宮 (飯能市飯能267 )前で 

飯能河原 水天宮付近で ひなた考えすぎかな

OVA02-020
e0304702_19432348.jpg
e0304702_07053105.jpg

OVA02-021
e0304702_19442710.jpg
e0304702_07055843.jpg

OVA02-023
 
e0304702_19444440.jpg
e0304702_07062420.jpg
OVA02-024
e0304702_19450551.jpg
e0304702_07064140.jpg
OVA02-025
e0304702_19452420.jpg
e0304702_07070157.jpg

OVA02-026
e0304702_19455811.jpg
e0304702_07073059.jpg

4人がそろった舞台を少し広く、水天宮を入れて撮ってみました。
e0304702_07072173.jpg

飯能河原の表示版、いつ変わったのでしょうか。
e0304702_07073821.jpg
"
③トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園(飯能市阿須893‐1)で

トーベ・ヤンソンが付加された案内図 子ども劇場入口にて
e0304702_07161031.jpg

あけぼの子どもの森公園で、思い出の写真 OVA02-010
e0304702_19491915.jpg
きのこの家
e0304702_07083559.jpg
見晴らし橋
e0304702_07082767.jpg
わんぱく池東側のモニュメント
e0304702_07081001.jpg
樹上の家
e0304702_07081950.jpg

森の家 モニュメント的なベンチの設置位置は異なっていますが。 OVA02-034
e0304702_19494389.jpg
森の家と左側の木はそのままです。
e0304702_07092656.jpg
ベンチを入れて撮ってみました。
e0304702_07093433.jpg

ひなた 子供の時の思い出 OVA02-013
e0304702_20304736.jpg
森の家の前のこのモニュメント的なベンチです。
e0304702_07100129.jpg

子ども劇場側面 OVA02-035
e0304702_19500516.jpg
e0304702_07102995.jpg

子ども劇場の屋根の飾り OVA02-036
e0304702_19502990.jpg
e0304702_07105566.jpg

あおいちゃん・・・、でも今、そしてこれから作っていくものは・・・ OVA02-038
e0304702_19505103.jpg
e0304702_07111940.jpg
雑木林のどんぐり OVA02-039
e0304702_19510496.jpg
そして、二人はいつもの二人だよね OVA02-040
e0304702_19511823.jpg

あけぼの子どもの森公園の並木ときのこの家
e0304702_07171037.jpg

子ども劇場
e0304702_07163381.jpg
臨時休園の案内
H291228~H300104は年末年始休園、H300105~H300331は工事による臨時休園
e0304702_07165270.jpg

ギャラリーカフェの工事中でした。再開時にはどのようになるのでしょうか。
e0304702_07170255.jpg
e0304702_07161960.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ おもいでプレゼント」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年12月25日 作成





by fureshima2223 | 2017-12-25 07:50 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

飯能駅を起点駅「ヤマノススメおもいでプレゼント」夏 ここなの8/31の舞台探訪をブログにまとめました。ブログの掲載順序は、実際に探訪で歩く順序を考慮して、以下のようにまとめています。
 ①観音寺から飯能恵比寿神社・諏訪八幡神社まで
 ②タイムズマート飯能店から飯能市立図書館、西武鉄道高架まで
 ③加治神社から第二天覧山下山まで
 ⓸飯能大通り商店街からシネマ通りまで
 ⑤矢久橋にて
 ⑥ひかり橋・ひかり公園から生活の木薬香草園・見晴し公園・あさひ山展望公園まで
 ⑦観音寺に戻って

なお、探訪で歩く距離を減らすためにはバスを使うことをおすすめします。探訪順序としてまず北側の加治神社からスタートし、ゴールを美杉台の見晴し公園とし、あさひ山展望公園であらためて飯能市を展望するのもいいのではと。行き加治神社へ向かう場合はイーグルバス日高・飯能線の飯能駅北口バス停から高萩駅行(ダイヤは1時間に1~2本)に乗り中山バス停で下車、約1.5㎞180円区間です。帰りにあさひ山公園に寄って、西武バス飯21美杉台ニュータウン~飯能駅南口行の美杉台ニュータウンバス停から飯能駅南口行(ダイヤは1時間に5~6本)に乗り、終点までバス経路で約2.5㎞180円区間です。併せて約4㎞程度はバスを使うことができそうです。

舞台探訪の報告をさせていただきます。アングル合わせが甘いのは勘弁。探訪日は平成29年11月17日、追加探訪日は平成29年11月25日、快晴で飛行機雲が印象的でした。平成29年11月25日撮影の写真には撮影日を付記しました。

まずはこの1枚 見晴らし公園で スーパーここなちゃんなら簡単にできますが、よいこはマネしない方がいいかも。
e0304702_21192447.jpg

e0304702_21172794.jpg

①観音寺から飯能恵比寿神社・諏訪八幡神社まで
  観音寺 飯能市山手町5番17号
  諏訪八幡神社・飯能恵比寿神社 飯能市大字飯能字諏訪前263番地

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20104464.jpg

1-01 観音寺 県道70号より白い像 OVA01-004
e0304702_20285376.jpg
e0304702_07512809.jpg
"
1-02 観音寺白い像 今回のここなちゃんの出発場所 OVA01-005
e0304702_19390334.jpg
e0304702_07515300.jpg
"
1-03 蓮の鉢とお寺の猫 会えませんでしたが・・・ OVA01-008
e0304702_20290747.jpg
e0304702_07521775.jpg
"
1-04 蓮の鉢・松と本堂(観音堂)と寺務所をつなぐ廊下OVA01-010
e0304702_20292245.jpg
e0304702_07524890.jpg
"
1-05 蓮の鉢と寺務所の建物 OVA01-011
e0304702_20294221.jpg
e0304702_07532161.jpg
"
1-06 本堂(観音堂)と不動堂(福聚殿)をつなぐ渡り廊下をくぐって OVA01-013
e0304702_20295524.jpg
H291125
e0304702_17142448.jpg
"
1-07 墓地のお地蔵様 渡り廊下をくぐった正面ではなく、道路を挟んだ墓地の入口 OVA01-014
e0304702_20301226.jpg
H291125
e0304702_17152026.jpg
"
1-08 観音寺の墓地を出て市民会館の裏に出る歩道 OVA01-015
e0304702_20302719.jpg
H291125
e0304702_17160984.jpg
"
1-09 歩道を下りてきて、沢と橋 OVA01-016
e0304702_20304207.jpg
e0304702_07563779.jpg
1-10 橋から、沢の下流側かな OVA01-017
e0304702_20310070.jpg
沢の下流側 水の流れからこちら側かな H291125
e0304702_17165849.jpg
"
1-11 歩道から諏訪八幡神社・飯能恵比寿神社へ OVA01-018
e0304702_20312004.jpg
H291125
e0304702_17174348.jpg

1-12 ここな、飯能恵比寿神社の幟と共に OVA01-019
e0304702_20314728.jpg
e0304702_07590643.jpg

1-13 諏訪八幡神社拝殿から OVA01-021
e0304702_20323646.jpg
改修が終わって始めてきました、諏訪八幡神社拝殿
e0304702_07594035.jpg
コンデジではこの程度が限界でした。
e0304702_08000042.jpg

1-14 諏訪八幡神社への石畳で、残念ながら猫とは遭遇できませんでした。 OVA01-022
e0304702_20331051.jpg
e0304702_08003119.jpg
紅葉と飯能恵比寿神社の幟
e0304702_08010310.jpg

②タイムズマート飯能店から飯能市立図書館、西武鉄道高架まで

 タイムズマート飯能店 飯能市山手町16番6号
 飯能市立図書館 飯能市山手町19番5号

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20191719.jpg

2-01 タイムズマート飯能店 飯能市山手町16-6  OVA01-024
e0304702_20335004.jpg
e0304702_08013919.jpg

2-02 飯能市立図書館、快晴の空と飛行機雲も見えました。 OVA01-047
e0304702_20392931.jpg
e0304702_19184181.jpg
快晴の空に飛行機雲です。市内探訪中に何回も見えました。
e0304702_19185546.jpg

2-03 飯能市立図書館入口の表示板の前で OVA01-048
e0304702_20394481.jpg
e0304702_19192190.jpg

2-04 笹原ゆうかさんが斎藤楓さん連れて、図書館で勉強かな OVA01-049
e0304702_19384900.jpg
e0304702_19194811.jpg

2-05 飯能市立図書館の柱「杉の持つ象徴性を空間のデザインに活かすため、磨き丸太をそのまま掘立柱として利用している。」とのことです。デザインについては石本建築事務所のホームページ参照 OVA01-052
e0304702_20403341.jpg
e0304702_19201894.jpg

2-06 飯能市立図書館入口の表示板の前で OVA01-053
e0304702_20404701.jpg
e0304702_19211209.jpg

2-07 西武鉄道池袋線の高架をくぐって(念のため、池袋線の終点は吾野駅です。) OVA01-044
e0304702_20385974.jpg
e0304702_19174372.jpg

2-08 西武鉄道池袋線の高架をくぐって OVA01-046
e0304702_20391205.jpg
e0304702_19181147.jpg

③加治神社から第二天覧山下山まで
 加治神社 飯能市大字中山字吾妻台716

探訪マップを載せます(第二天覧山降りての案内板の写真に加筆)
e0304702_20315033.jpg

3-01 加治神社二番目の鳥居と鎮守の森 OVA01-025
e0304702_20340674.jpg
e0304702_08021333.jpg

3-02 加治神社 寛永19年石燈籠のある石段を通って OVA01-032
e0304702_20360474.jpg
H291125
e0304702_17185766.jpg

3-03 加治神社拝殿の前で OVA01-029
e0304702_20351666.jpg
e0304702_20341494.jpg

3-04 加治神社拝殿の前で 写真は再チャレンジできたらと OVA01-028
e0304702_20350052.jpg
H291125
e0304702_17193692.jpg

3-05 加治神社の狛犬 奥の左側 OVA01-026
e0304702_20342022.jpg
e0304702_08024088.jpg
"
3-06 加治神社の狛犬 奥の右側 OVA01-027
e0304702_20343756.jpg
e0304702_08030331.jpg
"
3-07 加治神社拝殿で OVA01-030
e0304702_20353233.jpg
e0304702_20343846.jpg
"
3-08 加治神社拝殿で OVA01-031
e0304702_20354983.jpg
e0304702_20345881.jpg
"
3-09 本橋渓水の筆を門下生が埋めた筆塚 OVA01-033
e0304702_20362215.jpg
e0304702_20354287.jpg
"
3-10 筆塚にて、見えている建物には中山山車と書かれています、飯能祭りで見られます。 OVA01-034
e0304702_20365493.jpg
e0304702_20360398.jpg
"
3-11 加治神社から登ってきました。飯能市中山732-2付近、ここから山道です。 OVA01-035
e0304702_20371487.jpg
e0304702_20363391.jpg
"
3-12 山道に入って間もなく OVA01-036
e0304702_20373478.jpg
e0304702_20365714.jpg
"
五差路です。ここからいこいの広場の前を通って第二天覧山に向かいます。
e0304702_20544915.jpg
"
3-13 いこいの広場の飯能桜の森の標柱 OVA01-037
e0304702_20375189.jpg
e0304702_19124227.jpg

第二天覧山でしょうか、合う場所はなかったけど OVA01-038
e0304702_20380685.jpg
イメージだけですが
e0304702_19142853.jpg

3-14 第二天覧山の道標 OVA01-039
e0304702_20382677.jpg
e0304702_19145372.jpg
"
3-15 第二天覧山のイメージ OVA01-041
e0304702_20384265.jpg
第二天覧山の碑
e0304702_19154387.jpg
第二天覧山の碑付近からの飯能市街地を見て、しばし休憩です。
e0304702_19162722.jpg
"
⓸飯能大通り商店街からシネマ通りまで
 飯能商工会議所 飯能市本町1−7
 店蔵絹甚 飯能市本町2-2
 うなぎ畑屋 飯能市仲町21-16
 大川学園高等学校(飯能松竹劇場があった場所) 飯能市仲町16-8

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20394772.jpg

4-01 飯能大通り商店街、このような施設は今は珍しいかも OVA01-057
e0304702_06460363.jpg
H291125
e0304702_17202610.jpg
"
4-02 飯能商工会議所入口の夢馬 撮影の了解をいただいて OVA01-058
e0304702_06464154.jpg
e0304702_21324292.jpg
"
4-03 店蔵絹甚前を通って OVA01-056
e0304702_06470088.jpg
H291125
e0304702_17210060.jpg
"
4-04 店蔵絹甚の側面 OVA01-055
e0304702_06471667.jpg
e0304702_21335204.jpg
"
4-05 うなぎ畑屋、畑屋横丁に入って OVA01-059
e0304702_06473471.jpg
H291125
e0304702_17213763.jpg
"
4-06 シネマ小路 工事が行われていて面影はありませんが OVA01-069
e0304702_06475513.jpg
北側から シネマ小路
e0304702_21354146.jpg
e0304702_21355691.jpg
ここから先は工事中で通行止めです。
e0304702_21380144.jpg
大川学園側から
e0304702_21390533.jpg
"
4-07 かつて飯能市には飯能松竹劇場という映画館があったとのこと OVA01-070
e0304702_06482133.jpg
その場所は今は大川学園高等学校が建っています。
e0304702_21393906.jpg
"
⑤矢久橋にて

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20454478.jpg

5-01 矢久橋と入間川を飯能大橋から OVA01-072
e0304702_06485336.jpg
e0304702_21442636.jpg
"
5-02 矢久橋から入間川下流側 OVA01-073
e0304702_06491075.jpg
e0304702_21454350.jpg
"
5-03 入間川左岸下流側から矢久橋 OVA01-074
e0304702_06493096.jpg
e0304702_21471215.jpg
左岸下流側へ歩道があります。ヤマノススメここなの大冒険コース、あけぼの子どもの森公園までは約4㎞とのことです。
e0304702_21480508.jpg
"
⑥ひかり橋・ひかり公園から生活の木薬香草園・見晴し公園・あさひ山展望公園まで
 ひかり公園 飯能市美杉台3丁目11
 生活の木 薬香草園 飯能市美杉台1丁目1
 見晴らし公園 飯能市美杉台4丁目1
 あさひ山展望公園 飯能市美杉台5丁目28-5

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20564163.jpg

6-01 美杉台のひかり橋まできました。 OVA01-075
e0304702_06504042.jpg

e0304702_21593371.jpg
"
6-02 ひかり橋から飯能中心部方向 OVA01-076
e0304702_06505702.jpg
e0304702_22001579.jpg
"
6-03 ひかり橋で OVA01-077
e0304702_06511308.jpg

e0304702_22004773.jpg
"
6-04 ひかり橋で OVA01-078
e0304702_06512845.jpg

e0304702_22012269.jpg
"
6-05 ひかり橋で OVA01-079
e0304702_06514231.jpg

e0304702_22015575.jpg
"
6-06 ひかり橋で OVA01-080
e0304702_06520299.jpg

e0304702_22021758.jpg

"
6-07 ひかり橋で OVA01-081
e0304702_08033401.jpg

e0304702_22025423.jpg

"
6-08 ひかり橋で、マンホールにも着目 OVA01-082
e0304702_06523810.jpg

e0304702_22033259.jpg
飯能市の下水道雨水マンホール蓋でした。
e0304702_22034125.jpg
"
6-09 ひかり公園の滑り台 OVA01-083
e0304702_06525646.jpg
e0304702_22041545.jpg
"
6-10 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への入口 OVA01-099
e0304702_07145925.jpg
e0304702_22165158.jpg
e0304702_22190873.jpg
"
6-11 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への入口を登って OVA01-107
e0304702_07152776.jpg

e0304702_22171916.jpg
"
6-12 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-098
e0304702_07154712.jpg

e0304702_22192289.jpg
"
6-13 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-100
e0304702_07160234.jpg
e0304702_22201911.jpg
"
6-14 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-104
e0304702_07163147.jpg
e0304702_22204930.jpg
"
6-15 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-110
e0304702_07164645.jpg

e0304702_22211519.jpg
"
6-16 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘のベンチにて OVA01-109
e0304702_07170171.jpg

e0304702_22220539.jpg
"
6-17 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への通路にて OVA01-111
e0304702_07171650.jpg

e0304702_22223118.jpg
"
6-18 生活の木薬香草園 上部北側の入口付近にて OVA01-103
e0304702_07181012.jpg
e0304702_22230916.jpg
"
6-19 見晴らし公園の遊具、下から OVA01-089
e0304702_07183198.jpg
e0304702_22235506.jpg
"
6-20 見晴らし公園の遊具、上から OVA01-088
e0304702_07193676.jpg
H291125
e0304702_17231749.jpg
"
6-21 見晴らし公園上部、東屋付近 OVA01-090
e0304702_07195160.jpg
H291125
e0304702_17242372.jpg
"
6-22 見晴らし公園上部で OVA01-091
e0304702_07200416.jpg
H291125
e0304702_17245539.jpg
"
6-23 見晴らし公園上部で OVA01-092
e0304702_07202795.jpg
H291125
e0304702_17253887.jpg
"
6-24 見晴らし公園上部で OVA01-094
e0304702_07204429.jpg
e0304702_09234813.jpg
"
6-25 見晴らし公園上部で、これはここなちゃん以外は危険かとw OVA01-096
e0304702_07205869.jpg

e0304702_09242022.jpg
"
6-26 あさひ山展望公園から北東側の展望かと OVA01-084
e0304702_15244137.jpg
H112925
e0304702_17261330.jpg
富士山も見えました。H291125
e0304702_17263132.jpg
"
⑦観音寺に戻って

7-01 観音寺裏の墓地で、割岩橋が見えています。 OVA01-112
e0304702_07211535.jpg
H291125
e0304702_17271875.jpg
"
7-02 観音寺白い像 ここなちゃん戻ってきて OVA01-113
e0304702_07212891.jpg

e0304702_09264412.jpg
"
7-03 ひなたとあおい登場 OVA01-114
e0304702_07214158.jpg

e0304702_09271059.jpg
"
7-04 3人そろって OVA01-115
e0304702_07215362.jpg

e0304702_09273939.jpg
"
7-05 あおいちゃんがもらったお菓子食べて、ここなちゃんいい1日でした。次はお母さんと秩父行けるかな。OVA01-120
e0304702_07220683.jpg

e0304702_09280168.jpg
"
7-06 観音寺墓地からの割岩橋、もう夕方です。 OVA01-122
e0304702_07222408.jpg
H291125
e0304702_17281218.jpg

実際に歩いたのは、中山バス停~加治神社~第二天覧山~西武線高架~飯能市立図書館~タイムズマート~諏訪八幡神社~観音寺~飯能大通り~シネマ小路~矢久橋~ひかり橋~生活の木薬香草園~見晴らし公園~あさひ山展望公園~美杉台ニュータウンバス停、探訪時間は軽い食事の時間も含めて約8時間でした。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ おもいでプレゼント」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年11月28日 作成







by fureshima2223 | 2017-11-27 21:27 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪026 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へ(新二十一合目)

「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪026 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へ(新二十一合目)

「ヤマノススメセカンドシーズン」では、飯能市を中心とした日帰り圏の探訪を中心とした舞台探訪を行ってきましたが、たまたま機会があって伊香保温泉に宿泊、翌日はフリーということで、土合駅・谷川岳ロープウェイを訪れました。渋川駅を出た時は晴れていたのですが、土合駅を出るときは雨、山も見えずとのことで、残念ながらロープウェイと天神平、天神峠の探訪は断念しました。それでも、思い出の谷川岳の入口までの探訪はできたと思います。次は・・・、次があればせめて天神峠からの谷川岳を見ることができたらと。探訪日は平成29年11月11日です。

飯能市の出発から高崎駅までは以下のブログにまとめています。
「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪020 思い出の谷川岳へ・飯能市内編(新二十一合目)
  http://sinkirouno.exblog.jp/23291425/

それでは、 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へのルートに沿ってブログをまとめていきます。

①土合駅下り線ホームから階段462段 地上へ

土合駅下り線ホーム 21-034
e0304702_18584171.jpg
1371M長岡行きが出発した直後、信号は赤
e0304702_07305785.jpg
土合駅長岡方面 カットに合わせて
e0304702_07311760.jpg
"
土合駅駅名標と出口への指示 21-035
e0304702_18590262.jpg
e0304702_07315549.jpg
土合駅ホーム 水上駅側です。
e0304702_07322363.jpg
土合駅下り線ホーム待合所の内部 駅ノートがあります。
e0304702_07324859.jpg
"
階段に向かう平場 下のカットからも壁の右側の照明と配線が見えているのではと 21-036
e0304702_18592436.jpg
e0304702_07332625.jpg
"
階段下の平場 いよいよ462段の階段にチャレンジ 21-037
e0304702_19000820.jpg
e0304702_07340892.jpg
下り線ホームから正面の階段462段338m、連絡通路階段24段143mで改札口、標高差は70.7mです。
e0304702_07343143.jpg
見上げて、階段の先が明るくなっています。 21-040
e0304702_19003541.jpg
e0304702_07350018.jpg
"
階段を登って200段まで来ました。 21-042
e0304702_19005525.jpg
e0304702_07353515.jpg
"
ベンチで一休み、265段目かな 21-044
e0304702_19011344.jpg
e0304702_07361652.jpg
"
ベンチ付近から見上げて 21-046
e0304702_19013281.jpg
e0304702_07364997.jpg
"
ベンチで一休み、265段目かな 21-047
e0304702_19015397.jpg
e0304702_07372450.jpg
"
登りで右側かな 写真は左側しか撮っていなかったので雰囲気だけ・・・ 21-048
e0304702_19020908.jpg
e0304702_07375907.jpg
e0304702_07384495.jpg
第360段付近にもベンチがありました。
e0304702_07392511.jpg
出口まであと0.2kmです。
e0304702_07405988.jpg
ようやく湯檜曽川を渡る連絡橋に着きました。
e0304702_07414057.jpg
ようこそ土合駅へ JR高崎支社 と書いてあります。
e0304702_08011647.jpg
登ってきた階段を写してみました。
e0304702_07423818.jpg

②連絡橋、連絡通路から土合駅改札口

湯檜曽川を渡る連絡橋まで来ました。階段から続く連絡橋の右側です。 21-054
e0304702_19024584.jpg
e0304702_07430408.jpg

ひなたとあおいようやく連絡橋に到着です。 21-055
e0304702_19030466.jpg
e0304702_07431632.jpg

連絡橋には列車のトンネル侵入による突風を防ぐための風除けが設けられています。 21-057
e0304702_19033070.jpg
e0304702_12503752.jpg
"
風除けの横で連絡通路の戸の表記を見て 21-058
e0304702_19040240.jpg
e0304702_12511084.jpg
"
連絡通路の戸の前で 21-059
e0304702_19041840.jpg
e0304702_12514288.jpg
"
お疲れさまでした。(階段数462段)、改札出口まで後143メートル階段2ヶ所で24段です。
がんばって下さい。 JR土合駅 21-060
e0304702_19043772.jpg
e0304702_12521307.jpg
"
連絡通路の戸の前で 21-061
e0304702_19045548.jpg
e0304702_12525253.jpg
連絡通路の戸を振り返って、あと143m 階段は24段とのことで
e0304702_12543748.jpg
連絡通路
e0304702_12545666.jpg
出口まで0.1kmの表記
e0304702_12551422.jpg
第486段目 全階段を制覇しました。
e0304702_16314468.jpg
連絡通路から改札口へ ここから17メートル
e0304702_12553291.jpg
改札口が見えました。正面突当たりの左側に土合駅上り線ホームがあります。
e0304702_12555399.jpg
改札口と反対側に 土合駅のホームの案内 
1上越線 越後湯沢・小出・長岡・新潟方面のホームから登ってきました。
e0304702_12561276.jpg

③土合駅にて

まずは、土合駅の改札口を出て、アニメに登場した範囲を写して
e0304702_19070114.jpg

谷川岳に登るなら、まずは谷川岳登山カードを書いて 21-062
e0304702_19051107.jpg
e0304702_19073291.jpg

あおいとひなたが遅れて改札口に到着 21-064
e0304702_19053243.jpg
e0304702_19081678.jpg

4人がそろいました。 21-065
e0304702_19055708.jpg
e0304702_19085290.jpg

遭難防止の看板2枚 21-066
e0304702_19061237.jpg
e0304702_19092647.jpg
e0304702_19094478.jpg

2人は看板見てるのかな 21-067
e0304702_19062983.jpg
e0304702_19102490.jpg
谷川岳登山カードに記入 21-068
e0304702_19064580.jpg
カードを切り取って、上は谷川岳登山カード、まずはこれを投入、下山場所で下の谷川岳下山カードを投入するとのこと。
e0304702_19110537.jpg
土合駅の登山カード入
e0304702_19113615.jpg

土合駅の天井が見えています、これは撮り忘れました 21-069
e0304702_19070143.jpg

谷川岳登山カードを投入して 21-072
e0304702_19072395.jpg
ここには駅ノートがあります。
e0304702_19123042.jpg

土合駅から外に出るドア 21-073
e0304702_19073706.jpg
e0304702_19131851.jpg

土合駅正面 21-074
e0304702_19081719.jpg
雨です。でもせっかくの機会なので谷川岳ロープウェイまで歩きます(舞台探訪者ですから)。
e0304702_19134797.jpg

土合駅のドアを出て 21-075
e0304702_19083429.jpg
カメラの広角の範囲ではこの程度・・・
e0304702_19143714.jpg

土合駅で 連絡通路が見えています。 21-076
e0304702_19084871.jpg
e0304702_19151672.jpg

土合駅で

駅員がいないので、乗車証明書を発行しています。
もう少し早く気が付けば29年11月11日11時11分だったのですが
e0304702_19155884.jpg
駅の伝言板も懐かしいような、他でも見られるのでしょうか。
e0304702_19181103.jpg
正面の駅名表示、モグラはどこにいますか・・・
e0304702_19195663.jpg
土合駅の標柱と駅 ここから谷川岳ロープウェイ土合口駅まで歩きます。
e0304702_19212930.jpg

④土合駅から谷川岳ロープウェイへ 徒歩

ロープウェイに向かって歩き出すと、正面に土合駅下り線ホームからの通路と40㎞制限の標識、でも違うような。
e0304702_19340216.jpg

土合駅下り線ホームからの連絡通路の下を通って 21-080
e0304702_19095830.jpg
ストリートビューより切出してみました。
e0304702_19575461.jpg

後ろに土合駅バス停が見えるので、ロープウェイ側からのカットかと 21-081
e0304702_19101853.jpg
e0304702_20013140.jpg
もう少し離れた場所から ストリートビューより切出してみました。
e0304702_20032930.jpg

土合駅から上越線上り土合踏切まで グーグルマップ3Dより切出し
e0304702_20131694.jpg

上越線上り土合踏切と鉄橋 対岸に行く手段がないのでこのカットは撮れなかったけど 21-083
e0304702_19103941.jpg
土合踏切を撮ってみました。
e0304702_18562348.jpg
土合踏切から鉄橋を撮ってみました、橋脚は同じでした。
e0304702_18563590.jpg
鉄橋と清水トンネル上り線土合側口を撮ってみました。秋です。
e0304702_18564612.jpg

土合橋の周辺 グーグルマップより切出し 
e0304702_19043463.jpg

土合橋まで来ました。
e0304702_19001686.jpg
土合橋から湯吹きの滝 人工物の堰堤とのこと。
e0304702_19021662.jpg

土合橋を渡って、湯檜曽川右岸にあります。 21-084
e0304702_19105434.jpg
e0304702_19024314.jpg

蓬峠への道標 21-085
e0304702_19111164.jpg
e0304702_07281301.jpg
"
スノーシェードを通って 21-086
e0304702_19112754.jpg
e0304702_07285848.jpg
"
谷川岳慰霊園地 慰霊塔で、山の鎮の像が見えています。 21-087
e0304702_19114164.jpg
e0304702_07293197.jpg
"
工事看板にも群馬ちゃん
e0304702_07295287.jpg
"
谷川岳ロープウェイが見えました 21-089
e0304702_19115717.jpg
e0304702_07304740.jpg
"
⑤谷川岳ロープウェイ 土合口駅にて

谷川岳ベースプラザに着きました。相変わらず雨が降り続いています。
e0304702_07305597.jpg
谷川岳ベースプラザに入って、案内板と登山カード入れがあります。
e0304702_07310360.jpg

谷川岳ロープウェイ土合口駅に到着
e0304702_07311342.jpg
谷川岳ロープウェイ土合口駅改札口、お客様が少なかったので、係の方の了解を得て写真を撮らせていただきました。
e0304702_07312208.jpg

改札口前のスペースで ほのかちゃんが見えています。 21-090
e0304702_20530617.jpg
e0304702_07330672.jpg

いよいよロープウェイに乗車ですが 21-092
e0304702_20533376.jpg
e0304702_07332841.jpg

ロープウェイに乗車しようとしていますが 21-102
e0304702_20541480.jpg
e0304702_07343934.jpg

あおいちゃんとほのかちゃんの初めての出会い 21-104
e0304702_20544173.jpg

ほのかちゃんロープウェイに乗り込もうとして 21-106
e0304702_20545943.jpg
e0304702_07353800.jpg

あおいちゃん怖がってるけど 21-108
e0304702_20552691.jpg
e0304702_07355871.jpg

あおいちゃん乗れるかな 21-111
e0304702_20555387.jpg
e0304702_07362714.jpg

ロープウェイのところまで行くけど 21-112
e0304702_20561838.jpg
e0304702_07365474.jpg

手を差し伸べるのはひなた 21-116
e0304702_20564214.jpg

あおいちゃんロープウェイにようやく乗り込めたけど 21-123
e0304702_20570674.jpg
e0304702_07372810.jpg

そして思い出の山へ、でも前途多難かな 21-125
e0304702_20574271.jpg
谷川岳ベースプラザからロープウェイ土合口駅への連絡通路より
e0304702_07381646.jpg
谷川岳ロープウェイ土合口駅に展示してある模型です。
e0304702_07380283.jpg
"
天候に恵まれなかったため、谷川岳ロープウェイ土合口駅までで戻ることとしました。天候さえ良ければ天神平~天神峠くらいは行けたと思いますが、まあ、それは次の楽しみとして、今年はもう雪がかなり降ったと聞いて、平成30年の夏に再度谷川岳を見に行けたらと・・・

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年11月20日 作成











by fureshima2223 | 2017-11-20 13:24 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

ヤマノススメ三期2018年放送、今年秋にはOVAも(H290603公式HP公表より)

ヤマノススメ第三期2018年放送、今年秋にはOVAも(H290603公式HP公表より)

ようやく「ヤマノススメ」第三期の放送が公式に公表されました。2018年とのことです。そして2017年秋にはOVA作製とイベント、多くの方々が望んでいたことがようやく形になります。そのころには原作も進んでいることなので、富士山再挑戦と進路がどのように描かれるでしょうか、待ち遠しいです。

以下 資料としての保存のためを含め、公式ホームページより転載させていただきます。
ヤマノススメ公式ホームページのニュースより http://www.yamanosusume.com/news/

今秋、OVA発売&イベント上映決定!! そして、2018年、TVアニメ第3期が放送開始!!! ふるさと納税第2弾も発表
2017/06/03
e0304702_18062921.jpg
e0304702_18063622.jpg

『ヤマノススメ』ファンのみなさん、お待たせいたしました。
ヤマノススメの新作OVAが、今秋発売されることに決定しました!
タイトルは『ヤマノススメ おもいでプレゼント』。
あおいとひなた、ふたりの思い出のアイテムにまつわるエピソードを収録します。
もちろん、ここなやかえでたち、おなじみのキャラクターも登場します。

そして、OVA発売を記念して、本作のイベント上映を
10月28日(土)より全国のイオンシネマ6館にて実施することも決まりました。

さらに、2018年には、TVシリーズ第3期の放送も決定。
あおいやひなたたちが次はどんな山を登りに行くのか、続報は随時発表いたします。

好評をいただいた飯能市の「ふるさと納税」第2弾も実施します。
前回同様、飯能市に寄附をいただいた方への返礼品として、アニメ『ヤマノススメ』限定オリジナル商品を提供します。
グッズの詳細、品目数は今後決まり次第、発表します。

『ヤマノススメ』のアタック再開にご期待ください!

【OVAについて】

<タイトル>
『ヤマノススメ おもいでプレゼント』

<発売日>
今秋発売予定

<価格>
未定

<発売・販売元>
スマイラル・アニメーション

<スタッフ>
原作/しろ(アース・スター エンターテイメント「デジタル版コミック アース・スター」連載)
監督/山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督/松尾祐輔
脚本/ふでやすかずゆき
音楽/Tom-H@ck/yamazo
アニメーション制作/エイトビット
製作/ヤマノススメ製作委員会

<キャスト>
あおい/井口裕香
ひなた/阿澄佳奈
かえで/日笠陽子
ここな/小倉唯 ほか

【OVA『ヤマノススメ おもいでプレゼント』イベント上映について】

<上映開始日>
2017年10月28日(土)

<チケット>
1,300円(税込)
※前売券の情報は決まり次第お知らせします。

<上映劇場>
イオンシネマ板橋(東京都)
イオンシネマむさし村山(東京都)
イオンシネマ越谷レイクタウン(埼玉県)
イオンシネマ幕張新都心(千葉県)
イオンシネマ大高(愛知県)
イオンシネマ茨木(大阪府)

【TVアニメ『ヤマノススメ』第3期について】

<放送開始年>
2018年

<放送局>
未定

<スタッフ>
原作/しろ(アース・スター エンターテイメント「デジタル版コミック アース・スター」連載)
監督/山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督/松尾祐輔
脚本/ふでやすかずゆき
音楽/Tom-H@ck/yamazo
アニメーション制作/エイトビット
製作/ヤマノススメ製作委員会

<キャスト>
あおい/井口裕香
ひなた/阿澄佳奈
かえで/日笠陽子
ここな/小倉唯 ほか


☆『ヤマノススメ』『ヤマノススメ セカンドシーズン』は下記サイトで配信中!
 OVA&第3期の前に、あおい&ひなたたちの山登りを振り返ってみよう!

『ヤマノススメ』
ヤマノススメチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/yamanosusume
dアニメストア
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=10738
バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4183

『ヤマノススメ セカンドシーズン』
ヤマノススメ セカンドシーズンチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/yamanosusume2nd
dアニメストア
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=20483
バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4220

以上 資料としての保存のためを含め、公式ホームページより転載させていただきました。

2017年06月04日 公式HPより転載




by fureshima2223 | 2017-06-04 05:22 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪013 第2天覧山から宮沢湖・温泉へ(九十七合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪013 第2天覧山から宮沢湖・温泉へ(九十七合目)

コミック「ヤマノススメ」九十七合目「ウォーキングで気分転換」の舞台探訪に出かけました。今回はなんかもやもやしている笹原ゆうかさんを、千手院小春さんがさそって宮沢湖の温泉に行く話です。このくらいの丘歩きでも普段歩いていないとそれなりに大変なのかなと、でも過去にはコミック第三十四合目「山頂で見えるもの」で楓さん・あおいちゃんと棒ノ嶺に登っているのである程度は歩けるはずでは。それでも歩いた先の目的地に着けると、それなりにいいですね。アニメ「ヤマノススメセカンドシーズン」第十九合目で楓さんとあおいちゃんの宿題をてきぱきと終わらせた、できる人だった笹原ゆうかさんとは別人かな、なんてw・・・、探訪日は平成29年3月19日です。

①学校の前で笹原ゆうかさんと千手院小春さんが ゆうかさんなんとなくもやもやしていて 097-03-1
e0304702_07580543.jpg
097-03-2
e0304702_20290684.jpg
e0304702_15123736.jpg

千手院小春さんの名言「解決できる悩みは努力して取り込むべきだけど、解決しない悩みは気にしてもしょうがないし、
気をそらそう!」で、温泉に向かってちょっとの山歩きとか、出発は高校前から 097-04-1
e0304702_20294049.jpg
e0304702_15130711.jpg
"
グーグルマップから切抜き、加筆 学校~新町交差点(高山電業前)~中居交差点(飯能桜の森入り口)
e0304702_20303816.jpg

②高校前から東側に進み、新町交差点を北へ 高山電業前を通って 097-04-2
e0304702_20300942.jpg
e0304702_15132257.jpg

③道なりに進んで、中居交差点を渡り飯能桜の森入り口へ 097-04-3
e0304702_07591249.jpg
e0304702_15141286.jpg

④飯能桜の森入り口 ここの案内板はハイキングコースが詳しく記されていてわかりやすいです。
e0304702_15144598.jpg
"
飯能桜の森案内版より 中居交差点(飯能桜の森入り口)~飯能桜の森をめぐるルート~宮沢湖へ
e0304702_23061556.jpg

⑤第二天覧山の木柱と石碑への道標付近から 登ってきた道 097-05-1
e0304702_07592997.jpg
e0304702_15153383.jpg
第二天覧山の木柱と石碑への道標
e0304702_15160269.jpg
第二天覧山の石碑
e0304702_15161625.jpg
第二天覧山の石碑付近から飯能市街
e0304702_15163064.jpg

飯能桜の森を進み 097-05-2
e0304702_07594680.jpg
河津桜が咲いていました。他にも多くの種類の桜が植えられています。
e0304702_15165198.jpg

⑥上にある第二天覧山の木柱付近から 先を見ているのかな 097-06-1
e0304702_07595898.jpg
e0304702_15172725.jpg

⑦上にある第二天覧山の木柱付近 097-06-2
e0304702_08001653.jpg
e0304702_15181388.jpg
近くに神社があります。八幡様とのことです(入口の案内板より)
e0304702_15183366.jpg

⑧、⑨山道の風景 しろさんのこのようなカットはモデルがあるはず 097-06-3
e0304702_08003024.jpg
西側に進みます。いこいの広場、教育・学習の森の南側を通って分岐に出て
e0304702_15190114.jpg
ゴルフ場のフェンスに沿って東側に向かい、調整池の横です。
e0304702_15191212.jpg

⑩ウォーキングルートのわりに意外とアップダウンあるわね・・・ 097-07-1
e0304702_08004554.jpg
H290409撮影の写真で入れ替え 赤松広場への分岐の手前でした
e0304702_22595019.jpg
"
消防署が見える手前で規制線があると思っていましたが・・・ 097-07-2
e0304702_08010439.jpg
消防署に下りるあたり、ここまで来てもコース上では規制線はありませんでした。
この先はすぐ広場に下りれるので、通行止めと規制線があるならもっと前のはず・・・
e0304702_12231046.jpg
結局、宮沢湖の見えるここまで来て、戻りました。
e0304702_12233990.jpg

⑪ここから車道に向かったのかな
e0304702_20294032.jpg
"
ここは山道から車道に下りる途中にあるのかな、再チャレンジできたらと・・・ 097-08-1
e0304702_08011884.jpg
"
グーグルマップから切抜き、加筆 宮沢湖へ
e0304702_20302894.jpg

⑫下りてきて、中居東交差点より少し消防署よりの歩道を進み 097-08-2
e0304702_08013441.jpg
e0304702_16415003.jpg

⑬宮沢湖入口交差点に到着、目的とした温泉の案内板があります。 097-08-3
e0304702_08015752.jpg
e0304702_16421904.jpg
"
⑭ここから宮沢湖には行けません
e0304702_12241211.jpg
H28.06.01から施設開園まで宮沢湖に入ることができません。
e0304702_12243451.jpg

飯能散歩(山歩)もいいものです。                                                                                          

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年03月27日 作成
2017年04月09日 ⑩でH290409の写真に差し替え




by fureshima2223 | 2017-03-27 07:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(1)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪012下山口駅から荒幡富士へ(九十八合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪012下山口駅から荒幡富士へ(九十八合目)

あおいちゃんの誕生日、そして今年の夏こそあおいちゃんに富士山頂に立ってほしいとの期待を込めて、コミック「ヤマノススメ」九十八合目に登場した荒幡富士(所沢市の西武鉄道狭山線下山口駅起点)に行ってきました。富士に登ったら富士山見えるかなと思って、探訪日はH280219です。(天気がよさそうなので手軽に行けるところに行ってみました、なんて言いません・・・) 

まずはこの1枚 荒幡富士と浅間神社と飛行機雲
e0304702_12252847.jpg

グーグルマップから切り出して加筆 目的地は荒幡富士です。下山口駅-荒幡富士-下山口駅の約3㎞の里歩きです。
e0304702_07521740.jpg

それでは歩いた順に探訪の報告をさせていただきます。

西武鉄道狭山線下山口駅からスタートです 098-02-1
e0304702_16262799.jpg
西武鉄道狭山線下山口駅
e0304702_12352223.jpg
下山口駅の跨線橋から富士山と西武ドームが見えました
e0304702_12355499.jpg
下山口駅前の周辺マップで確認して荒幡富士を目指します。
e0304702_12361918.jpg

踏切を渡ってクリーニング店の先のY字路を左へ 098-02-2
e0304702_16270360.jpg
e0304702_12370991.jpg

神明橋を渡って 098-02-3

e0304702_16272348.jpg

e0304702_12390918.jpg

ゴルフ場の手前で 梅が咲いていました
e0304702_12411311.jpg

埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター 所沢市荒幡782
野鳥観察にいいかも、ハイキング用パンフレットも多数置いています。荒幡富士登頂記念のスタンプがあります。
e0304702_12413612.jpg
埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター入口の案内板
e0304702_12420304.jpg
埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターで 浅間神社と荒幡富士のジオラマ
e0304702_12422040.jpg
埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターで 荒幡富士登頂記念のスタンプがありました
e0304702_12293246.jpg

荒幡富士の鳥居付近から まずここに来るということは神社の裏から入ることになります。 098-03-01

e0304702_16274412.jpg
e0304702_07301914.jpg

荒幡富士の登山口 鳥居があります。 098-03-02
e0304702_16281775.jpg
e0304702_07304817.jpg
荒幡の富士の由来 明治17年起工、明治32年竣工
e0304702_12430022.jpg

荒幡富士へ 鳥居からのぼりはじめて 098-03-03
e0304702_16283635.jpg
e0304702_07311254.jpg
e0304702_07312866.jpg

もうすぐ山頂、荒幡富士の山頂には祠があります。 098-03-04
e0304702_16285481.jpg
e0304702_07314936.jpg
e0304702_07531161.jpg

荒幡富士の山頂より、西武園が見えています。 098-04-1
e0304702_16292776.jpg
e0304702_07533306.jpg

荒幡富士の山頂の祠 098-04-2
e0304702_16293744.jpg
e0304702_07535515.jpg

荒幡富士の山頂より、西武園の大観覧車をアップ 098-04-3
e0304702_16300135.jpg
e0304702_07541423.jpg
荒幡富士の山頂よりの山岳展望図
e0304702_12230723.jpg
荒幡富士の山頂より 富士山も見えました。
e0304702_12232997.jpg
荒幡富士の山頂より 飛行機雲が美しかったので
e0304702_12234840.jpg
山頂付近からのぼり道を見返してみました。
e0304702_12244575.jpg
"
「あきらめたらそこで終わりじゃない。自分を信じないと。」
あおいちゃん、今年(平成29年)はきっと富士山頂に立つよね! そして、第3期の放映も・・・ 098-05-1
e0304702_16302240.jpg
"
荒幡富士と浅間神社と飛行機雲
e0304702_12252847.jpg
荒幡富士と浅間神社
e0304702_12254643.jpg
浅間神社と鳥居 こちらが神社の正面です。
e0304702_12260594.jpg
浅間神社の祭神と合祀された神社の一覧
e0304702_12262339.jpg
茶畑もありました。
e0304702_12264161.jpg
少し降りて、梅が咲いていました。
e0304702_12270020.jpg
西ヶ谷戸橋を渡って下山口駅へ
e0304702_12271724.jpg

わずか3㎞ほどの里歩きでしたが、天候に恵まれ、荒幡富士から富士山も見えたし、梅の開花も見られたし、近くの里歩きと展望地を再認識することとなりました。この次はトトロの森を歩いてみるのもいいかなと。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2017年02月22日 作成






by fureshima2223 | 2017-02-22 20:17 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産(文化新聞H290119より)

ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産(文化新聞H290119より)

資料としての保存のため転載させていただきました。

文化新聞|公式サイト|bunkashinbun.co.jp


ヤマノススメ返礼品が人気 ふるさと納税で限定生産
http://www.bunkashinbun.co.jp/wp/2017/01/19/%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e8%bf%94%e7%a4%bc%e5%93%81%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e%e3%81%a7%e9%99%90%e5%ae%9a/



by fureshima2223 | 2017-01-21 07:35 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31