タグ:ヤマノススメ ( 126 ) タグの人気記事


「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪003 西吾野から高山不動尊そして関八州展望台へ(第6話)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪003 西吾野から高山不動尊そして関八州見晴台へ(第6話)

 ようやく「ヤマノススメサードシーズン」第6話に登場した高山不動尊、関八州見晴台を再び訪れることができました。前に訪れたのはコミック「ヤマノススメ」第五十八合目の探訪の時です。その時は2つの登山ルートのうちどちらを通ったかわかりませんでした。アニメでわざわざ道標を登場させているため、橋を渡って右折して登山コースに入ったのではないか考えます。あおい達はパノラマコースからどのルートを通って旧不動茶屋に出たのでしょか。実際に車で探訪したときは、高山不動尊の駐車場に車を停めて、三輪神社・水供給施設を先に訪れ、高山不動尊にお参りして駐車場に戻り、旧不動茶屋(駐車場あり)から関八州見晴台(登り口に駐車スペースあり)に向かいました。探訪日は平成30年10月06日です。一部は前回平成28年10月10日に探訪したときの写真も使用しています。

H301021快晴の日の再探訪時の写真で差替え、追加を行いました。(H301024)

参考になれば:過去ブログ コミック「ヤマノススメ」舞台探訪011 西吾野から高山不動、関八州見晴台へ(五十八合目)

まずはこの1枚 関八州見晴台で ひなたがコーヒーにミルクを入れ、
注いでくれるのになんとなく納得がいかないあおいちゃんでしたが・・・06-186
e0304702_14264442.jpg
e0304702_20123353.jpg

それでは、ブログ:西吾野から高山不動尊そして関八州見晴台へ(第6話)の報告をさせていただきます。

YAMAP地図関八州見晴台より切抜き 二人はパノラマコースを通ったのかな
e0304702_21335385.jpg

陽山亭作成 高山不動尊 高貴山常楽院より http://youzantei.la.coocan.jp/mitisirube/takayamafudou.html
高山不動尊の周辺図(加筆あり) http://youzantei.la.coocan.jp/mitisirube/takayamafudou_map.gif
e0304702_21340880.jpg
西吾野駅で降りて 06-059
e0304702_19340283.jpg
H301021撮影に差替え
e0304702_08125453.jpg
西吾野駅をアップで
e0304702_21072767.jpg

西吾野駅広場から出発 あおい寝不足? ううん、大丈夫 06-062
e0304702_19444354.jpg

e0304702_21084281.jpg
西吾野駅から降りる道より 06-058
e0304702_20270029.jpg
H301021撮影、追加
e0304702_08124576.jpg

目指すは関八州見晴台 そこで山コーヒーをするのです。 06-063 06-065
e0304702_19464827.jpg
e0304702_19453266.jpg

高山不動パノラマコースの道標 橋を渡ってはお休み処吾笑楽の左側にあります 06-066
e0304702_19474678.jpg

e0304702_21091868.jpg
お休み処吾笑楽の全景、道標は左側に見えています。平成30年10月06日は営業していました。
e0304702_21091029.jpg

高麗川支流に架かる小木橋を渡って 06-067
e0304702_19532293.jpg

e0304702_21093003.jpg

高山不動パノラマコースの登山道でしょうか、未確認です。 06-068
e0304702_19535953.jpg

駐車場から高山不動尊大イチョウへの木製階段 06-076
e0304702_19543095.jpg

e0304702_22172852.jpg

高山不動尊、こんなりっぱなお寺があったんだ 06-078
e0304702_19545251.jpg
H281010撮影
e0304702_08541673.jpg

石段すげぇー 120段の石段です。 06-080
e0304702_19551555.jpg

e0304702_22182793.jpg

せっかくだし、お参りしていこう。 06-083
e0304702_19554286.jpg

e0304702_22185100.jpg
ひなたの指先付近に見える建物に注目 旧飯能市立高山小学校の門柱と建物の一部です。
明治7年創立。昭和41年に西川小学校に統合され閉校となりました。
e0304702_22191786.jpg

鎖につかまって登って 06-084
e0304702_19560299.jpg
e0304702_08325602.jpg

うぁー、たっけー 06-085
e0304702_19562272.jpg
e0304702_08331319.jpg

あおいも見てみれば 絶対に見ないから!! 06-086
e0304702_19563889.jpg

e0304702_08334197.jpg

高山不動尊 常楽院不動堂に到着 06-088
e0304702_19565899.jpg

e0304702_08340613.jpg

高山不動尊 常楽院不動堂で 06-089
e0304702_19571838.jpg

e0304702_08350197.jpg

お参りして 06-090
e0304702_19573605.jpg

e0304702_08353573.jpg
常楽院不動堂の説明版
e0304702_08352668.jpg

常楽院不動堂前に 道標と奉納された刀剣 06-091
e0304702_19575688.jpg
e0304702_19551408.jpg

三輪神社と水供給施設 山登りの給水場所ではないことに留意して下さい 06-093
コミック第五十八合目に『水の確保は登山用地図の水マークのある場所で行いましょう。』とのコメントがあります 
e0304702_19581562.jpg

e0304702_19554467.jpg

これならきっとおいしいコーヒーができるよ 06-096
e0304702_19583358.jpg

e0304702_19560183.jpg

水筒に水を入れて 06-097
e0304702_19584957.jpg

e0304702_19561984.jpg

さて、あと少し 頑張ろう 06-099
e0304702_19591125.jpg
で、三輪神社から車道を歩いて登って、この分岐を行くと高山不動尊に出るのですが、
e0304702_19563775.jpg

旧不動茶屋 駐車スペースあり
e0304702_06421102.jpg
旧不動茶屋のテラスから 奥多摩、奥武蔵の山々と雲海
e0304702_06453751.jpg
大岳山に着目してみました
e0304702_06454481.jpg
旧不動茶屋から関八州見晴台への登山道と道標
e0304702_06455234.jpg

旧不動茶屋から登り始めてしばらくして、この道標が有ります。
道標の左上に見える2本の木がキーポイント 06-100
e0304702_19593448.jpg

e0304702_21292907.jpg
通常は、こういう撮り方になると思いますが・・・
e0304702_21292240.jpg

旧不動茶屋から少し登ってきて、ここを登ると丸山です。 06-101
e0304702_19595673.jpg

e0304702_21302086.jpg
丸山の山頂を示す道標が有ります。
e0304702_21304094.jpg

まもなく車道に出ます、関八州見晴台入口はもうすぐかと 06-102
e0304702_20002202.jpg
今回は撮っていませんでしたが、H281010訪問時に撮影していました。
e0304702_09521347.jpg
車道に出ました
e0304702_22545820.jpg
関八州見晴台入口 登山道
e0304702_22551742.jpg
関八州見晴台入口 車を停めることができました。
e0304702_22553292.jpg

まもなく関八州見晴台到着  登山開始から2時間ほどです 06-103
e0304702_20003942.jpg
e0304702_22560269.jpg

関八州見晴台からの展望 このカットは小川町方面でした(H301021確認修正) 
日高市~丹沢の大山が見えているはずですが 06-105
e0304702_07582093.jpg
H301021撮影
e0304702_08130352.jpg
到着したときは雲海が見えていました。
e0304702_08561844.jpg
ここも、到着したときは雲海が見えていました。
e0304702_08562504.jpg
H301021撮影の写真も載せておきます。
e0304702_07491343.jpg
スカイツリーが見えました H301021撮影
e0304702_07495543.jpg
ヤマノススメサードシーズンに登場した飯能アルプスの天覚山~大高山も見えました H301021撮影
e0304702_07492546.jpg

着いたー 06-107
e0304702_14175085.jpg

e0304702_09255985.jpg

関八州見晴台 771.1mに到着です 06-108
e0304702_14180739.jpg

e0304702_09273651.jpg
関八州見晴台でお嬢様聖水とともに
e0304702_09275454.jpg

見晴らしいいね、 そりゃ関八州見晴台っていうぐらいだからね 06-109
e0304702_14182320.jpg
H301021撮影
e0304702_18200069.jpg

よし、コーヒー入れるわよ、休憩所の椅子で 06-112
 
e0304702_14185197.jpg

e0304702_11201286.jpg

あおいちゃん、気合入ってるね 06-113
e0304702_14190587.jpg
缶コーヒーで代用、すまん
e0304702_11203377.jpg

お湯はこれでよし 06-114
e0304702_14192306.jpg

e0304702_11205202.jpg

豆をミルに入れて 06-116
e0304702_14193684.jpg

e0304702_11211435.jpg

取手をつけて、回す 06-120
e0304702_14195133.jpg

e0304702_11213367.jpg

ひなた 大岳山~武甲山の見える場所へ 富士山どれだっけ 晴れれば富士山が見えるかも 06-123
e0304702_14200381.jpg

e0304702_14213358.jpg

ドリッパーの上に紙フィルターを載せて、粉を入れる。
お湯をちょっとだけ入れて、30秒ほど蒸らす。 06-130
e0304702_14204943.jpg

e0304702_14222917.jpg

ひなた 高山不動尊奥の院へ 06-133
e0304702_14210907.jpg

e0304702_14232282.jpg

再びお湯を注ぐ 06-134
e0304702_14212903.jpg

e0304702_14235064.jpg


コーヒーを入れる描写が細かいなとw 06-135
e0304702_14214269.jpg
缶コーヒーで代用、すまん
e0304702_17463281.jpg

大岳山~武甲山の見える場所で 06-139
e0304702_14220003.jpg

e0304702_17465423.jpg

大岳山~武甲山の見える場所で、武甲山に着目かな 06-140
e0304702_14222690.jpg

e0304702_17472514.jpg
武甲山に着目して H301021撮影
e0304702_08120266.jpg
富士山が見えました、ひなたも見たかな・・・ H301021撮影
e0304702_08115173.jpg

よし、完成 06-142、06-141
e0304702_14230224.jpg

e0304702_14224479.jpg

e0304702_20092785.jpg

ひなたはベンチで 06-143
e0304702_14234355.jpg

e0304702_20101695.jpg
H301021の写真も
e0304702_18421987.jpg

お待たせ、どうぞ ありがとう 06-145
e0304702_14240416.jpg

e0304702_20104642.jpg

どう、かな うん、さっぱりしてるね、これはこれでおいしいと思う 06-149
e0304702_14241841.jpg
そ~お、よかった 06-150
e0304702_14243342.jpg

あおいちゃん、自分も味わって 06-151
e0304702_14244818.jpg

e0304702_20111382.jpg

口に広がるこく、深みのある香り 06-153
e0304702_14250326.jpg
e0304702_20113794.jpg
H301021の写真も
e0304702_18431459.jpg

でも、やっぱり苦いなー、大人ってこんな感じなのかな、まだわかんないや 
あおい、手際よかったね 夕べけっこう練習したんでしょ それで寝不足だったんじゃない 06-160
e0304702_14251705.jpg

e0304702_20120907.jpg

それでさっき、ひなたに気を使わせちゃった 
コーヒーって奥が深いなーと思って まあ、そのうち味分かるようになるって 06-167
e0304702_14253100.jpg

e0304702_20123353.jpg

そうかなー そんなもんだよと言いながらひなたはミルクを入れて 06-171
e0304702_14254925.jpg
なにそれ ミルクだよ なんで なんでってブラックだと苦いじゃん 
せっかく飲むんならおいしい方がいいじゃん 06-173
e0304702_14260397.jpg

e0304702_20125489.jpg

なによー ミルク入れるなんてお子ちゃまだって言ったじゃない 06-180
e0304702_14261849.jpg

ほら、あおいにもあげるから 納得できないあおいちゃんですが 06-186
e0304702_14264442.jpg

e0304702_20123353.jpg

無理に背伸びしても 06-190
e0304702_14270602.jpg

e0304702_20120907.jpg

いいことないよね、わたしまだまだ子供みたいです あ、でもひなただって同じだからね 06-191
e0304702_14272711.jpg
少し広い範囲で H301021の写真に入替
e0304702_18440942.jpg
"
天覚山、大高山に続いての里山探訪でした。もちろん車で行ける範囲はできるだけ車で行き、探訪範囲は歩くというやり方です。関八州見晴台へ行くだけなら、駐車スペースから歩いてもすぐですが、探訪目的でしたら旧不動茶屋から関八州見晴台へは歩くことをお勧めします。ここを歩くと山道のカットを回収できるので。つぎはどこに行けるかな、里山ならコミック117合目に登場する高水山・岩茸石山か、コミック2018山の日特別編に登場する柏木山かな。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年10月16日 作成
2018年10月24日 H301021の写真で入替、追加



by fureshima2223 | 2018-10-16 20:06 | ヤマノススメ | Trackback(29) | Comments(0)

(9/19更新)国際興業バスHP【お知らせ】ヤマノススメラッピングバス1号車 さよならイベントについて

(9/19更新)国際興業バスHP【お知らせ】ヤマノススメラッピングバス1号車 さよならイベントについて

国際興業バス公式ホームページより、資料として保存のため転載させていただきます。

2018年09月10日

飯能営業所「ヤマノススメラッピングバス1号車」
さよならイベントについて

(9月19日更新)


9月24日(月・祝)に営業運行を終了する「ヤマノススメラッピングバス1号車」。

5年間の皆様からのご愛顧への感謝をこめて、さよならイベントを行います。

3連休は飯能へ!

ラストランに関するお知らせ及び皆様へのお願い事項についてはこちら



①ヤマノススメラッピングバス1号車 ラストラン記念カードのプレゼント

◎期間◎
9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)の6日間

◎対象◎
上記6日間のうち、「ヤマノススメラッピングバス1号車」の指定便にご乗車頂いたみなさま

「ラストラン記念カード」を1人につき1枚配布いたします。
どんな図柄のカードかは、お手に取ってからのお楽しみ♪

◎指定便◎
9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)

・【飯03-2】飯能駅8:30発→さわらびの湯経由名郷行
・【飯03】名郷9:35発→飯能駅行
・【飯07】飯能駅10:56発→西武飯能日高行
・【飯07】西武飯能日高11:17発→飯能駅行
・【飯15】飯能駅15:00発→双柳循環飯能駅行
・【飯02-2】飯能駅15:45発→さわらびの湯経由名栗車庫行
・【飯02-2】名栗車庫16:54発→さわらびの湯経由飯能駅行

※上記指定日・指定便以外は記念カードの配布はございませんのでご了承ください。


9月18日(火)~9月24日(月・祝)

◎掲出バス停◎
飯能駅~湯の沢間の下記バス停に「ヤマノススメラッピングバス1号車 ラストラン告知ポスター」を掲出致します。
・湯の沢 ・名郷 ・名栗車庫 ・小殿 ・さわらびの湯 ・久林 ・黒指 ・上赤沢 ・石原橋 ・エコス前 ・原市場小学校

ヤマノススメラッピングバス1号車にご乗車の際には、是非上記バス停に掲出してあるラストラン告知ポスターもご覧ください。



③ヤマノススメラッピングバス1号車・2号車・3号車 写真撮影会

これが最後の機会です!!ヤマノススメラッピングバス1号車、2号車、3号車が揃います。

◎日時・場所◎

9月24日(月・祝) 於・名栗車庫敷地内(16時40分頃から5分程度 ※参加者限定、条件あり)

◎参加方法◎
撮影会に参加希望の方は、飯能駅15時45分発名栗車庫行のバスに飯能駅より御乗車下さい飯能駅で乗車の際に整理券を配布致します(バスが満員の場合はご乗車頂けない場合がございます)。飯能駅から乗車される方先着60名様限定で整理券を配布し、名栗車庫で降りる際に撮影会参加証をお渡しいたします。
なお、整理券をお持ちでない方は名栗車庫での撮影会にはご参加頂けませんので予めご了承ください。

◎その他◎
・撮影時間については、バスの到着時間により前後いたしますので、予めご了承ください。
・当日の車両状況により、3台揃わない場合もございますので、予めご了承ください。
・写真撮影の際は、ご参加の皆様譲り合って撮影してください。


皆でヤマノススメラッピングバス1号車の最後の勇姿を見届けよう!!
国際興業バス公式ホームページより、資料として保存のため転載させていただきました。
https://5931bus.com/news_details/id=2601?platform=hootsuite


2018年09月23日 作成



by fureshima2223 | 2018-09-23 11:17 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

「ヤマノススメ サードシーズン」全話のタイトルとつづくを切出してみました。(13話まで)

「ヤマノススメ サードシーズン」全話のタイトルとつづくを切出してみました。(13話まで)

「ヤマノススメ サードシーズン」は瑞牆山・金峰山まで。そして、サードシーズンまでで、あおいたちが入学してから秋の山まででした。アニメ「ヤマノススメ」は、少なくとも富士山登頂成功までは続くよね、きっと!!!

あらすじは、ヤマノススメ サードシーズン公式ホームページより

●第1話「筑波山で初デート!?」

夏休みが終わり、新学期が始まった。高校1年生のあおいは、夏休みに登った富士山で、幼なじみのひなたがプレゼントしてくれた人形のお礼をしたいと考えていた。アルバイト先の先輩・ひかりからアドバイスをもらったあおいは、ひなたに筑波山への登山を提案する。
e0304702_06453397.jpg
e0304702_06454668.jpg
"

●第2話「登山靴ってすごいの?」

富士山登山に再チャレンジすることを決意したあおい。だが、山登りの先輩・かえでから、そろそろちゃんとした登山靴を買ってはどうかと勧められる。高額な金額を聞いて尻込みするあおい。放課後、なけなしの貯金を手にしたあおいは、ひなた、かえでと登山用品店へ向かう。
e0304702_06461479.jpg
e0304702_06463553.jpg
"

●第3話「飯能にアルプス!?」

富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。
e0304702_06465965.jpg
e0304702_06471716.jpg
"

●第4話「クラスメイトと遊ぼう!」

10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。
e0304702_06473970.jpg
e0304702_06475326.jpg
"

●第5話「思い出を写そう!」

ひなたの父の取材に便乗して、群馬県にあるロックハート城を訪れたあおいとひなた。高尾山で出会った友人のここな、谷川岳の登山で出会い、群馬に住むほのかも一緒だ。城内を散策し、おいしいカレーを食べたり、写真を撮ったりして楽しむ4人。そのうちに『プリンセス体験』の看板を見つけた4人は……。
e0304702_06481449.jpg
e0304702_06482815.jpg
"

●第6話「コーヒーってなんの味?」

ひなたの家のウッドデッキでお茶をごちそうになっていたあおい。ふとひなたを見ると、コーヒーを飲んでいる。山頂でコーヒーを飲む「山コーヒー」のおいしさを勧められたおあいは、自分もやってみたいと思うものの、コーヒーの苦さがまだ苦手。ひなたと山コーヒーをするために、あおいは豆選び&ドリップの練習を始める。
e0304702_06491292.jpg
e0304702_06492730.jpg
"


●第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
ひなたがあおいに、今度の休みに池袋まで遊びに行こうと誘うものの、あおいはアルバイトがあるからと断る。アルバイトの当日、その日はクラスメイトやお母さんの退院祝いを買いに来た女の子など、様々な人たちがやってくるが、あおいは熱心に接客をするのだった。その様子を見たひかりは、あおいの成長に目を細める。
e0304702_06500198.jpg
e0304702_06502322.jpg
"

●第8話「ふたつの約束」

「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。
e0304702_06510563.jpg
e0304702_06512014.jpg
"

●第9話「それぞれの景色」

伊香保温泉の階段を登りきり、伊香保神社や展望台を歩き回るあおいとほのか。さらにほのかはせっかく来たのだから、露天風呂に入っていこうとあおいを誘う。友達とお風呂に入ることがちょっぴり苦手なあおいだったが、覚悟を決めて露天風呂に向かう。一方、ひなたは、あおいのことを案じながら、ここなと一緒に赤城山を登りきる。
e0304702_06514420.jpg
e0304702_06515917.jpg
"

●第10話「すれちがう季節」

同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。
e0304702_06523033.jpg
e0304702_06524824.jpg
"

●第11話「ぎこちない縦走」

あおいが池袋で買ってきたおみやげをひなたに渡したものの、ひなたはどこか浮かない様子。そんななか、かえでが「週末にテント泊しながら瑞牆山と金峰山に登ろう」と誘う。出発の前日、あおいは自宅に泊まりに来たここなと一緒に翌日の夕食の準備をしていた。ところがその準備に思いのほか手間がかかってしまい……。
e0304702_06531247.jpg
e0304702_06532425.jpg
"

●第12話「ともだち」

前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。
EDのみでした
e0304702_07573704.jpg

●第13話「秘密だよ?」

季節はめぐり、もう11月。富士山登山に向けて体力をつけるため、あおいはペットボトルが入った荷物を担いで、天覧山に登っていた。そこで偶然ここなと会ったあおいは、ひなたの誕生日が近いことを知らされる。ひなたへのプレゼントは何がいいのか、あおいはいろいろと考えを巡らせるが、なかなか思いつかずにいて……。
e0304702_07354216.jpg

e0304702_07355263.jpg


ここから先は2015年01月02日作成の「ヤマノススメ セカンドシーズン」の全話のタイトルとつづくの切出しです。


「ヤマノススメ」と「ヤマノススメ セカンドシーズン」を併せても、あおいちゃんが入学してから、夏休みが終わるまでの半年の出来事だったのですね。この間に多くの人と出会い、山に登り、変わっていくあおいちゃんの姿とスーパーウーマンここなちゃんの印象が強かったです。あおいちゃんは富士山に再チャレンジの気持ちがあるようなので、第三期もあるかなと期待しています。前回のイベントで第二期の製作が発表されたと同様、2015/4/19(日)の『ヤマノススメセカンドシーズン 登頂記念パーティー(仮)』で、なにかサプライズがあるのではと・・・。

そう、「ヤマノススメ セカンドシーズン」の終わりは新しい始まりだと・・・
e0304702_12112904.jpg
あらすじは、TVアニメ『ヤマノススメ セカンドシーズン』公式ホームページより

新一合目 テントに泊まろう!
ひなたの家でテントをはって、あおい・ひなた・かえで・ここな4人でお泊まり会。みんなで料理を作って、恋話?をして、歌を歌って楽しい時間を過ごす4人。翌朝、テントを抜け出したあおいとひなたは朝日を眺める。あおいが“富士山”に登ってみたいと知ったひなたは・・・。
e0304702_11520514.jpg
e0304702_11522709.jpg
新二合目 富士山を見に行こう!!
あおいが“富士山”で朝日を見たいと思っているのを知ったひなたは、かえでとここなと相談して富士山が近くに綺麗に見える山に登ってあおいを驚かせようというサプライズ登山を企画する。
e0304702_11530219.jpg
e0304702_11531910.jpg
新三合目 山に登るということ
サプライズ登山の行き先は“三つ峠”。富士山が頂上で初めて見える、少し険しいルートで登る4人。頂上までの道のりは険しい。何とか登りきったあおいがそこで見た景色は。
e0304702_11533517.jpg
e0304702_11535717.jpg
新四合目 降りた後のお楽しみ!
頂上で美しい富士山を見て、感動に浸るのも束の間、あおいたちは三つ峠を下る。思った以上にきつい下り。ふもとには温泉があるという。テンションがあがる4人。
e0304702_11542197.jpg
e0304702_11543760.jpg
新五合目 ゆるして、あげない!
過ってひなたが、あおいのスカートをずり下ろしてしまい、2人はちょっとした喧嘩になってしまう。謝られても素直になれないあおいは、許してあげるタイミングを逃してしまって・・・
e0304702_11545400.jpg
e0304702_11551136.jpg
新六合目 好きな事をするために
ひなたのお父さんから富士山での体験を聞いたあおいは富士山に行くことを決意するが、あおいのお母さんからの猛反対を受ける。 どうしても諦めきれないあおいは…
e0304702_11553098.jpg
e0304702_11560735.jpg
新六.五合目 ブラノススメ?
e0304702_11564074.jpg
e0304702_11565669.jpg
新七合目 カワノススメ?
富士山に登るなら、体力もつけよう!ということでトレーニングもかねて?4人は川に泳ぎに行くことに。ひなたが「セクシーな水着で集合!」と言い出して・・・
e0304702_11571163.jpg
e0304702_11572556.jpg
新八合目 素敵な思い出を
いよいよ富士山に登る日が明日に迫ってきた。最後の準備を整える4人。だんだん不安になってきてしまったあおいは皆に相談したいのだが、言い出せない。
e0304702_11574034.jpg
e0304702_11575618.jpg
新九合目 初めまして、富士山
遂に富士山に登る日。富士登山は想像以上に厳しい。でも憧れてきた山であり、素晴らしい景色を見て、やっぱり来てよかったと思うあおいだった。
e0304702_11581118.jpg
e0304702_11582626.jpg
新十合目 富士山って、甘くない・・・
8合目の山小屋に向けて足を進めるあおい達。「今ホントに富士山にいるんだ…」感慨深くなり不思議な気分になる。
しかし7合目を越えたあたりで急激に険しい斜面に直面。登るにつれて空気が薄くなりじっとしてても息が苦しくなってくる……。
e0304702_11590004.jpg
e0304702_11595746.jpg
新十一合目 もぉ、やだ!!
夜明け前に頂上に到着したひなたたちは、空の色がゆっくり変わり御来光に照らされる中、皆で同じ東の空を見つめている一体感に包まれる。 神々しい夜明けの光景を眺めるあおいの胸中にも、様々な思いが去来する。。
e0304702_11592870.jpg
e0304702_12001986.jpg
新十二合目 Dear My Friend
富士山から帰って来たあと、何となく調子が出ないまま夏休みを迎えてしまったあおい。時間はあるので大好きだった刺繍を再び始めてみたりもしたけれど…。 そんな中、部屋の隅に置きっぱなしにしていた登山道具が視界に入ってくる。
e0304702_12004484.jpg
e0304702_12005991.jpg
新十三合目 不思議なホタルの物語
たくさんホタルを見れる場所があるので皆で行こうというここなの提案に、あんまり乗り気じゃなさそうなひなた。実は、幼稚園の頃あおいと一緒に行った湖での思い出に理由があって…。 かえでも誘って皆で浴衣を着て集合した当日、あの日の真相が明らかになる。
e0304702_12011728.jpg
この回だけ「つづく」の表示出なかったような。ラストのホタル乱舞のシーンです。
e0304702_12014596.jpg
新十四合目 お母さんと霧ヶ峰!
「次、どこ登る?」そんなひなたの言葉に富士登山から帰った時のことを思い出すあおい。そのときお母さんを心配させちゃったから言い出しにくいな…。 そう悩んでいると、ひなたがひらめいた。「だったらさ、お母さんも誘えば?」
e0304702_12020199.jpg
e0304702_12021602.jpg
新十五合目 雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?
部屋で服の整理をしていた楓は一着の雨具を見つける。それは中学生の頃にケンカしてしまった「ゆうか」との思い出が詰まっているものだった。 誰の評判も気にせず大好きな山登りをしていた当時はケガをしてしまうこともしばしば。そんな彼女にいつも声をかけてくれるのは「ゆうか」だった。
e0304702_12023485.jpg
e0304702_12025356.jpg
新十六合目 思いをうけついで
4人は楓の家で集合し、北アルプスを縦走してきたという楓の写真を見せてもらう。あまりの断崖絶壁に驚く3人。 しかしあおいとひなたの思い出の場所である谷川岳は「ロープウェイ」という難関が。しかし谷川岳に登りたいあおいは、高所恐怖症をどう解決するのか?
e0304702_12032276.jpg
e0304702_12034076.jpg
新十七合目 高いところって、平気?
「たまには山以外のところで遊ぼうよ!」というひなたの提案に、武蔵丘陵森林公園にそれぞれ手作りのお弁当を持ち寄って出かけた4人。 広い園内には川や色んな遊具やがあってボリューム満点。しかしこの公園に来たのはとあるひなたの思惑があったのだ。
e0304702_12035890.jpg
e0304702_12041526.jpg
新十八合目 アルバイト、始めます!
山登りをするのも結構お金がかかることに悩むあおい。家庭教師のアルバイトをやっているひなたは、買った雨具の思い出や体験を話し、 いつもの様にからかってあおいをノセることに成功。あおいはとあるアルバイトを始めることを決意する。
e0304702_12044089.jpg
e0304702_12045686.jpg
新十九合目 宿題が終わらないよぉ
バイトも充実して、谷川岳に向けての準備もばっちりで「全部順調で超イイ感じ!」と上機嫌なあおい。 うきうきしているとお母さんから「夏休みの宿題、やっているの?」というセリフが。何ひとつ片付いていなかったことを思い出し青ざめるあおい…。 谷川岳の前に宿題山脈を登る日々が始まるのだった。
e0304702_12051149.jpg
e0304702_12053109.jpg
新二十合目 ここなの飯能大冒険
谷川岳挑戦の前日、ここなは自宅のアパートでとある人からのプレゼントを見つける。嬉しさのあまりとある場所に「行っちゃおうかな…」とひらめく。 プレゼントを携え、勢いよく扉を開けるここな。彼女の飯能大冒険が始まる!
e0304702_12054717.jpg
e0304702_12060474.jpg

新二十一合目 思い出の山へ
小さなころ交わしたあおいとの約束、忘れられない思い出。「いつかまた、ふたりでこようね!」 「うん、約束!」富士山にも挑戦できたんだから心配はないけど…でも、この約束が叶ったら、何かが変わっちゃったりするのかな…。ひなたの足がすこしずつ重くなってくる。
e0304702_12061978.jpg
e0304702_12063470.jpg
新二十二合目 ともだちになろ?
ロープウェイとリフトも何とかクリアし、いよいよ谷川岳登山の本番!険しい道や崖もあって息が上がってきたけれど「富士山に比べたらこれくらい!」と自分を奮い立たせるあおい。行く手に見えてきた小屋の中で、とある人物と偶然の出会いが……。
e0304702_12094808.jpg
e0304702_12100908.jpg
新二十三合目 約束
雨も本降りになってきた。雨宿りの小屋の中で食事をしたりサプライズ企画を実行したりと、楽しく穏やかなひと時を過ごす一行。皆の笑顔を写真に収めていくほのかにも、だんだんと変化が出てきて…。
e0304702_12104044.jpg
e0304702_12105804.jpg
新二十四合目 さよなら、わたしたちの夏
明日は、飯能納涼花火大会!ほのかが群馬から遊びに来て、皆で花火を見て、お菓子と、紅茶と、たくさんのおしゃべりするんだ…楽しみ!と、 うきうきのあおいだったが、ふとしたことでいつものごとくひなたとケンカになる。そして……。
e0304702_12111358.jpg
e0304702_12112904.jpg
そして、また2015年の新しい夏がやってきます。あおいちゃんきっと富士山再チャレンジするよね!
終わりは新しい始まり、「ヤマノススメ」第三期の製作を期待しています。

2015年01月02日 作成
2015年04月25日 新二十四合目のあらすじを追加
2018年09月19日 ヤマノススメサードシーズン11話まで追加
2018年09月24日 ヤマノススメサードシーズン12話追加
2018年09月30日 ヤマノススメサードシーズン13話追加


by fureshima2223 | 2018-09-18 07:36 | ヤマノススメ | Trackback(5) | Comments(0)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)

H30.07.27に、「ヤマノススメサードシーズン」第03話に登場した東吾野駅周辺、登山道と天覚山山頂、子ノ権現を訪れて、ブログを作成しました。でも、アニメに登場したカットでは、大岩と大高山を残していました。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)

 とすると、やはり行きたくなります。しかし、前のブログに書いた通り、飯能アルプスの踏破はもちろん無理なので、できるだけ車を使い、登山としての歩行距離をできるだけ短くできないか調べてみました。探訪日は平成30年8月5日です。

まずはこの1枚 大高山の山頂で 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg

 東吾野駅付近から林道平坂飛村線という道路が大高山と子ノ権現を結ぶ登山コースとクロスしています。ここまで車で到達でき、車を置くことができれば、大高山まで約30分、大岩まで行っても50分以内の歩行時間で到達できそうです。
e0304702_20102429.jpg

①東吾野駅駅から車で飯能アルプス登山道とのクロス地点へ

東吾野駅側 林道平坂飛村線の入口です
e0304702_07454335.jpg
林道平坂飛村線の案内板 ここから7.6kmで飯能アルプス登山道とクロスします
e0304702_07455825.jpg
飯能アルプス登山道とクロス地点 峠としての名前はないのでしょうか
e0304702_07472143.jpg
この付近で車の駐車が可能でした
e0304702_07473158.jpg
前坂・子ノ権現への道標
e0304702_07470289.jpg
国道299号、原市場、そして大高山への道標 ここから大高山そして大岩を目指します。
e0304702_07471140.jpg

②天覚山から大岩、大高山そして飯能アルプス登山道と林道のクロス地点へ
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩ですが、アニメに登場した登山コースに沿って編集しました。歩行時間は、写真を撮りながらですが、登山道と林道と林道のクロス地点⇒大高山まで30分弱、大高山⇒大岩まで20分強でした。帰りはいろいろあって、それはまた別のまとめとして。

YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg

天覚山山頂から下ってすぐ あおいちゃんとここなちゃんは大高山へ 03-152
e0304702_18313006.jpg
H300727撮影
e0304702_08212041.jpg

途中の登山道 03-156
e0304702_18324356.jpg
イメージだけですが、大岩が見えてきた場所で
e0304702_20085551.jpg

大岩に到着 道標を大高山側から見ていることになります 03-160
e0304702_18354315.jpg
e0304702_20110869.jpg
道標を入れて全体を撮ってみました、天覚山は大岩の左を回ってとのこと、ルートと別の山道があるので注意とのことかな
e0304702_20132329.jpg

ここで休むより、大岩の上の方がいいかも 03-161
e0304702_18363974.jpg
もっとアングルを合わせられる場所あるかな
e0304702_20144665.jpg
休むなら大岩の上の方が・・・
e0304702_20170328.jpg

あおいちゃんのこのカットは尊いかな 03-162
e0304702_18371473.jpg

大岩から大高山への登山道 03-166
e0304702_18384840.jpg
イメージだけですが
e0304702_05404058.jpg
"
大岩から大高山への登山道で 03-169
e0304702_18410444.jpg
ここもイメージだけですが
e0304702_05410604.jpg
"
カモシカさんとは出会えませんでした 03-174
e0304702_18395260.jpg
"
大岩から大高山への登山道 イメージだけですがどうでしょうか
一人もよかったけど、やっぱり誰かと一緒の方が楽しいな 03-175
e0304702_18415876.jpg
e0304702_05420857.jpg
このような道標が有って
e0304702_05414960.jpg
大高山の山頂が見えます
e0304702_05413762.jpg
"
大高山からの展望は確かにこれだけです 03-177
e0304702_18424883.jpg
e0304702_06232565.jpg
e0304702_06231717.jpg
"
大高山山頂の道標 03-178
e0304702_18435060.jpg
e0304702_06235220.jpg
"
お母さんが作ってくれたおにぎりで昼食、きゃー、爆弾おにぎりですね、ありがとうございます 03-180
e0304702_18440646.jpg
e0304702_06241129.jpg
"
お母さんにお礼を伝えてください、うん 03-184
e0304702_18445794.jpg
e0304702_06243526.jpg
"
予定ではここまでだったけど、ここなちゃんもうちょっと歩こうか、ぜひぜひ 03-185
e0304702_18453932.jpg
e0304702_06383368.jpg
"
そうだ、この先にいいところがあるんですよ、で、子ノ権現へ向かいます 03-187
e0304702_18462425.jpg
e0304702_06385096.jpg
大高山でお嬢様聖水とともに、そして登山道と林道とのクロス地点へ下山のはずですが・・・
e0304702_06391050.jpg

天覚山と子ノ権現については 再度ですが、以下のブログを参考にしていただけると
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話)
"
③大高山から林道への下山でやってしまいました
 実際に歩いたのは登山道と林道とのクロス地点⇒大高山⇒大岩です。そして大高山から登山道と林道とのクロス地点に戻る途中に、やってしまいました。本来の登山道は大高山山頂から西北西に向かうのですが、登山道があったとして北東側の尾根を下りてしまいました。途中に無線中継所・林道を経てとの道標やテープがあり、それなりに歩く人がいるようでした。
 結果として登山道と林道とのクロス地点(車を停めた場所)より吾野側の林道に出ることができましたが、意図したルートでの下山ではありませんでした。大高山~中継所~林道のコースは国土地理院の2.5万分の1の地図にも、登山関係の地図にも載っていない山道であり、里山の怖さと地図読みの大切さを再度体験しました。結果オーライではありません。山に入るものとしての再度なにが重要かを考えさせられました。

登山道 YAMAPの登山地図からの切出しです
e0304702_08205732.jpg
歩いた登山道と山道をグーグルマップ3D切出しに加筆
e0304702_07195466.jpg
TVS テレビ埼玉吾野テレビ中継放送局
e0304702_07310028.jpg
途中の山道
e0304702_07311566.jpg
林道に到達 ブロック擁壁に脇に虎ロープ、それなりに使用されている山道のようです
ちなみに、ストリートビュー2015年9月でも虎ロープは見ることができます
e0304702_07313226.jpg
まあ、無事には下山できましたが、想定以外の、本来のルート以外を通ったことに、再度反省です。

ブログを公開した後、ツイッターで詳しい地図を教えていただきました
ハブさん△大地の果てにTOM*habusan 8:55 - 2018年8月13日のツイート
お疲れ様です。飯能アルプスの名物と言っても良いかもです。尾根を間違えると谷落ちてしまいます。可笑しいなと思ったら元に道に戻る事をオススメしますね。今回のルートはこちらの地図では記載されていますので、アンテナ設備用のルートだと思われますね。
e0304702_18494894.jpg

また、分岐の道標が有ることを教えていただきました。
Teo*C94二日目東K07a*teo_imperial 10:18 - 2018年8月13日のツイート
あー。TV中継所の方に行ってしまいましたか。実は分岐点にこう言う小さい道標があるんです。山道の原則は「これは違う」と思ったら疲れそうでも戻る事です。今回は無事で良かったのですが、低山の滑落事故は道間違いが圧倒的に多いです。私もしてしまいました。ハブさんの地図お勧めです。(写真はトリミングさせていただきました)
e0304702_19070778.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月13日 作成

















by fureshima2223 | 2018-08-13 07:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(2)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)

「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪001 東吾野から子ノ権現、山は天覚山のみですが(第3話その1)


 ヤマノススメサードシーズンのブログは、話数ごとではなく、探訪で地域的なまとまりができた時点で作成順にNo.を付けていきたいと思います。まずは3話から、いずれ、飯能市内の新規カットも撮りますが、山も少しだけは行きたいので。

まずはこの1枚 天覚山山頂で 03-129

e0304702_21561686.jpg
お嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg

 ヤマノススメサードシーズン第3話を見て、自分の足では東吾野駅から天覚山~大高山~子ノ権現を通って吾野駅まで、YAMAPで歩行時間6時間20分のコースを歩き通すことができるとは思えませんでした。ならどうするか。アニメに登場するカットは、東吾野駅周辺、天覚山登山道沢コースと尾根コースの分岐点、長尾坂配水場から天覚山、子ノ権現を訪れることができればほとんど回収が可能で、残るのは大岩と大高山のカット程度であることがわかりました。とすれば、できるだけ歩く距離を減らすために車を利用しようと。東吾野駅駐車場1日500円、天覚山沢コースと尾根コースの分岐点付近に車を停めてカット回収、長尾坂配水場付近に車を停めて天覚山ピストン、そのあと、車で子ノ権現に向かい、駐車場に停めてカット回収です。まだ時間があったので、天目指峠経由で有間ダムに向かい、ダムカードをいただきました。探訪日は台風12号の影響を受ける前日の平成30年07月27日です。

追加 この後、どうしても行きたくなって、平成30年8月5日に林道と飯能アルプスのクロス地点から大高山・大岩をピストンし、平成30年8月13日に以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメサードシーズン」舞台探訪002 飯能アルプス 大岩と大高山へ(第3話その2)


お母さんに教えてもらって、飯能アルプスへ。近場だし、全然平気だよ、登山靴の履き慣らしにもちょうどいいかも 03-052
e0304702_18345041.jpg
YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山 
アニメで歩いたコースを東吾野駅~天覚山~大高山~子ノ権現~吾野駅とすると、歩行時間だけで6時間20分、これはとてもきつそうです。なので、天覚山ピストンの後は車で子ノ権現へと向かうこととします。
e0304702_21581365.jpg

YAMAPより 天覧山・多峯主山・天覚山の地図から東吾野駅から天覚山のコースのみを切出してみました。
東吾野駅から天覚山までは1時間程度、長尾坂配水場から天覚山までなら30~40分程度でしょうか。
e0304702_19354317.jpg

①あおいちゃん飯能駅へ、そして西武線で東吾野駅へ

あおいちゃん飯能アルプスに向けて出発
松屋呉服店のシャッター 飯能市本町1-5  飯能小町公園の前 03-056
e0304702_18353986.jpg
03-057
e0304702_18355363.jpg
H270105撮影
e0304702_16361727.jpg

西武線の車両かな、後で回収できたらと 03-058
e0304702_18360768.jpg

②東吾野駅とその周辺 駅近くの有料駐車場に車を停めて探訪です。

②‐1 東吾野駅ホーム 電車ここまでの長さはないかと、ポーズを決めるためにわざわざこの駅名標まで来たのかな 03-061
e0304702_18362200.jpg
e0304702_17262428.jpg

②‐2 あおいちゃんが改札口を通るカットがなかったので、ステラのまほう第3話のカットを載せておきます。
  「ステラのまほう」舞台探訪001 本田珠輝の家の最寄駅のモデル吾野駅、東吾野駅(第01話~第04話) 
e0304702_17415685.jpg
H281023撮影
e0304702_17421971.jpg

②-2-1 駅前の自販機 03-062
e0304702_18363719.jpg
e0304702_17274328.jpg

②-2-2 駅前の自販機 水を2本購入して 03-063
e0304702_18365036.jpg
e0304702_17283043.jpg

②-2-3 駅前の自販機 お店は閉まっています。03-064
e0304702_18370646.jpg
e0304702_17290944.jpg

②-2-4 駅前の自販機 重い、でも、これもトレーニングの一環 03-067
e0304702_18372118.jpg
e0304702_17295165.jpg

②-3-1 東吾野駅前の道標、山行届の提出ボックスもあります。天覚山はこっちでよし 03-068
e0304702_18373504.jpg
e0304702_17302410.jpg

②-3-2 ユガテって何だろう 03-070
e0304702_18375119.jpg
e0304702_17310178.jpg

②-4 鉄道に沿って踏切へ 03-071
e0304702_18380510.jpg
e0304702_17312516.jpg

②-5 踏切を通って正面の道標と案内板 右へ進みます  03-072
e0304702_18382293.jpg
e0304702_17315166.jpg

②-6 吾野原木センター前を通って、正面の道標 左へ進みます  03-073
e0304702_18383796.jpg
道標に気を取られて、アングル合わせができていないので、関八州の時再チャレンジします
e0304702_17321592.jpg

②-7-1 分岐の道標を見て 03-074
e0304702_18385173.jpg
e0304702_17324439.jpg

②-7-2 分岐の道標を見て 右の道を進みます 見えている蓋は 
    なお、左へ進み、川を渡ってすぐ左手の林に「へびいるよ」の注意看板があります 03-075
e0304702_22181185.jpg
見えている蓋は飯能市の上水道ハンドホールです
e0304702_17330890.jpg
飯能市の上水道ハンドホール 仕切弁蓋でした
e0304702_17332758.jpg
すぐわきに この道標もあります
e0304702_17334543.jpg

②-8 山道に入ってすぐ、すずしーって、この時はいい調子でしたが  03-077
e0304702_21372234.jpg
e0304702_17341192.jpg

②-9 少し進んで  03-079
e0304702_21373774.jpg
e0304702_17343474.jpg

②-10 一方、ここなちゃんは後追いで、どうしてこの看板の前を通ったのでしょうか 
    本来の登山道を少し離れて、東峠方面への道を川を渡って左側です 03-147
e0304702_20540082.jpg

e0304702_13034129.jpg
"
東吾野駅駅付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_19582843.jpg

③天覚山へ 沢筋コースと尾根コースの分岐のあたり この付近は車を停めることができました

③-1 沢筋コースと尾根道コースの分岐の道標 03-081
e0304702_21384434.jpg
e0304702_17354221.jpg

③-2 尾根コースは破線になっているってことは、難易度が高いってことだから、沢筋コースにしようかな 03-084
e0304702_21390035.jpg
e0304702_17360351.jpg
分岐の道標、ハイカーの皆さんへのお願いも
e0304702_17363391.jpg

③-3 沢筋コースに入ってすぐ 03-085
e0304702_21391546.jpg
e0304702_21293307.jpg
"
③-1 一方、ここなちゃんは分岐から尾根道コースへ 03-144
e0304702_20531535.jpg
e0304702_13025250.jpg
"
③-4 飯能市のイメージキャラクター「夢馬」(むーま)を模して造られたベンチに到着 
   カット回収が目的でしたら、尾根コースを少し進み、ベンチを確認した後、沢筋コースを登るといいかと 03-145
e0304702_20533851.jpg
e0304702_13031741.jpg

分岐付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20114021.jpg

④長尾坂配水場から尾根コースとの合流点まで この付近に車を停めて天覚山をピストンしました

④-1 自分のペースで楽しく歩いて、飯能市長尾坂配水場まで来ました 03-107
e0304702_21393138.jpg

e0304702_21322169.jpg

④-2 飯能市長尾坂配水場の先、この付近に車を停めました 03-105
e0304702_20494441.jpg
e0304702_21313184.jpg

この道で合ってるけど、あまり人には会わないかと 03-106
e0304702_20495888.jpg

④-3 長尾坂配水場から少し登って、大石のある場所を登るのはここだけかと 03-104
e0304702_20492927.jpg
e0304702_21303603.jpg
"
④-4-1 大岩のある場所で小休止、でもここからがきつかったような 03-113
e0304702_21402395.jpg
e0304702_07203758.jpg
"
④-4-2 新しい靴のおかげで足は平気だけど、ザックが重いな 03-114
e0304702_21405176.jpg
e0304702_07210691.jpg
"
④-5 登山道で 03-115
e0304702_21410464.jpg
e0304702_07215239.jpg
"
④-6 かなりの登りです 03-116
e0304702_21411903.jpg
e0304702_07222170.jpg
"
④-7 ひたすら登りです 03-117 
e0304702_21413464.jpg

e0304702_07230484.jpg
"
④-7 所々に倒木はありますが、下をくぐる倒木とは出会いませんでした 03-120
e0304702_21414827.jpg

e0304702_07240504.jpg
"
④-7 東吾野駅と天覚山頂を示す道標 もうすぐ尾根コースと合流です 03-121
e0304702_21420319.jpg
e0304702_07242949.jpg

飯能市長尾坂配水場付近の舞台をグーグルマップに落としてみました
e0304702_20325724.jpg

長尾坂配水場から天覚山山頂までの舞台をYAMAPの地図に落としてみました
e0304702_20510563.jpg

⑤尾根コースと合流し天覚山へ

⑤‐1 尾根道コースと合流 道標は東吾野駅方面 ←尾根道コース 沢筋コース↑
e0304702_07245962.jpg

⑤-2-1 両峯神社跡 ここからあおいちゃんは反時計回りで、ここなちゃんは少し遅れて時計回りで天覚山頂へ
e0304702_21153000.jpg
⑤-2-2 両峯神社跡
e0304702_07253455.jpg
"
⑤-3‐1 あおいちゃん、もうすぐ山頂だよ 03-122
e0304702_21423443.jpg
e0304702_09012459.jpg
⑤-3‐2 あおいちゃん頑張って登ってるような 03-123
e0304702_21424918.jpg

e0304702_09014971.jpg
"
⑤-4‐1 東峠経由久須美峠の道標 03-124
e0304702_21430477.jpg
e0304702_09021264.jpg
"
⑤-4‐2 あおいちゃん、ようやく天覚山頂に到着 03-125
e0304702_21431822.jpg
e0304702_09024766.jpg
"
⑤-4‐3 天覚山445mの標識 03-126
e0304702_21433819.jpg
e0304702_09031156.jpg
天覚山でお嬢様聖水とともに
e0304702_09032714.jpg
"
⑤-4‐4 しんどい、面白くない、もう帰ろかな 03-129
e0304702_21561686.jpg
e0304702_19371460.jpg

⑤-4‐5 天覚山からの展望 03-130
e0304702_21570637.jpg
e0304702_13011380.jpg
e0304702_13013292.jpg
"
⑤-5 ここなちゃん時計回りで天覚山に到着 03-132
e0304702_21572175.jpg
e0304702_13020080.jpg
"
幻聴や幻覚じゃなくて 03-135
e0304702_21573771.jpg
あれ、あおいさん、天使が舞い降りたかな 03-136
e0304702_21575690.jpg
⑤-6 あ、ここなちゃん、天覚山であおいちゃんとここなちゃんが出会って 
    大丈夫ですか、大丈夫、ちょっと休憩していただけ 03-137

e0304702_21581161.jpg

e0304702_13022686.jpg

"
よかったです、てっきり行き倒れてるのかと思いました 
偶然だね、はい、わたしかもしかさんに会いに来たんです 03-140
e0304702_21582744.jpg

大高山まで行こうと思ってるんだけど、ご一緒していいですか 03-150
e0304702_21584488.jpg

"
⑤-7 天覚山から大高山に向かいます 03-152
e0304702_21590244.jpg

e0304702_13043223.jpg

"
⑥大岩、そして大高山へ ここはいつ行けるかな、車使うと歩く距離大幅に減らせそうですが

"
大岩で 03-160
e0304702_21592246.jpg

大岩で 03-161
e0304702_21594329.jpg

大高山で 03-180
e0304702_22000225.jpg


⑦子ノ権現に到着、お参りです 駐車場に車を置いて

子ノ権現天龍寺ホームページ(http://nenogongen.jp/index.html)より 山内図
e0304702_16571655.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-189
e0304702_22003005.jpg

e0304702_14294788.jpg

⑦-1 飯能アルプスを踏破して子ノ権現二本杉に到着です 03-190
e0304702_22004597.jpg

e0304702_14301045.jpg


⑦-2 立派な杉の木、あおいさんこっちです 03-193
e0304702_22010957.jpg

e0304702_14303009.jpg


⑦-3-1 仁王像 03-195
e0304702_20402700.jpg

e0304702_14305655.jpg


⑦-3-2 仁王像 03-196
e0304702_20404531.jpg

e0304702_14311749.jpg


⑦-3-3 仁王像カラフルだね、かわいいです 03-197
e0304702_20430223.jpg

e0304702_14314967.jpg


⑦-3-4 子ノ権現天龍寺の由緒 03-198
e0304702_20431923.jpg

e0304702_15560623.jpg


⑦-4-1 子ノ権現天龍寺本堂と美和観音像 03-199
e0304702_20433467.jpg
e0304702_19535917.jpg

⑦-4-1 草鞋 03-201
e0304702_20435164.jpg

e0304702_15570960.jpg


⑦-4-2 子ノ権現は足腰守護の神様を祭ってあるんです 03-202
e0304702_20440753.jpg

e0304702_15572421.jpg


⑦-4-3 奉納のされた額 03-203
e0304702_20442371.jpg

e0304702_15575079.jpg


⑦-4-4 草鞋 あおいさんがトレーニングしてるのならここまで来てほしいなって 03-206
e0304702_18391256.jpg

e0304702_18471160.jpg


⑦-4-5 来年ケガすることなく富士山を目指せるように 03-207
e0304702_20444120.jpg

e0304702_18493802.jpg


⑦-4-6 はぁー、うん!! 03-209
e0304702_20445807.jpg

e0304702_18501084.jpg


⑦-4-7 草履のアップ 03-210
e0304702_20451646.jpg

e0304702_18504431.jpg

⑦-4-8 どうかお願いします、こんどこそは  03-211
e0304702_20453225.jpg

e0304702_18511155.jpg


⑦-4-9 富士山の一番上まで 03-212
e0304702_20454848.jpg

e0304702_18514344.jpg


⑦-4-10 登れますように 03-213
e0304702_20460437.jpg

e0304702_18521469.jpg


⑦-4-11 めおと下駄 03-214
e0304702_20462058.jpg

e0304702_18525958.jpg


⑦-5-1 見晴台で 3-215
e0304702_20463575.jpg
登り口の案内板
e0304702_18532735.jpg

e0304702_18535932.jpg

しんどかったし、つらかったけど、ゴールしたらどうでもよくなるんだなー 
ここなちゃんつきあってくれてありがとう、楽しかったよ、いえ、わたしのほうこそ楽しかったです 03-219
e0304702_20465280.jpg

⑦-5-2 見晴台で 03-221
飯能アルプス、なかなか手ごわい相手でした、でも、たくさん歩いてちょっとだけ自信もついたかな、つづく・・・
e0304702_20471102.jpg


本ブログの作成にあたっては以下のブログとツイートを参考にさせていただきました。

リマタイさんのブログ名状しがたい日記のようなものより以下を参考にさせていただきました。
ヤマノススメ サードシーズン 3話 「飯能アルプス」 舞台探訪(聖地巡礼) 2018.07.23
http://rimatai.blog.fc2.com/blog-entry-653.html

Teo teo_imperial 8:04- 2018年7月24日 のツイートを参考にさせていただきました。
先週の第3話のここなちゃんの天覚山ルートの「へびいるよ」をロストしてる人を二人見かけて、そんなに分かり難いのかと調べてみたら普通のコース上じゃなかった。https://www.google.co.jp/maps/@35.8895233,139.2607506,3a,75y,70.77h,76.84t/data=!3m6!1e1!3m4!1sAkMZ0xdsLBQP0xelXuVnNg!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2018年08月01日 作成


More

by fureshima2223 | 2018-08-01 20:56 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目)

コミック「ヤマノススメ」舞台探訪014 H291207入山規制解除の岩殿山へ(百十一、百十二合目 H300107探訪)

 コミック「ヤマノススメ」百十一、百十二合目に大月市の岩殿山が登場しました。早速と思ったのですが、平成29年8月7日の台風5号による大雨の影響で岩殿山は入山規制となっていました。ようやく平成29年12月7日に入山規制が解けたとの情報を大月市観光協会のホームページで確認しました。なら、行けるとこまで、でも、あおいちゃん達が登った東ルートはまだ入れないのです。まあ、東ルート入口と烽火台を見て歩いたつもり、ふれあいの館側強瀬入口からのピストンとしました。稚児落としから浅利入口へのコースは今回の準備状態では無理と判断したので・・・。天候に恵まれて富士山がとてもきれいでした。探訪日は平成30年1月7日です。

まずはこの1枚 岩殿山山頂からの富士山です。112-03-01
e0304702_20383434.jpg
e0304702_20372810.jpg

大月市観光協会ホームページより
岩殿山入山規制が解けました。 2017.12.09

ホームページがリニューアルして初めての投稿は岩殿山の入山規制解除のお知らせとなりました!!!まずはルートの地図を。×がある東コースは復旧の見通しが立っていませんので入れません。入れる入口は、・稚児落としのある西側 浅利入口、・国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口、・神宮橋の手前から入る畑倉入口、です。

e0304702_19504204.jpg
以下、ホームページ内には強瀬入口から山頂までの写真も掲載されています。

それでは探訪の報告です

まずは大月駅で、改札内待合所には、しろ先生からの応援イラストが展示されています。
e0304702_20290113.jpg
e0304702_20291040.jpg
e0304702_20292249.jpg
改札内待合所には岩殿山の入山規制が解除になったとの掲示も
e0304702_20311539.jpg
駅前の案内板にも 注意事項として、岩殿山ふれあいの館の水道とトイレは使えません。 
e0304702_20313292.jpg


大月駅西側跨線橋より大月駅側を見ています。 111-02-02
e0304702_09420011.jpg
天候に恵まれて、富士山はきれいに見えるでしょうか。
e0304702_12412203.jpg
9時35分発富士急行ホリデー快速富士山1号・河口湖行が大月駅から河口湖駅に向かいます。
e0304702_12410393.jpg

JR大月駅正面 111-03-01
e0304702_09425923.jpg
e0304702_12421559.jpg

この鉄塔と岩殿山のアングルは・・・111-03-02
e0304702_20053655.jpg
左上のカットは、鉄塔と岩殿山の位置関係から、高月踏切の手前から撮ったのかな
e0304702_12430027.jpg
左上のカットは観光案内図が見えているので、駅から大月市観光協会観光案内所へ向かっているのかな。
e0304702_12424520.jpg

大月市観光協会観光案内所 111-03-03
e0304702_20055033.jpg
e0304702_12434852.jpg

大月市観光協会観光案内所内部正面 内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-03-04
e0304702_20060678.jpg
e0304702_12441783.jpg

大月市観光協会観光案内所内部側面を入れて  内部の写真の撮影については了解をいただきました。 111-04-01
e0304702_20062131.jpg
e0304702_12444051.jpg

大月駅前からも富士山が見えます、歩道に表示がありました。
e0304702_12444847.jpg

高月踏切まで来ました。 111-04-02
e0304702_20064368.jpg
高月踏切の手前、駐車禁止の標識があります。
e0304702_12452474.jpg

大月は桃太郎伝説の場所です 111-04-04
e0304702_20072110.jpg
駅前にこのような塗装の自販機がありました。
e0304702_07521878.jpg

東京電力パワーグリッド株式会社大月支社 大月市御太刀2丁目2−14  111-05-01
この先のT字路を右折して国道139号大月市民会館入口交差点へ
e0304702_20080890.jpg
e0304702_15035826.jpg

大月市民会館交差点で左折して国道139号へ 高月橋手前からの街灯と岩殿山 111-01-01
e0304702_22275435.jpg
撮り忘れたので、グーグルストリートビューから切り出しました。機会があれば撮りたいなと・・・
e0304702_21373814.jpg
岩殿山山頂から、確かにカットに描かれている街灯があります。
e0304702_21374963.jpg

円通寺大坊へ向かう途中 右側のフェンスに囲まれた敷地でヤギが買われています。111-05-02
ヤギのミルクでパンを作っているとのこと 山羊さんの贈り物 ~修験deパン~ by Purucode
e0304702_20085544.jpg
e0304702_15043481.jpg
e0304702_15044217.jpg

円通寺 裏には桃太郎地蔵があります。 111-05-03
このカットは公民館横の道を登っていることになりますが、このアングルでは円通寺大坊は木に隠れてしまうので・・・
桃太郎伝説で子持神社に行って、戻ってきたなら、この歩く方向はあるかも。
e0304702_20101402.jpg
円通寺大坊を正面から撮ってみました。
e0304702_15075451.jpg
カットに載っている歴史散歩マップ
e0304702_15074714.jpg
円通寺の説明
e0304702_15093262.jpg
円通寺の裏にある桃太郎地蔵 船に載っています。
e0304702_15100060.jpg
左手に桃を持っています。
e0304702_15100894.jpg
鬼の盃もあります。
e0304702_15093975.jpg
大月桃太郎伝説めぐり ③鬼の盃の説明板
e0304702_15094678.jpg
円通寺大坊から岩殿上バス停(岩殿山東コース登山口)への歩道から 円通寺大坊
e0304702_15101734.jpg

岩殿山東コース入口(このコースのみH291209現在通行できません。) 111-06-02
階段を登った先には左側のカットのような登山道があるはずです・・・
e0304702_20111332.jpg
e0304702_15121742.jpg
東コース入口の岩殿山周辺案内板
e0304702_15121015.jpg
東コースの入口には土砂崩れの為通行止めとの標示があります。
e0304702_15122588.jpg

七社権現洞窟 111-07-02
東コースはH300107現在通行できません。七社権現洞窟と道案内の地蔵様を載せているブログがありましたので、リンクさせていただきます。リリアンのブログ「七社権現洞窟」2017-04-21 https://ameblo.jp/lilian-lilian/entry-12267520985.html
e0304702_20120389.jpg
七社権現洞窟 111-07-03
e0304702_20121952.jpg
七社権現洞の道案内の地蔵 111-08-02
e0304702_20131137.jpg

北側の集落が見えて、もうすぐ烽火台でしょうか。 111-09-02
e0304702_20134332.jpg

烽火台から東コースへの入り口 空湟から先土砂崩れのため通行禁止との標識があります。
e0304702_20335955.jpg
東コースを登ってようやく標高634mの烽火台に着いたつもり・・・
e0304702_20335122.jpg
東コース烽火台の巻き道 この先、登山道崩落のため進入禁止の標識
e0304702_20332838.jpg
"
烽火台から岩殿山展望所へ向かう途中で 112-01-01
e0304702_20321291.jpg
e0304702_20345277.jpg
"
人馬の水浴用の馬洗池、隣に亀ヶ池もあります、メインルートから少し下ります。 112-01-02
e0304702_20325998.jpg
e0304702_20351951.jpg
馬洗池から戻ってメインルートへ
e0304702_20353182.jpg
"
岩殿山展望所に到着、乃木大将の詩碑と岩殿山634mの標識 112-02-01
でも、秀麗富嶽十二景 八番山頂 この先 の表記、ここは634mではないとのことかと。 
e0304702_20340179.jpg
e0304702_20372331.jpg
岩殿山の標識を飛行機雲と共に撮ってみました。
e0304702_20360274.jpg
"
岩殿山展望所の案内板 112-02-02
e0304702_20352093.jpg
岩殿城跡案内図
e0304702_20380831.jpg
岩殿城の説明板
e0304702_20380069.jpg
"
岩殿山展望所から富士山側の展望 112-03-01
e0304702_20372810.jpg
e0304702_20383434.jpg
少しアップで 富士山
e0304702_20385160.jpg
アップで富士山
e0304702_20384427.jpg
"
岩殿山展望所から大月駅 四季島は来ませんでしたが・・・ 112-03-02
e0304702_20374383.jpg
e0304702_20393349.jpg
"
岩殿山展望所のフェンス、下は断崖です。 112-03-03
e0304702_20380015.jpg
e0304702_20395583.jpg
"
確かに列車の全体を撮る場所としてはいいかも。 112-04-01
e0304702_20381632.jpg
e0304702_20402622.jpg
"
岩殿山展望所から大月市街地 112-04-03
e0304702_20384979.jpg
e0304702_20405390.jpg
"
岩殿山展望所の説明板と東屋 112-05-01
e0304702_20390539.jpg
e0304702_20411315.jpg
"
右は番所跡へ降りていく階段かな、別の場所かもしれません。
左は揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。 112-05-02
e0304702_20392407.jpg
番所跡へ降りていく階段
e0304702_20414401.jpg
揚城戸跡の少し上、階段が少し写っています。枝は切られています。
e0304702_20415444.jpg
"
稚児落としのある西側 浅利入口へのコースと国道139号から入るふれあいの館側強瀬入口へのコースの分岐
e0304702_20422490.jpg
今日は体力と装備を考慮して、稚児落としのある西側・利入口へのコースはパス、強瀬入口へ下山です。
e0304702_20423213.jpg
"
あおいちゃん達は稚児落としのある西側・浅利入口へのコースを通っています。送電線の鉄塔をくぐって 112-05-03
e0304702_20394285.jpg
兜岩のトラバースと垂直20m程度の上りがあるとのこと 112-06-01
e0304702_20395594.jpg
112-06-03
e0304702_20404017.jpg
稚児落としの岩壁 112-08-01
e0304702_20420593.jpg
お父さん、経験からいろいろ話すけど・・・112-09-01
e0304702_20422150.jpg
あおいちゃん、うざいとおもっているような・・・ 112-09-02
e0304702_20423634.jpg

ふれあいの館側強瀬入口から岩殿山をピストンしましたので、その写真も載せていきます。

強瀬入口 左側:岩殿城跡入口、右:岩殿山丸山公園入口
e0304702_13265238.jpg
しばらく登って、門を振り返って
e0304702_13302890.jpg
門と岩殿山 烽火台の放送塔も見えています。
e0304702_13313301.jpg
門の前からの富士山がきれいです。
e0304702_13322076.jpg
少し上って、従来の登山道には「この先、登山道崩落のため進入禁止」の標示あり、
新たに整備された登山道へ
e0304702_13354651.jpg
新たに整備された登山道、平成29年12月7日より通れるようになったとのこと
e0304702_13370693.jpg
岩殿山ふれあいの館が見えました。
e0304702_13390779.jpg
断水のため水道は使用できず、トイレも使用できません。
e0304702_13411289.jpg
岩殿山ふれあいの館の入口 飲み物の自販機はあります。ヤマノススメのイラストも
e0304702_13394349.jpg
岩殿山ふれあいの館のヤマノススメイラスト等展示
e0304702_13425072.jpg
e0304702_13430889.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景
e0304702_13462506.jpg
丸山山頂 444.4m 関東の富士見百景からの富士山
e0304702_13440861.jpg
岩殿山展望所に向かう登山道
e0304702_13482599.jpg
e0304702_13484026.jpg
e0304702_13485743.jpg
まもなく岩殿山展望所に着きます。
e0304702_13494000.jpg
岩殿山展望所の標記と乃木大将詩碑
e0304702_13504431.jpg
岩殿山展望所からの富士山
e0304702_13511844.jpg
岩殿山展望所からの三つ峠 三つ峠からの富士山も見てみたいと・・・
e0304702_13522155.jpg

 最初は岩殿山は次の探訪、大月駅周辺~強瀬入口~円通寺~東コース入口の探訪ができればと思って出かけましたが、天気に恵まれ、富士山の展望が期待できたので、強瀬入口~ふれあいの館~岩殿山のピストンを追加しました。天覧山よりはきついですが、まだこの程度の山なら登れるとの感触を得たと思います。今年こそ、一番楽なコースのピストンにはなると思いますが、三つ峠からの富士山を見ることができたらと。

"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ アース・スターエンターテイメント」)に帰属します。
 
・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。

履歴
2018年01月15日 作成










by fureshima2223 | 2018-01-15 14:29 | ヤマノススメ | Trackback(32) | Comments(0)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪002 Present2 秋 ひなたの10/28(飯能市内)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪002 Present2 秋 ひなたの10/28(飯能市内)

ヤマノススメおもいでプレゼント Present2 秋 ひなたの10/28の探訪にはなかなか出かけられなかったのですが、あけぼの子どもの森公園が平成29年12月28日~平成30年1月4日は年末年始休園、その後平成30年1月5日~平成30年3月31日は工事による臨時休園となるとの情報を得たため、その前にとの思いで舞台探訪に向かいました。探訪日は平成29年12月21日です。あけぼの子どもの森公園が再開したらまた訪れることになるとは思いますが。

以下のブログも作成しました。参考になれば。
「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

①諏訪八幡神社の階段で ひなた

ひなたが諏訪八幡神社の階段でふと気が付いたことは・・・

OVA02-002
e0304702_19164625.jpg
e0304702_19232904.jpg

OVA02-003
e0304702_19171650.jpg
e0304702_19235416.jpg
OVA02-004
e0304702_19173564.jpg
e0304702_19241953.jpg
OVA02-005
e0304702_19180995.jpg
e0304702_19243685.jpg
OVA02-006
e0304702_19182510.jpg
e0304702_19245877.jpg
OVA02-007
e0304702_19184255.jpg
e0304702_19251590.jpg
OVA02-008
e0304702_19190802.jpg
e0304702_19253663.jpg
OVA02-009
e0304702_19220403.jpg
e0304702_19260366.jpg

諏訪八幡神社正面の鳥居と階段
e0304702_19263252.jpg
諏訪八幡神社 神楽殿・拝殿・社務所
e0304702_19265320.jpg
飯能恵比寿大神の幟 全国ヤマノススメファン一同3本奉納 神社境内から
e0304702_19271341.jpg
飯能恵比寿大神の幟 全国ヤマノススメファン一同3本奉納 市民会館側から
e0304702_19290680.jpg

②水天宮 (飯能市飯能267 )前で 

飯能河原 水天宮付近で ひなた考えすぎかな

OVA02-020
e0304702_19432348.jpg
e0304702_07053105.jpg

OVA02-021
e0304702_19442710.jpg
e0304702_07055843.jpg

OVA02-023
 
e0304702_19444440.jpg
e0304702_07062420.jpg
OVA02-024
e0304702_19450551.jpg
e0304702_07064140.jpg
OVA02-025
e0304702_19452420.jpg
e0304702_07070157.jpg

OVA02-026
e0304702_19455811.jpg
e0304702_07073059.jpg

4人がそろった舞台を少し広く、水天宮を入れて撮ってみました。
e0304702_07072173.jpg

飯能河原の表示版、いつ変わったのでしょうか。
e0304702_07073821.jpg
"
③トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園(飯能市阿須893‐1)で

トーベ・ヤンソンが付加された案内図 子ども劇場入口にて
e0304702_07161031.jpg

あけぼの子どもの森公園で、思い出の写真 OVA02-010
e0304702_19491915.jpg
きのこの家
e0304702_07083559.jpg
見晴らし橋
e0304702_07082767.jpg
わんぱく池東側のモニュメント
e0304702_07081001.jpg
樹上の家
e0304702_07081950.jpg

森の家 モニュメント的なベンチの設置位置は異なっていますが。 OVA02-034
e0304702_19494389.jpg
森の家と左側の木はそのままです。
e0304702_07092656.jpg
ベンチを入れて撮ってみました。
e0304702_07093433.jpg

ひなた 子供の時の思い出 OVA02-013
e0304702_20304736.jpg
森の家の前のこのモニュメント的なベンチです。
e0304702_07100129.jpg

子ども劇場側面 OVA02-035
e0304702_19500516.jpg
e0304702_07102995.jpg

子ども劇場の屋根の飾り OVA02-036
e0304702_19502990.jpg
e0304702_07105566.jpg

あおいちゃん・・・、でも今、そしてこれから作っていくものは・・・ OVA02-038
e0304702_19505103.jpg
e0304702_07111940.jpg
雑木林のどんぐり OVA02-039
e0304702_19510496.jpg
そして、二人はいつもの二人だよね OVA02-040
e0304702_19511823.jpg

あけぼの子どもの森公園の並木ときのこの家
e0304702_07171037.jpg

子ども劇場
e0304702_07163381.jpg
臨時休園の案内
H291228~H300104は年末年始休園、H300105~H300331は工事による臨時休園
e0304702_07165270.jpg

ギャラリーカフェの工事中でした。再開時にはどのようになるのでしょうか。
e0304702_07170255.jpg
e0304702_07161960.jpg
"
・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ おもいでプレゼント」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年12月25日 作成





by fureshima2223 | 2017-12-25 07:50 | ヤマノススメ | Trackback(13) | Comments(0)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

「ヤマノススメおもいでプレゼント」舞台探訪001 Present1 夏 ここなの8/31 (飯能市内)

飯能駅を起点駅「ヤマノススメおもいでプレゼント」夏 ここなの8/31の舞台探訪をブログにまとめました。ブログの掲載順序は、実際に探訪で歩く順序を考慮して、以下のようにまとめています。
 ①観音寺から飯能恵比寿神社・諏訪八幡神社まで
 ②タイムズマート飯能店から飯能市立図書館、西武鉄道高架まで
 ③加治神社から第二天覧山下山まで
 ⓸飯能大通り商店街からシネマ通りまで
 ⑤矢久橋にて
 ⑥ひかり橋・ひかり公園から生活の木薬香草園・見晴し公園・あさひ山展望公園まで
 ⑦観音寺に戻って

なお、探訪で歩く距離を減らすためにはバスを使うことをおすすめします。探訪順序としてまず北側の加治神社からスタートし、ゴールを美杉台の見晴し公園とし、あさひ山展望公園であらためて飯能市を展望するのもいいのではと。行き加治神社へ向かう場合はイーグルバス日高・飯能線の飯能駅北口バス停から高萩駅行(ダイヤは1時間に1~2本)に乗り中山バス停で下車、約1.5㎞180円区間です。帰りにあさひ山公園に寄って、西武バス飯21美杉台ニュータウン~飯能駅南口行の美杉台ニュータウンバス停から飯能駅南口行(ダイヤは1時間に5~6本)に乗り、終点までバス経路で約2.5㎞180円区間です。併せて約4㎞程度はバスを使うことができそうです。

舞台探訪の報告をさせていただきます。アングル合わせが甘いのは勘弁。探訪日は平成29年11月17日、追加探訪日は平成29年11月25日、快晴で飛行機雲が印象的でした。平成29年11月25日撮影の写真には撮影日を付記しました。

まずはこの1枚 見晴らし公園で スーパーここなちゃんなら簡単にできますが、よいこはマネしない方がいいかも。
e0304702_21192447.jpg

e0304702_21172794.jpg

①観音寺から飯能恵比寿神社・諏訪八幡神社まで
  観音寺 飯能市山手町5番17号
  諏訪八幡神社・飯能恵比寿神社 飯能市大字飯能字諏訪前263番地

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20104464.jpg

1-01 観音寺 県道70号より白い像 OVA01-004
e0304702_20285376.jpg
e0304702_07512809.jpg
"
1-02 観音寺白い像 今回のここなちゃんの出発場所 OVA01-005
e0304702_19390334.jpg
e0304702_07515300.jpg
"
1-03 蓮の鉢とお寺の猫 会えませんでしたが・・・ OVA01-008
e0304702_20290747.jpg
e0304702_07521775.jpg
"
1-04 蓮の鉢・松と本堂(観音堂)と寺務所をつなぐ廊下OVA01-010
e0304702_20292245.jpg
e0304702_07524890.jpg
"
1-05 蓮の鉢と寺務所の建物 OVA01-011
e0304702_20294221.jpg
e0304702_07532161.jpg
"
1-06 本堂(観音堂)と不動堂(福聚殿)をつなぐ渡り廊下をくぐって OVA01-013
e0304702_20295524.jpg
H291125
e0304702_17142448.jpg
"
1-07 墓地のお地蔵様 渡り廊下をくぐった正面ではなく、道路を挟んだ墓地の入口 OVA01-014
e0304702_20301226.jpg
H291125
e0304702_17152026.jpg
"
1-08 観音寺の墓地を出て市民会館の裏に出る歩道 OVA01-015
e0304702_20302719.jpg
H291125
e0304702_17160984.jpg
"
1-09 歩道を下りてきて、沢と橋 OVA01-016
e0304702_20304207.jpg
e0304702_07563779.jpg
1-10 橋から、沢の下流側かな OVA01-017
e0304702_20310070.jpg
沢の下流側 水の流れからこちら側かな H291125
e0304702_17165849.jpg
"
1-11 歩道から諏訪八幡神社・飯能恵比寿神社へ OVA01-018
e0304702_20312004.jpg
H291125
e0304702_17174348.jpg

1-12 ここな、飯能恵比寿神社の幟と共に OVA01-019
e0304702_20314728.jpg
e0304702_07590643.jpg

1-13 諏訪八幡神社拝殿から OVA01-021
e0304702_20323646.jpg
改修が終わって始めてきました、諏訪八幡神社拝殿
e0304702_07594035.jpg
コンデジではこの程度が限界でした。
e0304702_08000042.jpg

1-14 諏訪八幡神社への石畳で、残念ながら猫とは遭遇できませんでした。 OVA01-022
e0304702_20331051.jpg
e0304702_08003119.jpg
紅葉と飯能恵比寿神社の幟
e0304702_08010310.jpg

②タイムズマート飯能店から飯能市立図書館、西武鉄道高架まで

 タイムズマート飯能店 飯能市山手町16番6号
 飯能市立図書館 飯能市山手町19番5号

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20191719.jpg

2-01 タイムズマート飯能店 飯能市山手町16-6  OVA01-024
e0304702_20335004.jpg
e0304702_08013919.jpg

2-02 飯能市立図書館、快晴の空と飛行機雲も見えました。 OVA01-047
e0304702_20392931.jpg
e0304702_19184181.jpg
快晴の空に飛行機雲です。市内探訪中に何回も見えました。
e0304702_19185546.jpg

2-03 飯能市立図書館入口の表示板の前で OVA01-048
e0304702_20394481.jpg
e0304702_19192190.jpg

2-04 笹原ゆうかさんが斎藤楓さん連れて、図書館で勉強かな OVA01-049
e0304702_19384900.jpg
e0304702_19194811.jpg

2-05 飯能市立図書館の柱「杉の持つ象徴性を空間のデザインに活かすため、磨き丸太をそのまま掘立柱として利用している。」とのことです。デザインについては石本建築事務所のホームページ参照 OVA01-052
e0304702_20403341.jpg
e0304702_19201894.jpg

2-06 飯能市立図書館入口の表示板の前で OVA01-053
e0304702_20404701.jpg
e0304702_19211209.jpg

2-07 西武鉄道池袋線の高架をくぐって(念のため、池袋線の終点は吾野駅です。) OVA01-044
e0304702_20385974.jpg
e0304702_19174372.jpg

2-08 西武鉄道池袋線の高架をくぐって OVA01-046
e0304702_20391205.jpg
e0304702_19181147.jpg

③加治神社から第二天覧山下山まで
 加治神社 飯能市大字中山字吾妻台716

探訪マップを載せます(第二天覧山降りての案内板の写真に加筆)
e0304702_20315033.jpg

3-01 加治神社二番目の鳥居と鎮守の森 OVA01-025
e0304702_20340674.jpg
e0304702_08021333.jpg

3-02 加治神社 寛永19年石燈籠のある石段を通って OVA01-032
e0304702_20360474.jpg
H291125
e0304702_17185766.jpg

3-03 加治神社拝殿の前で OVA01-029
e0304702_20351666.jpg
e0304702_20341494.jpg

3-04 加治神社拝殿の前で 写真は再チャレンジできたらと OVA01-028
e0304702_20350052.jpg
H291125
e0304702_17193692.jpg

3-05 加治神社の狛犬 奥の左側 OVA01-026
e0304702_20342022.jpg
e0304702_08024088.jpg
"
3-06 加治神社の狛犬 奥の右側 OVA01-027
e0304702_20343756.jpg
e0304702_08030331.jpg
"
3-07 加治神社拝殿で OVA01-030
e0304702_20353233.jpg
e0304702_20343846.jpg
"
3-08 加治神社拝殿で OVA01-031
e0304702_20354983.jpg
e0304702_20345881.jpg
"
3-09 本橋渓水の筆を門下生が埋めた筆塚 OVA01-033
e0304702_20362215.jpg
e0304702_20354287.jpg
"
3-10 筆塚にて、見えている建物には中山山車と書かれています、飯能祭りで見られます。 OVA01-034
e0304702_20365493.jpg
e0304702_20360398.jpg
"
3-11 加治神社から登ってきました。飯能市中山732-2付近、ここから山道です。 OVA01-035
e0304702_20371487.jpg
e0304702_20363391.jpg
"
3-12 山道に入って間もなく OVA01-036
e0304702_20373478.jpg
e0304702_20365714.jpg
"
五差路です。ここからいこいの広場の前を通って第二天覧山に向かいます。
e0304702_20544915.jpg
"
3-13 いこいの広場の飯能桜の森の標柱 OVA01-037
e0304702_20375189.jpg
e0304702_19124227.jpg

第二天覧山でしょうか、合う場所はなかったけど OVA01-038
e0304702_20380685.jpg
イメージだけですが
e0304702_19142853.jpg

3-14 第二天覧山の道標 OVA01-039
e0304702_20382677.jpg
e0304702_19145372.jpg
"
3-15 第二天覧山のイメージ OVA01-041
e0304702_20384265.jpg
第二天覧山の碑
e0304702_19154387.jpg
第二天覧山の碑付近からの飯能市街地を見て、しばし休憩です。
e0304702_19162722.jpg
"
⓸飯能大通り商店街からシネマ通りまで
 飯能商工会議所 飯能市本町1−7
 店蔵絹甚 飯能市本町2-2
 うなぎ畑屋 飯能市仲町21-16
 大川学園高等学校(飯能松竹劇場があった場所) 飯能市仲町16-8

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20394772.jpg

4-01 飯能大通り商店街、このような施設は今は珍しいかも OVA01-057
e0304702_06460363.jpg
H291125
e0304702_17202610.jpg
"
4-02 飯能商工会議所入口の夢馬 撮影の了解をいただいて OVA01-058
e0304702_06464154.jpg
e0304702_21324292.jpg
"
4-03 店蔵絹甚前を通って OVA01-056
e0304702_06470088.jpg
H291125
e0304702_17210060.jpg
"
4-04 店蔵絹甚の側面 OVA01-055
e0304702_06471667.jpg
e0304702_21335204.jpg
"
4-05 うなぎ畑屋、畑屋横丁に入って OVA01-059
e0304702_06473471.jpg
H291125
e0304702_17213763.jpg
"
4-06 シネマ小路 工事が行われていて面影はありませんが OVA01-069
e0304702_06475513.jpg
北側から シネマ小路
e0304702_21354146.jpg
e0304702_21355691.jpg
ここから先は工事中で通行止めです。
e0304702_21380144.jpg
大川学園側から
e0304702_21390533.jpg
"
4-07 かつて飯能市には飯能松竹劇場という映画館があったとのこと OVA01-070
e0304702_06482133.jpg
その場所は今は大川学園高等学校が建っています。
e0304702_21393906.jpg
"
⑤矢久橋にて

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20454478.jpg

5-01 矢久橋と入間川を飯能大橋から OVA01-072
e0304702_06485336.jpg
e0304702_21442636.jpg
"
5-02 矢久橋から入間川下流側 OVA01-073
e0304702_06491075.jpg
e0304702_21454350.jpg
"
5-03 入間川左岸下流側から矢久橋 OVA01-074
e0304702_06493096.jpg
e0304702_21471215.jpg
左岸下流側へ歩道があります。ヤマノススメここなの大冒険コース、あけぼの子どもの森公園までは約4㎞とのことです。
e0304702_21480508.jpg
"
⑥ひかり橋・ひかり公園から生活の木薬香草園・見晴し公園・あさひ山展望公園まで
 ひかり公園 飯能市美杉台3丁目11
 生活の木 薬香草園 飯能市美杉台1丁目1
 見晴らし公園 飯能市美杉台4丁目1
 あさひ山展望公園 飯能市美杉台5丁目28-5

探訪マップを載せます(グーグルマップに加筆)
e0304702_20564163.jpg

6-01 美杉台のひかり橋まできました。 OVA01-075
e0304702_06504042.jpg

e0304702_21593371.jpg
"
6-02 ひかり橋から飯能中心部方向 OVA01-076
e0304702_06505702.jpg
e0304702_22001579.jpg
"
6-03 ひかり橋で OVA01-077
e0304702_06511308.jpg

e0304702_22004773.jpg
"
6-04 ひかり橋で OVA01-078
e0304702_06512845.jpg

e0304702_22012269.jpg
"
6-05 ひかり橋で OVA01-079
e0304702_06514231.jpg

e0304702_22015575.jpg
"
6-06 ひかり橋で OVA01-080
e0304702_06520299.jpg

e0304702_22021758.jpg

"
6-07 ひかり橋で OVA01-081
e0304702_08033401.jpg

e0304702_22025423.jpg

"
6-08 ひかり橋で、マンホールにも着目 OVA01-082
e0304702_06523810.jpg

e0304702_22033259.jpg
飯能市の下水道雨水マンホール蓋でした。
e0304702_22034125.jpg
"
6-09 ひかり公園の滑り台 OVA01-083
e0304702_06525646.jpg
e0304702_22041545.jpg
"
6-10 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への入口 OVA01-099
e0304702_07145925.jpg
e0304702_22165158.jpg
e0304702_22190873.jpg
"
6-11 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への入口を登って OVA01-107
e0304702_07152776.jpg

e0304702_22171916.jpg
"
6-12 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-098
e0304702_07154712.jpg

e0304702_22192289.jpg
"
6-13 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-100
e0304702_07160234.jpg
e0304702_22201911.jpg
"
6-14 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-104
e0304702_07163147.jpg
e0304702_22204930.jpg
"
6-15 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘にて OVA01-110
e0304702_07164645.jpg

e0304702_22211519.jpg
"
6-16 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘のベンチにて OVA01-109
e0304702_07170171.jpg

e0304702_22220539.jpg
"
6-17 生活の木薬香草園 ヒーリングの丘への通路にて OVA01-111
e0304702_07171650.jpg

e0304702_22223118.jpg
"
6-18 生活の木薬香草園 上部北側の入口付近にて OVA01-103
e0304702_07181012.jpg
e0304702_22230916.jpg
"
6-19 見晴らし公園の遊具、下から OVA01-089
e0304702_07183198.jpg
e0304702_22235506.jpg
"
6-20 見晴らし公園の遊具、上から OVA01-088
e0304702_07193676.jpg
H291125
e0304702_17231749.jpg
"
6-21 見晴らし公園上部、東屋付近 OVA01-090
e0304702_07195160.jpg
H291125
e0304702_17242372.jpg
"
6-22 見晴らし公園上部で OVA01-091
e0304702_07200416.jpg
H291125
e0304702_17245539.jpg
"
6-23 見晴らし公園上部で OVA01-092
e0304702_07202795.jpg
H291125
e0304702_17253887.jpg
"
6-24 見晴らし公園上部で OVA01-094
e0304702_07204429.jpg
e0304702_09234813.jpg
"
6-25 見晴らし公園上部で、これはここなちゃん以外は危険かとw OVA01-096
e0304702_07205869.jpg

e0304702_09242022.jpg
"
6-26 あさひ山展望公園から北東側の展望かと OVA01-084
e0304702_15244137.jpg
H112925
e0304702_17261330.jpg
富士山も見えました。H291125
e0304702_17263132.jpg
"
⑦観音寺に戻って

7-01 観音寺裏の墓地で、割岩橋が見えています。 OVA01-112
e0304702_07211535.jpg
H291125
e0304702_17271875.jpg
"
7-02 観音寺白い像 ここなちゃん戻ってきて OVA01-113
e0304702_07212891.jpg

e0304702_09264412.jpg
"
7-03 ひなたとあおい登場 OVA01-114
e0304702_07214158.jpg

e0304702_09271059.jpg
"
7-04 3人そろって OVA01-115
e0304702_07215362.jpg

e0304702_09273939.jpg
"
7-05 あおいちゃんがもらったお菓子食べて、ここなちゃんいい1日でした。次はお母さんと秩父行けるかな。OVA01-120
e0304702_07220683.jpg

e0304702_09280168.jpg
"
7-06 観音寺墓地からの割岩橋、もう夕方です。 OVA01-122
e0304702_07222408.jpg
H291125
e0304702_17281218.jpg

実際に歩いたのは、中山バス停~加治神社~第二天覧山~西武線高架~飯能市立図書館~タイムズマート~諏訪八幡神社~観音寺~飯能大通り~シネマ小路~矢久橋~ひかり橋~生活の木薬香草園~見晴らし公園~あさひ山展望公園~美杉台ニュータウンバス停、探訪時間は軽い食事の時間も含めて約8時間でした。

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ おもいでプレゼント」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年11月28日 作成







by fureshima2223 | 2017-11-27 21:27 | ヤマノススメ | Trackback(10) | Comments(0)

「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪026 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へ(新二十一合目)

「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪026 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へ(新二十一合目)

「ヤマノススメセカンドシーズン」では、飯能市を中心とした日帰り圏の探訪を中心とした舞台探訪を行ってきましたが、たまたま機会があって伊香保温泉に宿泊、翌日はフリーということで、土合駅・谷川岳ロープウェイを訪れました。渋川駅を出た時は晴れていたのですが、土合駅を出るときは雨、山も見えずとのことで、残念ながらロープウェイと天神平、天神峠の探訪は断念しました。それでも、思い出の谷川岳の入口までの探訪はできたと思います。次は・・・、次があればせめて天神峠からの谷川岳を見ることができたらと。探訪日は平成29年11月11日です。

飯能市の出発から高崎駅までは以下のブログにまとめています。
「ヤマノススメセカンドシーズン」舞台探訪020 思い出の谷川岳へ・飯能市内編(新二十一合目)
  http://sinkirouno.exblog.jp/23291425/

それでは、 土合駅から谷川岳ロープウェイ土合口駅へのルートに沿ってブログをまとめていきます。

①土合駅下り線ホームから階段462段 地上へ

土合駅下り線ホーム 21-034
e0304702_18584171.jpg
1371M長岡行きが出発した直後、信号は赤
e0304702_07305785.jpg
土合駅長岡方面 カットに合わせて
e0304702_07311760.jpg
"
土合駅駅名標と出口への指示 21-035
e0304702_18590262.jpg
e0304702_07315549.jpg
土合駅ホーム 水上駅側です。
e0304702_07322363.jpg
土合駅下り線ホーム待合所の内部 駅ノートがあります。
e0304702_07324859.jpg
"
階段に向かう平場 下のカットからも壁の右側の照明と配線が見えているのではと 21-036
e0304702_18592436.jpg
e0304702_07332625.jpg
"
階段下の平場 いよいよ462段の階段にチャレンジ 21-037
e0304702_19000820.jpg
e0304702_07340892.jpg
下り線ホームから正面の階段462段338m、連絡通路階段24段143mで改札口、標高差は70.7mです。
e0304702_07343143.jpg
見上げて、階段の先が明るくなっています。 21-040
e0304702_19003541.jpg
e0304702_07350018.jpg
"
階段を登って200段まで来ました。 21-042
e0304702_19005525.jpg
e0304702_07353515.jpg
"
ベンチで一休み、265段目かな 21-044
e0304702_19011344.jpg
e0304702_07361652.jpg
"
ベンチ付近から見上げて 21-046
e0304702_19013281.jpg
e0304702_07364997.jpg
"
ベンチで一休み、265段目かな 21-047
e0304702_19015397.jpg
e0304702_07372450.jpg
"
登りで右側かな 写真は左側しか撮っていなかったので雰囲気だけ・・・ 21-048
e0304702_19020908.jpg
e0304702_07375907.jpg
e0304702_07384495.jpg
第360段付近にもベンチがありました。
e0304702_07392511.jpg
出口まであと0.2kmです。
e0304702_07405988.jpg
ようやく湯檜曽川を渡る連絡橋に着きました。
e0304702_07414057.jpg
ようこそ土合駅へ JR高崎支社 と書いてあります。
e0304702_08011647.jpg
登ってきた階段を写してみました。
e0304702_07423818.jpg

②連絡橋、連絡通路から土合駅改札口

湯檜曽川を渡る連絡橋まで来ました。階段から続く連絡橋の右側です。 21-054
e0304702_19024584.jpg
e0304702_07430408.jpg

ひなたとあおいようやく連絡橋に到着です。 21-055
e0304702_19030466.jpg
e0304702_07431632.jpg

連絡橋には列車のトンネル侵入による突風を防ぐための風除けが設けられています。 21-057
e0304702_19033070.jpg
e0304702_12503752.jpg
"
風除けの横で連絡通路の戸の表記を見て 21-058
e0304702_19040240.jpg
e0304702_12511084.jpg
"
連絡通路の戸の前で 21-059
e0304702_19041840.jpg
e0304702_12514288.jpg
"
お疲れさまでした。(階段数462段)、改札出口まで後143メートル階段2ヶ所で24段です。
がんばって下さい。 JR土合駅 21-060
e0304702_19043772.jpg
e0304702_12521307.jpg
"
連絡通路の戸の前で 21-061
e0304702_19045548.jpg
e0304702_12525253.jpg
連絡通路の戸を振り返って、あと143m 階段は24段とのことで
e0304702_12543748.jpg
連絡通路
e0304702_12545666.jpg
出口まで0.1kmの表記
e0304702_12551422.jpg
第486段目 全階段を制覇しました。
e0304702_16314468.jpg
連絡通路から改札口へ ここから17メートル
e0304702_12553291.jpg
改札口が見えました。正面突当たりの左側に土合駅上り線ホームがあります。
e0304702_12555399.jpg
改札口と反対側に 土合駅のホームの案内 
1上越線 越後湯沢・小出・長岡・新潟方面のホームから登ってきました。
e0304702_12561276.jpg

③土合駅にて

まずは、土合駅の改札口を出て、アニメに登場した範囲を写して
e0304702_19070114.jpg

谷川岳に登るなら、まずは谷川岳登山カードを書いて 21-062
e0304702_19051107.jpg
e0304702_19073291.jpg

あおいとひなたが遅れて改札口に到着 21-064
e0304702_19053243.jpg
e0304702_19081678.jpg

4人がそろいました。 21-065
e0304702_19055708.jpg
e0304702_19085290.jpg

遭難防止の看板2枚 21-066
e0304702_19061237.jpg
e0304702_19092647.jpg
e0304702_19094478.jpg

2人は看板見てるのかな 21-067
e0304702_19062983.jpg
e0304702_19102490.jpg
谷川岳登山カードに記入 21-068
e0304702_19064580.jpg
カードを切り取って、上は谷川岳登山カード、まずはこれを投入、下山場所で下の谷川岳下山カードを投入するとのこと。
e0304702_19110537.jpg
土合駅の登山カード入
e0304702_19113615.jpg

土合駅の天井が見えています、これは撮り忘れました 21-069
e0304702_19070143.jpg

谷川岳登山カードを投入して 21-072
e0304702_19072395.jpg
ここには駅ノートがあります。
e0304702_19123042.jpg

土合駅から外に出るドア 21-073
e0304702_19073706.jpg
e0304702_19131851.jpg

土合駅正面 21-074
e0304702_19081719.jpg
雨です。でもせっかくの機会なので谷川岳ロープウェイまで歩きます(舞台探訪者ですから)。
e0304702_19134797.jpg

土合駅のドアを出て 21-075
e0304702_19083429.jpg
カメラの広角の範囲ではこの程度・・・
e0304702_19143714.jpg

土合駅で 連絡通路が見えています。 21-076
e0304702_19084871.jpg
e0304702_19151672.jpg

土合駅で

駅員がいないので、乗車証明書を発行しています。
もう少し早く気が付けば29年11月11日11時11分だったのですが
e0304702_19155884.jpg
駅の伝言板も懐かしいような、他でも見られるのでしょうか。
e0304702_19181103.jpg
正面の駅名表示、モグラはどこにいますか・・・
e0304702_19195663.jpg
土合駅の標柱と駅 ここから谷川岳ロープウェイ土合口駅まで歩きます。
e0304702_19212930.jpg

④土合駅から谷川岳ロープウェイへ 徒歩

ロープウェイに向かって歩き出すと、正面に土合駅下り線ホームからの通路と40㎞制限の標識、でも違うような。
e0304702_19340216.jpg

土合駅下り線ホームからの連絡通路の下を通って 21-080
e0304702_19095830.jpg
ストリートビューより切出してみました。
e0304702_19575461.jpg

後ろに土合駅バス停が見えるので、ロープウェイ側からのカットかと 21-081
e0304702_19101853.jpg
e0304702_20013140.jpg
もう少し離れた場所から ストリートビューより切出してみました。
e0304702_20032930.jpg

土合駅から上越線上り土合踏切まで グーグルマップ3Dより切出し
e0304702_20131694.jpg

上越線上り土合踏切と鉄橋 対岸に行く手段がないのでこのカットは撮れなかったけど 21-083
e0304702_19103941.jpg
土合踏切を撮ってみました。
e0304702_18562348.jpg
土合踏切から鉄橋を撮ってみました、橋脚は同じでした。
e0304702_18563590.jpg
鉄橋と清水トンネル上り線土合側口を撮ってみました。秋です。
e0304702_18564612.jpg

土合橋の周辺 グーグルマップより切出し 
e0304702_19043463.jpg

土合橋まで来ました。
e0304702_19001686.jpg
土合橋から湯吹きの滝 人工物の堰堤とのこと。
e0304702_19021662.jpg

土合橋を渡って、湯檜曽川右岸にあります。 21-084
e0304702_19105434.jpg
e0304702_19024314.jpg

蓬峠への道標 21-085
e0304702_19111164.jpg
e0304702_07281301.jpg
"
スノーシェードを通って 21-086
e0304702_19112754.jpg
e0304702_07285848.jpg
"
谷川岳慰霊園地 慰霊塔で、山の鎮の像が見えています。 21-087
e0304702_19114164.jpg
e0304702_07293197.jpg
"
工事看板にも群馬ちゃん
e0304702_07295287.jpg
"
谷川岳ロープウェイが見えました 21-089
e0304702_19115717.jpg
e0304702_07304740.jpg
"
⑤谷川岳ロープウェイ 土合口駅にて

谷川岳ベースプラザに着きました。相変わらず雨が降り続いています。
e0304702_07305597.jpg
谷川岳ベースプラザに入って、案内板と登山カード入れがあります。
e0304702_07310360.jpg

谷川岳ロープウェイ土合口駅に到着
e0304702_07311342.jpg
谷川岳ロープウェイ土合口駅改札口、お客様が少なかったので、係の方の了解を得て写真を撮らせていただきました。
e0304702_07312208.jpg

改札口前のスペースで ほのかちゃんが見えています。 21-090
e0304702_20530617.jpg
e0304702_07330672.jpg

いよいよロープウェイに乗車ですが 21-092
e0304702_20533376.jpg
e0304702_07332841.jpg

ロープウェイに乗車しようとしていますが 21-102
e0304702_20541480.jpg
e0304702_07343934.jpg

あおいちゃんとほのかちゃんの初めての出会い 21-104
e0304702_20544173.jpg

ほのかちゃんロープウェイに乗り込もうとして 21-106
e0304702_20545943.jpg
e0304702_07353800.jpg

あおいちゃん怖がってるけど 21-108
e0304702_20552691.jpg
e0304702_07355871.jpg

あおいちゃん乗れるかな 21-111
e0304702_20555387.jpg
e0304702_07362714.jpg

ロープウェイのところまで行くけど 21-112
e0304702_20561838.jpg
e0304702_07365474.jpg

手を差し伸べるのはひなた 21-116
e0304702_20564214.jpg

あおいちゃんロープウェイにようやく乗り込めたけど 21-123
e0304702_20570674.jpg
e0304702_07372810.jpg

そして思い出の山へ、でも前途多難かな 21-125
e0304702_20574271.jpg
谷川岳ベースプラザからロープウェイ土合口駅への連絡通路より
e0304702_07381646.jpg
谷川岳ロープウェイ土合口駅に展示してある模型です。
e0304702_07380283.jpg
"
天候に恵まれなかったため、谷川岳ロープウェイ土合口駅までで戻ることとしました。天候さえ良ければ天神平~天神峠くらいは行けたと思いますが、まあ、それは次の楽しみとして、今年はもう雪がかなり降ったと聞いて、平成30年の夏に再度谷川岳を見に行けたらと・・・

・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全てそれぞれの著作物の権利者(ここでは「©しろ/アース・スター エンターテイメント/「ヤマノススメ」製作委員会」)に帰属します。

・舞台探訪に当たって
作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかはわかると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。「舞台探訪(聖地巡礼)時の大切なお願い」に舞台探訪(聖地巡礼)あたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。


履歴
2017年11月20日 作成











by fureshima2223 | 2017-11-20 13:24 | ヤマノススメ | Trackback(12) | Comments(0)

ヤマノススメ三期2018年放送、今年秋にはOVAも(H290603公式HP公表より)

ヤマノススメ第三期2018年放送、今年秋にはOVAも(H290603公式HP公表より)

ようやく「ヤマノススメ」第三期の放送が公式に公表されました。2018年とのことです。そして2017年秋にはOVA作製とイベント、多くの方々が望んでいたことがようやく形になります。そのころには原作も進んでいることなので、富士山再挑戦と進路がどのように描かれるでしょうか、待ち遠しいです。

以下 資料としての保存のためを含め、公式ホームページより転載させていただきます。
ヤマノススメ公式ホームページのニュースより http://www.yamanosusume.com/news/

今秋、OVA発売&イベント上映決定!! そして、2018年、TVアニメ第3期が放送開始!!! ふるさと納税第2弾も発表
2017/06/03
e0304702_18062921.jpg
e0304702_18063622.jpg

『ヤマノススメ』ファンのみなさん、お待たせいたしました。
ヤマノススメの新作OVAが、今秋発売されることに決定しました!
タイトルは『ヤマノススメ おもいでプレゼント』。
あおいとひなた、ふたりの思い出のアイテムにまつわるエピソードを収録します。
もちろん、ここなやかえでたち、おなじみのキャラクターも登場します。

そして、OVA発売を記念して、本作のイベント上映を
10月28日(土)より全国のイオンシネマ6館にて実施することも決まりました。

さらに、2018年には、TVシリーズ第3期の放送も決定。
あおいやひなたたちが次はどんな山を登りに行くのか、続報は随時発表いたします。

好評をいただいた飯能市の「ふるさと納税」第2弾も実施します。
前回同様、飯能市に寄附をいただいた方への返礼品として、アニメ『ヤマノススメ』限定オリジナル商品を提供します。
グッズの詳細、品目数は今後決まり次第、発表します。

『ヤマノススメ』のアタック再開にご期待ください!

【OVAについて】

<タイトル>
『ヤマノススメ おもいでプレゼント』

<発売日>
今秋発売予定

<価格>
未定

<発売・販売元>
スマイラル・アニメーション

<スタッフ>
原作/しろ(アース・スター エンターテイメント「デジタル版コミック アース・スター」連載)
監督/山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督/松尾祐輔
脚本/ふでやすかずゆき
音楽/Tom-H@ck/yamazo
アニメーション制作/エイトビット
製作/ヤマノススメ製作委員会

<キャスト>
あおい/井口裕香
ひなた/阿澄佳奈
かえで/日笠陽子
ここな/小倉唯 ほか

【OVA『ヤマノススメ おもいでプレゼント』イベント上映について】

<上映開始日>
2017年10月28日(土)

<チケット>
1,300円(税込)
※前売券の情報は決まり次第お知らせします。

<上映劇場>
イオンシネマ板橋(東京都)
イオンシネマむさし村山(東京都)
イオンシネマ越谷レイクタウン(埼玉県)
イオンシネマ幕張新都心(千葉県)
イオンシネマ大高(愛知県)
イオンシネマ茨木(大阪府)

【TVアニメ『ヤマノススメ』第3期について】

<放送開始年>
2018年

<放送局>
未定

<スタッフ>
原作/しろ(アース・スター エンターテイメント「デジタル版コミック アース・スター」連載)
監督/山本裕介
キャラクターデザイン・総作画監督/松尾祐輔
脚本/ふでやすかずゆき
音楽/Tom-H@ck/yamazo
アニメーション制作/エイトビット
製作/ヤマノススメ製作委員会

<キャスト>
あおい/井口裕香
ひなた/阿澄佳奈
かえで/日笠陽子
ここな/小倉唯 ほか


☆『ヤマノススメ』『ヤマノススメ セカンドシーズン』は下記サイトで配信中!
 OVA&第3期の前に、あおい&ひなたたちの山登りを振り返ってみよう!

『ヤマノススメ』
ヤマノススメチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/yamanosusume
dアニメストア
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=10738
バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4183

『ヤマノススメ セカンドシーズン』
ヤマノススメ セカンドシーズンチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/yamanosusume2nd
dアニメストア
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=20483
バンダイチャンネル
http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4220

以上 資料としての保存のためを含め、公式ホームページより転載させていただきました。

2017年06月04日 公式HPより転載




by fureshima2223 | 2017-06-04 05:22 | ヤマノススメ | Trackback | Comments(0)
line

舞台探訪と地域紹介、主な内容は富山県・石川県・長野県と小諸市飯能市郡山市の舞台ですが、他の地域にも出かけるかもしれません。


by fureshima2223
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30