<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

H30.07.27に、「ヤマノススメサードシーズン」第03話に登場した東吾野駅周辺、登山道と天覚山山頂、子ノ権現を訪れて、ブログを作成しました。でも、アニメに登場したカットでは、大岩と大高山を残していました。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)

 とすると、やはり行きたくなります。しかし、前のブログに書いた通り、飯能アルプスの踏破はもちろん無理なので、できるだけ車を使い、登山としての歩行距離をできるだけ短くできないか調べてみました。探訪日は平成30年8月5日です。

まずはこの1枚 大高山の山頂で 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg

 東吾野駅付近から林道平坂飛村線という道路が大高山と子ノ権現を結ぶ登山コースとクロスしています。ここまで車で到達でき、車を置くことができれば、大高山まで約30分、大岩まで行っても50分以内の歩行時間で到達できそうです。
e0304702_20102429.jpg

①東吾野駅駅から車で飯能アルプス登山道とのクロス地点へ

東吾野駅側 林道平坂飛村線の入口です
e0304702_07454335.jpg
林道平坂飛村線の案内板 ここから7.6kmで飯能アルプス登山道とクロスします
e0304702_07455825.jpg
飯能アルプス登山道とクロス地点 峠としての名前はないのでしょうか
e0304702_07472143.jpg
この付近で車の駐車が可能でした
e0304702_07473158.jpg
前坂・子ノ権現への道標
e0304702_07470289.jpg
国道299号、原市場、そして大高山への道標 ここから大高山そして大岩を目指します。
e0304702_07471140.jpg

②天覚山から大岩、大高山そして飯能アルプス登山道と林道のクロス地点へ
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩ですが、アニメに登場した登山コースに沿って編集しました。歩行時間は、写真を撮りながらですが、登山道と林道と林道のクロス地点⇒大高山まで30分弱、大高山⇒大岩まで20分強でした。帰りはいろいろあって、それはまた別のまとめとして。

YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg

天覚山山頂から下ってすぐ あおいちゃんとここなちゃんは大高山へ 03-152
e0304702_18313006.jpg
H300727撮影
e0304702_08212041.jpg

途中の登山道 03-156
e0304702_18324356.jpg
イメージだけですが、大岩が見えてきた場所で
e0304702_20085551.jpg

大岩に到着 道標を大高山側から見ていることになります 03-160
e0304702_18354315.jpg
e0304702_20110869.jpg
道標を入れて全体を撮ってみました、天覚山は大岩の左を回ってとのこと、ルートと別の山道があるので注意とのことかな
e0304702_20132329.jpg

ここで休むより、大岩の上の方がいいかも 03-161
e0304702_18363974.jpg
もっとアングルを合わせられる場所あるかな
e0304702_20144665.jpg
休むなら大岩の上の方が・・・
e0304702_20170328.jpg

あおいちゃんのこのカットは尊いかな 03-162
e0304702_18371473.jpg

大岩から大高山への登山道 03-166
e0304702_18384840.jpg
イメージだけですが
e0304702_05404058.jpg
"
大岩から大高山への登山道で 03-169
e0304702_18410444.jpg
ここもイメージだけですが
e0304702_05410604.jpg
"
カモシカさんとは出会えませんでした 03-174
e0304702_18395260.jpg
"
大岩から大高山への登山道 イメージだけですがどうでしょうか
一人もよかったけど、やっぱり誰かと一緒の方が楽しいな 03-175
e0304702_18415876.jpg
e0304702_05420857.jpg
このような道標が有って
e0304702_05414960.jpg
大高山の山頂が見えます
e0304702_05413762.jpg
"
大高山からの展望は確かにこれだけです 03-177
e0304702_18424883.jpg
e0304702_06232565.jpg
e0304702_06231717.jpg
"
大高山山頂の道標 03-178
e0304702_18435060.jpg
e0304702_06235220.jpg
"
お母さんが作ってくれたおにぎりで昼食、きゃー、爆弾おにぎりですね、ありがとうございます 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg
"
お母さんにお礼を伝えてください、うん 03-184
e0304702_18445794.jpg
e0304702_06243526.jpg
"
予定ではここまでだったけど、ここなちゃんもうちょっと歩こうか、ぜひぜひ 03-185
e0304702_18453932.jpg
e0304702_06383368.jpg
"
そうだ、この先にいいところがあるんですよ、で、子ノ権現へ向かいます 03-187
e0304702_18462425.jpg
e0304702_06385096.jpg
大高山でお嬢様聖水とともに、そして登山道と林道とのクロス地点へ下山のはずですが・・・
e0304702_06391050.jpg

天覚山と子ノ権現については 再度ですが、以下のブログを参考にしていただけると
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)
"
③大高山から林道への下山でやってしまいました
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩です。そして大高山から登山道と林道とのクロス地点に戻る途中に、やってしまいました。本来の登山道は大高山山頂から西北西に向かうのですが、登山道があったとして北東側の尾根を下りてしまいました。途中に無線中継所・林道を経てとの道標やテープがあり、それなりに歩く人がいるようでした。
 結果として登山道と林道とのクロス地点(車を停めた場所)より吾野側の林道に出ることができましたが、意図したルートでの下山ではありませんでした。大高山~中継所~林道のコースは国土地理院の2.5万分の1の地図にも、登山関係の地図にも載っていない山道であり、里山の怖さと地図読みの大切さを再度体験しました。結果オーライではありません。山に入るものとしての再度なにが重要かを考えさせられました。

登山道 YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg
歩いた登山道と山道をグーグルマップ3D切出しに加筆
e0304702_07195466.jpg
TVS テレビ埼玉吾野テレビ中継放送局
e0304702_07310028.jpg
途中の山道
e0304702_07311566.jpg
林道に到達 ブロック擁壁に脇に虎ロープ、それなりに使用されている山道のようです
ちなみに、ストリートビュー2015年9月でも虎ロープは見ることができます
e0304702_07313226.jpg
まあ、無事には下山できましたが、想定以外の、本来のルート以外を通ったことに、再度反省です。

ブログを公開した後、ツイッターで詳しい地図を教えていただきました
ハブさん△大地の果てにTOM*habusan 8:55 - 2018年8月13日のツイート
お疲れ様です。飯能アルプスの名物と言っても良いかもです。尾根を間違えると谷落ちてしまいます。可笑しいなと思ったら元に道に戻る事をオススメしますね。今回のルートはこちらの地図では記載されていますので、アンテナ設備用のルートだと思われますね。
e0304702_18494894.jpg

また、分岐の道標が有ることを教えていただきました。
Teo*C94二日目東K07a*teo_imperial 10:18 - 2018年8月13日のツイート
あー。TV中継所の方に行ってしまいましたか。実は分岐点にこう言う小さい道標があるんです。山道の原則は「これは違う」と思ったら疲れそうでも戻る事です。今回は無事で良かったのですが、低山の滑落事故は道間違いが圧倒的に多いです。私もしてしまいました。ハブさんの地図お勧めです。(写真はトリミングさせていただきました)
e0304702_19070778.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月13日 作成

















by fureshima2223 | 2018-08-13 07:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)


 ヤマノススメサードシーズンのブログは、話数ごとではなく、探訪で地域的なまとまりができた時点で作成順にNo.を付けていきたいと思います。まずは3話から、いずれ、飯能市内の新規カットも撮りますが、山も少しだけは行きたいので。

まずはこの1枚 天覚山山頂で 03-129

e0304702_21561686.jpg
お嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg

 ヤマノススメサードシーズン第3話を見て、自分の足では東吾野駅から天覚山~大高山~子ノ権現を通って吾野駅まで、YAMAPで歩行時間6時間20分のコースを歩き通すことができるとは思えませんでした。ならどうするか。アニメに登場するカットは、東吾野駅周辺、天覚山登山道沢コースと尾根コースの分岐点、長尾坂配水場から天覚山、子ノ権現を訪れることができればほとんど回収が可能で、残るのは大岩と大高山のカット程度であることがわかりました。とすれば、できるだけ歩く距離を減らすために車を利用しようと。東吾野駅駐車場1日500円、天覚山沢コースと尾根コースの分岐点付近に車を停めてカット回収、長尾坂配水場付近に車を停めて天覚山ピストン、そのあと、車で子ノ権現に向かい、駐車場に停めてカット回収です。まだ時間があったので、天目指峠経由で有間ダムに向かい、ダムカードをいただきました。探訪日は台風12号の影響を受ける前日の平成30年07月27日です。

追加 この後、どうしても行きたくなって、平成30年8月5日に林道と飯能アルプスのクロス地点から大高山・大岩をピストンし、平成30年8月13日に以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)


お母さんに教えてもらって、飯能アルプスへ。近場だし、全然平気だよ、登山靴の履き慣らしにもちょうどいいかも 03-052
e0304702_18345041.jpg
YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山 
アニメで歩いたコースを東吾野駅~天覚山~大高山~子ノ権現~吾野駅とすると、歩行時間だけで6時間20分、これはとてもきつそうです。なので、天覚山ピストンの後は車で子ノ権現へと向かうこととします。
e0304702_21581365.jpg

YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山の地図から東吾野駅から天覚山のコースのみを切出してみました。
東吾野駅から天覚山までは1時間程度、長尾坂配水場から天覚山までなら30~40分程度でしょうか。
e0304702_19354317.jpg

①あおいちゃん飯能駅へ、そして西武線で東吾野駅へ

あおいちゃん飯能アルプスに向けて出発
松屋呉服店のシャッター 飯能市本町1-5  飯能小町公園の前 03-056
e0304702_18353986.jpg
03-057
e0304702_18355363.jpg
H270105撮影
e0304702_16361727.jpg

西武線の車両かな、後で回収できたらと 03-058
e0304702_18360768.jpg

②東吾野駅とその周辺 駅近くの有料駐車場に車を停めて探訪です。

②‐1 東吾野駅ホーム 電車ここまでの長さはないかと、ポーズを決めるためにわざわざこの駅名標まで来たのかな 03-061
e0304702_18362200.jpg
e0304702_17262428.jpg

②‐2 あおいちゃんが改札口を通るカットがなかったので、ステラのまほう第3話のカットを載せておきます。
  「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01話~第04話) 
e0304702_17415685.jpg
H281023撮影
e0304702_17421971.jpg

②-2-1 駅前の自販機 03-062
e0304702_18363719.jpg
e0304702_17274328.jpg

②-2-2 駅前の自販機 水を2本購入して 03-063
e0304702_18365036.jpg
e0304702_17283043.jpg

②-2-3 駅前の自販機 お店は閉まっています。03-064
e0304702_18370646.jpg
e0304702_17290944.jpg

②-2-4 駅前の自販機 重い、でも、これもトレーニングの一環 03-067
e0304702_18372118.jpg
e0304702_17295165.jpg

②-3-1 東吾野駅前の道標、山行届の提出ボックスもあります。天覚山はこっちでよし 03-068
e0304702_18373504.jpg
e0304702_17302410.jpg

②-3-2 ユガテって何だろう 03-070
e0304702_18375119.jpg
e0304702_17310178.jpg

②-4 鉄道に沿って踏切へ 03-071
e0304702_18380510.jpg
e0304702_17312516.jpg

②-5 踏切を通って正面の道標と案内板 右へ進みます  03-072
e0304702_18382293.jpg
e0304702_17315166.jpg

②-6 吾野原木センター前を通って、正面の道標 左へ進みます  03-073
e0304702_18383796.jpg
道標に気を取られて、アングル合わせができていないので、関八州の時再チャレンジします
e0304702_17321592.jpg

②-7-1 分岐の道標を見て 03-074
e0304702_18385173.jpg
e0304702_17324439.jpg

②-7-2 分岐の道標を見て 右の道を進みます 見えている蓋は 
    なお、左へ進み、川を渡ってすぐ左手の林に「へびいるよ」の注意看板があります 03-075
e0304702_22181185.jpg
見えている蓋は飯能市の上水道ハンドホールです
e0304702_17330890.jpg
飯能市の上水道ハンドホール 仕切弁蓋でした
e0304702_17332758.jpg
すぐわきに この道標もあります
e0304702_17334543.jpg

②-8 山道に入ってすぐ、すずしーって、この時はいい調子でしたが  03-077
e0304702_21372234.jpg
e0304702_17341192.jpg

②-9 少し進んで  03-079
e0304702_21373774.jpg
e0304702_17343474.jpg

②-10 一方、ここなちゃんは後追いで、どうしてこの看板の前を通ったのでしょうか 
    本来の登山道を少し離れて、東峠方面への道を川を渡って左側です 03-147
e0304702_20540082.jpg

e0304702_13034129.jpg
"
東吾野駅駅付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_19582843.jpg

③天覚山へ 沢筋コースと尾根コースの分岐のあたり この付近は車を停めることができました

③-1 沢筋コースと尾根道コースの分岐の道標 03-081
e0304702_21384434.jpg
e0304702_17354221.jpg

③-2 尾根コースは破線になっているってことは、難易度が高いってことだから、沢筋コースにしようかな 03-084
e0304702_21390035.jpg
e0304702_17360351.jpg
分岐の道標、ハイカーの皆さんへのお願いも
e0304702_17363391.jpg

③-3 沢筋コースに入ってすぐ 03-085
e0304702_21391546.jpg
e0304702_21293307.jpg
"
③-1 一方、ここなちゃんは分岐から尾根道コースへ 03-144
e0304702_20531535.jpg
e0304702_13025250.jpg
"
③-4 飯能市のイメージキャラクター「夢馬」(むーま)を模して造られたベンチに到着 
   カット回収が目的でしたら、尾根コースを少し進み、ベンチを確認した後、沢筋コースを登るといいかと 03-145
e0304702_20533851.jpg
e0304702_13031741.jpg

分岐付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20114021.jpg

④長尾坂配水場から尾根コースとの合流点まで この付近に車を停めて天覚山をピストンしました

④-1 自分のペースで楽しく歩いて、飯能市長尾坂配水場まで来ました 03-107
e0304702_21393138.jpg

e0304702_21322169.jpg

④-2 飯能市長尾坂配水場の先、この付近に車を停めました 03-105
e0304702_20494441.jpg
e0304702_21313184.jpg

この道で合ってるけど、あまり人には会わないかと 03-106
e0304702_20495888.jpg

④-3 長尾坂配水場から少し登って、大石のある場所を登るのはここだけかと 03-104
e0304702_20492927.jpg
e0304702_21303603.jpg
"
④-4-1 大岩のある場所で小休止、でもここからがきつかったような 03-113
e0304702_21402395.jpg
e0304702_07203758.jpg
"
④-4-2 新しい靴のおかげで足は平気だけど、ザックが重いな 03-114
e0304702_21405176.jpg
e0304702_07210691.jpg
"
④-5 登山道で 03-115
e0304702_21410464.jpg
e0304702_07215239.jpg
"
④-6 かなりの登りです 03-116
e0304702_21411903.jpg
e0304702_07222170.jpg
"
④-7 ひたすら登りです 03-117 
e0304702_21413464.jpg

e0304702_07230484.jpg
"
④-7 所々に倒木はありますが、下をくぐる倒木とは出会いませんでした 03-120
e0304702_21414827.jpg

e0304702_07240504.jpg
"
④-7 東吾野駅と天覚山頂を示す道標 もうすぐ尾根コースと合流です 03-121
e0304702_21420319.jpg
e0304702_07242949.jpg

飯能市長尾坂配水場付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20325724.jpg

長尾坂配水場から天覚山山頂までの舞台をYAMAPの地図に落としてみました
e0304702_20510563.jpg

⑤尾根コースと合流し天覚山へ

⑤‐1 尾根道コースと合流 道標は東吾野駅方面 ←尾根道コース 沢筋コース↑
e0304702_07245962.jpg

⑤-2-1 両峯神社跡 ここからあおいちゃんは反時計回りで、ここなちゃんは少し遅れて時計回りで天覚山頂へ
e0304702_21153000.jpg
⑤-2-2 両峯神社跡
e0304702_07253455.jpg
"
⑤-3‐1 あおいちゃん、もうすぐ山頂だよ 03-122
e0304702_21423443.jpg
e0304702_09012459.jpg
⑤-3‐2 あおいちゃん頑張って登ってるような 03-123
e0304702_21424918.jpg

e0304702_09014971.jpg
"
⑤-4‐1 東峠経由久須美峠の道標 03-124
e0304702_21430477.jpg
e0304702_09021264.jpg
"
⑤-4‐2 あおいちゃん、ようやく天覚山頂に到着 03-125
e0304702_21431822.jpg
e0304702_09024766.jpg
"
⑤-4‐3 天覚山445mの標識 03-126
e0304702_21433819.jpg
e0304702_09031156.jpg
天覚山でお嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg
"
⑤-4‐4 しんどい、面白くない、もう帰ろかな 03-129
e0304702_21561686.jpg
e0304702_19371460.jpg

⑤-4‐5 天覚山からの展望 03-130
e0304702_21570637.jpg
e0304702_13011380.jpg
e0304702_13013292.jpg
"
⑤-5 ここなちゃん時計回りで天覚山に到着 03-132
e0304702_21572175.jpg
e0304702_13020080.jpg
"
幻聴や幻覚じゃなくて 03-135
e0304702_21573771.jpg
あれ、あおいさん、天使が舞い降りたかな 03-136
e0304702_21575690.jpg
⑤-6 あ、ここなちゃん、天覚山であおいちゃんとここなちゃんが出会って 
    大丈夫ですか、大丈夫、ちょっと休憩していただけ 03-137

e0304702_21581161.jpg

e0304702_13022686.jpg

"
よかったです、てっきり行き倒れてるのかと思いました 
偶然だね、はい、わたしかもしかさんに会いに来たんです 03-140
e0304702_21582744.jpg

大高山まで行こうと思ってるんだけど、ご一緒していいですか 03-150
e0304702_21584488.jpg

"
⑤-7 天覚山から大高山に向かいます 03-152
e0304702_21590244.jpg

e0304702_13043223.jpg

"
⑥大岩、そして大高山へ ここはいつ行けるかな、車使うと歩く距離大幅に減らせそうですが

"
大岩で 03-160
e0304702_21592246.jpg

大岩で 03-161
e0304702_21594329.jpg

大高山で 03-180
e0304702_22000225.jpg


⑦子ノ権現に到着、お参りです 駐車場に車を置いて

子ノ権現天龍寺ホームページ(http://nenogongen.jp/index.html)より 山内図
e0304702_16571655.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-189
e0304702_22003005.jpg

e0304702_14294788.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-190
e0304702_22004597.jpg

e0304702_14301045.jpg


⑦-2 立派な杉の木、あおいさんこっちです 03-193
e0304702_22010957.jpg

e0304702_14303009.jpg


⑦-3-1 仁王像 03-195
e0304702_20402700.jpg

e0304702_14305655.jpg


⑦-3-2 仁王像 03-196
e0304702_20404531.jpg

e0304702_14311749.jpg


⑦-3-3 仁王像カラフルだね、かわいいです 03-197
e0304702_20430223.jpg

e0304702_14314967.jpg


⑦-3-4 子ノ権現天龍寺の由緒 03-198
e0304702_20431923.jpg

e0304702_15560623.jpg


⑦-4-1 子ノ権現天龍寺本堂と美和観音像 03-199
e0304702_20433467.jpg
e0304702_19535917.jpg

⑦-4-1 草鞋 03-201
e0304702_20435164.jpg

e0304702_15570960.jpg


⑦-4-2 子ノ権現は足腰守護の神様を祭ってあるんです 03-202
e0304702_20440753.jpg

e0304702_15572421.jpg


⑦-4-3 奉納のされた額 03-203
e0304702_20442371.jpg

e0304702_15575079.jpg


⑦-4-4 草鞋 あおいさんがトレーニングしてるのならここまで来てほしいなって 03-206
e0304702_18391256.jpg

e0304702_18471160.jpg


⑦-4-5 来年ケガすることなく富士山を目指せるように 03-207
e0304702_20444120.jpg

e0304702_18493802.jpg


⑦-4-6 はぁー、うん!! 03-209
e0304702_20445807.jpg

e0304702_18501084.jpg


⑦-4-7 草履のアップ 03-210
e0304702_20451646.jpg

e0304702_18504431.jpg

⑦-4-8 どうかお願いします、こんどこそは  03-211
e0304702_20453225.jpg

e0304702_18511155.jpg


⑦-4-9 富士山の一番上まで 03-212
e0304702_20454848.jpg

e0304702_18514344.jpg


⑦-4-10 登れますように 03-213
e0304702_20460437.jpg

e0304702_18521469.jpg


⑦-4-11 めおと下駄 03-214
e0304702_20462058.jpg

e0304702_18525958.jpg


⑦-5-1 見晴台で 3-215
e0304702_20463575.jpg
登り口の案内板
e0304702_18532735.jpg

e0304702_18535932.jpg

しんどかったし、つらかったけど、ゴールしたらどうでもよくなるんだなー 
ここなちゃんつきあってくれてありがとう、楽しかったよ、いえ、わたしのほうこそ楽しかったです 03-219
e0304702_20465280.jpg

⑦-5-2 見晴台で 03-221
飯能アルプス、なかなか手ごわい相手でした、でも、たくさん歩いてちょっとだけ自信もついたかな、つづく・・・
e0304702_20471102.jpg


本ブログの作成にあたっては以下のブログとツイートを参考にさせていただきました。

リマタイさんのブログ名状しがたい日記のようなものより以下を参考にさせていただきました。
ヤマノススメ サードシーズン 3話 「飯能アルプス」 舞台探訪(聖地巡礼) 2018.07.23
http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-653.html

Teo teo_imperial 8:04- 2018年7月24日 のツイートを参考にさせていただきました。
先週の第3話のここなちゃんの天覚山ルートの「へびいるよ」をロストしてる人を二人見かけて、そんなに分かり難いのかと調べてみたら普通のコース上じゃなかった。https://www.google.co.jp/maps/@35.8895233,139.2607506,3a,75y,70.77h,76.84t/data=!3m6!1e1!3m4!1sAkMZ0xdsLBQP0xelXuVnNg!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月01日 作成


More

by fureshima2223 | 2018-08-01 20:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31