<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


「ゆるキャン△」第4話 志摩リン霧ヶ峰へ、通った道は(ストリートビューで確認)

「ゆるキャン△」第4話 志摩リン霧ヶ峰へ、通った道は(ストリートビューで確認)

ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、長野県富士見町~原村~茅野市~諏訪市
県道17号~国道152号~県道40号(ビーナスライン)と考えます。

茅野市付近のスーパーで探して、Aコープ ピアみどり店をみつけ、県道17号と八ヶ岳エコーラインとの分岐道標との間とその手前の県道17号を探してみました。

カットとストリートビューからの切出しとを対比してみます。

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前 富士見町立沢 04-066
e0304702_11375998.jpg
e0304702_14393207.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前 富士見町立沢 04-067
e0304702_11380722.jpg
e0304702_14394821.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐 富士見町立沢 04-068
e0304702_12233678.jpg
e0304702_14423392.jpg

県道17号八ヶ岳エコーラインとの分岐手前かな 04-069
e0304702_12235258.jpg
e0304702_14405589.jpg

県道17号 左の看板と建物は㈱マルモ機械 原支店 04-072

e0304702_12240814.jpg
e0304702_14435057.jpg

県道197号と17号の分岐 右の建物は㈱宮坂建設 04-076

e0304702_12242338.jpg

e0304702_14442417.jpg

県道17号 左の建物と看板はAコープ ピアみどり店 04-077

e0304702_12243930.jpg
e0304702_14452026.jpg

県道40号 車山肩駐車場  04-104
e0304702_12250946.jpg
e0304702_14455710.jpg

県道40号 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 諏訪市霧ヶ峰 04-158
e0304702_12253956.jpg
e0304702_14462056.jpg

県道40号 霧ヶ峰農場直売所・霧の駅の前 諏訪市霧ヶ峰 04-167
e0304702_12255904.jpg
e0304702_14464482.jpg

ゆるキャン△第4話で志摩リンが通った道は、長野県富士見町~原村~茅野市~諏訪市
県道17号~国道152号~県道40号(ビーナスライン)でした。グーグルマップからの切出し。
e0304702_14372025.jpg

早く「ゆるキャン△」第01話からの探訪ができたらと。そして、雪が溶けたら「ヤマノススメセカンドシーズン」とともに探訪できたらと・・・

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©あfろ・芳文社/野外活動サークル」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年01月28日 作成



by fureshima2223 | 2018-01-28 15:12 | 徒然なるままに | Trackback(14) | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目 H300107探訪)

 コミック「ヤマノススメ」百十一、百十二合目に大月市の岩殿山が登場しました。早速と思ったのですが、平成29年8月7日の台風5号による大雨の影響で岩殿山は入山規制となっていました。ようやく平成29年12月7日に入山規制が解けたとの情報を大月市観光協会のホームページで確認しました。なら、行けるとこまで、でも、あおいちゃん達が登った東ルートはまだ入れないのです。まあ、東ルート入口と烽火台を見て歩いたつもり、ふれあいの館側強瀬入口からのピストンとしました。稚児落としから浅利入口へのコースは今回の準備状態では無理と判断したので・・・。天候に恵まれて富士山がとてもきれいでした。探訪日は平成30年1月7日です。

まずはこの1枚 岩殿山山頂からの富士山です。112-03-01
e0304702_20383434.jpg
e0304702_20372810.jpg

大月市観光協会ホームページより
岩殿山入山規制が解けました。 2017.12.09

ホームページがリニューアルして初めての投稿は岩殿山の入山規制解除のお知らせとなりました!!!まずはルートの地図を。×がある東コースは復旧の見通しが立っていませんので入れません。入れる入口は、・稚児落としのある西側 浅利入口、・国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口、・神宮橋の手前から入る畑倉入口、です。

e0304702_19504204.jpg
以下、ホームページ内には強瀬入口から山頂までの写真も掲載されています。

それでは探訪の報告です

まずは大月駅で、改札内待合所には、しろ先生からの応援イラストが展示されています。
e0304702_20290113.jpg
e0304702_20291040.jpg
e0304702_20292249.jpg
改札内待合所には岩殿山の入山規制が解除になったとの掲示も
e0304702_20311539.jpg
駅前の案内板にも 注意事項として、岩殿山ふれあいの館の水道とトイレは使えません。 
e0304702_20313292.jpg


大月駅西側跨線橋より大月駅側を見ています。 111-02-02
e0304702_09420011.jpg
天候に恵まれて、富士山はきれいに見えるでしょうか。
e0304702_12412203.jpg
9時35分発富士急行ホリデー快速富士山1号・河口湖行が大月駅から河口湖駅に向かいます。
e0304702_12410393.jpg

JR大月駅正面 111-03-01
e0304702_09425923.jpg
e0304702_12421559.jpg

この鉄塔と岩殿山のアングルは・・・111-03-02
e0304702_20053655.jpg
左上のカットは、鉄塔と岩殿山の位置関係から、高月踏切の手前から撮ったのかな
e0304702_12430027.jpg
左上のカットは観光案内図が見えているので、駅から大月市観光協会観光案内所へ向かっているのかな。
e0304702_12424520.jpg

大月市観光協会観光案内所 111-03-03
e0304702_20055033.jpg
e0304702_12434852.jpg

大月市観光協会観光案内所内部正面 内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-03-04
e0304702_20060678.jpg
e0304702_12441783.jpg

大月市観光協会観光案内所内部側面を入れて  内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-04-01
e0304702_20062131.jpg
e0304702_12444051.jpg

大月駅前からも富士山が見えます、歩道に表示がありました。
e0304702_12444847.jpg

高月踏切まで来ました。 111-04-02
e0304702_20064368.jpg
高月踏切の手前、駐車禁止の標識があります。
e0304702_12452474.jpg

大月は桃太郎伝説の場所です 111-04-04
e0304702_20072110.jpg
駅前にこのような塗装の自販機がありました。
e0304702_07521878.jpg

東京電力パワーグリッド株式会社大月支社 大月市御太刀2丁目2−14  111-05-01
この先のT字路を右折して国道139号大月市民会館入口交差点へ
e0304702_20080890.jpg
e0304702_15035826.jpg

大月市民会館交差点で左折して国道139号へ 高月橋手前からの街灯と岩殿山 111-01-01
e0304702_22275435.jpg
撮り忘れたので、グーグルストリートビューから切り出しました。機会があれば撮りたいなと・・・
e0304702_21373814.jpg
岩殿山山頂から、確かにカットに描かれている街灯があります。
e0304702_21374963.jpg

円通寺大坊へ向かう途中 右側のフェンスに囲まれた敷地でヤギが買われています。111-05-02
ヤギのミルクでパンを作っているとのこと 山羊さんの贈り物 ~修験deパン~ by Purucode
e0304702_20085544.jpg
e0304702_15043481.jpg
e0304702_15044217.jpg

円通寺 裏には桃太郎地蔵があります。 111-05-03
このカットは公民館横の道を登っていることになりますが、このアングルでは円通寺大坊は木に隠れてしまうので・・・
桃太郎伝説で子持神社に行って、戻ってきたなら、この歩く方向はあるかも。
e0304702_20101402.jpg
円通寺大坊を正面から撮ってみました。
e0304702_15075451.jpg
カットに載っている歴史散歩マップ
e0304702_15074714.jpg
円通寺の説明
e0304702_15093262.jpg
円通寺の裏にある桃太郎地蔵 船に載っています。
e0304702_15100060.jpg
左手に桃を持っています。
e0304702_15100894.jpg
鬼の盃もあります。
e0304702_15093975.jpg
大月桃太郎伝説めぐり ③鬼の盃の説明板
e0304702_15094678.jpg
円通寺大坊から岩殿上バス停(岩殿山東コース登山口)への歩道から 円通寺大坊
e0304702_15101734.jpg

岩殿山東コース入口(このコースのみH291209現在通行できません。) 111-06-02
階段を登った先には左側のカットのような登山道があるはずです・・・
e0304702_20111332.jpg
e0304702_15121742.jpg
東コース入口の岩殿山周辺案内板
e0304702_15121015.jpg
東コースの入口には土砂崩れの為通行止めとの標示があります。
e0304702_15122588.jpg

七社権現洞窟 111-07-02
東コースはH300107現在通行できません。七社権現洞窟と道案内の地蔵様を載せているブログがありましたので、リンクさせていただきます。リリアンのブログ「七社権現洞窟」2017-04-21 https://ameblo.jp/lilian-lilian/entry-12267520985.html
e0304702_20120389.jpg
七社権現洞窟 111-07-03
e0304702_20121952.jpg
七社権現洞の道案内の地蔵 111-08-02
e0304702_20131137.jpg

北側の集落が見えて、もうすぐ烽火台でしょうか。 111-09-02
e0304702_20134332.jpg

烽火台から東コースへの入り口 空湟から先土砂崩れのため通行禁止との標識があります。
e0304702_20335955.jpg
東コースを登ってようやく標高634mの烽火台に着いたつもり・・・
e0304702_20335122.jpg
東コース烽火台の巻き道 この先、登山道崩落のため進入禁止の標識
e0304702_20332838.jpg
"
烽火台から岩殿山展望所へ向かう途中で 112-01-01
e0304702_20321291.jpg
e0304702_20345277.jpg
"
人馬の水浴用の馬洗池、隣に亀ヶ池もあります、メインルートから少し下ります。 112-01-02
e0304702_20325998.jpg
e0304702_20351951.jpg
馬洗池から戻ってメインルートへ
e0304702_20353182.jpg
"
岩殿山展望所に到着、乃木大将の詩碑と岩殿山634mの標識 112-02-01
でも、秀麗富嶽十二景 八番山頂 この先 の表記、ここは634mではないとのことかと。 
e0304702_20340179.jpg
e0304702_20372331.jpg
岩殿山の標識を飛行機雲と共に撮ってみました。
e0304702_20360274.jpg
"
岩殿山展望所の案内板 112-02-02
e0304702_20352093.jpg
岩殿城跡案内図
e0304702_20380831.jpg
岩殿城の説明板
e0304702_20380069.jpg
"
岩殿山展望所から富士山側の展望 112-03-01
e0304702_20372810.jpg
e0304702_20383434.jpg
少しアップで 富士山
e0304702_20385160.jpg
アップで富士山
e0304702_20384427.jpg
"
岩殿山展望所から大月駅 四季島は来ませんでしたが・・・ 112-03-02
e0304702_20374383.jpg
e0304702_20393349.jpg
"
岩殿山展望所のフェンス、下は断崖です。 112-03-03
e0304702_20380015.jpg
e0304702_20395583.jpg
"
確かに列車の全体を撮る場所としてはいいかも。 112-04-01
e0304702_20381632.jpg
e0304702_20402622.jpg
"
岩殿山展望所から大月市街地 112-04-03
e0304702_20384979.jpg
e0304702_20405390.jpg
"
岩殿山展望所の説明板と東屋 112-05-01
e0304702_20390539.jpg
e0304702_20411315.jpg
"
右は番所跡へ降りていく階段かな、別の場所かもしれません。
左は揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。 112-05-02
e0304702_20392407.jpg
番所跡へ降りていく階段
e0304702_20414401.jpg
揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。枝は切られています。
e0304702_20415444.jpg
"
稚児落としのある西側 浅利入口へのコースと国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口へのコースの分岐
e0304702_20422490.jpg
今日は体力と装備を考慮して、稚児落としのある西側・利入口へのコースはパス、強瀬入口へ下山です。
e0304702_20423213.jpg
"
あおいちゃん達は稚児落としのある西側・浅利入口へのコースを通っています。送電線の鉄塔をくぐって 112-05-03
e0304702_20394285.jpg
兜岩のトラバースと垂直20m程度の上りがあるとのこと 112-06-01
e0304702_20395594.jpg
112-06-03
e0304702_20404017.jpg
稚児落としの岩壁 112-08-01
e0304702_20420593.jpg
お父さん、経験からいろいろ話すけど・・・112-09-01
e0304702_20422150.jpg
あおいちゃん、うざいとおもっているような・・・ 112-09-02
e0304702_20423634.jpg

ふれあいの館側強瀬入口から岩殿山をピストンしましたので、その写真も載せていきます。

強瀬入口 左側:岩殿城跡入口、右:岩殿山丸山公園入口
e0304702_13265238.jpg
しばらく登って、門を振り返って
e0304702_13302890.jpg
門と岩殿山 烽火台の放送塔も見えています。
e0304702_13313301.jpg
門の前からの富士山がきれいです。
e0304702_13322076.jpg
少し上って、従来の登山道には「この先、登山道崩落のため進入禁止」の標示あり、
新たに整備された登山道へ
e0304702_13354651.jpg
新たに整備された登山道、平成29年12月7日より通れるようになったとのこと
e0304702_13370693.jpg
岩殿山ふれあいの館が見えました。
e0304702_13390779.jpg
断水のため水道は使用できず、トイレも使用できません。
e0304702_13411289.jpg
岩殿山ふれあいの館の入口 飲み物の自販機はあります。ヤマノススメのイラストも
e0304702_13394349.jpg
岩殿山ふれあいの館のヤマノススメイラスト等展示
e0304702_13425072.jpg
e0304702_13430889.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景
e0304702_13462506.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景からの富士山
e0304702_13440861.jpg
岩殿山展望所に向かう登山道
e0304702_13482599.jpg
e0304702_13484026.jpg
e0304702_13485743.jpg
まもなく岩殿山展望所に着きます。
e0304702_13494000.jpg
岩殿山展望所の標記と乃木大将詩碑
e0304702_13504431.jpg
岩殿山展望所からの富士山
e0304702_13511844.jpg
岩殿山展望所からの三つ峠 三つ峠からの富士山も見てみたいと・・・
e0304702_13522155.jpg

 最初は岩殿山は次の探訪、大月駅周辺~強瀬入口~円通寺~東コース入口の探訪ができればと思って出かけましたが、天気に恵まれ、富士山の展望が期待できたので、強瀬入口~ふれあいの館~岩殿山のピストンを追加しました。天覧山よりはきついですが、まだこの程度の山なら登れるとの感触を得たと思います。今年こそ、一番楽なコースのピストンにはなると思いますが、三つ峠からの富士山を見ることができたらと。

"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年01月15日 作成










by fureshima2223 | 2018-01-15 14:29 | ヤマノススメ | Trackback(33) | Comments(0)

柏市の下水道マンホール蓋 KASHIWAココ撮れマンホール5枚を探せ!(H300104訪問)

柏市の下水道マンホール蓋 KASHIWAココ撮れマンホール5枚を探せ!(H300104訪問)

柏市のホームページに「KASHIWAココ撮れマンホールを探せ!」の告知がありましたので、マンホールカードゲット、「ステラのまほう」第4話に登場した柏の葉キャンパス駅西口の探訪を含めて、柏市を訪れました。本ブログは、KASHIWAココ撮れマンホール5枚探しをまとめたものです。訪問日は平成30年1月4日です。

まずはこの1枚 日立台公園北端の入口付近の歩道にて KASHIWAココ撮れマンホール①
e0304702_15004932.jpg
"

KASHIWAココ撮れマンホールを探せ! 柏市ホームページ 2017年12月22日掲載
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/120910/p044260.html

KASHIWAココ撮れマンホールって?
 市内5箇所に,特別デザインのマンホール「KASHIWAココ撮れマンホール」が設置されました。5つのマンホールごとに、それぞれ柏の様々なコンテンツをお届けしていきます。マンホールから発信される情報は、内容ごとに更新されていきますので、スマートフォンのQRコード読み取りアプリをご用意の上、お立ち寄りください。

どこにあるの!?KASHIWAココ撮れマンホール

 柏市の下水道普及率は90パーセント(平成28年度末、汚水)、市内の北部、中央、南部へ亘り5箇所を設置しました。柏市下水道キャラクターの蓮子ちゃんからのヒントを元に、探してみてくださいね。

e0304702_07044020.jpg

ココ撮れマンホールハンターになろう!~撮って!送って!マンホール!~

 KASHIWAココ撮れマンホールの誕生をお祝いして、期間限定スタンプラリーイベントを開催します。」市内5箇所全てのKASHIWAココ撮れマンホールを見つけてくれた方に、抽選でオリジナルグッズをプレゼント!なんと本物のマンホール蓋が貰える…!?応募内容は以下をご覧ください。


ココ撮れマンホールハンター~撮って!送って!マンホール!~
(応募要領、応募用紙等詳細は上記ホームページを参照してください。)
マンホール蓋など豪華賞品を抽選でプレゼント!
 KASHIWAココ撮れマンホールの設置開始に伴い、期間限定イベント「マンホールハンター~撮って!送って!マンホール!~」を実施します!全5箇所のKASHIWAココ撮れマンホールを見つけて写真を撮り、ご応募いただいた方の中から抽選で豪華賞品をプレゼントします。プレゼントは2種類からお選びいただけます。

賞  品
 マンホール蓋の実物3枚(オナガデザイン2枚・カラーのサザンカデザイン1枚) 各1名、
オナガデザインのマンホール蓋は柏市のマンホールカードにもなっています。また、カラーのサザンカデザインのマンホール蓋は貴重なデザインです。(注意)新品ではありません。また、デザインの種類はお選びいただけません。

実施期間 平成29年12月22日(金曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで(当日消印有効)


それでは、KASHIWAココ撮れマンホール5か所を探しに行きます。

柏駅を起点として、出会った順にブログに載せていきます。


まずはKASHIWAココ撮れマンホール5か所の設置場所と移動手段です。


 スタートは柏駅です。柏駅東口から東武バスイースト㈱の柏31セブンパークアリオ柏前経由昭南車庫行(柏駅東口~セブンパークアリオ柏前~昭南車庫)に乗車し、セブンパークアリオ柏前バス停で下車、KASHIWAココ撮れマンホール⑤を確認しました。道路の向かい側の東武バスイースト㈱の柏31柏駅東口行(昭南車庫~セブンパークアリオ柏前~柏駅東口)に乗車し新田原バス停で下車、交差点に戻って緑ヶ丘交番前交差点まで約900m歩き、日立台公園北端の歩道でKASHIWAココ撮れマンホール①を確認しました。緑ヶ丘交番前交差点からは柏神社まで約700m歩き、柏神社前の歩道でKASHIWAココ撮れマンホール③を確認しました。柏神社からは柏駅西口の高島屋横まで約600m歩き、高島屋横の歩道でKASHIWAココ撮れマンホール②を確認しました。柏駅西口からはマンホールカードをいただくために、柏市役所分庁舎まで約1200m歩き、マンホールカードをいただき、カラーデザインマンホール設置場所の情報を得て、柏たなか駅へ向かうために松ヶ崎バス停まで500m歩きました。松ヶ崎バス停から柏03柏市立高校行(柏駅西口~市立柏病院~柏田中駅~柏市立高校)に乗車し、柏たなか駅で下車、柏たなか駅東口の階段下の歩道でKASHIWAココ撮れマンホール④を確認しました。

 KASHIWAココ撮れマンホールパンフレットに載っていたヒントと写真をもとにKASHIWAココ撮れマンホールを探しましたので、以下に載せていきます。ちょっとした舞台探訪の気分です。

⑤のヒント お買い物にバスでセブンパークアリオ柏に来たあなた、発見のチャンスです!
      セブンパークアリオ柏前バス停の柏駅側の歩道にありました。

e0304702_14590354.jpg

e0304702_14585644.jpg

①のヒント サッカー観戦に蓮子ちゃんも来ているみたいです。
      緑ヶ丘交番前交差点の日立台公園側の歩道にありました。
e0304702_15004247.jpg
e0304702_15004932.jpg

③のヒント  古くから親しまれてきた柏神社近くにも、蓮子ちゃんが見つかります。
       柏神社前の歩道にありました。
e0304702_15012465.jpg
e0304702_15013271.jpg

②のヒント  高島屋柏店でお買い物が終わったら、柏駅に向かう道すがら探してみてください。
       柏駅西口の高島屋横の歩道にありました。
e0304702_15020882.jpg
e0304702_15015586.jpg

④のヒント  銀色の魚をイメージした駅舎に目を取られがちだけど・・・
       柏たなか駅東口階段下の歩道にありました。
e0304702_15024117.jpg
e0304702_15023138.jpg

グーグルマップを切出し、KASHIWAココ撮れマンホール5枚の位置を加筆しました。
e0304702_15031674.jpg

 KASHIWAココ撮れマンホール5枚を撮るために柏市内をめぐりました。①⇒⑤の順序で回るのは効率が悪いので、どこを起点としどう回るかは考える必要があるかなと。起点を柏駅とすると、柏駅~セブンパークアリオ柏前、松ヶ崎入口(柏市役所分庁舎1最寄りバス停)~柏たなか駅はバス移動、残りは歩くとして、マンホールカードをいただくために柏市役所分庁舎1に寄ることを考慮すると、少なくとも4㎞強は歩いたことになります。実際には、周辺でのマンホール蓋探しもしていますのでもっと歩いていることになると思います。天候に恵まれた街歩きは楽しかったです。

履歴
2018年01月10日 作成










by fureshima2223 | 2018-01-10 08:12 | マンホールの蓋など | Trackback | Comments(0)

「ステラのまほう」舞台探訪008 つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅西口(第4話)

「ステラのまほう」舞台探訪008 つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅西口(第4話)

「ステラのまほう」第4話bパート つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅西口に4人が集まってスキャナーを買いに行くのですが・・・。柏の葉キャンパス西口側のカットが登場します。さすがにこのカットだけでは来れなかったのですが、柏市のマンホールカードを手に入れ、下水道カラーマンホールの写真を撮るため県立柏の葉公園へ向かう際に、駅前でカットを回収しました。探訪日は平成30年1月4日です。 

つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅西口 bパートのスタート 04-024
e0304702_20151355.jpg
グーグルマップ3Dより切抜き
e0304702_20172656.jpg

そろそろ二人とも来るって 04-026
e0304702_20152962.jpg
e0304702_19511171.jpg

あっ 04-027
e0304702_20154507.jpg
e0304702_19513996.jpg
e0304702_19515441.jpg

おっすー 04-028
e0304702_20160557.jpg
e0304702_19522619.jpg

わざわざこっちの沿線までありがとな こちらこそ今日はありがとうございます 04-029
e0304702_20162346.jpg

すみません、お待たせしました 04-030
e0304702_20164066.jpg
e0304702_19525986.jpg

いえ、待ってないですよ 04-031
e0304702_20170158.jpg
e0304702_19532587.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「© くろば・U・芳文社/ステラのまほう製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年01月05日 作成






by fureshima2223 | 2018-01-05 20:25 | ステラのまほう | Trackback | Comments(0)

マンホールカード11と12枚目再び、多摩市のデザインマンホール蓋設置場所へ(H291217)

マンホールカード11と12枚目再び、多摩市のデザインマンホール蓋設置場所へ(H291217)

 以前に1度訪れてマンホールカードをいただきましたが、実際に設置されているマンホール蓋との出会いを求めて再度訪れました。この途中でいろいろなマンホール蓋と出会いましたが、失敗もありました。多摩市の市章を事前に確認していなかったため、マンホール蓋を撮る角度が違ってしまったのです。訪れたのは平成29年12月17日です。その後多摩市の下水道ハローキティデザインマンホール蓋は汚水6枚雨水3枚に増え(H291228現在)、そしてH3001からH3002にかけて下水道あらいぐまラスカルデザインマンホール蓋設置との告知もありました。ラスカル蓋が設置されたらまた訪れてみたいです。

まずはこの1枚、ハローキティーデザインの多摩市下水道雨水マンホール蓋
e0304702_18304669.jpg

1.ハローキティとラスカルのマンホール蓋設置、マンホールカード配布について


多摩市ホームページ 2017年11月29日公開(2017年12月28日現在で添付地図修正)

 http://www.city.tama.lg.jp/0000005579.html

ハローキティとあらいぐまラスカルがマンホール蓋になりました!さらに、ハローキティのマンホールカードも配布します。
e0304702_18220196.jpg


H291228現在のハローキティデザインマンホール蓋の設置場所です。
汚水蓋6枚、雨水蓋3枚設置されています。
e0304702_18241657.jpg
聖蹟桜ヶ丘駅周辺にあらいぐまラスカルデザインマンホール蓋が間もなく設置されるとの告知がありました。
e0304702_18221437.jpg
マンホールカードを配布しています。土日は永山公民館で両方いただけます。
公民館に用事があるとの扱いになるため、公民館ビルの駐車場が1時間まで無料となります。
e0304702_18222379.jpg
e0304702_18223611.jpg
e0304702_18224857.jpg
"
2.マンホールカード座標の蓋

多摩センター駅から歩きました。
e0304702_14171072.jpg

駅から左回りで、多摩市下水道汚水ハローキティデザインマンホール蓋、これが座標蓋です。
e0304702_18302370.jpg
歩道の前にありました。
e0304702_18303332.jpg

多摩市下水道雨水ハローキティデザインマンホール蓋、これが座標蓋です。
e0304702_18304669.jpg
多摩中央公園の南西端、ブロック舗装の場所にありました。
e0304702_18310995.jpg

3.多摩市のマンホール蓋(ハローキティデザインマンホール蓋を探す途中で)

多摩市のデザインマンホール蓋(汚水かな) 多摩川と遡上する鮭(&卵)、多摩川にかかる関戸橋、富士山です。
e0304702_14183096.jpg
多摩市東京JIS型雨水マンホール蓋 傘のマークあり
e0304702_14182271.jpg
多摩ニュータウンのマークが入る汚水マンホール蓋
e0304702_14185406.jpg
多摩ニュータウンのマークが入る雨水マンホール蓋
e0304702_14184110.jpg

東京都埋蔵文化財センターで多摩センター開発に伴う出土品を見て
e0304702_14203973.jpg
中央のマークや市章のない蓋 敷地所有者が所有地内に設置した蓋
e0304702_14205733.jpg
清掃と表記の2ランク大きめの蓋
e0304702_14210612.jpg

多摩中央公園西側の歩道
e0304702_14222346.jpg
多摩市東京JIS型汚水マンホール蓋 汚水と表記
e0304702_14221470.jpg
多摩市東京JIS型雨水マンホール蓋 雨水と表記
e0304702_14220671.jpg

キティちゃんを撮って多摩センター駅に戻ります。
e0304702_14225017.jpg

多摩市が何をアピールしたいかがわかるマンホール蓋を見せていただきました。
ラスカルデザインの蓋が設置されたらまた来ます。


履歴
2018年01月04日 作成












by fureshima2223 | 2018-01-04 19:23 | マンホールの蓋など | Trackback(10) | Comments(0)

明けましておめでとうございます 平成30年 元旦

明けましておめでとうございます 平成30年 元旦
e0304702_23101046.jpg
             今年は何ができるでしょうか
             肩の力を抜いて
             自分が今できること
             そして楽しいと思うことを
             できる範囲で楽しめたらと

             どのような作品と出会い
             どのような場所と出会うことができるでしょうか


by fureshima2223 | 2018-01-01 00:05 | Trackback(12) | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31